来週試験を受けますが、銀行員の場合、商品単位で、自動車保険単位、疾病保険単位についも
試験を受けるのでしょうか、ちなみに会社からは、自動車保険、疾病保険のテキストについては
もらっていません。火災保険単位のテキストはもらいましたので、受験科目は基礎単位と商品単位は火災保険単位のみと理解していますが、受験されたかたおられますか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 担当する業務にあわせて資格を取る必要があると思います。


 テキストを火災保険だけ渡されているのであれば、今回の試験では、商品単位は火災だけと思います。
 ただ、銀行で自動車保険や傷害保険を扱っているところも増えていますから、試験を受けられている方も多いです。
 疾病・・・傷害疾病のことですね。

 基礎単位受験には、テキスト等の持込ができませんので、覚えて下さいね。
 商品もテキストは持ち込めませんが、試験画面の左側にテキストが表示されます。

 基礎単位は、自動車・傷害疾病・火災の基本事項を覚えていなければなりません。
 個人的には、テキストを参照できる商品単位の方が楽だった気がします。

 がんばって下さいね~~~。
 

 
    • good
    • 4

それは会社(銀行)の方針次第です。



この際4単位すべてとるように指示される場合もあります。
いずれにしても「基礎」は必須です。

銀行はローンの関係で必要な基礎と火災が必須という事でしょう。

なお、4科目全部受験ならまとめて4千円ですが、
ばらばらに受けると1単位2千円づつ取られますので、
一般の代理店は4単位とも同時に受験です。

それよりも受験の申し込みは誰がするのですか?
銀行が全行員分をまとめてしてくれるのか個人ごとに
申し込むのか、すべてネットで試験会場の席の確保を
行います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセゾン自動車火災保険が進めている地震保険について

セゾン自動車火災保険が進めている地震保険は、全労災で地震保険に入っていても災害発生時には、平行して支払われる、との説明がありますが如何なんでしょうか?
話を聞いた妻の説明では、他にも耳障りの良い言葉多い様ですが。
ご存知の方おられましたら教えてください

Aベストアンサー

火災共済契約・火災保険契約のそれぞれについて他の契約がないとして計算した共済金および保険金の合計額が損害額を超える場合は、その合計額が損害額を超えないように共済金を調整(減額)してお支払いすることになります。
(全労災、HPより)

損害保険会社も他の保険契約(共済)があれば、按分払いします。

Q店舗併用住宅の火災保険が住宅用の火災保険になっていた。

4年前位に、父が店舗を出すのにあたり、火災保険をかけ始めたのですが、その時点で、住宅専用の火災保険となっていたようで、それから継続という形で更新してました。
すると、今回の更新時に店舗用に切り替えないと保険が下りませんと言われました。いま勉強してみて、どうやら一般保険に入っていなければならないことは解りましたので、更新に伴い一般に切替るようにしたいと思います。

しかし、ここで腑に落ちないことが・・・、もし以前の保険内容で火災があった場合には、保険は下りてこなかったということなのでしょうか?
それとも、今までは下りたが、改正により下りなくなったということなのでしょうか?
もし前者だとすると、下りない保険をずっと支払いつづけていたということでしょうか?これって詐欺じゃないか?と思ってしまいます。
代理店も、店には何度も来ていますし、最初から店舗としていたので、知らなかったということはありません。
父とどういう話があったか知らないですが(当人も覚えていない)こういうことってありですか?

Aベストアンサー

今までの状態だったら…

別に商品改訂があったわけではありませんので、従来から「店舗併用住宅=一般物件」として契約するべきでしたし、業務内容・作業内容によっては割増も必要でした。今回の更改を機として間違っている契約を正そうということです。

もし間違った契約中に事故があったら…ということですが、大原則として保険の適用は受けられません。ただ代理店の落ち度ということが明らかであれば何らかの救済措置も絶対ないとはいえません。

ちなみに保険証券は毎年契約者宛に送られているはずです。交開示には火災保険申込書(契約書)に押印しているはずです。契約内容が間違っていた=100%代理店の落ち度とはいえません。

Q積和不動産の火災保険について。 火災保険が5月20日で満期を迎えます。 この日付までは補償責任がある

積和不動産の火災保険について。
火災保険が5月20日で満期を迎えます。
この日付までは補償責任があるはずなのですが、4週間前までに更新の手続きをお願いしますと書いてあります。
しかし注意喚起情報の欄には「保険料は補償責任開始日までにお支払ください。補償責任開始日は入金日以降となります」とあるのですが、この場合一ヶ月分はこちらが損するようになるのでしょうか?
それとも満期日直前まで待っても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

「」内にお書きの、「保険料は補償責任開始日までにお支払ください。補償責任開始日は入金日以降となります」は、「保険料を支払って初めて、保険契約が有効になる」という当然の“ルール”で、民間の保険では一般的な約款(やっかん=定型化された契約条項)です。

もしかして、“今日(4月11日)保険料を支払ったら、4月11日から5月20日までの分を、二重に保険料を支払うことになる”とお考えではありませんか。
そうではなくて、今日(4月11日)支払っても、その保険料は、5月21日から有効の更新後の保険の保険料です。『一ヶ月分はこちらが損する』ことはありません。

更新後の保険の保険料の支払いを『満期日直前まで待って』、万が一銀行のトラブルなどで、質問者様が保険料を支払ったことを、5月21日までに保険会社が確認できず、その間に保険事故(火災)が発生すると、保険金の支払いを巡って、話がややこしくなります。
契約内容の変更等をお考えではないなら、早めの支払いをお勧めします。

Q自動車保険に、ガン保険が付いてる商品があるらしいんですが

自動車保険に、ガン保険が付いてる商品があるらしいんですが

どこの商品かわかりません

教えて下さい!

Aベストアンサー

東京海上日動の「超保険」のことだと思います。

Q人身傷害保険、搭乗者保険、歩行者傷害特約、及び一般の疾病保険

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車に乗せていた人など)を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担された場合で、自賠責保険で支払われる金額を超過した金額について、保険金をお支払いします。
また、対歩行者傷害補償特約とは、対人事故の被害者が歩行者の場合に、被害者の損害額(人身傷害保険の支払い基準(注1)に基づいて算出される金額)が、対人賠償保険または自賠責保険等で支払われる保険金を上回るときには、保険金をお支払いします。(注2)
被害者に過失がある場合でも、対人賠償保険の保険金に上乗せして保険金が支払われるため、事故が円満、敏速に解決しやすくなります。 人身傷害保険を付保している場合に付帯できます。
(注1) 人身傷害条項の損害額基準
(注2) 対人賠償保険の保険金が支払われる場合
(対人賠償の被保険者が、法律上の損害賠償責任を
負担する場合で、自賠責のみの保険金支払となった場合を 含みます)に限ります。 」

となっています。対人も人身傷害もつけていて、歩行者傷害をつけてなかったために起きる不都合、というのはどういうケースがあるか、保険会社に問い合わせましたが、「個々のケースは一概に回答できない」とのことでした。本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車...続きを読む

Aベストアンサー

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・・」は歩行者側の過失分についてまで支払いをすることになります。つまりどんなに過失があろうともごねれば自分の過失分が消えることになります。ここがふたつの特約の大きく違う点です。

確かに事故処理の簡素化という点では有効だと思います。しかし「相手の過失分を自分の保険でカバーする」ということに納得できません。

これらの違いを理解したうえで、自分にとって特約が必要なのかどうかを判断するべきです。保険を売る側に「内容もお任せ」であればそれもいいとは思います。しかし「本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。」といった疑問を持つ限り、中身をよく理解した上で判断されるといいでしょう。同じ特約でもいろいろな考え方があります。

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報