電圧、電位、電位差、起電力などは、同じようなことを言っているような気がするのですが、違いはあるのですか。区別する必要はあるのでしょうか。

A 回答 (3件)

sesame さんの回答でほぼいいと思いますが若干の補足を。


まずは、電位ありきです。電気を帯びているものは全て基準点(0電位:たいていは地球)に対して電位を持ちます。2つの物体の電位の差が電位差(または電圧)です。
結論的には、電位だけが別の言葉で、あとは似た言葉で、混同して使っているということになるでしょう。でも実際上はかなり区別して使っています。一つに統一したら電気屋としては不便でたまりません。
・起電力:電池など電気を生み出すものの発生電圧。逆起電力という語もある。
・電圧:もっとも広い意味で使う。(全てを包含するが、完璧ではない)
・電位差:特定の2点間の電圧というニュアンス。
     あるいは学問的に改まった言い方。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なるほど、電気の専門家には不便かもしれませんね。しかし、一般人の私には、これらの言葉が、いろんな場所で、出てくるので混乱しがちでした。
ところで、電圧に似た用語って他にもあるのでしょうか。

お礼日時:2001/05/22 23:21

> ところで、電圧に似た用語って他にもあるのでしょうか。



最初にあげられた用語以外には思いつきません。何分、世の中では、電圧が有名ですから。気圧、水圧、血圧、油圧、空気圧など類語も多く、何となく類推できてピンとくるので一番ポピュラーに使われているのでしょう。
    • good
    • 0

電圧と電位差は同じです。


そして電位差は2点間の電位の差です。
起電力は、回路に電流を流す動因となる作用のことをさすので、実質的には電圧と同じ(回路を開いたときの両端子間の電位差が起電力になる)なのですが、回路を閉じて電流を流すとこの定義は無効になってしまうので、「その回路に定常電流を与える元になっているエネルギー」を便宜的に起電力と称しているわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい回答、ありがとうございました。
電圧に関係のある、ほかの類似の用語ってあるのでしょうか。もし、知っていましたら、お教えください。

お礼日時:2001/05/22 23:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電位差計でより精確に起電力を測る方法

電位差計を用いて電池の起電力を測定する実験をしました。(回路は標準的なもの)

そのときに、「メートルブリッジの両端の電圧(電源装置でかける電圧)はどのような値であれば起電力を詳細に測定できるか。」という問題が出ました。

これがどういうことかよくわかりません。誰か教えてください。

Aベストアンサー

電位差計の測定原理と測定手順はよろしいですね。
a)メートルブリッジと呼ばれる,目盛り付きの抵抗分圧器
b)メートルブリッジにつなぐ電源(電圧は不明でよいが,一定値)
c)精密に電圧が分かっている標準電池
d)高感度だが正負しか分からない検流計
e)測定したい未知の電圧

さて,a)の電源がどんな性能なら,測定誤差が小さくなりそうですか?
逆に,a)の電源がどんな性能だったら,測定がうまくいかないですか?
「うまくいかない」には,測定値が怪しくなる,
測定したくても検流計が動かない,メートルブリッジが加熱して燃え出してしまう,
などいろんな場合があります。
電位差計の測定原理と測定手順を思い出せば,何か書けるはずです。

Q電圧と電位、電位差

今、技術レポートみたいなものを書いているのですが、途中で混乱してきてしまったので質問させてください。

電圧という言葉は、電位差と同義語だとずっと思っていたのですが、実は、電位と同義語なのでしょうか?電圧差なんていう言葉も使われてるみたいですし。
もしくは、電圧は、電位とも電位差とも違う別の概念なのでしょうか?

口語ではなくて、きちんとした技術文書中での、電圧と、電位・電位差の使い分けについて教えて欲しいです。


たとえば、「オペアンプの出力電圧」とは言いますが、「出力電位」とか、「出力電位差」とは言わない気がします。また、この「出力電圧」というのは、正式にはGNDと出力ノードとの電位差のことですか?それともGNDを基準にした出力ノードの電位のことですか?

「ノードAとノードBの電圧が同じになるように制御する」と言うよりも、「ノードAとノードBの電位が同じになるように制御する」のほうが正式な文書では正しい気がするのですが、この感覚は正しいですか?
それとも、この2つの文は違うことを言っていますか?

Aベストアンサー

再び登場。

>>>文書中では、電位・電位差という言葉は使わずに、全て電圧で統一するということなのでしょうか?

はい。回路については、そうです。
少なくとも私の経験の範囲内では。

Q温度差を起電力として検出するトランスデューサーとは?

タイトルと同じなんですが…

温度差を起電力として検出するトランスデューサーってなんですか?

あと、エミッター接地電流増幅率が49のとき、ベース接地電流増幅率はいくつかもおしえてください。。

Aベストアンサー

後半は β = 49 のとき、αはいくらか、という質問かと思います。

ベース電流を1とすると、コレクタ電流が49になっている、という
わけで、αはコレクタ電流 ÷ エミッタ電流ですから
α = 49 / (1+49) = 0.98
となります。(エミッタ電流はベース電流とコレクタ電流の合計)

ベース接地では電流ぞうふく率と言いながら、増幅ではなく減衰に
なります。(電圧を増幅することは設計次第で可能)

Qこの回路の端子abの電位差は27Vである。 電源電圧Eはいくつか という問題で画像のように計算したの

この回路の端子abの電位差は27Vである。
電源電圧Eはいくつか

という問題で画像のように計算したのですが間違いでした。どこを間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

間違っているのは a の電位です。左の抵抗器は2本分の電位 (5/8 E) が嵩上げされていません。これを加えると、

a=7/8 E (V)

となり、

Vab=9/16 E=27
E=48 (V) //

Q発電機の電力と回転数、 起電力と電圧と電流、 について

1 発電機の回転数と電力の関係を知りたいと思います。
 調べて考えたところ、回転数に比例して電圧が上がり、結果電流も上がって、一回転の電力は回転速度の二乗に比例する、、ようですが、だとしたら時間当たり出力は3乗に比例する、ということでいいのでしょうか。

2 じつは、今だに起電力と電力と電圧と電流の統合的関係がわかっていません。
 (d磁束/時間)×巻き線=(比例)=電圧と思いますが、(d磁束/時間)が本来の概念として相当するのは電流なのか電圧なのか。
 起電力とは電圧だとしたら、負荷を並列に数を増やすと抵抗が減って、それに応じていくらでも電流を流せるはずという原理になってしまいそうです。
 発電機は他の仕事を電力に変換するはずなのに、電圧か電流の一方の式しか見付けられませんでした。
 仕事=抵抗×ストローク、に相当するものはどうなっているのでしょう。実際の事情でなく原理として知りたいです。

2 の方は暇なときでいいです。1の方は困るというより、わからないと危ういというか。

Aベストアンサー

1.
電力とは単位時間当たりに生み出すエネルギーのことを意味します。
(仕事率と同じ次元になります。単位も仕事率の単位W(ワット)を使用します)
時間当たりの量ですので、1回転当たりのエネルギー量と同じではありません。
回転数を上げると、1回転に要する時間は反比例して小さくなります。
つまり回転数を2倍にすると電力は4倍になりますが、1回転当たりに生み出すエネルギーはその半分、つまり2倍になります。

2.
起電力とは誘導される電圧をさします。
では負荷のインピーダンスを小さくすることでより大きな仕事を取り出せるかというとそれは違います。
負荷のインピーダンスを小さくし電流量を大きくすると、発電機内の磁界が大きくなり発電機をまわすのに必要なトルクが増大します。
同じ仕事率で発電機を回すと、(仕事率)=(トルク)×(回転数)ですので回転数が落ちてしまいます。その結果、起電力が落ちてしまいます。
出力電圧を一定にするためには与える仕事率をより大きくする必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報