友達が事故にあいました。運転手は知人から借りた車で、その保険は自賠責しか加入しておらず、自賠責限度額120万の保険金だけでは足らず、困っています。病院からは高額の医療費支払いを求められています。
 運転手はまだ20歳代ですが、無職のため支払い能力は一切ありません。こうした場合、運転手にたとえ裁判で賠償を求めても治療費等を払ってくれる補償はありません。今後被害者は自分で治療費を負担するしかないのでしょうか。また運転手に車を貸した知人に対しても何らかの責任を求めることはできないものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

車の所有者にも責任があると思います。


業務中であれば、使用者責任もあると思います。

まずは、相手の支払い能力などではなく、賠償責任を負う人を明らかにし、示談でも裁判でも損害額を確定すべきでしょう。

その損害額の賠償の決めごとを守れないなどの際には、別途裁判などにより財産を差し押さえたりするしかないでしょうね。

交通事故の裁判で、治療費が高額で、治療を継続しているような場合には、弁護士へ相談すべきだと思いますね。弁護士でも、交通事故を専門にしていたり、取り扱っている事務所を探しましょう。専門外の弁護士に頼んだら、リスクが高くなりますからね。

治療費ですが、交通事故では健康保険が使えないなどと考える人が多いようです。しかし、健康保険の団体に対して、第三者行為傷害の届出を行えば、健康保険診療を受けられます。
健康保険を利用した場合、治療費の計算が保険診療として計算されます。自由診療より治療費総額が安くなります。被害者が負担した3割相当の部分は、引き続き請求の権利があります。その代わり、残り7割相当の保険給付をおこなった健康保険団体がその7割相当を相手に請求する権利を持つことになるでしょう。7割を回収できなくても、それは健康保険団体が負担するリスクになるのではないですかね。

もしかして、健康保険を一切使っていないのでしょうか?そうなれば、自由診療が2割増しと考えると、健康保険での100万円相当の治療費になります。これが保険診療で3割負担であれば、とりあえず30万円を請求することになりますので、まだまだ治療費を出してもらえたかもしれませんね。健康保険団体の分まで気にする必要もなく、請求の順番通り自賠責が保険金を出すでしょうからね。
過失割合0のような場合には、健康保険を使ってあげる必要がないなどと考えがちですが、相手の資力や保険契約内容次第では、健康保険を使った方がリスクが減ることにもなることでしょう。

最後に、ご友人やご友人の家族の契約する任意保険はありませんか?その中に弁護士特約はついていませんか?自動付帯などで知らないこともあります。弁護士特約では、保険会社の用意する弁護士以外を使っても、弁護士費用を出してくれると思います。相談から裁判までの費用です。

損害額や過失割合を確定しつつ、賠償金をどのようにつくらせるのかを計画をしっかりとたてましょう。
必要に応じて、合法的な脅しも必要です。
財産の差し押さえには、給与債権なども含まれるはずです。給与債権の差し押さえには限度があるかもしれませんが、勤務先に連絡することでの差し押さえでしょうから、差し押さえされれば、勤務先で信用を失ったりすることでしょう。その若者は、自己破産してもご友人への賠償義務は無くなりませんから、一生賠償義務に追われることにもなります。これらを法的にしっかりと伝え、親御さんに保証人などとなってもらったり、立替させるように導くのです。保証人とさせてしまえば、親の財産などの差し押さえも可能でしょうからね。

法等に支払い能力がなければ、分割でもなんでも払わせるように向けるしかないでしょう。
場合によっては、ご友人やご友人の家族の保険で、相手が支払うべきものを立替するような保険金支払いもあるかもしれません。払ってもらえるかどうかわからないリスクより、等級が下がっても、自分の保険を使う方が良いという場合もあることでしょう。
車の任意保険の中には、弁護士特約のように、契約車両などに同乗していなくても利用できるサービスや特約もあると思います。保険会社や弁護士などを上手に活用し、可能な限りの損害を金銭的回収に向けて頑張るしかないでしょうね。

私は、相手の保険会社の社員のしゃべり方に腹が立っただけで、弁護士特約を使ってすべてを裁判にしました。裁判となれば、自賠責の基準や任意保険会社の基準より高額な賠償金や損害金の認定がされやすくなりますので、保険会社は損をしたことでしょうね。

お金を可能な限り使わずに、しっかりと賠償を受けるために、ご友人を支えてあげましょう。ただ、あまり具体的な部分に介入すると、あなたのアドバイスで損をしたら友情関係にひびが入ってしまうかもしれませんから、ご注意ください。善意のアドバイスが恨まれる原因になる場合もありますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・加害者である運転手は交渉には一切応じないというか、払えるお金はないので訴えてもらってけっこうです。という態度です。まだ弁護士には相談というか費用もかかり、また相談しても結局、補償してもらう可能性が少ないので、訴え損になる気がします。前回、友人と訪問したとき、居留守でなかなか出てこず、結局、夜、訪問すると出てきましたが、全く相手にならず。相手は20代そこそこの若者で暴言を吐き、こちらを挑発してきます。
殴ってやりたい気分ですが、やってしまえば相手の思うつぼ。こちらも自分たちの家庭があります。警察が逮捕でもしてくればよいのですが、警察も交渉の民事は不介入。
 友人は国保に加入しており、第三者傷害を使って、一時的に立て替えしてもらい、自己負担額を減らすことも可能でしたが、加害者はこちらが、そんな目にあって、いろいろと考えていること知らず書類作成にも非協力的なので、届け出はしておらず、今、入院費用が膨れ上がって困っています。こんな理不尽なんとかならないですかね。

お礼日時:2013/02/09 22:21

NO.5です。



回答内容で、大体の事故内容が、わかりました。

交通事故相談所・交通事故相談センターでの
友達が、無料相談を利用して、相談し、
第三者を介して、解決するのも一考かと。
相談は、無料と思います。
その後の経費等も、詳しく説明してくれるのでは。

コンビニで、跳ねられたようなので、
ビデオがあればいいのですが、時間が経っているようなので
ビデオの映像は、難しいと思います。

相手は、もしかしたら事故の罰金が多額になった?、のでしょうか。
だから、治療費・慰謝料の支払いを拒んでいる??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一番大変なのはやはり医療費の支払いです。病院から請求がきており、通院費用もたまるので、治療を断念しなければならない状態に追い込まれています。無料法律相談などにはまだ正式には相談しておりませんが、なぜやっていなかというと、これまでの相手側の態度からもとても費用が払えるとは思えないからです。勤務先もわかりましたが、アルバイト程度の収入しかないことがわかりました。雇っている店長によると、家賃を払って、生活ぎりぎりだということです。かといって、二十歳を超えているので、親を調べて請求することもたぶん、法律的に無理でしょう。いわば、たとえ裁判に勝ったとしても、費用だけがかかり、相手は全く気持ちはないようで、「訴えてもらったほうが、はっきりする」と開きなおているので、こちらとしてもNo.5さんが提案する法律相談にも足が進まないわけです。ということで困っております。
 
 
 

お礼日時:2013/02/12 00:39

その友達(の車)は任意保険に加入していないのですか ?


加入しているのならその保険会社に対応を依頼です
加入していないのなら 五十歩百歩です

それに 責任割合が100対ゼロ なんてことはほとんどありえませんから、相手の非ばかり責めるようなことはいかがなものかと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

被害者の過失はなく、加害者の過失は100%だそうです。車は自賠責しか加入しておらず。

お礼日時:2013/02/09 22:39

「あいました」との質問なので


友達が、ぶつけられた。のでしょうか。
そして、友達が重いケガをして
自賠責の限度額を超えてしまうことなのでしょうか。

そうであるならば、友達は自動車保険に
加入しては、いないのですか?
加入しているのであれば、担当者にアドバイスをもらうとか
保証内容によっては、事故負担が無くなる可能性も。

まず、そのあたりを確認した方が良いと思います。
自動車保険に加入していないのであれば、
他の方の回答を、参考にするしかないと思います。

自賠責の限度を超えるケガなので、
相手の運転手は、刑罰を受ける可能性も。
早めに対処した方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。詳しく申しますとコンビニでバックしてきた車にはねられ入院し、今は退院しております。運転手は知人の車を運転しており、その車は自賠責しか加入していません。先日、友人は退院しましたが、入院医療費200万、慰謝料20万、あと文書料とかなどで自賠責120万は超えています。自賠責はすべて医療費支払いに充てられますが、超えた分や今後の通院費用がかかってきます。特に後遺症もないので、そっちの補償はありません。
 また友人も車の保険には一切入っておりません。友人は国保に加入しておりますが、加害者が一切非協力的なので、第三者傷害を使おうにも手続きもできておりません。逃げておるというか、開き直っております。自賠責を超えた費用の請求が友人にきております。これからの通院費用も支払う必要がありますが、病院が請求を保留してくれている状態ですが、友人も払えないので困っています。
 こんなことって、よくあるかと思いますが、みんなどうしているのでしょうかね。

お礼日時:2013/02/09 22:36

自動車損害賠償責任



自動車の持ち主が
自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明できなければ賠償の責任を負います。

 詳しくは交通専門の弁護士へ相談して下さい




(自動車損害賠償責任)

(定義)


第2条 この法律で「自動車」とは、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項に規定する自動車(農耕作業の用に供することを目的として製作した小型特殊自動車を除く。)及び同条第3項に規定する原動機付自転車をいう。



2 この法律で「運行」とは、人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該装置の用い方に従い用いることをいう。



3 この法律で「保有者」とは、自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供するものをいう。



4 この法律で「運転者」とは、他人のために自動車の運転又は運転の補助に従事する者をいう。


第3条 自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。

(民法の適用)


第4条 自己のために自動車を運行の用に供する者の損害賠償の責任については、前条の規定によるほか、民法(明治29年法律第89号)の規定による。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。法律は難しいですが、読んで整理しております。

お礼日時:2013/02/09 21:45

最終的には、車の所有者に責任があります。



後は、当の本人と、車の所有者との話し合いです。


人に車を貸す場合には、最終責任は、車の所有者です。
    • good
    • 0

弁護士に相談しましょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。訴えても相手方は賠償はできない。訴えても支払えないの一点張り。話し合いにも応じず、連絡も取れない状態だそうです。住所はわかっているので、友人と一度、話し合いに応じるよう訪問しても居留守ででてきません。費用もかかるので、公的な法律相談で解決方法を聞くしかないくらいです。また運転手についていろいろと近所で聞き込みをしていると暴力的な性格もあり、結局泣き寝入りとなるのか。くやしい限りです。

お礼日時:2013/02/09 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自賠責120万を超えた後の手取り額について

自賠責の120万円を超えた場合の自分の手取り額を教えて下さい
まだハッキリ全ての損害額が決まったわけではないのですが
自分で把握している最低限の金額です


総損害額175万円

治療費(自己負担は無し)たぶん50万程

通院期間202日

実通院日数148日

過失割合 自分30:相手70

損害額が120万を超えると根っこから過失割合がかかるというのは理解できるのですが、
175万円に過失割合をかけて出てきたものからさらに治療費を引くと書いてある書き込みを見たのですが、

175×0.7=122.5万円
122.5-50=72.5万円

この場合は72.5万円が手取りですか?
なんとなくひっかかるのですが、治療費も含めた全体に過失割合をかけて少なくなったのにそこからさらに治療費(まるまる10割分)をそっくりそのまま引いたら税金の二重課税のように同じ治療費に対して二度引かれてる気がしてなりません。
そういう制度であれば仕方ないのかもしれませんが。

それと自由診療でやっているのと、わけあって遠方の病院に通っていて実際にかかった30万程の交通費は出してくれるということですが、病院が取る治療費がもし仮に50万ではなくて60万、70万と取っていたとしたら自分の手取りはどんどん少なくなり、可能性としては出した交通費が戻ってきただけのような状態になったり慰謝料の部分がほどんとないような状態になることも考えられますか?
途中で病院も変えてレントゲンも何回か取っているので50万よりは治療費が高いような気がして心配です。


親切な方誰か教えてください
よろしくおねがいします

自賠責の120万円を超えた場合の自分の手取り額を教えて下さい
まだハッキリ全ての損害額が決まったわけではないのですが
自分で把握している最低限の金額です


総損害額175万円

治療費(自己負担は無し)たぶん50万程

通院期間202日

実通院日数148日

過失割合 自分30:相手70

損害額が120万を超えると根っこから過失割合がかかるというのは理解できるのですが、
175万円に過失割合をかけて出てきたものからさらに治療費を引くと書いてある書き込みを見たのですが、

175×0.7=122.5万円
122.5-50=72.5万円...続きを読む

Aベストアンサー

総損害額が 175万なので、過失割合から 相手方 175×0.7=122.5万
                      質問者様 175×0.3=52.5万 
                 
 がそれぞれの負担になります。

 ご質問の考え方ですと、治療費の50万は保険会社が立替しているので、相手方から受け取る122.5万のうち、既に病院に50万支払っていますので、122.5-50=72.5万 を受け取ることになります。

 総損害額から医療費を抜いた分を計算すると、 175-50=125万
  125万×0.7=87.5万が相手方から受け取れます。
 しかしながら、医療費の3割は質問者様が支払わなければならないので、50×0.3=15万となり、
  87.5-15=72.5万 で、最初の計算と同じ答えになります。

>可能性としては出した交通費が戻ってきただけのような状態になったり慰謝料の部分がほどんとないような状態になることも考えられますか?

 十分考えられます。交通費も出るとのことですが、こちらも過失相殺されませんか?
 過失割合がある以上、持ち出しの可能性もあります。

>それと自由診療でやっているのと、

 事故の時は、健康保険を使い、第三者行為の手続きをしたほうが良いです。
 まだ、通院しているのであれば、早急に手続きをしましょう。
 健康保険を利用すれば、一点10円で医療費が計算されますが、自由診療だと1点20円や30円で請求も可能ですので医療費も二倍三倍になります。
  http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,38520,92,149.html
 
 お大事に。

総損害額が 175万なので、過失割合から 相手方 175×0.7=122.5万
                      質問者様 175×0.3=52.5万 
                 
 がそれぞれの負担になります。

 ご質問の考え方ですと、治療費の50万は保険会社が立替しているので、相手方から受け取る122.5万のうち、既に病院に50万支払っていますので、122.5-50=72.5万 を受け取ることになります。

 総損害額から医療費を抜いた分を計算すると、 17...続きを読む

Q自賠責の120万と過失相殺について教えてください。

自賠責の120万枠を超えると、超えた分だけに過失相殺が適用され任意保険(地裁基準)になるのですか?それとも全体を通して(総額)過失相殺が適用になり、この場合は自賠責は無関係になるのでしょうか?
当方自転車で過失割合5、加害者は車で95です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>それとも全体を通して(総額)過失相殺が適用になり、この場合は自賠責は無関係になるのでしょうか?
根っこから過失相殺適用されます。超えた分だけに過失相殺するわけではありません。
5%過失ということは、126万が節目ですね。限りなく無過失に近い過失ですね。
総額126万×95%=119万7千円 この場合は自賠責120万満額、の支払いで、6万はあなたが自己負担
総額を過失相殺した結果の金額が120万を下回れば、自賠責限度枠120万が支払いされます。
総額150万なら×95%=142万5千円 -自賠責120万=22万5千円が任意保険の支払い 
あなたは 150万×5%過失=7万5千円があなたの自己負担
大抵は、慰謝料部分から相殺払いします。

無関係ということではありません、おそらく任意保険一括払いでしょうから、任意保険で自賠責部分立て替え払い 後日自賠責に任意ホケン会社が立て替え分を求償します。

Q運転手が危険運転致死罪のとき、同乗者の罪は?

限界まで酒を飲み、代行を頼む金がなかったからと運転した男が、危険運転致死罪で起訴された、というニュースを聞きました。
この車には同乗者がいたと思うのです。そこでお訊ねしたいのは、この同乗者にはどの程度の責任が問われ、どういった罪名でどの程度の量刑になるものでしょうか。
そして、運転をやめるように言った場合(やむを得ず、または心配でほっておけず同乗)と、大丈夫だろとけしかけた場合とでは、違ってくるでしょうか。情状酌量の余地はあるのでしょうか。
自分で調べようとしたのですが出来なかったので、どなたか教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

裁判は前例が結構効力を持つのでこちら↓はどう?

http://response.jp/issue/2003/0509/article50772_1.html

>どんなに制止してもやめなかった場合とか、どうなんだろう、夫婦だったら?

どんな事をしてでも制止しなければいけないのです。
もし、知人がそうなったら荒縄で縛ってでも止めて下さい。
当然背負う責任です。
放棄する事は許されません。

事が起こってからでは遅いんです。
運転させた以上は、死んで来い/殺して来いと言っているのと同じです。

参考URL:http://response.jp/issue/2003/0509/article50772_1.html

Q運転手側に罪のない場合の飲酒運転の適用範囲

飲酒運転についてですが、運転手が、居酒屋でソフトドリンクを注文したのにもかかわらず、飲食店側がアルコールを間違って提供してしまい、それに気付かず飲んでしまった場合、その後飲酒検問に捕まった場合は、運転手側に飲酒運転の罪はあるのでしょうか?
(運転手側は全く気付いていないとします。)
辛い食事をしているときや、カルピスとカルピス酎ハイなど分かりにくいと思いますしあり得るかと思い、この場合でも運転手側に罰則が適用されるのであれば居酒屋に行くこと自体ためらってしまいます。
実際、大勢で食事をしているときなど間違ってドリンクを渡されることなど常日頃です。

Aベストアンサー

この場合厳密に法律を適用すれば、無罪になる可能性があります。しかし、現在この事は、事実上無視されています。法曹三者が結託して行っているのでどうしようもありませんが。
どのような理屈で無罪になるかといえば、お酒の影響で判断能力の低下した状態で「車の運転を行うこと」を決定したと考えられるからです。
正常な判断能力の無い人の行為は処罰できません。もしくは影響の程度が少ない場合でも罪を軽くすることが法律に明記されています。
しかし、この事は立証が難しく現実的ではないと思われて無視されているのが現実です。
誤ってアルコールを口にしてしまった場合は、運転代行を頼むしか方法は無いのが現実だと思います。それに、アルコールが入った物かどうかは酒気帯び運転のレベルまでアルコールを摂取する以前に分かるのが普通だと思います。
法律上は飲食店が運転することが分かっていながらお酒を提供した場合お店にも罰則が適用されます。最悪は営業許可の取り消しになります。(風俗営業の場合)

Q運転代行を頼んだ場合、運転手が飲酒してた場合どうなるのでしょうか?

もし
飲酒をして
運転代行業者に運転手を頼んだ場合
運転手が飲酒していた場合
同乗者も罪に問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

運転代行業者が飲酒ということですか?

もちろん代行業者であろうと、飲酒運転のタクシードライバーだろうと、飲酒をしていることを知りながら同乗したのであれば、罪に問われる可能性はありますよ。
自分がへべれけ状態で運転していた人が飲酒していたなんて気がつきもしなかったのであれば、罪にはならないでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報