『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ザ・ビーチボーイズをご存じの方は40代より上の世代でしょうか。去年、結成50周年の来日コンサートが千葉であり、ファンの端くれとして行ってきました。

ほぼ満席でしたが、意外だったのは私(50代)より上の方が多いのはわかるのですが、2,30代の若い人もけっこう来てたことです。昔のファンのみならず、最近その名を知って聞きにきてくれる人もいるのは嬉しいですね。

昭和40年前後が全盛期で、サーフィンUSA、グッドバイブレイション、ダーリン、カリフォルニアガールズ、アイゲットアラウンドなどが初期の代表曲かな。20年くらい前にココモが久々にヒットして健在ぶりをアピールしました。

メンバーは当初5人で、ウイルソン3兄弟、マイクラブ、アルジャーデインでした。ウイルソン兄弟のうち二人(カール、デニス)はすでに他界し、現在は、ブライアンウイルソン(バンドの要です。初期の曲ほとんどの作曲してます)、マイク、アルと後に加わったブルースジョンストンの4人が健在で、昨年の来日時も全員いました。

私は全盛時はあまり知らなかったのですが、30年くらい前何かで聞いて好きになり、レコード、CDもかなり集めました。活動時期や年齢がかのビートルズとほぼ同時期で、もちろんそちらの方が世界的に売れたし、日本でも神話みたいに今でも人気があるのはご存じのとおりです。

本国アメリカやヨーロッパでは、いまでもかなり人気があるようですが、昔から日本ではビーチボーイズはいまいちです。原因はいろいろ言われてますが、「海、女の子、車などがテーマの軽い曲が多くノーテンキ」「曲調がハーモニー中心で単調、どの曲も同じに聞こえる」等が代表的な意見のようです。

私も前記の主張は認めます。ですが昭和42、3年ごろ以降の曲を聞くとかなり変化があり、多面性も出てきています。一時期は、イギリスのビートルズに対抗しうるアメリカンバンドと言われてたようです。私はビートルズの曲も好きだし、曲のバリエーションの広さではビーチボーイズを上回るのは間違いないと思います。しかし、ビーチボーイズの曲のハーモニーの美しさ、心地よさ、優しさが好きでもっと多くの人にファンになってほしい気もします。まあ、好みは人それぞれですが。

ちょっと残念なのはジョンレノンが生前、ビーチボーイズについて聞かれたときに「あんなのと比べないで欲しい」と発言したとのことです。私も、彼の「イマジン」が好きでたまにカラオケで歌いますが、かつて、オノヨーコに触発されて人類愛を歌った人とも思えない発言でがっかりしています。

そんなこんなで、皆さんのご意見どうでしょうか。

,

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


50代という事で、自分と年齢的に近い方かとお察しします。
自分は質問者さま程Beachboysを聴きこんではいませんが、
だからこそ却って一般的な視点で見れるかなと。
やはり皆さん仰っているように、60年代前半のサーフィンミュージックの
イメージが強すぎるのが痛いように思います。
質問者さまも「ノーテンキ」という表現を使われていますが
あれだけイメージが固まるとキツイですよね。
ただSurf's UpやHollandあたりは通の間で評価高いアルバムですし、
FriendsはHIGH LLAMASのようなフォロワーまで生みました。
そういった70年前後のアルバムは、
もっと一般的に認知されてもいいよな~とは思います。
(そう言えば質問者さまのIDもまさにそのあたりですね^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。70年前後のアルバム、結構好きですね。サーフスアップは、ジャケットが非常に暗くて当時の彼らの状況を表しているようです。オランダは、どん詰まりの状態から気分一新するため、わざわざオランダまで出かけて録音したようですが、内容的にはあまり聞きどころのある曲はない気がします。フレンズは、まったりした和み系の感じでしょうか。その頃のアルバムでは、サンフラワー(1970年)が一番いいですね。

お礼日時:2013/02/24 22:03

BEACHBOYS1970さんは当然のことながらビーチ・ボーイズはお詳しいようですが、もしかしたらそれ以外の洋楽事情はてんで・・というところなのではないでしょうか。



まず、ジョンはそういう人です。・・・というと誤解を受けそうですが、英国やヨーロッパのアーティストというのは基本的に率直に正直にものを言う(時として毒舌)人が多く、当人の表現活動(この場合音楽そのもの)よりも対外パフォーマンスやビジネスが優先されがちなアメリカの人気アーティストとは違うのです。その状況は今でも変わりません。
もっと言うなら、「自分の表現・作品に忠実である」ということは「自分の信念に反する表現・作品に対しては、批判もいとわない」ということを意味し、彼等の中で「平和」との矛盾はしていません。「何かに対する批評」含めての「表現活動」であり、それが出来ることはまさしく「平和」なのだと思います。そういった批評(場合によってただの悪口)というのは、それこそクラシック音楽の時代からヨーロッパでは普通に行われてきたことなのです。
それを「不用意な発言はビジネスに影響するから」だとか、「芸術は全て尊いもののはず。他作品をけなすなんて芸術の風上にもおけない」等と本気で言っている人がいるような私達日本人が理解出来ないのは、まぁ自然なのかもしれませんけどね。


「本国アメリカやヨーロッパでは、いまでもかなり人気がある」とのことですが、「欧米には今でもファンがたくさん残っていて、ライブも大盛り上がり」という話は、ビーチ・ボーイズに限らず過去に大ヒットさせた経緯のあるミュージシャンであればよくある話だと思います。まぁ日本でも再結成ピンクレディが人気だと聞きますから、それと似たようなものかもしれませんけど。
それに、どんなに歴史的評価の高いアーティストでも、現代のアーティストの人気・売れ行き・注目度にはやはり及ばないと思います。つまり「今でも人気」といってもまぁその程度だと思います。(そんな中でもやはりビートルズ人気・売れ行きだけは現役のようですが。)
何より「日本ではビーチボーイズはいまいち」とは言っても、「欧米(または世界)ではバカ売れor高評価なのに、日本ではほぼ無名の洋楽」なんてものは毎年星の数ほどあるので・・・・ビーチ・ボーイズだけ挙げて原因を問うのも的外れな気がしますね。

音楽(もしくは表現物全て)というのは古いものであればある程、後への影響力や革新性や独自性が重視されるものなので、そういった話になると、ビートルズに比べビーチ・ボーイズの存在感がはるかに薄くなるのは必然なのかもしれません。
それから、アーティスト本人の人としての存在感というのも大きいでしょうね。ビーチ・ボーイズの各メンバーの存在感は、ビートルズのそれやクイーンのフレディやミック・ジャガー・・等々なんかとは比較にならないはず。
・・・こういった状況は欧米においてもそうだと思います。今の世代のミュージシャンでも好きなアーティストに当たり前にビートルズを挙げる人は多くいますが、ビーチ・ボーイズはそうではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答拝見しました。かなり、洋楽事情にお詳しい方とお見受けしました。おっしゃるとおり、私は特に洋楽全般を研究してるわけではありません。とはいっても、一般的に有名な歌手・バンドの名前、代表曲くらいはある程度は知ってますが、とても回答者さんのような薀蓄を語る知識はありません。

今回の質問ではあくまで、ビーチボーイズの場合、に特化して考えています。「欧米では有名でも、日本では・・・」というバンドは確かに無数にあるでしょうが、その全てを知るのは不可能だと思います。

メンバーについては、確かにビートルズの4人やストーンズのミックジャガー等に比べ、個々人の存在感は薄いでしょう。それらのグループはそれぞれが強烈な個性を持って活動し、世間をにぎわしてきました。

ジョンレノンの発言についてのご意見、アメリカとヨーロッパのアーチストの違いもあるとのことですね。「自分の信念に反する表現は批判もいとわない」・・彼はビーチボーイズの音楽は俺たちがやってるものに比べて程度が落ちる、と言いたかったのでしょうか。であれば、ちょっと天狗になりすぎてる気がしますが。まあこれに限らず、ジョンは問題発言が多いようですけど。音楽の好き嫌いは十人十色であり、自分の考えてる音楽性と全く相容れないからって、「あんなのと・・・」は言い過ぎだと考えます。ちなみにポールはかなり、ビーチボーイズのメンバーとも親交があるようです。

私はビートルズの音楽も曲によりますが別に嫌いじゃありません。ただ、歌の深みはあまりないかもしれませんが、ビーチボーイズの曲のメロデイやハーモニーの美しさが、自分の感性に合っているんでしょう、たぶん。

お礼日時:2013/02/21 22:42

ビーチボーイズの絶頂期は62~4年ですからちょうど日本のオールディーズファンのどストライクのゾーンに合致します


同じ時期に活躍して人気のあったヴェンチャーズと違って若い人にも注目されるのはブライアンウィルソンがカリズマに
なったせいと解釈していいと思います

66年のアルバム=ペットサウンズが後年の評価が高く例えば世界中のロック系の雑誌の評価を点数化してまとめあげた

http://www.acclaimedmusic.net/  では最優秀アルバムとなってる位です(日本の雑誌はオミットされてます)

このアルバムにかんしては好き嫌いがあってなんともかんとも言いがたいものがあるんですが重要なのはジャケットが
冬のカリフォルニアの動物園だということです
サイケデリックサウンドが一気に表に出るのは翌67年
イメージは一貫して夏ですから全然違うコンセプトになります

ブライアンウィルソンはいわばチェンバーポップの元祖になってフォローワーが大挙して出ます
その本家が居たバンドですのである程度今評判になるのは頷けます

宅録そのものでもあります
ただその何がいいかと言われると雰囲気になるんじゃないかと思います

http://www.uncut.co.uk/magazine/november-2011
この号についてる付録が今のミュージシャンがブライアンウィルソンの楽曲をカバーしたCDです

サンシャインポップ=66~69年ぐらいのカリフォルニアが輝いてた時代の明るいサウンド=全盛時のゆるくて和む雰囲気で
サーフィンのビーチボーイズとはまた違ったアメリカには珍しいやや内省的な面が感じられる分知的な層に影響を与えたと解釈してます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ベンチャーズはインストルメンタルですがギターの演奏技術はかなり高そうですね。今でも、毎年のように来日してますね。10年以上前に川崎だかに見に行きましたが、まだまだ元気な感じでした。

ペットサウンズは私も購入しました。それまでの、ただ明るいだけの感じから一転して内省的な曲が多く、今までのイメージと違い過ぎて売れなかったらしいですが、自分はわりと好きです。
グッドバイブレイションはテンポの良さ、メロデイの美しさで、さすが全米一位となった曲ですね。

1966~69年ごろの曲はゆるい和むのが多い・・・仰せのとおりかな。特に、アルバム「フレンズ」などは顕著かも。1970年の「サンフラワー」は売れませんでしたが、いい曲が多く個人的にはおすすめです。これを彼らのベストアルバムにあげる人もけっこういるみたいです。

アメリカには珍しい内省的な曲が知識人層に影響を与えた・・・なるほど。確かに、アメリカのアーチストはあまり深みのない曲が多いかもしれませんね。モンキーズとか。このへんが、イギリス出身のビートルズなんかとの違いかな。商売第一で、売れればいいという考えが強いようですね。ビーチボーイズの自伝を読むと、レコード会社から「なんでもいいから、売れるアルバムを年4枚作れ」と命令され本意でないが、彼らのイメージに合うサーフィン、女の子などの曲を詰め込んだアルバムを作ったとあります。哲学分野でもプラグマテイズム(実用主義)をいう国なので、精神面が置き去りになってるのは否めない感じがします。

お礼日時:2013/02/21 23:58

60年代後半のデビュー間もない頃の本国での人気は


凄まじい感がありました。
当時サクラメントでのLiveが「In Concert」という
アルバムでリリースされビッグセールスでした。(後年、DVD化)

その後、シングル曲がヒットチャートを数多く賑わしましたが、
ピンストライプの出で立ちで、仰せの通り、「海、女の子、車などがテーマの            軽い曲が多くノーテンキ」「曲調がハーモニー中心で単調、どの曲も同じに聞こえる」
等で、人気にも陰りが見えだしました。

それに前後して、本国、英国ではサイケデリックブームが到来し、音楽界
も顕著にその影響が色濃く出ました。(ビートルズ、ストーンズもアルバム作成)

ビーチボーイズも路線変更を余儀なくされ(グッド・バイブレーション他)
その後、紆余曲折を経て現在に至っています。

まあ、絶頂期の頃より、曲自体R&Bやソウル系にコクや深みで劣っていた感が
在り、彼ら自身もそれを認識しており(コスチュームにも表れている)
バンド自体が色々試行錯誤し活動し続けて来たように思えます。

当時のコアなファンの一人としての素直な実感です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり、単調さであきられたということですかね。昭和40年代以降のサイケブームなどで、大衆に好まれる曲が大きく変化したが、その波にうまく乗れなかった感があります。

お礼日時:2013/02/21 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジョン・レノンだけ格別に人気があるのはなぜですか?

ビートルズのメンバーも半分になってしまいましたが、今でも根強いというか無条件に人気があるのは間違いないと思います。
かねがね疑問に思っているのですが、ビートルズの中でジョン・レノンだけが格別に人気があるのはなぜなんですか?作詞してるから?ボーカルだった(ですよね?)から?いい詩ももちろんあるけど、たいしたことないのも多いように思うんです。ビートルズの音楽は、どっちかいうと作曲をしているポール・マッカートニーの手柄なんじゃないのかなあ、と思うのですが、この認識は間違っているでしょうか。
音楽以外に人間的な魅力が特別強いんですか?反戦運動の影響とか?
私には不良少年でデビューした、オノヨーコに翻弄されたというイメージが強すぎて、あまりいい印象がないんですが、ジョン・レノンの魅力、教えて下さい。

Aベストアンサー

冷めた回答が多いようなので、ン十年にわたってビートルズおよび、レノン、マッカートニーのソロ時代の曲にも親しんできたものとして、やや思いいれも交えつつ答えてみます。

ビートルズの曲についてはよくレノン・マッカートニーと書かれていますが、これはジョンが作詞、ポールが作曲という分担をしていたという意味ではありません。特に初期の曲は二人が共同作業で作ったものも多いので、二人をまとめてレノン・マッカートニーと表しています。レノン・マッカートニーとされている曲の中にも、実際にはどちらか一方が100%作っているものも多くあります。Please, Please MeやA Hard Day's Night、Ticket to Rideなどはレノン100%の曲、All My Loving、Yesterday、Let It Beなんかはマッカートニー100%の曲です。

一般的に言ってポールの曲はメロディアスなラブソングが多いので、日本で好まれている曲はポールのものが多いと思います。一方、ジョンの曲はA Hard Day's NightやHelpの頃から既に自分の悩みや内面を歌ったものが多く、ラブソングにしても自分の感情を赤裸々に歌っています。

人がジョンの歌に魅かれるのは、彼の歌の中にいい感情も悪い感情も含めて彼の内面がさらけ出されているからではないでしょうか。ポールのラブソングというのは時にHey Judeのようにyouとsheで表される他人の恋愛や頭の中で作ったような恋愛を歌っているのに対し、ジョンの歌はいつもIとyouの関係で恋愛を歌っています。ポールの作る明るいsilly love songsをジョンは嫌っていました。

ジョンは父にも母にも捨てられた過去を持ち、マザコンでヤク中で皮肉屋で、アイドルであることに満足できず必死でもがいているような人生を送りました。特にソロになってからのジョンの歌はシンプルでありながら彼の心の中をそのまま見せてくれるようなものが多く、生々しい魅力があります。彼の生涯を追ったドキュメンタリーである「イマジン」は彼の実像のわかるよくできた映画です。

熱狂的なファンによって撃ち殺されたジョンですが、ポールのファンがポールを殺すとようなことは有り得ないと思います。そのような点でもジョンが持っていたカリスマ性を過小評価することはできないのではないでしょうか。

冷めた回答が多いようなので、ン十年にわたってビートルズおよび、レノン、マッカートニーのソロ時代の曲にも親しんできたものとして、やや思いいれも交えつつ答えてみます。

ビートルズの曲についてはよくレノン・マッカートニーと書かれていますが、これはジョンが作詞、ポールが作曲という分担をしていたという意味ではありません。特に初期の曲は二人が共同作業で作ったものも多いので、二人をまとめてレノン・マッカートニーと表しています。レノン・マッカートニーとされている曲の中にも、実際にはどち...続きを読む


人気Q&Aランキング