交流電力の問題で電圧降下法によるLおよびCの測定をする実験をおこなったのですが少しわからないことがあるので教えてください。実験は電流を0~1Aまで変えてI-V特性のグラフを描き、LとCの値を計算せよというものです。分からないところはコイルの測定の時なんですがI-Vグラフを描くとコンデンサの場合は直線(比例)になるのに対してコイルの場合はなぜ直線(比例)にならないんですか?(コイルの場合は電流をあげていくと電圧が上がらなくなってくるんですが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 誘導起電力が起きるからと言われたんですがどうなんですか?



誘導起電力が起きるからという理由では有りません。鉄心を入れると誘導起電力が電流に比例しないからです。

コイルに交流電流を流すとコイルの中に交流磁束が発生します。この交流磁束はコイルの電流を妨げる方向に誘導起電力(逆起電力ともいう)を発生し、これが釣り合うことによって、コイルに流れる電流が決まるのです。

> また鉄心の役目とは何なのですか?

次にコイルに鉄心を入れると磁束が強まって誘導起電力(逆起電力)が大きくなります。するとコイルに流れる電流は減ります。結局、鉄心はコイルに流れる電流を邪魔したことになります。(コイルのインダクタンスが大きくなった)

ところが、鉄心の中を通ることの出来る磁束の量には限りが有ります。
だから電圧を上げていく→磁束が増えない→誘導起電力(逆起電力)が増えない→電流がたくさん流れる。
ということになり、コイルのインダクタンスが小さくなっていきます。結局、逆に考えると、電流を増やしていっても電圧が増えないということですね。
    • good
    • 0

コイルには鉄心が入っているのですね。


すると電流値をあげると、鉄心に磁気飽和現象が起きてしまい、鉄心の役目をしなくなってしまいます。そのため、コイルのインダクタンスが下がって電圧が上がらなくなるのだと思います。

この回答への補足

誘導起電力が起きるからと言われたんですがどうなんですか?また鉄心の役目とは何なのですか?

補足日時:2001/05/28 10:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 10:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧降下法による抵抗の測定

電圧降下法による抵抗の測定において、抵抗値Xの高低により電圧計の接続個所を変える理由がどうしても分かりません。

どうか理由を教えてください。

Aベストアンサー

電流計と電圧計との位置関係で、被測定抵抗値により電圧計を電流計の前に入れるか後に入れるかと言う質問と思い回答します。

電圧計の針が振れる為には電流が流れる必要があります。
その電圧計を流れる電流が被測定抵抗を流れる電流に比べ無視できる値であれば前後どちらに入れても構いません。
が、無視出来ない場合は前に入れるか後に入れるかを判断する必要があります。
同時に電流計には内部抵抗があり、そこを電流が流れると電圧降下が生じます。この電圧降下が抵抗の両端の電圧に比べ無視できるか否かにより電圧計の挿入位置が変わります。

特に0.5%誤差品の特級と呼ばれる電圧計、電流計の内部抵抗はほとんどの場合無視できない値です。

Qなぜ商用電源は正弦波交流?

どうして商用電源は正弦波交流なのでしょうか?

正弦波交流の理由をどなたかご教授ください。

Aベストアンサー

電気を発生させるには磁場を動かす必要がありますが、もっとも簡単に
磁場を連続して動かすにはどうすれば良いでしょうか。
直線運動させるととんでもないスペースが必要です。
円運動させるのがもっとも合理的ではないでしょうか。
つまり、発電機は磁石が円運動して周囲のコイルに電流が発生しています。
円運動ですから固定したコイルとの距離はサインカーブで変化するでしょう。
したがって...

Qホイートストンブリッジの精度

ホイートストンブリッジで測定すると、精度がよいと聞いたのですが、それはなぜなんでしょうか?その理由を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

イメージとしてです。

初歩的な電気知識がある仮定で説明します。
回路図は省略しますが、回路の説明に前にキルヒホッフの法則を薄っぺらで良いですから、わかっていれば良いです。(特に第二法則)
この回路の真ん中の電流値がゼロ(*1)の時にホイートストーンブリッジの関係式で成立します。電気では電圧・電流・抵抗の3つの影響が発生するのに、
この回路では、抵抗だけです。よって、不安定要素が少ないのです。

*1これは、ここに電流が流れていないのではなく、上から5の力が流れているとしたら、下からも5の力が流れていて、結局、見た目は流れていないという事です。

Qブリッジ回路の平衡条件について教えて下さい。

ブリッジ回路の平衡条件について教えて下さい。

  ブリッジ回路において、A-B間の電位が等しくなり、電流計がゼロ(電流値が0 [A])を示す条件をブリッジ回路の平衡条件といい、抵抗(R1,R2,R3,R4)をタスキ掛けした値が等しい時にブリッジ回路の平衡条件が成り立つ。
○R1R4=R2R3

とあります。

何故このようになるのでしょうか?
この時、
R1+R3=R2+R4
になると考えても問題ないでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

R1とR3の点の電位Aと、R2とR4の点の電位Bが同じであれば平衡している状態ですね。
A点とB点が同電位となるには、
R3/(R1+R3)=R4/(R2+R4)・・・・が成り立てば平衡となります。
式を変形すると、
R1*R4=R2*R3・・・・となります。

>何故このようになるのでしょうか?
上の説明を参照ください。

>この時、R1+R3=R2+R4
>になると考えても問題ないでしょうか?
いいえこれは誤りです。
R1=R2、R3=R4 の場合のみしか成り立ちません。
R1*R4=R2*R3 か、R3/(R1+R3)=R4/(R2+R4)・・・・です。
 

QR-C直列回路にLを接続した時のLの働き

R-C直列回路の電流、電圧、電力の波形を測定するときに、電源の波形がひずんでいる時、インダクタンスLをそれに直列に接続するそうなのですか、このインダクタンスLを接続する意味、インダクタンスLの働きについて教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インダクタンスLのインピーダンスはjωLで表され,周波数が高いほど電流が通りにくいです。
交流電源がひずんでいる,すなわちきれいな正弦波でない場合,
高調波と呼ぶ高い周波数成分が載っています。
この高調波成分を通さないようにして,本来の正弦波成分だけを取り出すために,
Lを直列に入れたのでしょう。もっとていねいに波形をきれいにするなら,
直列にL,並列にCをつないだローパスフィルタ(LPF)を入れます。

Q交流電力のマイナス部分

R-C、R-L交流回路で、瞬時電力の波形を測定したときに、電力がマイナスになりますがこれはどういうことを意味しているのでしょうか? またどうして起きるのですか?
おわかりの方は是非教えてください.

Aベストアンサー

nanashisan の回答でよいとおもいます。若干補足を。

電力がプラスなら電力を消費し、電力がマイナスなら電力を発生(発電)しています。損失の無いLやCは全く電力を消費しませんので、プラスの時は電力を貯蔵し、マイナスの時に吐き出しています。プラスマイナスゼロということです。
発電所の発電機はマイナスの電力を消費します。(つまり、電力を送り出します)

発電機を外からまわすのをやめると、モータに変わってしまって、電力を消費するようになります。(これは余談です)

Q電圧降下法による抵抗の測定について

電圧降下法による抵抗の測定で、すべり抵抗器を使います。
そのすべり抵抗器の使用法で電位差計式と直列式があるのですが、
その長所と短所を教えてほしいです。

Aベストアンサー

[電位差計式と直列式]は一般的な用語ではありません。その実験の中で回路構成が定義されていると思われます。もともと電圧降下法は求めたい抵抗と摺動抵抗器を直列につないで電源電圧を分圧し、求めたい抵抗の両端の電圧と回路電流から抵抗値を求める技法で、電圧計もしくは電流計による誤差をどのように考察するのかというのが主眼になっています。そのことを念頭に入れれば解答があると思います。

Qホイートストン・ブリッジ回路について

測定の際に電源並び検流計のスイッチを入れたとき、切ったときに順番をどのようにしたらいいのか、順番と理由を教えてください。

Aベストアンサー

測定の際に電源並び検流計のスイッチを入れるとき、切るときの順番、ですね?

入れるとき;電源が先
切るとき;検流計が先

理由;検流計は感度が高いので、アンバランスだと大電流が流れて壊れるので、安定状態で接続し、切り離す必要があるため。

実験ですか? 普通指導者は、実験環境の破壊や、測定誤差を出さないようになどの注意事項は事前に周知するはずですけど、聞き逃したんでしょうか?
それとも、お門違いの助言でしたか?

Qなぜ等電位線に電流線を書くとき直交するのか?

タイトルに書いたように
電流分布を調べる時に等電位線に対して
電流線は直交するように描くのですが、どうして直交なのでしょうか?

事前に調べたのですが
等電位面と電気力線の関係はたくさんでてくるのですが
上記の質問に対しての記述は出てきませんでした
やはり似たような理由なのでしょうか
お願いします

Aベストアンサー

等電位線は、字のごとく、その場所の電位が何ボルトかを表す線です。
電界(電場とも言う)の方向は電気力線で表され、等電位線と直交します。
電流は電位の高いところから低いところに向かって流れます。
ということは、電流は電界の方向に沿って流れます。
よって、電流は等電位線と直行して流れるということです。


地図を想像してください。
山のてっぺんからボールを転がすと、等高線(等電位線に相当)と直交する方向に転がります。
等高線が詰まっているところは、傾斜(電界に相当)が強い場所です。

QオシロスコープのDCとAC

 まだ習いたてで、よく分かっていないのか、テキストの取り扱いの説明に、「AC/DCボタンを押すと直流・交流が入れ替わる」と書いてあるのですが、それは測る物によって選択するのですか? 乾電池は直流であるので、DCのモードにしておかないと測定できないということですか?

Aベストアンサー

通常はDCにして観測しますが、直流のオフセットがある信号を観測する場合はACにします。
たとえば、5Vの直流電圧に乗っている0.01Vのノイズ波形を観測したい場合、1V/divでは5Vであることはわかりますが、ノイズの波形は良くわかりません。
10mV/divにするとポジションをずらしても波形をみることができません。
このような場合、ACにして直流(5V)を除去すれば、ノイズ波形を詳しく観測できます。


人気Q&Aランキング