小さい会社をやっています。帳簿も日々自分でつけています。

決算の際、未使用な備品や切手などは貯蔵品として計上しなければならないと言われてますが、
実際、どの品目を貯蔵品とすればいいのかわかりません。

うちの会社では原材料を仕入れて製品を作ることもあるので、そういうものはすべて商品や棚卸し資産として計上しています。

原材料ではなく、たとえば、切手(50枚ほど)、suicaのチャージ残高、プリンタのインク(数個程度)、鉛筆(1ダース程度)、ホチキスの心やセロハンテープ(5個くらい)などはすべて未使用品は貯蔵品として計上するべきなのでしょうか?
これらはすべて購入時に全額費用計上しています。
金額としてはたいした金額ではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も思います。

教本にも貯蔵品とは,これこれですよ,と,のっていないね?(^・^)例にはほとんどが事務用消耗品費か消耗品費と書いてあります。あなたではないが,会社の規定や通牒等にも掲載していいと思いますが,時代が近代化されているわりに肝心要が薄い感じがします。

貯蔵品とは。
工具類(10万円未満)の未使用分・事務用品の未使用分・消耗品の未使用分・未使用の切手・未使用の収入印紙・未使用の器具類・未使用の工具・未使用の事務消耗品・未使用の消耗品・未使用の工具・未使用の文房具類等を云います。

例えば消耗品の未使用と未使用の消耗品同じだと思いますか?難しいのはこれなのです。例えば携帯は何が消耗すると使えなくなりますか?電池ですね?この場合携帯が消耗したのでなく電池が消耗したのです。難しいけど,理屈抜きに判断してください。

消耗品の未使用分と未使用の消耗品。これは紛らわしいですが,例えば一箱と箱を開けて使用したが,まだ半分残っているよ,← この考え方は,あなたに,任せます。

文房具屋さんから1箱の単価で買った場合と,箱を開けて半分使用た場合。鉛筆・消しゴム・シャープペンの芯これを計算しますか?だから,あなたに,任せると云うのです。

いちばんいいのは,1箱の中に1パックがあって中身は50本入りでした。その中に20本残っていた。この場合本数については金額の計算しないのです。内緒の話ですよ(^・^)半端は何処かへ隠す。

いろいろ書きましたが,参考にしてください。頑張ってね(^・^)
    • good
    • 0

さすがにその回答はちょっと・・・というのがあるので、コメントを追加しておくよ。



貯蔵品は、期末時点で現存する資産のうち、事務消耗品その他の物であって固定資産ではないものの評価額を計上する科目だ。決算日以降1年内に使用し消滅するものであっても、貯蔵品の計上対象となる。1年を超えて残存する見込みの資産は、貯蔵品でなく固定資産計上しなければならない。

ただし、少額のものは重要性の原則により、貯蔵品に計上せず購入時に費用計上したままで構わないとされてる。実務上も、決算日後1年内かどうかではなく、金額を目安とするものだ。

また、仕入れた物や原材料であっても、同じく重要性の原則により、金額が寡少のものは在庫計上すなわち資産計上をする必要がない。

これらの理は、税務にも当てはまる。
    • good
    • 0

貯蔵品の計上基準の目安は、決算日以降1年分以上の使用分の保有があるかどうかです。



其の残高が1年分未満の場合は、現金主義で購入時の費用として差し支えありません。
ただしこれは税法の考え方です。
会社の管理目的で費用削減を考えていて無駄な購入を減らすと言う目的ならば、1年未満でも一定以上(たとえば1品目で金額10万円以上など)のものはすべて貯蔵品に上げるというのも自由です。

ただし販売目的の仕入れ商品や原材料は1円でも在庫計上はしなければいけません。これらとの区分は厳格にしてください。
    • good
    • 0

おおむね定期的に購入するもので、購入額もおよそ同程度であり金額的にも大きくないのなら、購入時の費用計上で大丈夫だぜ。

だから、書いてあるものはいずれも購入時の費用計上で大丈夫だろう。貯蔵品として計上しなければならないってのは原則論で、原則論にはたいてい例外がつきものだ。

ひとつだけ言えば、貯蔵品は物が残ってる場合に使う科目だ。チャージ残高は物ではないから、前払費用あたりに計上するのが原則となる。ただ、たいした金額でなければ貯蔵品に混ぜても問題ない。例外ってやつだ。チャージ時に費用計上で大丈夫だろうから前払費用や貯蔵品に計上することはないだろうが、今後同様のもので高額のものが生じたりするかもしれねぇから、知ってて損はないと思う。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q印紙売却の消費税について教えて下さい

会社で経理を担当している者です。

貯蔵品計上してある印紙を他社に売却する事となったのですが、
課税扱いとなることは知っているのですが、
実際には仕訳をどのようにしたら良いか判らず悩んでいます。

売る側の会社と買う側の会社、両方の経理仕訳を教えて下さい。

印紙額面は合計100,000円で、郵便局から購入し貯蔵品に計上してあります。
購入する側でも貯蔵品として扱う場合
下記の様になるのかな。と思っていますが自信が有りません。
間違っていますでしょうか?

宜しくお願いします。


【売却側】
現金 105,000    / 貯蔵品 100,000
            / 仮受消費税 5,000

【購入側】
貯蔵品 100,000   / 現金 105,000
仮払消費税 5,000

Aベストアンサー

A.郵便局から収入印紙額面10万円分を購入したとき:
〔借方〕貯蔵品100,000/〔貸方〕現金100,000

B.この収入印紙額面10万円分を他社へ10万円で売却したとき:
〔借方〕現金 100,000/〔貸方〕貯蔵品 95,239
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税 4,761
〔借方〕雑損失 4,534/〔貸方〕貯蔵品 4,761
〔借方〕仮払消費税 227/

C.この収入印紙額面10万円分を他社へ105,000円で売却したとき:
〔借方〕現金 105,000/〔貸方〕貯蔵品 100,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税 5,000

b。この収入印紙額面10万円分を他社へ10万円で売却したときの他社の仕訳:
〔借方〕貯蔵品 95,239/〔貸方〕現金 100,000
〔借方〕仮払消費税 4,761/

c。この収入印紙額面10万円分を他社へ105,000円で売却したときの他社の仕訳:
〔借方〕貯蔵品 100,000/〔貸方〕現金 105,000
〔借方〕仮払消費税 5,000/

Q帳簿につける際の科目を教えて下さい。

お尋ねいたします。帳簿の記帳の件ですが、百貨店の催事場等で物品販売の仕事をしておりますが、下請けに催事販売をしてもらう事もあります。その下請けに支払う売上金の科目を教えてもらいたいのですが、まず百貨店から私の所に入る売上金はそのまま「売上」で計上してます。そこから数%差し引いて下請けに売上金を振り込むのですが、これは何費となるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 何費ですか?に対して回答とアドバイスします。 

 あなたは百貨店で販売をしているわけですから大科目=販売費。

 催事場から判断して、小科目=広告宣伝費になります。

 そうして分類=催しものになります。

 内容=展示会場に於ける会場費。マネキン。歌手等の謝礼になります。その他。

 参考の為に。一般管理費は本社等での費用をこれで処理します。 

 

Q貯蔵品勘定への振替金額は税込or税抜どちら?

決算修正仕訳で切手の棚卸を例に質問します。

例えば@80円の切手が200枚期末に残っていたとします。
この場合

(1) 貯蔵品15,238|通信費15,238

(2) 貯蔵品 16,000|通信費   15,238
              |仮払消費税 762

税法的に(1)or(2)どちらが正しいのでしょうか? 
因みに、今勤務している会社は(1)で処理しています。
しかし、(1)の仕訳では仮払消費税が762円過大に
計上されたまま確定消費税を計算する事にはならないのでしょうか?


また参考になる税務通達等あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

郵便切手等に係る消費税の経理処理については、使用時に消費税を計上することを原則としながら、購入時に消費税を計上することも認められていますので、次の仕訳例を参考にしてください。
なお、経理処理については、税込経理と税抜経理方式がありますが、税抜き経理方式により仕訳を行っています。

★使用時に消費税を計上する方法(実務ではほとんど行いません)
---購入時---
(借)郵便切手あるいは貯蔵品 24,000 (貸)現金 24,000

---使用時---
(借)通信費 7,620 (貸)郵便切手あるいは貯蔵品 8,000
(借)仮払消費税 380

---決算時---
貯蔵品として16,000残っていますが、仕訳は行いません。


★購入時に消費税を計上する方法(実務で行っている)
---購入時---
(借)通信費 22,858 (貸)現金 24,000
(借)仮払消費税 1,142

---使用時---
仕訳は行いません。

---決算時---
郵便切手として16,000残っていましたので、貯蔵品に振り替えます。
(借)貯蔵品 16,000 (貸)通信費 15,238
          (貸)仮払消費税 762

★重要
経理ソフトによっては、期中に税込経理(仮払消費税は計上しない)を行って、月末等に自動的に税抜処理(仮払消費税を計上する)を行うものなどがありますので、使用ソフトのマニュアルを良く確認してください。

郵便切手等に係る消費税の経理処理については、使用時に消費税を計上することを原則としながら、購入時に消費税を計上することも認められていますので、次の仕訳例を参考にしてください。
なお、経理処理については、税込経理と税抜経理方式がありますが、税抜き経理方式により仕訳を行っています。

★使用時に消費税を計上する方法(実務ではほとんど行いません)
---購入時---
(借)郵便切手あるいは貯蔵品 24,000 (貸)現金 24,000

---使用時---
(借)通信費 7,620 (貸)郵便切手あるいは貯蔵品 8,000
(借)...続きを読む

Q借入れをした際の帳簿の付け方等

個人事業をしております。
銀行から150万事業用に借入れした場合
白色だと借入時にどのように帳簿につければ良いですか?
青色の場合も知りたいです。

また、青色の場合月々の返済時の仕訳は
下記の要領で合っていますでしょうか?
(例:返済額5万5千/元金5万利息5千)
借入金   5万  普通預金 5万  借入金返済
支払利息  5千  普通預金 5千  借入金利息

どなたか詳しい方ご教示下さい。

Aベストアンサー

>白色だと借入時にどのように帳簿につければ…

白色はお小遣い帳か家計簿程度の帳簿で良いのです。

「借入金台帳」・・・入金 150万

>青色の場合月々の返済時の仕訳は…

おおむね合っていますが、科目名は青色申告決算書によりましょう。
「支払利息」→「利子割引料」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/10.pdf

Q地方公営企業の消費税等資本的収支調整額とは?

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算出されるのかがわかりません。

(1)式では貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由がよくわかりません。(2)式では、これで消費税の還付額が算出できると思うのですが、これを補てん財源としてしまって、翌年度に影響が出ないのか?等と疑問に思ってしまいます。

本などで調べてみても、計算式が載っているのみだったりして、よくわからないのです。

消費税等資本的収支調整額とはそもそもどういう考え方のものなのか、どうして補てん財源として使用できるのか、(1)式の貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由、(2)式の還付額を補てん財源とできる理由、その他この件について、恐れ入りますが、教えてください。

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算...続きを読む

Aベストアンサー

消費税資本的収支調整額は税込決算と税抜決算の差ということが出来ます。

企業会計は損益計算書も貸借対照表もすべて税抜き表示を行いますが、議決予算は税込みであるため対比させる決算報告書についても税込みで報告されます。

税抜きであれば消費税という項目が出てこない(仮受、仮払消費税を除く)のですが、税込み表示にすることにより、収益的支出の予算の中に消費税支払額の項目が計上されたり、資本的収支において消費税資本的収支調整額が出てくることになります。

この仕組みを理解するためには、税込み決算額と税抜き決算額を節ごとに並べて対比されることが一番の近道です。

Q~商品を割引提供した際の帳簿のつけ方について~

~商品を割引提供した際の帳簿のつけ方について~


原価220円、税込800円のカレーライスがあるとします。
これを3割引の560円でお客に提供した際、帳簿は
どうつければよいのでしょうか?

本来800円もらえるところを560円しかもらえてないので、
差額の240円は経費(損金)に計上してもよいのでしょうか?
よいのなら、その経費の名目は何になりますか?

さらに、上記カレーライスを無料提供した際は、どうなりますでしょうか?
売上が0円なわけですから、何も記帳しないでもOK?

経営経理に不案内なもので(^^;)・・・もしかしたら、ピントの外れた
質問なのかもしれませんが、子供に教えるようにわかりやすくご解説
頂けましたら幸いです。

では、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

理論上はANO1のとおりです。

しかし実務上はもっと簡単な処理でしょう。

いくらで売ろうが、
 現金 560 / 売上高 560

また無償サービスは何も記帳しなくて、期末または月末に材料の
棚卸をすれば、自動的に売上原価は出ますので、それで十分です。

ただ管理上は無償売り上げをある程度の範囲内にしなければ
商売になりませんから、これは決裁権限で誰の承認にするか
という、経理とは別の観点から決めたほうが良いこともあります。

レジスターをお使いの場合、商品コードで単価が自動的にセットされ
る様ならば、値引きや無償をそれにあった操作が必要かもしれません。

その場合、月次売上げで値引無償分を差し引きの純額で計上するか
別途値引を仕訳けするかは店の判断で決めたらよいでしょう。

どちらにしても利益は同じですから。

Q消費税等資本的収支調整額とは?

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算出されるのかがわかりません。

(1)式では貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由がよくわかりません。(2)式では、これで消費税の還付額が算出できると思うのですが、これを補てん財源としてしまって、翌年度に影響が出ないのか?等と疑問に思ってしまいます。

本などで調べてみても、計算式が載っているのみだったりして、よくわからないのです。

消費税等資本的収支調整額とはそもそもどういう考え方のものなのか、どうして補てん財源として使用できるのか、(1)式の貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由、(2)式の還付額を保全財源とできる理由、その他この件について、恐れ入りますが、教えてください。

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか回答がつかないようですね...

「税金」のカテゴリーで再度ご質問されてはいかがでしょうか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/goo_oshiete.php3?c=482

QPCA会計2000の帳簿決算

経理初心者です。PCA会計2000の帳簿決算についてですが、締めると自動的に帳簿決算をやってくれるのでしょうか?マニュアルが手元になく困っています。またPCA会計2000の科目はこちらで自由な名目をつけれるのでしょうか?『前期繰越損益』という科目があり、どういう性質の勘定科目なのかわかりません。このような質問で恐縮ですが、アドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

PCAのサポートって、いやになるくらい電話つながらなかったですけど(年に2,3回くらいはつながる)今でもそうでしょうか?
操作の選択の中に「年次更新処理」または「会計年度更新処理」という項目がなかったでしょうか。
PCA会計の科目コードは流動資産の科目は何番から何番まで、また固定資産は何番から何番までというふうに
エリアが決まっていて、この範囲に適度な間隔を持って科目を配列していきます。(将来科目を追加することを考えて間隔をあけるわけですが、結構行き詰ることもあります。パソコンレベルの会計ソフトでは、少なくとも私が扱ってきたものは皆同じように自由度は低いです。自由な名目をつけるというのは、意味がよくわかりませんが、たとえば科目の名称を変えるといった場合はB/S科目の場合は残高に、P/L科目の場合は前年対比の上で支障が起きます。科目の追加ということでしたら、科目を詰めて作っていたら無理な場合も
ありえます。たとえば8000番に科目登録されていて8001番にも科目登録されているがその間に科目登録がしたいとすると、(このソフトは科目コードは4桁だと思いました)8002番があいていれば、8001番の科目残高をそっくり8002番に振替伝票で振り替えて空きを作るという方法もありますが先ほど記したとおりの弊害があります。
前期繰越損益という科目は、それぞれの会計ソフトで
名称が違っていたり、使用方法が少し違うかもしれませんのではっきりしたことはいえません。
多分、利益処分のときに使うのではないかと思います。
仕訳例は次のとおりだと思うのですが

前期繰越損益1000/未払配当金500
        未払役員賞与100
        法定準備金100
        任意積立金100
        繰越利益200

違っていたらごめんなさい。
サポートはなかなか電話つながらないですから、このソフトを購入した販売店(販売会社)がサポートをするはずだと思いました。  

PCAのサポートって、いやになるくらい電話つながらなかったですけど(年に2,3回くらいはつながる)今でもそうでしょうか?
操作の選択の中に「年次更新処理」または「会計年度更新処理」という項目がなかったでしょうか。
PCA会計の科目コードは流動資産の科目は何番から何番まで、また固定資産は何番から何番までというふうに
エリアが決まっていて、この範囲に適度な間隔を持って科目を配列していきます。(将来科目を追加することを考えて間隔をあけるわけですが、結構行き詰ることもあります。パソコンレベ...続きを読む

Q消費税増税前に何をすればいいですか?

来年消費税がおそらく8%に増税されると思います。
そこで、いまのうちに節税となるような対策をなにかできればと考えています。
何をするのがいいでしょうか?

ぱっと思いついたのが、来年の増税後に購入するだろう材料や備品などをいまのうちに購入しておくことです。
しかし、材料は資産となってしまうし、備品を大量に買ったとしても貯蔵品扱いにされてしまったら意味がないし、さらには消費税の計算(売上の消費税-経費の消費税)では増税前も増税後も結果は同じではないかと思いました。

となると、他に何かやっておくべきことあるのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる"節税"的な対応はあまりないと思います。

自身でもおっしゃっていますが、消費税は間接税なので、売上時に顧客から預かった税金を申告して納税する、というものですし、逆に仕入などで支払った消費税は税額控除するわけですしね。

ただ、大きな設備投資などでの資金面の話としては増税前に対応することがあるかもしれません。

今回の増税に関する改正について、経過措置が設けられていて、たとえば、長期の請負工事等において、今年の9月30日までに契約締結し、税率が上がる(予定の)来年4月以降に完成・引き渡しがされるものなどは旧税率(5%)の税率が適用される、というものです。

また、リース契約などのような賃貸借に関しても経過措置の適用がある場合もあります。

そういう意味では、仕入や貯蔵品のような棚卸資産等ではなく、直接に回収につながるわけではない固定資産などの投資については資金負担を減らす意味で早めの対応を検討する余地はあるかもしれません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/kaisei/201304.htm

いわゆる"節税"的な対応はあまりないと思います。

自身でもおっしゃっていますが、消費税は間接税なので、売上時に顧客から預かった税金を申告して納税する、というものですし、逆に仕入などで支払った消費税は税額控除するわけですしね。

ただ、大きな設備投資などでの資金面の話としては増税前に対応することがあるかもしれません。

今回の増税に関する改正について、経過措置が設けられていて、たとえば、長期の請負工事等において、今年の9月30日までに契約締結し、税率が上がる(予定の)来年4月以降に完成...続きを読む

Q決算期変更(変更した決算期が1ヵ月決算)ってできますか?

私の勤める会社が、買収され上場会社の子会社となりました。
その親会社(上場会社)が3月決算であるため、決算月を合わせるように要請されています。
私の会社は2月決算なのですが、2月中に臨時株主総会を開催して、決算期を3月に変更(定款一部変更)することはできますか?(変更した期は1ヵ月決算となってしまいますが・・・)
そうすると、18年2月期の定時株主総会と18年3月期の定時株主総会がそれぞれ、5月下旬、6月下旬となり、な~んかおかしい感じがするのですが・・・(18年2月期の貸借対照表・損益計算書・利益処分案承認(それと、配当が決まる前・・・)の前に、18年3月期が終わってるみたいな・・・)
商法上は、できるような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

M&Aなどにより、1ヶ月程度の変則決算を行うケースはよくあります。

確かに、2月決算&利益処分が確定する前に翌決算期が終了しているというのは変な感じはしますが、
実際に各々の決算が確定するのは、各々の総会承認決議時点です。この総会決議が5月、6月に行われ
ますので、この順で決まる限りにおいては問題は生じないと考えます。

決算期変更自体は登記事項ではありませんので、変更の総会は2月でも良いとは思いますが、定款を変更
する時点は、3月1日以降となりますので、その点ご留意頂いた方がよろしいかと考えます。

税務当局への届出については、3月中に行えばよいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報