痔になりやすい生活習慣とは?

初めて質問します。至らないところがあったらすみません。

15日の夜、主人が脳梗塞で倒れ意識はあるのですが話すことがままなりません。
こちらの言っていることも完全には理解出来ていない状況です。

夫は在宅で株取り引きや不動産管理を仕事としているのですが、
脳梗塞のため取引が出来なくなってしまいました。

私は株や不動産の知識がまるで無く、どこの株を持っているだとか証券会社すべてを把握していません。
また、夫のパソコンを見ようにもパスワードが必要で見ることが出来ません。
家の中の郵便物を探して利用しているだろう証券会社などはいくつか判りました。

GMOクリック証券、みどり証券、SBI証券、鎌倉投信株式会社、さわかみ投信株式会社、
GFT東京支店、大阪証券金融株式会社、田中貴金属工業。

他にもあるかもしれません。
GMOクリック証券だけはIDとログインパスワードが判りました。
ただログインしても私には何も分かりませんし、何かをするのも怖くてできません。
かと言ってこのまますべてを放置しておくのも怖いです。

こういう場合証券会社に相談すればいいのでしょうか?
弁護士さんに相談するべきなのでしょうか?

私が出来る最善策が知りたいです。
無知でお恥ずかしい限りなのですが、みなさんの意見を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

大変ですね。

本当にひとごとではなく、心中をお察し致します。

私は法律には詳しくないので、法的な正解は分かりませんが、もし私(の妻)だったら、こうして欲しいというレベルでお答えしたいと思います。

まず、意識が少しでもあるようなら、ご本人の意志の確認は必要だと思います。つまり、取引中の株等の処理をどうするか、です。方向は2つしかないでしょう。そのままにするのか、全て(分かる範囲で)決済してしまうか。私なら決済を希望しますが、こればかりは意識のある旦那さんへ確認するしかないでしょう。というのは、仮に株等を決済するにしても本人の意志が間違いなく問われると思うからです。

で、ご本人が株等を今のままにして欲しい、というならそれ以上することはありません。というか、できません。もし、オプションとかデリバティブ取引をしていると場合によっては、口座残高以上の損失を被る可能性もありますので、できるなら取引の継続はシッカリ確認したいところです。

さて、持ち株等をひとまず決済して欲しいとの意志があるようなら、全力で決済を実行するべきです。

では、どうやるか。

あなたがご自身で決済処理をパソコン等で実行するのは、止めた方がいいでしょう。色々問題がありそうです。それよりも、相当程度の証券会社が把握できているようなので、それだけでも凄いです。インターネットでそれぞれの会社のサイトにアクセスするとまず間違いなくお客様相談窓口(カスタマーサービスセンター)のようなところがあります。そこへ連絡して指示を仰ぐのがベストだと思います。身内の方が急病などで取引できなくなり、しかも意思表明もままならないことはあなただけでなく、結構あるに違いありません。そのような場合にどうしたら良いかはカスタマーセンターであれば、心得ているものと思われます。対応する場合は、窓口の責任者を呼び、シッカリと相手の確認をしながら、慎重に対応されることをお勧めします。

なお、不動産管理については私には全く知識がありませんので、すいませんが、アドバイス自体ができません。

こんなときに余談ですいませんが、私は全て海外の業者と取引を実施しています。対応も全て英語です。もし、私が急病になったら、私の妻はあなた以上の過酷な状態になるでしょう。まだ日本の会社とのやりとりであれば、いかようにも対応の仕方はあると思います。

いずれにしても病気のご主人と共に大変な状況であることをお察しします。ぜひ頑張って難局を乗り切って頂きたいと存じます。

この回答への補足

この場をお借りしてお礼申し上げます。6人の方すべてのご意見が参考になり私の助けになりました。
ベストアンサーを決めるのが心苦しい限りです。

回答してくださったみなさん本当にありがとうございました。

補足日時:2013/04/11 23:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
投資家としての意見、参考になります。

夫の意見を反映させてあげたいのですが、今日パソコンのパスワードを聞いてもやはり分からず
意思疎通が出来ませんでした。
私を認識して何か喋ってくれるものの、言葉が出てこないみたいです。
文字や数字もわかりません。私の言葉もどれだけ伝わっているかという感じです。

判っている証券会社に連絡をとりたいと思います。
>窓口の責任者を呼び、シッカリと相手の確認をしながら、慎重に対応
がんばっていきたいです。

こうなることを予期し日頃から聞いておけば良かったと後悔しました。
ご意見参考になります、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/19 00:52

はじまして。

大変な事デスね。ご主事様が元気になるのが一番大事ですが、手続きできるまで回復できたらいいですが、もしそれが困難なら、成年後見制度を使う必要があるかもしれません。今は何をするにも代理手続きが困難。ただ、意識がある場合は代筆も可能になります。成年後見制度についてはネットで調べて弁護士さんに相談するのもひとつですね。
株とかは取引のある銀行、証券会社其々に相談してください。
保有の株の銘柄は判らないので一概にはいえませんが、今、日本株はアベノミクスのおかげで値段上がってます。
頑張ってください。ご主人様がお元気になる事をお祈りします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。

入院から1ヶ月半ほど経ち、少しづつですが失語症の夫ともコミュニケーションが取ることが出来るようになりました。パソコンの暗証番号も判明し、その中に証券会社などのIDやパスワードもありました。

夫がどこまで理解し、これから管理出来るようになるのかはまだわかりませんが、タブレットでログインして株価を見ることは出来ています。一度決済しようか?と聞いてみたらすごく反対されました。
夫の友人にも協力していただき、取引内容を見てもらうこともある程度出来ました。急を要する取引は無さそうです。


証券会社に問い合わせると医師の診断書、夫と私の印鑑証明書、委任状(代筆可能)があれば私に委任出来ることも教えていただきました。でも証券会社によっては成年後見制度しかないと言われるところもありました。

しかし回復の見込みがある今の状況、ログインは出来ている状況を考えると委任をするのも様子見の状態です。
成年後見制度の検討もまだ先で、時間もかかりそうですし最終手段という感じです。

おっしゃる通り証券会社にしろ銀行にしろ、代理手続きの難しさが今回よく判りました。
正当な手続きを踏むと時間がかかり、早くどうにかしたい場合困難です。
委任のための医師の診断書をもらうのにも数週間かかります。

私の場合、本人がログイン出来るようになったこと、幸いとして株価の調子が良かったことで何とか落ち着けました。これからどうするかまだ不安ではありますが・・・。


回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2013/04/03 22:23

最近はネット取引が多く当事者以外は解りにくくなっています。



まず、本人の字を書い見せ、簡単な処理の意向を確認するようしてみましょう。
うなずくとかまばたき・握手で合図するとか試してみましょう。

ご主人の様に幾つもの会社と取引が有る場合は
当然IDはそれぞれ異なります。

ログインパスワードは共通にしている人もいるかもしれませんが
普通は別にする場合が多いと思います。

幾つもの会社と取引していると覚えるのも大変なので
身近な所に記録している筈です。 
それを急いで探してみましょう。

それが見つかれば、信頼できる人と内容を点検し、急いで処理しないと
大きな損になる取引が有るかないか調べましょう。

経済状況が上向きになっていますので、明らかに損になるもの以外は
当面は処理をしないのが良いかも知れませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですね、状況を把握するためにもログインID等を探したいです。
今日も探してみたのですがなかなか見当たらなくて。
パソコンの中にあるのかもしれません。
パスワードを解除する方法も調べていきたいと思います。

夫との意思疎通はなかなか難しいので
やはり成年後見人の申し立てをするしかないかと思います。
それでも選定に3ヶ月から半年かかるようなので色々と心配ではあります。

いくつか証券会社に問い合せたら、私に委任する方法や成年後見人の申立てをするしかないなど
教えていただけました。

ご意見本当にありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2013/02/20 00:08

家庭裁判所に申立て成年後見人の選任をしてもらいましょう。


本人の財産管理をしてもらえます。
成年後見人になった方は、後見人であることの証明が出て、本人に代わっての行為ができますので、例えばIDとパスワードを調べることも可能です。
その前の、証券会社の洗い出しとともに全財産の把握もできます。
あなたの相談役にもなります。

確かな信用がある知人に頼む手もありますが、裁判所で選んでくれる後見人が処理をするほうが、後々「誰々に有利に財産を処分した」などと後ろ指をさされなくて済みます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

成年後見人の選定、勉強になります。
調べて実行に移していきたいと思います。
夫が昔勤めていた銀行時代の友人に相談しようかとも思っていましたが、
プロの方に任せたほうが良さそうですね。

証券会社の指示を仰ぎつつ、やっていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2013/02/19 01:10

ご主人が取引されていらっしゃる証券会社に電話されましたら、必要な手続きなど教えてくれます。

幅広くお付き合いなさっているようですので、漏れがないか心配ですね。おそらくネット取引でも何らかの郵便物があるはずですが?
弁護士ではなく、税理士さんに相談されるのがいいでしょう。前後しましたが、どうぞお大事になさって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
判っている分だけでも証券会社に連絡をとってみます。

たしかに他にもまだありそうなので、家中探してみます。
不動産に関しては証券会社以上にまだ分かっていないので、見つけて連絡を取りたいです。

税理士さんにも相談したいです。確定申告なども無知なもので・・頼っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2013/02/19 00:26

 IDとパスワードが手に入ったからと言って本人以外が操作することはできません。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B9%B4% …
A%A6
 ご本人が意思の疎通が出来ないなら成年後見人を立てなければ財産を動かせないでしょう。資産運用を軟着陸させるにせよ大いに発展させるにせよ、それからです。後見人が、証券会社と相談するなり親族や友人と相談するなりして運用、または換金することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
成年後見人という制度があるのですね。証券会社と連絡をとりつつ調べたいと思います。

本人以外は操作できないことは考えたら分かりそうなものなのにハッとさせられました。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/19 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人ホーム入所中の父親名義の株を売却したい

老人ホーム入所中の父親名義の株を息子の私が売却して現金化したいと考えています。株に関する知識がありませんので売却方法について教えて下さい。

問題は、株券が無いことと、父親名義の株券を息子の私が売る際の手続きがわからないことです。
ググっていろいろ調べましたがよくわからず、初めてこちらで質問させていただきます。

父親は要介護4で老人ホームに入所しており、株券を保管している場所も忘れているようで、探しても見つかりません。
株券が手元になくても売ることはできるのでしょうか?

要介護4ではありますが、頭はしっかりしていますので受け答えはできますし、話の内容も理解しており株を売る話も了承しています。勝手に売ろうとしているわけではありません。株券の保管場所は忘れていますが、頭がボケているわけではありません。

住友重機や関電、大和ハウスなどの数社の株を保有しており、株主総会の議決権行使についての案内や、配当金の振込の案内は何度か届き、保管しています。
配当金も委任状(父の印鑑と署名書いて)で受け取ることはできました。

その案内に保有株数が書いてあり、住友重機の場合は2,200株と書かれていました。単純に計算すると100万円以上にはなると思います。
株で儲ける気はないですし、父ももう長くはないので今のうちに全て現金にしておきたいのです。

手続きが煩雑であれば、司法書士の方などに手続きを依頼する方法もあるのかなと思いますが、そのあたりお教えいただけないでしょうか?

ちなみに、昨年父親所有の実家と土地を売却したことがあり、司法書士の先生に老人ホーム入所中の父親に面会して、売却の意思確認などをしてもらいました。判断ができない状態ではなくても、一応そのようにしないといけないとのことでした。株の売却もこのようなことが必要なら司法書士にお願いするのがベストの方法かなと思いますが、このようなことは司法書士にお願いすればやっていただけるのでしょうか?それとも株の知識のある方にお願いしたほうがいいのでしょうか?

私自身、株についての知識は殆どありません。
皆様のお知恵を拝借したく思いますので、よろしくお願いします。

老人ホーム入所中の父親名義の株を息子の私が売却して現金化したいと考えています。株に関する知識がありませんので売却方法について教えて下さい。

問題は、株券が無いことと、父親名義の株券を息子の私が売る際の手続きがわからないことです。
ググっていろいろ調べましたがよくわからず、初めてこちらで質問させていただきます。

父親は要介護4で老人ホームに入所しており、株券を保管している場所も忘れているようで、探しても見つかりません。
株券が手元になくても売ることはできるのでしょうか?

要介...続きを読む

Aベストアンサー

その会社の株式管理を委託しているところに問い合わせられたらいいと思います。

「その会社の株式管理を委託しているところ」を調べるにはその企業のホームページ(会社名で検索すればわかります)で「株式。投資家の皆様へ」のところへクリックして飛んでその中から探すと分かります。

ちなみに住友重機の場合は
http://www.shi.co.jp/ir/stock/procedure/index.html
で ・住友信託銀行株式会社 と書いてありさらにそこをクリックすると住友信託銀行株式会社のホームページへ飛ぶようになっておりそこからと言わせ先の電話番号が分かります。

配当金支払い書に株主番号が買いてありますのでそれが判るようなら控えておいたら問い合わせやすいと思います。
もしなければおそらく名前と住所でも調べてもらえると思います。

Q父が認知症で、株式の管理が困難になって来たので、某大手証券会社の内部規

父が認知症で、株式の管理が困難になって来たので、某大手証券会社の内部規定において、
私が売買を代行できる後見人となる手続きをとりました。しかし、それ以降、私は一切、株式の売買に手をつけずに1年経ちました。損を出すワケにもいかないので、売買は必要最小限にして資産の現状維持が目的です。が、何もしないので役に立たないと証券会社が思ったのか、今頃になって後見人制度は毎年、本人との面談によって更新する事になっており、1年経ったので、更新の為、後見人を私から姉に変更したいと言って来ました。理由は私は遠隔地に住んでおり、面談など更新手続きが難しいので、証券会社と同じ地域に在住の私の姉に後見人を移したいとの申し出がありました。姉は株式のことは全くわからないのでお断りしているのに、しつこく代理人になるように勧めているようです。
と言っても、法定後見人などではなく、当該証券会社内で勝手に規定されたモノであって、自分たちの都合で好き勝手に言いたい放題のような気がしています。1年前、株の所有者である父と、私がわざわざ帰省して、その場に同席して、証券会社の人達と面談の上、手続きがなされたものなのですが、この後見人は本当に1年ごとに更新手続きをやらないといけないのでしょうか? 私の感触では私が後見人では証券会社側の思うようにならず、外債の購入などの勧めも聞かず、売買手数料をかせげないので、株式の事は全く知らない姉であれば丸め込めると思って、後見人を移そうとしているとしか思えません。
今までアドバイスに従って父は売買を重ねて来たようですが、投資成績もすこぶる悪く、損が大幅に出ており、その証券会社に管理を依頼し続ける意味も義理も無いように思います。いっそのこと株式移管して父名義の他の証券会社に株式を移して、この証券会社とは縁を切りたいのですが、そうすると、法定代理人じゃない人が勝手にそういうことはできないなどと都合の良いことを言って来る事が予想されます。父や姉などの手をわずらわせる事なく、すみやかに株式移管するには、どういう方法があるでしょうか? それと当該証券会社内だけの規定にすぎないと言っても、株主の意向をまったく確認せずに、勝手に長男の私から、近所に住んでる姉に移そうとしているのですが、そういう身勝手な行為のは許されることなのでしょうか?ちなみに姉は代理人になろうという気は全くなく、証券会社とのすべてのやり取りは逐一、私に報告してくれています。

父が認知症で、株式の管理が困難になって来たので、某大手証券会社の内部規定において、
私が売買を代行できる後見人となる手続きをとりました。しかし、それ以降、私は一切、株式の売買に手をつけずに1年経ちました。損を出すワケにもいかないので、売買は必要最小限にして資産の現状維持が目的です。が、何もしないので役に立たないと証券会社が思ったのか、今頃になって後見人制度は毎年、本人との面談によって更新する事になっており、1年経ったので、更新の為、後見人を私から姉に変更したいと言って来ました...続きを読む

Aベストアンサー

質問文から察するに、裁判所を通じて正式に手続きをした成年後見人制度の利用ではなく、取引証券会社で決まっている規定に沿って、質問者様が代理人になっている、で間違いないですかね?

>今頃になって後見人制度は毎年、本人との面談によって更新する事になっており、1年経ったので、更新の為、後見人を私から姉に変更したいと言って来ました。

おかしな話ですね。証券会社が顧客の後見人を指定するなんて話は聞いたことがありません。余計なお世話ですよね?

1年ごとの更新と面談は、社内規定でそうなっているのでしょう。あり得る話です。

>理由は私は遠隔地に住んでおり、面談など更新手続きが難しいので、証券会社と同じ地域に在住の私の姉に後見人を移したいとの申し出がありました。

何となくですが、見えてきました。証券会社は遠隔地取引というのを金融庁や証券業協会から制限されています。理由もなく遠方住所の顧客との取引は、厳しい検査事項です。不正取引や、電話で簡単に営業を済ませようという証券会社主導の安易な取引になる可能性が高いので。ですから、お取引支店より近いお姉さまにすることによって、問題なく取引をしよう、という目論見のような気がしてなりません。ただ、私の勝手な憶測ですので、真意はわかりませんが。

>この後見人は本当に1年ごとに更新手続きをやらないといけないのでしょうか?

お取引証券会社の社内規定だと思われます。これは言うことを聞いた方がいいでしょう。

いわゆる”言いなり客”だったわけですね、お父様が。それを証券会社の都合のいいように、質問者様に言うわけですね。

>法定代理人じゃない人が勝手にそういうことはできないなどと都合の良いことを言って来る事が予想されます

その通りです。相当都合のいいことを言うでしょう。本人からの申し出ではないから受けられない、とか言われそうですね。

この手の話は実はよくあるケースで、結構昔からこじれるネタなので、証券会社も防衛線を張って、わけのわからない社内規定を設けて、トラブルを防止する努力をしている、と協会にアピールしているにすぎません。

一番説得力のあるのは、司法書士にでも頼んで(もちろん自分でもできる)、成年後見人制度を利用して法的に資産を守ってもらうこと。

http://www.seinen-kouken.net/1_tetsuzuki/index.html 

手続きには時間がかかります。

あとは、手荒なやり方ですが、自らクレーマーになって、鬱陶しい顧客になること。親族からのクレームが度重なると、少なくともトラブルを抱えたくない証券会社は勧誘してこなくなる可能性が非常に高いです。連絡もめっきり減ります。

あとは、何もいじらないこと。上がろうが下がろうが、相続が発生するまで何も手をつけないこと。これが一番、角が立たない方法ではあるのですが。

証券取引の基本は本人取引、本人の資金で本人の意思で投資判断を下す、というもの。今は昔と違って細かいルールができて、金融庁やSESC(証券取引等監視委員会)の締め付けが厳しい。あなたが判断を下すと、仮名取引だの借名取引だの、もっと面倒なことになります。

よく担当者と話してください。話がまとまらない場合は本社の相談窓口に、取引経緯を、今後の家族の方針をしっかり伝え、支店の担当者によく言っておくように要請をしておくこと。あ、ちなみに電話で喋ったことはすべて電話録音されているのであまり感情的にならずに平然としゃべった方がいいですよ。

質問文から察するに、裁判所を通じて正式に手続きをした成年後見人制度の利用ではなく、取引証券会社で決まっている規定に沿って、質問者様が代理人になっている、で間違いないですかね?

>今頃になって後見人制度は毎年、本人との面談によって更新する事になっており、1年経ったので、更新の為、後見人を私から姉に変更したいと言って来ました。

おかしな話ですね。証券会社が顧客の後見人を指定するなんて話は聞いたことがありません。余計なお世話ですよね?

1年ごとの更新と面談は、社内規定でそうなって...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Q「株」の遺産相続は、どのようになりますか?

父が高齢で、ガン治療の最中です。
が、残念なことに、おそらく、あと1年以内に亡くなると思います。

そこで気になるのが遺産相続と、相続対策です。

父には、現金以外に、およそ4000万円分の株を持っています。
私達は3人兄弟です。

私は株に詳しくないので、この株券がどのように遺産相続されるのかが分かりません。

勝手に推測してみたのが、
●父の死亡後、強制的に売却しないといけない。売却したお金から相続税を支払い、余ったお金を兄弟で分ける?

●父の死亡後、株は売らなくても良いが、3人兄弟の誰かが相続しないといけない。
その場合、例えば、1500万の株、3000万の株、500万の株があったとしたら、誰がどの株を相続するかで相続の際に不平等で争いの原因にならないか?
また、株を売らずに相続した場合、相続した人間が自腹で相続税を支出する必要があるのではないか?

そのような感じかな、と勝手に想像してみたのですが、
なにしろ知識が全くないので、よくわかっていません。

父の死後は、実際はどのようになるのでしょうか?

また、父の死亡前に、私が取っておくべき、ベターな相続対策(株について)はありますか?
アドバイスがあればお願いします。

父が高齢で、ガン治療の最中です。
が、残念なことに、おそらく、あと1年以内に亡くなると思います。

そこで気になるのが遺産相続と、相続対策です。

父には、現金以外に、およそ4000万円分の株を持っています。
私達は3人兄弟です。

私は株に詳しくないので、この株券がどのように遺産相続されるのかが分かりません。

勝手に推測してみたのが、
●父の死亡後、強制的に売却しないといけない。売却したお金から相続税を支払い、余ったお金を兄弟で分ける?

●父の死亡後、株は売らなくても良い...続きを読む

Aベストアンサー

親の遺産相続にだいたい同額の株式がありました。
私の相続時には課税限度額が5000万円+法定相続人数×1000万でしたから
楽でしたが
現在は厳しいですね。
まずは、株式以外の相続財産との合算で相続税を考える必要があります。不動産だと小規模
宅地の特例とかあって評価が減額されます。
その前にご母堂はもうお亡くなりですか?一旦お母様に全額相続してもらいお母様の生存中に
相続税対策をするというのも一案ですが、お亡くなりになったなら仕方がないです。

株のみの相続対策はまず、亡くなった日の株価で資産評価がされます。
株価が上がり調子ですからこのままいくと相続税で他の資産と合算されて少しもっていかれます。


一番安全なのは株を全部換金して、当然譲渡益の20%は所得税でとられますが
それを住宅ローンの返済にあてる。もちろん持ち分を一部父親名義に書き換える。
相続の際遺産分割協議書で持ち分をそれぞれ子供が相続する。
私ならそうします。

Q脳梗塞になった場合の寿命

今年の三月に母(53歳)が脳梗塞になりました。
検査の結果、末端の細い血管が詰まっていて見えないほどだったそうです。
発見が早く、治療は点滴だけで済み、一週間で退院しました(本当はもっと早くできた)。
母はもともと高血圧なのですが、退院してからは食生活に気をつけています。
後遺症もなく、以前と同じように生活しているのですが、母は寿命の事を気にしています。
再発する可能性があるのは重々承知なのですが、それがなかったとしたら、母の場合寿命はどれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

お母様が脳梗塞、それもこんな若くて・・・心配ですね。
でも、細い血管で済んで良かったですね。
そのおかげでこれからの生活に注意を払うようにもなりますから、いきなり大きな脳梗塞を起こして寝た切りにならずに済んだことに、感謝しなくては。
小さな脳梗塞のおかげで、大きな脳梗塞を予防できると考えてもらえるといいのではないかと。

質問者様・お母様が気にされている寿命ですが。
これは一概に答えられるものではありません。

まず第一に、脳梗塞の再発は確かに可能性が高いのですが、それは今後一生つきまとう問題です。
過去に一度細い血管が詰まるラクナ梗塞を起こしても、その後20年と何も起こさない方もいらっしゃいます。
ですから、次にいつ命を落とすような大きな脳梗塞を起こすかは、誰にもわからないのです。

第二に、脳梗塞を起こす人は全身の血管のどこかしらを詰まらせるリスクが高いので、脳だけでなく、心臓や肺といったところへの可能性もあるからです。
心筋梗塞の場合は、今回の脳梗塞のようにはいきません。
予防をしていても、心筋梗塞を起こさないとは言いきれません。

第三に、脳梗塞の急性期を脱している場合、脳梗塞で亡くなるということは考えにくいですね。
それよりも、何かしらの癌にかかったり、交通事故で亡くなることの方が可能性は高いと言えるでしょう。

身近な人が脳梗塞になったら、心配になることは当然です。
でも、何の障害も残さずに回復されたことですし、寿命を今気にされることはないでしょう。

脳梗塞の理由が生活習慣病によるものなのか、心房細動という不整脈によるものなのかにもよりますが、現在は何かしら治療をされていると思います。(血液をサラサラにするような薬ですね。)
お母様はまだお若いのですし、今後はしっかり通院を続け、全身の病気の早期発見(定期的な健康診断)と血圧だけでなく脂質異常症や糖尿病といった血管閉塞に関わる生活習慣病予防に努めることをおすすめいたします。

お役に立てれば幸いです。

お母様が脳梗塞、それもこんな若くて・・・心配ですね。
でも、細い血管で済んで良かったですね。
そのおかげでこれからの生活に注意を払うようにもなりますから、いきなり大きな脳梗塞を起こして寝た切りにならずに済んだことに、感謝しなくては。
小さな脳梗塞のおかげで、大きな脳梗塞を予防できると考えてもらえるといいのではないかと。

質問者様・お母様が気にされている寿命ですが。
これは一概に答えられるものではありません。

まず第一に、脳梗塞の再発は確かに可能性が高いのですが、それは今後一生...続きを読む

Q株の名義変更及び移管について

父がバブル時に購入した6社ほどの株があります。
すべて、50%以上の損失で塩漬け状態になっています。
このまま放置していても、いつ利益がでるか解らないので私が運用してみたいと思っています。
父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが、証券会社に聞いたら、名義変更はできないという事でした。
できるとしても贈与税などの手続きとかでいろいろ手間がかかるとの事でした。
一度売却する事は、父がなぜか賛成しませんし、売却するなら、手数料の安い父名義のネット証券に移管してから売却なり運用した方が良いかと思っています。
(大手証券会社もネット証券会社も特定口座です)

株を移管すると、移管先ではその株は特定口座にできないと以前聞いたことがあります。
もしそうだと、移管してから売却すると税金面で損をしてしまう気がするのですが・・・?

詳しい事はよく解らないので何かアドバイスを頂けたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

証券マンです。

>父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが
↑どちらにしても贈与になりますから、それなりの手続が要ります。

・名義変更の場合
担当の信託銀行に名変する手続をしたいと申し出てください。もちろん贈与の手続は要ります。
・一度売却して~の場合
一旦出金してからあなた名義の口座に入金する。実際は非課税枠超えてれば贈与手続は要りますが、お金には名前が書いてありませんから証券会社サイドからはわかりません。自己責任で。

>株を移管すると、移管先ではその株は特定口座にできないと以前聞いたことがあります
↑一度株券を出庫して入庫をすればその通りですが、取得価格を引き継ぎたいのであれば、「証券会社間移管」という書面での手続を行えば、現在置いてある大手証券会社での特定口座での取得価格が引き継がれます。

>移管してから売却すると税金面で損をしてしまう気がするのですが
↑取得価格が証明できるのであれば問題ありません。またその証明が無い場合でも、最悪、一般口座で平22年末までの売却であれば「みなし価格」は使えます。バブル期の高値よりは多分大きく不利ではありますが。

>一度売却する事は、父がなぜか賛成しませんし
↑であれば、運用も何もないですよね。値が戻るのをひたすら待つというのは運用でも何でもありません。損切りができない人は株式投資をすべきではありません。

いずれにしても、贈与の件と、運用方針についてお父上との相談、合意が不可欠でしょう。
そして贈与手続云々が面倒なら、証券会社間移管でお父上のネット証券口座に移管し、ネット取引であなたが運用してみてはいかがでしょうか。

証券マンです。

>父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが
↑どちらにしても贈与になりますから、それなりの手続が要ります。

・名義変更の場合
担当の信託銀行に名変する手続をしたいと申し出てください。もちろん贈与の手続は要ります。
・一度売却して~の場合
一旦出金してからあなた名義の口座に入金する。実際は非課税枠超えてれば贈与手続は要りますが、お金には名前が書いてありませんから証券会社サイドからはわかりません。自己責任で。
...続きを読む

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q点滴だけで寿命を待つか、経管(鼻)栄養補給するか

超100歳の義母が脳出血(+梗塞)で突然倒れ、入院中です。

倒れる前日までは在宅で、年齢なりの老衰は感じられましたが、デイサービスに通い、杖に縋って歩いてトイレにも行き、茶の間に出てきて普通食を自分でしっかり食べていました。
だから体力はあり、倒れて2日ほどでで昏睡状態から回復し始め、呼びかけに応えたり、点滴が漏れたとき「イダイ(痛い)」と訴えるようになりました。麻痺していた左手足が動くようになり、在宅での点滴ができにくくなり、往診の先生に入院加療を勧められ入院させました。

ここ1,2年は脈拍が30台~40台で安定していたのですが、血圧が高くなったこともあり入院当初は病院の先生から数日と宣告されましたが、持ち前の健康体のお陰でそのまま安定した状態になっているようです。
呼び掛けには声を出して応じ、入院1週間後くらいに手足をマッサージしてくださった療法士に「アディガドー(ありがとう」と、お礼を言って周囲を驚かせたのです。

そんな状態で、できれば家に連れ帰りたいと夫と私は先生に申し出ていたのですが、嚥下不能で口からの摂取が無理だから在宅はできないと言われました(入院3週間後)。(実は嚥下の訓練をもう少し早く始めてくれていたら、と残念に思う節があるのですが、それは今は詮無い事なので。)
今後の措置は、点滴だけで寿命が終わるのを待つか、もう少し積極的に鼻からの経管栄養で延命するか、家族の判断でと言われました。
点滴については、必要なカロリーが800から1000なのに対し、点滴では50から100余りくらいしか吸収されないとも説明されました。(数字を聞き間違えていたらすみません。ご指摘ください。)

年齢が年齢なので、無理な延命は望まないけれど、たった3週間ほど前まで普通に食事して、薬も飲まず医者にかかる必要のなかった体を、急激に栄養不足にして寿命が尽きるのを待つなんて、とてもむごいことに思われるのですが、どのように判断するべきか専門の立場や、経験された方からのご意見をお聞きしたく、よろしくお願いいたします。

ここ1日2日、呼びかけへの反応が弱くなり、寝ていることが多くなったように感じます。体力も弱っているでしょうが、家に帰りたいだろう本人の諦めとも思えて辛いです。

質問のカテゴリーの選び方が間違っていたらご指摘ください。

超100歳の義母が脳出血(+梗塞)で突然倒れ、入院中です。

倒れる前日までは在宅で、年齢なりの老衰は感じられましたが、デイサービスに通い、杖に縋って歩いてトイレにも行き、茶の間に出てきて普通食を自分でしっかり食べていました。
だから体力はあり、倒れて2日ほどでで昏睡状態から回復し始め、呼びかけに応えたり、点滴が漏れたとき「イダイ(痛い)」と訴えるようになりました。麻痺していた左手足が動くようになり、在宅での点滴ができにくくなり、往診の先生に入院加療を勧められ入院させました。

...続きを読む

Aベストアンサー

病院に入院して治療をしていると一度始めた治療はやめられないといったことはよく聞かれることです。これは倫理的なことや医師の判断にゆだねられることが多いと思います。
最近は寝ていることが多くなってきているということですから、しっかり起きているときに飲み込みやすいものを口から飲み込めるか試してもらうことができるかもしれません。飲み込みの状況は入院先の職員がよくわかっているので、口からの取り込みは難しい状況なのでしょう。具合がよくなった時点でもう一度口から食べられるか試してほしいという希望は、お医者さんに伝えるのよいと思います。病院では食事に関係するチームが活動していますから、現場の職員が経管栄養を始めた後でも口から食べられそうだと感じれば試してみることはあると思います。
十分な栄養が口から飲み込めないにしても、点滴と併用しながら本人のほしがる分だけの量で在宅療養をはじめる高齢者の方もいます。
また、在宅では点滴は最小限の量で、訪問診療を受けながら訪問看護やそのほかの介護サービスを使って家で看取るつもりで家に帰ってくる場合もあります。
住み慣れた家を離れて家族と一緒にいる時間も少なく寂しい思いもしているのではと想像すると余計かわいそうに思うこともあるでしょう。手や足からする点滴はいずれは入りにくくなってくることもあります。希望した治療でもそれが続けられない状況になることもあります。
どこまで治療をするのかと悩むところではありますが、ご家族と相談の上答えを出すのが一番です。かかりつけの先生に相談をして今の状況でつれて帰ってこれるのか、どこまで治療を受ければ在宅で見てもらえるかなど相談してみればより答えが出しやすくなるのかもしれません。
入院していてもご家族のできることはイロイロあります。何もしてやれなかったと思うと後悔が多くなり寂しい思いも強くなります。入院中でもよく声をかけてあげて手足をさすったり、看護師さんと一緒に寝返りの手伝いなどをしていけばお母様もうれしいことでしょう。

病院に入院して治療をしていると一度始めた治療はやめられないといったことはよく聞かれることです。これは倫理的なことや医師の判断にゆだねられることが多いと思います。
最近は寝ていることが多くなってきているということですから、しっかり起きているときに飲み込みやすいものを口から飲み込めるか試してもらうことができるかもしれません。飲み込みの状況は入院先の職員がよくわかっているので、口からの取り込みは難しい状況なのでしょう。具合がよくなった時点でもう一度口から食べられるか試してほしい...続きを読む

Q脳梗塞の入院中の治療中の再発について

58歳の母の事ですが、急にロレツが回らなくなり、病院へ行き、脳梗塞の為、そのまま入院となりました。
1週間の退院予定で、点滴と薬による血液をサラサラにする治療を行い、状態も良くなってきたという事で、入院4日目で点滴をやめ、薬による治療を行っていました。
ところが、退院を迎えた日に急変し、寝たきりになりました。(その後、回復し 左に麻痺は残っていますが、歩ける程になっています。)
退院の日に脳梗塞が再発したのです。しかも、脳幹に。

脳梗塞により、入院をし、入院中に・治療中に再発をするというのは、私の中では納得が行かず、
医師に伺っても
・再発は起こりうる。
・悪性の腫瘍があると再発しやすい(母は、子宮に腫瘍があったことが分かり(良性だったのですが)それがその当時は悪性の疑いがあるという事で)

という説明を受けました。

結果、母の腫瘍は良性で、医師の説明とは食い違いがあるも、腫瘍摘出手術の為、病院を転院し詳しい説明は聞けずじまいです。

お伺いしたいことは、『脳梗塞において入院中の、治療中の再発は、起こりうるのか』しかも、ロレツが回らない程度の母が、『1週間程度も寝たきりになる程の』

ホームページを調べても『脳梗塞は再発が起こやすい病気である』という掲載は、見ましたが、

私は、『入院の治療中に起こった』という事が、納得いきません。
一方、病院側は、『再発は起こりうる』という説明です。

長くなりましたが、第3者のご意見を伺いたく、よろしくお願いします。

補足ですが、母は、元々血圧は高く200程度ありました。治療・通院はしていませんでした。
今回、病院に行った際は、血圧が280ありました。その後200程度になり、今は150~160程度です。

58歳の母の事ですが、急にロレツが回らなくなり、病院へ行き、脳梗塞の為、そのまま入院となりました。
1週間の退院予定で、点滴と薬による血液をサラサラにする治療を行い、状態も良くなってきたという事で、入院4日目で点滴をやめ、薬による治療を行っていました。
ところが、退院を迎えた日に急変し、寝たきりになりました。(その後、回復し 左に麻痺は残っていますが、歩ける程になっています。)
退院の日に脳梗塞が再発したのです。しかも、脳幹に。

脳梗塞により、入院をし、入院中に・治療中に再...続きを読む

Aベストアンサー

理論上十分に起こり得るだけでなく、実際の医療の現場で(私の感覚では)低くはない割合で遭遇するケースです。

脳梗塞患者(退院直前含め)の再発は医療過誤には該当しませんし、その病院の医療や看護に問題が
あって引き起こされたのではありません。
又、梗塞部位などによって出現する症状や程度は様々であって当然ですから、
今回のほうが症状が強くても何ら不可解な現象ではありません。

一般の方が、入院中の再発に疑問をもつのは無理もないかなとは思いました。
どうぞお大事になさって下さい。


人気Q&Aランキング