以前から借り入れして返済もしていましたが、借り入れ始めたのが平成13年度の半ばから
合計で70万まで借り平成24年度の半ばまで返済していました。
まだ完済してません。月々2万程ずっと返済していました。
残金が未だ40万程あります。
最初に50万まで借り入れして、金額増加してもらいMAXで70万まで借りました。
そこから払い続けて現在に至ってるわけですが弁護士さんに相談したところ60万位の過払い金
があるそうです。
ざっと換算したら月々2万の返済で1年24万11年で264万の計算?で残金が40万という事は
11年で30万払った計算ですよね?
過払い金額が60万て少なくないですか?しかも残金40万あるなら手元には少々しか残らないですよね?
弁護士さんが計算してくれてるので間違いはないと思うんですが、どうも腑に落ちません。
他の弁護士さんにも相談する方がいいのでしょうか?思っていた金額よりも随分少ないので
悩んでいます。
他に間違いの無い全額(過払い金)を取り戻してくれる、いい弁護士さんいないでしょうか?
過払い金はこの位の額なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No2です。



過払い金60万円は過去に多く払った(払いすぎた)利息額のことでしょう。この60万円から弁護士が報酬を受け取り(金額はわかりませんが…)、残りがご質問者に返ってくる金額です。借金完済後の金額ではないと思います。

その金額で元金(借金)を完済できるかもしれませんが、手元には全く残らないと思います。今までどおり月2万円の返済のままでもいいと思いますが、もう利息を払うのはバカらしいでしょうし…。

結論として、過払い金60万円-弁護士報酬-借金返済=手元に0円(借金完済)。

ちょっとがっかりな感じだと思いますが借金がきれいに無くなれば、今までの月2万円が返済から貯金に変わります。そうしたら11年で264万円貯金ができるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます
手元には戻らないんですね
70万借り264万払い残りが40万位って恐ろしいですね
11年も払って・・・
借金て恐ろしい

お礼日時:2013/02/05 23:20

その程度の過払い金かもしれません。



簡単に言えば、過去の金利が28.2%(年利)で、2010年6月から18%(年利)になった。その過去に多く払った利息と今の利息の差額の部分を返してもらうことでしょう。

具体的な計算は『取引履歴』が無いのでわかりませんが、概算で年利28.2%は月利2.35%(28.2%÷12カ月)で、年利18%は月利1.5%です。

最初のころ、借り入れ70万円で月2万円の支払いだと、

年利28.2%…返済額20.000円-利息16.450円=元金返済3.550円  (借入金700.000円×月利2.35%=利息16.450円)

年利18%…返済額20.000円-利息10.500円=元金返済9.500円  (借入金700.000円×月利1.5%=利息10.500円)

この利息の差額の5.950円(=16.450円-10.500円)が過払い請求できる金額です。

支払額の返済はリボ払いなので、毎月の借入残高に対して利息がかかるので、翌月は少し元金が返済された分だけ利息も減ります。

つまり最初のころでも、5.950円×12カ月=71.400円弱。10年で60万円というのは間違いないのではないかな。

戻ってくる金額が少ないのは、借入額に対して返済額が少ないので、なかなか元金が減らずに長期に渡って返済しているからだと思います。

過払い金の引き直しガイド

http://xn--n8j502mj3prgnmmhokc.com/essential/ins …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます
過払い金とは残金を無くしてから戻る金額の事ですか?

お礼日時:2013/02/05 19:11

まず、過払い金とは実際に払った利息と法定利息の差です。

元本の返済とは関係ありません。
50~70万の平均60万を当時の利息29.8%で借りていたと仮定します 法定利息が10万未満が20% 10~99万が18%ですから平均で18.3%となり 過払い分は11.5%で 金額にする年6.9万円くらいで11年を掛けると70万以上になります。しかし 去年まで借りているということは 利息は数年前から法定利率に変更されているはずですから ここ数年間分は過払い金は発生していないでしょう、それを考慮すると60万は妥当でしょう。
そして、弁護士等に頼むと15~20%は手数料として引かれますから 実際に戻るのは50万以下です。
これは ごく大雑把な計算で 実際の借入額により違うかもしれませんが 当たらずといえども遠からずだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございました
そうなんですか?
期待していた額より随分減っていたもので・・・
まだ残金が45万残っているのです。
過払い金ー残金=手元の来る金額でしょうか?
それとも過払い金とは、すでに残金を無くし手元に入る金額なのでしょうか?

お礼日時:2013/02/05 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過払い金の返還までの期間

3ヶ月前に、弁護士さんに過払い返還の請求を依頼しました。
過払い金額を分かったらすぐメールを入れる約束でしたが、現在までに金額の提示がありませんでしたので、私の方から催促のメールをしましたところ、合計7社のうちの、2社分の金額を知らせてきました。
今弁護士さんが、相手と、どう交渉中なのか?どこまで進んでいるのか?全く知りません。
また合計過払いが幾らかも知りません。
そんなものでしょうか?
完済後の過払いです。
実際に過払い請求をした方で、過払い金の返還までの期間はどれぐらいかかったのでしょうか?
弁護士さんに依頼したら、返還金が戻るまでの間、途中経過の連絡とかはないのでしょうか?
私の振込口座番号も聞かれてません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)履歴を受け取ります。
(2)利息計算をします。
(3)相手方に請求します。
 ※だいたいこの辺で返事が来るまでに時間がかかります。ひどいところだと通知書を送っても無視。決済の都合もあろうかと思って2週間ぐらい待っても連絡がないのでこちらが連絡しても「担当者から折り返し」を何回も繰り返して何ヶ月も担当者とは音信不通・・・。
(4)電話交渉で話がまとまれば示談書を取り交わします。この場合は入金は1ヶ月ぐらい先になります→順調にいっても受け取れるのは(1)から2ヶ月程度ですね。
(5)音信不通だったり、むこうの提示額が雀の涙だった場合は交渉決裂で過払い金の返還訴訟を提起します。訴状を出してから初めの法廷が開かれる日まではおよそ1ヶ月(7,8月は夏期休廷が入るので2ヶ月先のことも・・・)。
(6)第1回目の法廷までに相手方が折れてきて示談が成立することもあります。そうするとここから入金まで1ヶ月・・・→(1)から3~5ヶ月くらいでしょうか。
(7)第1回目の法廷で相手方が争ってくると第2回目の期日がまた1ヶ月後。。。終わるまで時間がかかります→(1)から半年は最低でも・・・。

仕事をしているとざらっと、こんな感じです。
過払い請求が増えているらしく、会社によっては担当部署に電話が通じない事もあります(何日も話し中。。。電話下さいの伝言も残せない)。
また、請求が多くて苦しいのか「返済は6ヶ月後に」とか「待てるか~!」という返事をしてくる業者もあります。「10回分割返済にしてください」とか・・・こんな主張は認めませんけど。。。

まぁ、ご参考までに。
弁護士は逐一報告が好きな先生と、きっちり依頼された仕事を片付けてからまとめて明確な報告が好きな先生といろいろいます。
あまり、悩まれず不安だったら「全部の現状を教えてください!」と都度都度申し出ればいいと思います。
たとえば骨折とか大きな怪我で病院にかかっていたら、「骨、くっつきましたかね?」「ギブスいつとれます?」って普通に聞きますよね。そんな感じでどうぞ。
弁護士って社会生活上のお医者さんですから。

(1)履歴を受け取ります。
(2)利息計算をします。
(3)相手方に請求します。
 ※だいたいこの辺で返事が来るまでに時間がかかります。ひどいところだと通知書を送っても無視。決済の都合もあろうかと思って2週間ぐらい待っても連絡がないのでこちらが連絡しても「担当者から折り返し」を何回も繰り返して何ヶ月も担当者とは音信不通・・・。
(4)電話交渉で話がまとまれば示談書を取り交わします。この場合は入金は1ヶ月ぐらい先になります→順調にいっても受け取れるのは(1)から2ヶ月程度ですね。
(5)音信不...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報