北海道から関東に来て、梅雨の期間中に周りで入梅入梅って言っているんだけど、
皆さんは梅雨の事を入梅と言いますか?
例えば「入梅が明けない」とか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

気象と関係のある用語に中国生まれの24節季(立春、立夏、立秋、立冬、啓蟄など)と日本で生まれた八十八夜、入梅、土用などがあります。

これら日本生まれの
季節の呼び名は農作業から生まれたものです。農業人口が減り、町に住む人が多くなるにつれて、習慣化した名前は残っても、その起源が忘れられ外来語のように使われるケースがあります。『入梅が明けない』などまさにそのような例ですね。
入梅とは旧暦で梅雨の初日をさした言葉です。すなわち何時梅雨が始まるかが、農民にとってとても大切なことだったのです。現在は気象庁が昔と同じように、いつが入梅かで頭を痛めています。入梅は暦上の用語ですが、漢字が梅雨と同じ梅を使っているため、梅雨の別名という誤解が生じたと考えられます。今年の入梅は6月11日のようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答有難う御座いました。
梅雨の事を入梅って言うのはあるもんなんだなと認識しました。
今の雨はなんだかもう梅雨の感じですね。

お礼日時:2001/05/23 08:58

ついでですが、「梅雨」は本来「黴雨」でして、「梅」はあて字です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難う御座いました。

お礼日時:2001/05/23 08:45

梅雨に入ることを「入梅」「梅雨入り」


梅雨が明けることを「梅雨明け」「梅雨が明けた」などと、言います。
「梅雨」は、その「入梅」から「梅雨明け」までの間の状態を言います。

「入梅が明けない」は使いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。
「入梅が明ける」「入梅が明けない」はちょっとやり過ぎました。
まわりで結構「入梅だから…」と言うような話を聞くもので。
《回答No.3の方のお礼と同じですみません》

お礼日時:2001/05/22 20:14

「入梅=梅雨に入る」



ただし東日本では「入梅=梅雨」という意味もあるようです。
(辞書で調べました)

私は梅雨のことを入梅とは言いません。(東海地方)

【おまけ】
出梅=梅雨が終わる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。
段段わかってきましたよ。
入梅と梅雨を同義語で使ってもアリなんですね(私も使いませんけど)。
これからは梅雨=入梅って言っている人がいても気にしないようにしよう(^_^:
と。

お礼日時:2001/05/22 20:12

ちょっと補足しておきます。



「入梅」と「梅雨入り」は違います。
季節の変わり目をあらわすものとして、「彼岸」「土用」などが暦に記され
ていますが、「入梅」はこれらと同じたぐいのものです。「入梅」は大体
6月11日ごろだそうです。
しかし「梅雨入り」というのは、気象上、実際に「梅雨」という雨期に入っ
たということを指しますので、「入梅」と重なるかどうかはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもです。
なるほど。入梅って暦の話なんですねー。
これは勉強になりました。

お礼日時:2001/05/22 20:08

入梅(にゅうばい)=梅雨(つゆ)入りですので


質問のような言い方はしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。
「入梅が明ける」「入梅が明けない」はちょっとやり過ぎました。
まわりで結構「入梅だから…」と言うような話を聞くもので。

お礼日時:2001/05/22 20:06

入梅は、梅雨に入る事と認識していますが。

。。
ですから、梅雨=入梅ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難う御座いました。
私もそう思うんですよー。

お礼日時:2001/05/22 20:04

梅雨の時期のことを現在は「ツユ(梅雨)」と呼ぶことが標準的に


なっていますが、かつては東京を含めて東日本各地で「ニューバイ」
と呼んでいたことがあったようです。ですので、一部の方々には
その名残があるのかもしれません。

現在一般的な「ツユ」という呼び方は、もともとは関西の言葉だった
そうです。

ちなみに私は東京在住ですが、梅雨の時期のことは「ツユ」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。
梅雨の同義語としてニューバイってやっぱり言うんですね。

お礼日時:2001/05/22 20:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入梅って。

北海道から関東に来て、梅雨の期間中に周りで入梅入梅って言っているんだけど、
皆さんは梅雨の事を入梅と言いますか?
例えば「入梅が明けない」とか。

Aベストアンサー

気象と関係のある用語に中国生まれの24節季(立春、立夏、立秋、立冬、啓蟄など)と日本で生まれた八十八夜、入梅、土用などがあります。これら日本生まれの
季節の呼び名は農作業から生まれたものです。農業人口が減り、町に住む人が多くなるにつれて、習慣化した名前は残っても、その起源が忘れられ外来語のように使われるケースがあります。『入梅が明けない』などまさにそのような例ですね。
入梅とは旧暦で梅雨の初日をさした言葉です。すなわち何時梅雨が始まるかが、農民にとってとても大切なことだったのです。現在は気象庁が昔と同じように、いつが入梅かで頭を痛めています。入梅は暦上の用語ですが、漢字が梅雨と同じ梅を使っているため、梅雨の別名という誤解が生じたと考えられます。今年の入梅は6月11日のようですね。

Q梅雨は明けたのに、セミが鳴かない?

神戸に住んでいる者です。

この近辺は、七夕の翌日に梅雨明けしました。
ただ、
その数日前に雷雨があり、その後、遠くで一度だけセミの鳴き声もしたので、
その時から梅雨明け間近な気配は感じてましたが、
いざ明けてみると、どうも様子がおかしい!

セミの鳴き声が、殆ど聞こえてきません。
所用でよく宝塚にも通うのですが、そこでも同様です。
例年ですと、街中でも賑やかなのですが・・・

「自然災害と 動植物の異変」

何やら不気味です。
神戸以南で、梅雨が明けた地域の方々は、如何ですか?

Aベストアンサー

西日本で蝉が鳴き始めるのは7月中旬からです。まだ少し早いです。
基本的に梅雨明けと蝉のなき始めにはあまり関係がありません。
あと1週間もすればあのやかましさが今年もやってきますから安心してください。

Q入梅 つゆいり ラジオで同じことばっか 

入梅 つゆいり ラジオで同じことばっか 

入梅とか梅雨明けとか そんなに大事なのか

Aベストアンサー

来月下旬になると「梅雨明けはまだか」としつこいですよ。
毎年の事ですがニュースネタがないのでしょう。

Qなぜ入梅宣言

なぜ入梅宣言をするのでしょうか。
いつからいつまでが梅雨であったと言うことに何らかの意味がある人達(企業?)がいるのでしょうか。(気象庁には問合せが頻繁に来ているそうですが。。。)
季節の一つの形態なのだから厳密にいつから始まったと言うことにこだわる必要もないと思うのですが。
この他に春一番や桜開花宣言などもありますよね。

Aベストアンサー

みなさんの簡潔・的確な解答の後でちょっと気おくれしてしまうのですが,以前にちょっと似た質問があって回答したことがあります。(参考URL)
「なぜ梅雨入り・梅雨明けの日付をあとから訂正するのか」という趣旨の質問です。
回答の中で,梅雨の期間を決めることの意義についても触れています。
よろしかったらご覧ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=130299

Q今日の入梅についての質問です。「入梅は立春から135日目の日を暦の上で

今日の入梅についての質問です。「入梅は立春から135日目の日を暦の上で決めた日・・・」と135日と書いてあるものが多々ありますが、127日目ではないのでしょうか?
135日の意味がわかりません。

Aベストアンサー

たぶん, ただの勘違いでしょう.
立春が太陽黄経 315度, 入梅が太陽黄径 80度なのでその間の角度は 125度. これを日数に換算するとおよそ 126 ないし 127日.
「立春から 135日目」って, ほとんど夏至だしね.

Q今年(2007)の入梅時期の予想を教えてください

数年前迄、この時期になるといつも水虫になっていました。また、ブログ等を知っていたら、お願いします。

地域によっても違うので、当方、関西圏在住ですので、できれば、この地方も含んだものであれば嬉しいです。

気象庁のサイトによると関西の場合、平年は六月六日だそうですが・・・

Aベストアンサー

今の時点で、気象庁が出している三ヶ月予想では平年並みとしています。

6月から7月は平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。その後は平年
と同様に晴れの日が多い見込みですが、にわか雨や雷雨の起こりやすい時期があるでしょう。この期間の平均気温は高い確率50%です。なお、5月までの予報については、最新の3か月予報等をご覧下さい。


気象庁も梅雨が明けない、もう入った、いつ始まったか判らないという事を後々言いますから、ちょっと判らないですね。それに最近は予測不可能な天気みたいですから、どうなる事やら。

雨が降らないと農家が大変だし、雨が降りすぎると山林や川辺の人が大変だし。例年並が一番ですね。

Q入梅の頃に、店で飲む生ビールはどうしてこんなに美味しいの?

缶ビールでも甁ビールでもなく、店で飲む生ビールに限定してですが、入梅の頃(今の時期)に飲むビールが最高に美味しいのです。入梅後も真夏も年末年始に飲む生ビールも入梅の頃に飲むのと較べると全然うまくないです。単に、個人的に入梅の頃に飲む生ビールは美味いと、自分でも気付かない内に刷り込まれたのでしょうか?

また、皆さんはこのようなことはありませんか?

Aベストアンサー

バーテンダーのmoominx2です。
一応お酒のプロですが、確信は持てませんのでご了承ください。

入梅時期と他の時期、特に夏最盛期で大きく違う所は、お店での仕入れ量が考えられます。
ビールやワイン、日本酒は醸造酒に分類されるお酒です。
醸造酒は温度の急激な変化を嫌う傾向があります。
お店で大量に仕入れた場合、その置き場に困る為生ビールの樽は屋外に置かれる場合が多くなります。
特に大きな冷蔵庫を持っていない小規模な居酒屋ではその割合が多くなります。
炎天下に放置された樽は高温になります。樽の素材は熱伝導の良いアルミニウムが使われていますので、外気温に敏感に反応してしまうのです。
特に40℃を超えてしまうと、旨味成分である「アミノ酸」が変質してしまい、格段に不味くなります。
酒屋サイドも売れる時期ですので、在庫を押さえることが多くなり、きちんとした倉庫を持っていない酒屋さんでも、やはり野積みすることになります。
温まってしまったビールを急冷させると、ココでも温度差が生まれるのでやはり不味くなります。
今のビアサーバーのほとんどは急冷式なので、急冷は諦めた方がいいですね。(ウチの店は冷蔵式で樽ごと冷やしてます)

冬場の場合、体感温度が関係しているのではないかと考えます。
冷えてしまった身体に冷たいビールよりは、温かい飲み物の方が美味しく感じるからではないでしょうか。

入梅時期は夏の最盛期ほど気温も高くなく、出荷数も多くない為に新鮮で管理の行き届いた生ビールだから美味しく感じるのではないでしょうか?

ま、この理屈だと秋口の生ビールも美味しいことになるんですがね。どうでしょうか?

バーテンダーのmoominx2です。
一応お酒のプロですが、確信は持てませんのでご了承ください。

入梅時期と他の時期、特に夏最盛期で大きく違う所は、お店での仕入れ量が考えられます。
ビールやワイン、日本酒は醸造酒に分類されるお酒です。
醸造酒は温度の急激な変化を嫌う傾向があります。
お店で大量に仕入れた場合、その置き場に困る為生ビールの樽は屋外に置かれる場合が多くなります。
特に大きな冷蔵庫を持っていない小規模な居酒屋ではその割合が多くなります。
炎天下に放置された樽は高温にな...続きを読む

Q入梅発表

今年 中四国地方の梅雨入りは6月の何日頃だったか御存知ありませんか?
関東地方辺りまで一気に発表したような記憶はあるのですが。

Aベストアンサー

こちらへどうぞ…
http://www.kishou.go.jp/info/yoho/meiu.html
その手の疑問は「気象庁」のHPで解決しますよ。

参考URL:http://www.kishou.go.jp/

Q入梅したのに?

入梅しても、梅雨らしい雨が降りません。(オタマジャクシは振ってくるけど?)なにが原因なのか教えてください♪

このままだと、水不足など、ややこやしい非難に遭遇してしまいそうな嗚呼!!

Aベストアンサー

オホーツク高気圧の勢力が強く梅雨前線を押し下げているためです。

Qこの冬 北海道に節電を と言いますが…

この冬 電力が不足しそうなので北海道は節電で 場合によっては計画停電とか有りそうです
節電とか呼びかける前に泊原発動かせば良いのに…

停電で暖房が使えず凍死するお年寄りが間違いなく出るでしょう…
そうなってから事の重大さに気づくアホ行政… 大体予想つくだろうに どんだけ馬鹿だよ 笑

地元の村長も知事も賛成してるのに 某バカ市長ひとりの反対のせいで道民が犠牲になってもきっとそいつは何とも思わないでしょうね…

今なら間に合います
泊原発は動かないでしょうか?
やはり誰かが死なないと市長は気づかないのでしょうか?

Aベストアンサー

マスコミがどちらに付くかじゃないですか。

原発を動かしたくない方向に道民を動かしたいならば
少しくらい凍死があったとしても「不注意です、では次のニュース」で
終わるだろうし。

>やはり誰かが死なないと市長は気づかないのでしょうか?
残念ながらそうでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報