お世話になります。

さて、一国一城令は大坂夏の陣後の1615年に発布されていますが、これは何の前触れもなく突如として発布されたものでしょうか。

1) つまり、それ以前1603~1610年の間において同じ趣旨の法令が発布され、その集成という形で一国一城令になったということはないでしょうか。
ひょっとしたら、慶長10年(1610)の「武家政令3ヶ条」に一国一城令の先駆となる規制は含まれていないでしょうか。

2)日本史小辞典(山川)には「これより先(中略)城郭の建築・修理が盛んであったが、家康はこれを好まず、この令を発す」という記述があります。
そこで、一国一城令に先立つ成文法が無いとしても、幕府の意思として本城以外の整備を憚らせるような事情などは無かったでしょうか。
たとえば、伊達政宗が青葉城に天守閣を設けなかったのは、和賀忠親煽動の疑惑から家康に遠慮したという説があります。このように、城郭を整備することに対する有形無形の圧力について具体的な話がございましたら、お教えください。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

新規の築城禁止が最終的には寛永15年(1638年)に出た、武家諸法度


(寛永令)に載っているようですが、前段の元和元年(1615年)の
武家諸法度(元和令)にもその事があったかどうか?

ただ、築城禁止令が出た以降でも全国で2-5箇所の築城が成されています。
例として備後の福山城があります。tp://www.shirofan.com/shiro/tyugoku/fukuyama/fukuyama.html

最初のキーワード:発令 一国一城令 から入って、
天下普請、武家諸法度 築城、
元和令 などを使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

bhojiさん、ご回答ありがとうございます。

趣旨が不明瞭な質問で申し訳ございません。今回の質問の趣旨は、1615年以前、特に1603~1610頃に関してです。

この年代に関しては何かごご存知無いでしょうか。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2004/02/29 02:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加藤清正の築城技術

加藤清正は築城の名手と言われていますが これは元々の才能でしょうか?
それとも築城の天才と言われた豊臣秀吉の側にいる時に色々学んで得意になったものでしょうか?

熊本城は元々清正のものなのに加藤家改易のあと細川家が我が物顔で使っていた事に
加藤家家臣はご立腹だったとか☆

Aベストアンサー

家康の命じた名古屋城の天下普請の築城で、清正も
諸大名とともに参加を命じられましたが石垣の巨石を運ぶ
際に、石の上に乗り音頭を取りながら指図したとのことで、
築城に関心が強かったことは確かです。

秀吉の大坂城の築城時の資料は残っていないようですが
清正はそのような時に勉強し、また穴太衆などの技術者
集団と知己を得たのでしょう。
このような技術者を大事にして役立たせました。

Q一国一城令について

大名の居城を1つに限定する。という内容だったと思いますが
この一国一城令が出された後に、新しく城を建築することは許されていたのでしょうか。
新しく作った城を1つの居城とし、いままで居た城を廃棄するのなら城の新建築が許されていたのか、もしくは建築することがまるでダメだったのかを教えてください。

Aベストアンサー

一国一城の元であると思われる家臣が治めていた土地にある砦や小城を破壊させる「城わり」自体は豊臣秀吉の時代からあったようです。
反乱の根城となるのを恐れたという事ですね。

本格的に定めたのは江戸幕府になってからで。
2代目将軍徳川秀忠の時代である1615年に徳川家康の命を受けた「以心崇伝」らにより全13条からなる「武家諸法度」が制定されています。

その法令の直前に定められた「一国一城令」と関連して「居城の補修はかならず幕府に報告すること」「新規の築城は禁止すること」が明記されています。

これにより大名は領国の中の居城以外の城郭をすべて破壊しなければなりませんでした。
そして武家諸法度により江戸幕府に断りなく「城の補修」や「新規の築城」はできなくなったという事です

例えば、改易された豊臣系武将であった「福島正則」は1619年に広島城を無断で修築したことを口実に、安芸備後の2国を没収されています。

Q藤堂高虎と加藤清正が築城名人であるというのは?

藤堂高虎と加藤清正は戦国時代において、
築城名人であったと言われていますが、
築城におけるどんな役割において名人だったのでしょうか?

彼らは武将なので、まさか大工の技術があるわけがない
ので以下思いつくところを記載してみました。
下の部分についてさえ、武将ではない専門家が
担当しそうな業務な気もしますし…。

・地元大工との交渉
・城のグランドデザイン
・人足の調達

誰か教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

武将としての経験値がそのまま築城に役立つ

○ 攻撃するときに、どこを攻めたらいいかを知っている

どうやったら、攻めづらく、守りやすいかを知っている。
※ これが縄張りの基本

○ 物資や人間を効率的に活用することで、遠征が出来る

遠征しないで、効率的に活用というのが、築城となります。

名人と言われるには、短期間にそれなりの防御力を作ることが必要です。長時間に、有り余る資材を使って築城していていは、名人とは言われません。

真っ平らなところで、闘うのが戦争ではなく、より有利な場所を選んで、効率的に防御ラインを作るの将軍が、戦争では勝ちます。
なので、戦争が強い将軍=築城の名人となるわけです

Q一国一城令について

1615年の一国一城令についてですが、「○○城は一国一城令の発令後、廃城」とある場合、該当する城は解体されて無くなったと考えてよいのでしょうか。城主は城を去り、城そのものは残されたというケースもあるのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

追加ですがこれまで「一国一城令」は幕府による大名の武装解除という視点で論じられてきていましたが、本当の目的はそこになかったとする説が出てきています。
どういう事かと言いますと、関ヶ原の合戦以降、日本各地で転封された大名は自分の領地内で築城に邁進し、全国的な城郭建設ラッシュが起きました。
あまり知られていませんが、関ヶ原以降の大名の大幅な増・減封と領国の移動により全国で大きな軍事的緊張が起きていたのです。
このとき造られた城郭は当然ながら戦国時代に磨かれた城郭建設の技術革新の集大成とも言える戦闘能力の高いものばかりでした。
そしてそれらの城郭には、必然的に有力家臣が城主として配置され、軍事的緊張の中で領地の最前線を守っていたのです。
しかしこれらの城持ち家臣は多くの場合「自分たちが支えてきたからこそ、今のお家があるのだ」との認識を強く持っており、大名家からすると煙たい存在でもあったのです。
しかし迂闊にその力を削ごうとすると、戦国時代に国人領主がいつもやっていたように、彼らの領地ごとごっそり隣国に寝返られてしまう危険性もあり、その場合彼らに与えた城がそのまま敵になってしまいます。
つまり一国一城令は大名家が幕府の威光を持って、それら厄介な城持ち家臣から名目上でも「城持ち」の地位を奪い、当主の元での絶対的な序列の中に取り込む為に使われた側面があるのです。
また幕府が初期に外様大名を多数取りつぶしたのは有名な話ですが、同じような話は実は大大名でもあったのです。
例えば福岡の黒田家では関ヶ原で加増を受け転封した時点では一万石以上の家臣は9人いましたが、このうち生き残れたのは一家だけで残りは知行を没収されてしまっています。
もし彼らが城持ちのままであれば、ここまでの事は出来なかったでしょう。
つまり「大名家の当主としての権威を確立し、かつそれを幕藩体制に取り込む」のが本当の目的だったと言うことです。
そう考えると多くの城で廃城が形式的なものに過ぎず、要塞としての機能が残った形になった事を幕府が問題にしなかったことも説明が付きます。

追加ですがこれまで「一国一城令」は幕府による大名の武装解除という視点で論じられてきていましたが、本当の目的はそこになかったとする説が出てきています。
どういう事かと言いますと、関ヶ原の合戦以降、日本各地で転封された大名は自分の領地内で築城に邁進し、全国的な城郭建設ラッシュが起きました。
あまり知られていませんが、関ヶ原以降の大名の大幅な増・減封と領国の移動により全国で大きな軍事的緊張が起きていたのです。
このとき造られた城郭は当然ながら戦国時代に磨かれた城郭建設の技術革新...続きを読む

Q航空自衛隊築城基地航空祭

明日の9/14に芦屋基地航空祭が開催されますが、先日のF-15の
築城基地所属のF-15の墜落事故の影響と思いますが、
芦屋基地へのリモート展示飛行がキャンセルになりました。
(F-2は元から予定無し?)

11/23に築城基地航空祭が予定されていますが、航空祭自体の開催が
中止となる可能性はあるでしょうか?

自衛隊機の墜落はやはり世間ではショックとは思うのですが、
航空機ファンとしてはできる事なら何もキャンセル無しで実施してもらいたいのですが。

複雑な気持ちです。

Aベストアンサー

今のところ築城基地のホームページで変更予定は出てませんが、基地祭事態が中止になる可能性も勿論あるでしょう。
当然地元自治体は中止を求めるでしょうし。

Q一国一城の主

歴史に詳しくないのでバカな質問だと思いますが…。
大河ドラマを観ていたときだと思いますが「一国一城の主」という言葉を聞きました(ナレーションかもしれません)。
一国一城令が出るまで1つの国には沢山の城があったと学校で勉強したように記憶しています。
そうなると、織豊時代において「一国の主」と「一城の主」とは全然違うと思うのですが、
「一国一城の主」とは一体どちらの意味なのでしょうか。
この言葉自体が一国一城令以前にあったのかどうかの問題でもあると思いますが。

Aベストアンサー

「一城の主」には色々あり主君から城の守将として預けられた人この場合は城に付属する領地は扶持として与えられるものではありません。
あくまで守備司令官の立場です。

次に「一城の主」として知行付きで支配権を与えられた人があります。
例えば秀吉が墨俣に築城して任じられたのは守将としてで知行は城とは無関係な土地にあります。
近江の小谷攻めでも横山城主のあいだは同様で小谷占領後築城を許されて長浜に築城して始めて知行付きの「一城の主」になったわけです。

「一国の主」は文字どうり一国の主で一国の領土を支配します。 同時に本城の主でもあるわけです。

従って「一国、一城」の間には付点があるのが意味としてはただしいのです。

後に一国一城令が出てからは付点がないのが正しい事になります。

Q昭和築城の城は?

昭和築城の城は熱海城以外にありますか?

Aベストアンサー

越前勝山城。
石垣から鯱までが57.8mと日本一の高さを誇ります。

参考URL:http://www.hokuriku.ne.jp/k-castle/

Q中国の城郭都市と日本の城郭都市の違いについて

中国の城郭都市と日本の城郭都市の違いについて
中国の城郭都市がありますね、市街地に高い城壁がある都市です(西安、南京、etc)、それと日本の大都市の城郭の城壁(堀が一般的ですが 江戸城、名古屋城、大阪城など)に囲まれた区域の違いが判らないので教えてください。
私の理解は 日本の城郭の内側には もちろん城主とそれに仕える人間しか入る事ができず、城主以下は城外に居を構えていると思います。
対して 中国の城郭は城壁内に多くの人が住み 商人なども住んでいる様な形態だと認識していますが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

中国に城郭都市はほとんどないという不思議な回答がありましたので、私も回答します。

中国の都市は城壁で囲まれているのが普通でした。現在では都市開発の邪魔になるので城壁が取り壊されている都市が多いですが。
中国語の「城」はもともと「城壁」の意味ですが、後に「都市」の意味も付け加えられました。これこそ中国の都市が城郭都市である証拠のひとつでしょう。

それに対して日本語の「城」は城壁ではなくて城塞のことを指します。
江戸時代には領主の居館の意味になりました。
江戸時代の日本には城壁で周りを囲まれた都市、つまり城郭都市はありません。

Q藤堂高虎が築城の名手?

高虎の他にも「築城の名手」と呼ばれる武将はいます。

なぜ、彼らをそう呼ぶのでしょう?
彼ら自身が掘割・縄張り・築城の実際をやるハズありませんから、
(無名時代ならモッコを担ぐくらいはしたでしょうが。)
その家臣に「名手」がいたとおもいます。
それら「家臣」の名が出ないのは、高虎ら城主が、それぞれ専門分野をもった家臣の「総監督」としての存在だからでしょうか?(親の総どり…みたいな。)

高虎の城に共通する、特徴的な良さがあるはずですが、それこそ、その分野が得意な家来のシゴトのはずです。
その部分を担当(設計・実務)した人物を評価したものは表れないものでしょうか?

Aベストアンサー

 藤堂高虎の家臣「渡辺了」や加藤清正の家臣「飯田直景(司馬遼太郎の『覚兵衛物語』が有ったかと)」など、一応実務や設計を担当した人物は、記録に残り当時も高い評価をされています。

 藤堂高虎や加藤清正等が築城の名手と呼ばれるのは、そう言った有能な人物と技能集団を自身の家臣として確保し、かつ彼等の才覚を十分以上に発揮できる場(仕事)を与えた事です。

 当たり前ですが、こういった稀有の才能は他家からの引き抜きの可能性も有りますから、十分な待遇を与えると共に「奉公構」を出して他家に士官が出来ないように手回しし、且つ他家がそれに従わざるをえない程の権力が必要です。

 ちなみに渡辺了は、出奔し浪人に成った後、藤堂高虎が出した奉公構のせいで何処にも仕官する事が出来ず、京で寂しい最後迎えたそうです…。
 (才を惜しんだ細川忠興や徳川義直らの捨扶持で細々と生活したそうです。)

 藤堂高虎の残した200箇条の家訓(実は後から追加されたので204条有ったりしますが…。)を見ると、大名目線からだけのものだけ無く、家臣(家老から末端のものまで)の心がけまで事細かに記載しており、彼の気配りが如何に広かったのかをうかがい知る事が出来ます。
 建前上の最後の200条が、物事の習熟度は下手と呼ばれない程度なら良いという当たりに彼の心情が出ているのかも…。それに201条で「聞かずは末代までの恥」と言っている様に、本当にエキスパートの力が必要に成れば、真摯な態度で聞く事が出来る人物であった事が伺えます。

 藤堂高虎の家臣「渡辺了」や加藤清正の家臣「飯田直景(司馬遼太郎の『覚兵衛物語』が有ったかと)」など、一応実務や設計を担当した人物は、記録に残り当時も高い評価をされています。

 藤堂高虎や加藤清正等が築城の名手と呼ばれるのは、そう言った有能な人物と技能集団を自身の家臣として確保し、かつ彼等の才覚を十分以上に発揮できる場(仕事)を与えた事です。

 当たり前ですが、こういった稀有の才能は他家からの引き抜きの可能性も有りますから、十分な待遇を与えると共に「奉公構」を出して他家に...続きを読む

Q養老令の仮寧令の内容を知りたい

http://wiki.okwave.jp/wikipedia/index/仮寧令

Aベストアンサー

こちらなどは如何でしょうか?

◆『国史大系 第1-17巻/経済雑誌社編/経済雑誌社/1897-1901』
「[第12冊]第12巻 令義解 類聚三代格 類聚符宣抄,続左丞抄」
令義解>(巻第九)假寧令第廿五 凡壹拾參條
147~148コマ/880(二百六十六~二百六十八頁)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991102/147

◆『令集解[第2冊]第2/国書刊行会編/国書刊行会/大正1-2』
「卷第四十闕  假寧令」
227~233コマ/256(445~457頁)
假寧令第廿五 凡壹拾參條
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/949630/227

◇養老令 假寧令
http://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/rituryou/yourou/yourou25.htm

見当違いなら御容赦下さいm(_"_)m


人気Q&Aランキング