新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

子供から 質問されまして、返答に困った為 教えてください。
 とんび は 何故 羽ばたかなくても 飛べるのか?
というのが 子供の疑問でした。
颯爽と 空を ゆったりと 回転している とんび・・を見ているからだそうです。
 どうか 回答 お願いします。

A 回答 (3件)

とんびは上昇気流に乗るのがうまい鳥だとよく言いますね。


日中には地表が太陽熱であたためられますが、そのあたたまり方にムラがあります。
(水面や森などはあたたまりにくく、むき出しの露地はあたたまりやすい)
このため地表のあちこちで上昇気流が発生するのですが、とんびはそれにうまく乗って空高くまでほとんどはばたかずに昇るそうです。

そういえば、とんびが空高く舞ってるのは午後から夕方が多かったような。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答 ありがとうございました。
上昇気流・・で 本人納得してます。
あす 学校へ持って行く為 プリントアウトさせて いただきました。

お礼日時:2001/05/21 22:13

飛行機とグライダーの差だ、って答えてあげたらどうでしょう。

胴体に対してハネの大きさが、グライダーはでかいですよね。だから、広げた時に幅が広くて長い大きなハネを持つとんびはグライダーのように滑空ができるわけです。反対に、たとえばカブト虫なんかは身体の大きさの割にハネが薄くて小さいから、目に見えない位の凄い早さで羽ばたかないと飛べないんだよ・・・なんて答え方で納得してもらえないでしょうかねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供に分かるような 説明の仕方で 納得です。
あす 印刷かけて 渡します。もう 本人寝てますので・・・ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/21 22:16

とんびは猛禽類の中でも体の大きさの割に大きな羽を持つ種類です。


そのため、はばたくための筋力の比率が他の猛禽類である鷹などと比べると弱く、グライダーのように滑空するような飛びかたをする、というようなことを昔何かで読んだような記憶があります。
また、鳶は木の上や電柱の上からは多少はばたきますが、大きな羽と大きなしっぽを使ってバランスを取りながら上昇気流を捕らえようとします。
そのため、低空では滑空とはばたきを繰り返しているはずです。
しっぽを左右に傾けながら低空で飛んでいるところを見たことがあるかと思います。
上昇してしまうとはばたくことはなく、しっぽでバランスを取りながら滑空しています。

先に記述したようにとんびは低空で速く飛ぶ能力が低いので、よくからすに追い掛け回されているのを見ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答 ありがとうございます。
下記のお礼のとおり あすの登校の為 本人満足です。

お礼日時:2001/05/21 22:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qとんびはなぜ強風の中をあんなに上手く飛べるのですか

先日江ノ島展望台でいまさらながら驚きました。とんびだと思うのですが強風の中でスイスイ風上に向かって飛んでいました。羽は全くばたばたさせていません。展望台の近くで風上に向かってバランスを取るぐらいの動きでほとんど静止しているのです。かなり強風だったと思うのですが、なぜ風に流されないでじっと止まっているのか不思議でなりません。私は川で泳いだことがあるのですが必死になってクロールしなければ川下に行ってしまいます。鳥が飛行機のように浮遊できることは解りますがプロペラのような推力なしで止まれる技は理解できません。ヨットが風上に走れるのとはわけが違うのではと思います。私の見間違いでしょうか。ご指南お願いします。

Aベストアンサー

>プロペラのような推力なしで止まれる技は理解できません。

これはNo.1の回答者さんも書かれていますが、グライダーはプロペラのような推力なしで飛べます。実際には位置のエネルギー(高さ)を運動のエネルギー(推進力)に変換しながら滑空しているわけですが、その変換効率がずば抜けて良いため、見ていると高度を下げながら進んでいるようには見えないくらいです。

プロペラやジェットエンジンで飛んでいる普通のセスナ機や旅客機は、高さに対しておよそ10倍くらいの距離を滑空できるそうです。たとえば、高度1,000mで飛行中に突然エンジンが停止してしまっても、パイロットが沈着冷静に滑空の操作をすれば10倍の10,000m(≒10km)の距離を滑空できるので、その間に不時着できる安全な場所を探すことができるわけです。

これがグライダーともなると、性能によって違いますが、高度の30倍から60倍もの距離を滑空できるそうです。高度1,000mから滑空を開始すると、30kmないし60kmもの距離を滑空できることになります。これだけ効率が良いと、サーマルと呼ばれる上昇気流に遭遇するだけでグライダーの機体はぐんぐん持ち上げられて上昇することができます。

海岸付近で海からの強い風が吹いている時、岸に当たった風は少し上に持ち上げられます。とんびがグライダーのように効率の良い滑空をしていて、海からの風が少しだけ斜め上に向けて吹いているならば、双方の力が釣り合った状態で静止しても不思議はありません。

>摩擦が無視できるぐらい鳥の羽はすべすべなのでしょうか。

生きている鳥にさわる機会はめったにないと思いますが、はく製の鳥ならさわる機会があるでしょう。実際にはく製の鳥の羽をなでてみると実にすべすべしています。質問者さんも補足欄に書かれているように、空気との摩擦はほとんど無視できるレベルです。

ここで一つ忘れてはならない事があります。それは、とんびにとってはこのバランスがとれた状態は決して能力一杯一杯ではなく、ある程度余裕のある状態の筈だという事です。海からの風は実験室の風洞で作られたような一定不変の風ではなく、自然の「ゆらぎ」を伴って変化する風ですから、静止状態を保とうとすれば何らかの調節が必要になります。もし能力一杯で滑空していたら、一寸風が強く吹いただけでとんびは後方へ流されてしまうでしょう。また、一瞬風が弱まった時には前へ出てしまうこともあるでしょう。

どうやって調節をするか? 飛行機ならエンジンの推力を調節する事で向い風の変化に対応できますが、グライダーやとんびはどうするのでしょうか。それは、最初に少し触れた「位置のエネルギー(高さ)を運動のエネルギー(推進力)に変換」という作用に秘密があるのです。飛行機でもエンジンの推力を変えずに速度を調節しようと思ったら、機首をやや上げて上昇ぎみにするとスピードは遅くなりますし、機首をやや下げて下降ぎみにするとスピードは速くなります。とんびも風の変化に対して位置を一定に保つためには、羽の角度を微妙に調節して上昇ぎみや下降ぎみの姿勢を使い分けているはずです。

>私は川で泳いだことがあるのですが…
>ヨットが風上に走れるのとはわけが違うのでは…

この現象を例えるならば、水泳やヨットではなくてサーフィンに例えるべきです。サーファーは盛り上がった波の斜面をボードに乗って滑り降りていますが、その波の方も連続的に盛り上がって来ますから、岸で見ていると常に一定の位置に留まっているように見えます。波の斜面が変化した時には、サーファーも滑り降りる角度を変化させて一定の高さをキープしていますよね。


なお、下記参考URLの「サーマル」と「ウェーブ」の解説をお読みいただけば理解の助けになるかと思います。

参考URL グライダーとは
http://www.isc.meiji.ac.jp/~glider/introduction.html

参考URL:http://www.isc.meiji.ac.jp/~glider/introduction.html

>プロペラのような推力なしで止まれる技は理解できません。

これはNo.1の回答者さんも書かれていますが、グライダーはプロペラのような推力なしで飛べます。実際には位置のエネルギー(高さ)を運動のエネルギー(推進力)に変換しながら滑空しているわけですが、その変換効率がずば抜けて良いため、見ていると高度を下げながら進んでいるようには見えないくらいです。

プロペラやジェットエンジンで飛んでいる普通のセスナ機や旅客機は、高さに対しておよそ10倍くらいの距離を滑空できるそうです。たとえば、...続きを読む

Qトンビが空を旋回しているのは何のため?

トンビが空を旋回しているのは、地上の獲物を探しているんだ、と聞いたことがありますが、獲物を見付けて急降下して来た現場を目撃したことがありません。

以前、海上10~20メートルくらいの高さに群がって飛んでいるトンビが一々急降下して魚を捕らえているのを目撃したことがあります。旋回は一切していませんでした。

どうも獲物を探して高所で旋回しているようには思えないのですが。

次に、普通よく見る高さ(見かけの大きさが5cmくらい)を飛んでいることが多いのですが、ときたま、びっくりするほど高い所(見かけの大きさは1mmくらい)を旋回していることがあります。何故あんな高い所を飛ぶ必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 #6です。
 カラスは、トビに翼の大きさでは負けているものの体自体の大きさはそうはかわりません。そしてカラスの翼は滑空には不向きな、そのかわり旋回性能の高い翼をしているんですね。
 たしかにカラスはトビを捕食したりは運に頼らないとめったにはできません。だから捕食するために攻撃しているわけではありません。
 でもトビにはない、この翼の性能とすぐれた知能をもっていますし、カラスは群居性の生き物です。トビも群れることがありますが、カラスのように集団行動は取れません。
 だから数羽のカラスが迷惑そうなトビを追いかけ回しているところを0123gokudoさんもごらんになったことがあるのではないかと思います。一対一だとカラスは弱いのですが、気だけはものすごく強いし、くちばしでつつくということができます。集団になれば小回りのきかないトビはどうしようもありません。
 だからカラスはトビの天敵の一つでもあるんです。
 なぜかというと上に書いたことのつけたしになりますが、トビは自分の翼や爪といった武器をほとんど使わないのに対し、カラスはくちばしを使って下から攻撃するということができます。それにトビはカラスと食性が似ているためカラスのライバル心をあおるんでしょう。
 カラスからトビはいじめがいのある、知恵遅れの大人ぐらいに思われているんじゃないでしょうか。言葉は悪いですが。
 カラスは非常に頭のよい鳥です。そういった動物の常として、同族には持っている「弱いものいじめはいけない」という倫理的な抑制の働かない他の生き物に対してはいじめたり追いかけ回したりということをよくやります。
 イルカが集団で魚をなぶり殺したり、チンパンジーが別の生き物で遊んでいるうちにばらばらにしてしまったり、おなかいっぱいなのに犬が鶏の群れを追い散らして喜んだりするのと同じです。
 トビって、強そうに見えるかもしれませんがけっこうぼーっとした鳥なんですよ。大きな猛禽にはそんなどっか抜けたようなところがある種が多いみたいですが・・・。
 だから鷹の弟分みたいなものというより、エリートづくめの親戚の間では出来の悪く思われている従兄弟のおにいちゃん、といった感じでしょうか。
 ただしトビの天敵がカラスといってもトビを食べるために攻撃しているわけではないので、これは専門用語で「モビング」(捕食することはあまりできないが、弱いと思われる鳥が強いと思われる鳥を攻撃すること)と呼ばれます。
 

参考URL:http://www.gt-works.com/yachoo/zukan/faq/faq3seitai.htm#seitai11

 #6です。
 カラスは、トビに翼の大きさでは負けているものの体自体の大きさはそうはかわりません。そしてカラスの翼は滑空には不向きな、そのかわり旋回性能の高い翼をしているんですね。
 たしかにカラスはトビを捕食したりは運に頼らないとめったにはできません。だから捕食するために攻撃しているわけではありません。
 でもトビにはない、この翼の性能とすぐれた知能をもっていますし、カラスは群居性の生き物です。トビも群れることがありますが、カラスのように集団行動は取れません。
 だから...続きを読む

Qトンビは何を食べていますか?

先日二日ほどトンビを観察する機会がありました。
合計4時間ほど見ていたのですが、ゆっくりと旋回しているだけで捕食行動がまったくみられませんでした。
湖の魚を取るわけでもなく、木の実をついばむでもなく、近くをとおる小鳥を襲うわけでもありません。
森の中にも入りませんでした。
トンビはいったい何を食べているのでしょうか?
えさを探しているのでなければ飛んで何をしているんでしょうか?

またトンビに油揚げをさらわれたということわざがありますが、トンビは油揚げを食べますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
どなたにも見やすく簡単なサイトを参考に、と思って挙げてしまったたため誤解を招いたようで申し訳ありません。私の記事は鳥類研究者の知人から聞いた知識を元にしたもので、またこの番組も放送当時専門家のコメントを引用していたため思い出して参考とさせていただきました。

本当に基本的には元気ですばやい生きものを襲うことは苦手な鳥なのですが、水辺で死にかけている魚やカエルを持っていく場合はあるそうです。特に繁殖期にはエサが不足するので手を出すケースは多くなる、という事でした。
主食については、近くに人家のないエリアの場合は生物の屍骸。森林などは樹木でそれらを見つけにくいため海岸や広い場所を好み、日本ではエサを供出してくれる人間の棲むエリアに依存して近隣で営巣することが多いそうです。


人気Q&Aランキング