人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私は2005年公開のアメリカ・ニュージーランド合作の映画『世界最速のインディアン』を観てから、「これや!よし!俺もやるでー!!」と心に誓いました。何を誓ったのかといいますと、実話に基づいたこの映画の主人公、ニュージーランド人の爺さまスピード・レーサー<バート・マンロー>が25年来の夢であった”ボンヌヴィル・スピード・ウイーク”という、直線のみでの地球上での各種自動車(2輪・4輪)による世界最高速度記録への挑戦という特殊なレースに、自らチューンアップを重ねた、1920年型のアメリカ製<インディアン・スカウト>というバイクで63歳(諸説あり)という高齢で世界新記録を樹立したというエピソードに触れて感化され、これこそが自分が探し求めていた夢だ!と思った事です。脚色された映画とはいえ、その衝撃的で常識破りの連続で夢を果たした事に驚き、実際に私自身、1200ccのアメリカ製<ビューエルXB-12R>というスポーツバイクに乗っていたので、すぐさま私の夢となりました。ただ問題も多いのです。映画と同じくレースの開催場所はアメリカはユタ州ボンヌヴィルにあるソルトレイク(またはソルトフラッツ=塩平原)という古代の海が地殻変動で海水の湖になり、その後に水分だけが蒸発し真っ平らで、直線だけであれば自動車レースに使えるというところまでは分かっています。問題は先ずレギュレーション(規則)が殆ど判りません。時代によって常に変更され、出場資格もこの映画が公開されてからは出場希望者が殺到した為に、幾つかの手続きや予選の回数も増えたと聞いています。しかもレース大会の出場する車両のカテゴリー(種類)も増えたり無くなったりです。現にバート爺さんの挑戦した<1000cc以下、流線形オートバイ部門>はかなり大きな規則変更があったそうで、実物を忠実に再現した映画の様なレース専用バイクでは参加出来ないとも聞いています。映画のラストで語られる「1967年のこの記録は今も破られていない」という文言は、それが背景にあると思います。長々と書きましたが、要はこのレースのに出場された方やレギュレーションに詳しい方がいらしたらご教授頂きたくお願いしたいのです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あの映画は感動ものですね。


VツインはDOHCまで改造されていますが、すべて自作ですからね。
レギュレーション他、申込み用紙までここに載ってましたよ。
http://www.saltflats.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/18 10:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング