女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

弁理士試験合格者の方にご質問します。

LECなど資格の学校の調査によると、受験者の8割以上が理系出身の方ですが、その他の約2割の方(文系含む)は試験合格後、どのような進路を進んでいるのでしょうか?
実際に特許事務所にお勤めされている先生のプロフィールを拝見したところ、やはり理系出身の方ばかりでした。

発明品などの特許出願に関しては、クライアントの意向をちゃんと理解出来るだけの専門的な知識が必要なので、理系出身者が多いというのは納得出来るのですが、理系出身者以外が特許出願業務を請け負うことは、そもそも可能なのでしょうか?

また理系出身者以外で合格した人間が、就職するなど実務経験を積むにはどうしたらいいか、具体的な方法などご教示いただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

弁理士です。



質問者様が気付かれているように、特許は技術の仕事で発明者との会話を通じて、ゼロから特許書類を作成する仕事です。そのため、技術に精通していないと仕事にならないといっていいです(なお、意匠は年に数件しか訴訟がないぐらい仕事がなく、商標も狭き門です)。実際、技術がわからない弁理士が仕事を請け負った結果、お客さんである企業から「頼むからあの人には書かせないでくれ。技術を間違って理解して書いているいるし、これでは、全て書き直さなければならない。依頼している意味が全くない。」という苦情が来ることがあります。
そういわれたら、致命的です。
事務所全体の仕事を切られるかもしれないと所長が恐れたら、下手するとその苦情だけで首になるかもしれません。
直接、苦情を言わないでも企業の知財部門で水面下で押さえ込んでいるものを含めれば、日常茶飯事のようにこの手の苦情が沢山あります。

そのため、文系の方は既に実務をされている等の事情がない限り、受験はお勧めしません。
外国特許を扱う部署なら、語学が秀でていれば、採用してもらえる可能性もあります。
しかし、それでも技術理解を伴う仕事なので、理系出身者が出てきたら、やはり不利でしょう。

>理系出身者以外で合格した人間が、就職するなど実務経験を積むにはどうしたらいいか
とありますが、むしろ、合格後の道が全く見えないなら受けるべきではありません。
この手の資格はかなりの時間と費用をかけるものですので、資格予備校の言うことを鵜呑みにせず、合格したら安泰と安易に考えず、本当に適性があっているのか大丈夫なのかと真剣に考えて、受験の可否も考えて欲しいと思います。
小規模事務所なら、所長に気に入られるかどうかなので、熱意をPRすれば採用されるかもしれません。
自分が思いつく採用される事情としたら、以下でしょう。
・非常な高学歴(東大京大クラス)で成長が強く見込める
・若くて熱意があって成長が見込める(採用者が人間性に惚れる)
・語学が堪能で外国特許部署で活躍が期待できる

未経験者というのは当初大変赤字です。
経験者が時間をかけて育てなければなりません。

なお、はっきり言って、資格は大して役に立ちません。
実務経験・技術あっての資格です。
そのため、本当にこの試験を目指すなら、試験よりも実務を覚えることを最優先として就職活動しましょう。
年を取れば取るほど職探しが大変ですよ。

最後に悲しい現状をお伝えします。
参照URLにあるように、若い弁理士が抹消登録しているのです。
合格しても安泰ではないという現実を踏まえて、ご自身が他の人よりも活躍できるという確約を持ってこの業界に入られることをお勧めします。

参考URL:http://uploda.cc/img/img512384e74ed12.JPG
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり技術に精通していないと、インプットとアウトプットの部分がネックになりそうですね。
業界の現状も、自分を戒める上で参考になりました。
鮮明に記述していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/27 17:16

>理系出身者以外が特許出願業務を請け負うことは、そもそも可能なのでしょうか?



不可能とは言いませんが、かなりつらいでしょう。

>また理系出身者以外で合格した人間が、就職するなど実務経験を積むにはどうしたらいいか、具体的な方法などご教示いただけると幸いです。

公報をそれなりの件数読み込めばなんとかなると思います。

文系出身者の弁理士の場合、
事務所勤務の傍ら、電機大他の2部に通って工学士を取得される方もいます。
要は、理系になるということですね。

その他にも、弁理士と言っても特許だけをやるわけではなく、意匠や商標も扱います。

この場合は、理系の知識は全く必要としません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!夜間部を卒業して学士を取得する方法ですね。
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2013/02/27 16:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング