着物などの和服を持っている方に、「どのような理由で和服を持っていて、どういうときに着ているのか」を教えて頂きたいです。私は生まれてから、着物を着たのは7歳の七五三のときしか記憶がなく、和服は、小学校の学芸会で着たかな? というぼんやりとした記憶しかありません。浴衣も、小学生のときに着たような記憶がぼんやりとしています(笑)  結婚式も披露宴もやらなかったので、入籍のときに着物を着ることもありませんでした。
 ということで、私は普段着るのはほとんど洋服で、着物などの和服にはほとんど縁がなく、それで、「着物など、自分の和服を持っている人は、どういうときに着ているのだろう?」と、とても気になっています。ですから、和服を持っている方々に、教えて頂きたいのです(^^ゞ
 また、私は着なくなった服やその他のものは、バザー品として、『障害者労働センター』に送っていて、ここでは、中古の着物やドレスなども受け入れていて、着物などの和服は、外人のお客さんに人気があるらしいですが、着物が好きな方は、中古の着物店もよく利用するのでしょうか? 着物や和服に関することを、多く教えて頂けると、とても嬉しいです(#^.^#)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

<どのような理由で和服を持っていて、どういうときに着ているのか



好きだからです。
単なる着るものとして考えるなら和服など生涯着る必要もないものだと思います。
洋服でいくらでも代替ができますから。

なぜ好きなのか。
一つには布としての高い価値を感じます。価格の問題ではなくて。
織ったり染めたりとたくさんの人の手仕事を介して一枚の着物が生まれます。
今の時代、こんなに手間暇をかけて作られるものはそう多くないと思います。
そしてそこには古来から伝わる日本の伝統や伝承の技術や文化が存在し付加価値を感じます。

結婚式や子供の七五三や入学式、そんな大手を振って着られる機会はもちろん逃さず着ます。
それ以外でも労働やアウトドアの作業やスポーツといった和服では都合の悪い場以外ならどこでも着ます。
普通にお出かけ着です。
毎日でも着たいと思ったこともありますが、現代の生活でそれは不自然でやめました。
気を使われてしまうのが一番の理由ですね。

私は中古品を好まない性質でして、洋服でも着物でもあまり利用しません。
着物を売ったこともまだありません。
着物って肌の一部のようになって着る人の念がこもるような気がして、親戚や知人から譲られるのは抵抗ないのですが知らない人が着たものは何だか手が出せないのです。
でもお好きな方はアンティークやリサイクル専門で着てる方も多いですよ。
現代ではできない仕事が施された貴重なものもありますしね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 皆様に頂いたご回答は、どれも貴重でとてもありがたかったのですが、この方のご回答を、代表としてベストアンサーに選ばせて頂きました(__)
 皆様から回答を頂いてから、私は、街で着物を着て歩いている方がいると、前以上に、目に止まるようになりました。着物を着ている一人一人の方が、着物に対して、深い思いを抱いているのだろうと思います。私自身は、これから着物などの和服を着ることがあるかどうかわかりませんが(笑)、着物を持っている方、着ている方と話す機会があったら、その人の着物に対する気持ちを聞いてみたいと思っています(^^ゞ

 ご回答くださった皆さん、本当にありがとうございます\(^^)/

 

お礼日時:2013/03/03 00:08

こんにちは、16歳の女子です。



小さい頃から和風なものが大好きで、
祖母が手作りしてくれた浴衣を家の中で
毎日着たりしていました。
中学生になってから、学校の近くに
割とお値段安めな着物のリサイクルショップがある事を知り、
そこで購入したお着物と、祖母や母がくれたお着物、
近所のおばあちゃん達が譲ってくれたお着物を着るようになりました。
友達と遊ぶ時や、クリスマスなどのイベントでも着ています。

余談ですが・・・
去年の11月から12月まで、学校の行事で英国へ行って来ました。
前にも学校行事で行ったのですが、いろんな人から
「チャイニーズ!」と言われ腹がたったので、
「アイアムジャパニーズ!」を強調して毎日お着物を着ていました。
「キモノステキ!スゴイ!」とカタコトで話しかけて下さる人もいて
とても嬉しかったです(^-^
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。やはり着物姿は、外人さんの目に止まりやすいのですね……(●^o^●)

お礼日時:2013/03/02 22:00

こんにちは。


昨年50歳になりました。着物は一昨年夏、何十年ぶりかに浴衣を着て周りにほめられてから「はまり」ました。

この年になって初めて着付けに通って、とりあえず着物(長着)と一重太鼓(名古屋帯)は自分で締められるようになりました。
それまでは卒業式のはかまや母が作ってくれたつけ下げなどを友人の結婚式で着たりしましたが、着付けてもらっていました(成人式は振袖ではなく洋服でした)。

自分で着られるようになったので、友人との食事や観劇のときなどに(着付けを忘れないためにも)着るようにしています。
せっかくなので「着物を着る機会を増やすために」お茶でも習おうかしら、とも思っています。

自分で一から全部新品でそろえるのは財政上無理なので、母からおさがりをもらったり、着物リサイクルショップで中古の帯や着物を買って着ています。
不思議と「着物を着る」と周りにいっていると、どこかからか「着て頂戴」といって、いただけたりするんですよね。
たまにそんなにお値段の張らない帯や小紋をデパートや呉服屋さんのセールの時に買ったりもしています。

最近、30代すぎの方が着物に興味のある方が増えているようで、「おとなかわいい」着物のお店や雑誌もたくさん出ていますね。
ぜひ興味があったらのぞいてみてくださいね。

雑誌「七緒」に出てくるお店はリサイクルから老舗の呉服やさんまであって面白いですよ。
コーディネートもお洋服感覚ですし、取り入れやすいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。着物はやはり新品で買ったら、けっこうな金額になるのですね。着物が好きでも、金銭面に余裕のない方が、リサイクルショップを利用して、着物を楽しんでいるのですね(*^_^*)

お礼日時:2013/03/02 22:07

【着物や和服に関することを、多く教えて頂けると、とても嬉しいです(#^.^#)】



お若い方に興味を持ってもらうと、うれしいです。

ここ10年、和裁熱が再炎して、日々針をもっています。
夏はほどいて、染めて、小さいものをつくります、足袋とか。
習い始めは20の時ですが、ほとんどが、独学です。
あとは、昔に義祖母に多少教わったかな。

涼しくなると、せっせと着物を縫ってる。

着るのは、ほとんど、遊びです、そう、落語に行くとか、歌舞伎にいくとか、食事に行くとか。
フォーマルでの席は、ほとんどなしです。
ふさわしいものを持ってないわけでもないし、ご招待がないわけでもないですが、なるべく、さけているので。

なので、片身違い(1反がまるまる同じ反物ではない)とか、裾回しには、遊び心でいろいろ。
胴裏を使うだけでなく、忍者のような裏表のものを作っては喜んでみたり。
もちろん、着ます。
年甲斐もないものを裏に使っているので、内緒の楽しみ。

手つかずの反物もこの前数えたら、100以上ありました。
これ、ほとんどオークションで手に入れたものです。
それほど、高い値段はつけてません。
この値段以下ではかわいそうだなぁ・・・と、入札しておいて放置すると落札できてる。
そんなこんなの集積が100反以上の正絹の反物。
ほとんど5000円以下、3500円平均ぐらいでしょうか?

それ以前は仕立て上がりのもので裏に難点のあるもので、かわいそうなのを拾ってやってました。
100円とか1000円とかまで。
ばらして、洗って、仕立て直してもするし、・・・・,リメイク素材として。

さすがにもう、置くところにこまったので、こちらのネットでもあるような店’○まとく’に、どうやっても
もう、着用はしないだろうと思うものを詰め込めるだけ詰め込んで送り出しました。

きれいなものをそして仕付のついたものも多かったのですが、なんと全部で450円です。
こんななら、ばらしてでも、自分で楽しめばよかった・・・けど、仕付のついたものは、
どなたかに楽しんでもらえるならいいかと、自分を納得させている。

・・・かようにして、きものそのものに価値がないのです。
私は、正絹に触っているのが気持ちがいいので、楽しんでいるだけのこと。

昔の人は、たぶん、私のように、縫って、ほどいて、いろいろ作って日常を切り回していたんだろうとおもう。
ただし、ほとんどもめんでしょうけど。

正絹の足袋は、少ない面積でできるので、そして、ルームシューズとして活用すると、
実に暖かく、足にやさしいのを発見しました、なにより活動的。
紐で縛るようにすると、簡単です。
もちろん、こはぜのも作りますが。
摩擦に弱いので、一冬持たずに、ダメになりますけど。

そんなこんな。
パッチワークするような気分かな。
TVみないし、老眼のはずなんですが、裸眼で、針は見えるので便利してます。

着物は自分で針が持てないと、存在が遠くなりますので、時勢としても、仕方ないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。着物をばらして、足袋などを作ることができるとは、初耳でとてもびっくりしました(・・;)

お礼日時:2013/03/02 23:59

こんばんは



自分のを持っています。
着付け教室に通って着れるようになったので、気に入ったのを購入。

カフェでジャズライブとかがあるので、その時に着たり…
普段着にする勇気はまだないですが、普段着に着られたらいいなと思いってます。

あと、振り袖は友人の結婚式とかお正月に…浴衣は夏祭りに着たりしてます(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。着物はやはり、着付け教室に通ったりしてきちんと学ばなければ、着ることができないのですね。また、せっかく着られるようになったのだから、少しでも多くの場所に着ていきたいと思うのは、自然なことだと思います(^^)

お礼日時:2013/03/02 21:53

こんにちは



母親が持っているので回答です
普段着として着ているようですね
洋服と同じ感覚です

ただ、旅行に行く場合は洋服の方が多いと思います
食事等は和服の方が多いですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。着物や和服は、普段は着ない人からすれば、かなり着るのが大変と思うのですが、慣れている人は、自然に普段着として着られるのですね(#^.^#)

お礼日時:2013/03/02 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物のお値段教えてください

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が...続きを読む

Aベストアンサー

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫...続きを読む

Q女優さんのような着物の着付け方って?

基本的な着付けを大手着付け教室で約9ヶ月間習いました。
たまに自分で着るのですが、テレビや雑誌で見るようなカッチリ!シワのないキレイな着付けができません。
和装ブラ、市販の補正下着なども付けているのですが・・・
胸元の固そうな感じを出したいのですが難しいですか?
ちなみに私は、小柄で細身です。
それから、取って付きの枕(いわゆる改良枕)で帯を結んでいるのですが、しばらくするとどうしてもずれ下がってきます。
コツなどがありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。着付けの仕事はしていませんが、和装については長く経験のある者です。
まずですね、生活するための着付けと撮影用の着付けは基本的に違います。
カッチリ、シワのない着付け、では生活できません。
最近の成人式のお嬢さんは振り袖を着ているのは式や写真の時だけで、終われば脱いで二次会等に出席する方が多いようですね。
それは多くの美容院で撮影用着付けを行っているので、苦しくてとても長時間着ていられないからに他ならないと思います。
さらに自分で着物を着る機会はほとんどない方が着付けを担当します。
とにかくシワなく崩れない事ばかりに執着して数え切れないほどの紐でぐるぐる巻きにされてしまう方が少なくないでしょう。

雑誌の撮影ではよくやる裏技としては着物の中に和紙を入れてシワを取り除きます。
その上で撮影時に丹念にシワのできないポーズをつけます。
何人ものスタッフがかかってシワを取る事に躍起になるわけです。
当然シワ一つない美しい写真が撮れます。その一瞬だけの事ですから。
また、舞台やドラマ等の着付けさんとなるとこれまた一般の着付け師さんの技術とは違ってきます。
いかに美しく動きやすく崩れずに着付けるかは着付け師の腕の見せどころ。
一朝一夕に身に付く技術ではありません。
本当にうまい着付けをしたかったら舞台着付けを習うといいでしょう。

つまり見せるための着付けと生活上の着付けは全く異なるのだとご理解ください。
とくに着付け学校の着付け方はきっちりがよいという方向でしょうが、それゆえに開発された改良枕なるもの、これを長年愛用し続ける方を私はあまり知りません。
着慣れるうちに改良枕のお太鼓がいかに不自然かわかってきますし、むしろ手間がかかって敬遠するようになる方がほとんどです。
しかも、やっぱり、ゆるんで下がるでしょう?
正直言っていいことないですよ、改良枕は。まあ、初心者の導入としては取っつきやすいという事でしょうか。
とにかく着物の装着法は一つではなくさまざまな方法がある事を覚えておいてください。
あとは習うより慣れろです。
着続けるうちに最も自分の着やすい方法がわかってきますよ。

ちなみに私も最初は改良枕で覚えました。
しかしすぐにやめて独学で手結びを習得して長年それでやってました。
さらに手結びの煩わしさを取り除くクリップ留めのお太鼓を覚えました。
これが何とも楽できれいで自然なお太鼓になるし帯が傷まないので今はずっとその方法です。
やり方は、帯を二巻きして「手」をまっすぐ下に下ろしたら、その「手」と胴帯を一緒に着物クリップで留めるだけ。
非常に簡単でシンプルなやり方なんですがこれが説明されてるHPやサイトは未だ見つけられません。
言葉では説明しづらいのでどこかにないかと思っているのですがね。

着物巧者はお太鼓の表情ひとつで着こなしが決まります。
座布団をしょったみたいな四角張った改良枕のお太鼓は早めに卒業される方がおすすめです。
そしてシワ一つない着付けではなく「美しいシワ」の出る着付けを心がけてください。

こんにちわ。着付けの仕事はしていませんが、和装については長く経験のある者です。
まずですね、生活するための着付けと撮影用の着付けは基本的に違います。
カッチリ、シワのない着付け、では生活できません。
最近の成人式のお嬢さんは振り袖を着ているのは式や写真の時だけで、終われば脱いで二次会等に出席する方が多いようですね。
それは多くの美容院で撮影用着付けを行っているので、苦しくてとても長時間着ていられないからに他ならないと思います。
さらに自分で着物を着る機会はほとんどない方が...続きを読む

QGmailアドレス変更方法

Gmailのアドレスを変更したいと考えているのですが、どのようにして変更すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

Gmailアドレスの変更はできません。

今使っているものと違うGmailアドレスを使いたいのならば、新規にGmailアドレスを取得してください。

そして従来のアドレスが必要ないならばそのまま放置しておけばOK。確か半年アクセスしなければそのアカウントは削除されるはずです。

なお、もし古いアドレスに配信されるメールもチェックする必要があるならば、新しいアドレスに転送設定しておきましょう。

Q浴衣の帯をお太鼓にしたい

今年は浴衣を少し大人っぽく着たいと思い、ネットで見つけたとても涼しげなお太鼓の作り帯をあまり深く考えずに購入しました。和服のことは素人で、浴衣は涼しげに着ればあまりルールはないと聞いていたのですが、調べてみると「お太鼓なら衿と足袋をプラスしましょう」というのが結構書かれていて…。合わせる浴衣はいわゆる着物風浴衣ではなく普通の浴衣ですし、衿と足袋をつけると暑苦しいイメージがします。しかしある程度常識のある人から見たときに、裾が膝丈とかガングロで浴衣なのにミュール!などの若者と同じカテゴリにはされたくない(汗)
そこで和装の心得がある方にお聞きしたいのですが、

・紺地に朝顔柄の地味目の浴衣
・涼しげな柔らかい生地で作った白地に大人っぽい金魚柄の帯でお太鼓
・衿・足袋なし
・夕方からの花火見物

これってアリでしょうか?ナシでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。着物歴20数年の40代です。
夏には夏の着物も着ますが、普段着に活躍する浴衣もいろいろなタイプを持っています。
そして場に応じていろいろな着方も楽しんでおります。
まずアリかナシか、お答えから申し上げるとアリです!

理由は・涼しげな柔らかい生地で作った白地に大人っぽい金魚柄の帯
という事ですから、ごくラフな普段着用の帯と察するからです。
これが絽や紗のしっかりしたお出かけ用の帯なら違ってきますが、たぶんとても遊びのあるラフな帯だと想像するからです。
朝顔に金魚という組み合わせもピッタリなら夕方からの花火見物というシチュエーションもピッタリ。
ただ、わざわざ帯枕をしょってしまうとラフな雰囲気が壊れますから、枕を使わずに角だし(銀座結び)にすればGOODです。
作り帯と言っても枕までくっついているわけではないですよね?
角だしにしなくたって、枕を抜いて厚みを出さないだけで着ていても涼しいですし、見た目も涼しげになります。
何もナシで心許ない(帯が安定しない)ようでしたら、ハンドタオル程度のものをガーゼに包んで枕とします。
このスタイルなら半襟や足袋などなくてOKです。だいいち、花火見物に足袋はおかしいですよね。

ドラマ「おせん」は見ましたか?
おせんちゃんの自由奔放なアンティーク着物が光っていましたね。
ドラマの中でよく登場したあの帯結びをイメージしてください。
帯山にはボリュームがなくて下ぶくれになった角だしの形。

私も浴衣でお出かけする時に、ただの半幅帯では物足りなくて角だしや枕ナシお太鼓をよくやります。
半襟、足袋をつけてよそ行きにする時もありますが、夜の居酒屋なんかには浴衣をサラリと一枚で着てラフに名古屋帯を結んで下駄をつっかけて出かけます。
浴衣なんですからルールなんかないも同じ。フォーマルな帯を合わせる等よほどちぐはぐな事をしなければ、なんでも「アリ」ですよ。

こんばんは。着物歴20数年の40代です。
夏には夏の着物も着ますが、普段着に活躍する浴衣もいろいろなタイプを持っています。
そして場に応じていろいろな着方も楽しんでおります。
まずアリかナシか、お答えから申し上げるとアリです!

理由は・涼しげな柔らかい生地で作った白地に大人っぽい金魚柄の帯
という事ですから、ごくラフな普段着用の帯と察するからです。
これが絽や紗のしっかりしたお出かけ用の帯なら違ってきますが、たぶんとても遊びのあるラフな帯だと想像するからです。
朝顔に金...続きを読む

Q着物が趣味な人

お着物が趣味という方がいらっしゃると思うのですが、だいたい、何着ぐらいお持ちですか?また、どういうとき、どういう場にそのお着物を着てでかけるのですか?
お着物にはだいたいいくらぐらいかけていますか?
着物の楽しみ方に詳しい方がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

 着物にすっかりハマってしまって、今や着ること目的よりもコレクションの域に達してる気がします。
最近はお出かけにも着物を着たりする機会が増えたことが拍車をかけています。
友達とのお食事、観劇、お茶会、美術館、京都へのお出かけ、お買いもの。。。
着物を着る機会は自分で作ればいくらでもあります。
私は、帯と着物をたいていそれぞれ別で気に入って買うことが多いので、帯は100本以上、着物も、琉球、久米島、読谷、大島、牛首、黒黄八などの紬から京友禅、加賀友禅、伊勢型小紋、小石丸などこちらも100着ほど持っています。正直、着る機会がこの先どれだけあるのかと思いつつ、きりがありません。もう、置き場が無くなったので、この先は買わないと決めました。
でも、着物を着るととっても幸せな気持ちにさせてくれるので嬉しいです。
リサイクルショップなどで買うことははほとんどありません。こちらは私のちょっとした拘りです。
でも、正直、こんなにいりませんからね。普段ちょこっと着られる方ならこだわりの訪問着、お洒落な紬、軽めの小紋、お洒落な小紋、色無地、夏もの、単衣、道中着これに、洗える着物が1枚あれば便利だと思います。帯は、それぞれに2~3本あればいいのですが、最近は両面使えるものなども多いので、うまく買うとそれぞれを生かして締めることができるでしょう。

 着物にすっかりハマってしまって、今や着ること目的よりもコレクションの域に達してる気がします。
最近はお出かけにも着物を着たりする機会が増えたことが拍車をかけています。
友達とのお食事、観劇、お茶会、美術館、京都へのお出かけ、お買いもの。。。
着物を着る機会は自分で作ればいくらでもあります。
私は、帯と着物をたいていそれぞれ別で気に入って買うことが多いので、帯は100本以上、着物も、琉球、久米島、読谷、大島、牛首、黒黄八などの紬から京友禅、加賀友禅、伊勢型小紋、小石丸など...続きを読む

Q着物の購入について

はじめまして。
私は21歳の会社員です。

先日たまたま通りがかった呉服屋さんで、店員さんに声をかけられ
あわせるだけただなのでと、気づけばお着物を合わせられていました。
以前から着物には興味があったのですが、特別購入を意識したことはありませんでした。

しかし、とてもきれいですてきなお着物だったので
思ったまま素直にほめると
そのお着物に合わせて特注したという帯や小物類もだしてきてくださり
そして購入を勧められました。

相場も全くしらなかったのですが、仕立て代や帯の値段などの説明を簡単にしてくださり
その後で、着物の生地代と小物の価格のみでいいといってくださりました。

わたしも気に入ってしまったのもあり、
また断るのが苦手というせいかくもあり、つい親に相談もせずに購入するといってしまいました。

先ほども書いたように
ずっと着物に興味があったこと、また柄、色がとてもすてきだったこともあり
わくわくする反面
いままで経験したことのない額の買い物をしてしまったこと、
親に相談をしなかったこと
なにも調べずに店員さんにだまされているのではないかということ
などなど、不安でいっぱいです。

なので、この着物の購入が妥当なものなのか、
みなさまにアドバイスをいただきたいです。


○内容○
・つけさげ訪問着:絹画廊・辻ヶ花「御所桜」 ¥329,000
 (和裁専用「ハイテクミシン仕立て付」胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリエステル100%の羽二重使用)
・袋帯:絹画廊・辻ヶ花 ¥0
 (「手かがり仕立て付」商品)
・長襦袢:3点セット品(生地中国・染日本)
 (和裁専用「ハイテクミシン仕立て付」商品) ¥0
・新はじく絹加工:付下げ訪問着、袋帯、長襦袢 ¥24,000
・帯〆 ¥9,900
・帯揚 ¥9,900
・辻ヶ花・装履バッグセット ¥29,900

合計(消費税込み) ¥402,700

○店員さんの言葉○
・こんなにやすいのはいまだけ(いろいろなフェアが重なっていた)
・帯は西陣織で登録番号が9番。とても貴重
・着物のもように貝がつかわれている
・辻ヶ花は高嶺の花
・クリーニングなどメンテナンスも責任を持つ(いまいちどういうことなのかよくわからなかったです;;)
・ながく続く呉服屋なので安心してください(チェーン店)
・決めるなら今、家に帰って考え直すとわからなくなるから
・お母さんには仕立て上がって、着姿をみせて説明するべき

とにかく私の着姿をほめられ、なんだか逆に不安になりました。
とてつもないなで肩のせいもあるとおもいますが。。。

いろいろ意見いただけたらなとおもいます。
よろしくおねがいいたします。

はじめまして。
私は21歳の会社員です。

先日たまたま通りがかった呉服屋さんで、店員さんに声をかけられ
あわせるだけただなのでと、気づけばお着物を合わせられていました。
以前から着物には興味があったのですが、特別購入を意識したことはありませんでした。

しかし、とてもきれいですてきなお着物だったので
思ったまま素直にほめると
そのお着物に合わせて特注したという帯や小物類もだしてきてくださり
そして購入を勧められました。

相場も全くしらなかったのですが、仕立て代や帯の値...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

つけ下げ訪問着に袋帯と小物一式で40万強というのは、とんでもなく高い値段とは思いません。
もちろん品質によって変わってきますけれど、粗悪品を乱売している店というのも、それほどありませんし、着物で詐欺をするなら、もっと高額にしそうだと思います。

ただ、私の感覚では、解約できるものならば解約した方がいいと思います。理由は二つあります。
まず、ひとつめは着物自体が質問者さまに向いているかどうかが疑問である事。
和の習い事をしてらっしゃっる方や、着物を着なれている人間の晴れ着なら訪問着は便利ですが、着物を着なれていない方では、訪問着は箪笥の肥やしになりがちです。最初の着物は紬か小紋で、日ごろのお洒落に使える物の方がお勧めです。
次に、店員さんがあまり信頼できる方ではありませんね。その店員さんだけか、店自体がそういう傾向なのか分かりませんが、私なら、そのお店では買いません。
解約できるものなら解約し、できなければ勉強代と思って、せっかくの着物は楽しんでしまうことでしょう。同じ着物には巡り合えないでしょうから。


以下は、質問者さまの書いていらっしゃる着物や、店員さんの態度について、私が推測した所を書いてみました。

まず、「特注した」という点について、質問者さまは非常に特別なことと思っていらっしゃると思います。実際、今の日本で「特注」なんて聞かないですよね。でも、着物の世界では、実は「特注」は珍しくもないことです。
老舗の呉服屋さんなら独自の職人を抱えていて、オリジナル商品というのも当然ですし、個人で着物を一から染めてもらうことも普通です。一般的にはカタログをみて決めるのですが、その時に「ここの色を変えてほしい」「ここに模様を足してほしい」「刺繍を足してほしい」というのも、よくある話なのです。もちろん、お金がかかる話ですから、やらない人も多いですよ。


そして着物そのものについて、です。

「つけ下げ訪問着」というのは、訪問着のお手軽版です。
訪問着と呼ばれる着物は、一般的に縫い目に模様がまたがっています。これを作るには、まず着物の形に縫った後で、模様を入れていくのです。できあがりの「訪問着」も多いですが、本来は受注生産で作る方が綺麗に仕上がるものです。
ただ、この方法だと高価なうえに時間もかかります。仕上がりが思ったようにはならない場合も多いです。反物に最初に模様を入れておく方が、手軽だし、自分に似合うか確かめられますよね。
元々、反物に模様がある着物もあるのですが、それだと仕立てた時に上下が逆になったり、縫い目で模様が途切れたりするのです。
そうならないように、仕立て方を計算して模様を付けていったものが「つけ下げ」と呼ばれます。つけ下げの中でも、訪問着のように華やかで、縫い目にまたがる柄の物を、特に「つけ下げ訪問着」と呼んでいます。着ていく場所は訪問着と同じ、披露宴とか、パーティとかですね。

「ハイテクミシン仕立て」というのは、従来のミシン仕立てと手縫いの中間に位置するものです。
着物というと、仕立て直しができるイメージがありますよね。ところが、ミシン仕立ての場合は、基本的に仕立て直しは利きません。縫い目が残ってしまうからです。
でも、手縫いは時間もかかるし、高い技術の職人さんだと、それなりに高価です。職人さん事態が減ってきていらっしゃいますしね。
そのため、縫い目が残りにくい特殊なミシンで仕立てる呉服屋さんも出始めています。それがハイテクミシン仕立てです。それでも、あまり仕立て直しをしないことを前提に勧めるようです。

「辻が花」というのは、模様の種類です。
「貝が使われている」というのは、螺鈿のようなものでしょうか。
現在では、「辻が花」と呼ばれるものは高嶺の花でも、珍しいものでもありません。
元々は室町時代から江戸初期にかけての技法です。友禅に押されて一時は途絶えたのだそうです。そのため、「幻の染め」と言われたりもします。
しかし、久保田一竹という染色家が、辻が花と再現し、それに雰囲気の似通った「辻が花調」の着物も多数出回っています。

袋帯について、西陣織なだけでは高級品か廉価品かは分かりませんし、登録番号と希少性、品質の高さは何の関係もありません。
京都の西陣は錦織や唐織りなどの帯のメッカと言えますが、当然ながら割安な商品も作っています。
そして、登録番号と言うのは、織元さんが工業組合に何番目に登録したかというだけなんですよ。9番は現存していますし、非常に老舗の織元さんだと言えます。工業組合設立時からのメンバーでしょうね。でも、それだけです。
番号が小さくても一般向け商品しか作っていない織元もあれば、大きくても高級品を多く作っている織元もあります。

クリーニングについてですが、着物は普通はあまり洗わないのです。下に肌襦袢等の下着を着ますし、あまり汚すものでもないでしょう?毎日着物で生活していらっしゃる方は別ですが。
汚れが付けば部分洗いでシミ抜きをする、何度か着たり夏場に着たりすれば水洗いで汗をとる、それで無理な汚れになれば糸をほどいて反物に戻し「洗い張り」という方法で洗う、これが一般的です。
でも、最近は着物を着るのは数年に一回という方も多いです。何度か着てから洗うとなると何十年、汚れが落ちなくなりそうですよね。それにガード加工をしていると普通に水洗いはできません。そのためにドライクリーニングをするケースが増えているようです。
もっとも、私は個人的にはクリーニングはお勧めできません。汗は水でないと落ちませんし、着物は袷に仕立てていますから、狂いが出てしまうことがあるそうです。


最後に、店員さんが信用できない理由です。勧め方が、どうも良くないですね。私がお世話になっている呉服屋さんや着付けの先生だと、「残念ですけど、そういうお店もありますなぁ」とため息をついてしまいそうな気がします。

先に、着物と帯について書かせていただきましたが、その中で店員さんの説明を否定している箇所があることにお気づきだと思います。
店員さんが「高級品」と言っている内容が、私からすれば「別にそうとは限らない」となっていますよね。どうも、そのあたりで説明を端折っている感じがします。

そして、ご質問を拝見した限りでは、「どこへ着ていきたいか」「何に着たいか」を聞いていませんね?
良心的な呉服屋さんだと、必ずと言っていいくらい聞きます。「どんなものをお探しですか?」「どちらへお召しになりますか?」と。
と言いますのが、着物の世界には、結構お約束事が多いのです。気にしなければそれでいいようなものですが、楽しもうと思えば無視したくないものであるのも事実です。
先にも書きましたが、訪問着は披露宴だのパーティだのに向く着物です。正式なお茶席や観劇にも使いますが、辻が花では華やか過ぎて、あまり適当とはいえないでしょう。お正月にお出かけする晴れ着なら、「有」でしょうけれど、その場合は道行コートが必要ですね。

最後に、「考え直すと分からない」「家族には仕立て上がってから説明する」これは、ありえません。私が、この店では買わないという最大の理由です。
着物や帯は、同じものをあまり作りません。ですから、「一期一会です」「これも出会いです」という勧め方は、呉服屋さんはよくなさいますね。実際、同じものを後から欲しいと言われても作れない場合も多いのだそうです。特に帯は織元さんが廃番にするケースが多いそうです。確かに何十万も出して買ったものが、ゴロゴロしていたのでは悲しいでしょうからね。
しかし、値段が高いものですから、「お取り置きしておきますよ」と言うことはあっても、相談するなとは言いません。家庭でモメてしまったら、その後、買ってくれなくなるでしょう?
着物と言うのは、「着物一枚に帯三本、帯一本に着物三枚」と言われるくらい、帯との組み合わせで雰囲気が変わります。それに女心として同じ格好って飽きてくるでしょう?飽きた頃に違う帯なり、着物なりを買ってもらえば、また着てもらえる、そう考えるのが一般的な呉服屋さんです。

長々と失礼しました。
着物は楽しいですよ。それだけに、あまり好ましくない買い方をしたためにケチが付くようなことになっては残念だと思います。
解約できるといいのですけれどね。

遊びで着物を着ている者です。

つけ下げ訪問着に袋帯と小物一式で40万強というのは、とんでもなく高い値段とは思いません。
もちろん品質によって変わってきますけれど、粗悪品を乱売している店というのも、それほどありませんし、着物で詐欺をするなら、もっと高額にしそうだと思います。

ただ、私の感覚では、解約できるものならば解約した方がいいと思います。理由は二つあります。
まず、ひとつめは着物自体が質問者さまに向いているかどうかが疑問である事。
和の習い事をしてらっしゃっる方や、着物を着...続きを読む

Q親戚の葬儀や法事に着られる着物は?

着物が好きで毎週のように着ていますが、法事や親戚の葬儀にも着物で行きたいと思っています。
色無地は慶弔に使えるといいますが、色はどこまでが許されるのでしょうか。派手な色はだめでしょうが、金茶色は着用できるのでしょうか。(持っているので)
何色なら、法事や葬儀に着用できるのでしょうか。
一枚作るか、手持ちのもので済ませたいです。
当然、訪問着はだめですよね。
一応、結婚時に喪服一そろいは作りましたが、喪主側でないときに着用できる着物の種類を教えてください。

Aベストアンサー

正直、着物で葬儀に行くのはやめておいたほうがいいと思います。先日、叔父のお通夜・葬儀がありましたが、40代の娘たちも洋服だったのに30代の姪にあたる人が喪服を着ていてちょっと浮いた感じでした、今の東京では娘や息子の妻でも洋服が多いですからね。また色無地は知らない人が多いですから、「どうして、あんな格好をしてるんだろう」って思われるだろうと思います。最近は大多数がブラック・フォーマルですから、好き嫌いは別として葬儀の制服みたいなものだと思って一枚用意するのがいいと思います。やっぱりお葬式みたいな場は、周囲と足並みを揃えるほうが無難なんで着物のおしゃれを楽しむのは他の機会にされたらどうですか?

Q訪問着を着る機会

私は50歳代女性です。娘が一人おります。
着物には全く詳しくありませんので、お教えください。
私が持っている着物は、ほとんど母が「私の結婚」の際に整えてくれたものです。
訪問着・小紋・絣などがありますが、柄が若い人向けです。

50歳を過ぎたので、自分で自分の着物を買おうと思い立ちました。
私は働いているため、多少は自分のためにお金が使えます。

娘の結婚が近い(婚約者あり)ので、まず留袖と帯を新調しました。
今までは、母の形見を直して着ていましたが、少々くたびれてきたからです。
次に、友人と歌舞伎を観に行くため、江戸小紋を一着仕立てました。

さて、訪問着をどうしたものかと、今、迷っています。
私は、普段ほとんど洋装です。着物は特別な時にしか着ません。
ですので、訪問着を買っても、活用する機会が少ない気がします。
観劇に着ていけばよいのかもしれませんが、私には小紋で十分です。
お茶もお花も習っていませんので、着る機会がないように思います。

私はかなり身長が高いので、母の形見をそのまま流用はできません。
お直しは、それなりに費用が掛かりますので、母のものを直すことは考えていません。
訪問着を作る意味はあるでしょうか? それとも色留を作ったほうがよいでしょうか?
私が訪問着に惹かれている理由は、高身長なので、それなりに柄が映えると思うからです。
ま、単なる物欲かもしれませんが(笑)

訪問着をお持ちのみなさま、どのように活用していらっしゃいますか?
そして、私のライフスタイルで、訪問着は意味があるでしょうか?

私は50歳代女性です。娘が一人おります。
着物には全く詳しくありませんので、お教えください。
私が持っている着物は、ほとんど母が「私の結婚」の際に整えてくれたものです。
訪問着・小紋・絣などがありますが、柄が若い人向けです。

50歳を過ぎたので、自分で自分の着物を買おうと思い立ちました。
私は働いているため、多少は自分のためにお金が使えます。

娘の結婚が近い(婚約者あり)ので、まず留袖と帯を新調しました。
今までは、母の形見を直して着ていましたが、少々くたびれてきたか...続きを読む

Aベストアンサー

娘さんのご結婚が近いと言う事なら 訪問着作っても良いのでは?
結納とか お孫さん誕生となれば それなりに行かれる機会は多くなるでしょうし。
着物の事は全く皆無な私ですが 今のうちだけです。
黒い服を着る機会が多くなる一方の年代に入ったら 華やかな衣装で身を包む事が
何よりの楽しみとなると思いますもの。
同じものを着用では 返って気が引けるんじゃない?と
尋ねた事があります。
帯や小物や着こなし方で 充分 変化が付くから心配ないです。
そう言われてしまいました。(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報