UMLの本としてよいものを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初心者向けでいいのでしょうか?


プログラムも初心者の私が読んだ本について参考になればと思います。

1.UMLモデリングエッセンス 第3版
 まずはこれ読んでよ言われ読んだ本です。
 英語が苦手な私は、クラス図などに使われる英語表記で苦労しました。なんとな~くわかった本です。

2.初めて学ぶUML 第2版
 最初の本に比べ、初心者向け。多少の説明不足は感じるが、絵が多くイメージはつかめそうな感じです。
 記号一つ一つを説明していて、簡単な問題もついてます。

3.実践UMLによるシステム開発(SEのためのVisioと.NET活用術)
 まずは図を・・・と、VisioのPROを購入。しかし、プロパティ項目が多すぎてどんな情報を入力するか混乱。
 そこでこの本を買いました。なかなかいい本です。UMLの各図の説明が読んだ中では一番わかりやすいかも・・・
もちろん、Visioの操作も解説付きです。

 今、UMLと奮闘中です。
    • good
    • 0

UMLの何を知りたいのですか?


 初歩的な事?
 実践例?
 記述方法?

 それによってよい本の定義は違いますよね?

 検索サイトで『UMLの本』っで検索すると沢山ヒットします。それで探してみるのもよいと思うのですが...

私は以下の本で覚えました(??)
『実践UML - パターンによるオブジェクト指向開発ガイド』

Craig Larman著/依田光江訳/今野睦,依田智夫監修
539ページ,5,000円
ISBN4-89471-077-3
(株)プレンティスホール出版(現(株)ピアソン・エデュケーション)

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/pearsoned/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
UMLを勉強し始めたばかりなので、
その初歩について学びたいと思っていました。
上記の本を参考にしてみます。

お礼日時:2001/05/22 15:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMIDIの一定ベロシティ以下のノートの削除について

MIDIで作成されたデータの編集について知りたいことがあり、質問させていただきます。
それぞれのノートのベロシティのばらばらなMIDIデータが手元にあるのですが、そのMIDIデータから、ある一定ベロシティ以下のノートを削除したいと考えております。(例えば、「ベロシティ50以下のノートをトラックから全て取り除く」といったことです。)
そこで質問なのですが、上記のように指定したベロシティ以下のノートを削除するフリーソフトがあれば教えていただきたいのです。
もしくは、私はシーケンサとしてDominoを使っているのですが、Dominoで上記のような処理を行えるのであれば、その方法を教えていただければ幸いです。

お手数ですが、質問にお答えいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

※MIDIに触れて間もないので、用語の使い方など間違っていれば申し訳ありません。

Aベストアンサー

Dominoだと、こんな感じで処理出来ると思います。

1)編集(E)→すべて選択(A)
  ※他トラックか全トラックも同時に行いたい場合は、
  編集(E)→範囲の選択(J)で、対象トラックや小節の範囲指定
  (選択の種類はトラックリスト(T)で)
2)編集(E)→ノートのみ選択(Z)
3)編集(E)→選択範囲の絞り込み(F)で、
  Value/Velocity値の範囲で絞り込む(V)にチェックし、
  範囲を0~50に設定
4)編集(E)→切り取り(T)か削除(D)

これで「ベロシティ50以下のノートをトラックから全て取り除く」となります。
尚この場合、ベロシティ50は削除対象ですので、50を残したい場合は、3)の設定を0~49にしてください。

QVBとVCとDelphiのよいところ、悪いところなどの違いを教えてください。

Visual Basic 6.0とVisual C++ 6.0とDelphi 6のよいところと悪いところはどういうところでしょうか。
ゲーム作成などに向いているのは上の3つのうちどれが一番いいでしょうか。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

どれも既に古いソフトですので、できれば新しいバージョンで考えた方が良いとは思いますが・・。

Visual Basic 6.0
良いところ――3つの中で、おそらくもっとも習得が容易です。あらかじめ用意されているコンポーネントを使う限りにおいては、かなり簡単にプログラムが作れます。
悪いところ――基本的に、「完全に」スタンドアロンなアプリケーションが作れません(ランタイムライブラリというDLLをインストールしないといけない)。また実行速度も3つの中では一番遅いでしょう。更に、用意されている機能以外のことをやろうとすると、いきなりWIN32 APIをコールするということになり、急激に難しくなります。

要するに、「すぐに覚えて何かをしたい」という人には最適だが、ある程度までいくと限界が見えてくる、という感じでしょうか。

Visaul C++ 6.0
良いところ――本格的なアプリケーション開発に十分耐えうる能力を持っています。Windowsアプリケーション開発のデファクトスタンダードともいえる「MFC」というライブラリを標準で利用するようになっています。多くの製品が、VC++で開発されています。
悪いところ――MFCによるプログラミングは、VBやDelphiなどに比べるとかなり難しいです。またC++自体がVBなどに比べると習得がかなり難しいものです。

だいたい「非常に高度なものまで作れるが、その分、使いこなせるようになるまでが大変」という感じですね。

Delphi 6.0
良いところ――比較的簡単で、しかも高品質のアプリケーションが作れます。VBなどよりは多少勉強が必要ですが、VC++などよりははるかに簡単にプログラムが作れます。またコンパイル速度はWindows用言語の中でも最速の部類に入り、作成されたアプリケーションも実に高速に動きます。またVBのようにランタイムなどを必要とせず、EXEファイル1つだけコピーすれば動くプログラムが作れます。
悪いところ――マイクロソフト製品でないところです(笑)。DelphiはPascalという言語の一種ですが、VBやVC++に比べると情報などは少ないです。

だいたいのイメージとしては「VC++とVBのいいところをあわせたような感じだが、マイナーであるために苦労することもある」というところでしょうか。


全くプログラミングをやったことがないならVBという選択もありますが、個人的には「Delphi 6.0」のPersonal版というものが一番のおすすめですね。無償配布されている(参考URL)のでタダで手に入りますし、これだけで本格的なアプリケーションが作れます。
 フリーウェアのゲームなどでは、Delphiで作成されたものがかなり多く、ゲーム作成などにも向いていると思います。Delphiは現在、Delphi 2005というのが最新版になっていますので、6.0 Personalを使ってみて、気に入ったら最新版を購入するなどもできますし。
 ただ、VBやVC++に比べると情報量はかなり少ないので、その辺りの苦労をいとわないのであれば・・という感じですね。

参考URL:http://www.borland.co.jp/delphi/personal/

どれも既に古いソフトですので、できれば新しいバージョンで考えた方が良いとは思いますが・・。

Visual Basic 6.0
良いところ――3つの中で、おそらくもっとも習得が容易です。あらかじめ用意されているコンポーネントを使う限りにおいては、かなり簡単にプログラムが作れます。
悪いところ――基本的に、「完全に」スタンドアロンなアプリケーションが作れません(ランタイムライブラリというDLLをインストールしないといけない)。また実行速度も3つの中では一番遅いでしょう。更に、用意されている機能以外...続きを読む

QGarageBandのベロシティ

GarageBandを使って曲を作っているのですが、鍵盤から打ち込むとベロシティにバラツキが出てしまい、一音づつ修正しなければなりません。音符を複数選択して直そうとすると、全体的に上がったり下がったりしてしまいます。複数選択して同一のベロシティにする方法はありませんか?

Aベストアンサー

残念ながら、複数選択して同一のベロシティにする方法は無いようです。
鍵盤側でベロシティ固定の設定が可能ならば、修正が少し楽になると思います。

QUMLについて

お世話になっております。

より上を目指すためにUMLを身につけたいと思っております。
そこで、みなさんに助言を頂きたく質問させて頂きます。
実務で使えるUMLの知識をつけたいと思っております。
もちろん一定の力があることを知るために資格に挑戦もしてみたいと思っております。
何か良い本はないでしょうか。
または、学習していくパスとしてこういうのがあるよというものもありがたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>実務で使えるUMLの知識をつけたいと思っております。

なら、これですね。

「ダイアグラム別UML徹底活用」
http://www.seshop.com/detail.asp?pid=6074

一般のUML本の多くが単にモデル図の説明だったりとか、百科事典的な要素が強かったりするのに比べて、上記の本ではちゃんと具体的にUMLをどう書いていくべきなのか、実際にモデリングするに当たってどのようなことに注意すべきかなどについて書かれています(こういったことはやってはいけない、とか)。単に読めればいいというレベルではなく、使いこなすレベルまで想定している方にとってはかなりお勧めです。

>もちろん一定の力があることを知るために資格に挑戦もしてみたいと思っております。

今現在も、国内では一つに統一されていなかったりする状況ですが、世界標準といった点ではやはりOCUPかなあと。

トップページ> OCUPとは
http://www.umlcert.org/ocup/index.html

Qタッチレスポンスとベロシティ

こんにちは。
DTMの入力用に安いMIDI端子つきのカシオトーンを買おうと思いますが、カシオトーンについているタッチレスポンス機能はすなわちベロシティ対応と考えていいのでしょうか?DTM初心者ですよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タッチレスポンス機能はすなわちベロシティ対応
>と考えていいのでしょうか?

はい。それでいいです。
ただし、感度が問題です。
出来れば、感度調整が出来るタイプの方が
しっくり来るとは思います。

あと、ピッチベンド・レバーは当然として、
モジュレーション・レバーもあったほうがいいですね。

あっ、それとアフター・タッチもあった方がいいかも。

欲ばるときりがないですね。(笑)

QUMLでの「オブジェクト」と「インスタンス」の違い

Java的な概念での説明や、単に「オブジェクト指向」と銘打つHPなどの説明では、「オブジェクト」と「インスタンス」は同じものとして扱われたり、「クラスオブジェクト」「インスタンスオブジェクト」等という言葉を持ち出し、単独の「オブジェクト」という言葉は存在しないなどと取れる説明をしていることが多いように感じます。

しかし、一般的にUMLを元にしたオブジェクト指向の考え方の下では「オブジェクト」と「インスタンス」という言葉は明確に使い分けられており、また「クラス」と「オブジェクト」は対極にあるものとして扱われるため、「クラスオブジェクト」等という言葉が使われることもありません。

下記URLと書籍では、「オブジェクト」と「インスタンス」を明確に使い分けています。
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/devs/object04/object04.html
テクノロジックアート UMLモデリングL1 P2,3

しかし、この使い分けのニュアンスの違いが理解できません。


オージス総研 初めて学ぶUML 21P
では、「型/インスタンス」→「クラス/オブジェクト」という明確な解を提示していますが、微妙な感じだし、何より前出の2者とは明らかに異なる意味合いで使われています。


人によって異なる意味合いで使われているということは理解しています。また、その人による微妙な違いもおおむね理解しているつもりです。しかし、上記の2者のニュアンスだけは理解できない状態です。このニュアンスがわかる方、解説よろしくお願いします。

Java的な概念での説明や、単に「オブジェクト指向」と銘打つHPなどの説明では、「オブジェクト」と「インスタンス」は同じものとして扱われたり、「クラスオブジェクト」「インスタンスオブジェクト」等という言葉を持ち出し、単独の「オブジェクト」という言葉は存在しないなどと取れる説明をしていることが多いように感じます。

しかし、一般的にUMLを元にしたオブジェクト指向の考え方の下では「オブジェクト」と「インスタンス」という言葉は明確に使い分けられており、また「クラス」と「オブジェクト」は...続きを読む

Aベストアンサー

「オブジェクト指向(開発)」や「UML」については
まったくわからない者です。
---

さっき本屋で買ってきた
「UMLユーザーガイド」(ピアソンエデュケーション)の
「インスタンス」の章には、

「『クラスのインスタンス』がオブジェクト」
「インスタンスとは、抽象概念の具体的な表れのこと」
「それを踏まえれば、インスタンスはオブジェクトとは限らない
(※例えば「関連」のインスタンスは、オブジェクトとは言わない)」
「この「微妙」な違いを「本当に」気にかけるのは、
「深い」経験のある「モデル作成者」だけ」
「インスタンスという用語とオブジェクトという用語は
ほとんど同義に使われる」

という主旨のことが書かれています。
(※つまり、インスタンスとは、
「クラスから作られた実体(オブジェクト)」だけを指す用語にとどまらず、
もっと広く「抽象的なものから作られた具体的な何か」を指す用語、
ということだと思うけど…)

でもこの本でも、その他の部分では、
2つの用語を「思いっきり同義につかっている」ようです。
---

この解釈は、
質問者さんのお挙げになった
「テクノロジックアート UMLモデリングL1」
「オージス総研 初めて学ぶUML」
の記述と符合するのでは?
このページ
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/devs/object04/object04.html
は、「使い分けてはいない」ような気がしますが…。
(というか説明になってないような気がする)
---

<オマケコーナー>

「Javaプログラミング」の入門ページですが、
http://www.nextindex.net/java/intro.html
http://www.nextindex.net/java/instance.html
これの「インスタンスという用語」についての解説を読むと、
「かなり別モノ」のようですが…。
(※この記述がどこまで正しい(※または一般的な)のかはわかりませんが…)

「オブジェクト指向(開発)」や「UML」については
まったくわからない者です。
---

さっき本屋で買ってきた
「UMLユーザーガイド」(ピアソンエデュケーション)の
「インスタンス」の章には、

「『クラスのインスタンス』がオブジェクト」
「インスタンスとは、抽象概念の具体的な表れのこと」
「それを踏まえれば、インスタンスはオブジェクトとは限らない
(※例えば「関連」のインスタンスは、オブジェクトとは言わない)」
「この「微妙」な違いを「本当に」気にかけるのは、
「深い」経験のある「...続きを読む

Qキーボード同士をMIDIケーブルで繋いだ場合の、ベロシティのオフの方法

SK-88 PRO(Roland)を受け手にKX-5(YAMAHA)をMIDIケーブルで繋いだとき、KX-5から入ってSK-88から出てくる音のベロシティをオフ(無効)にしたいのですが、どうすればよいか教えてください。

(KX-5を弾いたら、SK-88越しに音が出てくるようなセッティングにしています。)

ただ単純に、SK-88のベロシティをオフにはしていますが(SK-88を単体で使用した場合に、鍵盤を叩いても音の強弱は反映されない状態です)、KX-5を叩いてSK-88から出る音にはばっちり強弱がついてしまいます。
ここで音の強弱を無効にしたいのですが、どうすればよいのかお知恵をお貸しいただけますでしょうか。

※なお、ライブ使用したいため、後で音を編集するという方法はとれません。

両方廃盤のような古い機材で、しかも意味不明な使用方法で申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

最初に確認なんですが、ベロシティ“オフ(=0)”じゃなくてベロシティ“FIX(固定)”の間違いですよね?ベロシティオフだと音出ませんので...。

解決方法は2つあります。
1)間にMIDIプロセッサーをかますこと
2)SK-88のベロシティをFIXさせること

です。
1つ目はNO.1さんの言うとおりです。
2つ目はライブ使用ということも考えてトラブルの少ない方法で、SK-88を使用する方法です。

KX5は基本仕様でベロシティがコントロールできる、送信チャンネルが1または2で固定(選択可)です。ですので、SK-88本体のキーボードも使うことを考えて、ローカルをパートA(MIDI A)で使い、KX5をMIDI IN Bに挿し、パート17以降を使います。

MIDI IN Bからは行った信号はKX5の送信チャンネルに基づきパート17または18が鳴ります。このKX5の送信チャンネルで選んだパートの「パートごとのベロシティ」を固定させます。

具体的には取説のP107ページ(なければROLANDのHPから落としてください)にある、「パートごとに設定するパラメーターの働き」の中の「Velo DepthとVelo Offset」を設定します。depthを小さめに、Offsetを適宜です。グラフには一例として図6(Depth=64、Offset=127)で、ベロシティ=127の固定になっています。
ただこれだと弱く弾いてもいきなりでかい音が出ますので、パートボリュームで調整するか、Offsetを下げるかしないとPAがびっくりします。音量調節を忘れずに。

質問者様がやっているベロシティFIXはローカルに対してのもので、外部信号は無視されます(フィルターではないので)。ですので、受けのパートで固定値で受ける必要があるわけです。

また、MIDI IN Bを使う理由は、ローカルの設定をいじってしまうとどんなトラブルが起きてもその場で解決しにくいものです(とくにLIVEではあせったりして、普通のことを忘れたりします)。ですので、コントロールする信号を分けてしまい、最低限ローカルにはトラブルを及ぼさないようにすることが大事です。
だから、LIVEでのセッティングは家で済ませておき、会場ではMIDI In Bに挿すだけにしておきます。ここで間違えてAに挿すとローカル側に不備がおきかねないので、Bに挿すことだけ注意してください。この1点だけが注意事項です。

ローカルでもリモートでも同じ音色が使いたいなら同じ音色をパートコピーして使用してください。

最初に確認なんですが、ベロシティ“オフ(=0)”じゃなくてベロシティ“FIX(固定)”の間違いですよね?ベロシティオフだと音出ませんので...。

解決方法は2つあります。
1)間にMIDIプロセッサーをかますこと
2)SK-88のベロシティをFIXさせること

です。
1つ目はNO.1さんの言うとおりです。
2つ目はライブ使用ということも考えてトラブルの少ない方法で、SK-88を使用する方法です。

KX5は基本仕様でベロシティがコントロールできる、送信チャンネルが1または2で固定(選択可)です。ですので、SK-88...続きを読む

QUMLモデリングで知っていてあたりまえの用語について

先日あるConferenceに出席してきたのですが、
UMLモデリングで知っていて当たり前と言われてた用語を知りませんでした。わかる方教えてください。
「STS」、「7±2」、「契約による設計」
お願い致します。仕事で行ってきたのでレポートにまとめるのですが、意味が分からなくて困っています。

Aベストアンサー

インターネットで検索してみました。 下記のサイトで勉強してみて下さい。

●STS分割法
http://yougo.ascii.jp/caltar/STS%E5%88%86%E5%89%B2
●7±2
http://www.ogis-ri.co.jp/otc/swec/process/am-res/am/artifacts/packageDiagram.html
●契約による設計
http://www.umlcert.org/column/uml3_09.html

Qシンセの設定:弾く力に関係なく同じベロシティで鳴らしたいのですが…

当方ヘタクソなもので、鍵盤を弾く力がまちまちです。
そのため発音(ベロシティー)が安定せず、お粗末な演奏になってしまいます。
もちろんそれが味、ということも出来るとは思うのですが…

とりわけパッド音を一定のベロシティで発音させたいのです。
シンセについては素人同然なもので、設定がよくわかりません。
色々と弄っているうちに、妙な結果を生んでしまいます(;_;)
何と言う名前の所を、どう設定すれば良いのでしょうか?
どなたか、何卒ご教授お願いします!

Aベストアンサー

Korg X5を所有していました。
確か、ベロシティの設定を・・・
普通なら1~128(0~127?)のところを
100~128 というように範囲を狭くしてやるといいはずです。

ベロシティは一定でなく、ある程度範囲を持たせると自然な感じが残せて、よいと思います。

QUMLの勉強方法についてアドバイスください

UMLに興味を持ち、勉強をしています。
いい勉強方法やお勧めの書籍,セミナー等があれば教えてください。

まずは、OMG認定UML技術者資格試験のファンダメンタル合格を目指しています。

試験対策だけでなく、UMLの事を理解するにはこれ!といった情報も教えて頂ければありがたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

セミナーは受けた事が無いので一寸判りませんが、大学時代の経験から言えば、何かしらシステムモデリングするのが身になるかと思います。
技術指向であればデザインパターンのGOF本やMDA本絡みが、プレゼンや学術指向なら「UML モデリングのエッセンス」やビジネスモデルを語った本(書籍名忘れた…)等が良いかと。
モデリング言語だけに残念ながら「これ!」と言ったサイトに巡り合った事はないですね。

#何よりも大事なのはUMLの本質を判っている事かと


人気Q&Aランキング

おすすめ情報