「昔は無理やり親の言うことを聞かせる親が多かった」
という文なんですがThere are~ 構文ではじめたほうがいいんでしょうか。どんな文が自然にいきますか?教えてください

A 回答 (4件)

What parents said was gererally forced in the past.


(過去には親がいうことが一般的に強要された。)とか、

In old times, many parents forced what they want to their children.
(昔は多くの親がいうことを子供に強要した。)

というのではいかがでしょうか。
「言うこと」は実際の発言というより「期待(expects)」とか「願い(wish)」という
感じだと思うので、sayでなくてもいいかも。
there were~では存在自体にアクセントが来る感じがして不自然かも。
この日本文では、「無理やり言うことを聞かせる」ことにアクセントがあるはず。
敢えて使うなら、There were a lot of cases~はどうですか。
    • good
    • 0

In the olden days, there were many parents who would force their children to heed their cousel, however unwelcomed.



言うことを聞かせる、、これはだいたい助言、説教の意味があるので、heed counselを使ってみました。
 
    • good
    • 0

In the old days, parents generally forced their children to obey orders.


あえて、「親が多かった」を「親は大抵は...」と変えてみました。「言うことを聞く」というのも「命令に従う」という言い方に変えてみました。
    • good
    • 0

There were many parents, long time ago, who forced their children to follow what they said(thought or believed).



ではいかがですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThere is , there are構文

ここに何人の生徒がいましたか?という問題の答えが
How many students were there here?
と書いてあったのですが、
How many students were here?
ではいけないのですか 教えてください!

Aベストアンサー

there を用いるべきか,単に be だけでいいか,については前にも一度答えたことがありますが,「…に…がある」というように存在自体が問題になっている場合は there を用いて There is a pen on the desk.「机の上にペンが(一本)ある」とし,「…は…にある」のように,存在を前提として,どこにあるのかを言う場合は there を用いず,The pen is on the desk.「そのペンは机の上にあります」 とします。問題の場合は次のように考えます。まず,「三人の生徒がここにいる」のような場合は,上で述べた there を用いるパターンになり,There are three students here. となります。この three students の部分を「何人の生徒」という how many students にして前に出して疑問文の語順にすると,How many students are there here? となります。しかし,この there はある意味で仮主語のようなもので,文頭にあるからこそ意味があるのであって,後ろに来る場合は省略してもかまいません。例えば,There are some clever girls among them. のような場合,Among them を強調して前に出すと,Among them are some clever girls. となって,there は消えるのが普通です。同様に,「机の上には何がありますか」と言う場合も,What is there on the desk? の there は取ってもかまいません。結論としてはどちらも正しいですが,学校文法では there を用いるのではないでしょうか。でも実際の英文では圧倒的に there を取ってしまうと思います。

there を用いるべきか,単に be だけでいいか,については前にも一度答えたことがありますが,「…に…がある」というように存在自体が問題になっている場合は there を用いて There is a pen on the desk.「机の上にペンが(一本)ある」とし,「…は…にある」のように,存在を前提として,どこにあるのかを言う場合は there を用いず,The pen is on the desk.「そのペンは机の上にあります」 とします。問題の場合は次のように考えます。まず,「三人の生徒がここにいる」のような場合は,上で述べた there を用い...続きを読む

QThere is / There are 構文

初心者の質問です。いわゆる There is / There are 構文って、「~がある」の「~」には不特定のものが来て特定のものは来ない、ということになってますけど、これは鉄則で絶対に例外はないのですか?

Aベストアンサー

There is the question of indentity.
のように,of ~や関係節による限定で,名詞の存在自体は the 的特定はない,
という場合は the ~もあり得ます。

また,弱い there の there is ~とは別に,
ちゃんと「そこに」の意味,さらに「ほら」的な強い there が倒置で文頭にある
There is/are ~の後であれば特定のものがきて普通です。

Qthere is there are構文に対する答え方

Are there any pens on the desk?に対する答え方なのですが、Yes, there are.と書くと間違いだそうで、Yes, they are.が正しいと答えに書いてありました。気になって参考書で調べてみるとYes,there are.が正しいふうに書かれてあります。本当はどちらが正しいのでしょう?どなたか御願いします。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

これは、この質問をした人が「どんな返事を期待しているか」と言うフィーリングによって使い分けがされている表現なのですね。

つまり、そこにあるはずだと感じながら言っている場合と、そこにあるかどうかが分からないから聞きたい場合ですね。

そして、そこにあるはずだけどあるかい?と聞かれていると思いながら答えるのであれば、Yes, they are.となるわけですね。

状況としては在庫チェックをしている場合とかですね。 机の上には(ちゃんと)ペン・ボールペンがあるかい?と言うようなフィーリングの質問ですね。 そしてそれに対する答えがYes, they are.となるわけです。 つまり、(don't worry) they are (there) on the desk.と言う返事になるわけです。

では、Yes, there areと言う答えではどうかと言うと、つまり、両方の答えとも答えとしては正しいと言う事になるのはもうおわかりですね、あるかないかが分からない、探しているんだけど、と言うフィーリングですね。 「ちょっと聞きたいんだけど、その机の上に何でもいいんだけどペンかボールペンないかな?」と言うフィーリングなのですね。

そしてそこにあれば、「ありますよ」と言うフィーリングでYes, there are (some)と言う表現で答えるわけです。 

どうですか? 混乱させてしまいましたか? 表現がどのような状況で使われているのかを知ると、日本語訳にするだけでなく、今度自分が使いたいとき、「はい、ちゃんとありますよYes, they are」と「はい、あります、あります、見えますYes, there are」のフィーリングの違いを英語の表現として使うことが出来るようになりますね。

試験文法をいくら詳しく勉強しても今回も役にはたたないと言うことになりますね。 役立つようにするには、今回のことを文法書・参考書に「説明」と言う形で書いておくと言う形でしかかけなく文法として提議されるものではないですね。

よって、この最初の問題が出ていたものと参考書は「不親切」と言うだけでなく、使う人のフィーリングを無視した「自称正解」と言うだけのものだということになるのです。

日本人が慣れている参考書の典型的な解説・説明方法を使わない私の回答を理解していただけることを祈っています。

参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

これは、この質問をした人が「どんな返事を期待しているか」と言うフィーリングによって使い分けがされている表現なのですね。

つまり、そこにあるはずだと感じながら言っている場合と、そこにあるかどうかが分からないから聞きたい場合ですね。

そして、そこにあるはずだけどあるかい?と聞かれていると思いながら答えるのであれば、Yes, they are.となるわけですね。

状況としては在庫チェックをして...続きを読む

QThere is/ are構文の否定文について

①There are three books on the desk. を否定文と疑問文に変えなさい。という問題で、
There aren't three books on the desk.
Are there three books on the desk? Yes, there are. No, there aren't.
は普通に使える文ですよね、 Are there any books on the desk? やThere are any books on the desk.にする必要ないですよね。教えてください。

Aベストアンサー

これは、「問題」ということで、テストとかのでしょうか?
もしそうなら、出題者の意図は、「機械的に否定文と疑問文に変えなさい」でしょうので、
否定文→ be動詞+not
疑問文→be動詞を文頭に持ってくる。
なので「any」等の必要は無いと思います。
シチュエーションを考えると、刑事が犯人に尋問している様な変な文にみえますがね。

QThere is 構文と命令文の付加疑問文について。

 There is a book on the desk. という文の付加疑問文は isnt't there? と there を使うと学校で教わったのですが、なぜ主語の a book を用いて isn't it? ではなく、there を用いるのでしょうか? 他の付加疑問文の場合は全て主語を用いるのに、There is構文のみ主語を用いない理由を納得いくよう説明してある文法書が見当たりませんでした。いくつかの翻訳サイトで試してみると、付加疑問文の部分に「there」を使って「There is a book on the desk, isnt't there?」とすると全く日本語にならない訳をしたサイトが一つありましたが、他のところでは全て「it」でも「there」でも「机の上に本がありますよね」という訳になりました。There is 構文の付加疑問文の場合、there と主語、一体どちらを使うのか正しいのでしょうか。
 また、命令文の付加疑問文の場合、「will you?」と言った場合と「won’t you?」と言った場合にニュアンス的な違いはあるのでしょうか? 例えば「Return it immediately, will you?」でも「Return it immediately, won't you?」でも、訳は「それをすぐに返しますよね」になると思うのですが、何か上手い訳し分けはあるでしょうか?

 There is a book on the desk. という文の付加疑問文は isnt't there? と there を使うと学校で教わったのですが、なぜ主語の a book を用いて isn't it? ではなく、there を用いるのでしょうか? 他の付加疑問文の場合は全て主語を用いるのに、There is構文のみ主語を用いない理由を納得いくよう説明してある文法書が見当たりませんでした。いくつかの翻訳サイトで試してみると、付加疑問文の部分に「there」を使って「There is a book on the desk, isnt't there?」とすると全く日本語にならない訳をしたサ...続きを読む

Aベストアンサー

確かに、there is 構文の主語はthere では無いですね。

ただ、付加疑問文って、疑問形を最後に添えることで、「~だ」という文に「~ですか」「~ですよね」という相手に対して質問したり、確認を取ったりという意味をプラスするものだと思うのです。

there is構文の疑問形は、is there~?なので、付加疑問でも~,isn't there?となるのは、おかしくないと思います。


will you?won't you?は、後者の方が、やや丁寧という感じでしょうか。
でも、話す時の口調の方が、きつい命令か、「~してくれますか」程度の話かを左右すると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報