作業療法の「効果」とは何なんでしょうか?

お答えいただくと嬉しいのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

再度失礼します。


効果=結果 ということなんでしょうか?に対して・・・。

例えば、脳卒中で、右半身麻痺になった人が、作業療法を実施した結果、身体面で説明すると、麻痺した筋肉の回復や、感覚の回復が効果として現れます。結果、車椅子使用者が歩行が可能になるなど。
骨折した人が、ギプス固定により、筋力が低下しているのでリハビリにより筋力の向上が効果として現れます。
言語障害(ここでは、上手く発語できない方にします)の改善・・・など・・・。
とにかく障害された運動能力の改善が、効果として現れます。
精神面で説明すると、うつ状態→情緒、気分の安定など・・・。
障害により理解力、集中力が低下してしまった方に対しても作業活動の中で訓練することで改善する効果が見られます。

う~ん、どれぐらい知識のある人かがわからないので、説明するのが難しい!
知りたかったことは、こういうことでしょうか?

具体例をいくら書いてもいいのですが、どんな分野かにより、いくつもありますので・・・。
すみません!説明が下手で・・・。わかりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
最近、作業療法について興味がありまして・・・。

これからも色々と質問すると思うので、また宜しくお願いします。

お礼日時:2001/05/24 00:25

はじめまして、作業療法士(まだまだ未熟者)です。


効果ですか?
簡潔にまず、作業療法を説明すると、
障害を負った人(身体障害者、精神分裂病患者、小児(脳性麻痺児など)です)に対して、今まで住み慣れた家庭・社会に復帰できるように援助するリハビリテーションのひとつの治療方法ですね。
作業療法の内容は、
身体的・心理的に機能を回復できるような訓練(作業活動)を実施し、実際の生活に結びつけるのです。
直接的な日常生活の諸動作(食事・更衣・排泄・整容・移動など)を、訓練することもあります。
対象者の状態・希望,社会的な背景などから具体的な目標を設定し、その実現のために様々なを訓練・指導をします。

385さんが感じたことかはわかりませんが、以前、作業療法の治療の場面を見た家族から、
「遊んでるの?」「その作業(手工芸)ですが・・・何につながるの?」
と言う意見を聞かれたことがあります。
上記で書きましたが、実際に生活に結びつく動作を作業活動(手工芸)を手段として治療していくんですよ。

簡単な説明ですが、理解していただけたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
作業療法というのは理解できました。
でも、作業療法の効果というのが未だわかりません・・・。
効果=結果 ということなんでしょうか?

お礼日時:2001/05/23 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング