人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

先日、デロルトのキャブを手に入れたので愛車のCB250RSZにつけてみようと思っています。
どうやらアプリリアRS125のもののようです。
友人は4ストキャブに比べ2ストキャブはセッティングがシビアだ、と言いますが基本構造上特別な違いは無いようだし相性の問題じゃないの?って思うんです。
だいたい2スト用、4スト用なんて区分があるんでしょうか?

A 回答 (1件)

強制開閉式のスロットルバルブを持つキャブレターは2スト、4ストともに使えます。

ですが、負圧開閉式のキャブレターは2ストには使えません。

ですからお手持ちのキャブはCBに使えると思います。

ただし、インテークマニホールドはあるのでしょうか?
さらにデロルトのセッティングパーツはどのくらい入手可能か?

いろいろ大変だと思いますがシングルですしどうにかなるでしょう。
がんばってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!インマニの径は同じなんです。
セッティングパーツはイタ車のショップ探して何とかするつもりです。
シングルはイジクリ倒しても何とかなるので凄く面白いですねー。

お礼日時:2004/02/29 22:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Q正しいエアースクリューのセッティング

NS-1に乗っています。

どなたか正しいエアースクリューのセッティング方法を教えてください。
サイトによって違うので、こちらで質問しました。

どなたか詳しく教えてください><;

Aベストアンサー

NS-1と同じエンジンである、NSR50の調整方法を記しますので参考にして下さい。
(ホンダが公表している調整方法です)

------------------------------------------------------------------------------------
調整はエンジン暖気終了後に行う。

1、エアスクリューを軽く閉めこんだ状態より標準戻し回転数1回転だけ戻す。
  (標準戻し回転数1回転はNSR50の参考値)

2、スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転数にする。
  (NSR50の参考値は 1400±100rpm )

3、エアスクリューをゆっくりと左右に回して、エンジン回転の最も高くなる位置にする。

4.再度スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転にする。

軽くスナッピングを行い、繋がりやアイドリング回転に変動がないことを確認する。

変動が見られる場合は2~4を繰り返す。


参考資料:ホンダNSR50/80サービスマニュアル
------------------------------------------------------------------------------------

2サイクルの場合、そもそもアイドリングが安定していない為、
実際のところエアスクリューを回してみても、
なかなかエンジン回転数の変動が分かり難いと思います。

同様に、「回してもエンジン回転数の変動が分からない」という場合には、
とりあえず標準戻し回転数に合わせておけば、大きな不都合も無いと思われます。

回転数の変化があった場合でも、それが標準戻し回転数から大きく外れてしまう場合には、
他に問題がある事が考えられます。
ANo.1 さん、が書かれているように、標準戻し回転数±1/4 の範囲で調整してみて下さい。

また、NSRとNS-1は基本的に同じエンジンですが、セッティングの違いや
バイクの年式等により調整値が変わっている場合があります。

万全を期すのであれば、
ホンダの客相へ年式や車体番号を伝えて、
「規定アイドリング回転数」と「標準戻し回転数(エアスクリュー)」についての
正確な情報を問い合わせる事をおすすめします。

NS-1と同じエンジンである、NSR50の調整方法を記しますので参考にして下さい。
(ホンダが公表している調整方法です)

------------------------------------------------------------------------------------
調整はエンジン暖気終了後に行う。

1、エアスクリューを軽く閉めこんだ状態より標準戻し回転数1回転だけ戻す。
  (標準戻し回転数1回転はNSR50の参考値)

2、スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転数にする。
  (NSR50の参考値は 14...続きを読む

Q2スト、キャブ調整に詳しい方アドバイスを。

最近、バイクに乗り始めたばかりの者です。

解らないことばかりで教えて欲しいのですが…

車種は250Γです。

社外チャンバーを購入したので、自分で取り付け、キャブ調整を試しています。

JNの段数を変えたり、MJをノーマル時の260番を濃い方向の290から試し始めてみました。

結局、自分でこれでいいかな?と感じたのは、JNは標準位置、MJは280番(焼きつきが怖いのでMJは濃い目かもです)にしました。

町乗りでは6~7000回転付近で、少し引っかかるような感じですが、レッドまで、回りますので、この状態で行こうと思っていたのですが、今日、ツーリングで奥多摩周遊道路を走ってみたのですが、上っていくにつれて6~7000からエンジンが回らなくなりました。
フルアクセルでも回転がなかなか上がらず非常に運転しにくかったのですが、下るにつれて、この症状がなくなり、平地では、町乗りの状態時に戻りました。

この状態は、何が原因と考えらますか?
MJが濃いのでしょうか?

ノーマルチャンバーがやはり1番なのでしょうが、せっかく購入したチャンバーですので、もう少し社外チャンバーで走ってみたいです。
詳しい方、アドバイスお願いいたします。

最近、バイクに乗り始めたばかりの者です。

解らないことばかりで教えて欲しいのですが…

車種は250Γです。

社外チャンバーを購入したので、自分で取り付け、キャブ調整を試しています。

JNの段数を変えたり、MJをノーマル時の260番を濃い方向の290から試し始めてみました。

結局、自分でこれでいいかな?と感じたのは、JNは標準位置、MJは280番(焼きつきが怖いのでMJは濃い目かもです)にしました。

町乗りでは6~7000回転付近で、少し引っかかるような感じですが、レッドまで、回りますので、この状...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
お礼ありがとう
今年で50の、おっさんです
30年以上の経験上の、お話ですが、自分は4Stはファンネル派です
2StはBOXを付けてスポンジ(フィルター)は付けてませんが
トラブった事は1度もなかったです、整備も好きなのもありますが・・
試験的に今のままのセッティングで、スポンジだけ外して乗ってみては
いかがでしょう?変化が体感出来れば、チューニングの方向性が
見えてくるとおもいます。
迷ったら全てノーマルに戻し1つずつ替えていきましょう、
2つ以上同時に替えると訳が判らなくなりますので。。
Γ良いバイクです地道に一歩ずつ根気よく、大切に乗って下さい。

以下余談ですが
VΓだとしたら排気バルブシステムにガタが出るとピストンに引っかかって
ご臨終になるので注意が必要です。
ちなみにH車は、つまんないノーマルに限りますねー
多々色んなバイクに乗りましたが
自分はKAWASAKI乗りです(≧∇≦)/
車はSUZUKIジムニー(≧∇≦)/

Q2サイクルと4サイクルエンジンの違いは

原付50ccバイク購入を考えている者ですが、エンジンに2サイクルと4サイクルがありますがこの両者が持つ長所や特色の違いを教えてほしいのですが、特に山道坂を30分ぐらい上がって降りる性能・加速性能・騒音とかです。

Aベストアンサー

明らかに間違った情報を発しておられる方もいる為、混乱を避ける為に回答しようと思います。

「2ストor4ストエンジンの50ccの原付バイク購入検討で山道での性能が気になる」という事ですが、スクーターかマニュアルシフト(MT)式かでも相当違った印象が出てきます。

その前に、まずエンジンの機構上の違いですが、
4サイクルエンジンは、2回転で1回の燃焼が行なわれます。それに対し、
2サイクルエンジンは、1回転で1回の燃焼が行なわれます。
単純に考えて、2サイクルエンジンは4サイクルエンジンの2倍のパワー&トルクが得られる事になります。
また、2サイクルエンジンは4サイクルエンジンの2倍、燃費が余分にかかる事になります。

エンジンの構造は2サイクルエンジンの方が簡単な構造になっており、燃焼効率的には不利になっています。
その為、2サイクルエンジンは4サイクルエンジンより燃費が2倍近く悪いが、パワー&トルクは2倍までは良くありません。
ただし、最高出力的な話では規制も関わってきますので、上限値があります。

また、騒音に関してですが、2サイクルエンジンは高音の排気音になり、4サイクルエンジンは低音の排気音になります。
人間は、数値的には同等の騒音値だとしても高音の方が耳障りに感じる傾向が高く、その為、2サイクルの方がうるさいと思われがちになります。

エンジンオイルに関してですが、4サイクルオイルは定期的に交換する必要があります。
2サイクルオイルはガソリンと一緒に燃焼してしまいます。
その為、排気ガスが白い色になります。
そして、細かいオイルの粒子をマフラーから噴き出します。
ノーマルのスクーターであれば、これが気になる事は少ないですが、MTのバイクであれば着ている物や後続の車などを汚す原因になる事があります。
この2サイクルエンジンのオイルは、ほとんどのバイクは専用のタンクを持っており、バイクが自動的に混合するので、ここに忘れずに補充しておくだけで良いです。
ガソリンとの混合油を直接作る手間があるバイクはごく一部です。

スクーター同士のパワー比較であれば、4サイクルのスクーターはハイパワーをうたう2サイクルのスクーターには全くかないません。
発進加速も、高回転の伸びも、坂道の登りも、下りも、かないません。
ただし、最高速度的な話にも規制が関わってきますので、速度上限があります。

2サイクルスクーターよりも高回転で更にパワーがあるのが、MTの2サイクルバイクです。
しかし、低回転では全くパワー&トルク感が無く、高回転を多用して走る技術が乗り手に要求されます。
これに対してMTの4サイクルバイクは、高回転では2サイクルに及びませんが、低回転でもパワー&トルクがある走りが出来ます。
ただ、どちらにしてもMTのバイクでは、上りでは左手、右手と左足が忙しいでしょう。

総合的には2サイクルのハイパワーのスクーターが、一番楽でしょう。

明らかに間違った情報を発しておられる方もいる為、混乱を避ける為に回答しようと思います。

「2ストor4ストエンジンの50ccの原付バイク購入検討で山道での性能が気になる」という事ですが、スクーターかマニュアルシフト(MT)式かでも相当違った印象が出てきます。

その前に、まずエンジンの機構上の違いですが、
4サイクルエンジンは、2回転で1回の燃焼が行なわれます。それに対し、
2サイクルエンジンは、1回転で1回の燃焼が行なわれます。
単純に考えて、2サイクルエンジンは4サ...続きを読む

Qハイスピードプーリー組む事によるメリットデメリット

50CCの原付にハイスピードプーリー組む事によるメリットデメリット教えて下さい。

あと、上記品物に純正のウェイートローラーでも違いは分かりますか?
燃料調も必要になってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にエンジンのパワーを上げない限りと、ただのギヤ比を変えてるだけに過ぎません。簡単に言うとどの範囲を使うかになります。

エンジンのパワーを上げるには。50ccのままなら
ガソリンを食わしてやることです。そうなるとやることはたくさん出てきます。吸気や排気、ガソリンとオイルの量などそれにともなう耐久性など課題はおおいです。

低速を少し上げるには
軽量クラッチを使ってパワーロスをなくすことはできます。このとき、ウエイトローラーのセッティングが軽いものに変わるので、おおよその重さのローラーを買い集めて自分でセッティングを出さないといけません。

遠心クラッチのバネを強くするだけでは。飛び出しが強くなるだけでさほどかわりません。つながりにもラグがでますし

40キロの谷はローラーを新しいのに買えればよいです、あとベルトが減ってくると最高速が落ちます。
強化ベルトというものも売ってます。

片減りするのはなぜ決定的にはわかりませんが。多分同じ位置にローラーが居続けて(全開時が長いとか)、そこに癖がついてしまうと私は思ってますが。

基本的にエンジンのパワーを上げない限りと、ただのギヤ比を変えてるだけに過ぎません。簡単に言うとどの範囲を使うかになります。

エンジンのパワーを上げるには。50ccのままなら
ガソリンを食わしてやることです。そうなるとやることはたくさん出てきます。吸気や排気、ガソリンとオイルの量などそれにともなう耐久性など課題はおおいです。

低速を少し上げるには
軽量クラッチを使ってパワーロスをなくすことはできます。このとき、ウエイトローラーのセッティングが軽いものに変わるので、おおよ...続きを読む

Qニードルジェットとジェットニードルの違いについて+α

ニードルジェットとジェットニードルの違いについて、教えてもらえませんでしょうか?

あとパイロットジェットとスロージェットとは同じ意味なのでしょうか?

よろしくおねがします。

Aベストアンサー

ジェットニードルはメインジェット内部に挿入される部品で、メインジェット出口付近の断面積を円錐状のニードルで連続的に変える形式のジェットの円錐状の針の部分でニードルジェットはこの形式のニードルおよびジェットを含めた呼び名です。ニードルジェット形式の構成部品としてジェットニードルがあると考えてください。

ニードルジェットを用いるキャブレターは可変ベンチュリー型のキャブレターで、このタイプのキャブレターでは過渡的な状態をのぞけばベンチュリー部分で発生する負圧は一定の状態に保たれるため、燃料の増減をジェット内にニードルを設け、その移動によって有効断面積を変化させることで供給される燃料を増減して、適正な空燃比に保つ必要があります。原付など小型のものでは、スロットとベンチュリーがワイヤーなどで直結されたタイプ(VM型など)が多く用いられ、ある程度大きなエンジンではエンジンの負圧によって動作するダイアフラムやバキュームピストンによって動作させるもの(CV型やSU型)が用いられます。

ジェットにはニードルを用いない形式(2輪車用としては少ないが・・)もありこの場合はニードルジェットではなく単にメインジェットと呼びます。

パイロットジェットとスロージェットは同じ物です。通常このジェットの働く領域での空燃比の調整はジェットの交換で行う事は少なく、スローエアブリード(一般にエアスクリューと呼ばれている)の調整によって行います。アイドル回転数の調整はスロットルストップスクリューで行うためアイドリング状態では両方のジェットから燃料が供給されている状態です。

一般的なアイドリング調整の方法で、スロットルストップスクリューで規定値に調整した後に、エアスクリューを回し回転数が最も高くなる位置(空燃比が最適な部分)を見つけ、再び度回転数の調整およびエアスクリューの調整を繰り返し最適な状態を見つけるのは、このような構造(アイドル回転時には両方の系統が動作するためどちらか過と方を変更すると両方に影響が出る)のためです。

ジェットニードルはメインジェット内部に挿入される部品で、メインジェット出口付近の断面積を円錐状のニードルで連続的に変える形式のジェットの円錐状の針の部分でニードルジェットはこの形式のニードルおよびジェットを含めた呼び名です。ニードルジェット形式の構成部品としてジェットニードルがあると考えてください。

ニードルジェットを用いるキャブレターは可変ベンチュリー型のキャブレターで、このタイプのキャブレターでは過渡的な状態をのぞけばベンチュリー部分で発生する負圧は一定の状態に保た...続きを読む

Qアクセルを放しても回転が落ちない!

パワーフィルタとマフラーを社外に交換とキャブのOHの後の事です。
アクセルを回して、高回転になってアクセルを放すと回転が落ちない時があります。アクセルワイヤを確認して油を挿し、キャブもOHして洗浄しました。それでも問題は解決しませんでした。おそらく、キャブのエアスクリュとスロージェットの設定で、混合比が濃いのが原因だと思いますが、何分、自分は初心者なので知識が豊富な方のご意見を承りたいと思います。バイクはHONDAのGB250クラブマンです。
スロージェットの番数UPとエアスクリュの調整でこの問題は解決するのでしょうか?またスロージェットの番数は何番ぐらい上げるのが目安でしょうか?
知識のある方、ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクセルを回して、放すとアクセルは戻るのですか?
アクセルパイプの戻りが悪いだけ、なんてことないですよね?
回転が落ちない時はずーっと落ちないのですか?

パワーフィルターやマフラーの交換と回転が落ちないことは
関係ないと思います。2次空気を吸っているような気が
します。キャブはインシュレーターにしっかりはまって
いますか? そこのバンドはしっかり締まってますか?

一般論ですが、250ccクラスの単気筒車でパワー
フィルターとマフラーの交換をすると、キャブのメイン
ジェットを10番程度アップさせれば良いと思います。
それでもまだ調子悪いようでしたら、ジェットニードル、
スロージェットをワンランク濃くしてみて下さい。

Q2ストマフラー(チャンバー)のしくみ

2ストのマフラーは大きく分けるとエンジン側から
エキパイ、ダイバージェットコーン、ストレート部、コンバージェットコーン、テール、サイレンサー
となっていると思いますが、各部の長さや角度とエンジン出力特性の関係を詳しく教えてください。
(1)高回転型になる特徴、(2)パワーバンドが広くなる特徴を、できればそれぞれ影響度が大きい順にお願いします。
ワンオフ製作を考えていて、デザインと性能のバランスを考えたいのです。もちろんバイク屋さんとも相談しますが自分でも納得し分かった上で相談したいし、任せっきりにしたくないので詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず先にいっておきます
1と2の両立するようなチャンバーは作れません
よく言う「台形パワー」は馬力規制のために最高出力を電気的にカットした後のメーカーの苦し紛れの言い訳です



簡単な計算方法
L=ExT×42545/rpm
L=チャンバー長さ。
シリンダ排気ポート端面からコンバージェントコーンのテーパー中間までの長さ。

ExT=ピストン上死点から、排気ポートが開き始める所のクランク角度、さらにそのクランク角度に90を足した値 。

rpm=エンジン最高出力回転数


この長さを基準に、ダイバージェントコーン、ストレート、コンバージェントコーンの
長さ、太さを好みの寸法を決める

太さ、テーパー角度、長さでパワー特性がほぼ決まる
エンジン回転数が変化あったとしても、チャンバーの形は一定ですので、どのような特性を持たせるかが重要な部分です。
たとえ、パワー重視にしたとしても、パワーバンドが極端に狭くてトルク感の無いものになってしまい、結果として実用性がありません

エキパイを長く、チャンバー容積(つまりは太さ)が大きければ大きいほどトルク型(長くて太い)パワーバンドも広くなるがピークパワーは稼げない。
エキパイを短く、チャンバー容積が小さければ小さいほど高回転パワー型になります(短くて細い)ピークパワーは稼げるがパワーバンドが狭くなる



エキパイの長さ
燃焼ガスを吸い出すタイミングを決めます
長くなればなるほど吸い出すタイミングが遅くなり低回転に有利。
短いと高回転でその効果を発揮しますが低回転ではスカスカになる

ダイバージェントコーンのテーパー
テーパー(広がり方)が急になればなるほど負圧波の吸力も強くなるが、急すぎると流速が落ちて意味無し

ダイバージェントコーンの長さ
長いと負圧波が長くなり、燃焼ガス吸い出す時間を長くできる、短いと逆。

ストレートの長さ
吹き抜けてきた新気を押し戻すタイミングを決める、エキパイとは逆
長くなればタイミングが遅れて低回転向き、逆に短いと低回転では不利だが、高回転でその効果を発揮します。

コンバージェントコーンの長さ
長いと撥ね返る衝撃波を長くでき、吹き抜けた新気を戻す時間も長くでる。短いと逆

コンバージェントコーンのテーパー
テーパーが急だと撥ね返る衝撃波も強くなり、押し戻す力が強くなる。

テールパイプ
極端に長くしたり細くしたりするとコンバージェントコーンの一部分のような感じになり、影響でてきます


サイレンサー
サイレンサーの吹き抜け具合でも影響が出てきます
グラスウール巻いたストレートのほうが何も考えずに手っ取り早いでしょう
長さの影響は極々小さな影響しか出ないため、あまり考えなくて良いと思います
デザイン重視で良いと思います

本当は、ピストン直径や燃焼温度、チャンバーを通過する時の排気温度を測定して流速を求めて寸法を出すんですが、はっきりいってメンドウですのでここでは解説しません、ってか私もそこまで詳しくありません。
ちまちま計算するよりもノーマルをお手本に寸法を割り出すのが近道かと思います、又は既製品のチャンバーを買ってきて、寸法測るとかなり参考になります
ノーマルってのは非常に良く出来ていて、低回転から高回転、燃費等の一番つりあったところで寸法を出しています

本格的なレース用のチャンバーを見ると分かりやすいのですが、短くて細いものが多く見受けられます
排気量にもよりますが小排気量(50cc等)のものは、スイングアームの下あたりにサイレンサーがきてたりするくらい短いです



チャンバーばかりに目がいきやすいですが、意外とエキパイの滑からさも重要です
急に曲がる部分ですので、大きめにカットした板を溶接すると、カクカクと曲がってしまいます
それって性能に大きく影響するんです
出来れば細かく何段階にも分けて出来るだけ滑らかな曲線を描くようにしてください
又、チャンバー~サイレンサーまでは出来るだけまっすぐに作ってください
車体のレイアウト上無理な場合もありますが、できる限り頑張ってください


ちなみに、***ジェットコーン と言う方が非常に多いんですが、正式には、***ジェントコーン です

まず先にいっておきます
1と2の両立するようなチャンバーは作れません
よく言う「台形パワー」は馬力規制のために最高出力を電気的にカットした後のメーカーの苦し紛れの言い訳です



簡単な計算方法
L=ExT×42545/rpm
L=チャンバー長さ。
シリンダ排気ポート端面からコンバージェントコーンのテーパー中間までの長さ。

ExT=ピストン上死点から、排気ポートが開き始める所のクランク角度、さらにそのクランク角度に90を足した値 。

rpm=エンジン最高出力回転数


この長さを基準に、ダイ...続きを読む

Qアイドリングが下がりません…

中古でNS-1を購入しましたがアイドリング時に4000rpm程あり、これは高すぎると思い調節しました。
キャブのアイドルストップスクリューをギリギリまで緩めたのですが3000rpmぐらいまでしか下がりませんでした。
他にアイドリングを低くする方法、下がらない原因があれば教えてください。
標準の1500rpmまで下げたいと思っています。

当方初心者であまり詳しいことはわかりませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

スロットルストップスクリューはキャブのバルブの一番下がる位置を決定するねじです。エンジンをかけないで、スロットルを開閉すると戻したとき、キャブのなかのバルブについているバネの働きで、カツーンという音がするはずです、ワイヤーの潤滑ができてなければゆっくり戻ったりコツンという音さえしないかもしれません。とにかくスロットルが戻っておれば、全閉なのでスロージェットとパイロットエアだけではホンダはエンジンが止まってしまう設定です。(スロットルは全閉させない)回転があがっているということはしまっていない証拠です。
アクセルも遊びを調整する部品が絶対ついています。(改造していようが、いまいが)これがなければ、スロットルワイヤーとは呼びません。
グリップからワイヤーまでじゅんぐりにCRC5-56でも流し込んで様子をみてください。(なお、CRC5-56なんかとんでもないという方がいらっしゃれば、詳しい方なので、だたで直してもらえる可能性大なので期待すればいいとおもいます)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング