人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

はじめまして。
文章が下手でわかりずらいと思いますが、よろしくお願いします。

質問内容は、世帯分離した親を扶養に入れられるかどうかです。

私は今、主人の両親と二世帯同居で暮らしています。
去年、同居していても世帯を分けることができることを知り、世帯分離届けを出しました。
この届けを出すには生計別なのが条件だと言われました。
元々生活費はすべて別、お互いにお金のことは一切知らない状態なので、問題ないと思い届け出をすませました。

しかし最近になり、義父(65才)が3月いっぱいで仕事を辞め、年金暮らしになるということで、義母だけでも主人の扶養に入れてくれと言ってきました。
義母が年金を貰えるのは二年先らしく、義父の年金だけでは2人分の国民保険を払えないとのこと。
でも、扶養に入るには生計が一緒であることが条件になっていますよね?

ということは、
せっかく分けた世帯を一つにしないといけないのでしょうか?
世帯分離をすると、高齢者医療なんとかが安くなるとも聞いたので、できれば一つに戻したくはないのですが・・・


無知でスミマセン。
本当に分からないので、詳しい方
回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

うちは同居ですが親と世帯は別々にしてい


ます。

親の家に入居するさいに、住民票の異動届かな?
世帯主欄の記入があったので、俺の名前書きました。

ですのでわが家は、親とうちら家族は同じ家に
住みながら別世帯です。

>義母だけでも主人の扶養に入れてくれと言って
 きました。

これは健康保険の扶養の事をいっているのですよね。
でしたら義母の年収が130万以下なら旦那
さんの健康保険の扶養に入れますよ(^^)

そもそも、義父だって会社を退職したので
あれば健康保険証はどうするのでしょうね?
義父は国保で義母だけ旦那の扶養にいれるの?
だったら義父も一緒に旦那の扶養にいれて
もらえばいいのになー。
旦那が社会保険なら扶養の人数で保険料が
UPしたりしませんし。

旦那の健康保険の扶養に入るのに住所が
同じなら世帯が一緒だろうだ別だろうが
関係ないですよ(^^)
おそらく健康保険の扶養にいれる歳の
届出書に世帯が一緒かどうかまでは書かされ
ませんから。
でも住所は書かされます。その住所が同じな
のですから問題はないですよ(^^)

とはいえ確実なのは
1)旦那の会社が加入している健康保険組合
 に電話する
2)旦那の会社の総務に確認する
のがいいでしょうね。

onza11さんも保険証もっていますよね?
そこに連絡先とか書いてありますから
onza11さんが直接聞いても問題ないですよ(^^)
ただし手続きは旦那の会社を通してになりますが。
    • good
    • 25
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました!
参考にさせていただきます!!

お礼日時:2013/02/14 14:26

 細かい条件により、お返事が変ってしまいますが、現在の情報だけで判断すると扶養に入れるのは、難しいかもしれません。



 健康保険扶養の条件
  http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …

 抜粋
  ○被扶養者の認定

 被扶養者に該当する条件は、被保険者により主として生計を維持されていること、及び次のいずれにも該当した場合です。

(1)収入要件
年間収入130万円未満(60歳以上又は障害者の場合は、年間収入※180万円未満)かつ

同居の場合 収入が扶養者(被保険者)の収入の半分未満
別居の場合 収入が扶養者(被保険者)からの仕送り額未満

 
 まず、お母様だけを扶養に入れるとのことですが、「被保険者により主として生計を維持」を考えた場合、お父様が主としてお母様の生計を維持していない理由が必要です。
 また、住民票が別なのであれば、仕送りをしている(口座振込みなどの提示)証明が必要になります。

 お父様がお仕事を辞めて年金受給になった場合、年金額により、同居の方がよいか世帯分離のほう通いか変ります。
 
 高齢者医療・・後期高齢者医療のことだと思います。
 後期高齢者医療は75歳以上です。
 
 お父様の年金収入で、非課税所帯になる場合とならない場合では、判断が変ります。
 非課税所帯では、介護保険などの一部負担金などの上限・入院時の食事代の減免などがあります。
 しかしながら、年金の金額で非課税所帯にならないのであれば、世帯分離するメリットはほとんどありません。

 ご両親が非課税所帯の場合の世帯分離のメリット

  ご両親が非課税所帯になった場合、介護保険・国保の保険料などの減免が受けられる。
  保育園などに入園する時に、親の収入証明などが必要なくなる。

 世帯分離のデメリット

  住民票など、同一世帯でないと代理手続きに委任状が必要
  扶養にする場合、送金の実績などが必要


 お父様は3月までお仕事をされていたので、昨年の収入も多く、今年の国民健康保険料も高額でしょうし、住民税も昨年の収入から計算されるので、たいへんかもしれません。
 しかしながら、来年は、健康保険料もかなり減ると思います。

 子世帯が住宅ローン・義母の車のローンを負担しているなど、今現在の負担でいっぱいだと思います。

 単純に、扶養に入れないと言ってお断りするよりも、健康保険組合に確認して、扶養は無理であるとの返事をいただいた方が、断りやすくありませんか? 
 ただ、健康保険組合の扶養の基準は、統一されたものではありません。
 
 お父様の年金額により、判断が変ると思います。
 でも、お父様の年金額を聞く勇気・・ありますか?(苦笑)
  

この回答への補足

詳しい説明ありがとうございます。

義父の年金額は月に8万程度だと聞いています。細かくは聞いていないので、はっきりはしませんが・・・

私的には断りたいのですが、主人は扶養に入れてあげたいみたいです。

補足日時:2013/02/14 14:22
    • good
    • 12

>親を扶養に入れられるかどうかです…



何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>でも、扶養に入るには生計が一緒であることが条件になっていますよね…

だから何の話か的を絞らないと、安易な回答はできません。

この回答への補足

言葉が足りずスミマセン。
社会保険の話です。

補足日時:2013/02/14 13:57
    • good
    • 24

単純に義母さんの保険料金額を現金で負担してあげればいいのでは?


国民健康保険とのことで世帯合算で請求が来るでしょうから、厳密にはそのうちいくらがお父様分、いくらがお母様分との計算も出来ませんが、この金額の計算についてお住まいの市町村に相談されてみるのも手かも知れません。

あとは扶養にすることで税金の控除対象額、医療費、今後の介護費用・・・・しっかり収入のある質問者様一家(世帯)と同一世帯になると言うことは、すべてその世帯単位で計算されることとなりますので、お母様個人にとってはすべてが負担増となりかねません。(実際は誰が負担し支払うかは別として)

どちらをとるかはお任せします。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
説明が詳しくなくてスミマセン。
生活費がべつとはいえ、住宅ローン、光熱費などは主人が支払いをしています。義母の車のローンも主人が払っています。
義父には固定資産税を払ってもらっていますが。
私たちも子供が三人いて主人だけの収入で生活しているので余裕がありません。
私も子供が産まれたばかりで働けないので。
なので現金の負担はキツイです。
主人の社会保険に入る分にはうちの負担が増えることはないそうなのですが・・・逆に税金が安くなるとか。
実際どうなのでしょうか?

補足日時:2013/02/14 12:45
    • good
    • 17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世帯分離と扶養控除

確定申告で 世帯分離した母親の扶養控除がはずされてしまいました。

昨年85歳の母親が入院、要介護5の認定を受け7月に特養に入所。
その際費用の面からも世帯分離を提案され世帯分離しました。
市役所から特別障害者認定も受けています。

申告に行ったところ、世帯分離しているから扶養控除、障害者控除はできません。
母親の医療費合計70万も7月以降の領収書についてはすべてダメ。
そのため還付金も当初の計算の半分以下となりました。

特養施設の負担軽減、所得税の軽減、両方のメリットを受けることは
できませんとのことです。

世帯分離と扶養控除は調べてみるといわゆるグレーゾーンにあって
対応職員によってはOKの場合もあるようです。

申告は税務署ではなく市役所で行いました。

特養施設の費用は私の口座からの引き落としで支払っていますが
母親の年金の範囲で収まっています。

はたしてこの申告でよかったのか疑問です。

もう一点
障害者控除認定書にも書かれていますが
本認定書は確定申告等で障害者控除を申告する際必要となりますと。

世帯分離してしまうとこの認定書は全く意味のないものになって
しまうのですか。

確定申告で 世帯分離した母親の扶養控除がはずされてしまいました。

昨年85歳の母親が入院、要介護5の認定を受け7月に特養に入所。
その際費用の面からも世帯分離を提案され世帯分離しました。
市役所から特別障害者認定も受けています。

申告に行ったところ、世帯分離しているから扶養控除、障害者控除はできません。
母親の医療費合計70万も7月以降の領収書についてはすべてダメ。
そのため還付金も当初の計算の半分以下となりました。

特養施設の負担軽減、所得税の軽減、両方のメリットを受けるこ...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>世帯分離と扶養控除は調べてみるといわゆるグレーゾーンにあって対応職員によってはOKの場合もあるようです。

「扶養控除」と「世帯分離」は無関係です。

「世帯分離」と関係があるのは、あくまでも「住民票」の登録状況をもとに提供される「行政サービス」です。

---
まず、「扶養控除」は、以下の4つの要件以外には制約はありません。

『No.1180 扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
『生計を一にする Q&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
※あくまでも「税法上の判断」です。「生計を共にする」とも違います。

どこを見ても「市町村に登録する住民票」は出てきません。
これは、「障害者控除」「医療費控除」も同様です。

『No.1160 障害者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm
『No.1130 社会保険料控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

「税法」が「住民票」を問題にしていないことがお分かりいただけましたでしょうか?

一方で、「自治体の行う行政サービス」は、「市町村国保」「介護保険」「後期高齢者医療制度」など、「住民票(住民登録)」を基礎に制度が成り立っているといってもよいものです。

ですから、「負担軽減が目的の世帯分離」は、「費用負担の公平性の捉え方」や「財政事情」などにより、自治体ごとの対応にはバラつきがあります。

ご指摘の通り「グレーゾーン」です。

そもそも「住所とは何か?」が裁判で争われたりしますので、「住民票」については昔から「グレーゾーン」が存在する(しやすい)制度と言うことができます。

『住所変更手続きの実際』
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/tetuduki.html
『誰も教えてくれない住民票の話』
http://members.jcom.home.ne.jp/hitosen2/dareju.html

『Q.住民票の移動(異動)が遅れた場合、罰則がありますか。』
http://xn--pqqy41ezej.com/?p=497
『Q.生活の本拠(拠点)とは何ですか(生活の本拠の判例解説)。』
http://xn--pqqy41ezej.com/?p=269

---
以上のことから、「税金」については、「あきらかに控除の要件を満たす」のであれば、税務署で申告し直せばよいでしょう。

もともと「所得税の確定申告」は、【自己申告】にもとづいて行う「申告納税制度」ですから、「納税者が正しいと思う申告」で良いものです。
「申告内容が適正か?」は申告の後に税務署が確認し、必要があれば連絡があります。

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。
『確定申告後に税務署から来署案内?』
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-594e.html

仮に税務署から「修正申告」を求められても、税務署を納得させるだけの材料があれば、応じる必要はありませんし、「更生処分」により強制的に税額が決定されても「不服の申し立て」が可能です。

このような仕組みになっているため、「法的に問題のない申告」を、税務署が恣意的に認めないと、後々「税務署」自身の首を絞めることになるので、「わけの分からない指導」は基本的に行なわれません。

---
しかしながら、「世帯分離」と「特養の費用負担」については、「税務署」は感知しませんので、あくまでも、tak60jpさんと自治体の間で決着させなければなりません。

また、「障害者」の認定と「世帯分離」には、何の関連もないことは明白ですから、落ち着いて対処されてください。

-----
(参考情報)

『税務署が親切』
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm
『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
※「法定申告期限(2/16~3/15)」は、臨時職員さんを動員して「相談をさばいている」状態です。相談したら所得部署と名前などをよく確認しておいたほうが良いです。

『税務上の取扱いに関する事前照会に対する文書回答について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/jizenshokai/bunsho/gaiyo01/01.htm

---
『法テラス>サービス一覧』
http://www.houterasu.or.jp/service/index.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>世帯分離と扶養控除は調べてみるといわゆるグレーゾーンにあって対応職員によってはOKの場合もあるようです。

「扶養控除」と「世帯分離」は無関係です。

「世帯分離」と関係があるのは、あくまでも「住民票」の登録状況をもとに提供される「行政サービス」です。

---
まず、「扶養控除」は、以下の4つの要件以外には制約はありません。

『No.1180 扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
『生計を一にする Q&A』
http://www.nta.go.jp/taxans...続きを読む

Q同じ住所での親子の世帯分離

今両親と同居していますが、
同じ住所で世帯を分離することはできますか?
またデメリットはありますか?
結婚をするわけではありません。
分離したいから、するというものです。

・父は自営で、国民健康保険、国民年金。(受給年齢はまだ)
・私は会社員で会社の共済に加入、もちろん父の扶養にも
 入っていません。
・現在世帯主は父で、私はその一員。

この状況で、世帯を分離したとして
何か変わること、不利な点
(私個人の税金額が変わるとか、その他)
があれば教えてください。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>同じ住所で世帯を分離することはできますか?
はい。単に「世帯分離届」を出せばよいだけです。
ちなみに役所によっては親族で同一住所で別世帯というのを嫌がるところがあります。ただ法律上はこの世帯分離届は許可が必要なものではなく、申請を受けると受理しなければならないものです。

>またデメリットはありますか?
ご質問の条件ですとないです。

>何か変わること、不利な点(私個人の税金額が変わるとか、その他)
何もないです。

Q世帯主について(親と子を別にする場合のメリット・デメリット)

この度、任意継続から国民健康保険へ切り替えます。
※2年間の期限が満了したため。

国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい意向を
市役所に申し出たところ世帯主を別にしないと、個別の支払いは出来ないそうです。

現在父親と私と私の嫁と娘の4人暮らしで、世帯主は父親です。

そこで質問です。

世帯主を別にする事で、何かメリット・デメリットはありますか?
例えば税金が変わるとか、相続上に問題があるとか・・。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい…

国保に関してのみ言えば、それは損です。トータルした保険税は高くなります。

国保税の算定は、「所得割」「資産割」「均等割」「平等割」「資産割」の 4つからなっています。
このうち、人数に応じて課せられる「均等割」だけは、世帯分離しても結果としては一緒になりますが、「平等割」は完全に 2倍になります。
「所得割」「資産割」についても、2倍になるわけではありませんが、今までどおりということでもありません。

保険税の支払いを分けたい理由まで詮索しませんが、家族として高くなることをじゅうぶん念頭に置いてご判断ください。

>例えば税金が変わるとか…

税法上の「生計を一にしている」と言えなくなるおそれがあり、親御さんを扶養家族にすることができなくなります。結果としてあなたの所得税が高くなります。
何歳ぐらいの方か存じませんが、現在は関係なくても、いずれは親御さんを扶養しなければならないわけで、そのあたりのデメリットも出てきます。

参考URL:http://www.kokuho.or.jp/kokuho/

>国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい…

国保に関してのみ言えば、それは損です。トータルした保険税は高くなります。

国保税の算定は、「所得割」「資産割」「均等割」「平等割」「資産割」の 4つからなっています。
このうち、人数に応じて課せられる「均等割」だけは、世帯分離しても結果としては一緒になりますが、「平等割」は完全に 2倍になります。
「所得割」「資産割」についても、2倍になるわけではありませんが、今までどおりということでもありません。

保険税の支...続きを読む

Q社会保険について、別世帯でも扶養の対象になりますか?

社会保険の扶養について教えて下さい。

現在、国民保険に加入している主人の扶養になっているのですが
同じ住所に住んでいる母は社会保険に入っています。

母とは別世帯で住民登録しているのですが
母の社会保険の扶養親族として登録出来るのでしょうか?

主人の扶養に入って居るのは
妻(私)と子供2人です。

移動できた場合のメリットとしては
私の国民年金と、3人の国民健康保険料を支払わなくて住む事
母の所得税&住民税が安くなる事

デメリットとしては
主人の所得税&住民税が高くなる事でしょうか?教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>母の社会保険の扶養親族として登録出来るのでしょうか?
 ・健康保険の扶養は、母親の健康保険の規定次第です・・確認して下さい
協会けんぽの場合の基準
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,230,25.html
 ・国民年金は不可です・・第3号被保険者になれるのは配偶者のみですから
 ・健康保険の扶養に入れた場合も、国民年金は自分で払う事になります

Q扶養控除を増やすため、世帯分離している父親を自分の扶養家族するべきか迷

扶養控除を増やすため、世帯分離している父親を自分の扶養家族するべきか迷っています。

世帯を分けている親(1人)が隣地に住んでおり、現在は、それぞれが世帯主なので申告は
別々にしています。
※市民税非課税だった親の介護保険料が値上がりするので、世帯合併するのを躊躇しています。

親の現状
・68歳で1人世帯
・100万未満の年金と、バイト収入100万未満の収入あり。
・確定申告をしている
・源泉は0円で、市民税も非課税世帯

自分の現状(1人世帯)
・パート勤務で申告は会社で行っている。
・国民健康保険加入
・源泉あり、市民税課税世帯

【不明&質問事項】
1.会社で年末に記入する「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を見ると、世帯主の
 名前を 書くところがあるが、世帯分離していると扶養にはできないのでしょうか?
 (別の世帯主を扶養にできない?)

2.扶養の申告をすると、国民健康保険も同一になってしまいますか?

3.扶養親族にできる場合、親の所得が38万以下なら単純に控除が増えると考えていいのでしょうか?
 (世帯を別にしたままの場合は、父親は改めて確定申告の必要があると思いますが)

税務署HPやネットで検索しましたが、はっきり分からない点がありましたので、よろしくお願いします。

扶養控除を増やすため、世帯分離している父親を自分の扶養家族するべきか迷っています。

世帯を分けている親(1人)が隣地に住んでおり、現在は、それぞれが世帯主なので申告は
別々にしています。
※市民税非課税だった親の介護保険料が値上がりするので、世帯合併するのを躊躇しています。

親の現状
・68歳で1人世帯
・100万未満の年金と、バイト収入100万未満の収入あり。
・確定申告をしている
・源泉は0円で、市民税も非課税世帯

自分の現状(1人世帯)
・パート勤務で申告は会社で行っている。
・国民健康保...続きを読む

Aベストアンサー

>1.会社で年末に記入する「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を見ると、世帯主の
 名前を 書くところがあるが、世帯分離していると扶養にはできないのでしょうか?
 (別の世帯主を扶養にできない?)

できますよ。

>2.扶養の申告をすると、国民健康保険も同一になってしまいますか?

扶養の申告と国民健康保険は別です。

>3.扶養親族にできる場合、親の所得が38万以下なら単純に控除が増えると考えていいのでしょうか?

それは逆でしょう、親の所得が38以下であれば扶養控除を受けられるのです、そして扶養控除を受けられれば控除が増えて課税所得が減り、税金が減ると言うことです。

>(世帯を別にしたままの場合は、父親は改めて確定申告の必要があると思いますが)

世帯は関係なく確定申告の必要があればするし、する必要がなければしません。
そもそも確定申告は個人レベルのもですから世帯とは直接関係ありません。

質問者の方は世帯と生計をごっちゃにしています。

>※市民税非課税だった親の介護保険料が値上がりするので、世帯合併するのを躊躇しています。

これは同一世帯でないことが条件です。
ですから

>※市民税非課税だった親の介護保険料が値上がりするので、世帯合併するのを躊躇しています。

これは正しい処理です。

>世帯を分けている親(1人)が隣地に住んでおり、現在は、それぞれが世帯主なので申告は
別々にしています。

世帯と申告は関係ありません、申告は世帯ではなく個人レベルの話です。
扶養控除は同一生計であることが条件です。
つまり現状は同一生計ではあるが同一世帯ではないと言うことです。
ですから扶養控除を受ける同一生計は満足させているし、介護保険や国民健康保険が上がらないように別世帯であるということです。

>1.会社で年末に記入する「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を見ると、世帯主の
 名前を 書くところがあるが、世帯分離していると扶養にはできないのでしょうか?
 (別の世帯主を扶養にできない?)

できますよ。

>2.扶養の申告をすると、国民健康保険も同一になってしまいますか?

扶養の申告と国民健康保険は別です。

>3.扶養親族にできる場合、親の所得が38万以下なら単純に控除が増えると考えていいのでしょうか?

それは逆でしょう、親の所得が38以下であれば扶養控除を受けられるので...続きを読む

Q(確定申告)世帯分離ですが扶養控除できますか

タイトルの通りですが 同居している両親とは世帯を別にしてます。
両親は国民年金のみなので生活費などほとんどを私が面倒みてます。
この場合私の確定申告(白色です)の際、 この両親も扶養控除に記入しても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

>両親とは世帯を別にしてます…

住民票が別という意味ですか。

>この両親も扶養控除に記入しても…

扶養控除の要件に、住民票上の同一世帯に限るという文言はありません。

>両親は国民年金のみなので生活費などほとんどを私が面倒…

あと、他の者の控除対象扶養者、控除対象配偶者になっていないこと、事業専従者にもなっていないことなどの要件も満たすなら、特に問題はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q世帯分離したら扶養になれない?

夫の会社の給料システムが変わり、4月から世帯主でないと家族手当が支給されないことになりました。

それまで同居の義父の名前を世帯主にしていたので、さっそく役所に行き、主人を世帯主に変更しようとしました。

すると、義父の後期高齢者医療の保険料に影響すると聞きました。
義父が世帯主のままなら、義父個人の所得で保険料が決まるけど、夫を世帯主にすると家全体の所得で保険料が決まる。
当然、義父の健康保険料は高くなるというのです。

それで、世帯主変更ではなく、世帯分離の手続きをしました。

後期高齢者医療制度の見直しが叫ばれていますが、もし、この制度がなくなったら、再び義父を夫の社会保険の扶養に入れたいのです。

世帯分離したままで、社会保険の扶養に出来るでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 社会保険の扶養については,一般的に,次のように考えていただければ良いと思います(お勤め先によって多少の違いはありますが…)。

1.被保険者(本人)に扶養能力があること
2.扶養家族にしたい人の年間収入が一定額以下であること
3.被保険者(本人)と扶養家族にしたい人との間に親族関係があること
4.被保険者(本人)と扶養家族にしたい人との間に生計維持関係があること
5.被保険者(本人)と扶養家族にしたい人との間に同一世帯関係があること

のすべてを満たすことが必要です。

・もう少し具体的には、

1 扶養能力の有無
  本人の年収が扶養家族にしたい人の年収の2倍以上あること。

2 収入金額
*収入金額…通達により扶養家族にできる人の年間収入は、59才までの人は130万円未満(60才以上と障害者の方は180万円未満)です。課税所得ではなく、すべての収入です。

*収入期間…年収の期間は前年度分または認定した日以後1年間の収入です。

3 親族関係の有無
  民法では扶養義務がある者の範囲として、夫婦、兄弟姉妹、3親等内の親族としているので、この範囲にあれば相互に扶養義務があるとされます。また、父母などの尊属の扶養については子供の共同責任とされていますので、大抵の会社が以上の者を対象にしています。

4 生計維持関係の有無
  生計維持関係にあるということは、主として被保険者(貴方ですね)の収入で生計をたてているということです。

*同居している場合・・・「同居」という事実だけで扶養事実があると認められます。

*別居の場合・・・毎月の送金額によって、扶養の事実の有無を判断します。通常の生活ができる妥当性のある金額が必要です。たとえば、父母の扶養は、父又は母の年収以上の金額に相当する送金していることを条件にしているところが多いです。

5 同一世帯関係の有無
 被保険者(本人)と一緒に住んでいるか否かで扶養事実を判断します。たとえば、妻の父母の場合、親族関係があり扶養義務があって、かつ生計維持関係があっても同一世帯でなければ扶養家族としてみとめられません。

 こんにちは。

 社会保険の扶養については,一般的に,次のように考えていただければ良いと思います(お勤め先によって多少の違いはありますが…)。

1.被保険者(本人)に扶養能力があること
2.扶養家族にしたい人の年間収入が一定額以下であること
3.被保険者(本人)と扶養家族にしたい人との間に親族関係があること
4.被保険者(本人)と扶養家族にしたい人との間に生計維持関係があること
5.被保険者(本人)と扶養家族にしたい人との間に同一世帯関係があること

のすべてを満たすことが必...続きを読む

Q住所が違うと扶養に入れませんか?

母の働いていた会社が倒産する事になり、会社を辞める事になりました。

私は結婚していて働いています。(夫、私、子供)

今までは、8時間勤務のパート勤務でしたが、今からは、日数も時間も短い、アルバイトorパートを探す予定です。

そこで、健康保険を私の扶養に入れたいと考えています。

でも、一緒に住んでいないので住所が違います。

住所の違う母を、私の扶養に入れる事が出来ますでしょうか?

Aベストアンサー

NO.4です^^

NO.6さんへの補足の中で気になったので…。
>失業給付を受けている間は、『任意継続?』というの手続きすると言っていました。(私はこちらの意味はよく分かりませんが)

昨今、任意継続の利点がほとんどなくなってきました。
今年の4月に法改正されたのが原因です。
まず単純に、任意継続の保険料は退職前給与から控除されていた保険料額×2になります。
医療機関に掛かる時の窓口負担も、昔はあった国保・健保の差がなくなっています。
そして、法改正により、任意継続後にかかった傷病に対する傷病手当金の申請も出来なくなりました。
更に、1度任意継続の手続きを取りますと、以降2年間は自己都合での資格喪失が出来ません。
単純に、「失業手当の給付も終わり、収入が少なくなったから娘の扶養に入るわ」では×なんです。
いろいろ抜け道はありますが、ここでそれをお教えする訳にはいきませんので…。

任意継続は退職後20日以内の申請が必要です。
その前に、役所に行って、国民健康保険ならいくらになるのかを計算してもらって下さい。
お母さんが特に大病なくいらっしゃるのでしたら、保険料額が少しでもお安い方をお薦めしますよ。
年金の方は60歳未満でしたら納めなければなりませんので、別個で役所の年金課でお訊ね下さい。
独居・低収入ですと、免除・一部免除が受けられるかも知れません。

NO.4です^^

NO.6さんへの補足の中で気になったので…。
>失業給付を受けている間は、『任意継続?』というの手続きすると言っていました。(私はこちらの意味はよく分かりませんが)

昨今、任意継続の利点がほとんどなくなってきました。
今年の4月に法改正されたのが原因です。
まず単純に、任意継続の保険料は退職前給与から控除されていた保険料額×2になります。
医療機関に掛かる時の窓口負担も、昔はあった国保・健保の差がなくなっています。
そして、法改正により、任意継続後にかかった傷病に...続きを読む

Q住民票の世帯分離を戻せないのはなぜ?

お世話になります。

成人した子供と暮らしています。(母子家庭)
事情あって、同居のまま、世帯分離をしました。
ですが、世帯分離の必要がなかったため、同一世帯に戻したいと役所に申し出たところ、そちらの事情で世帯分離したのだから戻せないと拒絶されてしまいました。
ネットで調べると、世帯分離しても戻せると書いてあるのですが、それは間違った情報なのでしょうか?
世帯分離する時に、「一度、世帯分離すると戻せません」などの忠告もありませんでした。
もし、戻すのであれば、子供が世帯主になっているところへ、親の私が入る形になるそうです。
なぜ、親のところに戻せないのでしょうか?
できるとすれば、子供の住民票を住民登録し、私の世帯に戻すくらいしかなく、住民票の異動も1年以上経っていないと戻さないとの事。
これはどういう法律なのでしょうか?
どういう目的があって、分離した世帯を同一世帯に戻せないのでしょうか?
ご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下のQ&Aの「回答No.12」をご覧になってみることをお勧めします。

『同じ住所での親子の世帯分離』
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2536549.html

「住民基本台帳法」「その市町村の条例」「職員さんごとの法律や条例の理解度」などによって対応が異なる可能性があることがご理解いただけると思います。

なお、【生活の実態】が「世帯(住民票)は一つとすべき状況」ならば、【法律上は】何も遠慮すること無く「世帯変更(合併)」の届けを出してかまいません。
また、「市町村」も受理しなければなりません。

「法的なこと」になりますと、「弁護士に相談すべき」ということになりますが、まずは「法テラス」など「公的な窓口」で相談されると良いでしょう。

『法テラス』
http://www.houterasu.or.jp/index.html

Q親族が同居していて別世帯とは…?

実の親子(親も子も離婚歴有)がひとつ屋根の下に
暮らしているのに、別世帯ということはあり得ますか?
また、もしそのような届けを役所に出すことに
何か問題はありますか?

いろいろ調べていたら、「世帯って何?」という根本的な問題に
ぶち当たってしまいました。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>お財布も一緒
例えが曖昧過ぎてかえって混乱しますね。
ごめんなさい。
お財布=財源 というより。
生計を支える財力と考えてください。
もし同じ口座、同じ収入源の財源で
同じお住まいに住んでいたとしても、
それで2つの生計分を支えられる力が
あるならばいいことなんです。
それはご自身の判断です。
ですけど、No.4さんが仰るように
同一世帯にする事で生じるデメリットもあり、
別世帯にする事で生じるデメリットもあります。
どちらが比べてみて不利になるかも
含めて当事者の判断に委ねられます。
これは以前にも様々に記載があると思いますが、
経済状況等を調査して別世帯かどうかという
判断まで自治体では行いません。

ちなみに健保ということは社会保険と
考えて宜しいですか?
でしたら、世帯が別でもあまり
デメリットはないと思います。
地方税が別世帯割りになるかもしれない
ですけど、No.4さんの仰る通りですね。
もっと心配なのは、親御さんと所得を
合算することで手当金の対象から外れる
可能性の方だと思いますよ。
逆に、税額計算上親御さんが同世帯だと、
扶養控除が出るかもしれませんし…。
本当に有利か不利かはケースバイケースです。

>お財布も一緒
例えが曖昧過ぎてかえって混乱しますね。
ごめんなさい。
お財布=財源 というより。
生計を支える財力と考えてください。
もし同じ口座、同じ収入源の財源で
同じお住まいに住んでいたとしても、
それで2つの生計分を支えられる力が
あるならばいいことなんです。
それはご自身の判断です。
ですけど、No.4さんが仰るように
同一世帯にする事で生じるデメリットもあり、
別世帯にする事で生じるデメリットもあります。
どちらが比べてみて不利になるかも
含めて当事者の判断に委ね...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング