外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

30代後半男性です。
血液検査で他の値は規定内(A判定)ですが、尿酸値が7以上あり、
昨年末に検査したところ、8.2という結果がでました。

医師からはいつ痛風の発作が起きてもおかしくないと言われ、尿酸値を下げる薬を
処方してもらい、現在も服用しています。

幸いにも発作は起きていないのですが、発作だけは絶対に起きてほしくないので
医師から処方された薬の他に、ビタミンC、葉酸、タルトチェリーなどのサプリメントも
服用しています。ビールもやめました。ひじきなど尿をアルカリ性にする食品も食べています。

他の値は正常値で、メタボや高血圧でもないのに、尿酸値だけが高い。医師からは体質
じゃないかと言われましたが、釈然としません。

いろいろと対策を練っていますが、痛風の発作は避けられないのでしょうか?
ちなみに、運動が好きでマラソンやジム通いもしています。
ストレスも影響するらしいですが、ストレスを溜めやすい性格だと思います。

アドバイスなどいただけたら嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



尿酸値を上げる食材。

・お酒(控えていらっしゃいますね)
・青魚
・レバー
・イカ
・タコ
・牛肉

などがあります。
私も尿酸値が高いのですが、食べ物に苦労します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ビールはやめて、プリン体の少ない焼酎やワインにシフトしています。

食べ物も意識していますが、あまり気にしすぎると何も食べられなくなりますよね。

発作が起きると歩けなくなるほどの激痛に襲われるとか。
そんなのは絶対に嫌です。

お礼日時:2013/01/23 16:48

服薬によって尿酸値をコントロールしていれば発作は避けられます。


高尿酸症の主な原因は体質によるものと考えられますので、サプリメントも必要ないと思います。
食事制限もあまりその必要性を感じません。極端に偏った食事をしない限り食品による尿酸値への影響は極僅かであると思われるからです。内臓物が良くないとか言われますが、一般的には毎日多量に摂取することも無いでしょうから。
ただアルコール摂取については、体内での尿酸の生成を促し、逆に排出を抑える働きがあるようですから、出来るだけ節制に努めた方がいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ビールはやめて焼酎やワインなどのプリン体が少ない酒にシフトしました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2013/01/24 08:38

尿酸をあげるのは、果糖は尿酸値を上げるので、果糖を多く含む果物類は避けたほうが無難です。


あと、水をよく飲むのは効果的です。特に運動や脱水は尿酸値を上げやすいので、それを避けるためにも水分を多めにとる事は有用です。

とはいえ、尿酸値が7~8.9ですと、痛風の年間発症率は0.5%(1000人中5人)です。
9以上になりますと、4.8%くらいになります。

水分補給をしっかりしていれば、そう、発症率は高くない範囲です。
もっとも7以下ですと0.03%くらいではありますが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

医師からは6以下になるまで服用するように指示されました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2013/01/24 08:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尿酸値が高く、精密検査に行ってきます。時間はどのくらいかかりますか?

20代前半です。
今年初めて健康診断を受診して、尿酸値が8.8でした。
検査のため病院にいってこなくてはいけないのですが、検査にはどのくらい時間がかかるのでしょうか?
何回ほどいかなければならないのでしょうか?1日で何かわかるのでしょうか?
仕事を休みづらいのであらかじめ計画を立てるために知っておきたいのです。

健康診断でひっかかったのは初めてです。
尿酸値について調べたのですが、自分には全く心当たりがありません。
ビールものまない、肥満でもない、食生活も普通、遺伝でもなさそう…。
不安です。

Aベストアンサー

尿酸値が高く薬飲んでいる者ですが
精密検査といっても血液検査しかありませんので
わずかな時間ですむと思います。

Q尿酸値が下がらないのは腎臓の機能が低下している?

尿酸値が7から8の間にあり、その対策として、黒酢を毎日、15cc*3回を5~6倍に薄めて飲み、また、毎日、水2リットルを飲んでいますが、一向に効果が表れません。
しかも、腎機能の検査でクレアチニンが1.3も(BUN尿素窒素は逆に7.0))あり、来月、超音波診断をすることになりました。
黒酢や水2リットルを飲む前の昨年まではクレアチニンが1.0以下(BUN尿素窒素10~11)でしたが、高くなったのは毎日の2リットルの水のせいでしょうか? あるいは、年のせいでしょうか?
いずれにしても、腎機能が低下して尿酸値が高いとすると、痛風の他に、腎臓病が心配になってきました。
今後の対応の仕方について、アドバイスを頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

追伸
私も現在内科医の検査でクレアチニンの値が、1,2 あり塩分を控えるように言われています。
これに対する治療薬は無く、人工透析になると脅かされています。

塩分を控える事意外は指示されない為、何か他に注意することが無いかと思い、今泌尿器科で検査し結果待ちです。

尿酸値が高いと言うのは通風になる恐れがあると言う事でしょうね。
私の知人が、ひどい痛風になり歩く事も出来ない状態になりました。
処方された薬を呑みながら、沖縄の「春ウコン」の錠剤(サプリメント)と、確か東京から取り寄せたと聞いた記憶があります。
2リットルのペットボトルに入ったウコンのジュースだと言って居ましたが「水」を水代わりに呑んでいました。
一年位経ったころ医師が「何でこんなに値が下がったのだろう?」とて不思議がっていたそうで、ウコンを呑んでいることは医師には話て居なかったそうです。
兎に角、ビールが好きでプリン体が悪いので、ワインにしているとか、昨秋も痛風になりましたが又元気になっています。
「これはウコンのお陰だ」と言っています。

一度信頼の出来る、総合病院等の泌尿器科を受診された方がよろしいかと思います。

御大事に。

追伸
私も現在内科医の検査でクレアチニンの値が、1,2 あり塩分を控えるように言われています。
これに対する治療薬は無く、人工透析になると脅かされています。

塩分を控える事意外は指示されない為、何か他に注意することが無いかと思い、今泌尿器科で検査し結果待ちです。

尿酸値が高いと言うのは通風になる恐れがあると言う事でしょうね。
私の知人が、ひどい痛風になり歩く事も出来ない状態になりました。
処方された薬を呑みながら、沖縄の「春ウコン」の錠剤(サプリメント)と、確か東京から取り寄せた...続きを読む

Q尿酸値が上がった原因がわかりません。

30代前半女です。血液検査をしました。
すべて範囲以内だったんですが、尿酸値だけ上がってました。
10年間3.0~3.8位の間だったんですが、5.0に上がってました。
私はお酒は一切飲みませんし、内臓系や肉類をほとんど食べません。
ここ1年の食生活で変わったことは、目の病気をした為、
毎日、鮭1切れ食べ、サプリメントのDHAEPAとルテイン・ブルーベリーのサプリメントを飲むようになったことです。
野菜はよく食べ、バランスよく食事をしてるつもりですが、尿酸値はどうして増えたのか、わかりません。
尿酸は高いとどんな病気になりますか?
ちょっと心配なのでアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

現在も治療中のものです。

尿酸値が7.0を超えると結晶が出来始め、体内のいたるところに影響が出てくる可能性があると聞いています。

10年以上も前、痛風を発症し(左足親指の付け根)はじめて、高尿酸血症とわかりました。幸い専門医がすぐ見つかり、指導の下投薬治療(薬代月1,500円位)を続けています。一生治ることはないと考えたほうがよいうようです。現在は、まったく発病前と同じ生活をしています。

高尿酸血症といえば、すぐに痛風を指すことが多いのですが、先生によれば、痛風は高尿酸血症のサインのひとつで、本当に怖いのは、結晶(針状結晶)が心臓、肝臓といった内臓に溜り(黄色くなる)臓器の働きを阻害することだそうです。

以前は、ビールを含むプリン体の多い食べ物を控える、いわゆる食事療法しかなくて随分つらい思いをしたそうです。先生曰く、今はいい薬がありますのでビールも飲み肉も食べ(もちろん適度に)普通の生活を送りましょうよ、と。

あなたの場合、尿酸値が5.0とのことなので、まったく心配する必要ないと思います。ただ、少なくとも年一回の血液検査で尿酸値を追跡するようにしましょう。もし尿酸値が6.5を超えたなら専門医(必ず)に相談すれば安心です。

私の場合、尿酸値が8.5位あったのが薬で簡単に5.0以下に下がりました。現在は5~6位のところを維持するようにしています。薬を飲み始めていらい一度も問題になったことはありません。

現在も治療中のものです。

尿酸値が7.0を超えると結晶が出来始め、体内のいたるところに影響が出てくる可能性があると聞いています。

10年以上も前、痛風を発症し(左足親指の付け根)はじめて、高尿酸血症とわかりました。幸い専門医がすぐ見つかり、指導の下投薬治療(薬代月1,500円位)を続けています。一生治ることはないと考えたほうがよいうようです。現在は、まったく発病前と同じ生活をしています。

高尿酸血症といえば、すぐに痛風を指すことが多いのですが、先生によれば、痛風は高尿酸血症の...続きを読む

Q高尿酸値の薬はずっと飲み続けなければならない?

1年ほど前に、血液検査で、尿酸値がやや高かったため
「フェブリク」という薬を処方されました。

その後、尿酸値は下がり、検査は正常値なのですが
薬は処方され続けています。

どのぐらいの数値になったら処方は止まるのでしょうか?

できれば飲みたくなくて、医師にもそのように訴えましたが
ずっと処方が続いています。

Aベストアンサー

(Q)どのぐらいの数値になったら処方は止まるのでしょうか?
(A)目安は、6mg/dl以下です。
しかも、それが一時的ではなく、継続することが重要です。

ついでに言えば、このような病気は、糖尿病の初期段階と同じで、
初期段階では自覚症状に乏しく、なかなか治療が継続しません。
しかし、いったん、痛風と言う症状が出てしまうと、
今度は引き返し不能です。
高尿酸血症や痛風は、心臓・血管系の病気の原因とされており、
コントロールをすることがとても重要なのですよ。

しかし、先に述べたように、なかなか治療が継続しません。
数値が良くなると、薬を止めて、元の生活に戻る、
戻ってしばらくすると、健康診断などで引っ掛かって、
また、治療をする……
数値が良くなると、また、通院をやめてしまう……
痛風の激痛で診察を受けてはじめて、この重大性を知る
というパターンがなくならないのですよ。
質問者様がそのようなタイプの患者なのか、
ちゃんとコントロールできて、定期的に通院してくれる患者なのか、
それを見極める事は、難しいことです。
ならば、薬を処方し続けて、コントロールをしよう……
というのが医師の考え方の一つなのです。
質問者様の主治医がそのような考えの先生なのかどうか、
それもわかりません。

いずれにしても、ことは、将来の命に関わる問題なので、
とても重大な問題なのですよ。
主治医と十分に話し合ってください。

(Q)どのぐらいの数値になったら処方は止まるのでしょうか?
(A)目安は、6mg/dl以下です。
しかも、それが一時的ではなく、継続することが重要です。

ついでに言えば、このような病気は、糖尿病の初期段階と同じで、
初期段階では自覚症状に乏しく、なかなか治療が継続しません。
しかし、いったん、痛風と言う症状が出てしまうと、
今度は引き返し不能です。
高尿酸血症や痛風は、心臓・血管系の病気の原因とされており、
コントロールをすることがとても重要なのですよ。

しかし、先に述べたように、なか...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q健康になればなるほど尿酸値が上がってゆく

よろしくお願いします。

尿酸値が8.2から下がらなくなってしまいました。正常値だった頃と比べて格段に健康に気をつかうようになっているので、不思議です。
医者から尿酸値を下げる生活習慣をするように、といわれても十分今、良好な生活習慣を維持している自覚があるので、正直何をしてよいかわかりません。

ひとつ疑っていること(昔と今とで変わったこと)として、動物性たんぱく質の摂取が極端に減っています。肉、牛乳、卵は現在、めったに食べません。

・以下のような体験をされた方はいらっしゃいますでしょうか。
肉、牛乳、卵をふんだんに摂取し、ビールも飲み、夜型で食生活が乱れている状態(仕事のストレスも大きい)のほうが尿酸値が低かった。野菜中心の生活に切り替え、水を飲むようにし、晩酌を控え、早寝早起きをこころがけるようにしてから徐々に尿酸値が上がってきた。

・問題は、食生活ではないところにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

尿酸値上昇の原因を食べ物にするとトラブルの本質を見誤る恐れがあります。肥満、肥満気味、過食気味の人ではなく、別にプリン体を多く含む食事をしてるわけでもない明らかに痩せ型の人で尿酸値が高い人、痛風を発症してる人も多くいます。
明らかに仕事のストレス(長時間労働、休養睡眠不足、過重労働など無理し過ぎ、頑張り過ぎ)が原因です。このストレスが顆粒球を増やし活性酸素を増やします。増えた過ぎた活性酸素は体内で組織破壊を行いますので頻繁な新しい細胞との置き換えが必要になってきます。
置き換えが頻繁になると細胞の核もどんどん壊されていきますので、核の構成材料であるプリン体(尿酸はプリン体が分解されたもの)も増えてきます。
尿酸が増えても循環がしっかりしていれば腎臓に運ばれ多過ぎる余分なものは尿へ排泄されますが、過剰なストレスは排泄を司る副交感神経を抑制しますので、循環障害でうまく排泄できず血中に溢れるようになります。さらに進むと循環障害は体温を下げてきますので尿酸の濃度が濃くなりついには結晶となります。これが痛風です。

質問者さんが一生懸命生活を見直していらっしゃることは素晴らしいことだと思います。
しかし、食事を変えるよりももともとの原因である仕事のストレスを減らす努力が一番です。現実には難しいとは思いますが、労働時間、休憩、休息、休養時間を見直し、日頃から意識的にゆっくり食事をしたり、ゆっくり風呂に浸かる、睡眠をしっかりとるなど心や体をリラックスさせる時間を増やす必要があります。体が温まることは循環障害改善の鍵になります。
実はストレスは労働の問題だけではありません。精神的なストレスもありますし、もう一つ、不適切な行き過ぎた食事制限も大変なストレスとなります。空腹とか飢餓は生物にとっては最大のストレスです。質問者さんの色々な食事制限は良かれと思って行っておられることはわかりますが逆効果になってると考えます。
食事の量だけの問題ではなく栄養が偏ることも体にとってはストレスになります。例えば動物性蛋白質も極端な制限は避けてください。

仕事のストレスを減らす努力と栄養に偏りの少ないバランスのとれた食事に心掛けるべきでしょう。

尿酸値上昇の原因を食べ物にするとトラブルの本質を見誤る恐れがあります。肥満、肥満気味、過食気味の人ではなく、別にプリン体を多く含む食事をしてるわけでもない明らかに痩せ型の人で尿酸値が高い人、痛風を発症してる人も多くいます。
明らかに仕事のストレス(長時間労働、休養睡眠不足、過重労働など無理し過ぎ、頑張り過ぎ)が原因です。このストレスが顆粒球を増やし活性酸素を増やします。増えた過ぎた活性酸素は体内で組織破壊を行いますので頻繁な新しい細胞との置き換えが必要になってきます。
置...続きを読む

Q尿酸値が高く、通風直前。短期間で低くする方法ありませんか?

40才台、男性です。食事内容・飲酒などから尿酸値が高めで、通風直前です。いわゆる生活習慣病と自覚はしております。通風まで至っていない為、今後食事・飲酒について気をつけていくつもりですが、「食事内容・市販薬」等で「短期間」で尿酸値を下げる方法はありますか?

Aベストアンサー

食事の偏り、過食やアルコールの過飲など肥満があっても痛風にならない人もいますし、通風の人が食事制限をしてもなかなか良くなりません。

問題は必要な体温があるかどうかです。

あなたの体温を計って見て下さい。36.5℃前後はあるでしょうか。

低体温による循環障害が痛風を発症させます。人の体は深部体温が37.2℃ぐらいが理想で、この時酵素の働きも全開、新陳代謝が一番活発になります。その時は腋窩(腋の下)では36.5℃前後でしょうか。これぐらいの体温ですと、多量の尿酸があっても体液に溶けて結晶化することはありません。腎臓から尿中に溶け出て排出されます。

体温が低下し深部体温も36、35℃台にまで下がると尿酸は飽和して結晶となります。

低体温になる原因の一つは肥満や運動不足。人間は筋肉を使って発熱を起こすからです。筋肉からの発熱低下が原因です。

もう一つは大変問題なのにあまり頓着されません。過重労働、要するに無理な働き過ぎがストレスとなって交感神経を過度に緊張させ、血管が収縮、抹消血管の血行障害を起こし低体温を誘導してしまうのです。

どちらにしても体を温めることですよ。あとは、体が冷えるまで働かないようするか、肥満や運動不足の人はそこから脱却の方法を取ればいいわけです。

クスリはあくまで対症療法、原因の治療ではありません。むしろ尿酸産生阻害剤の使い過ぎは体に必要な尿酸代謝を抑制してしまいますので他の病気を発症させる可能性もあります。

食事の偏り、過食やアルコールの過飲など肥満があっても痛風にならない人もいますし、通風の人が食事制限をしてもなかなか良くなりません。

問題は必要な体温があるかどうかです。

あなたの体温を計って見て下さい。36.5℃前後はあるでしょうか。

低体温による循環障害が痛風を発症させます。人の体は深部体温が37.2℃ぐらいが理想で、この時酵素の働きも全開、新陳代謝が一番活発になります。その時は腋窩(腋の下)では36.5℃前後でしょうか。これぐらいの体温ですと、多量の尿酸があっても体...続きを読む

Q健康診断の再検査、病院での受診方法

コレステロールと尿酸値が要精密検査になりました。
恥ずかしながら子どものころから病院にいったことがなく
受診方法がわかりません。
受付にいって健康診断の再検査だと伝えればいいのでしょうか?
またどこの病院でもできますか?

Aベストアンサー

もし高脂血症や痛風の治療が必要となると
薬を服用し
定期的に血液検査をし
その結果で
薬の量を増やしたり減らしたり
時には薬を代えたりすることもあります。
通院が可能な近所の内科医やクリニックがいいと思います。
このさい、かかりつけ医として
開業医(内科)を決められることをお勧めします。
大きな病院は
薬での継続治療のみになると
開業医での治療を勧める傾向にありますので。

受付で初診ということを伝えて
健康診断の再検査とおっしゃればいいですよ。
もちろん、お手元にある検査結果の紙を持っていってくださいね。

Q尿酸値について

お世話になります。
私は43歳になる男性です。
先日の健康診断で尿酸値が7.7という結果が出ました。
去年は健康診断を受けてないんですが、一昨年は7.3でした。

実は健康診断の前日、どうしても避けられず、
良くないとは思いつつ午前2時ごろまでビールを飲んでました。
採血したのは13:00過ぎだったんですが、この尿酸値の高さは
前日のアルコール(ビール)摂取の影響が大きいとは考えられるのでしょうか。

毎年、健康診断を受けていなかったとはいえ、
一昨年には尿酸値については7.3にもかかわらず、さほど指摘されず、
LDL-コレステロール値が136mgということで食生活について
少し言われましたが、尿酸値を指摘されたのは初めてでしたので、
ちょっと焦ってます^^;

通風の自覚症状は全くないのですが、この7.7という数値だと
近々症状が表れてしまうんでしょうか。
何か効果的な療法があれば教えていただければと思います。

また、尿酸値を測るために病院に行くと、1回に幾ら位必要で、
何科にいけばいいんでしょうか。あわせて教えていただければ幸いです。
宜しくお願い致しますm(__)m

お世話になります。
私は43歳になる男性です。
先日の健康診断で尿酸値が7.7という結果が出ました。
去年は健康診断を受けてないんですが、一昨年は7.3でした。

実は健康診断の前日、どうしても避けられず、
良くないとは思いつつ午前2時ごろまでビールを飲んでました。
採血したのは13:00過ぎだったんですが、この尿酸値の高さは
前日のアルコール(ビール)摂取の影響が大きいとは考えられるのでしょうか。

毎年、健康診断を受けていなかったとはいえ、
一昨年には尿酸値については7.3にもかかわら...続きを読む

Aベストアンサー

御記載の症状は高尿酸血症という状態です。関節炎発作を起こすと「痛風」になり、激痛をきたすのですが、高尿酸血症の本当の怖さは激痛を来す関節炎ではありません。(ちなみに「通風」ではありません、念のため)
高尿酸血症を放置すると腎障害を起こします。痛風による関節炎で死ぬことはありませんが、高尿酸血症による腎障害は重症化すると死ぬことがあります。高尿酸血症は糖尿や高血圧と同じく、それ自体は何の自覚症状もありません。

これはよく誤解されていることなのですが、痛風の治療は関節炎を起こさないことではなく、高尿酸血症を治療することにあります。ですから、自覚症状のあるなしではなく、尿酸値を定期的にチェックする必要があります。尿酸値のチェック、高尿酸血症の治療は内科でも整形外科でも出来ます。
少々お金はかかりますが、腎障害が起こったらこのくらいのお金の問題では済みません。透析でも必要になろうものなら、仕事も出来ない体になります。

尿酸値が7から8程度なら食生活の改善で正常化する可能性も充分にあると思いますので、しっかりと治療なさってください。
お大事に。

御記載の症状は高尿酸血症という状態です。関節炎発作を起こすと「痛風」になり、激痛をきたすのですが、高尿酸血症の本当の怖さは激痛を来す関節炎ではありません。(ちなみに「通風」ではありません、念のため)
高尿酸血症を放置すると腎障害を起こします。痛風による関節炎で死ぬことはありませんが、高尿酸血症による腎障害は重症化すると死ぬことがあります。高尿酸血症は糖尿や高血圧と同じく、それ自体は何の自覚症状もありません。

これはよく誤解されていることなのですが、痛風の治療は関節炎を起...続きを読む

Q尿酸値を下げるための水分補給について

尿酸値を下げるには、水をたくさん(1.5Lとか2Lとかいろいろですね)飲んで、たくさん排尿しろって言われますが、この水ってお茶ではダメなのでしょうか。
お茶でよければ、飲めそうな感じですが、スポーツもしない日に2Lもの水を毎日飲むのは個人的に続きそうにありません。

Aベストアンサー

痛風の方が水分を摂るようにすすめられる理由は、二つあります。

一つは、尿量を増やして、それと共に排泄される尿酸を増やそうとするものです。
ですから、水でもお茶でも、体内に取り込む水分が増えて、尿量を増やすものであればよいのです。
しかし、アルコールは尿酸の生成そのものを増やしますし、水分補給を伴わない尿量増加は血液の濃縮につながります。すなわち、高尿酸結晶の悪化になります。ですから、アルコールを飲んで尿量を増やすというのはいけません。
あと、ジュースも余り良くありません。高尿酸結晶の方は良く糖尿病などの耐糖能異常を持っておられますので、ジュースなどの高カロリーの飲料は控えるべきです。

もう一つの目的は、結石の予防です。
高尿酸血症の方は、大抵、尿中への尿酸排泄も高まります。特に薬物で尿酸値を下げようとすると、どうしても尿中への排泄が増えます。このとき、尿量が少ないと、尿中で尿酸が飽和してしまい、尿酸結晶を作ります。これが尿酸結石です。高尿酸血症の人は、尿量が少ないと、結石になるのです。結石は痛風発作よりも痛いものです。ですから、尿酸結石を予防するために「たくさん尿を出す」ことが必要になるのです。

また、水分補給は、血中尿酸値が過剰に上がることを防ぐことにもつながりますので、痛風発作の予防にもなります。特に夏場のスポーツ時には、充分な水分補給をしながらでないと、かなりの確率で痛風発作を来します。

痛風の方が水分を摂るようにすすめられる理由は、二つあります。

一つは、尿量を増やして、それと共に排泄される尿酸を増やそうとするものです。
ですから、水でもお茶でも、体内に取り込む水分が増えて、尿量を増やすものであればよいのです。
しかし、アルコールは尿酸の生成そのものを増やしますし、水分補給を伴わない尿量増加は血液の濃縮につながります。すなわち、高尿酸結晶の悪化になります。ですから、アルコールを飲んで尿量を増やすというのはいけません。
あと、ジュースも余り良くありません...続きを読む


人気Q&Aランキング