我が家の近くにもアルコール燃料のスタンドが出来ました。
値段が安いのが魅力ですが、普通のガソリンと使用感は遜色ないのでしょうか?
アルコール燃料を使用することによって車にダメージが生じないか心配です。
燃費も気になります。

アルコール燃料についていろいろと教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

我が県にも、某スタンドメーカーで「ガイアックス」とかいう名前で販売しています。

(名前違ってたらごめんなさい。確かこんな名前だったと思う。)
このアルコール燃料の売り文句は、「安値と燃費がいいそして環境にやさしい」ですが実際は、まず値段は地域によって価格差があると思うのでなんともいえませんが我が県の場合レギュラーガソリンと比べて3円程しか(最近ガソリンも安くなってきているのもあるが)かわりません。
次に燃費ですが、友人の車(トヨタ:マーク(2))のデーターによると平均燃費より
1~1.3l/km程下がったそうです。(友人はチラシやTVではいい事ばかり言ってるけどウソばっかり!・・と怒ってました) *ただ車や走行パターンにもよると思うのでなんともいえませんが・・・
そして一番の欠点がパワーのなさです。(ちなみにチラシにはパワーも上がる
と書いてあった)つまりガソリンに比べて加速が鈍るということです。
質問にありました車にダメージ?ということですが、たぶん問題はないと思います。が、マフラーからでる排気ガスがなんか変わった変な匂いがします。
しばらく匂いを嗅いでいると、きもちわるくなります。
・・・とまあいったところですが、いまいちこれといった長所がないようなきがします。 環境にいいくらい?! あまり利用している人もいないような感じです。
なんかアルコール燃料の悪口ばかり書いてしまったけれど、とりあえず一度試してみてはどうでしょうか。 それでデーターをとってみてください。
燃料代は1円でも安く、加速もそこそこでいい(要は走りゃいい)という人にはいいかもしれません。価格差がもっとあれば(ガソリンとの)もうちょっと売れるものかもしれませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいトコなしですね。車買って半年しか経ってないから冒険出来ないなぁ…。他の人の車で試してみよっかな(ウソです。)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 19:47

以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。


この中で#4で紹介したサイトも参照してください。

燃費は2割くらいダウンでしょうか?
このところ価格は変動してませんが、ガソリンと比較すると燃費も考慮すると若干(?)高くなるかもしれません?

長期間使用してますが、今のところ問題なさそうです。
メカは弱いのですが、燃料給油系統のゴムの劣化を心配してますが、データは2種のゴムではあるのですが、それ以外のゴムも使用されているのではないかと推測してますが、専門家の方のフォローお願いします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=79366
    • good
    • 0
この回答へのお礼

燃費が2割ダウン!ヤですねー。
サイトを見てみましたが、あれを見て「入れるぞー」と思う人はいるのかな、と思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 20:05

通常、ガソリンには揮発油税が1リッターあたり、約54円程課税されています。

1リッター100円のガソリンだったら半分程度が税金の計算になっています。
一方、軽油は軽油引取税なるものがやはり32円課税なっています。
問題のガイアックスはアルコール燃料なので、揮発油税や軽油引取り税の対象になっていません。とういうことで税金が課税されてないぶんだけガソリンよりも安いわけですが54円が課税されてなくて通常価格差が3円程度とは、実際はガソリンに比較してかなり割高です。
一般の燃料が何らしかの課税対象になっているのに、全くの無税は矛盾であるということで各自治体の判断で県税が軽油引取り税を課税するケースが最近多いようです。ガイアックス自体は韓国からの輸入物ですが、今まで業者は税金を免れるというかなりの恩恵で利益をあげているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですかぁ。見た目の値段は安いですが、結構割高なんですね。非常に参考になりました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 20:01

参考URLに「ガイアックス」に挙げておきます。

このURLを一読しましたが、問題点として、軽自動車や各社の車種によって、対応していないのがかなり、見うけられます(販売店に依りましたら、なにも告げずに給油するでしょう)。また、鉄に対して、錆がガソリンの4倍発生しているのが気になります。パワーテストと燃費テストには、公的な証明がないのも気になります(ガソリンと変わらないことを強調はしていますが)。

参考URL:http://www.gaiaenergy.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなサイトがあったんですね。見てみましたが、かえって不安になります。
ガソリンを入れたほうが無難ですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 19:56

そのガソリンスタンドとはガイアックス?のことですか?



私も詳しくはわからないのですが、
ガソリンの中にアルコールが入っているらしいです。

このガソリンを使うとすすがどこか(ごめんなさい。詳しくわからないので)につ
まり、それを交換しないと載れないらしいです。

予断ですが、たしか日立はここと会社契約をしてたような…
ただし契約内容には部品の交換という事も条件として含まれていたはず。

ごめんなさい。
こんなあいまいでも役に立てれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事をいただけるだけで十分ですよ。
私が知らなかったことが満載でした。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/22 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどこのガソリンスタンドも同じ地域なら同じガソリンだけどエネオスとエッソだけはバイオガソリンってどうい

どこのガソリンスタンドも同じ地域なら同じガソリンだけどエネオスとエッソだけはバイオガソリンってどういうことですか?

ガソリンとバイオガソリンってどう違うんですか?

違うけど同じ製油所ってどういうこと???

あとオクタン価ってなんですか?

Aベストアンサー

>どこのガソリンスタンドも同じ地域なら同じガソリンだけど

違いますよ、元売りによってガソリンの成分が違います

>エネオスとエッソだけはバイオガソリンってどういうことですか?

バイオガソリンも売っていると言う事です
バイオじゃないガソリンもあります

オクタン価は、ノッキングが怒りにくい指数です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%B3%E4%BE%A1

Q温暖化対策の結果生じた余剰燃料の処理法

地球温暖化対策でCO2削減のために、
化石燃料使用の削減が必要と考えている者です。

石油化学業界の方に教えていただきたいのですが、
温暖化対策で燃料の需要が減った場合、
石油精製過程で、ナフサ以外の燃料成分が余ってくると思います。
まさか地中に埋める訳にもいかないので、
それらをナフサのような石油化学原料に転換することは
できないのでしょうか?
現状のプラントでは無理でも、エネルギーをかけさえすれば、
今後転換可能なのでしょうか?

転換が可能なら、原油消費総量が減り、
「プラスチック燃焼+燃料燃焼」によるCO2の発生も減ると思います。

あまり化学知識を持たないので、どうか専門家の方、宜しくお願いします。

(懐疑論は別のコーナーに譲るとして、冒頭の前提でお願いします)

Aベストアンサー

No.1です。すみません。ナフサの不足対策の方に話が偏ってしまったようです。
C重油やアスファルトについては、実は今でも余り気味ですが、これは地球温暖化対策というより、C重油の需要が原子力や石炭、天然ガスに置き換わったためです。しかし、日本のほとんどの石油精製工場には分解装置があって、これで重油やアスファルトを分解してLPGやガソリンなどを作っています。この分解装置のおかげで重油やアスファルトが余ったからといって捨ててしまうということはありません。分解してできたLPGやガソリンは石油化学原料に使うこともできます。
石油から取れるガソリンや灯軽油、重油の量は決まっていて、量の調整はできないというようなウソがまかり通っているようですが、実際は分解装置のおかげで調整は可能です。
ただし、全体からみるとわずかですが分解装置でも分解できない超重質な成分が石油の中に存在します。今後、地球温暖化対策が進んでC重油の需要がゼロに近づくと、この超重質成分の処分が問題になります。この対策として、石油会社ではコークス化装置やガス化装置の導入が検討されていると思います。
コークス化装置は超重質油を分解してガソリンとコークスにする装置で、コークスはセメント原料やアルミ精錬用に使われます。ガス化装置は、超重質油をガスにする装置で、発生したガスは発電に使われるほかに、合成燃料や水素、アンモニア、メタノールなどの合成に使われます。
少なくとも日本では重油が余ったからといって、ため池にためることは物理的に不可能ですので、何らかの対策がとられるでしょう。外国でもため池にすることは不可能ですが、米国ではコークス化装置ができるまで重油をプールにためていたことがあるそうです。(ただし一時的です)
なお、余談ですがガス化装置の原料は超重質油に限らず、廃木材や稲わらなどのバイオマスを使うこともできます。この技術が確立すればバイオマスから合成燃料や燃料電池用の水素ができることになります。

No.1です。すみません。ナフサの不足対策の方に話が偏ってしまったようです。
C重油やアスファルトについては、実は今でも余り気味ですが、これは地球温暖化対策というより、C重油の需要が原子力や石炭、天然ガスに置き換わったためです。しかし、日本のほとんどの石油精製工場には分解装置があって、これで重油やアスファルトを分解してLPGやガソリンなどを作っています。この分解装置のおかげで重油やアスファルトが余ったからといって捨ててしまうということはありません。分解してできたLPGやガソリンは石油...続きを読む

Qアルコール燃料

メタノールを燃料とした内燃機関で、含水メタノールが用いられるようですが、水蒸気がメタノールに溶けすぎて不具合が生じることはあるのでしょうか?もし不具合が生じる場合何%程度の水分が含まれていると問題なのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メタノール車…と解釈してよろしいでしょうか?
日本でも一時期ガソリン車適合アルコール燃料『ガ○アッ△ス』などが巷を騒がせましたね。
日本車はメタノール燃料を想定していないので、配管の鉄、アルミ部分の腐食、ゴムパッキンの膨潤などによる火災を含むトラブルが頻発していました。
ヨーロッパなどではアルコール燃料想定の元、防腐処理が施してあり、諸外国でもアルコール燃料を使う国はそのように対処されているようです。

さて、質問者様は含水メタの水分に着目されているようですが、それは内燃機関に使われている金属、防腐処理、使われているゴムなどに関係するために、一概に評価することは不可能です。
なにせ水だけでなくアルコール自体も場合によっては配管等を腐食させてしまうわけですから。

Qアルコール入りガソリン

ガソリンにアルコールを混ぜて、Noxは増えても、Co2を減らそうということを新聞記事で読みました。
自動車の買い替え促進策のような気もするのですが、環境改善にどれほど効果があるのでしょうか、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MiJunです。

大事な点を書き忘れました!
CO2削減に関して、「GAIAX」がGTL(天然ガス等からの燃料変換)であれば、元々が化石燃料を使用しているので削減効果は少ない(?)と思います。
一方、エタノールをバイオマス(農産物廃棄物・木材等)から製造するのであれば削減効果が期待出来るかもしれませんが・・・?
勿論、エタノール製造工程で濃縮にエネルギーが必要ですのでそのエネルギーを何に求めるかによってもトータルでの削減効果を詳細に比較する必要はあると思います。
それらのデータが手元にないので結論は不明です。

ご参考まで。

Qガソリンスタンド

通勤に使う道路沿いにガソリンスタンドが2軒並んでいるのですが、A店は135円、B店は129円です。ともにレギュラー価格、セルフサービスとなっています。プリカ価格もB店のほうが安いのですが、圧倒的にA店のほうが客が多くて、今日はA店に列をなして客を待っている状態です。

なぜ、価格の高いほうにこぞって行くのでしょうか?ちなみにどちらの店舗を利用したことはないので、違いがよくわかりません。わかるかたいませんか?

Aベストアンサー

表示してるのは通常価格で、A店には会員価格でB店より安いのでは無いですか?
それとガソリンメーカーカードの割引もあったりしたら 実際の値段 表示されなくても判りますからね。
当方もガソリンメーカーのカード持ってます。
それによるとカードで買うと必ず5円安くなると歌ってます。
同業種の店なので 敢えて表示は高くし 実は安いをしてそうです。
安い値段ばれたら B店はそれより1円でも安くすると思うので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報