いろいろ検索してみましたが、用途や立場で変わるようです。
きっちり当方の情報を提示致しますので、お教え頂ければ有り難いです。

「除雪機」とは
人が乗るような大きなものではなく、画像のようなものです。

「事業内容」は
鉄工所です。

「用途」は
事業敷地内の除雪です。

「価格」は
¥700,000ほどです。


「車両」ではないと思いますが
「運搬具」に相当するのか「器具備品」にあたるのかが判然としません。
冒頭の通りいろいろ検索してみましたが
年数も「4年~10年」と回答に幅がありすぎてよくわかりませんでした。

よろしくお願い致します。

「除雪機の耐用年数は?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

車両運搬具-特殊自動車-除雪車 4年


が一番近いのではないでしょうか。

http://www1.m-net.ne.jp/k-web/genkasyokyaku/genk …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/23 05:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「事業所税」は「製造経費」か「一般管理費」か

製造原価計算の見直しをしています。

そのなかで、租税公課の
(1)「事業所税」については「製造経費」でしょうか?
それとも「一般管理費」でしょうか?
特に製造工程に関与している費用ではないので
私は「一般管理費」と考えるのですが。

●「製造経費」であるとするならば、その理由を教えて頂けますでしょうか?

(2)「自動車税」及び「固定資産税」についても、教えてください。


(3)「事業所税」を支払っているのですが、土地・建物は借りているものて゜毎月家賃の支払いをしています。 借りて家賃の支払いをしていても「事業所税」の対象となるのでしょうか?

(4)事業所税のなかの「従業者割り」の基準ですが、
  当社は  
  ・社員
  ・役員
  ・嘱託社員a (8時間勤務)
・嘱託社員b (パートなみの短時間勤務)
  ・パート社員
・アルバイト
  といますが、どこまでが「従業者割り」の対象となるのでしょうか?

Aベストアンサー

免税店の判定の基礎となる従業者の数には下記のものは除きます。役員でも嘱託社員でも「下記に該当しなければその数に含めます。

ただしこれは免税点の判定上は除くということで、課税標準としての給与は「従業者給与総額」ですから課税となった場合にはこれらの従業員の給与も課税標準に含めることになります。当然役員報酬もふくまれます。

従業者の数から除くもの
「就業規則等で定められた1日の所定労働時間が正規従業者と比較して4分の3未満であるものをいいます。 」

この税金が原価か販売費かとの区分はその事業所が製造部門だけで使用するものならば原価、原価以外の部門と共用するものであれば面積割や人数割りの合理的な基準で配分します。

「自動車税」及び「固定資産税」についても、その課税客体の自動車や固定資産がもっぱら原価部門の使用するものならば原価科目、共用の場合は配分は適当な比率で原価と販売費一般管理費に配分です。

Q生産者の「自家消費」と「事業消費」について

蜂蜜を採蜜・販売しています。
「自家消費」と 交際接待費・地代家賃等に使用した「事業消費」の処理の仕方がわかりません。
ここ5年毎回悩んでいるのですが、未だ解決しません。「売上」に入れるのか否か…?など考えれば考えるほど、迷宮入りしてしまいます。
ご存知の方、どうか教えて下さい。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

商品や製品などを家事や事業のために消費した場合には、その商品や製品の通常の販売価額で、売上に計上する必要が有ります。
ただし、仕入価額や製作価額で売上処理した場合には、その処理が認められますが、その価格が販売価額の7割を下回っているときは、これを通常の販売価額の7割程度に修正しておく必要があります。

仕訳は次のようになります。

自家消費
事業主貸 ****  / 売上 ****

事業用に消費した場合
接待費(又は宣伝費等) **** / 売上 ****

Q「有限会社設立」と「個人事業」のメリット(節税等)について

近い将来、有限会社を設立したいと考えていますが、
個人事業と比較した場合の税金面でのメリットを教えていただきたく、質問させていただきました。

有限会社の場合、将来的な規模拡大に対応できること、社会保険に加入できること、対外的な信用力などがあるので、個人事業として運営せずに有限会社としてスタートし、役員報酬として収入を得たいと考えているのですが、税金面でのメリットがあまりないように思えるので、少し迷っています。

個人事業(青色申告)ですと、65万円の特別控除を受けられるし、法人住民税の均等割(7万円)のような固定的な税金も少ない?ようなので、一見トクなような気がしています。

実際、有限会社(零細レベル)と個人事業とではどっちが金銭的にトクなのでしょうか(設立後の税金上のメリット)。
アドバイスいただければ幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法人化した場合は、税金面でのメリットは結構あるものと思います。

まず一番大きいのは、代表者に役員報酬を支払える点ですね、個人事業の場合は、個人事業主自身にいくらお金を支払っても経費とはなりませんが、法人であれば、役員報酬を支払うことができ、それがそのまま経費となります。
もちろん、代表者自身の所得税の対象とはなりますが、給与所得ですので、給与所得控除が使えますので、まるまる税金がかかる訳ではなく、所得の分散を図れますので、効果は大きいと思います。
それ以外でも、代表者絡みで言えば、個人事業主自身が店舗等を所有している場合、法人になれば、代表者に家賃が支払えますので、経費となります。
(個人事業であれば、固定資産税程度しか経費にはなりません)

その他、法人契約の生命保険契約をすれば、内容によっては、全額や半額が損金となり、経費となります。
(個人事業の場合は、いくら保険をかけても、生命保険料控除の範囲内で頭打ちです)

また、将来的に、代表者が事業承継等により退職される場合も、基本的に退職金を経費とすることができます、その資金として生命保険を会社契約でかける、という事も言えますが。
(個人事業であれば、事業を廃止しても、事業主自身の退職金は、例え支払ったとしても、必要経費となりません。)

それと、欠損が生じた場合、個人事業であれば3年しか繰り越せませんが、法人であれば7年間繰り越す事が可能です。

消費税について考えた場合も、現在課税事業者であるのであれば、法人化することにより設立から2期の間は、基準期間の課税売上高が0円となりますので、免税事業者となります。
(資本金が1千万円以上になる場合は、強制的に設立から2期の間は課税事業者とはなりますが)
この点のメリットは、かなり大きいのでは、と思います。

もちろん、もともと所得税がほとんどかからない程度の所得しかなく、役員報酬をとったら赤字になってしまう、というような状態であれば、法人化はお勧めできないものと思います。
前提として、それなりの所得がある事、又は今後伸びていく見込みがある事が、メリットを享受できる条件とは思います。

確かに、新会社法が施行されてしまうと、設立は以前より簡単でも、決算の公告や役員の変更登記等、従来の有限会社では必要なかったことが必要となってしまいますので、今の内に有限会社を設立して、新会社法施行後も、特例有限会社として存続する、というのは、タイムリーな選択とは思います。

法人化した場合は、税金面でのメリットは結構あるものと思います。

まず一番大きいのは、代表者に役員報酬を支払える点ですね、個人事業の場合は、個人事業主自身にいくらお金を支払っても経費とはなりませんが、法人であれば、役員報酬を支払うことができ、それがそのまま経費となります。
もちろん、代表者自身の所得税の対象とはなりますが、給与所得ですので、給与所得控除が使えますので、まるまる税金がかかる訳ではなく、所得の分散を図れますので、効果は大きいと思います。
それ以外でも、代表者絡...続きを読む

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Q「個人事業税「請負業」に係る照会兼回答書」

一昨年に税事務所から「個人事業税「請負業」に係る照会兼回答書」という封書が届きました。
きちんと記入して期限までに提出しました。
昨年は所得が290万を下回った為か送られてきませんでした。

こういうものは一度提出しても課税対象であればまた毎年送られてくるのでしょうか。
一度書いて出せばデータが保存されていてもう送られてくることは無いでしょうか。

Aベストアンサー

一昨年か、もう少し前に開業したのではありませんか。
県税事務所にあなたの商売に関する情報がなかったので照会してきたのだと思います。

今後は確定申告さえ怠らない限り、290万以下なら何も言ってこないし、290万を超えればだまっていても納税通知が送られてきますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報