自分のことです。好奇心旺盛なのはいいのですが、
あれもやりたいこれもやりたいで一つのことに深く長く、
ということが下手なのです。これは直る性格ですかね?
まだ本当に好きなことを見つけてないからでしょうか?
飽きたからやめた、っていうのとは違うようです。また
時間ができたらやろう、と思いながらその時々で
好奇心をくすぐるものを優先してしまいます。ちなみに
今までは裁縫(ぬいぐるみとか)、油絵、陶芸、読書などに
取組み、今もやりたいと思いながら時間がみつからない
状態です。また今は家具作りに一番興味があります。
三味線は2週に1回くらい通って練習しているのですが。
やれやれ、と思わずに同じような経験した方、アドバイスを
くださいな。

A 回答 (4件)

自分も好奇心から弓道を始めた大学2年生で高校と大学合わせて弓歴は5年くらいですが、自分も飽きやすい性格ではありますが今まで辞めたいと思ったことはないです。

弓道のいい点をあげてみると
(1) 集中力が付く為生活に役立つ(人にもよるが・・・)
(2) 体力がなくても続けるため一生できる。
(3) 一人でも出来るから不定期でも構わない。
(4) 弓道の世界には終わりがないため意外と飽きがこない。
(5) 年齢層が非常に広いため色々な人と触れ合える。
(6) 目標がみんな違うため面白い。(集中力、試合で優勝、射型にこだわる、気持ち
  の安定などなど)
欠点は道場が少ない、最初は指導者についてもらうetc.
しかし、市に問い合わせすれば弓道教室など教えてくれる。
でも、色々な事を経験するのも楽しいとおもいますよ。
弓道人としては弓道をお薦めします。周りに弓道している人がすくない為話題とかできますよ。

この回答への補足

遅めの返答ですいません。
弓道ですか。私の尊敬する先生も弓道をしていて、興味はあるのですが、これ以上趣味を増やしたらどうなるんだろう...という不安が。今やり投げてある趣味たちを一掃してから考えてみます。ご回答ありがとうございました。

補足日時:2002/02/27 18:53
    • good
    • 0

私も色々な趣味を持っていますが、趣味の物を関連付けてやると、一つの趣味と捉える事が出来ると思いますよ。


例えば、今一番興味のある家具作りを始めるのなら、出来上がった家具に、油絵のテクニックを使って絵を描き、中に陶芸の作品やぬいぐるみを飾れるようにすれば、出来上がった物を一つの作品と、捉えることが可能だと思います
かく言う私は、趣味で、トールペイント、ドールハウス、
パッチワーク、編物等をやっていますが、それらを駆使して一つの作品に仕上げています
また同じ趣味を持った人たちと一緒に作業をする時に補足に有った紅茶を出せば生かすことが出来ると思います
色々な事に興味を持つのは決して悪い事じゃないし、それらの事が生活の上で役立つ事も有ると思いますので、時間や健康上無理にならない程度にやるのは良い事だと思いますよ

この回答への補足

なるほど。斬新なkenntyaさんの考え方は眼からうろこがおちる思いです。ただ自分でも思うのが、忍耐力がないのが問題なんだと思います。一つのことにじっくり取り組む、って言うのが苦手なんです。これは…趣味だけじゃない別のカテゴリの話かもしれませんね。とにかくありがとうございました!

補足日時:2001/06/08 19:07
    • good
    • 0

ひとつの趣味に没頭して、それを極めるというのも


素敵ですが、たくさん趣味があるのはとても楽しい事
ではありませんか?
私もshibako74さんとまったく同じ性格で、
好奇心のおもむくまま、読書、弓道、ビーズアクセリー、
紅茶、お菓子作りなどなど・・いろんな事を広ーく浅ーく
やってますがどれも楽しくて大好きです。
とはいえ時間が無いというのは私も一緒、(^_^;)
弓道なんかもう一年近く練習にいってません・・。
でもやめようとは思わない。
たとえ何ヶ月かに一度でもそれぞれの趣味をこつこつと
続けていければ、それでいいと思います。
私はこれからさらに水泳やガーデニングをやってみたいと
思ってます。興味を持った事をとにかくやってみるのは
悪い事ではないと思いますよ♪

この回答への補足

そうなんです。そのとおりなんです。でも色々買ったのに使い切る前に別のことに手を出す、って、後で振替えると自己嫌悪になるんですよね。 どれも十分にやったかというと、やってないんですよ...ちなみに私も水泳や紅茶、好きでやっていましたが、うーん...紅茶はしまったままだ...はぁ~ますます自己嫌悪です。

補足日時:2001/05/21 22:35
    • good
    • 0

私もまさにshibako74さんと同じような状態のときがありました。



で、結局、今では特に好きなもの2つくらいに趣味が絞られて
います。別に意識したわけではなく、夢中になれるものが自然に
減ってきた、という感じです。(「飽きた」とはまた違う要因で
減ったのだと思います)

好奇心を持っていろんなものを経験するのはいいことだと思うので、
そんなに気にしなくていいのではないでしょうか。
時が解決してくれると思います。

(私がそうだった、というだけの話ですが・・・)

この回答への補足

よく初志貫徹しない、とからかわれるんですよ。また、いつか趣味を実益にしたい(三味線だったら後々教えることができるようになりたいとか)という思いもアリ、趣味の中に才能がみつかればいいな、とか思うんです。そのせいですぐに才能が出ないように見えるものを後回しにして、新たな趣味に目が向いてしまうのだと思います。

補足日時:2001/05/21 22:32
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ