私はパートで、職場からの源泉徴収票の「源泉徴収額」が0円です。なので会社員の夫の申告で夫婦二人分の医療費控除を申請しようと考えています。

夫にかかった医療費 24000円
私にかかった医療費 130000円
ですが、私は上記の他に、入院87000円、入院後の通院7000円の支出もあります。
そしてこれらに関しては生命保険から保険金の支払いが行われました。
入院に対して250000円、通院に対して9000円支払われました。
つまり、入通院時の支出に対して保険金の方が高額になります。

ここで質問ですが、
確定申告の用紙の医療費控除額の計算式は「支払った医療費-生命保険で補填される金額」となっています。
私がこの一年医療費として支払ったものを全て素直に記入すると、支払った医療費よりも補填金額の方が多くなり、控除額は0円となってしまいます。

この場合、保険金支払いの対象となった入通院の87000円と7000円については記入しないということで良いでしょうか。
保険金対象外の、24000円+13000円の分だけ申告するということで良いですか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

計算式どおり保険金でバックされた対象外の分も含めた計算となるので¥0なら申告書は何も書かない(0でもよいでしょう)。



但しあなたの通院医療費や通院交通費は認められると思うので、これも支払い医療費に含めての計算となります。

私もあなたみたいにバック分のほうが多いです。
自分で掛けた保険でんバックしてもらっているので何かすっきりしませんね。
馬鹿な考えかもしれないが、生命保険なんか掛けないで、還付申告したほうが得なような気もしますよねー。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
何も書かずに申告しました。

お礼日時:2013/02/21 16:21

確定申告書のしかたや明細書のとおりだと


総額から引かなければならないように読めますが、
国税庁の「医療費控除を受けられる方へ」の資料では
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

保険金などで補填される金額のところで、
「※保険金などで補塡される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。」
とありますので、補填される金額は給付対象にかかった医療費になります。

この場合、給付対象になった分を医療費、補填金とも
あえて書かずに申告しても問題ないと思います。

ちなみに申告する合計は37000円ではなく154000円ですよね?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

計154000円です。
書かずに提出しました。

お礼日時:2013/02/21 16:12

3の(1)の注に、ご質問に対しての回答があります。



http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm


歯医者に通ってる。
高血圧の治療を受けてる。
その他の持病で通院をしてる。
たまたま骨折して入院した。

この状態で骨折して入院したことに保険から入院給付金が出たら、これは「骨折して入院したことに対して支払った医療費から控除」します。それがマイナス(つまり、保険金のほうが多い状態。儲けてる状態です)でも、他の医療費から引かなくてもよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですよね、引かなくてもいいんですよね。
計算式ではそういうことは説明がされていないので困りました。

お礼日時:2013/02/21 16:14

医療費控除の申告を申告した医療費の全額が還付されるかのごとく勘違いしているものが見受けられます



あくまでも所得控除です 還付されるのは 控除額*税率 です

医療費控除 24000円+13000円の分だけ申告しても 控除額ゼロです 税務署の事務量を増やすだけでしかありません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

計算したら控除額はきちんと出てきました。

お礼日時:2013/02/21 16:15

>…保険金支払いの対象となった入通院の87000円と7000円については記入しないということで良いでしょうか。


>保険金対象外の、24000円+13000円の分だけ申告するということで良いですか?

おっしゃるとおりです。

(参考)

「医療費控除」は、「納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費」だけが対象です。

『No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
『共働き夫婦の夫が妻の医療費を負担した場合』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/sh …
『生計を一にする Q&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
※あくまで「税法上の判断」です。「生計を共にする」とも違います。

ただし、「生計を一にする」場合は、「何を誰が支払ったか?が非常に曖昧」であることも事実です。
そのため、現実には「家族の分をまとめて申告」しても「税務署」がとがめることはほぼありません。

「税務署」側も、「何を誰が支払ったか?が非常に曖昧」であることは承知していますし、「重箱の隅をつつくようなチェック」をしたところで、「税収」に結びつかなければ、逆に「税金の無駄使い」になってしまうので「うるさいことは言わない」わけです。

しかし、申告する納税者にしてみると「申告が通った!」という解釈になるため、「家族の分は合算して良い」という情報がひとり歩きするようになります。

というわけで、「なんでもあり」ではありませんが、「夫婦」などであれば、(常識的な範囲で)合算する分には、あまり神経質になる必要はありません。

---
『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が給与のみ」の場合の目安です。

『No.1122 医療費控除の対象となる医療費』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm
『[PDF]医療費控除を受けられる方へ』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_souda …
『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html

『税務署が親切』
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/503 …
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155

---
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
生計は一緒なので、夫分で、保険金補填分以外の医療費だけを申告しました。

お礼日時:2013/02/21 16:17

>私はパートで、職場からの源泉徴収票の「源泉徴収額」が0円です。

なので会社員の夫の申告で夫婦二人分の医療費控除を申請しようと考えています
医療費控除は、その医療費を払った人が控除を受けられるもので、本来、どちらが申告するか選択できるものではありません。
でも、夫婦ならどちらかがまとめて申告しても問題ないでしょう。
夫の名前で医療費控除の申告に行ったら、ローン控除を受けていて還付金がなかったため、税務署で妻で申告すればいいとい言われ、妻で申告したという人知っています。

>確定申告の用紙の医療費控除額の計算式は「支払った医療費-生命保険で補填される金額」となっています。
そのとおりです。

>私がこの一年医療費として支払ったものを全て素直に記入すると、支払った医療費よりも補填金額の方が多くなり、控除額は0円となってしまいます。
いいえ。
保険給付金の対象となった医療費から引けばいいです。
つまり、入院87000円から250000円、通院7000円から9000円を引けばいいです。
なので、その入院、通院分は医療費控除としては0円となり、なかったものとなります。
それ以外に医療費について、医療費控除の申告をすればいいです。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/sh …

>この場合、保険金支払いの対象となった入通院の87000円と7000円については記入しないということで良いでしょうか。
そのとおりです。
前に書いたとおりです。

>保険金対象外の、24000円+13000円の分だけ申告するということで良いですか?
そのとおりです。
前に書いたとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

その通りに医療費控除をうけることにしました。

お礼日時:2013/02/21 16:18

それで正解です。


わざわざ聞く理由がわかりません。
ここに書いてしまった以上、別の申告は考えられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正解かどうか知りたかったので質問しました。

お礼日時:2013/02/21 16:19

>私はパートで、職場からの源泉徴収票の「源泉徴収額」が0円です。

なので会社員の夫の申告で
>夫婦二人分の医療費控除を申請しようと考えています。

夫婦だからと、一緒に考えてはいけません。
あくまでも、支払者が控除を受ける制度です。
しかし、夫婦間の生活費の中から出したのであれば、どちらのお金という区分はないでしょうし、ご主人の収入がメインであれば、わからないでもありません。
ただ、税務署などに指摘を受けたりした場合に、あいまいな回答をすると、認められない部分が出てもいけませんからね。

私は経験がありませんのが、医療費控除の説明を読む限りでは、控除が受けられないことでしょうね。
説明では、医療費の合計から医療費を補てんする保険金等を引くことになりますからね。

そもそも、医療費控除は、年間10万円(所得が200万円未満の場合には、所得の5%)を超える場合の超えた部分のみが控除となります。したがって、一般的に会社員の収入で生活しているような人の多くは、10万円を超えて初めて控除の対象となります。補てんを受けた医療費を抜いて合計を出しても、控除の金額はないと思います。

税務署では、すべての医療費控除の内容をチェックしていないと思います。
昔わざと計算間違いをして申告しましたが、何も連絡がありませんでしたからね。しかし、どのような基準でチェックが入るかわかりません。税金の時効は長く、申告の受け付けではチェックしませんので、長い期間びくびくとしないといけませんので、いい加減なことはしないようにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明を読む限り、控除はうけられそうです。

お礼日時:2013/02/21 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅控除可能額0円・医療費控除について

こういったことが良く分からないの質問させて頂きます。

(1)先日、主人の23年度分の源泉徴収票を見たのですが、昨年までは『住宅控除可能額』にはおそらく申告していた金額が記載されていたのですが、今年は0円と記載されていました。
『住宅借入金等特別控除の額』には金額が記載されていました。
0円とはどういうことでしょうか。

(2)源泉徴収額に数万円記載されているのですが、今年は医療費が10万円以上かかったので、申告(還付)できますよね…?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1:“住宅借入金等特別控除可能額”が0円になったのは、所得税から控除しきれて所得税が発生している状態だと思います。去年までは控除しきれなかったので住民税からも控除されていたのが、今年はそれがないということでもあります。“住宅借入金等特別控除の額”には“給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書”に書いて提出した金額が記入されており、“源泉徴収税額”の欄に1円以上の数字が記載されているなら住宅借入金等特別控除はされているので上記に書いた通りということになります。
http://www.city.inagi.tokyo.jp/kurashi/zeikin/shiminzei/jyuutakukariirekintokubetukoujyo/


2:所得税が発生しているので、確定申告(還付申告なので税務署が混む2/16を待つ必要がなく、年明け早々に行くと空いています)の医療費控除で還付金があります。
なお、源泉徴収税額が0円でも住民税から控除出来る金額が残っているなら医療費控除の意味はありますよ。これは所得控除である医療費控除により税額控除前の所得税額が少なくなり、そこから税額控除である住宅借入金等特別控除を行なうため引き切れなかった金額が多くなるためです。もし、去年がそういう状態なら今からでも申告しても間に合いますよ(確定申告していない年に限り5年間遡って申告可)。

1:“住宅借入金等特別控除可能額”が0円になったのは、所得税から控除しきれて所得税が発生している状態だと思います。去年までは控除しきれなかったので住民税からも控除されていたのが、今年はそれがないということでもあります。“住宅借入金等特別控除の額”には“給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書”に書いて提出した金額が記入されており、“源泉徴収税額”の欄に1円以上の数字が記載されているなら住宅借入金等特別控除はされているので上記に書いた通りということになります。
http://www.city.inagi.to...続きを読む

Q源泉徴収額0円の医療費控除の自治体への通知について

私は、住宅ローン控除で源泉徴収額が0円になっています。
所得税が0円でも、医療費控除の申告をすると、医療費控除が所得控除として、税務署から自治体に通知が行き、住民税が安くなるのでしょうか。
また、前々年度は0円だと無意味だと思っていたので、確定申告していませんでした。
確定申告自体はさかのぼって申告できるようですが、この場合も自治体に通知が行って、税額更生してもらえるのでしょうか。

Aベストアンサー

>所得税が0円でも、医療費控除の申告をすると、医療費控除が所得控除として、税務署から自治体に通知が行き、住民税が安くなるのでしょうか。
いいえ。
原則、還付される所得税がないので、税務署では所得税の確定申告は受け付けしません。
その場合は、住民税にも医療費控除があるので、役所への「住民税の申告」をすればいいです。

>確定申告自体はさかのぼって申告できるようですが、この場合も自治体に通知が行って、税額更生してもらえるのでしょうか。
住民税の申告もさかのぼって申告できるので、前に書いたとおり役所に申告すれば払いすぎた住民税が還付されます。

ただ、源泉徴収税額が0円ということは、ローン控除が所得税から引ききれていません。
その場合、引ききれない分が住民税からも控除されているはず(限度額あり)なので、すでに住民税(所得割)も0円になっていれば還付はありません。
なお、住民税の均等割(4000円程度)はかかります。

Q医療費控除の「保険金などで補填される金額」について

医療費控除の計算をしています。

昨年の対象分で、通院及び手術を行った疾病があり申請をしたいのですが、
手術に対しては保険会社から手術給付がありました。

例えば以下のような内容だった場合の計算はどうなるのでしょうか。

A病院
通院分でかかった金額 80,000円
手術でかかった金額  20,000円

手術給付として100,000円が支給された場合

(1)
通院分と手術分で行を分けて記入し、
通院分に対しては特に保険が給付されなかったので80,000円で申請
手術分は手術給付金ですべてまかなえたので申請額は0円

(2)
すべてを一行で記入して、全額が保険で足りてしまったので
申請金額は0円。

ちなみに、
通院時は妊娠による経過観察等で
手術は流産のための手術だったため、一応別の症状かとも思うのですが。。

アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

支払った医療費を超える補てん金
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/28.htm

こちらに説明があるように給付の基となった医療費から控除すればよいので、お考えのように2行に区分して記載すれば良いと考えます。

Q所得税の医療費控除の還付金って、ふるさと納税での控除や認定NGOへの寄付での控除や生命保険料の控除や

所得税の医療費控除の還付金って、ふるさと納税での控除や認定NGOへの寄付での控除や生命保険料の控除や住宅ローンの控除とは影響し合わないで
単純に「(医療費-10万円-保険で補填された額)×所得に応じた税率」戻ってくるのですかー?

Aベストアンサー

>所得税の医療費控除の還付金…

「還付金」のということは、所得税は本来、翌年 3/15 までの後払いでよいのですが,当年の内に前払いしている方ですか。
まあ、サラリーマンならそうなりますので、そうだとして、

>単純に「(医療費-10万円-保険で補填された額)×所得に応じた税率」戻ってくる…

その計算結果以上の額を前払いしてあることが最低条件です。

医療費控除とは、あくまでも税金を少し安くしてくれるだけであって、支払った医療費の一部を国が肩代わりしてくれる、ありがた~い制度ではありませんので、前払いして所得税額が限度です。

もし、何百万もの医療費を使って、その式の計算結果が前払い額以上になることもあります。
そんなときは次に進みます。

>ふるさと納税での控除や認定NGOへの寄付での控除や生命保険料の控除や住宅ローンの控除とは影響し合わないで…

これはもっと細かく考えないといけません。

医療費控除と生命保険料控除などは「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
ふるさと納税での控除などは「税額控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm
です。

税金を計算する順序は、先に「所得控除」を適用して、「税額控除」は後からです。

また、これらはすべて納税者の権利であって義務ではありません。
権利であって義務ではないということは、全部適用するほど前払いをしていないときには、どれを優先して適用するかが納税者の判断に任されているということです。

したがって、「・・・の控除とは影響し合わないか」というご質問に対する答えとしては、「前払額が少ない場合は相互に干渉し合う」ということになります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>所得税の医療費控除の還付金…

「還付金」のということは、所得税は本来、翌年 3/15 までの後払いでよいのですが,当年の内に前払いしている方ですか。
まあ、サラリーマンならそうなりますので、そうだとして、

>単純に「(医療費-10万円-保険で補填された額)×所得に応じた税率」戻ってくる…

その計算結果以上の額を前払いしてあることが最低条件です。

医療費控除とは、あくまでも税金を少し安くしてくれるだけであって、支払った医療費の一部を国が肩代わりしてくれる、ありがた~い制度ではありませんの...続きを読む

Q入籍前に支払った医療費を旦那側で医療費控除申告できますか?

今年の3月に入籍しました。(結婚後も働いています。)

今年の1月に支払った医療費が10万円を超えるので医療費控除をする予定です。
医療費控除は、生計を共にする家族が申告できるそうなので、
私より収入の多い旦那側で申告しようと思っているのですが、
支払った月は入籍前で、領収書も旧姓です。

この場合、旦那側で申告はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

結論
残念ながら、旦那様が合算できる奥様の医療費は結婚後のものだけです。

医療費控除の医療費を一まとめに出来るのは、
『その医療を受けた時』若しくは『その医療費を支払った時』に
自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために
支払った医療費です。

生計を一にする親族は、六親等内の血族及び三親等内の姻族の事を言い、
必ずしも扶養親族や控除対象配偶者に限られませんから、所得あったり、
他の所得者の扶養親族でも、生計を一にしている限り
医療費控除を一まとめにできます。

逆に結婚前・離婚後・同棲中・内縁や事実婚等の場合、
親族では有りませんので、一まとめにする事は出来ません。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
http://www6.ocn.ne.jp/~shindou/kakusin/iryouhi2.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報