マンガでよめる痔のこと・薬のこと

祖父の代からなのでいつから貸し出し始めたのかは正確ではありませんが、自宅の土地の一部をかれこれ50年近く借地として貸しています。
2年前までは、そこに老夫婦で住まわれていたのですが、旦那さんが亡くなり、奥さんは現在老人施設に入所し生活されています。つまり、今は誰も住んでおりません。
建物も相当古いものなので、入所と同時に今後どうするか確認したところ、そのまま借り続けたいということで、賃借料を頂きそのままお貸ししています。
奥さんには子供がおらず、また兄弟も他界されており、賃借料はおそらく法定相続人になると思われる姪の方が1年に1度持参してくれています。

1.基本的なことですが、借地権は居住実態がなくても存続するのでしょうか?

2.現在、相当安い賃料でお貸ししていると思っているのですが、適正な金額へ一気に値上げしても構わないのでしょうか?近隣の相場では約2倍にはなると思います。

3.今後、不幸にも奥様が亡くなられた場合、姪の方がそのまま借りることになるのでしょうか?こちらとしては、奥様が亡くなられたら、できればそこで契約終了としたいと思っています。

建物は本当に古く、そのまま住み続けるにはかなり無理があります。

最終的には、姪の方が建物を取り壊し更地にして契約終了となるのがこちらにとっては一番いいのですが、それが無理ならこちらで取り壊し費用を負担する条件で契約終了としたいと考えています。

最終的には、契約終了が目的なのですが、取り壊し費用の他に、借地権の買い取りを迫られるようなことがあるのでしょうか?
借地権の買い取りまで要求されるのであれば、そのまま適正価格で契約続行するしかないと考えています。

基本的に将来この件で揉めたくありません。うまく処理していきたいと思っていますが、法的な見地からのご指摘や、あるいは人間関係上のアドバイスなどご意見を頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>取り壊し費用の他に、借地権の買い取りを迫られるようなことがあるのでしょうか?


建物の所有者は誰? あなたの物では無いですよね?
借りた土地に借りた人が家を建てて住むのが一般的ですから、
原則、壊すか壊さないかは借りた人がきめることです。

朽ちて近隣に被害を与えそうな状況になれば、
(相手がゴネても裁判を経て解体撤去は可能)
相続人が更地することがあるかも知れませんが、
契約終了/返却は「先ず無い」でしょうねぇ、
既に7割方相手の資産になったようなものですから。
恐らく、相続人が家を建て直して住むか、
そのまま借地権を転売する(買った人も建て替える)と思います。

なので、対応策のひとつとして、いずれ建て替える時に、
(底地所有者の許可なく家を建て替えることは出来ないので)
「不動産登記の書き換え手数料を戴いて承知する」と話し
(土地の価格に見合う)手数料を受け取れば良いかと思います。
土地の価格の20~30%位受け取るのも珍しくありませんので、
弁護士に妥当な額を相談されてはいかがですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明不足で申し訳ありませんでした。こちらとしては適正な地代を払い続けていただけるなら、それも有りだと思っています。
取り壊しについてはもちろん私が決めることでないことは分かっているつもりです。何となくそのような要求をされるのではないかなぁと勝手に思い書いてしまいました。すみません。

前述のとおり、相続人の方が将来も借りていただけるなら、そちらのほうがいいような気がしております。
ところで、7割方相手の資産になっていると思っていたほうがよいのですね。

不動産登記の書き換え手数料の件についても、そんなに頂けるなら、ますます、そのまま借りていただきたいと思うようになりました。

早々のアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2013/02/18 20:46

 不動産賃貸業を営んでおります。



1.借地権は居住実態がなくても存続するの

 居住していないのは、「建物に」であって、土地上にその方所有の家がある以上、借地権は存続します。


2.適正な金額へ一気に値上げ

 50年前からだと、いつの法律が適用になるのか、手元に六法もなにもありませんのでわかりませんが、現行の借地借家法によれば、申し入れるのはかまわないと思います。

 相手がイヤだと言えば、裁判所に訴え出て、裁判所が決めることになりますね(借家のことしか頭にありませんが、借地でもたぶん同じ仕組みでしょう)。


3.姪の方がそのまま借りることになるのでしょうか?

 さあ、その奥様の相続人が何人いるのかさえわかりませんので、なんとも言えません。

 とにかく、誰かが相続すればその「相続人」に権利が移ります。その方がどう考えるかは、その人の性別さえわからないのですから、想像もできません。

 契約解除を申し入れるのは自由ですが、申し入れによって当然に契約解除になるわけではありません。

 質問者さんが申し入れれば、「じゃあ家を買ってくれ」「借地権を買ってくれ」と言われる可能性が高くなるでしょうね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>居住していないのは、「建物に」であって、土地上にその方所有の家がある以上、借地権は存続します。
基本的なことも知らず質問して失礼しました。勉強になりました。

地代については一度値上げ交渉してみようと思います。

姪の方ですが、おそらく相続人になる方だと思います。

そうですね、こちらから契約解除を申し入れるとなんか不利になりそうですね。
そのまま適正な地代で借り続けてくれてもいいような気になってきました。

早々のアドバイスありがとうございました。もう少し考えてみます。

お礼日時:2013/02/18 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング