色々調べて居は居るのですが、いまいち分からなくて・・・
お力をお貸しください。

昨年、入院・出産をしました。
(2011.11~12にかけて入院⇒医療費支払いが翌年1月)
入院費については、高額医療制度を利用して支払いをしています。
また、生命保険からの保険金も受け取っています。

入院の医療費と、妊娠中の補助券で適応されなかったお薬代や検査料
また、歯科やその他の診療にもかかっており
夫婦で合計10万円超えるので確定申告する予定なのですが、

高額医療制度を利用しているが、オーバー分(?)の医療費は、確定申告で医療費控除として申告できるのか??
生命保険を受け取っているので、保険金が収入となり申告できないのか?

教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>妊娠中の補助券で適応されなかったお薬代や検査料また、歯科やその他の診療にもかかっており


それらは医療費控除の対象です。

>夫婦で合計10万円超えるので確定申告する予定なのですが、
医療費控除は、その医療費を払った人が控除を受けられるものです。
でも、夫婦なら合算して問題ありません。

>高額医療制度を利用しているが、オーバー分(?)の医療費は、確定申告で医療費控除として申告できるのか??
そのとおりです。
というか、オーバー分ではなく高額療養費の自己負担額のことですね。
高額療養費は、自己負担額(通常80100円/月)を越えた分が健康保険から支給されるものです。

>生命保険を受け取っているので、保険金が収入となり申告できないのか?
生命保険金など医療費を補てんする金額があれば、それはかかった医療費から引かなくてはいけません。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
    • good
    • 0

いまなら「税務署」も空いているので、直接聞けば即解決なのですが、「還付申告」なら3/18(月)以降でも申告できるので、あえて遅らせる人もいます。



『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_souda …
『No.2035 還付申告ができる期間と提出先』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2035.htm
『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html

-----
ちなみに、「医療費控除」の原則は、「保険金(や公的医療保険)などで補てんされる金額は差し引くこと」「医療費控除の対象である支出であること」です。

『No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
※「保険金」は給付の目的となった医療費からだけ差し引きます。
『No.1122 医療費控除の対象となる医療費』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm
『No.1124 医療費控除の対象となる出産費用の具体例』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1124.htm

なお、個人の税金は「1月1日~12月31日」が一区切りなので、支払い日が一日違えば「翌年分」となります。
ただし、「保険金」などは、支払いが後日になりますから(申告時に確定していないときには)「見込額」で計算します。

『保険金などの補てん金が未確定の場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120_qa.h …

-----
なお、専業主婦はもちろん、共働き夫婦でも、「医療費を支払った(負担した)納税者」が医療費控除を申告できます。

『共働き夫婦の夫が妻の医療費を負担した場合』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/sh …

ちなみに、「夫婦」や「親子」が同居している場合は、「明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き」、【税法上】「生計を一(いつ)にしている」とみなされます。

『扶養控除>生計を一にする Q&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm

ですから、「同居家族」の場合は、税務署も「重箱の隅をつつくようなチェック」はしません。
もちろん、「絶対チェックしない」わけではありませんが、「申告内容」の精査は申告期限後に行われるので、【仮に】「申告内容に疑義が生じた」場合は、後日連絡があります。

(参考情報)

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://www.zeikin5.com/calc/
※あくまで目安です。

『[PDF]医療費控除を受けられる方へ』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

『大混雑の確定申告』
http://kaisendon.seesaa.net/article/35827006.html
『確定申告で空いている時間は何時ごろ』
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/797097.html

『税務署が親切』
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/503 …
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/noz …

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します
    • good
    • 0

一昨年、娘(成人)と自分の通院費、主人の歯医者の通院費と入院、手術代で、我が家全体で医療費が30万を超えました。


入院費は高額医療制度を使いました。
医療控除は主人の名前でやりましたが、30万超えで戻ってきたのが8千円弱…。

去年は15万程医療費にかかりましたが、30万突破で数千円の還付金を考えると
15万程度では税務署に出向き、激混みの中手続きをし、
労力と還付金額を天秤にかけたら、確定申告するのをやめました。
    • good
    • 1

ひとつの医療に関して かかった費用(領収書が必要)から高額医療制度からの給付金・生命保険からの保険金を差し引いた残りが対象です



それに他の医療の費用を合計して10万を超えれば 10万を超えた分が所得控除です
    • good
    • 0

>夫婦で合計10万円超えるので…



夫婦でって、それらの医療費は誰が払ったのですか。
無条件で家族合算して良いわけではありませんよ。

医療費控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられたり、妻のカードで決済されているような場合は、夫にはまったく関係ありません。

>高額医療制度を利用しているが、オーバー分(?)の医療費は、確定申告で医療費控除…

あとから返ってきた分を引き算した、実支払額のみが対象です。
あとから返るのでなく、返る分を見越した少ない金額だけを支払ったのなら、その支払った額が対象。

>生命保険を受け取っているので、保険金が収入となり…

医者にかかったことに対応した保険金なら、やはり引き算して、残る実支払額のみが対象です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高額な医療費・医療制度について質問です。

初めまして。先日、尿管結石で入院中のことですが、人工透析や腎臓移植で入院されてた方々と知り合いになり、高額な入院費について保険が効く効かないや会社が全額負担してくれるから貸付にしたなど、様々な医療費問題について話しました。
ただ、無料で治療はできないのはわかりますが、出来るだけ治療費を抑えたいのは患者としての心情・本音だと思います。多少、経済的負担が軽くて済むとわかってれば「ベットの空きがないから退院してほしい」という病院側のプレッシャーに対し1個人が対応できるとも思います。
今後、経済的負担を軽くする為、自分の身を守る為に、医療費や医療制度を勉強したいのですが、どこから入ればいいのかわかりません。切り口があれば教えて頂けないでしょうか?社会保険労務士の勉強などすれば保険や医療費、医療制度の知識がつくのでしょうか?
御回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医療について、一般の方が、損をしない給付あるいは有利な給付を受けることを目的として学習するのに、社会保険労務士の勉強をするのはあまりお勧めいたしません。

理由は、社会保険労務士の書籍では、試験に出るところイコール重要ということを前提としています。一般的にどうでもいいようなことが重要だったりすることが珍しくないのです。

一般の人向けの、医療制度について書かれた書籍がよいのではないかと思います。
ただ、年金ほど多数の出版物があるわけではないので、手頃な良書があるかどうかがわかりません。

医療、医療制度、社会保険、健康保険などをキーワードにネットで書籍を探してみる、
図書館で探してみる、
大きな本屋さんで探してみる。
などの方法で探してみてはいかがでしょうか。

尚、インターネットで学習することは、やめておいた方がいいと思います。
理由は、ネットの情報は玉石混淆です。出版物と違って、誤ったことを何のチェックもうけずに掲載していることも有り得るからです。
それと、体系だてて学習するには適しません。
ネットの利用に関しては、釈迦に説法かもしれませんね。

もし、なかなかいい書籍は見つからない、という場合には、社会保険労務士の書籍でも学習は可能ですが、その場合には、普通は知らなくていいようなことは取捨選択して読んでください。
社会保険労務士の学習でいいところもあるにはあるんです。
健康保険と労災の関係
健康保険と年金の関係
などについても知識が得られます。

ちなみに、当方は社会保険労務士の学習により知識を得ました。

最後に、質問にあります、人工透析について
人工透析が必要な慢性腎不全患者の場合は、「費用が著しく高額な一定の治療として厚生労働大臣が定める治療」に該当し、
ひと月1万円を越える部分は高額療養費として健康保険から支給されます。国民健康保険も同じです。
同様の疾病に、後天性免疫不全症候群(HIV)があります。

医療について、一般の方が、損をしない給付あるいは有利な給付を受けることを目的として学習するのに、社会保険労務士の勉強をするのはあまりお勧めいたしません。

理由は、社会保険労務士の書籍では、試験に出るところイコール重要ということを前提としています。一般的にどうでもいいようなことが重要だったりすることが珍しくないのです。

一般の人向けの、医療制度について書かれた書籍がよいのではないかと思います。
ただ、年金ほど多数の出版物があるわけではないので、手頃な良書があるかどうかが...続きを読む

Q高額医療費と医療費控除

今年、入院したのですが、高額医療費と医療費控除は両方申告した方が良いのでしょうか?医療費控除の申告のみでは損するのでしょうか?
ちなみに、一ヶ月で支払った額は、医療費自己負担額が15万円で、その他、差額ベッド・交通費を含めると19万円です。

Aベストアンサー

出来るなら両方した方がいいと思いますよ。

医療費控除は年に10万以上医療費を負担している方が
納付した税金を幾らか還付してもらえるものです。
(確定申告後に)
この場合
 1年間に払った医療費-保険金等(高額療養費請求で
 支払ってもらえた金額も含む)=10万円以上
になることが条件ですので、あえて「出来るなら」という
書き方にさせて頂きました。

私が以前入院した時は医療費控除も対象になりましたので
両方申告をしましたよ。

参考URL:http://www.mykomon.jp/kakutei_iryohi/,http://insurance.yahoo.co.jp/report/0502_01_2.html

Q高額療養費制度以外の制度について

この度ある病院で子宮筋腫の腹腔鏡手術をします。
この病院での手術は保険が使えず自費になる為、合計で140万円以上
かかってしまいます。

他の病院では手術できないと言われたので、相当悩んで「お金には代え
られない」と思い決断しましたが、決して裕福ではないので少しでも
負担が減らせればと思っています。
社会保険に加入していますが(協会けんぽ)、自費手術の場合高額療養
費制度は適用されないと聞きました。

生命保険での給付金、年度末の確定申告の他に何か使える制度はあるのでしょうか。。。 
ちなみにこの病院は全室個室になり「差額ベッド代」というように分かれていないので、
制度があっても対象外になってしまうのでしょうか。

もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3です。
補足をありがとうございます。

文面から拝察する限り、それでも、自由診療でなければならないという医学的な根拠がわからないのですが、本題ではないので、その話は止めにしましょう。

協会けんぽの傷病手当は、勤務先が給料を払ってくれない場合です。
勤務先が給料を払うならば、傷病手当は出ません。
いずれにしても、最高でも給料の60%なので、プラスとはなりません。

確定申告のために、必要な領収書などは全てとっておいてください。
交通費もメモで良いので、記録して残しておいてください(控除対象です)。
痛みなどでタクシーを利用した場合、それも認められますから、タクシーの領収書を取っておいてください。
今回の件に限らず、平成21年の全ての医療費が対象になります。
薬局で買った風邪薬も対象となります。
ただし、ビタミン剤はダメです。

ご参考になれば、幸いです。
また、一日も早く、元気になられることをお祈り申し上げます。

Q高額医療制度について

今まで、勤務先の社会保険に加入していましたが、突然、病気になり、労働不能の為、1か月の入院の後、今は月3~4回、治療の為病院に通っています。

退職してから、保険料を納付するのをすっかりわすれていて、社会保険事務所から、保険証の返還の督促がきてしまいました。
それからの保険は扶養家族として、家族のもつ学校共済組合に切り替えて加入しました。

それで質問なんですが、今まで、社会保険事務所に申請していた、高額医療制度の申請は継続して申請できるのでしょうか?

ちなみに、ひと月の医療費は、外来のみで、約5.5~7万円かかっています。

Aベストアンサー

高額医療費はNo.1さんの通りだと思いましたが。傷病手当金も同時に受給できます。傷病手当金はお医者様の証明と会社の証明があれば退職後も半年間位は受給できます。

Q生命保険と医療保険の違い

生命保険と医療保険の違いって何でしょうか?
医療保険というのは、病気になったときに保険が降りて、死亡時には保険が降りないものですか?

Aベストアンサー

生命保険というのは、病気・ケガにかかわらず死亡したとき保険金が支払われる保険の総称です。
ケガに限定して、死亡(後遺障害)・入院・通院の保険金が支払われるのは傷害保険です。

医療保険は、入院・手術をメインに考えた保険で、入院の際には、入院日額×入院日数、手術の際には、手術の種類に応じて入院日額の○○倍の給付金が受け取れるというシステムです。
以前は、医療保険単独では販売されておらず、死亡保障とセットで一つの生命保険商品として販売されていましたが、今は医療保険として単独で販売されるようになりました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報