出産前後の痔にはご注意!

今日ロシアに落ちた隕石が、明日16日に地球に最接近するというウン万トンの惑星の破片である可能性はあるのでしょうか? 軌道が変わった可能性はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

関係機関から、2012DA14とは関係なしとコメントが出ているようです。



参考URL:http://matome.naver.jp/odai/2136093193135077801
    • good
    • 0

 つい最近も、光速を超える素粒子が有るという研究成果?が出たばかりの、何も分からない事ばかりの世界ですから、別に、色々と夢があっても良いと思いますが。

こっちの方が、ずうーと滑稽。
    • good
    • 0

No-4の回答者さん、あなたのことですよ、分かりますか?こんなに小さい中性子しかも重量は計算したところ1mm立方18トンこれが1cm立法なら100倍です、計算してみなさい。

鉄でもいいから計算どうぞ。大気圏に入るととんでもない温度に上昇するんです、物理学を知ってる方ならこんな馬鹿げた回答をする人は居ませんから、未知の物質も有るんです。こんな鉄のの塊が僅か数10cmでも秒速何マイルもの速さで大気圏に突っ込んだならあのような光を発します。
    • good
    • 0

コメントで「兵器」だとか言ってる方、物理学をもう少し理解しましょうね。

質量が小さくても重量のある物質は人間が発見したものや未知の物も含めるとかなりの物質或いはブラックホール内には1mm立法辺りで数十トンにもある物質もあるのです。例えば中性子の重さをPCがあるなら確かめて下さい。とんでもない重量なんですよ、そんな物がレーダーで探知も不可能であり、軍事兵器だとか、すぐこういうバカげた陰謀説に走りたくなる輩が多すぎます。バカげた回答する前に如何に人間が無知なのかを身をもって知るべきです。1cm立法辺り数百トンともなりますよこの中性子は。
    • good
    • 0

No.4さん



思いきり隕石のようですよ

隕石の直径が45メートル以下だと、そもそもどこに落ちるなど計測すら出来ないそうです

だから衝突前になんの発表もなかったわけです

それを軍の情報操作とか話がすごい飛躍してますが、今回どれだけこういう素人の見解がいい加減で大げさなものかと改めて再認識しました

こういう情報に踊らされないように騒ぐ前にしっかりと情報の確認をしなければなりませんね

質問者も質問して分かったでしょう

正しい情報が入る前から騒いだところで憶測が憶測を読呼んで正確な情報とかけ離れた話ばかりが乱立するのですよ
    • good
    • 0

これ、隕石なんかでは全くなくて、開発途中の最新の宇宙兵器の実験で、それが実験途上に想定外の事態発生となってしまって、このたびの結果に、との情報があり、ある程度、説得力相当ありです。


隕石という自然現象に見せかけただけ、で、この実験の主体国は、いったい…?
これはわかりません、今のところの情報では残念ながら、ロシアかアメリカか、はたまた…?
ただ、とんでもない宇宙技術と軍事技術、これが実は着実に現実に進化している、というのは事実のようです。
隕石というものが、地球大気圏内に突入してもなお、1トン近くの重量と形状を保ちながら?、であれば、その本来の大きさの巨大さは?そして、そのそれを予測することが全くできなかった?地球上の全ての国家が?米・露・欧…。
どう考えても、おかしいでしょう、変でしょう…?
例えば、軍用レーダーでもって、向かってくる、超音速で、これを事前に全くもって補足・把握すらできていなかった?
こんなこと、あり得ない、とは思いませんか?
疑問に感じませんか?
決して隕石なんかではありません、と思っております、私は。
    • good
    • 0

 小惑星2012DA14は直径46m、質量13万トンの岩塊ですが、重力が小さく、周辺の空間に大小様々な岩石や塵が浮遊していて、その一つが地球に落下した可能性はあるでしょう。

小惑星本体の軌道が変わったわけではないようです。

 衛星を持つ小惑星が多く存在するのがわかっていますから、衛星があれば、地球に落下する可能性もあります。衛星と言っても、直径数メートルの岩石に過ぎないものでしょうが。

 小惑星2012DA14は地球重力の影響を受けているようで、軌道が変わり始めているようです。周辺に存在する小さな岩石や塵も地球重力に引き寄せられているはずです。

 大きな衝突は無いようですが、小隕石の落下が起こる可能性は今後もあるでしょうね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/2012_DA14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どう間違っても、日本には落ちないと考えてよいのでしょうか? しかし、もし破片とすれば、落ちても南極に落ちるという惑星の破片が、北半球のロシアに落ちる可能性ってあるのでしょうか?

お礼日時:2013/02/15 19:58

2012DA14自体は今回、仮に地球に落下するとしても、落下予想地点は南極辺りで被害も大きなものではないようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

軌道が変わって落下するとしても南半球に落ちると考えて良いのでしょうか?

お礼日時:2013/02/15 19:51

まだ詳細が明らかになってないと言うか、その隕石がまだ見つかってないうちからウダウダ騒いでもしょうがないでしょう



そんなことはあと数日すればわかること

仮に、明日最接近する予定の惑星の一部って判明したところで今すぐに出ていく準備はできてるのかよ?

何もしないくせに

おまえみたいにヘタに騒ぎ立てるヤツがいるから回りは迷惑なんだよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まあ落ち着いて(笑)明日の惑星はたかだか直径46m、恐竜を絶滅させた直径10kmのものとは違います。人類絶滅なんて話にはなりません。落ちるとすれば、落ちる場所も時間も分かるはずですから、慌てなくても逃げられるはずです。落ちそうな場所は知っときたいですね。

お礼日時:2013/02/15 19:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング