出産前後の痔にはご注意!

アフリカ、南米、アジアとよくもまあ白人は植民地にして行ったもんだと思います。歴史の授業であまり教えてもらわなかったのですが欧米列強はどのように有色人種の国家を制服していったのですか? いきなり戦争を吹っかけて取っている訳ではないですよね? 例えば英国、フランスはどのように入り込んだのか教えて頂きたいです。もちろん植民地化した地域により違ったアプローチをしたと思いますが、例えばどの国の場合と紹介して頂ければ勉強になります。 宜しく御願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 確かにいきなり大軍を送り込み征服するのでは



支配する側も犠牲が多く効率は悪いですね。

大きく2つのパターンがあります。

古い方から、

(1) スペインが中南米を植民地にしたやり方
 
 スペインとポルトガルは欧州の中で先駆けて

植民地作りをしていきました。この2国は重商主義

と言って商業(貿易)利益で大国になります。どこ

そこの資源をどこそこに売って差額でもうけるわけ。

 有名な話しですが、インカ帝国(現代のチリなど)

の神話に「東の海から白い顔をした神がやってくる」

というのがあったらしくてスペイン人がその通り、

来航、インカ帝国は喜んで歓迎した。ところが、記録

によるとスペイン人が驚くことに金・銀がとても豊富。

さっそくその資源を手にいれるために大軍を送り、

虐殺と占領をしたそうです。これも有名ですが、インカ

帝国は一部の技術文化はヨーロッパより進んでいたが、

致命的な弱点は武器がほぼない、鉄砲と大砲で武装した

スペイン軍にはたちうちできなかった。

 ちなみに中南米ではブラジルだけが旧ポルトガル領

アジアではフィリピンだけが旧スペイン領。世界がほぼ

この2国で分割された頃、争いをさけるためにローマ法王

の前で2国がお互いに相手の植民地から1つずつ選んで、

交換し合ったそうです。真偽はよく知らないのでごめん。


(2) 次はイギリス・フランス・オランダに代表される

 自国の産業を発達させて、世界中から集めた資源で、

製品をつくり支配する地域にその製品を売りつけていく

やりかた。少し具体例で

イギリスです。ちょうど日本で江戸時代が始まるころ、

英国はインドに「東インド会社」という国策会社を作り

ました。当初はインドから綿織物を買い付けて、本国に

送り売ってもうけるというやりかたでした。インドは

世界最大の綿織物手工業国でしたから、しかしこれでは

イギリスはインドにお金を払います。国同士で考えると

イギリスが赤字。そこでイギリスは産業革命という時期

自動織機を発明し、機械による綿織物生産に成功。

そうなるとインドの手工業が邪魔。軍隊の力でインドの

職人の手首を切り落とすという野蛮なこともするのですが

経済的にはインドから綿花を輸入、インドの手工業製品

よりも安価にできる英国産綿織物をインドに売りつける。

このやりかたでインドを衰えさせ、イギリスはついに、

ムガール帝国を滅ぼし「インド帝国」なる植民地を作り

ました。東インド会社から「インド帝国」創建までじわ

じわと時間をかけ徐々に植民地化をなしとげます。

 ちなみにこの関係でもインドから綿花を買うので銀は

支払います。そこでイギリスが考えたのは、インドで

アヘンを作らせてそれを中国の民衆に売りつける。もう

けた金(銀)でインドから綿花を買うとイギリスは只で

綿花を手に入れ、綿織物を売れるので美味しい。これに

中国が怒り、入港していたイギリス船のアヘンを海に

捨てると賠償と謝罪を要求したイギリスが中国に戦争を

しかけるという理不尽な行動に。これがアヘン戦争。

アヘン戦争を自分の目で見た長州藩の高杉晋作らが、

欧米を追い返すことなど不可能と知り、なおかつ欧米は

日本をも植民地にするは明らかと、開国方針にきりかえる。

※ 世間的にはあまり知られていないが、英仏はアフリカ

各地を植民地にするに当たってはコンゴ王国やマリ王国

などいくつもの王国を滅ぼして支配。そして本国では、

アフリカには文明などなに一つ無い「暗黒大陸」と紹介。

学校教育で暗黒のアフリカに自分たちの手で文化を伝えて

あげようと洗脳した。これが植民地という言葉の由来。

つまり文化のすすんだ自国民が文化のない遅れた地域に

住み着いて文化の開花してあげよう。それがアフリカ黒人の

幸せになる、だって彼らはチンパンジーとかわらないのだか

ら。その代わりその土地の資源や黒人を奴隷として売るぐら

いは当然だよね、という感覚でした。

 アフリカ諸国は1960年代に続々と独立、とても若い。

しかも経済的にはまだまだ英仏両国の結びつきが強く、

利益を吸われている。近年やっと一部の国々で経済発展が

見られ初めて来ました。



 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。学校の歴史の時間で習ったことがあるのですが、ほぼザルのようにこぼれて記憶には残っていません。よ~く分かりました。アフリカの植民地化は何となく力ずく的な感じがしますがアジアでは何かアジア人がぼさっとしていたからしてやられた感がどうもあります。そしてアフリカもアジアも結局、西洋人から見るとColoredと言う事になっているのでしょうね。悔しいけど事実ですね。

お礼日時:2013/02/04 12:34

これは「銃・病原菌・鉄」と言う本の受け売りですが。



征服するのに一番役に立ったのは旧大陸から持ち込まれた病気の様です。

ユーラシア大陸では広く交流が行われ、其々の地域にあった固有の病気が全体を一巡りして収束して行きました。
天然痘やペストと言った強力な病気が何度か人口を半分以下にするような流行が在り、生き残った人もその病原菌を保有し免疫ができていた訳です。

そう言った様々な病気が新大陸に一気に上陸し、密集した集団に一気に感染して人口が激減し、社会が弱った所で侵略が始まって征服が簡単に可能になった様です。

勿論キリスト教の不況と言う大義名分と、馬と銃と言う兵器が役だった事は多いのですが、最近の研究では新大陸には数千万人の人口が存在したとされており、せいぜい数百人の兵隊で簡単に征服する事は本来は出来なかったでしょう。

他の回答者さんの説明がある様に、インカ制服には偶々ケッツアコルトと言う神話が役だった事は在ったようですが、コロンブス等が最初は交易を行って持ち込んで病気が大流行し人口が激減し、その情報もあってスペイン・ポルトガルの征服戦争が始まった。

以上の様な状況でまず当時の欧州強国が中南米を征服し、その後興隆した仏国と英国は精強なインディアンがいる残った北米について、狩猟民族であるインディアンが存在しない湾岸地区に入植し、その後英国から独立した米国が力で徐々にインディアンを征服して行った。
その時にも天然痘にかかった人の古着等をインディアンに送る等が在り、戦争より病気で人口を激減させたと言う事もあった様です。

病気による手助けが無かったアジアに対しては、国と言う確固とした権力が無かった地域(オセアニア・ポリネシア等)は単純に征服し、相手の国がしっかりしていた国(インド・カンボジア等)に関しては当初は交易と布教で交流を開始、相手を観察して内戦等の機会に乗じて征服すると言う手段を取りました。

植民地を獲得して行ったのは殆どその時の欧州覇者で、当初はポルトガル・スペイン、その後オランダ、最終的には英国が大きな地域を手に入れました。

ナポレオンによって浮沈の大きかった仏国は、短い興隆時に現カナダの一部や北アフリカなどを飛び地上に植民地として獲得して行きましたが、あまり大きな地域を有する事は出来ませんでした。

キリスト教について言えば、ローマ法王はスペインとポルトガルが「占領してよい」地域を線引きして許可し、両国はその布教の尖兵となったイエスズ会から情報を得て植民地を増やしました。

両国の後に植民地を広げた国々は、交易から入って相手を壟断し、英国に至ってはアヘンを上手く使って国を乱す手段まで取りました。

隣国と切磋琢磨して外交のノウハウを獲得した欧州各国にとって、自国で威張るだけの王様をだますのは簡単な事だったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただきありがとうございました。色々今回コメントを頂きまして勉強になりました。私が勝手に思ったのは人間は知恵で何でも制服してきたんだなあという事です。白人も体力では黒人に勝てませんが知恵で無理やり自分達より下に置けます。アジア人は力も知恵も白人より劣るので何をかいわんやです。今の世界を見渡しても数百年前に白人に付けられた序列をヒックリ返せない状態です。まあ、そのままの序列で来ているのは白人の優越感と同様に有色人種の劣等感があるので距離がちじまる事がありませんね。

お礼日時:2013/02/04 12:47

まず、宗教を利用していますね。


キリスト教を広めておいて住民を宣撫してから
軍隊が乗り出す、てパターンが多いですね。
フイリピンとか南米がそれです。
だから、今でもフイリピンや南米はキリスト教
信者が多いのです。
日本は、いち早くそれに気づいて、キリスト教を
禁止し、檀家制度を設けたのです。

それから、間接統治があげられると思います。
その土地の、有力者と手を結び、その有力者を
支配することで、間接的に住民を支配します。
インドが典型です。

なお、民族や人種の間には能力の優劣はないことが
科学的に立証されております。
DNAの違いにしても、人種の違いは0,6%に
過ぎず、その違いは色とか背の高さなどで占められて
います。

欧米人が優れていた訳ではありません。
現代は、欧米人が世界を席巻している、というだけです。
少し前ではイスラムが、中国が世界を席巻していました。
将来はどうなるか判りませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。宗教、民族って言うのは日本に生まれ育つとあまりぴんと来ない観念ですね。でもおっしゃるとおり未だに世界で揉めているのはこの二つの要因が多いですね。それを逆手に有色人種を支配して来た白人はやはり知力、体力的にも私は優れていたと思います。情けない感じがします。

お礼日時:2013/02/04 12:20

国や地域、時代により異なります。


相手が一定の国家を形成している場合、相手国の内紛を利用する事が多かったですね。

アスティカ制圧の場合は、アスティカ支配に反発する勢力を味方につけています。
インカ攻略の場合、インカ皇帝をめぐる兄弟の対立に介入しています。
インドでは、イスラム教徒とヒンズー教徒の対立に介入するなどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ございました。やはり国としてしっかりしていないと上手いように他国に持ってゆかれるということですよね。植民地のマップを見ているとすべて有色人種の地域です。やはり白人より劣等なのかなと思ってしまいます。植民地ではないですがオーストラリアやニューージーランドにしても何でアジア人が見つけ出してアジア人国家が出来なかったのか悔しく思います。

お礼日時:2013/01/30 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故、欧米列強は日本・中国を植民地化しなかったのか

近代において、欧米の列強は、アフリカなどを植民地としていきましたが――
日本や中国に対しては、不平等条約の締結や土地の租借程度に済ませました。

それは半ば植民地と同等の扱いではありますが、逆に言えば、形式的ながら日本や中国を国として認めているわけですよね?

そこで疑問なのですが、何故、列強は、日本や中国を侵略して、植民地化しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

 時代が明記されていないのでぼんやりとした回答にならざるを得ませんが、コストパフォーマンスと国力の限界が主因と考えます。
 東アジアは欧州からすれば最も離れた土地であり、そこへまとまった兵力を送り込み、かつその戦力を維持するには膨大なコストが必要です。

 中国は中世末期は世界一の先進国でしたし、国土も広く人口も多いため強国とみられています。アヘン戦争に敗れてからはその評価は一気に低下しますが、それでもあれほどの広大な国土と膨大な人口を有し、かつ一応近代的な兵器を持った軍隊を有する以上、中国を占領するにはどれだけ少なく見積もっても数十万の陸上戦力を送り込まねばなりません。

 日本も欧州にその存在が具体的に知られたのは戦国時代に入ってからであり、当時の日本は毎年国内で戦闘を繰り返しながら経済成長を続け(経済成長云々は欧州と交流が出来てから以降に限定しての話です)、群雄割拠の時代にあって一人の武将だけで二十万もの常備軍を有し、しかも小さな島国の癖に短期間で世界一の鉄砲保有国(当時の欧州全土にある鉄砲の数より日本一国が持つ鉄砲の数の方が多かったと言われています)になった・・・当時の欧州の常識からは考えられない、まるで悪魔のような側面を持つ国です。
 その後、幕府という統一政権の支配が確立してからは鎖国し、その実力は低下の一途をたどります。しかし戦国時代の日本の状況を想定すれば、この島国を植民地支配するためには少なく見積もっても数十万もの陸上戦力を送り込まねばなりません。

 地球の反対側に数十万もの兵力を送り込み、そしてその戦力を支えるための海上補給線も含めて戦力を維持するコストと、植民地化した中国や日本から得られるであろう利益は到底吊り合いません。
 欧米が植民地化できた地域は少ない戦力で支配可能な地域に限られています。
 欧州は欧州で互いに戦争もありましたし、アメリカも隣国との戦争や内戦を繰り返しています。新たな植民地獲得に乗り出せるほどの強大な戦力の余裕などそもそもありません。
 もしも中国や日本に侵攻できるほどの戦力に余裕が出来たら、隣国とのミリタリーバランスが明らかに崩れてしまいますから軍拡競争が始まって結局侵攻できなくなるか、先に隣国との戦争が始まってしまいます。
 だから、最小のコストで最大の利益を享受するためには、不平等条約や土地の租借程度しか出来なかったのです。

 時代が明記されていないのでぼんやりとした回答にならざるを得ませんが、コストパフォーマンスと国力の限界が主因と考えます。
 東アジアは欧州からすれば最も離れた土地であり、そこへまとまった兵力を送り込み、かつその戦力を維持するには膨大なコストが必要です。

 中国は中世末期は世界一の先進国でしたし、国土も広く人口も多いため強国とみられています。アヘン戦争に敗れてからはその評価は一気に低下しますが、それでもあれほどの広大な国土と膨大な人口を有し、かつ一応近代的な兵器を持った軍隊を...続きを読む

Qなぜ19世紀日本は植民地支配されなかったのか?

題の通りなんですが、なぜ19世紀日本は植民地支配されなかったのでしょうか?

植民地支配されてもおかしくない状況であったのに欧米が進出してこなかったのにはどんな理由があるのでしょうか?

どんな意見でもかまいませんので回答していただけると光栄です。

Aベストアンサー

とにかくヨーロッパから遠かった。
欧州各国は手近な順でアメリカ→アフリカ→中近東→南アジア→東南アジアと植民地化してきたゆえに、極東の島国は一番最後になった。
19世紀前半から中盤は欧米でゴタゴタが多く、各国とも勢力拡大に力が入っていなかった。(南北戦争、ボーア戦争、クリミア戦争、フランス第2帝政...etc)
また、隣国に中国と言う”おいしい”土地があるので、あまり日本が目に入らなかった。

植民地化の取っ掛りには、キリスト教の布教が使われるが、日本では禁教されていたため侵入がむずかしかった。
仏教、神道がの生活の隅々まで行きわたる一方、当時の日本人は宗教の”まやかし”の部分もちゃんと理解していた。

当時、日本の文明のレベル(特に底辺のレベル)が高く、西欧文明を日本流に取り入れることに成功した。
実は、他の植民地となった国々はこれが出来ず、欧米人の思うようにコントロールされてしまっている。
例えば、日本人はヨーロッパ人以上の識字率を誇っていた。
一部のインテリが欧米を見て知識を得ると、すぐに翻訳したり本を書いたりして、
それを印刷(江戸時代からの木版印刷、貸本屋のインフラがあった)し、あっという間に全国民に広めた。
寺子屋の伝統があったので国民皆教育の立ち上げも早かった。
市場経済のインフラもすでにあったので、欧米の商人と対等に渡りあえた。

明治維新が驚異的に早く終結した。
たいていの国々は封建制→中央集権制の変換に100年はかかり、
この間に国土は荒れ、富も消耗し、人材は消失し、国民の間に憎悪だけが蓄積する。
この間に先進国にいろいろな利権を奪われる。
これが最小限で済んでしまった。
また、幕府側も新政府側もそのことを熟知しており、さっさと手締めした。

とにかくヨーロッパから遠かった。
欧州各国は手近な順でアメリカ→アフリカ→中近東→南アジア→東南アジアと植民地化してきたゆえに、極東の島国は一番最後になった。
19世紀前半から中盤は欧米でゴタゴタが多く、各国とも勢力拡大に力が入っていなかった。(南北戦争、ボーア戦争、クリミア戦争、フランス第2帝政...etc)
また、隣国に中国と言う”おいしい”土地があるので、あまり日本が目に入らなかった。

植民地化の取っ掛りには、キリスト教の布教が使われるが、日本では禁教されていたため侵入がむずかし...続きを読む

Qなぜ日本は植民地にされなかったのですか?

19世紀、他のアジア諸国は欧米列強の植民地にされたのに
なぜ日本は植民地にされなかったのですか?
日本の教育水準が高かったからですか?
それとも単に運がよかったからですか?

Aベストアンサー

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていました。
アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったという…
江戸幕府も同じなのですが。
ところが長崎に高島しゅうはん、という人が役人でいて、脇荷貿易の権限もっていて新式大砲を研究していました。それは出島にくるオランダ船が礼砲を撃つと威力、性能が進化しているのをしっていて、です。
幕府も国防上、江戸へ呼んで演習。一日でその平地は「高島平」(たかしまだいら)になりました。今もそう呼ばれてます。伊豆代官江川が引き継いで、青銅砲でない鋼鉄砲をつくる高熱の製鉄炉(反射炉)をつくろうとしたり(大砲、兵学などはなんとかヨーロッパの技術においつこうというカンジ)、日本人は形式・格式でガチガチのバカな武士社会の中でも一部の有能な、志ある人たちに助けられてなんとか西洋とわたりあえる学術・軍事・文化・行政制度をもっていたのです。
(ほとんどの藩はド貧乏、借金まみれ。一部の外様大名とかだけです。意識あったのは)

ペリーが来航した時も(一年前くるっていったのに来ないと思って内緒にしちゃったバカな幕府上層部のせいで大慌てしたが)、一年後返事をもらいにくる、といったあと年明け10ヶ月にきた時には、無防備だった江戸湾に砲台島を築かせて防衛体制つくった(江川が指揮)
これが砲台場、今の「お台場」です。
これにはペリーも驚いた。
あと吉田松陰みたいに単身(2人だったけど)黒船に乗り込んで
「我アメリカに行かんと欲す」と叫びまくって返ってきた若者とか。
こんな人他のアジアの国にはいなかった。

日本は天文、数学、測量でもヨーロッパの文献研究したり、和算でも微分積分できたらしい。水準高かったンですよ。富豪商人は学問する人たちが多いとか、そういうこともあったらしいし、町民文化も小説、演劇、レベル高かったです。

アメリカと国土交渉する際もペリーが小笠原はアメリカ人住んでる、国際的に通じる文書で証明しない限りアメリカ国土だ、といった時、フランス語版・林子平著三国通覧図説をだして、出版年からも日本領土だと証明。
松平定信が迫害した林子平の著作が、大黒屋光太夫一行のうちロシア日本語学校教師にのこった一人とドイツ人言語学者の手で訳されて、小笠原諸島をまもったわけですね^^

ま、そんなこんなで、日本は他のアジアの国より運がよかった。
・一応、統一国家でまとまってた。いくつか勢力が争ってるとかじゃなかった
・文化水準がヨーロッパと同程度だった(これは不思議なものである)
・一部の蘭学者のおかげで、外国の情勢なども在る程度はつかんでいた?!ジョン万次郎がいたといなかったじゃ、また違ったろうなぁ
江川さんがいなかったら大変だったと思うよ
・穏健バランス派の阿部が老中(筆頭?)だったのもよかった。水野忠邦だったらボロボロだったんじゃないかなぁ
最後は大分大胆に物事運んだけど。
・武士階級、常時帯刀武装してる階級が行政してる、というのはなかなかすごいかも^^
・シーボルトが日本の文化レベルを紹介する書物を発表してくれていた
(ペリーもちゃんと読んでた)→日本は交渉するレベルの国だと思ってもらえた。おそらく礼砲をちゃんと返せる国なんてアジアで日本ぐらいだったでしょう。

兵力でいえば、この前NHKでもやってましたが薩摩とイギリスの争い、中国のイギリス艦隊きた時は薩摩ボロ負けですよ。海戦は特に。
最初、不平等条約だったのもしゃーない。
しかし、交渉のテーブルがある、というのは在る程度、相手を認めてのことだし、全面開戦しなかった、というのはお互いのメリット、リスクも含めて必然だったのかも。
まぁ頑張りましたね、当時の日本^^

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていました。
アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったという…
江戸幕府も同じなのですが。
ところが長崎に高島しゅうはん、という人が役人でいて、脇荷貿易の権限もっていて新式大砲を研究していました。それは出島にくるオランダ船が礼砲を撃つと威力、性能が進化しているのをしっていて、です。
幕府も国防上、江戸へ呼んで演習。一日でその平地は「高島平」(たかしまだいら)になりました。...続きを読む


人気Q&Aランキング