人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

カーモデルを製作中です。ボディ塗装をしてかるくクリアーを吹いてデカールを貼りました。
ボンネット部分に塗り分け部分があるのでマスキングをして、次の日にラッカースプレーを吹いたのですが、見事に失敗。マスキングの下に塗料がまわるわ、マスキングテープののりは残るわで泣きそうです。被害はボンネットの一部なのですが、再度全塗装しかないでしょうか?なにかリカバーできる方法ありますか?

A 回答 (3件)

どの程度、回ったかによりますね


少量であれば、綿棒にエナメル溶剤を浸し、根気よく擦ります
(溶けて拭き取るではなく、少しずつ塗膜を削る感じですね)
それでもダメな時は、再塗装しかないと思います

あと、クリアーですが、デカールのシルバリング現象を防ぐ為に
塗装後に光沢クリアーを吹き付けるのは有りだと思います

私もAE92を作った際、塗装後に光沢クリアーを吹き付け、デカールを貼り
その上から光沢クリアーを吹き付け硬化後に水研ぎ(×2セット)をし
コンパウンドで仕上げました
「塗装失敗しました」の回答画像3
    • good
    • 2
この回答へのお礼

エナメルですか。勉強になります。試してみます。
AE92きれいに仕上がってますね。
私も乗ってました。なつかしいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/08 21:39

やった事はないけど・・・・・


目の細かい紙やすりで色を落とす。
で平らになってから再度塗る。

まぁ綺麗に仕上げたいなら
諦めて全部塗装を落とした方が良いよ。

余談として
ラッカーの吹きつけ位置が近すぎたのが
原因じゃないのかな?
マスキングテープのノリが残る?
まだもしかしたらクリアが乾ききってなかったのかも?

NO1様が回答されているように
クリアは研ぎ出しをしない場合には
最後に吹きつけるようにした方が良いよ。

私だったら・・・・塗装全部剥がして
塗装する楽しみが増えたと
気持ちを切替えて塗装しなおします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が一番ショックだったのがマスキングののりが残ったことです。
マスキングを失敗したことよりショックでした。
「うそやろ!」って愕然としました。
クリアは一週間以上は乾燥させましたので問題なかったと思います。
とにかくだめもとでヤスッてみます。
だめならやり直せばいいだけですもんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/08 21:16

塗装してクリアーしてを続けたら最後決め手が無くなるから最後に私はクリアーします!!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

クリアーはシルバリングを抑えたかったからなんです。
最後は砥ぎ出しでしあげたかったので。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/08 21:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラモデルの塗装を剥がしたいのですが…。

子供の頃に作った物や、オークションで購入したジャンク品のプラモデルを再塗装したいと思っているのですが、塗装を洗い落とすにはどんな溶剤を使うべきでしょうか? ペーパーで削り落とすのは結構面倒なので、うすめ液(クレオス)に浸け置きして置こうかとも考えましたが、こんな事するとプラスチックに悪影響がありそうなのですが大丈夫でしょうか?

ちなみに、再塗装したいプラモデルには、タミヤアクリル塗料や水性ホビーカラーが使われています。(一部ラッカー系やエナメル系もあるかも。)

ご回答、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いや、Mr.カラーのうすめ液に漬けるくらいじゃプラはそうそう溶けないっすよ。実際にうすめ液にランナー漬けといた事あるけど、1週間程度じゃ溶けはしなかった。ただ、変質したかどうかまでは確認してませんけど。少なくとも一晩も漬けとけば塗料は落とせる状態になると思います。それくらいなら確実に「溶けて得体の知れない物体になる」ような事はないでしょう。

こんなページも発見しました。
「漬け置き洗い」の項目を参考にしてください。
http://www.shoi.org/pramo/work/main_3.html

塗膜は厚くなれば厚くなるほどダルくなりますし、ヤスリかけて落とす方がエッジがダルくなる可能性が高いですから、私は上塗りやヤスリがけで全部落とすのはオススメしません。

Qプラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください

プラモデル初心者です。
プラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください。
2度塗りする時期がわからず困ってます。
タミヤのエナメルカラーとMrホビーのラッカー塗料を主に使っています。

Aベストアンサー

ラッカー系の場合、半時間も置いておけば、触れる程度にはなります。マスキング作業をするなら2時間程度。研ぎ出し等は数日置いた方が良いでしょうが。
エナメルカラーの場合…色の種類によって違ったりします。それこそ、永遠にベタベタな状態になることもあるので(特にメタル系)、油断できません。墨入れ程度なら数時間でOKですが。ツヤがある塗料の乾燥は遅いので注意。

ついでに。アクリル系は厳密には乾燥しません。完成品をティッシュにくるんで箱に入れて保存…なんてことをしたら、次回取り出すときには見事なミイラに。

Qプラモ窓枠塗装失敗!対策は・・・

黄色のFD(RX-7)のプラモデルを作っていたのですが、後半に差し掛かったところで、窓枠塗装をしておりました。つや消し黒で筆塗りをしていたのですが、マスキングが甘かったせいか、はみ出てしまいました。少量の被害のところもあれば、少し大きいところもあります。このような場合、どのように修正すれば良いでしょうか??
私は、窓枠の周辺部分以外をマスキングして、サフ(必要かな?)→下地の白→本塗装という手順でやればいいのかと考えますが、自信がないので教えていただけると大変助かります。
失敗してはみ出た色をとにかく消したいです。黄色のみを上から塗っても隠せませんよね?

Aベストアンサー

カーモデルはあまり作りませんが、飛行機モデルは40年以上作り続けている中年モデラーです。

飛行機キットにもキャノピー(風防)の透明パーツの窓枠塗装があり、昔の日本機(零戦などの大戦機)は窓枠の多さに苦労させられ、失敗することもしばしばです。

はみ出した塗料が少量なら、爪楊枝でそぎ落とす感じで、ゴリゴリすれば塗料を落とせます。その時、爪楊枝に使った塗料と同じ系統の薄め液を塗布して使用すれば若干作業も捗ります。(注:エナメルシンナーは絶対に使用しないで下さい。透明部分が白く濁ってしまい、修復不可能になります。)

大量にはみ出して爪楊枝では埒が明かない場合は、サンドペーパーで剥がすしかありません。勿論、透明パーツは傷が付きますが、これはある程度の修正が出来ます。まず600か800番程度の耐水サンペではみ出した塗料を落とします。その時、問題ない部分はテープかなにかで保護しておいて下さい。塗料が取れたら、次に1000番・1200番・2000番と徐々に目の細かいサンペで研ぎだします。(サンペの番目は10000とか20000とかありますが、そこまでは必要ありません。)

サンペの研磨傷が細かくなったら、あとはコンパウンドで磨いて下さい。コンパウンドにも粗め・中目・仕上げ用と種類がありますので、徐々に細かい物で研ぎ出せば、透明部分はほぼ元通りになります。かなり面倒な作業になりますが、はみ出した塗料が大量の場合はこの方法以外にありません。(電動バフがあれば作業効率はアップしますが、お金も必要です。)

ここまでで、これならメーカーに部品請求した方が良いとか、新たにキットを買った方が良いとお感じでしたら、その判断は質問者さんにお任せします。

カーモデルはあまり作りませんが、飛行機モデルは40年以上作り続けている中年モデラーです。

飛行機キットにもキャノピー(風防)の透明パーツの窓枠塗装があり、昔の日本機(零戦などの大戦機)は窓枠の多さに苦労させられ、失敗することもしばしばです。

はみ出した塗料が少量なら、爪楊枝でそぎ落とす感じで、ゴリゴリすれば塗料を落とせます。その時、爪楊枝に使った塗料と同じ系統の薄め液を塗布して使用すれば若干作業も捗ります。(注:エナメルシンナーは絶対に使用しないで下さい。透明部分が白く...続きを読む

Qサーフェイサーの乾燥時間

サフを噴いた後どれくらいの時間をとってからペーパー処理に入ればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

プラモに、プラモ用サーフェイサーなら、半日は置きたいところです。プラモ用塗料は、プラを多少溶かす事によって食いつきますが。乾燥にもその分時間がかかります。
ポリパテにソフト99なら、2時間程度で十分ですが。プラスチックは用心。

Qカーモデル研ぎ出し 傷が消えず、表面が曇る

アオシマの痛車を作成しています。
研ぎ出しが思うようにいかず難儀しております。
以下作成手順です。

クリアーはMr.スーパークリアを缶スプレーです。
ペーパーの1500、2000の後に研ぎ出しクロスの3000。
(力をいれずにペーパー掛けしたつもりです。当て木に消しゴム使用)
タミヤのコンパウンド粗目、細目、仕上げ目まで行いました。
(コンパウンドもあまり力をかけずに行いました)

コンパウンドで磨いている時は
蛍光灯がキレイに映るぐらいの表面になったのですが、
水洗いしたら傷が目立つうえに表面が全体的に曇ってしまいました。
(それなりに蛍光灯は移りこんでますがとても鏡面とはいえません)

コンパウンドがけを最初からやり直したんですが、改善されず。
(コンパウンドが表面に残ってると輝いてますが、水洗いするとやっぱり傷が残っており曇ります)

現在はこの上からもう一度クリアーを吹いてリセットした状態です。
下地を磨いたせいか吹きっぱなしの今の方がキレイに光沢が出てます...
ゆず肌ぎみ&デカールに一部クラックができましたけど。

傷が残り表面が曇るのはどの工程に問題があるのでしょうか?
アドバイスいただけたら幸いです。

アオシマの痛車を作成しています。
研ぎ出しが思うようにいかず難儀しております。
以下作成手順です。

クリアーはMr.スーパークリアを缶スプレーです。
ペーパーの1500、2000の後に研ぎ出しクロスの3000。
(力をいれずにペーパー掛けしたつもりです。当て木に消しゴム使用)
タミヤのコンパウンド粗目、細目、仕上げ目まで行いました。
(コンパウンドもあまり力をかけずに行いました)

コンパウンドで磨いている時は
蛍光灯がキレイに映るぐらいの表面になったのですが、
水洗いした...続きを読む

Aベストアンサー

「一応湿度計で大丈夫かと思った」ということなら湿気の方は考えなくていいです。磨く前に分かりますから。
エアコンでもあればモアベターですけど。

この場合は「乾燥不足」による曇りですね。

ただ、私的には「ドライブースは3日」で「自然乾燥なら1週間」ですね。
まぁ気温に左右される部分も大きいんで、多少変動はありますけど。

強制乾燥すれば1日ということも可能ではありますが、付きっきりで観察してないと模型が熱で溶けちゃいます(最悪、火事になります)から、方法は教えられないです。

Qプラモデルのデカール保護の方法で教えてください。

プラモデルのデカール保護の方法で教えてください。
特にF1模型が好きでタミヤの1/20シリーズを時々作成するのですが、
やはりデカールの経年劣化が避けられません。
色々な方のサイトや書き込みを拝見すると、
仕上げにクリアー塗装をして「研ぎ出し」などをするのが最も効果的のようですが、
私はボディはスプレー缶で塗装するものの、その他は全てエナメル塗料を筆塗りしています。
つまりエアブラシなどの道具類は一切持っていません。
こんな私のような場合、例えば、完成後にデカールの上だけに、
クリアーを筆塗りすることは可能でしょうか。それだけでも保護の効果はあるのでしょうか。
クリアーとはいえ筆塗りだとムラにもなりそうなので、うすめた方が良いのでしょうか。
そもそも、筆塗りでデカールの上だけに塗るようなことは危険で、無理なことなんでしょうか。
(あるいは全く意味が無いとか)
ちなみにボディ塗装はタミヤのスプレー缶(TS)を使用しています。
どなたかアドバイスなどいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

 空気に触れない、という事でクリアの筆塗りもある程度の効果があります。

ご自身の技術に合わせてクリアを薄めてください、そして重ね塗りをしましょう


>そもそも、筆塗りでデカールの上だけに塗るようなことは危険で、無理なことなんでしょうか。

別に無理ではありませんし、よくやることです。

Qガンプラで筆ムラが出ないように塗るコツ

エアーブラシ無いんですけどなんとか筆ムラが無いように塗装したいんです。なにか良い方法、もしくわコツなんかを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

横から失礼します。

模型歴35年以上の者ですが、筆ムラを少なくする方法は皆さん書かれている内容でいいと思います。と言うのは「この方法で」と言うのが存在しないと言うのが回答です。

では、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使います。その後、蓋を開けっ放しで更に溶剤分を乾燥させます。完全に乾ききる一歩手前のどろどろ状態になれば準備完了です。

次に用意するのはキットの入っている箱です。その箱の裏側(イラストが書かれていないザラザラした面)に先程の塗料を数滴落とし、乾燥させます。

筆は面相筆5/0位がいいでしょうね。(筆は良いのを買って下さい。)それに溶剤(シンナー)を含ませ、上で準備した乾燥塗料をその筆でなぞり塗料を溶かします。(溶けない場合は溶剤を直接乾燥した塗料に数滴落とします。)その状態で塗装を行ないます。一定方向(塗装面に対し斜めになるように)に素早く同じテンポで塗って行きます。(下地が見えても大丈夫です。)これを何度も繰り返し、一通り塗り終わったら次は先程と逆方向に同じように塗装します。これを繰り返す事で、ムラのない綺麗な塗装面を得られます。面相筆で広い面を塗れるの?と思われるかもしれませんが、要は慣れと、コツを掴む事です。この方法をもっと詳しくお知りになりたいのでしたら、隔月間誌の”スケールアヴィエーション”と言う雑誌のバックナンバーに図解入りで解説されていますので、機会があれば参考にして下さい。(飛行機プラモの専門誌ですが、各偶数月の中旬に発売されます。定価は1,380円となっています。)白などの隠蔽力の少ない塗料でもこの方法だと素材の色も消えてくれます。箱の塗料はあとあと使えますので、捨てないように!(塗料が乾燥しても溶剤を加える事で再利用出来ます。)

この方法はかなりの熟練を要します。慣れるまではかなり難しいと思いますので、経験を積む事が肝要だと思います。

なぜ筆ムラが出るかと言えば、塗料が均一に面に広がる前に乾燥状態に入るからです。ですので、乾燥を遅らせるか、塗面の凸凹を埋めて行く感じで塗装すれば均一の塗面を得られると言う事になります。

次に、エナメル塗料を使えばラッカー系塗料よりは筆ムラを抑える事が出来ます。これはラッカー系に比べて乾燥が遅いと言う理由からです。国内のエナメル塗料と言えばタミヤカラーが唯一の塗料ですが、欠点は塗面が弱い点ですね。乾燥後、塗面を触ると指紋がつく程です。ですので、この塗料を使った場合は必ずクリアでのオーバーコートが必要となります。(缶スプレーが便利です。)あとエナメル塗料としては最高品質と言われるハンブロール(イギリス製)と言うのもあります。国内でも大きなお店や専門店に行けば取り扱っているお店があります。こちらは使い方に癖のある塗料で、容器(缶入り)に直接溶剤を入れてはいけません。使う分だけ別容器に塗料を移し、それに溶剤を入れて濃度を調整して下さい。残った塗料を缶に戻すのもダメです。残った分は使い切るか、使わない状態が続くようでしたら廃棄して下さい。艶ありで約1週間から10日、艶消しで約2・3日の乾燥期間が必要となります。それから、エナメル塗料の上にラッカー系の塗料の重ね塗りは基本的にいけません。エナメル塗料が溶け出してしまいます。(反対はOK)ただ、この重ね塗りを利用して塗装すると言う裏技的な方法もありますが、かなり難しいです。(私はウェザリングや筆塗りのボカシ塗装に時々行なっていますが…。)

長々と書きましたが、色んな方法があります。最近エアブラシ全盛となっていますが、その分、誰が作っても同じ完成品となってしまい、個性がありません。画一的と言うか、みんな同じに見えてしまいます。そう言う意味では塗装の基本である筆塗りの方が各人の個性が発揮出来る完成品となります。筆塗りを窮めると、エアブラシで塗装した以上の綺麗で素晴らしい塗装をする事が出来ます。失敗を恐れずにどんどん経験を重ねて行って下さい。

模型も昔に比べると高価になってしまい、お小遣い程度で買えるキットが少なくなっったのは残念ですが、模型人口を増やす意味でも、もっと容易に入手出来る価格になって欲しいと思う中年モデラーでした。(長くなってすみません。)

横から失礼します。

模型歴35年以上の者ですが、筆ムラを少なくする方法は皆さん書かれている内容でいいと思います。と言うのは「この方法で」と言うのが存在しないと言うのが回答です。

では、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使...続きを読む

Qアクリルカラーとエナメルカラーの違いが分かりません。

創作意欲が急にわきまして、いい年になってプラモを真剣に作ってみようと思い立ちました。

プラモ屋さんで、TAMIYAのアクリルと、エナメルの2種類が同じ色Noであるので、違いを尋ねたところ、「同じですよ、乾き方に違いがあるくらいかな?」との返事。

えっ?そんな簡単な違いなのでしょうか?
こちらで過去の質問も拝見してみたのですが、今ひとつはっきり分かりません。

使い方をはっきり区別している方がいましたら、ぜひ両者の違いを詳しく教えてください。

Aベストアンサー

模型用の塗料は大まかに分類すると
  ラッカー系
  アクリル系
  エナメル系
の3種類があり、これさえ覚えておけばまず大丈夫です。
  ラッカー系の塗料と溶剤は、もろ
    シンナー臭
 がするヤツです。(Mrカラーが代表的ですね)
  アクリル系の塗料と溶剤は、
    アルコール臭
 のするヤツで、乾燥前なら水でも溶くことはできます。
  エナメル系の塗料と溶剤は、
    灯油臭
 のするヤツです。
塗料の乾燥時間は
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順に早く、作業性に差が出ますが、乾燥の遅いエナメル系はその分、筆ムラがでにくく、また細かいところの塗装にも向いています。
塗膜の強さについても、やはり
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順で、ラッカー系の上からアクリル系やエナメル系の塗料を塗っても下に塗った色が溶け出したりして混ざったりしません。
しかし、この順番を逆にやると当然下地に塗った塗料が溶け出して混ざってしまうということになります。
アクリル系とエナメル系の2種類で考えられているのであれば、アクリル系で全体の基本塗装をされて、細かいところもアクリルで行くか、それともエナメルで行くか考えるのが良いかと思います。
ちなみに溶剤は専用の溶剤を使うのが一番なのでしょうが、アクリル塗料はラッカーシンナーで溶くと乾燥が早くなり塗料ののびも良いようです。
いろいろと試されてみれば、自分に合った塗料や塗装方法が身に付きますし、気がついたらこの3種類の塗料を使いこなされていると思いますので、先ずは楽しんで塗装してみてください。
なお、缶スプレー式の塗料はラッカー系が主です。
(換気には気をつけて♪)

模型用の塗料は大まかに分類すると
  ラッカー系
  アクリル系
  エナメル系
の3種類があり、これさえ覚えておけばまず大丈夫です。
  ラッカー系の塗料と溶剤は、もろ
    シンナー臭
 がするヤツです。(Mrカラーが代表的ですね)
  アクリル系の塗料と溶剤は、
    アルコール臭
 のするヤツで、乾燥前なら水でも溶くことはできます。
  エナメル系の塗料と溶剤は、
    灯油臭
 のするヤツです。
塗料の乾燥時間は
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順...続きを読む

Qスプレー後のクリアーまでの時間と回数を教えてください

塗装の工程について教えてください。

プラモデルはこれが3作品目で前2作はサーフェイサーも使わず単に
ボディにカラースプレーを塗っただけですが、今回はサーフェイサーも
ふいてスプレー後にクリアー塗装とコンパウンドで艶出しもしたいと思っています。

現在の状況はサーフェイサーを塗ってやすりで下地処理をして
ミスターホビーのメタルブラックというスプレーで塗装をし終わった状態です。

このあと、タミヤカラーのクリアーを吹いて2000番のやすりでやすりがけをしてコンパウンドで艶出しを行う予定です。

スプレーは昼位に吹いたので、今触った所手にも塗料はつかないし部品にも指紋がつかず乾いているように思えるのですが、もうこの段階で
クリアーを吹きかけてもいいのでしょうか?ネットのサイトによっては
スプレーは何回かに分けて、また最低1日は置いた方がいいと書いてある所もありましたが、昼間細心の注意を払って塗装したので今の所は色むらもなく自分なりにうまく塗れているつもりなのですが。
それとも1回程度塗装しただけではクリアーの後のやすりがけなので色がはげてしまったりするのでしょうか?

個人的な事情でなかなか時間がとれず次いつ塗装できるか分からないので出来るうちになるべくいろいろやろうと焦ってしまいます。

塗装の工程について教えてください。

プラモデルはこれが3作品目で前2作はサーフェイサーも使わず単に
ボディにカラースプレーを塗っただけですが、今回はサーフェイサーも
ふいてスプレー後にクリアー塗装とコンパウンドで艶出しもしたいと思っています。

現在の状況はサーフェイサーを塗ってやすりで下地処理をして
ミスターホビーのメタルブラックというスプレーで塗装をし終わった状態です。

このあと、タミヤカラーのクリアーを吹いて2000番のやすりでやすりがけをしてコンパウンドで艶出しを...続きを読む

Aベストアンサー

>タミヤカラーのクリアーを吹いて2000番のやすりでやすりがけをしてコンパウンドで艶出しを行う予定です。

「研ぎ出し」を行うのかな?
であれば、1週間程度の完全乾燥が必要です。
その場合、
・タミヤカラーのクリアーを吹いて1週間乾燥
・2000番のやすりでやすりがけ
・再度タミヤカラーのクリアーを吹いて、2日間乾燥
・コンパウンドで仕上げ
という手順になると思います。

Q筆塗りのはみ出しについて

回覧ありがとうございます!


昨日ガンプラを塗装してみたくて、タミヤカラーと筆を買いに行って来ました。

さっそく塗ってみたのですが、やっぱりはみ出てしまいます。

その為にMr.カラーのうすめ液も買って来たのですが、筆を一回洗って筆に付けて、はみ出た部分に塗ればいいのか、それともティッシュに染み込ませてやるのかわかりません。

どうすれば塗った部分を消さずにはみ出た部分だけ消せるのでしょうか?

因みにデザインナイフは持ってません。

Aベストアンサー

色んな方法がありますが、まず、残しておくべき塗装部分をマスキング(マスキングテープと言うのが市販されています)します。曲線や曲面は貼りづらいですが、テープを細切りにして馴染ませて行けばうまく行きます。

塗料はタミヤカラーと書かれていますが、水性塗料なのかエナメル塗料なのか分かりません。(水性塗料は丸型のビンで、エナメルは角瓶です。)どちらにしろ、Mr.カラーの薄め液(油性シンナー)で除去出来ますので、綿棒などに薄め液をつけて根気良くはみ出した塗料を溶かして行けば修正出来ます。ポイントはマスキングテープを隙間無くきっちりと貼る事です。隙間があればそこからシンナーが入り込み、必要な部分まで侵してしまいます。

塗料が中々溶けないようなら、サンドペーパー(耐水性のサンペ)の1000番くらいのもので、サンペ掛けしてから上の方法を試して下さい。

塗装の時は、まずマスキングテープを貼ってから塗装するようにすれば、はみ出すこともなく綺麗に塗装出来ます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング