会員登録で5000円分が当たります

「天中殺」の時期は新車購入など車の乗り換えは良くないのか?
私の本音はマイカーの大手術をして、あと2年は使いたいです。
一般的には天中殺のこの時期の結婚、転職、新築、転居は命を落としかねないと言われていますが。
走行距離:170000km、10年目
1500cc以下の普通車を愛用しています。


年収:270万円
ボーナス:10万円
貯金:70万円

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大手術というのがどの程度のものかわかりませんが、


手術に年収の1/10以上かかるのであれば、
地味な車への中古車購入もあり得ます。

いずれにしても危険なことは同じですので、
よりいっその安全運転に心掛けてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりました。
安全運転に心がけます。
費用は30万円相当です。

お礼日時:2013/03/30 15:23

どう信じているからではないでしょうか?



正直、私は、スレ主さんの文を拝読して「天中殺」を知りました。
そんな占いあったんだー
です。で、調べると、なにやらそういう神社か祈祷師さんに万札だして祈祷していただければいいとかなどいう人もいらっしゃり。
結局 、そういう話ね・・・・

とも思います。

勿論、そういう何をしてもいい結果が出ない という年、時期はありますが、考え方ひとつでしょうね。

厄年に出産すると「厄落とし」といいます。
知人が「高齢で2度目の出産だけれど、厄落としだから」と言っていましたが、その後、彼女は不運続きです
「厄落とししたはずなのに」
とぼやいていました。

何をどう考えるかです。

お金の面は、それはもうスレ主さんのお考え一つです。
記載年収、貯金で「それで新車買うの???」という人もいるでしょうし「ローンの組み方によっては買えるじゃん」という人もいますから、年収、貯金に対して、買う買わないはなんとも言えません。
今の収入が維持できる、増加する確率があるならば、ローン返済でもいいでしょうし。
日々の節約でなんとでも。

ただ、自身の中で、今の車を2年は乗りたいならば乗れば???とも思うのですが。

私の周囲には車いじり、バイクいじりが趣味な人が多い環境です。
中古の車をさらに安く買うのに必死で、なんで??と思えば、その車を大改造したいから、その改造費にお金かかるから・・・・と言う理由。
それに共感する人もいれば、私からすれば、その改造費を考えると新車買った方が、早くない?と思うタイプもいるので。

スレ主さんが改造してでもあと2年乗りたいならば、乗れば??と思うのですが。

天中殺を持ち出すぐらいだし・・・

何故ここで第三者の意見を聞くのだろう??と不思議です。
天中殺は、そうやって多くの人から意見を聞いて判断を下す時期なのか?と思いましたが、調べるとそうではないので。ならば、天中殺だし・・・というのならば、大改造してとことん乗りたい気持ちがすっきりするまで乗れば???と思うのですが。

何をそんなに迷っているのか不思議です。

一応、天中殺の時は、3万以上出して祈祷してもらうといいらしいです。
って、この3万って何??って思いません??
ただ、天中殺に新車購入したら、3万だして安全祈願してもらえば事故率減るよってことかもね。

でも、知人は新車の安全祈願していただいた帰りに事故って新車を廃車にしました。
大笑いですが、もしかすると、祈祷代をケチったからそうなったのかもね。
ケチらなければ、大殺界だろうと天中殺だろうと新車購入しても大丈夫かも・・・・

所詮、そんな金が絡む話なんですよ、悲しいかな・・・と占いの最悪時期の話を聴くと思いますが。

ちなみに私は19歳の時から「厄払い」をさせられた家に育っています。
よって、厄年には必ず、お祓いしてもらっています・・・が、それで良かったと思うことはあまりない(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お金はかかりますが、現在のマイカーを愛着持って運転します。

お礼日時:2013/03/30 15:27

もちろんそんな時期に自家用車を購入するなど言語道断です。


交通事故だけでなくいろいろな災いを招きます。
おとなしく過ごすのが賢明です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

しかし、5月に車検があります。

この場合、どちらが良いか?
一、中古車購入
ニ、現行のマイカーを
大手術して車検を通す。

補足日時:2013/01/14 12:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
新車購入は避けます。

お礼日時:2013/03/30 14:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫が大殺界で転勤になり、どうしても車を購入しないといけません。

タイトル通り、夫が今年大殺界なのですが、関東から九州へ転勤になります。
今は子供も小さく、駅近くの便利なところに住んでいるので車は所有していなかったのですが、九州では車を所有せずに生活することは難しく、車を購入しなければならないと考えております。
しかし、大殺界に車を購入するのは良くないと聞き困っております。
もし、購入して事故に遭ったり、遭わせたりしてしまったら・・・・。と考えると、起こってみないと分からないこととはいえ事前に対処できることがあればできるかぎりのことはしておきたいと考えております。
どなたか良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
今のところ妻の私名義で購入するのはどうなのかな??と考えているのですが、同じことなのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

>今年大殺界なのですが
⇒これは、こちらの系統の専門家に直接相談するしかないでしょう。

陰陽道や気学とか他の軍学など方位も使うのでは、元々のエネルギーがないと、何も出来ないので、事前にそのエネルギーが無い人は(先天エネルギーの無い人)、自分の身体の移動とか家相で、現世の銀行に貯金をする様に、
天の銀行に運勢を溜め込んでおく必要が有るので、移動せざるを得ない様な事が起きてからではどうしようも有りません。

カタタガエ・ホウガエも有りますが、生年月日など情報が無いので使えるか使えないかも何とも言えません。

<名義
⇒少しはよいでしょう。 会社経営の場合など奥さんの運勢の方が強い場合はそうしますから。

Q細木数子先生の占いで月運が大殺界の時物件購入しても大丈夫でしょうか?

来年4月に引越し(初の一人暮らし)をするので
2月頃に物件を借りに行きたいと思っております。
しかし、2月は月運が大殺界の最後なんです。
(私は水星人の霊合星人で、12月1月2月が毎年大殺界です)
私的推測なのですが
霊合星人は最後が一番悪い時だと思います。
普通の人はど真ん中が悪いそうですね)

大殺界の時に新しい事(物件購入)をしたら
悪い事がおこりそうでとても不安です!
(私の場合大殺界など悪い事が起きたりとあたっている事が多いので。)

なので物件探しは3月の方が良いでしょうか?
しかしもう3月はどこも埋まってそうで不安です!

説明がわかりづらくてスミマセン!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私も占いは好きです。
でも、悩んでしまう自分が嫌で、一時期、占い自体を信じないように使用と思って、占いを読まなくなりました。
だけど、気に成りますよね。
特に、そう言うマイナスナ事知ってしまったら・・・
良い事だけ信じればいいって言うけど、なかなか、そうは簡単に心が動いてくれないものです。

だけど、知ってましたか?
細木数子って、自分で大殺界には動いちゃいけないといいながら、自分でお店を始めたり、他にも覚えてないけど、色々やってるみたいですね。
それって、自分の占い全否定でしょう・・・と思いますが、そう言う事なのであまり気にしなくても良さそうですよ。

それでも、どうしても気に成るようなら、3月以降にしてみれば良いと思います。

それから、私としては、細木数子より
個人的に、「かいうんや」と言うところが好きです。

結構びっくりした内容があって、それ以来、時々そこに行って、鑑定して貰ってます。楽しいです。

参考URL:http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~kaiunya/mp-top.htm

私も占いは好きです。
でも、悩んでしまう自分が嫌で、一時期、占い自体を信じないように使用と思って、占いを読まなくなりました。
だけど、気に成りますよね。
特に、そう言うマイナスナ事知ってしまったら・・・
良い事だけ信じればいいって言うけど、なかなか、そうは簡単に心が動いてくれないものです。

だけど、知ってましたか?
細木数子って、自分で大殺界には動いちゃいけないといいながら、自分でお店を始めたり、他にも覚えてないけど、色々やってるみたいですね。
それって、自分の占い全否...続きを読む

Q大殺界、天中殺って本当に当たるの?

 こんにちは。
 私は占いはあまり好きなほうではなかったのですが、この間友達が見てもらいたいと行ったところへ付いていきました。で、結局見てもらいました。
 すると、「今年は天中殺の年だから、何をやっても駄目な年です。引越し、転職は絶対に失敗します。結婚もできません。今年出会った男性とは結婚までに至りません」と言われました。ちょっとショックだったので、「ここ数年で私にとって一番いい年はいつだったのか?」と聞くと、平成11年だったのですが、平成11年は、それこそ私は職場内での激しい嫌がらせや、長引く病気など波瀾の一年でした。ですので、「そんなこと信じられません!だったら今年は私は何もできないじゃないですか!転職も考えてたのに・・・」と思わず言ってしまったのですが、「今、転職しても絶対にうまくいきませんよ!長続きしません!」と一生懸命語る占い師さんを見てると、なんか怖くなりました。(^^;;
 しかし、今年何もするなと言われても、転職も結婚もしたいと思ってるのに我慢できません。
 天中殺とか、大殺界などといわれて、本当にそのとおりになった方、いらっしゃいますか?
 ちなみに占い師さんは、私に「あなたはこういう性格です」と言いましたが、全然違うような気がしたので、「全然違うと思う」と言ったら「あなたの生年月日は本当にこれで正しいんですか?戸籍が間違ってるんじゃないの?」と真剣に聞かれました。(-_-;)
 天中殺、大殺界、って本当に何もしたら駄目なんですか?こういう時期に転職や結婚した方、本当に後悔するような結果でしたか?いろんな方のご意見を賜りたいです。
 

 こんにちは。
 私は占いはあまり好きなほうではなかったのですが、この間友達が見てもらいたいと行ったところへ付いていきました。で、結局見てもらいました。
 すると、「今年は天中殺の年だから、何をやっても駄目な年です。引越し、転職は絶対に失敗します。結婚もできません。今年出会った男性とは結婚までに至りません」と言われました。ちょっとショックだったので、「ここ数年で私にとって一番いい年はいつだったのか?」と聞くと、平成11年だったのですが、平成11年は、それこそ私は職場内での激し...続きを読む

Aベストアンサー

気にすると当たったように思い、そのせいにできる。
責任を転嫁したいのなら、信じることです。

#5さんも書かれていますが、最近同じような質問ありましたよ。ひとつは「引越し」ひとつは「結婚」。
両方とも答えました。
私は後悔する結果ではなかったので、ほぼ同じ回答を書きます。

私は「天中殺」「大殺界」+「女の厄年」が同じ3年間でした。
1年目「結婚」2年目「長女出産」3年目12月「次女出産」と人生の大イベントやりました。
それからもう10数年,もう1度「大殺界」あったはずですがすっかり忘れ現在に至るです。
別に大きい病気もせず、嫁姑問題もなく、子供も別に問題なく、いたって普通に過ごしております。

人類を何パターンかに分けるなんて、変でしょう?
「十人十色」という良い言葉があります。
細○○子女史やほかの占いの先生方を儲けさせても仕方ないでしょ。
占いを参考にするのは良いかな?と思いますが「信じきる」のは「危険」では・・。

と、占いをみてもすぐ忘れ、日々主婦しているオバちゃんでした。

Q大殺界中に転職、引越しをしてしまったらどうすればよいでしょう?

私は細木数子さんの六星占術によれば火星人のーなのですが、去年は年運、月運ともに停止という真っ只中に転職と引越しをしてしまいました。これは後で知ったのですが振り返れば大殺界中に二台もの車を廃車にしてしまったり、仕事でのトラブルが続発したりと散々だったことから、あまり軽視はできないような気がします。
そういった大殺界中にしてはいけないことをしてしまったときの解決方法というか対処方法はどうすればいいのか調べてみてもよく解りませんでした。
どなたか知っている方がいれば教えて下さい。不安で仕方ないので助けてください。また転職は必要なのかと考えています。

Aベストアンサー

こんにちは。
もうご存知かもしれませんが、斉門見さんの四柱推命占いのメールマガジンです。
無料相談コーナーがあり、それぞれの相談やそれに対する専門家の斉門先生のアドバイスが参考になります。
もしご存知なかったらどうぞ。
バックナンバーも公開されています。

参考URL:http://www.mag2.com/m/0000098704.htm

Q天中殺と厄年…

おはようございます。
私は今年前厄の天中殺で来年が本厄だといわれました。
なので、必死にやってもいい結果が得られない年だから、再来年まであまり動かないように…と占いをしている人によく言われます。
…が!でもそうすると、世の中の前厄天中殺の人と本厄の人は全員不運続きでどうしようもないって事!?と思いました。
確かに今年からもうどうしようもないほど不運が続いています。でも天中殺だから…と何もせずに諦めるのが悔しくて。
こんな時、どうしたら(占いなどの効果が絶対ではないとは思うケド…)気分だけでも回避できるのでしょうか?
やっぱり高いお金出して「厄除け」とかしなくちゃなりませんか?でもそれは天中殺にも効くんでしょうか?
それと、もし厄除けしかないのでしたら、どこの厄除けが効果的でしたか?体験者様教えて下さい。
しかし、そこまで行って厄除けをしてもらう事が出来ません(仕事が抜けられないのです)。
郵便とかネットとかで申し込みができるなんて都合いいところなんて無いでしょうか?
何をするにも悪い方向に転がり、今とてもネガティブな考え方しか出来ません。せめて、少しでも明るい光が見えればポジティブになれるのに…。
再来年から笑いが止まりませんよ~と言われても、再来年までなんてこの状況から抜け出せないなら、再来年まで果たして生きていられるのか…?!と本気で心配してしまっています。

おはようございます。
私は今年前厄の天中殺で来年が本厄だといわれました。
なので、必死にやってもいい結果が得られない年だから、再来年まであまり動かないように…と占いをしている人によく言われます。
…が!でもそうすると、世の中の前厄天中殺の人と本厄の人は全員不運続きでどうしようもないって事!?と思いました。
確かに今年からもうどうしようもないほど不運が続いています。でも天中殺だから…と何もせずに諦めるのが悔しくて。
こんな時、どうしたら(占いなどの効果が絶対ではないとは思うケド...続きを読む

Aベストアンサー

厄除けについては自信がありません。

天中殺は、中国算命占星学における決め事の一つで、年・月・日・時間それぞれに周期的に巡ってくる一定の期間(たとえば、年なら2年間、月なら2ヶ月間)のことです。

天中殺は大きく6種類あって、それぞれ固有の特性があります。天中殺の呼称は、子丑・寅卯・辰巳・午未・申酉・戌亥の6種類で、いずれも生年月日で決まります。(生年の干支自体は天中殺の種類とは無関係です。)

しかし、生年月日から天中殺の種類が決まると、その人の“天中殺年”は、その呼称に含まれる干支の2年間ということになります。
たとえば、今年の干支は未ですから、去年・今年は午未天中殺の人たちの“天中殺年”ということになります。(来年は申年ですから、来年・再来年は申酉天中殺の人たちの天中殺年です。)

天中殺月については、時計の文字盤を思い浮かべ、12時を子として、以下時計回りに1時を丑、2時を寅・・・10時を戌、11時を亥と定めます。そして時を月と読み替えます。あとは年の場合と同様、天中殺の呼称の干支に該当する2ヶ月間がその人の“天中殺月”です。

天中殺の意味は誤解されがちですが、次の10年(月の場合は10ヶ月)の飛躍に備える“準備期間”です。まあ階段の踊り場みたいなイメージでしょうか。

準備期間ですから、何にせよ“新しいこと”に手を染めるのだけはタブーです。転職・結婚・転居・会社設立・新車購入等々、年にせよ月にせよ、新しく始めたことはまず成功しません。準備ができないうちに始めるから失敗します。この失敗の連続が心の混乱を招き、予想だにしなかった悲劇に発展した事例が少なくないので、俗に天中殺は不吉だと誤解されているのでしょう。

天中殺の有意義な過ごし方は:(イ)他への奉仕に徹すること。(ロ)自らの学習に徹すること。(ハ)英気を養うための遊びに徹すること。だと、エライ算命学の先生から教わったことがあります。経験的には、実践したもの勝ちだと感じています。

厄除けについては自信がありません。

天中殺は、中国算命占星学における決め事の一つで、年・月・日・時間それぞれに周期的に巡ってくる一定の期間(たとえば、年なら2年間、月なら2ヶ月間)のことです。

天中殺は大きく6種類あって、それぞれ固有の特性があります。天中殺の呼称は、子丑・寅卯・辰巳・午未・申酉・戌亥の6種類で、いずれも生年月日で決まります。(生年の干支自体は天中殺の種類とは無関係です。)

しかし、生年月日から天中殺の種類が決まると、その人の“天中殺年”は、その呼称に...続きを読む

Q住宅購入と大殺界

住宅の購入を考えています。以前は、もう少し先でいいと思っていましたが、金利は上がる一方で先送りしているうちに購入できなくなるのではと思い、真剣に検討を始めたところです。ところが、ふと主人が大殺界のど真ん中だったことを思い出し、どうしたものかと悩んでいます。
(1)やはり、大殺界のときに話を進めたり・購入するのはダメなのでしょうか?
(2)夫婦のどちらかが大殺界でもダメなのでしょうか?
(3)大殺界のときに検討・購入をする場合の打開策はないのでしょうか?
すべて占いを中心に考えるわけではありませんが、住宅購入は夫婦にとって一大事なのでやはり良くないといわれれば気になります。どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>(1)やはり、大殺界のときに話を進めたり・購入するのはダメなのでしょうか?

そんなことはありません。
言いだしっぺである細木数子本人を筆頭に、大殺界に何かを始めても良いことがあった人はたくさんいます。
http://www.nazotoki.com/iikotoatta.html (←実例です)

>(2)夫婦のどちらかが大殺界でもダメなのでしょうか?

六星占術の設定ではそうなっていますが、そんなことを真に受けていたら人生は凶運気だらけになってしまい、ほとんど何もできません。(逆にいえば何か不幸があったとき、いくらでも当たりをこじつけられる)

具体的に書きますと、大殺界だけでも人生の43.75パーセント。中殺界を入れると55.56パーセント。小殺界まで入れれば人生の65.97パーセントが凶運期になってしまいます。
http://www.nazotoki.com/rokuseisenzyutsu.html

しかもこれ↑は一人の場合です。夫婦など、二人以上でみた場合はもっと割合が高くなります。
http://www.nazotoki.com/faq.html#aishyoun


>3)大殺界のときに検討・購入をする場合の打開策はないのでしょうか?

打開策は事実を知ることです。
大殺界のタブーなど無視してもいいことがあった人たちの実例や、言いだしっぺである細木数子本人は、大殺界のタブーなど全く眼中にない行動をとっていても大成功しているという実例。
当たったように思えるのは、そもそも「当たりが異常に多く仕込まれたクジ」のように設定されているから。

これらの事実を知ってもなお大殺界が気になると思われるのでしたら、あとは細木数子の勉強会に参加し、個人鑑定を受け、勧められるままに高額の墓石と仏壇を買って先祖供養をするしかありません。(ただしこちらの場合は打開策になる保証はまったくなく、単に細木数子がそう言ってるだけですが)

参考URL:http://www.nazotoki.com/report.html

>(1)やはり、大殺界のときに話を進めたり・購入するのはダメなのでしょうか?

そんなことはありません。
言いだしっぺである細木数子本人を筆頭に、大殺界に何かを始めても良いことがあった人はたくさんいます。
http://www.nazotoki.com/iikotoatta.html (←実例です)

>(2)夫婦のどちらかが大殺界でもダメなのでしょうか?

六星占術の設定ではそうなっていますが、そんなことを真に受けていたら人生は凶運気だらけになってしまい、ほとんど何もできません。(逆にいえば何か不幸があったとき、いくらで...続きを読む

Q納車の際の「縁起のいい日」について

先日購入補助金につられ(笑い)しばらくぶりに新車を購入しました。
ディーラーから連絡があり今月22日以降のご都合の良い日に納車したい、と・・・
但し残念な事に丁度予定日の22日から26日まで仕事の関係で出張予定になっております。
27日以降に納車とした場合「縁起のいい日」はいつにしたらいいのでしょうか?
どなたか詳しい方がおられましたらご指南願えませんか?
尚、勝ってながら「自分の都合のいい日」や「気にしない方がいい」などの意見はご遠慮願います。
出来ましたら「この日がいい!」などの意見、アドバイス等を頂ければありがたいのですが・・・・・・

Aベストアンサー

28日先勝の午前中か
29日の友引か
30日先負の午後か
11月1日の大安が良いです。

鬼門などと同じで
こういう事は大切ですから
ちゃんとした方が良いですよ。

気にするしないは地域性もあるでしょうが
例えば火葬場は「友引の日」はお休みです。
当然
友引の日には葬式をすることが出来ません。
仏滅は結婚式場が安いですね?
自分が気にしなくても
周りが気にしますので
暦はそれだけ大切なことなのです。

街を歩いて一軒一軒
家を見ていくと
玄関はほとんど南東か北西にあるでしょう?
逆に北東と南西には
「南天」が植えられていると思います。

そういうことも大切です。

Q大運天中殺と宿命大殺界について

大運天中殺は宿命大殺界と同じですか?
私は宿命大殺界を今年抜けます。最後の5年で結婚、出産しました。これは、よくなかったのでしょうか?詳しい方教えてください!!お願いします!

Aベストアンサー

 「天中殺」は、別名「空亡」と言います。

 これは、干支暦という十干と十二支を用いて年月日時を表す暦を基に、人の「命」を判断する占術の、『四柱推命(中国では『子平』とか『八字』などと呼ばれます)』や『算命学』で用いられる用語です。
『算命学』では主に「天中殺」と言い、『四柱推命』では主に「空亡」と言っています。

 昭和50年代に、和泉宗章氏が『算命占星学入門』と『天中殺入門』という本をお出しになり、その中に、

 「天中殺の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始めても必ず後に破綻することになる。」
 「天中殺の期間中は何をやっても思うようにならない。だからその期間中はおとなしく天中殺の時期が過ぎるのを待つべきだ。」
 「天中殺の人がいると、家族を含め周囲の人がそれに巻き込まれる」
 「大運天中殺は運勢を逆転させる。大運天中殺の直前に幸運だった人は大運天中殺の期間中にその反動で不運に見舞われ、場合によっては命を落とす。逆に、直前に不運だった人は幸運に恵まれる。しかし、大運天中殺の期間中に幸運に恵まれた場合、あまりに度の過ぎた幸運に恵まれると大運天中殺が終わった時にその反動で不運に見舞われ、場合によっては命を落とす。」

というようなことが書かれていました。

 これらを読んだ人の中に、「自分は今、天中殺だから、何をやっても上手く行くはずがない。」「天中殺の自分がいると家族に迷惑がかかる」「幸運だった自分はもう直ぐ大運天中殺に入るから死ななければならない」などと、私からすれば訳の分からない理由で自殺する人が相次ぎ、日本中を巻き込んでの一種の社会現象・社会問題となりました。

 その後、和泉氏は、当時読売巨人軍の監督に就任した長島茂雄氏に関する占いを外したことをきっかけに、「占いは当たらない」宣言をして占いから足を洗い、『算命学』はそれまでのブームの反動からか、人々から白眼視されるようになりました。

 その後、1年ほどして出て来たのが細木数子氏の『六星占術』で、内容は、和泉氏の本の中から天中殺の要因のみを取り出して、人々を6種類または12種類に分け、天中殺の期間を十二支で1個分増やして名前を「大殺界」とし、

 「大殺界の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始めても必ず後に破綻することになる。」
 「大殺界の期間中は何をやっても思うようにならない。だからその期間中はおとなしく天中殺の時期が過ぎるのを待つべきだ。」

と、天中殺(大殺界)の期間中の行動などについては和泉氏の本に書かれていたのと全く同じことを書き、ただ、

 「何事も思うようにはならないけれども死んではいけない」

と書いて和泉氏の二の舞になることを防いでいました。
 ただ、和泉氏の本は天中殺以外の部分の内容については比較的信頼性の高い占術の判断方法を紹介していたのに対し、細木氏の本の方はまるでデタラメで、自己流に滅茶苦茶にアレンジして、大殺界の他にも中殺界やら小殺界やらと、単に悪い時期というのを増やして人々の恐怖をあおって自分の商売にしているだけのものでしかありません。

 そして、細木氏は最近になって和泉氏の『天中殺入門』に書かれていた大運天中殺の部分のみを取り出して『宿命大殺界』という本を書いて売り出したようです。
 ただ、さすがにこれまで今までの大殺界の手法と同様に十二支で一個分悪いとされる期間を増やしてしまうと、全部で30年間も悪い時期ができてしまうことになるために気が咎めたか、元々の大運天中殺の時期とこれだけは全く同じにしています。そして、その時期の過ごし方については和泉氏の本に書かれていた内容をほとんどそのまま流用し、その他に、彼女の常套手段として、先祖供養などの独自の宗教的哲学的内容などを加味してもっともらしい体裁を整えて本にしています。

 しかし、細木氏が基にしていると思われる、和泉氏の本の「天中殺」の考え方自体がそもそも間違っているのです。

 「天中殺(空亡)」は、干支暦を用いて人の「命」を判断する占術においては確かに重要な判断要素の一つではあります。(もっとも、台湾の明澄透派という流派の系統の『四柱推命』だけは、「空亡」の要素を最初から全く見ないようですが・・・)

 しかし、「天中殺(空亡)」は、その「天中殺(空亡)」に該当する干支(かんし:十干と十二支のこと)が存在しない、または、力が半減している、などとして観命作業を進めて行くためだけのものであって、他の要因と合わせて考えることによって初めて具体的な意味を成すものであり、「天中殺(空亡)」の要因だけを取り出して何らかの判断をしようとしても、それだけでは良いとも悪いとも、具体的には何も判断することはできないのです。

 それを和泉氏は、「天中殺に該当する干支が存在しないものとして、或いは、力が半減するとして判断しなければならない」ということのみに着目して、「自分に対して作用するものが無くなったり力が弱まったりするのだから、その時期は不安定で何が起こるか分からない」というように発想し、その考えを基に本にまとめられたのだと思われます。

 しかし、実際には、自分に作用するものが例えば全く無くなったとしても、自分が生まれながらに持っているものまで消えてなくなるわけではないため、そのような場合には本来の自分が持っているものがもっと明確に現れて来るだけのことであって、それ以上でもそれ以下でも無く、この時期が運勢的に不安定になると決まっているわけでもなければ、悪いことが起こると決まっているわけでもないのです。

 さらに言いますと、『四柱推命』でも泰山流では大運の「空亡(天中殺)」は見る必要は無いと考えていますが、私もこれまで多くの方を見させて頂いた経験上、大運の天中殺は見る必要が無いという結論を得ています。

 いずれにしろ、和泉氏の判断方法はそもそも間違っていたのであり、同じ『算命学』の流派の中でも和泉氏の本の内容に賛同する方はほとんどいません。ましてや、それを基にして人々の恐怖を煽って自分の商売にしているだけの細木氏の書いていることや言っていることなど、真に受けて振り回されるだけ馬鹿を見るとお考え下さい。

 しかし、どうしても不安で仕方が無いとお考えでしたら、信頼の出来る占術研究家の方に鑑定を依頼なさればよろしいのではないかと思います。
 『算命学』は『四柱推命』の判断要素のうちから生時の要因を除外して判断するもので、他の12星座占いや動物占いなどから見れば信頼性は高い部類の占術ですが、『四柱推命』に比べれば精度などの点で格段に劣ります。しかし、『四柱推命』を看板にはしていても入門書程度の知識のみで商売している人も多数おられるため、誰が信頼できるのかは素人の方には判断がつきかねると思います。

 そこで、有名どころで言えば、gooのバナー広告にも出ている黒門氏(高根黒門氏)などは私としては信頼できる方なのではないかと考えています。他に、苔峰洞人氏なども信頼できるのではないかと考えていますが、苔峰洞人氏は現在本の執筆中でお忙しいようですし、基本的に占いの依頼は受けない方のようなので、依頼しても無理かもしれません。しかし、そのHPの内容は、素人の方には少し難しいかも知れませんが、お読みになって参考になる点は多いのではないかと思います。

 どちらの方も、gooやYahooで検索すればHPが分かるはずです。

 或いは、街中やインターネット上で『四柱推命』を看板に掲げている方の場合でも、その人が信頼できるかどうか判断できる方法があります。それは、生年月日までは分かっていても生時が分からない場合、その人の身体的特徴や家庭環境、これまでに経験した事象の発生時期とその種類などの情報から、生時を特定できる方であれば信頼できると考えられます。仮に、生時が分からない場合、「生時が分からなくても運命にはほとんど影響はありません」として判断する人や、生時を軽視する方は信用できないとお考え下さい。生時が変われば、全く性格も運命も何もかもが変わるのです。

 しかし、私としては結局のところ、天中殺など素人の方は全く気にしなくて良いのではないかと思いますが、どのようにお考えになるかはstarmanstarmanさんの自由だと思います。

 「天中殺」は、別名「空亡」と言います。

 これは、干支暦という十干と十二支を用いて年月日時を表す暦を基に、人の「命」を判断する占術の、『四柱推命(中国では『子平』とか『八字』などと呼ばれます)』や『算命学』で用いられる用語です。
『算命学』では主に「天中殺」と言い、『四柱推命』では主に「空亡」と言っています。

 昭和50年代に、和泉宗章氏が『算命占星学入門』と『天中殺入門』という本をお出しになり、その中に、

 「天中殺の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始...続きを読む

Q天中殺・大殺界の調べ方

友人が事故に遭って入院しています。幸いもうすぐ退院できるのですが、全回復するにはリハビリが必要なようです。彼女にとって今が天中殺の時期なら、それを乗り越えればいいことがあるよとか言ってあげたいのですが、天中殺とか大殺界について、生年月日を入力すると調べられるような、占いサイトがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

下記URLを見て下さい

参考URL:http://www.shojoji.com/index_tenchusatu.htm

Q大殺界に新築・・・

こんにちは。
実は来年か再来年に、旦那の実家を建替えしなくてはなりません。ですが、実は旦那が今年から大殺界にはいり、私が再来年から大殺界にはいるようです。家は夫婦二人の共有名義にするつもりです。もし建替えするなら来年と再来年どちらのほうがよいものでしょうか?あまり気にしないほうがいいとはわかっているのですが。。。(ちなみに先祖の供養はしてるほうだとおもいます。)

Aベストアンサー

 『六星占術』に翻弄されている人が多いと思いますので、もう少しだけご説明致します。

 『六星占術』では、人間を全部で24パターンに分けているように見えますが、ある年に限って考えてみるとたった6パターンしか無いのです。彼女の本を読んで、ご自分の生まれた年について詳しくお調べになってみればお分かりになると思います。
 つまり、ご自分の同級生を考えてみた時に、6人に1人は必ず自分と全く同じ性格を持ち、自分と全く同じ運命を辿る人間がいるということになります。「そう言えばその通り!子供の頃から自分とソックリな人間ばかり周りにいると思っていたんだ」と素直に思える人がこの世にどれだけいるでしょう?

 それから、彼女の占いが当たると主張する方の場合、その多くは、ご自分の大殺界の時期に、ご自分だけでなく家族や親戚を含め、ご自分の周りの人の誰かに何かが起きたことをもって当たると考えておられる場合がほとんどです。しかし、これが彼女が考えた優れたマジックなのです。

 家族の誰かが大殺界であれば、自分を含めて家族の誰かに不幸が起きるのだとすると家族が多ければ多いほど、ほとんど一生を通じて誰かしらの大殺界の期間に当たることになり、年中不幸なことが起きないといけないことになります。また、親戚まで範囲を広げるならば、自分の大殺界のみならず、親戚全ての大殺界を考えなければなりません。そのため、『六星占術』で自分が良いとされる時期にも他人の大殺界の影響を受ける可能性があります。

 とにかく、あの占いは、他人を呪うことしか考えていない占いです。彼女がおそらく基にしたと思われる、昭和50年代前半に日本中にブームを起こした和泉宗章氏の『算命占星学入門』『天中殺入門』においても、自分の天中殺による影響が家族にも及ぶ、といったことが書かれていたため、自分がいれば家族に迷惑が掛かるなどとして自殺する者が相次ぎ、大きな社会問題となりました。その後、和泉氏本人が「占いは当たらない」宣言をして事態は収束に向かいましたが、その1~2年後に出されたのが彼女の『六星占術』「大殺界」です。

 和泉氏の本は、天中殺部分の解釈以外の点においては比較的占術の基本に忠実なまじめな本だったのですが、天中殺の解釈を和泉氏は間違って考えて本にしたために、社会に混乱を招きました。ところが彼女の本では、その天中殺部分のみを取り出して、しかも、悪いとされる時期を増やして、自分や家族・親戚に何かしら不幸なことが起きれば、「ほら当たったでしょう?」という占いです。本当の占術は、そのようなあいまいなものではないのです。

 また、テレビで彼女が芸能人を占っている場合、彼女は『六星占術』用に作り上げた言葉を用いて説明しています。そのため、それを聞いた人は、ああ『六星占術』を勉強すればこんなことまで分かるんだ、と思いがちだと思います。しかし、最初にも述べたように、『六星占術』は、ある1年に限って考えるとたった6パターンの分類しかありません。そのようなもので人の性格や運命その他を知ることなど出来ません。

 彼女は、自分が他人を占う場合は、おそらく自分が本を書く時に参考にしていると思われる和泉氏の本や『四柱推命』の本を元に占っていると考えられます。生まれた時間を考慮していないようなので、和泉氏の本の可能性が高いと思われます。そして、それらで占った結果を、『六星占術』用に作り出した言葉を用いて、さも『六星占術』で占っているかのように見せかけているのです。

 いずれにしろ、彼女の呪いを用いた霊感商法にひっかからないように注意なさった方が良いと思います。

 彼女の占いが「当たる」と考えている人も、私は彼女の被害者だと考えています。しかし、始末の悪いことに、彼女の被害者は、簡単に新たな被害者を出すための加害者になってしまいます。おそらく、大元である彼女を倒さないと彼女による被害者は後を絶たないだろうと考えています。その工夫を、私も現在思案中です。

 『六星占術』に翻弄されている人が多いと思いますので、もう少しだけご説明致します。

 『六星占術』では、人間を全部で24パターンに分けているように見えますが、ある年に限って考えてみるとたった6パターンしか無いのです。彼女の本を読んで、ご自分の生まれた年について詳しくお調べになってみればお分かりになると思います。
 つまり、ご自分の同級生を考えてみた時に、6人に1人は必ず自分と全く同じ性格を持ち、自分と全く同じ運命を辿る人間がいるということになります。「そう言えばその通り!子供...続きを読む


人気Q&Aランキング