はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

社会学系の大学・学部を諸般の事情により、卒論の単位を取らずに中退してしまいました。通信制や夜間部の大学で、卒論のみの単位(またはプラス少数の単位数)を取得させて卒業できるところがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

卒論が必修でない大学もありますので、卒論が必修だった大学(学部)の「卒論のみを未履修」だったと言っても、他の大学では「ただ単に、○単位だけ必修の単位数が足りなかったから、卒業できなかった」扱いになります。


ですから、まずは、「卒論のみの単位」が必要という発想ではなく、「卒業に必要な単位数を満たしたい」と考えた方がいいです。

#一般的に、4年制大学は、124単位をとって卒業ですが、選択科目ばかりたくさんとって124単位以上をとっても、必修科目の単位を落としてたら、それは「卒業に必要な単位数を満たしていない」ことになります。

で、本題ですが、少なくとも国内の(文科省認可の)大学では、通学課程だけでなく通信制・夜間部でも、2年次か3年次への編入がほとんどです。そして、前の大学で取得した単位数は、卒業でも中退でも、その全てが認定されるわけではありません。
つまり、「転校して、前の大学の続きをする」というわけにはいかないのです。

ただ、学部を選ばなければ、4年次編入の大学(通信制)が、無いわけではありません。
星槎大学は、4年制大学に3年以上在学し、92単位以上を取得していれば、4年次編入ができます。(1年以上在籍し、32単位以上を履修、そのうちスクーリング8単位、を履修して卒業になります)
他の大学を卒業していれば、4年次編入ができる大学は他にもあるんですが、中退だと(おそらく)ここだけです。

卒論だけを残して中退してしまったとのことで、卒論さえ出せば卒業だったのに……という悔いが残られているのかもしれませんが、そして「足りない単位だけを、補充したい」ということなのでしょうが、なかなか上手くいかないのが現実です。
学士の称号を得るだけでしたら、大学評価・学位授与機構を使う手もありますが、あくまでも学位をゲットできるだけで、大学卒業にはならないようです。(逆に、学士号を得ることで、大卒と同等の学力を認定してもらうことを期待なさっているのでしたら、利用なさるといいです)
通信制大学も、通学課程よりも下に見られることはありますが、でも条件を満たせば「大学卒業」になります。最近は、メディア利用の授業(ネットによる授業の受講)で、スクーリング単位になる通信制大学もありますので、3年次編入でも、実際にキャンパスに足を運ぶ機会を最小限にして卒業することも可能です。学部を選ばなければ、一度もスクーリングのためにキャンパスに行かなくても、メディア利用の授業でスクーリングを全てこなして卒業できる大学すらもありますよ。(日本福祉大学など)
    • good
    • 1

大学評価・学位授与機構があります。

数年前に、在学年限超過で退学した学生が、学士の学位を認定されたと報告してきました。問い合わせてみるとよいでしょう。

参考URL:http://www.niad.ac.jp/n_gakui/
    • good
    • 0

大学は持っている単位によって2年次或いは3年次編入になります。


それは夜間でも通信制の大学でも同じ事です。

例えば1単位から取得可能な放送大学であっても、今の条件でも3年次への編入しかできません。
卒論以外の単位をすべて認定してもらうことはできず、最高62単位までです。
大学卒業に必要な単位は124単位以上ですから、半分しか認定してもらえないということになります。
http://www.ouj.ac.jp/hp/toiawase/#1-6

つまり、ご希望に添うような大学は存在しないということになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学4年で、卒論が完成せず留年

私は現在、地方国公立大学の教育学部に在籍している大学4年生です。
卒業後の進路として、他大学の大学院への進学が決定していたのですが、
卒業論文がもはや完成させることができそうにもなく、留年しそうです。
なんとか卒論発表はしたのですが、先生方からの評価は最悪のようで、発表した30名ほどの中で「最低のレベル」、だったそうです。
卒論のテーマは大学4年の4月には決まったのですが、その後、テーマのレベルの高さ、やりたい事とのずれ、自分ひとりしかいない研究室、ということもあって、見る見るうちにやる気がなくなってしまいました。
夏の大学院試験は、なんとか拾ってもらうようなレベルで合格したのですが、もはや大学院に行く気力はなく、就職活動に切り替える気力もありませんでした。研究室にも積極的に行くことはなくなり、鬱のようになり、家でゲームばかりしていました。
そんなこんなで、卒論発表の一週間前になり焦りだして急いでまとめたので、「最低のレベル」の発表になりました。
担当教員からは、「卒論のレベルに到達していない。今まで何をやっていたのか。卒業させてあげることはできない」と、言われました。
論文の提出期限まで後2週間弱なので、今からでもなんとかなる、と思い
一生懸命やりはじめたのですが、担当教員の言葉で、もはや心が折れそうです。
もし留年になり、ひとりぼっちで今の研究室にもう一年いなければならない事を考えると気が狂いそうです。将来の夢や目標もなくなってしまいました。何かアドバイスを頂けないでしょうか。

私は現在、地方国公立大学の教育学部に在籍している大学4年生です。
卒業後の進路として、他大学の大学院への進学が決定していたのですが、
卒業論文がもはや完成させることができそうにもなく、留年しそうです。
なんとか卒論発表はしたのですが、先生方からの評価は最悪のようで、発表した30名ほどの中で「最低のレベル」、だったそうです。
卒論のテーマは大学4年の4月には決まったのですが、その後、テーマのレベルの高さ、やりたい事とのずれ、自分ひとりしかいない研究室、ということもあって、見る見る...続きを読む

Aベストアンサー

様々な事に挑戦しましょう。そして、失敗しましょう。恐らく失敗をしようとして失敗をする人は、あまりいません。
しかし、経験がない事に挑戦すると初めは誰でも失敗します。

背負っている物が少ないうちにする失敗は、その後の財産になります。成功よりも失敗からの方が多くを学べます。
また、成功よりも失敗の方が理由を分析しやすい傾向があると思われます。
(成功の分析結果は単なる勘違いである場合もあるかも知れません)

ただし、人生を台無しにしてしまうような取り返しのつかない失敗は
やめましょう。失敗し過ぎない程度に多くの失敗を重ねましょう。


人気Q&Aランキング