たまたま機会があって、
京極夏彦の小説を読み、興味がわきました。

読んでみたいなぁと思うのですが、
冊数も多いし、どれから読んだら良いのか
分からず、困っています。

どれが、おすすめでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一番知られているのが「京極堂の妖怪シリーズ」だと思います。

その作品は
一作目の「姑獲鳥(うぶめ)の夏」、「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」、「狂骨の夢」、「鉄鼠(てっそ)の檻」、「絡新婦の理(じょろうぐものことわり)」、「塗仏の宴 支度」、「塗仏の宴 始末」、「陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)」と続きます。
公式ページを見るともっと色々分かります。

シーリーズ以外にもたくさん書いているので、是非読んで京極ワールドにハマって下さい!

http://www.osawa-office.co.jp/

参考URL:http://www.osawa-office.co.jp/k/k_list.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「京極堂の妖怪シリーズ」ですか。
多分、私が読んだのもそのシリーズの中の一つだと
思います。
シリーズ物っぽいなぁと初めて読んだときに
思ったのですが、シリーズ物なのですね。
順番通りに読んでみようと思います。

お礼日時:2004/03/17 15:56

私はズバリ「嘲う伊右衛門」をお薦めします。


他のみなさんが推薦されている中禅寺秋彦シリーズも、もちろんおもしろいですが、「嘲う…」の方がせつないです。
もし既にお読みになられていたら、「覗き小平次」もいいと思います。
ぜひ京極夏彦にハマってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「嘲う伊右衛門」ですか。
映画化されていますよね? 切ない感じの話は
好きなので、読んでみたいです。

お礼日時:2004/03/17 16:01

みなさんと同じですが、「姑獲鳥の夏」がオススメです。


あと「絡新婦の理」も好きです(^^)

厚いですが頑張って下さいネ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

デビュー作が良いみたいですね。
厚い本には、慣れているつもりでしたが、
やはり厚い・・・・。

頑張って、読みます。

お礼日時:2004/03/17 15:57

京極夏彦の小説ではデビュー作の[姑獲鳥の夏]をおすすめします。

この小説を読んだときの衝撃は今でも忘れることはできません。また、この後の作品もほとんど読んでいますが、その中で自分が好きなのは2作目の[魍魎のはこ]です。厚めですがおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「姑獲鳥の夏」 「魍魎のはこ」ですね。
名前は聞いたことがあるんですが、どうなのかと
思って読んでいませんでした。

読んでみたいと思います。

お礼日時:2004/03/17 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京極夏彦さんの著書でおすすめなものを教えてください

「巷説百物語」を読み、京極夏彦さんにハマりました。
ですので、これからどんどんと京極さんの本を読んでいこうと思ったのですが、この方の著書はいかんせんどれもこれもページ数がすさまじい量となっております。
自慢ではありませんが、わたしはあまり読書が好きではありません。ページ数が多いものは、わたしの根気がもたずに読みきれないのです。

京極さんが執筆されてる中でも、ページ数が少ないものに限定した場合、どれがおすすめでしょうか?
「巷説百物語」が古い時代の話だったので、現代モノを読んでみたいのですが……。

Aベストアンサー

なるほど「巷説」は連作短編なので、長編より読みやすいですね。現代ものでは「厭な小説」が連作短編なので良いかもしれません。また、長編ですが「死ねばいいのに」も、わりとおもしろかったです。ページ数も比較的少ないほうですし。

Q京極夏彦作品って???

私は推理小説が好きなんですけど、本屋で今まで気になってた京極夏彦作品を衝動買いしてしまいました。
『塗仏の宴・支度』なんですけど、これってシリーズ作品なんですよね!!
こっから読み始めても大丈夫ですかね?
今読み始めようか迷ってます(苦笑)

あとこの作品は推理小説なんですか?
それとも妖怪ホラー作品なんですか?

良かったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

京極夏彦に手を出してしまいましたか・・・^^

『塗仏の宴・支度』『塗仏の宴・始末』がワンセットであることはご存知かと思いますが、もちろん単体で読んでも面白いと思いますが、京極堂シリーズは登場人物が錯綜するので、やはり『姑獲鳥の夏』から順番に読まれるのをお勧めします。
人物相関はこちらに詳しく出ています
http://www.jidai-show.net/kyo_char.htm

特に、『宴~』は、関口巽がある意味主役ですから、発表順に関口の人となりやダメッぷり?を理解した上で読むと面白さが倍増しすると思います。(ただ、姑獲鳥から宴にたどり着くまで何千ページ読む羽目になるかは保証の限りではありませんが・・・^^)

京極作品のジャンルわけとしては、妖怪をファクターとしたミステリーとしか、私には表現できません・・・
若干理屈っぽいところは在りますが某作家が指摘のように、今後「京極前、京極後」と語られる可能性のある作家です。
京極バカが又ひとり増えることを楽しみにしています^^

Q読んだらためになり、これは勉強になるわ、と思わせてくれる本ありませ

みなさんが今まで読んだ中で、これはお薦めだよという本を教えて下さい。フィションでも可です。

Aベストアンサー

新渡戸稲造の「武士道」サイコーですね。あと漫画ですが、かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」読み応えありすぎてクタクタになります。

Q新聞についてですが、ほとんど読む機会が無く、全く読み方さえも分からない状態です。 朝日、読売、毎日な

新聞についてですが、ほとんど読む機会が無く、全く読み方さえも分からない状態です。
朝日、読売、毎日など色々とありますが、それぞれの新聞社の特色や、新聞を読む意義などあれば教えて頂きたいです!

Aベストアンサー

まず、社会面を開いて4コマ漫画を見ます  (°O゜)☆\(^^;) バキ

ほとんどの新聞は縦書きですから、右上から下へ読んで、次は左の行を読みます (^^)v

産経か読売新聞か日本経済新聞
まずは、自分の興味のある事柄から読んでいいですよ、スポーツや芸能蘭、テレビ欄から見てもいいですし

社会面から見るのがいいですね、今どんな事が起きてるのかが判りますから、北朝鮮の暗殺やミサイル発射から、最近は森友学園のウソに比重が変わってきています、少し前は東京の豊洲市場の事

社会面を読んでて、??となった事が、1~5面に詳しく書いてあったりしますよ

Q読んだら「頑張ろう!」と思える本ありますか?

  人生や夢について悩んだり、立ち止まったりしたとき、「頑張ろう!」と思えた本や励まされた本があれば教えてください^-^

Aベストアンサー

エックハルト トール著の「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」(原題The Power of NOW ザ・パワー・オブ・ナウ)

昨年読んでとても良い本だと思いました。ジャンル的には自己啓発本ですが、ある意味哲学書としても読めます。題名からすると宗教的な感じがしてしまうかもしれませんが、まったくそんなことはありませんよ。もともと私の好きな洋楽バンド(GREEN DAY)のボーカルが雑誌のインタビューでおすすめしていたので軽い気持ちで読んでみたのですが、とても素晴らしい内容でした。米人気TVトークショー司会のオプラも常に枕元に置いておくほどの絶賛ぶりとのことです。下記のURLのレビューを参考にして下さい★

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198615322/qid=1106855819/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-2853166-4049149


人気Q&Aランキング

おすすめ情報