友達が事故にあいました。運転手は知人から借りた車で、その保険は自賠責しか加入しておらず、自賠責限度額120万の保険金だけでは足らず、困っています。病院からは高額の医療費支払いを求められています。
 運転手はまだ20歳代ですが、無職のため支払い能力は一切ありません。こうした場合、運転手にたとえ裁判で賠償を求めても治療費等を払ってくれる補償はありません。今後被害者は自分で治療費を負担するしかないのでしょうか。また運転手に車を貸した知人に対しても何らかの責任を求めることはできないものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

車の所有者にも責任があると思います。


業務中であれば、使用者責任もあると思います。

まずは、相手の支払い能力などではなく、賠償責任を負う人を明らかにし、示談でも裁判でも損害額を確定すべきでしょう。

その損害額の賠償の決めごとを守れないなどの際には、別途裁判などにより財産を差し押さえたりするしかないでしょうね。

交通事故の裁判で、治療費が高額で、治療を継続しているような場合には、弁護士へ相談すべきだと思いますね。弁護士でも、交通事故を専門にしていたり、取り扱っている事務所を探しましょう。専門外の弁護士に頼んだら、リスクが高くなりますからね。

治療費ですが、交通事故では健康保険が使えないなどと考える人が多いようです。しかし、健康保険の団体に対して、第三者行為傷害の届出を行えば、健康保険診療を受けられます。
健康保険を利用した場合、治療費の計算が保険診療として計算されます。自由診療より治療費総額が安くなります。被害者が負担した3割相当の部分は、引き続き請求の権利があります。その代わり、残り7割相当の保険給付をおこなった健康保険団体がその7割相当を相手に請求する権利を持つことになるでしょう。7割を回収できなくても、それは健康保険団体が負担するリスクになるのではないですかね。

もしかして、健康保険を一切使っていないのでしょうか?そうなれば、自由診療が2割増しと考えると、健康保険での100万円相当の治療費になります。これが保険診療で3割負担であれば、とりあえず30万円を請求することになりますので、まだまだ治療費を出してもらえたかもしれませんね。健康保険団体の分まで気にする必要もなく、請求の順番通り自賠責が保険金を出すでしょうからね。
過失割合0のような場合には、健康保険を使ってあげる必要がないなどと考えがちですが、相手の資力や保険契約内容次第では、健康保険を使った方がリスクが減ることにもなることでしょう。

最後に、ご友人やご友人の家族の契約する任意保険はありませんか?その中に弁護士特約はついていませんか?自動付帯などで知らないこともあります。弁護士特約では、保険会社の用意する弁護士以外を使っても、弁護士費用を出してくれると思います。相談から裁判までの費用です。

損害額や過失割合を確定しつつ、賠償金をどのようにつくらせるのかを計画をしっかりとたてましょう。
必要に応じて、合法的な脅しも必要です。
財産の差し押さえには、給与債権なども含まれるはずです。給与債権の差し押さえには限度があるかもしれませんが、勤務先に連絡することでの差し押さえでしょうから、差し押さえされれば、勤務先で信用を失ったりすることでしょう。その若者は、自己破産してもご友人への賠償義務は無くなりませんから、一生賠償義務に追われることにもなります。これらを法的にしっかりと伝え、親御さんに保証人などとなってもらったり、立替させるように導くのです。保証人とさせてしまえば、親の財産などの差し押さえも可能でしょうからね。

法等に支払い能力がなければ、分割でもなんでも払わせるように向けるしかないでしょう。
場合によっては、ご友人やご友人の家族の保険で、相手が支払うべきものを立替するような保険金支払いもあるかもしれません。払ってもらえるかどうかわからないリスクより、等級が下がっても、自分の保険を使う方が良いという場合もあることでしょう。
車の任意保険の中には、弁護士特約のように、契約車両などに同乗していなくても利用できるサービスや特約もあると思います。保険会社や弁護士などを上手に活用し、可能な限りの損害を金銭的回収に向けて頑張るしかないでしょうね。

私は、相手の保険会社の社員のしゃべり方に腹が立っただけで、弁護士特約を使ってすべてを裁判にしました。裁判となれば、自賠責の基準や任意保険会社の基準より高額な賠償金や損害金の認定がされやすくなりますので、保険会社は損をしたことでしょうね。

お金を可能な限り使わずに、しっかりと賠償を受けるために、ご友人を支えてあげましょう。ただ、あまり具体的な部分に介入すると、あなたのアドバイスで損をしたら友情関係にひびが入ってしまうかもしれませんから、ご注意ください。善意のアドバイスが恨まれる原因になる場合もありますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・加害者である運転手は交渉には一切応じないというか、払えるお金はないので訴えてもらってけっこうです。という態度です。まだ弁護士には相談というか費用もかかり、また相談しても結局、補償してもらう可能性が少ないので、訴え損になる気がします。前回、友人と訪問したとき、居留守でなかなか出てこず、結局、夜、訪問すると出てきましたが、全く相手にならず。相手は20代そこそこの若者で暴言を吐き、こちらを挑発してきます。
殴ってやりたい気分ですが、やってしまえば相手の思うつぼ。こちらも自分たちの家庭があります。警察が逮捕でもしてくればよいのですが、警察も交渉の民事は不介入。
 友人は国保に加入しており、第三者傷害を使って、一時的に立て替えしてもらい、自己負担額を減らすことも可能でしたが、加害者はこちらが、そんな目にあって、いろいろと考えていること知らず書類作成にも非協力的なので、届け出はしておらず、今、入院費用が膨れ上がって困っています。こんな理不尽なんとかならないですかね。

お礼日時:2013/02/09 22:21

NO.5です。



回答内容で、大体の事故内容が、わかりました。

交通事故相談所・交通事故相談センターでの
友達が、無料相談を利用して、相談し、
第三者を介して、解決するのも一考かと。
相談は、無料と思います。
その後の経費等も、詳しく説明してくれるのでは。

コンビニで、跳ねられたようなので、
ビデオがあればいいのですが、時間が経っているようなので
ビデオの映像は、難しいと思います。

相手は、もしかしたら事故の罰金が多額になった?、のでしょうか。
だから、治療費・慰謝料の支払いを拒んでいる??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一番大変なのはやはり医療費の支払いです。病院から請求がきており、通院費用もたまるので、治療を断念しなければならない状態に追い込まれています。無料法律相談などにはまだ正式には相談しておりませんが、なぜやっていなかというと、これまでの相手側の態度からもとても費用が払えるとは思えないからです。勤務先もわかりましたが、アルバイト程度の収入しかないことがわかりました。雇っている店長によると、家賃を払って、生活ぎりぎりだということです。かといって、二十歳を超えているので、親を調べて請求することもたぶん、法律的に無理でしょう。いわば、たとえ裁判に勝ったとしても、費用だけがかかり、相手は全く気持ちはないようで、「訴えてもらったほうが、はっきりする」と開きなおているので、こちらとしてもNo.5さんが提案する法律相談にも足が進まないわけです。ということで困っております。
 
 
 

お礼日時:2013/02/12 00:39

その友達(の車)は任意保険に加入していないのですか ?


加入しているのならその保険会社に対応を依頼です
加入していないのなら 五十歩百歩です

それに 責任割合が100対ゼロ なんてことはほとんどありえませんから、相手の非ばかり責めるようなことはいかがなものかと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

被害者の過失はなく、加害者の過失は100%だそうです。車は自賠責しか加入しておらず。

お礼日時:2013/02/09 22:39

「あいました」との質問なので


友達が、ぶつけられた。のでしょうか。
そして、友達が重いケガをして
自賠責の限度額を超えてしまうことなのでしょうか。

そうであるならば、友達は自動車保険に
加入しては、いないのですか?
加入しているのであれば、担当者にアドバイスをもらうとか
保証内容によっては、事故負担が無くなる可能性も。

まず、そのあたりを確認した方が良いと思います。
自動車保険に加入していないのであれば、
他の方の回答を、参考にするしかないと思います。

自賠責の限度を超えるケガなので、
相手の運転手は、刑罰を受ける可能性も。
早めに対処した方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。詳しく申しますとコンビニでバックしてきた車にはねられ入院し、今は退院しております。運転手は知人の車を運転しており、その車は自賠責しか加入していません。先日、友人は退院しましたが、入院医療費200万、慰謝料20万、あと文書料とかなどで自賠責120万は超えています。自賠責はすべて医療費支払いに充てられますが、超えた分や今後の通院費用がかかってきます。特に後遺症もないので、そっちの補償はありません。
 また友人も車の保険には一切入っておりません。友人は国保に加入しておりますが、加害者が一切非協力的なので、第三者傷害を使おうにも手続きもできておりません。逃げておるというか、開き直っております。自賠責を超えた費用の請求が友人にきております。これからの通院費用も支払う必要がありますが、病院が請求を保留してくれている状態ですが、友人も払えないので困っています。
 こんなことって、よくあるかと思いますが、みんなどうしているのでしょうかね。

お礼日時:2013/02/09 22:36

自動車損害賠償責任



自動車の持ち主が
自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明できなければ賠償の責任を負います。

 詳しくは交通専門の弁護士へ相談して下さい




(自動車損害賠償責任)

(定義)


第2条 この法律で「自動車」とは、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項に規定する自動車(農耕作業の用に供することを目的として製作した小型特殊自動車を除く。)及び同条第3項に規定する原動機付自転車をいう。



2 この法律で「運行」とは、人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該装置の用い方に従い用いることをいう。



3 この法律で「保有者」とは、自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供するものをいう。



4 この法律で「運転者」とは、他人のために自動車の運転又は運転の補助に従事する者をいう。


第3条 自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。

(民法の適用)


第4条 自己のために自動車を運行の用に供する者の損害賠償の責任については、前条の規定によるほか、民法(明治29年法律第89号)の規定による。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。法律は難しいですが、読んで整理しております。

お礼日時:2013/02/09 21:45

最終的には、車の所有者に責任があります。



後は、当の本人と、車の所有者との話し合いです。


人に車を貸す場合には、最終責任は、車の所有者です。
    • good
    • 0

弁護士に相談しましょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。訴えても相手方は賠償はできない。訴えても支払えないの一点張り。話し合いにも応じず、連絡も取れない状態だそうです。住所はわかっているので、友人と一度、話し合いに応じるよう訪問しても居留守ででてきません。費用もかかるので、公的な法律相談で解決方法を聞くしかないくらいです。また運転手についていろいろと近所で聞き込みをしていると暴力的な性格もあり、結局泣き寝入りとなるのか。くやしい限りです。

お礼日時:2013/02/09 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のシートカバー 保険がおりない?

宜しくお願いします。

母が自家用車の座席に手作りのシートカバーをしていました。
(特殊なものではなく、清掃しやすいように、寸法を計り白い布を縫ったものです。)

家族に『メーカー純正?のシートカバーじゃないと事故等にあったとき、保険がおりない』と言われました。

がっかりしながら結局シートカバーはしていない状況なのですが、手作りのシートカバーをしていると本当に保険がおりないのですか?

保険会社の約款等を見れば良いのですが手元にないので質問させて下さい。

保険会社は確かJAだった気がします。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どこの保険会社でも、「保険金を支払わない場合」という免責規定を設けています。

免責規定は、対人・対物賠償保険のように相手の損害を補償するものと、車両・人身傷害・搭乗者傷害保険のように自分(契約者側)の損害を補償するものとでは、その内容が大きく異なります。

たとえば、飲酒運転や無免許運転による事故で、車両保険等は支払われませんが、対人・対物賠償保険は支払われます。不正改造も同様で、車両保険等では免責要件に挙げられていますが、対人・対物賠償保険は支払われます。

また、不正改造が免責とされるのは、道路運送車両法に規定された規格を越えて改造された場合で、かつ、その改造によって損害が発生したと判断される場合に限定されます。
つまり、消音器を外した改造車で追突事故を起こしても、不正改造が損害発生の原因ではありませんから、車両保険は支払われます。

従って、手作りのシートカバーを付けていて、対人・対物賠償保険が支払われないということはありませんし、車両・人身傷害保険等も同様です。

しかし、シートカバー自体の損害は、車両保険では支払われません。
車両保険は、車本体のほか、車に定着された付属品が対象ですから、純正品であろうとシートカバーはそもそも車両保険の対象外です。

シートカバーを保険(共済)の対象とするには、車両諸費用保障特約という特約を付けてておく必要があります。
この特約は時価額評価で保険金(共済金)を支払うというものですから、手作品の場合、原価(材料費)ベースで時価額を算出することになりますが、実務では材料のレシート等が残っている方が珍しいので、「自己申告」という形をとります。

どこの保険会社でも、「保険金を支払わない場合」という免責規定を設けています。

免責規定は、対人・対物賠償保険のように相手の損害を補償するものと、車両・人身傷害・搭乗者傷害保険のように自分(契約者側)の損害を補償するものとでは、その内容が大きく異なります。

たとえば、飲酒運転や無免許運転による事故で、車両保険等は支払われませんが、対人・対物賠償保険は支払われます。不正改造も同様で、車両保険等では免責要件に挙げられていますが、対人・対物賠償保険は支払われます。

また、不正改造...続きを読む

Q業務中の車両事故は、運転手だけの責任ですか?

はじめまして。 相談にのっていただきたく宜しくお願い致します。

運送会社に勤めています。

運行中、道路左側にある街路樹の枝にトラックの荷台が接触し、へこみをつけてしまいました。

後日、会社から「修理見積もり金額が22万円になったので、来月より安全運航手当5万円を4か月間天引きする。」と、見積書を見せられ、その旨を記した誓約書に署名捺印するよう求められました。

業務中の事故なのに損害金額のほとんどを、社員から徴収するのは納得できません。
しかも、実際に発生した金額ではなく見積もり金額です。

言われたまま払わなければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

まず給与は全額支払いがルールです。
損害賠償を求めたいからと言って天引きは認められません。
その場合は会社が社員に給与を渡してから請求、合意が得られなければ裁判をする必要があります。

次に安全運行手当とはなんでしょう?
実質的な給与であるなら給与として支払いの義務ありです。
おそらく会社としては安全運転を行ったとき特別に払う賞与という建前を設けているのでしょうが、それであれば天引き可能なのは当該月だけでしょう。おそらく給与から損失を天引きする建前として設けた制度で、本来給与として支給すべきものなのか?

おそらく不当労働行為でしょう。
労基署に相談すべきだと思います。

Q車のシートカバー

車のシートに
シートカバーをつけようと
考えています。

シートカバーの
メリット・デメリットを
おしえてください。

それとシートカバーをつけている方は
なぜシートカバーをつけているか
なんの目的でつけているのか

つけていない方は
なぜつけないのかを
おしえてくださいm(__)m

Aベストアンサー

昔のシートの生地自体が汚れやすく擦り切れ易い物で、日焼けで変色までしていました。

それを避けるためにシートカバーを付けてシートの保護をしていました。ハーフカバーと言う肩の部分のみのレースの物も社用車や豪華に見せたい人には人気でした。

かなり昔は実際に着けていましたが、どうしてもずれて、しわになったりフワフワになったりとして見た目も悪く、結んでいる紐も切れたりたるんだりして困ったものです。シートカバーを時々外して洗濯をするのは大変でしたが、シートとカバーの間に大量のほこりが乗っているのも不潔で嫌でした。

最近のシートの生地は丈夫で優れモノですから20年乗っても殆ど変色も無く擦り切れもありません。

本革風なども有りますから見かけは少し変りますが、高いお金を掛けて未だに最初からシートバーを付ける人が理解できません。

10年以上も乗って、シート自体が痛んでくればシート生地を張り直す事も出来ますが、それよりはカバーを掛ける方が安いですから、その時で良いように思います。

オリジナルのシート生地や色も車の開発の段階から内外装等とのバランスを考えてプロが選んであります。

それをわざわざ違う色のカバーを掛けて壊す事も無いようにも思います。

昔のシートの生地自体が汚れやすく擦り切れ易い物で、日焼けで変色までしていました。

それを避けるためにシートカバーを付けてシートの保護をしていました。ハーフカバーと言う肩の部分のみのレースの物も社用車や豪華に見せたい人には人気でした。

かなり昔は実際に着けていましたが、どうしてもずれて、しわになったりフワフワになったりとして見た目も悪く、結んでいる紐も切れたりたるんだりして困ったものです。シートカバーを時々外して洗濯をするのは大変でしたが、シートとカバーの間に大量のほこりが...続きを読む

Q車運転時に発生した事故の責任について

随分前になりますが、自動車を運転時、事故を起こし未だにいったいどういった処理が良かったのか気になることがあるので意見をお伺いしたいと思います。
事故は2つのケースになります。
まず1つめは、私は直進走行中、右車線の車が急に前に割り込んで来たため、止まれず追突をしていまいました。走行速度はそれ程早くは無かったのですが、下り坂がきつく止まることは出来ませんでした。右車線は最終的に右折車線になってしまうため、私の前に割り込んで来たようです。私が追突したものの壊れたのは私の車だけで相手の車は傷はついていたかも知れませんが、それほどではありませんでした。勿論警察は呼びましたが、あなたの前方不注意ですねと言われました。
2つめのケースは、車線が合流になる箇所で、合流をする側の私が合流をしようとしたところ意地悪をする車いたので、わざとせめぎ合い、私が前に入ったところ、追突をされました。運転していればその場の感じで分かるのですが、相手はわざと追突したと思います。その後追突した相手は、逃げてしまい警察に届けましたが、あなたが無理に入ったからですね。との話でした。この二つのケースは車線変更をした気持ちに差はありますが、大した差がないように思えます。この後結局警察はあてにならず、その場でお金を請求するのがただ一つの解決方法に思えてしまうのですが、実際はどちらに問題があるのでしょう?1つめのケースでは、相手は保険にも入っておらず、自宅に電話したとこ奥さんが出て、取れるお金はどこにも無いから、好きにして!と言っていました。昔のことなので、今は気になっているだけで質問をさせていただきました。ご意見をお伺いしたいと思います。

随分前になりますが、自動車を運転時、事故を起こし未だにいったいどういった処理が良かったのか気になることがあるので意見をお伺いしたいと思います。
事故は2つのケースになります。
まず1つめは、私は直進走行中、右車線の車が急に前に割り込んで来たため、止まれず追突をしていまいました。走行速度はそれ程早くは無かったのですが、下り坂がきつく止まることは出来ませんでした。右車線は最終的に右折車線になってしまうため、私の前に割り込んで来たようです。私が追突したものの壊れたのは私の車だけで...続きを読む

Aベストアンサー

警察はどちらが悪いというようなことは決めませんし、決める権利もありません。
従って事故があった場合はどっちが悪いというわけではなく、事故原因について意見を言うに過ぎません。
1のケースでは当然、あなたに前方不注意がありますね。
相手にも後方確認不足や、進路変更方法について問題があると思います。これは相手に対して警察官も言うと思います。
2のケースでも、あなたが無理に入ったことが事故の原因ですねという発言はするでしょう。また、相手にも前方不注意があったということは言うと思います。

つまり、ほとんどの事故の場合はお互いに何らかの原因がありますので、お互いの運転についてどうすれば事故を防ぐことができたのかを警察官が話しているだけです。
このことは民事の過失割合には一切関係ありません。
相手と直接交渉して相手が応じない場合は最終的には訴訟による解決しかないと思いますよ。

Q車のシートカバー

車のシートカバー

MT車取り付け不可というシートカバーをよく見るんですがどうして付けられないんですか?
ATと何が違うんですか?

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e101773404

Aベストアンサー

さっそくのお返事ありがとうございます。
実はekワゴンの5MTに乗ってまして、同じくATとMTでシートカバーが異なっているのですよ。
ATの運転席アームレストは可動式なのですが、そのタイプのカバーをMTにつけるとアームレストが無いので、アームレストの根本が付く部分に穴が開いてしまいます。
それで「付かない」としていると思っております。多分、シート形状は共通でしょう。

Q交通事故で、運転手(車)がけが人(バイク)を介抱しないなんて・・・!

お世話になります。
どうしても納得いかなくて相談しました。

義理の兄が、バイクで通勤途中に車と事故に遭いました。
その時、相手は事故現場にいましたが、けが人の様子を見に来ることも、車から降りることもなかったそうです。

不幸なことに、兄は障害者になってしまいました。
身内はこの先どうしてよいか、途方にくれています。

一方、相手の方は、今だにこちらの過失を探し出そうと必死のようです。
保険屋を通して、「ヘルメットかぶってなかったでしょ?」等
事実と違うことを、つき付けてきます。

事故現場で、けが人を介抱する事もできない人間にそこまで
言われ、くやしくて仕方ないです。
この数ヶ月、2度の手術や痛みとの戦いは壮絶でした。
本人は、もう元には戻らない体でも必死にリハビリに励んで
頑張っています。周りでみていて、苦しいです。

そこで、質問なんですが
運転手が事故現場で、負傷者を介抱しないで放置した場合
なんの罪にもならないのでしょうか?

人間として理解できません。
人として最低限の行動ではないでしょうか?

よろしくお願いします。

お世話になります。
どうしても納得いかなくて相談しました。

義理の兄が、バイクで通勤途中に車と事故に遭いました。
その時、相手は事故現場にいましたが、けが人の様子を見に来ることも、車から降りることもなかったそうです。

不幸なことに、兄は障害者になってしまいました。
身内はこの先どうしてよいか、途方にくれています。

一方、相手の方は、今だにこちらの過失を探し出そうと必死のようです。
保険屋を通して、「ヘルメットかぶってなかったでしょ?」等
事実と違うことを、つき付けて...続きを読む

Aベストアンサー

刑事的には道交法72条に該当するだろうけど
現実的には難しいでしょうね。
また、刑事的に相手方を苦しめたとしても
当方には何の利益もありませんしね。

民事で考えれば相手方の不誠実な対応で
慰謝料を増額することは判例などから可能ですが
現在の対応が不誠実なものであるかどうかは
裁判にならないと分かりませんね。

本当に相手方に罰(というか)を与えたいというのでしたら
弁護士に依頼し民事的に訴訟を起こし
慰謝料の増額をするくらいだと思います。

また、後遺障害12等級以上であれば
後遺障害の増額も含め
弁護士に依頼しても損はないようです。

Q車 シートカバー

ちゃんと店員に聞いて車のシートカバーを買ったんですが
枕の部分だけが合いませんでした
レザーシートカバーで枕だけ買えるとこってありますでしょうか?
車はエブリィワゴン24年式です

Aベストアンサー

>ちゃんと店員に聞いて車のシートカバーを買ったんですが
>枕の部分だけが合いませんでした

現物を持ってお店に相談に行くのが良いと思います。

実はちゃんと付くという可能性も有りますし
全く付かないのであれば
お店さんが何かしら対応して下さると思います。

店頭で、店員さんに相談して購入すると言うことは、
こういう事態のためでもありますので
是非一度お店をお尋ね下さい。

Q身内が車の任意保険に入らずに事故、賠償責任が発生したら、その責任は本人

身内が車の任意保険に入らずに事故、賠償責任が発生したら、その責任は本人以外の身内にも問われますか?

もし本人が賠償を負いきれない場合はどうなりますか?

また、たとえば、次の場合で違いはありますか?


1)身内が実の兄弟の場合

2)実の親(血縁上だけ)であるが、幼いころに離婚別れした親の場合
  (離婚してついていった親が再婚したため、他人となったが血縁上は親)

非難しても「運転に自信があるからはいる必要はない」などと言う、
非常識な相手なので、もしと思うと怖いです。
(運転に自信があろうが、絶対ということは言えないし、困っています)

Aベストアンサー

 交通事故の損害賠償責任は、物損と人損で責任を負う主体が違います。 

 物的な損害は、基本的に不法行為者(つまり運転者)以外には責任は発生しませんが、人的な損害(人の死傷に関係する損害)は、不法行為者だけでなく、車両の所有者にも責任が発生します。

 言い換えると、その車を運転せず、かつ、車の所有者でなければ、損害賠償責任を負うことはありません。
 業務中の雇用主責任については、説明を省略します。

 実の兄弟であろうと、実の両親であろうと、その区別はありません。
 唯一責任がかかる場合として想定されるのは、運転者が未成年者であった場合、その未成年者の親権者には、監督責任として賠償責任が発生することがあります。

 親族間・夫婦間でも同じ考えです。



>もし本人が賠償を負いきれない場合はどうなりますか?

 本人が責任を負いきれない場合は、最終的には被害者が泣き寝入り状態に陥るだけです。



>実の親(血縁上だけ)であるが、幼いころに離婚別れした親の場合

 相続の規定では、父母の場合、実父母・養父母がその範疇になります。
 ただし、負債が大きい場合は、相続を放棄すれば責任は免れます。
 そのためには、相続財産に手を付けないこと、相続の発生を知った日から3ヶ月以内に、被相続人の死亡地を管轄する家庭裁判所へ相続放棄の申述を行うことが必要です。
 ただし、今すぐそういう事態に陥るのではないでしょうから、相続のことはその時に確認されるといいと思います。


 こういう事例の場合、車両の所有者とならないように、確実に名義変更をしておきましょう。 

 交通事故の損害賠償責任は、物損と人損で責任を負う主体が違います。 

 物的な損害は、基本的に不法行為者(つまり運転者)以外には責任は発生しませんが、人的な損害(人の死傷に関係する損害)は、不法行為者だけでなく、車両の所有者にも責任が発生します。

 言い換えると、その車を運転せず、かつ、車の所有者でなければ、損害賠償責任を負うことはありません。
 業務中の雇用主責任については、説明を省略します。

 実の兄弟であろうと、実の両親であろうと、その区別はありません。
 唯一責任が...続きを読む

Q新車にシートカバー 新車を購入しシートカバーをつけようと思っていますが、つけてない車のほうが多そうな

新車にシートカバー
新車を購入しシートカバーをつけようと思っていますが、つけてない車のほうが多そうな気がします。
着けてる理由と着けてない理由を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

20年~25年前はつけてましたね。でもそれ以降はつけなくなりました。

つけていた理由:
・シートの汚れを防ぐ
・直射日光によるシート地の日焼けや劣化を防ぐ
・いろんな色やデザインのカバーが楽しい → 暑い時期と寒い時期で変えたり

つけなくなった理由:
・取り付けや取り外しが面倒
・シートのデザインが豊富になり、自動車用品店で売っている汎用製品だとピッタリつかないシートが多くなった
  → ピッタリ装着できる純正品は高い
・シートのデザインや色が綺麗になり、つけない方がデザイン的にまとまっていて良いと思うようになった
・車が生活上の楽しみから普通の道具に変化した

そんな感じでしょうか。
参考まで。

Q車対車の事故、相手方に運転技術の未熟さがあった場合の過失割合は。

昨日、車対車の事故に巻き込まれてしまいました。

状況は、
住宅地の中の見通しの悪いT字路、両方の道路とも車同士はすれ違うことのできる幅です。
私の運転する車(以下A車)は、南から北に直進中でもうすぐ交差点というところで、東より走ってきた相手の車(以下B車)が大周りに左折してくるのが見えました。B車が大周りのため、このままお互いが進めば衝突すると思い、A車は交差点手前で停止しました。
しかし、B車はそのまま左折を続け、互いにバンパーの右前がぶつかる形で衝突しました。

事故直後、相手の運転手さんに『なぜ停止しなかったのですか?』と聞いたところ『曲がりきれると思ったんです、すみません』とのことでした。聞くと、免許をとって3か月目とのことで、車幅の感覚がなかったようです。

相手方の保険代理店の方がすぐに事故現場にきて話をしたのですが、私の車が停止したのも直前停止でしょうから、過失が0:10というのはないでしょう、と言われました。

無過失になる場合の条件として、
1)道路交通法で違反がないこと。
2)その事故を予見することができない状況
3)結果として回避不可能

ということをこのサイトから知りました。

素人考えなのですが、わたしは左側走行をしていましたし、見通しの悪いT字路なので、徐行して交差点に入ろうとしました。実際、相手の車が見えた際はすぐに停止し、危険を回避しようとしました。
相手は私の車を確認しておきながら、左折を続けてきたので、わたしはそれを回避することはできなかったと思うのです。

このような状況で、わたしにはどのような過失が考えられるのでしょうか??
腑に落ちないと思いながらも、相手の保険代理店の方にいわれるままに私の保険会社にも連絡し、月曜日に担当者が決まる予定です。

皆様のご意見をお聞かせ願いたいと思い、質問させていただきます。
よろしくお願いします。

昨日、車対車の事故に巻き込まれてしまいました。

状況は、
住宅地の中の見通しの悪いT字路、両方の道路とも車同士はすれ違うことのできる幅です。
私の運転する車(以下A車)は、南から北に直進中でもうすぐ交差点というところで、東より走ってきた相手の車(以下B車)が大周りに左折してくるのが見えました。B車が大周りのため、このままお互いが進めば衝突すると思い、A車は交差点手前で停止しました。
しかし、B車はそのまま左折を続け、互いにバンパーの右前がぶつかる形で衝突しました。

事故直...続きを読む

Aベストアンサー

> このような状況で、わたしにはどのような過失が考えられるのでしょうか??

道路交通法でいう所の、

| (安全運転の義務)
| 第70条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

が、直前の停車を除く停車中以外は、過失がゼロにならない事の根拠です。

--
相手はウィンカーつけていた?
見通しの悪い場所にはミラーなどが設置されますが、そういうものは無かった?
未熟な運転者に限らず、大型の車両なら大回りで左折する事になりますが、そういう車両が左折してくる事は予見できなかった?
質問者さんの側に停止線があったのなら、それを超えていたか?
危険を避けるために止むを得ない場合には、クラクションを使用する事が認められていますが、そういう危険回避の努力は?

などなど、1:9を基準に色んな状況を鑑みて判断する事になるかと。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報