シダ植物の維管束(茎)の図を見せていただきたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

シダ植物の維管束、参考URLの画像なんか分かりやすいかもです^-^



参考URL:http://www.art-kobo.co.jp/web_zuhan_kobo/html/pr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました^^
わかりやすかったです(∩´∀`)∩

お礼日時:2013/02/10 09:43

本物です、


http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/1- …

上記、下部辺、3枚の中、下2枚は1枚目の右に在る維管束の拡大図です。

シダ植物は、「木部」を「篩部」(此れが本字です、上記URLの 1-3-2参照)が取り囲む【外篩包囲維管束(がいしほういいかんそく)】とゆう維管束を持ちます。
写真の例は、「ホシダ」、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%B7% …
    • good
    • 0
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物の茎の維管束の配置について

双子葉植物では規則正しく並んでいるのに対し、単子葉植物ではばらばらなのはなぜですか?教えてください~

Aベストアンサー

 単子葉類の維管束は、放射状に散在しており、秩序正しい配列に見えます。ばらばらという表現には違和感を覚えました。内側には木部が外側には師部が位置しており、この点は双子葉類と同じです。
 双子葉類と単子葉類の維管束の配列の違いは、形成層の有無と深い関係があると思います。単子葉類には形成層がなく、肥大成長はできませんがヤシ科を除くほとんどすべての単子葉類は草本であり、木本に比べて一世代のサイクルが短いため、進化のスピードが速いという特徴を持ちます。
 この特徴のため、現在、単子葉類が繁栄しているのだと思います。維管束の配列の説明にはなっていませんが、参考までに答えました。

Qサフラニンでの染色について

ブタクサの茎をサフラニンで染色した後ファストグリーンで染色し観察したら
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/pict/amadokoro_kuki_ikansoku2.jpg
の画像みたいに維管束が染色されました。
サフラニンおよびファストグリーンは維管束のどの部分をどのように染色したのか教えてください。

Aベストアンサー

維管束の観察には,サフラニン・ファストグリーン(ライトグリーン)の二重染色が良く利用されます。サフラニンは核と細胞壁を赤く染めます。特に維管束の縦断面の場合には,道管のリグニンで木化しました二次細胞壁の螺旋構造等が濃色に(暗赤色に)染色され観察できます。

ファストグリーンはタンパク質が青く染まります。ですから細胞質を持った,維管束では生細胞部分が染まります。特に篩管の伴細胞等を染め分けるのに利用します。ファストグリーンは脱色の必要がほとんどありません。さっと流す程度にしないと染まったものが落ちてしまいます。何かの参考になりましたなら…

Q自由研究--野菜の維管束について--

野菜の維管束を調べる実験をしたのですが、アスパラガスは双子葉類なのか単子葉類なのかわからなくて。。
知ってる人、教えてください(><)
それから、
双子葉類→レタス・ダイコン
単子葉類→ネギ
であってますよね・・?!
教えてください。。

Aベストアンサー

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/jr5bun/rikajyugyou/ikansoku2.html

Qラットと人間の臓器の違いについて

先日、ラットを解剖したのですが、人間の臓器とラットの臓器の違いについての考察をしなければならないのですが思うように参考本やサイトが見つからなくて困っています。参考本やサイトなどがあったら教えてください。

Aベストアンサー

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記憶に残っている例を挙げてみます。ラットの肝臓ではP450?(すみません、はっきり覚えていません。)の働きがヒトより強いので、薬剤投与を視野に入れたヒトの疾患モデルとしての、毒性実験の時にラットを使うのはどうだろうか?という疑問が、ラットゲノムが解読された時に少し話題になりました。つまり薬物の代謝に違いがあるのに、ラットでの新薬の結果をヒトに適用してよいのか、ということです。

このような簡単なことでよろしければ、「ラット 臓器」で検索をかけてひたすら探せば、できないことはないです。
また、ご存じかと思いますが、PubMedなどの文献検索を使用する際は、ご自分の中である程度検索条件を絞り切れていないと、時間が無駄になります。

一つの臓器に質問を絞るなり、自分の考えを少し付け加えたりなどして質問の幅を狭めてもう一度、質問してみてはいかがでしょうか?

以上、長々と回答してしまい申し訳ないです。

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記...続きを読む

Q吸光度計にて 石英セルとガラスセル

抽出したゲノムDNAの濃度測定にて、吸光度計を使用して吸光度を調べる実験を最近行いました。そのとき抽出して希釈したDNAを石英セルに入れたのですが、そこで先生から
「石英セル以外にガラスセルやプラスチックセルもあるのになんで石英セルを使うの?」
という質問をされ、
「屈折率の問題で石英セルが一番適しているからです。」
と答えたのですが、
「それはプラスチックだけ。なんの不純物も入ってないガラスセルなら屈折率なんて問題にならないよね?じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?」
と言われ、そこでまったく答えらませんでした。調べたところ、ガラスより石英のほうが高価だから精密度がいい?といったものが出たのですが・・・違うようです。
なぜ、ここでは石英セルを使用するのですか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 学生時代に酵素の精製をしていて、「ゼロ合わせができません」と先生に言って大恥をかいた記憶があります。酵素ですから、測定波長は280nmです。40年も前のことですから、プラスチックセルはありません。研究上での恥のかき始めなので、今でも鮮明に覚えています。
 セルを超音波洗浄器で洗って、バラバラにしたこともあります。セルは、私にとっては、実験の最初の失敗。以後、失敗は数知れずですが、・・・。

>じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?
正解は、「石英セルのほうがいいではなく、石英セルでないと・・・」です。
 http://www.fujiwara-sc.co.jp/catalog/sel01.html
 石英セルは、可視部も紫外部も通します。ガラスセルでは、可視部は通すが、紫外部はほとんど通さないようです。ですから、石英セルで可視部を測るのは測定上は適正なのですが、破損の可能性を考えて(石英セルは1個1万円、ガラスセルは3000円ほどでした)、可視部はガラスセル使用というのが現実的です。
 当時は、石英セルには、セルの上部にスリガラスの線が入っているものが石英セルでした。今は違うようですが。

 「セルが壊れました」と実習学生が持ってきてくれると、『福沢諭吉がヒラヒラと飛んでいく』ことになります。貧乏な研究室の教員としては『実習をまじめにしなければ壊れることも無い』と思いつつも、顔は引きつりかけます。学生実習は、結果が分かりきっているので、当然プラスチックでしています。しかし、紫外部の測定に適したプラスチックセルは無いようで、「測定可」とした製品も文字のとおり可の状態で、石英セルのレベルではないとの業者の回答でした。

 セルで思い出すのは、吸光度を測定する2面透明のセルで蛍光を測定しているのを見ました。他の研究生の卒論生だったので、「測定するのは難しいのと違う」と声をかけましたが、その後どうしたことやら。

参考URL:http://www.fujiwara-sc.co.jp/catalog/sel01.html

 学生時代に酵素の精製をしていて、「ゼロ合わせができません」と先生に言って大恥をかいた記憶があります。酵素ですから、測定波長は280nmです。40年も前のことですから、プラスチックセルはありません。研究上での恥のかき始めなので、今でも鮮明に覚えています。
 セルを超音波洗浄器で洗って、バラバラにしたこともあります。セルは、私にとっては、実験の最初の失敗。以後、失敗は数知れずですが、・・・。

>じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?
正解は、「石英セルのほうがいいではなく...続きを読む

Q塩酸 なぜ あたためる?(細胞分裂)

タマネギの根の先端。。
細胞分裂の観察にて、塩酸につける場面があります。

この塩酸を60度のお湯につけて温めるというのですが、
どうして、あたためる必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

植物組織は多数の細胞が結合した塊です。これを顕微鏡で観察するには、ミクロトームという刃物で薄い切片にして観察するか、または質問のように細胞を解離してばらばらにしないと観察できません。

この解離とは細胞壁がペクチンと呼ばれる接着剤で結合しているものをペクチンを塩酸で分解して細胞をばらします。その際には温度を加えた方が反応が早く進みます。しかし、あまり温度が高いと細胞自体が破壊されますから60℃程度が最良なわけです。

QExcelを使ったはずれ値の検定

今、大学の卒論で水平方向でクロロフィル濃度を調べているものです。
私が計測したデータを処理するに当たって、私の主観ではなく根拠のある処理方法にのっとってはずれ値を抽出したいと考えています。
自力で色々と調べた結果、グラブス・スミルノフ検定を用いるのがよいと思ったのですが、Excelの中にはそれに対応した関数がありません。

外部のアドインソフトを用いれば可能なのですが購入するお金もなく困っております。

どなたかよい方法をご存知の方はぜひ教えていただきたいと思います。

※基本的にクロロフィル濃度のみではずれ値を出したいため、二軸のグラフなどは使用することができません。

Aベストアンサー

エクセルの関数に、グラブス・スミルノフ検定がずばり無いだけで、この検定に使う要素はエクセル統計関数にあるAVEDEVやSTDEV・・以下の関数が使えるのではないですか。
一度エクセルの統計関数の名前と機能簡単解説一覧をWEBから打ち出し、どれを使うか考えたら。
ーー
また
ユーザー関数という仕組み(VBA)があるので、順次段階的にそれらの関数を利用してできる(IFで場合分けも出来るが)ものなら、単独関数をまとめた関数を定義できますよ。
VBAの入り口ぐらいは勉強が必要だが。
ーーー
Googleで「グラブス・スミルノフ検定」で照会するのはやってみましたか。
http://software.ssri.co.jp/statweb2/sample/example_17.html
のようなものもあるようだ。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

Q棄却検定方法について

データ数が6個くらいで異常値を棄却したいときにはどのような棄却検定方法があるのでしょうか?
例えば,3,4,2,10,3,4というデータのとき10を棄却したい場合の方法を教えてください。

Aベストアンサー

Grubs検定というのがあります。

参考URL:http://www.miyakonojo-nct.ac.jp/~a/staff/sharada/statistics.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報