宅配業界で働いてる叔父が何年か前に、

100円化粧品も5000円とかする高級化粧品も基本成分は変わらない、
違うのは香料くらいと言っていたのですが

今でも基本の成分は同じなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ラベルの成分表では変わらないかも知れません。


しかし、純度は違うと思いますよ。
たとえば、開けっ放しの工場で、手を洗ったかも分からない人が素手で握るおにぎりと、キチンと空調管理された工場で、マスク・手袋した人(もちろん、手洗いも完璧)が握るおにぎりでは、どちらが良いですか?

要は、どの工程で作られているかが重要でしょう。
あとは、ラベルに貼ってあるどこにあるか分からない会社(存在すらも)では、肌にどんなトラブルがあっても保証しないので、それでも良ければ!!ってところでしょうね。
まあ高級化粧品の値段の30%は広告宣伝費でしょうけどね。
それでも純粋な原価は100均よりは、はるかに高いです。

余談ですが、成分だけで言えば、ダイヤモンドも鉛筆も同じ炭素で出来ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、確かに過程が違いますね!
ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2013/01/17 15:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5000円以下で肌に良い(ニキビなどに刺激の少ないなど)化粧品を教えてください。。

はじめまして☆
今20歳のものなのですが、ニキビが多め(目と目の間や、鼻の下、
頬、口下などといろいろな所)にあって、しかも、おそらく
敏感肌で、寒かったり、花粉や、砂ぼこり?などでも
肌が荒れてしまったり、赤くなってしまう肌なのですが、
学生でお金もないので、

高くて5000円くらい(本音で言ったら3000円くらい・・笑)
で敏感肌(&乾燥肌)やニキビ予防(治療も??)の洗顔フォーム・化粧水・乳液・下地・ファンデーション・ファンデーションの上につける
粉??(おしろい?フェイスパウダー?)を教えて頂きたいです。。

多くて申し訳ないのですが、好きな人が出来たこともあって、肌を
キレイにしたいので皆様お力添えよろしくお願い致します(≧≦)!!

Aベストアンサー

若い頃、敏感肌で乾燥肌で一時期質問者様のように悩みました。
(長文になってしまったので、読みにくいようでしたら最後の方だけでも読ん下さいね。)

1番お勧めなのが、
(1)カネボウのコスメティアシリーズの基礎化粧品シリーズです。
特に<コスメティア AAティアフィールローション>の化粧水
や乳液状美容液などです。
凄く敏感で、乾燥肌になっている時にとても助けられました。
カネボウのコスメカウンターで初めて知りましたが
かなり前からあるようで
いつもは使わないのですが、
敏感になっていたり肌が荒れている上にかなり乾燥している時に
使います。
そういう状況の中でもこれだけは、痛くもなくとても安心して使えます。次の日には、びっくりする位潤ってくれて乾燥が無くなります。

コスメティアシリーズは敏感肌や乾燥肌の方々の意見を元に
開発されたそうなので安心して使えます。
フリープラスを使用した事もありますが、
フリープラスよりも断然良い商品です。

(2)番目にお勧めなのが、<アクセーヌ>の基礎化粧品・化粧品です。
※低刺激性、無香料、無着色、アルコールフリー、メントール無添加
で皮膚科専門医とともに共同研究したことにあるようで、
皮膚科などの先生もお勧めの化粧品だそうですよ。
肌が敏感になっている時や、弱っている時、肌が荒れている時でも
全然ぴりぴりしなくて安心して使えるので
家に常時しています。

(3)番目は<アル-ジェ>は無添加かどうか確かではありませんが
たぶん無添加化粧品だったと思います。
<アル-ジェ>は、友達がかなり気に入って愛用していますが、
私が肌が敏感で乾燥肌の時は合いませんでした。

(4)番目のお勧めというか、最後の手段?というか
本当に1番低刺激で肌が赤くなった時でも
全然大丈夫で安心して使った事があるのが

☆ファンケルの中の「FDRシリーズ」☆で、
今まで無添加化粧品(基礎化粧品)を使ってきた中で
本当に1番良かったです。
普通のファンケルの物でしたら、お肌の調子が悪い時は
水分等が足りなくてかゆくなった時もありました。

「FDRシリーズ」は防腐剤・殺菌剤・石油系界活性も不使用ですし、 皮膚科専門医の協力を得てつくられた
アトピー肌や超乾燥敏感肌をトータルにいたわる無添加スキンケア。
と記載されていますが 私はアトピー肌でも無いのですが、
一時期ファンデが合わなかったのか肌やおでこに、
にきび(吹き出物)が出来だしてしまった上に乾燥もしてし頬がかゆくて赤くなった時期がありました。
※もしかして、質問者さんも化粧品(ファンデーション・下地等が合っていないかもしれないですね・・・。)

そこで何かいいのはないかと思い、
<アルビオンのエクサージュ>や<アル-ジェ><ちふれ>ちふれは悪くも無く凄くよくでも無くです。

そして、<資生堂のdプログラム>も使用しましたが
私はかゆみが少しありました。

色々口コミでも評判がいいのを(手当たり次第までいきませんが)
凄く焦せってたので色々試しましたが、全然治らなかったのですが

ファケルシリーズで全て基礎化粧品は揃えて、
マイルドクレンジングオイルでメークを落として、
(これはお肌の調子が悪い時にはオイルクレンジングはあまり良く無いと聞きましたよ。)

★「FDRシリーズ」の化粧水と洗顔等を全部揃えて使ってから、ニキビや吹き出物が治り乾燥も無くなり、
お肌の調子がもの凄く良くなりましたし、
「FDRシリーズの化粧水をたっぷりつけて、
ちふれの美容液をつけると乾燥も無くなりぷるぷるになりかゆみも無いです。
化粧水はやはり、たっぷりぬる事で乾燥は防げると思います。

その時は、「FDRシリーズ」の化粧水等以外は使えなくなる
(使いたくない)位になってしまいました。<私の救世でした>

★この「FDRシリーズ」は開封すると期限以内に使用しなければいけないので、めんどくさい方等には少し不満もでるかと思いますが、
(その開封後、期限内にというのがお肌にいいようにされているのかと思います。)
化粧水等は、1ヶ月分で3本小さいのが入っていて
¥1000円です。私はたっぷりつけていたのですが
1ヶ月弱は持ちます。

ファケルのお店の方は皆さん、お肌も綺麗でしたし<無添加>が売りなので、色々勉強されていらっしゃると思いますのし、
とてもいい感じの方ばかりなのでBAさんに相談してみてもいいかもですね。

★私は、無添加化粧品といえば、安心・安全の「ファンケル」(特にFDRシリーズ)☆が1番だと私は思っています。

@コスメ等でファンケルからでてている無添加化粧品等を検索してみて、評価等も見てみたらいいと思います。

<アル-ジェ>は、結構お肌が敏感な友達が凄く気に入って愛用しているものです。
スキンケアは入っている成分にもよりけりで、
人によって合う、合わない等がありますから特にトラブルしているお肌の時は慎重になってしまいますよね・・。

>敏感肌で、寒かったり、花粉や、砂ぼこり?などでも
>肌が荒れてしまったり、赤くなってしまう肌なのですが、
↑とのことですので、もしかしてお肌が化粧水とかだけでは
治らない信号がでているのかもしれませんので
もし、変えてもひどくなるようでしたら
皮膚科にでも基礎化粧品でそこまで高くない<無添加>の
スキンケア商品などがその肌に合わせて売っている所もありますので
行ってみてはいかがでしょうか?
どれも合わないようでしたら
1度、皮膚科に行くというのも一つの手段だと思いますよ。
どの成分がお肌に合わないのか検査してくれます。
それを知れば買う時にこの成分は入っていたら、
私のお肌は駄目なので、と化粧品選びもできますよ。
その検査の最初の投資のみしておけば
後は、質問者様の予算内の化粧品や基礎化粧品など選べると思います。

★まず、今の質問者様の状況を見てみると
何の成分がだめなのか知ることと、まずは基礎化粧品からが
大事になってくるかなと思います。

友達が一時期、質問者さんのようになった時は
もう、スキンケアより真っ先に皮膚科に行って、
そこで買った物を使って治っていましたよ。

皮膚科でこの成分が入っているのはあなたのお肌には
あまり良く無いとか言われたみたいです。

★長文になってしまいましたが、ご参考になれば幸いです。
お肌の調子が悪い時は気分まで少し落ち込んでしまいますよね。
早く治るといいですね。

・・・・・・・・・・参考URLです・・・・・・・・・・・・・・
(1)カネボウ カネボウのコスメティアシリーズはカネボウの
HPの商品紹介等には載っていなくて
カネボウ化粧品コーナーになると思います。

(2)アクセーヌ http://www.acseine.co.jp/

(3)アルージェ http://www.arouge.com/lineup/index.html

(4)ファンケル FDR シリーズ http://www.fancl.co.jp/beauty/index.html

色々サンプル等で試して下さいね。
ご参考になれれば幸いです。

若い頃、敏感肌で乾燥肌で一時期質問者様のように悩みました。
(長文になってしまったので、読みにくいようでしたら最後の方だけでも読ん下さいね。)

1番お勧めなのが、
(1)カネボウのコスメティアシリーズの基礎化粧品シリーズです。
特に<コスメティア AAティアフィールローション>の化粧水
や乳液状美容液などです。
凄く敏感で、乾燥肌になっている時にとても助けられました。
カネボウのコスメカウンターで初めて知りましたが
かなり前からあるようで
いつもは使わないのですが、
敏感に...続きを読む

Q【化粧品の動物実験】化粧品の発売前に兎の目に化粧品を垂らしてウサギの目に異常が起こらないか動物実験を

【化粧品の動物実験】化粧品の発売前に兎の目に化粧品を垂らしてウサギの目に異常が起こらないか動物実験をしてから販売していた化粧品メーカーってどこですか?

Aベストアンサー

そのような時代もあったという認識です。ある意味その事は各社タブーになっています。今は動物愛護の観点から、そのようなことはないと信じたいですが、もしまだそのようなメーカーが存在するとしたら、そのメーカーの化粧品は買いたくありません。

Q無香料の化粧品

ここ数年「資生堂」を使用していますが、最近
匂いが気になるようになってきました。

そこで今のものがなくなり次第「無香料」に変えてみようかなと思っています。

お奨めの商品があったら教えてください。

ちなみに肌は少々乾燥肌です。

あと、マックスファクターから出ているイリューム、
ファンケルが気になっています。

Aベストアンサー

こんにちは。私はイリュームを愛用しているので、参考までに回答させて頂きます。
私はイリュームが出来たあたりから化粧水(最近はクリームも)をずっと使っています。言われてみれば、確かに無香料ですね。なんにもにおわないです。

クレンジングや洗顔石鹸も肌に合った物を見つけて使っていますので、イリュームだけの効果とは言い切れませんが、ひどい乾燥肌だったのが今はすっかり治りました。仕事を辞めてストレスが減った、という事もあるのですが、それでも化粧水をイリューム以外のものに変えた時はヒリヒリしたり、肌荒れを起こしてしまいました。

大き目のコットンいっぱいにドバーっとつけて、ぼたぼたと化粧水が落ちる位の量を使っているのですぐに無くなりますが、値段も良心的なので安心して使っています。ちなみに今日も1本買ってきました。

Qアロマセラピー用の無香料化粧品

アロマ検定1級の教科書に、基材として、市販の無香料の化粧品も使用できると書いてありました。どなたか、メーカーを知っていらっしゃたら教えてください!思いつくもので、ちふれ、とかありますが、(無香料でしたっけ?)簡単に手に入るメーカーはどんなものがありますか?
その場合、その市販の化粧水などにエッセンシャルオイルをたらして、使用して良いのでしょうか?

Aベストアンサー

ミスアプリコットという、アロマ対応なメーカーがあります。
私は、そこで取り扱っている、テラベルデのシャンプーや、ボディソープに精油を混ぜて使っています。
インターネットでも購入できますよ。

化粧水は、精製水に、美容に対応な精油を入れて作っています。ミネラルウォーターでもOKです。

Qセッケン、化粧品に使われる香料とは?

最近自分で石鹸を作り始めました。
ヒノキの香りがとても好きなのでヒノキのアロマオイルを30滴ほど入れたのですが、全く香りが付きませんでした。
後から分かったのですが、ヒノキは香りが付きにくいし、もっとかなりの量の精油を入れないと匂いわないと。
精油って物によっては高価ですしそんな何十滴も入れたらアッという間に無くなってしまいますよね。
それにとても高価なセッケンになってしまう。

それで思ったのが市販の安価なセッケンの香りについてです。
箱から出した瞬間、封を切った瞬間、ものすごい香りがしますよね。
あれってどうやって香りを付けているのですか?
化粧品でもそうですが、使われているいわゆる「香料」とはどういった物なのでしょうか。

Aベストアンサー

以前香料関係の研究開発の仕事をしていました。

香料の原料にもいろんなものがあります。とてもここには書き切れません。

ある1つの特定の匂い用の香料の中にも、かなりたくさんの成分が入っています。香料の各成分は、単品で匂いを嗅いだらかなり強烈な匂いがするものが多いです。そういうものを少量ずつ混ぜ合わせ、バランスを取りながら、特定の匂いを作り上げるんです。かなりの経験と才能(センス)が必要で、3~4年程度じゃ一人前にはなれません。

その道のプロは一種の芸術家のようですね。(元々は化学者なんですけど。)

ただ、石鹸のようなメジャーなものについては、もう代表的な配合表が知られていますから、原料さえあれば簡単に作れますよ。成分的には石鹸自体の成分によって悪影響を受けないようにということから、化学的に安定性が高い物質が多く使われています。(香料開発者になるには化学的知識がある程度必要です。)

今は手元に資料がないからわからないんですけど、たしかイオノンという化学物質がよく使われていたような記憶があります。単環式セスキテルペンに属するケトン化合物です。フローラルっぽい香りだったと記憶しています。(もちろんそれ以外にもいろんな成分が入ってますよ。)

花の香りというのはけっこういろんな成分が知られていますので、比較的容易に作れます。例えばバラの香りなんかはほぼ入門編のようなものです。

香料関係の入門書は2000円前後で買えると思いますので、お求めになってみるといろんな面白いことが見つかるかも知れませんよ。

ちなみに、papapanさんが興味を覚えているヒノキの香りに関しては、私もチャレンジしてみたことがありますけど、価格的に商品化するのは到底無理という結論に達しました。(経験不足の未熟さ故に安価な原料からうまく匂いが作れなかったということだけかもしれませんけど。)

以前香料関係の研究開発の仕事をしていました。

香料の原料にもいろんなものがあります。とてもここには書き切れません。

ある1つの特定の匂い用の香料の中にも、かなりたくさんの成分が入っています。香料の各成分は、単品で匂いを嗅いだらかなり強烈な匂いがするものが多いです。そういうものを少量ずつ混ぜ合わせ、バランスを取りながら、特定の匂いを作り上げるんです。かなりの経験と才能(センス)が必要で、3~4年程度じゃ一人前にはなれません。

その道のプロは一種の芸術家のようですね。(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報