アテンザ 23S に乗っています。
 現在、エンジンオイルは、 モービル1 の 0W-30 に、
 WAKOSの添加剤 スーパーフォアビークル を入れています。

 聞いた話によると、モービル1は、すぐ たれ易い との事・・・

 真実かどうかは、分かりませんが、 次回は、WAKOSの、プロステージ S 0W-30
 を入れてみようか  と考えています。

 高速道路で、それなりに回しますが、基本は、通勤を含む タウンユースです。

  WAKOSの方が、わずがに 安価です。

 経験されたかた 、 詳しい方  等々

  どちらが向いているか 教えて下さい。

  宜しく、御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

それほど詳しいわけでもありませんがモービル1とWAKO'Sは精製しているのが同じ東燃ゼネラル(ESSO)というので基本油はあまり変わらないのではと思います


WAKO’SのほうはOEMで配合成分指定しているため、多少高価なのだと思います
ちなみにマツダ純正オイルはカストロールOEM、トヨタ、日産は東燃OEMといいますので純正が悪いというわけでもありません。単純にコストを下げるための配合をしているだけです。実際トヨタと日産は新車工場出荷時の充填オイルがモービルです。

質問の内容的にはモービル1+WAKO'S添加剤とWAKO'Sオイルのどちらがいいかということだと思いますがそのどちらかであればモービル1+添加剤のほうが潤滑性能的には上だと思います。WAKO'SオイルにWAKO'Sの添加剤を入れるのであればその分WAKO'Sのオイルのグレード(WR-Rなど)を上げるべきです。

ただアテンザのようにオイルが超高温になることがないであろうエンジンであれば柔らかめのオイルでフリクションロスを減らしたほうが体感できる変化がみられると思います。
ちなみに前回答者の方の言っていたグループAでのスカイラインGTRが超低粘度のオイルを使っていたのは本当で、1レース走り切れればそのあとは載せ替えるだけという状況で少しでもフリクションロスを減らすために常識ではありえないことをしていたようです(もちろん完走できるという計算上でのことです)。
話がそれましたがオイルはどれがいいと簡単に決めれるほど簡単な物ではありません。とにかくいろいろ試して「体感」でどれがいいと決めるしかないのが現状です。
私の場合、2JZにはオメガVSと添加剤色々(毎回代えて試しています)を1か月前後で交換し、RB25にはカストロールRSと添加剤色々を混ぜて1500km前後(約1~1か月半)くらいで交換しています。
どれがいいとははっきり言えませんがオイルの選択でシャシダイ上で660~690ps(30ps幅、外気温、給気温バラバラ)くらいの差が出ることもありますのでどれと決めずにいろいろ試してみてください。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

 有り難うございます。

 質問の真意をご理解頂き、的確な回答も有り難うございます。

 知識もさることながら、その文面より かなりの人格者とお見受けします。

  色々試す ですかー そうですね
 マツダのディーラーでも、フルシンセ のカストロールを扱っているので、
 試してみようか とも考えた事が有りますが、若い頃のバイクに乗っていた時代から、
 あまり良いイメージが無く、カストロ = ヤンキー とか、族好み なんですよね。
 勿論 個人的な偏見なのは分かっているのですが。

 で、まずは、昔から知っている モービル1と、WAKOSを比較してみようかと・・・

 じつは、新しいもの好きの怖いもの見たさで、2回くらい ENEOSの、
 サスティナを入れた事があります。
 勿論 悪いとは思いませんでしたが、これなら 別に続ける価値も無く、安いモービルに戻した
 方がいいなー と思って止めました。
 あと、他のメーカーで、良いものがあったとしても、交換時の利便性は重要ですよね。

 家から、遠く離れたとこや、いかがわしいチューニングショップしか扱ってないような物
 も敬遠するし

  それにしても、このコーナーも相変わらずですね。
 質問に対して、まともな回答は、NO1様 と、貴方だけ・・・

 意味不明な駄目だしや、ただの 自分の思いのコメントとか 暇人が多いなーと思います。

お礼日時:2013/02/23 19:38

クリープが何とかって たまたま下り坂だったかATF交換直後で錯覚したんでしょうね

    • good
    • 5

誤解を解いておこうと思います。



~  純正の0W-20の時は、ほとんどクリープで前進しなかったのに、
モービル1 0W-30に変えたとき、激変しました。~

粘性抵抗によるフリクションロスを極力抑えガソリンを節約するべく0W-20が指定されているはずです。
それを0W-30の変えたことによってオイルが硬くなるので粘性抵抗は若干増えます。
つまりエンジンがごくわずかに動きにくくなるのです。
それでもエンジンECUはアイドリング回転数を規定範囲内で回そうと調整します。
その調整とは通常よりもガソリンを多目に噴射するのです。
アイドリング時でも粘性抵抗に負けないエンジントルクが出ていることになります。

賢明な質問者さんにはこれ以上は説明不要でしょう。
    • good
    • 8

某GSの店員がこう言いました・・・・・・販売促進行為にしか思えません。



その他のGSでも大手カーショップでも3000kmごとのオイル交換を推奨してきます。
実際には10000km程度のライフは十分にありますが売らなければ儲けにならないからです。

ですからGS店員の本音は、3000kmごとに交換してくれないかなあ~~ですよ。


添加剤、酸化防止剤だとしてもタウンユースなら無意味ですね。

~オイル交換頻度を上げれば添加剤なんて無用の長物、~

過去に散々、オイル添加剤を使ってきた私の回答です。


おそらく純正オイルとモービルしか入れたことがない様子ですから
今回は別のオイルを入れてみるのもいい経験となるでしょう。
モービル、ワコーズ以外にも目から鱗のオイルがあるかもしれませんよ。
モービル以外にもクリープで動いた!!なんてのが絶対にありますよ。
    • good
    • 4

補足読みました。


ちなみに、私は、カストロールのを今は、入れてます、そして、モービル1との、混合です。
貴方には、失神物かもしれません。
ただ、交換時期は、5000キロ位で、毎回、エレメントと、一緒に、    自分で   交換してます。

ですので、この前の日曜日に交換したばかりです。
その、添加剤で、延命させるなら、交換時期を、早くした方が、エンジンの為にもいいと思います。

たぶん、その、添加剤の、主成分は、モリブデンが、含まれてると思うのですが、
結局、問題無なら、それでもいいかと、、、、、

貴方の、車ですし貴方のこれは、質問と、言うより意思表明かと、、、

良いと、思うんですよ。エンジンの為、、、
貴方も、カローラにシンセティック油を5000キロで、絵r面とと交換してると、聞いたら、
たぶん、
もったな~~!!
だと、思います。
しかし、エンジンの、滑らかさとか、書かれてる通り、
私も、感じる所が有るので、入れてるのです。
後、これは、RB20の話では、ありません。
RB26DETTの話です。

ウソかホントか、知りません、
しかし、オートメカニックの臨時増刊号で書かれていた事実です。
本当に、直線で、柔らかい分抜けたと書いてましたが、
貴方の言うとおり、????
と、感じてる所有りますが、
ただ、レースは、勝、為にレギュレーションの中から、
イチかパチかの、勝負だったんだと、思います。
実際には、油幕切れは、無いと書かれて巻いた。

他にも、昔の、シビックレースとか、たった15週走るのに
ちょっとでも、軽くするために、バッテリーはもちろんいりますが、
オルタネーターなんか、馬力ロスするために外すのは、常識でした。
駆動ロスも有ります。
発電してるなら、その分、加速して欲しいから要らないのです。

話が、それて、すいません。

ただ、レギュレーションさえノーマルに近いなら、RB26DETTは
0W-20持ったそうですよ。
ただ、その後は、オーバーホール前提でしょうけど、、、、

貴方に、ご理解頂けるかどうか解りませんが、追加回答しておきます。

要するに、貴方と、私はエンジンの為にオイル代は、惜しまない
と、いう事です。

しかし、他の方からいたら、過剰な、お金の掛け方と、判断で栗訳ですね。

そして、上記の話は、エンジンを100倍元気にする方法と言うオートメカニックの別冊に書かれてました。
私は、本を、読んだだけで、本当か、解りません。
しかし、直線の伸びが違ったそうです。
ただ、これは壊れても良いと、判断する究極の、整備ですね。

ご不満有るかと、思いますが、私なりの、回答です。
ですんで、カローラに5000円のオイルは私には、惜しくありません。
ただ、特売の時に、買い溜めして、自分で、交換してますが、、、、
長文失礼しました。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

 有り難うございます。

 純正オイルでも壊れたり、トラブルになることも無いでしょうが、
 一般的に贅沢な、フィーリングを味わってしまうと 元には戻れない といった感じで、
 ¥2000位/L のオイルは高価ともなんとも思わないですね。

 ちなみに私も自分で交換したいのですが、おかれている状況から そうもいきません・・・

お礼日時:2013/02/23 19:14

サーキットユースならともかく、質問者さんの乗り方では、メーカー推奨交換サイクルを守っていれば、すぐタレるだなんてことはありませんよ。

今時、そんなに粗悪なオイルはありません。
メーカー推奨の粘度と規格を守っていれば、エンジンに悪影響をおよぼすこともないでしょう。
添加剤も必要性は感じませんが、そこは栄養ドリンクと同じ感覚ですね。

とは言え、オイルの違いによるフィーリングの差などはあるので、そこは好みの範疇で色々試してみても良いかと。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 有り難うございます。

 交換サイクルは、通勤距離もあって、 4回/年です。
 添加剤は、まあ 拘りというか自己満足です。

 フィーリングの差・・・ ですね  そうかも知れません。

 フィーリングとは違うかも知れませんが、
 純正の 0W-20 の時は、 ほとんど クリープで前進しなかったのに、モービル1 0W-30に 変えたとき、激変しました。

 それが普通の感覚が強いので、その時は、なんで純正はこんなボロオイルなんだろう と思いました。

  実際は そうではないかも知れませんが、あまりの差に感覚を狂わされる感じです。

お礼日時:2013/02/21 00:10

普通の乗用車にそんな高性能オイルを使う理由が知りたい


高速道路でレースでも?
    • good
    • 6
この回答へのお礼

 昔は、純正オイルを使用していましたが、ある時 従兄弟から、モービル1を勧められ、
 入れたところ、エンジンかけたての冷えた状態でもメカノイズが消え、吹けも 何もかも変わったので、 衝撃的で、依頼 ずっとモービル1です。
 なので、¥2500/L 以上のものがざらにある時代に、¥1980/Lのモービル1は、
 高いとも 特別高性能とは思わなくなりました。

お礼日時:2013/02/21 00:01

4リットル1280円以下の100%鉱物系の安物SMグレードで十分


マツダのエンジン そんなボロではないでしょう
    • good
    • 3
この回答へのお礼

失礼ながら、 その根拠もなく、書いてあることが質問に対して的はずれ

  

お礼日時:2013/02/20 23:53

今晩は、通勤仕様なら、そこまで、拘らなくても、、、



ただ、100%化学合成は、(シンセティック油ともいいます)
こだわってます。

乗ってる車は、1,5Lカローラです。
正直、勿体無いと思う方が沢山いると、思いますが、、、
そこは、私の今までのこだわりです。

今は、カストロールですんで、100%化学合成でも、安い方です。
正直、一番安い部類かと、、、、
しかし、添加物は、どうかと、思います。
良いオイルを入れてる以上は、充分では、、、、

ちなみに、貴方より、硬い10W-40を、今は入れてます。


その二点なら、特別差は無いと思います。
もし、走り屋なら、話は、変わります。
しかし、普段乗りなら、全くタレル心配無です。
レースでは、ワコーズの方が、有名ですね。

しかし、勝、為なら、レースでは、ここは、こだわりを持つのが当たり前で、
スカイラインでRB26DETTに、0W-20を入れるチームも有ったらしいです。
柔らかいので、オイルの膜切れさえ無ければ、エンジンがフケるのです。
これは、本で、読んだ話です。

ですんで、ワコーズが、安いなら、ワコーズで充分では、、、

この回答への補足

NO1様
 添加剤は何でも と言うのでは無く、抗酸化作用の高い S-FVにしています。
 と言うのが、 オイル交換している モービルスタンドの店員に聞いたところ、
 約 3000キロ位から、オイル中の添加剤が焼け切れ初めて 性能が落ち、
 5000キロで オイルはだめになると聞きました。
  なので、オイル劣化を促進させる酸化を遅らせる為、 S-FVを入れています。

 色々試しましたが、WAKOS以外の添加剤は 信用していません。

補足日時:2013/02/21 00:18
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有り難うございます。

 しかし、RB20に、0W-20とは・・・

 ただ粘度が低いだけでは、絶対油膜切れしますね  回転域が違うので。

お礼日時:2013/02/20 23:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Q0Wオイルと5Wオイル エンジン保護に良いのは?

お世話になります

0Wオイルと5Wオイルまたは10Wオイルに関して質問です

0wオイルを使用すると 燃費が目に見えて向上しますが

 以前 「0Wはエンジン保護には弱い  10Wのほうが油膜が強くエンジンには良い」 との意見を聞いたことがあります

認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w

との認識ですが これはあっているでしょうか?


モノタロウなどで 安い0Wがあるので使ってみたいのですが 油膜に問題があるなら
5Wを使用しようかと検討中です

0Wも5Wも10Wもエンジンの保護には差はないのでしょうか? 単に燃費の違いがあるだけでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

概ね、質問者さんの認識で、合ってると思いますよ。

私が他人に「良いオイルは?」と聞かれたら、
 「前の数字は、純正指定、後ろの数字は、純正以上、それなりに高価なもの」
と答えています、0W-20より、0W-30、の方が良いと思います。

価格重視の安価なものは、販売されてる方には、大変失礼ですが、
その場しのぎ用のオイルとしか見ていません。

誰にでも、解かりやすく明確に理由を説明できないのが、もどかしいですが、
20年もエンジン修理しると、そうなります。

安物入れ続けた車両と、新車から、良いもの使ってる車両じゃ、
同じ車種でも、圧縮計ったら、ビックリするくらい変わってるよ。

もっとも、10年未満で、車両を替えるのが普通な時代なんで、
一般のドライバーさんには、どうでも良いことかもしれませんが(笑)

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Q燃料添加剤のワコーズF1は、オイルを汚しますか?

F1は、使用するとカーボンやスラッジが分解されて、オイルに溶け込み、オイルが汚れる。使用後はオイル交換もした方が良い。
と言うのは本当ですか?

ガソリン添加剤は、オイルとはあまり関係なく、いつでも投入可能と考えていました。上記の内容を考えて投入する場合は、オイル交換の少し前に入れる事になります。
F1の投入は、オイル交換前が良いか、いつでも良いか教えて下さい。

今1台の車に入れないで、入れる時期を待っています。

Aベストアンサー

スロロットルバルブ、インジェクターに付着した汚れを溶かし落とし 燃焼させるので オイルが汚れる訳です。
酷く汚れるかと言えば 汚れ具合次第 10万km何も洗浄剤を入れてないなどならかなり汚れの付着が酷く F1一回投入程度では、汚れが取りきれないものです。

F1投入で 少なからず汚れるので オイル交換前に入れるのが望ましく
投入して 3千km5千km走行しても問題は起きないでしょう オイルエレメントが汚れは、ろ過します しかし 気分的に 気にする人神経質な人には、早めのオイル交換が安心できるといった所かな
投入し3千kmはまず大丈夫 しかし個人的には、5千kmを超える走行は、避けたい気分です。

Qズバリ一番いいオイルメーカーはどこ?

量販店などで販売されているオイルメーカー、モービル1 bp
カストロール elfではどこが一番性能がいいと思いますか?
量販店などで100%化学合成油で一番高いのはモービル1でしたが、
値段が高ければ一番いいという物なのでしょうか?
各メーカーの100%化学合成油を基準にして詳しい方教えて下さい。
ちなみに私はモービル1を今使用してます。

Aベストアンサー

モービル1で、
5000キロ毎
交換で良し。
ワコーズもいいですよ。

Q省燃費型オイル(0W-20)のおすすめメーカーは?

現行プリウス(NHW20)Gグレードに乗ってます
少しでも燃費をよくしたい為に、省燃費型オイル(0W-20)の選定で迷っております。

あるカー用品店では「BPのバービスキュート」が純正オイルと比較して
品質が良いと店頭で宣伝表示されております。
http://www.bp-oil.co.jp/product/vervis/vervis-cute.html
しかも、値段も純正オイルより数百円安いのです。
それが本当なら「BPのバービスキュート」に決定なのですが、他に純正品やホンダの
オイルの方が燃費がよくなるという情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

0W-20というのはかなりの低粘度で品質の悪いオイルだと高温時に熱ダレを起こして
オイル膜がエンジン内部を保護できなくなりパワーが落ちたり、メカニカルノイズが増してきたりと
十分に考えて使用しないと逆効果の方が多くエンジン本体にも良くありません。

バービスキュートはいわゆる廉価版オイルでプリウスなどの最新高品質のエンジンには使わない方がいいですよ。
ショップが薦めるのはそのオイルが粗利が高かったり、店にとって有利な製品を薦めるのが普通ですので
グレードを見てもとても高品質で薦めるオイルではありませんね。

もし0Wー20のオイルを入れるのであれば最低限100%化学合成のオイルを入れた方がいいですね。
モービル1など高品質の100%化学合成の0W-20だと6000円以上しますから
もしそれを高いとお思いなら純正オイルをトヨタのディーラーで入れることをオススメします。
0Wー20だと確かにフリクションが減って燃費が向上しそうですが、逆に5W-30より
トルクが無くなりますから同じスピード感覚で走ろうと思えばその分アクセルを踏まないと
速度が上がりませんから0W-20にしたからといってもほとんど変わらないと思うべきですし実際にほとんど変わりませんよ。

それよりコンパクトカーより100万高い車ですから一月にコンパクトカーより1万円分
燃費が良くても差額をペイ出来るまでに8年以上かかります。
それまでは急発進、急制動などをせず出来る限りのエコ運転に徹するのが一番の燃費向上だと思います。

0W-20というのはかなりの低粘度で品質の悪いオイルだと高温時に熱ダレを起こして
オイル膜がエンジン内部を保護できなくなりパワーが落ちたり、メカニカルノイズが増してきたりと
十分に考えて使用しないと逆効果の方が多くエンジン本体にも良くありません。

バービスキュートはいわゆる廉価版オイルでプリウスなどの最新高品質のエンジンには使わない方がいいですよ。
ショップが薦めるのはそのオイルが粗利が高かったり、店にとって有利な製品を薦めるのが普通ですので
グレードを見てもとても高品質...続きを読む

Q100%化学合成油の寿命

車にモービル1(100%化学合成油)を使用してます。オイル交換は
3000から5000キロまたは半年に1回交換て言われてますよね?化学合成油の場合はもっと長持ちしますか?長持ちするとしたら何キロ、どのくらいの期間もちますかね?量販店などでは3000キロか3ヶ月で交換て言われるので、さすがに早すぎると思います。詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょうど良かった。モービル本社に質問したら「自動車メーカーのメンテナンスノートどおり」でいいとのことです。でも、ディラーでは1万キロひっぱるのは良くないからみんな5000キロ交換でしている。とのことです。それで今化学合成100%入れてますが、4000キロぐらいで潤滑剤の性能がはっきり落ちますね。メーカーの言い分ですと、「性能が落ちても使える」レベルが1万キロとか1.5万キロの話で、自分の走りよさやフィーリングを大事にするならディラーの言うように「早い」ほうがいいということです。ですので、ご自分で新しいオイルを入れたときから「エンジン音」「燃費」が悪くなったと思ったら変えるのもいいかと思います。

Qメーカー指定粘度オイル(0W-20)を入れる理由は

先日オイル交換をしようとボンネットをあけたら、
「必ず0W-20のオイルを使用してください」とでかでかとステッカーが張ってありました。(事務用品で作れるようなステッカーです、メーカーが作ったステッカーではありません)

たぶん 車検時にディラーが貼り付けたものと思います。  

取説を読むと、 0W-20  5W-20 が指定オイルになっていましたが
これまでずっと 10W-30(20?)をいれていました。

10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

もちろんメーカーの指定が一番いいのかもしれませんが、燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

それとも これといって目立った問題はなく(そう目立った問題になるとは思えませんが)
メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

または エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの環境で多くの誤差が出ますからね。
特に、信号が一切無い+渋滞が無い+坂道が無い状態で走行しないと実験結果は出ません。
国土交通省届出用数値を得る目的で、これらの粘度のオイルを勧めているのでしよう。

>0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

質問者さまが住んでいる地域が分かりませんが、粘度は「適用・耐用できる気温」を意味しています。
0Wだと、マイナス40度から0度の範囲に対応。
10Wだと、マイナス20度からプラス10度の範囲を対応。
質問者さまがマイナス40度からマイナス20度超寒冷地で住んでいれば、エンジンが故障します。
潤滑油としての機能を、全く果たしませんからね。
日本国内でも、温暖化とエセ環境保護団体が叫んでいますが「極端に低温」になる地域がありますよね。
(10000年単位で考えれば、地球は温暖化・寒冷化を繰返しています)
また、タコメータ上の最高エンジン回転数で常時走行する場合もエンジンが故障(焼き付き)します。

>メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

先に書いた通り、メーカー指定粘度を利用しても「メーカーが望む燃費は期待薄」です。

>エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

設計・試験走行時に、一番適した(馬力・トルク・燃費が期待できた)粘度がメーカー指定です。
安心を考えれば、メーカー指定オイルの方が無難でしようね。
但し、各種エンジンオイル添加剤を入れると意味が無くなります。

私個人としては、最高速度は(追い越し時を除いて)道交法を守っています。
最近は、10W-30の「国内平均オイル」を用いていますね。
日本国内全ての環境で、用いる事が出来ますし安価です。
メーカー指定は、10W-30・5W-30・0W-30と取説に書いています。
その下に「使用する地域の外気温度を基準に、上記オイル粘度を選択して下さい」と書いていますよ。
国産車ではありませんが、国産車も実質的には同じです。

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの...続きを読む

Q軽自動車のエンジンオイルは何がいい?

ムーブに乗っています。
最近エンジンの音が気になります。
点検してもらった所ノッキングはしていないそうです。
オイルを交換するのに種類を変えてみようと思います。
今までは安いオイルを半年事に交換してました。
会社でモービル1を奨める人とBE-UPを奨める人がいます。
モービル1やBE-UPってオートバックス等で普通に売っているものでしょうか?
どんなオイルがお勧めですか?

Aベストアンサー

とりあえず、自分でエンジンの上にあるフィラーキャップを開けて外したキャップの裏と穴からエンジンの中を覗いてみてください。コテコテに茶色いヘドロの様なものが付いてたりしたら、オイル交換の前にフラッシングを忘れずに、エレメント交換も。
オイルはターボならかため、NAなら一度今ハヤリのシャブシャブオイルを入れてみたらどうですか?
0-30、100%化学合成、4L缶で1万円くらいのやつとかです。

良いオイルを入れれば多少オイル交換時期ズレても支障ないらしいですよ。

私は缶を選んで交換するのは余ったオイルがもったいないので入った分だけ支払えば良いというところで交換しています。

Qドイツ車に最適なエンジンオイルメーカーは?

ホンダに乗っていて、ホンダ純正オイルを使っています。
一回、違うのを試したくてスノコのものを使用しました。

ところで、表題のとおりいわゆる高級車には、
自分でのオイル交換や、整備工場に頼む時、どこのメーカーが信頼できて
いい製品なのでしょうか?

なんとなくですが、モービルかカストロールかなと思うんですが。
他にもここはどうや?ってのがありましたら教えてください。

ワコーズも良いって聞きますね。

Aベストアンサー

<ドイツ車というくくり>

仮に、「日本車に合うオイルは?」と聞かれたら困るように、ドイツ車といってもいろいろです。高性能スポーツから大型サルーン、小型車までいろいろです。エンジンもそうしたクルマの性格によって変わってくるわけです。なので、ドイツ車というくくりかたでは答えも出にくいでしょう。過去にBMW7シリーズに5年乗っていましたが、買う前のイメージとは異なり、中身は普通のセダンでしたし、エンジンも普通の形式で特に国産エンジンと大きく違うところはありませんでした。

<オイルとの相性はエンジンの種類>

大衆車に多いSOHC、スポーツ指向に多いDOHCの高回転型、空冷や水冷、ロータリーといろんなエンジンがあります。ドイツ車だけでなく最近のエンジンには、これらに加えてガソリン直噴のものもあったりします。それぞれエンジンの特徴が違いますから、それに合うオイルの性質も異なってきます。最近増えている直噴エンジンは、カーボンというかスラッジが出やすく、オイルには吸着性能が普通のものより高いものが要求されます。また、エンジンそのものの形状や動くパーツ同士のクリアランスにより油膜切れが起きやすい、起きにくいという違いもまだありますので、油膜切れがおきにくいものを要求するエンジンもあります。こうして考えてみると、生産国ではなく、エンジンそのものの種類というか指向性を前提にしてオイルを考えなければならないということです。

<指定粘度と鉱物か化学合成か>

純正指定だから基準が「高く」設定してあるなどということはありません。純正指定では、オイルに添加されているものの種類、量を自動車メーカーが「確認した」というだけのことです。粘度指数と化学合成指定かどうかを守れば、よく知られたブランドならどこのものでもそう大きな違いはないはずです。最近のエンジンでは鉱物油とは相性の悪いものが多いので、粘度よりもベースオイルを気にしたほうが現実的でしょう。

<オイルの違いを体感?>

オイルを変えてみて、たしかに吹け上がりが違うとか、アイドリングのなめらかさが違うとか、そうした経験もないわけではありませんが、プラセボ効果(偽薬効果)が半分ということも可能性としてはあります。また、変えた直後の変化は体感できるかもしれませんが、1,2週間もすればすっかり慣れてしまいます。本当の違いを見るには、同じような交換スパンで違うオイルを使っていき、交換時に「汚れたオイル」の違いを確認する、ということでしょう。たとえば汚れがひどいものほどオイルに吸着した汚れが多いということなので、吸着性能は高いということがわかります。素人にはその程度の違いしか科学的な差として得られるものはないのではないでしょうか。

<好みは人それぞれ>

私個人はモービルの100%化学合成をしばしば使いますが、セレニアもよく使っています。BMWではディーラーでカストロールを入れてもらってました。ワコーズも昨年使ってみましたが、交換直後の違い(劣化した古いオイルと新しいオイル)がはっきりしなかったので、印象はいまひとつです。というふうにかなり個人的な好みになっているのがエンジンオイルの銘柄ではないでしょうか。あるいは、同じメーカーのクルマが集まるショップでも、「人気銘柄」があるように、似たようなクルマの好みの集団でも共通の傾向がありそうです。

まあ、質問者さんは、気楽に、なんかいいオイルない? と気軽に相談なさったのでしょうけど、ちょっとまじめに答え過ぎましたか? だとしたらごめんなさい。

<ドイツ車というくくり>

仮に、「日本車に合うオイルは?」と聞かれたら困るように、ドイツ車といってもいろいろです。高性能スポーツから大型サルーン、小型車までいろいろです。エンジンもそうしたクルマの性格によって変わってくるわけです。なので、ドイツ車というくくりかたでは答えも出にくいでしょう。過去にBMW7シリーズに5年乗っていましたが、買う前のイメージとは異なり、中身は普通のセダンでしたし、エンジンも普通の形式で特に国産エンジンと大きく違うところはありませんでした。

<オイルとの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報