人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

自己宛小切手と線引小切手と預金小切手の違い(もしくは同じもの?)について質問させてください。

自己宛小切手は銀行が振出人となって支払人に支払うものだと思うのですが(無論そのバックに預金がある。)、それと線引小切手は同じものなのでしょうか。

線引小切手は支払先が銀行に特定された小切手と言うことでよいのでしょうか。

また、預金小切手というものもあると聞きました。

これらは同じものなのでしょうか。違うものならその違いを教えてください。

また同じものなら、もし違うものならその使うときのニュアンス等についても教えてください。

初歩的な質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

例えば、こういうところが参考になるだろう。


http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/kogitte.jikoate …
http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/kogitte.senbiki …

なお、引用元を示さずにコピー&ペーストした回答(ないしそれを少しだけ改変した回答)は、著作権法違反を犯している。違法行為を平気でする輩は相手にしないほうがいいぜ。

これも参考になるだろう。

http://www.zenginkyo.or.jp/education/free_public …
http://allabout.co.jp/gm/gc/25835/
    • good
    • 6
この回答へのお礼

みなさん、有り難うございました。たすかりました。

お礼日時:2013/02/27 23:13

〇不渡りになる心配のない小切手があります。

それが自己宛小切手で、銀行が自分自身を支払人として振出す小切手です。つまり、小切手の振出人と支払人が同一の銀行である小切手です。
 銀行振出しの小切手ですから不渡りになる危険は全くありません。

その取扱いの方法

 自己宛小切手は、商取引上、現金と同じ扱いをするのが普通です。たとえば、不動産の売買などの場合、代金を決済するのに多額の現金を持ち運びするのは大変危険です。そんなとき、銀行で自己宛小切手を作ってもらい、それを売主に渡せば簡便で安全です。
 特に、この自己宛小切手を線引小切手にしてもらえば、盗難や紛失の場合の対策として一層安全です。

 自己宛小切手は、確実な預金の裏付けがあるという意味で、「預金小切手」または「預手」とも呼ばれています。

 銀行は、この自己宛小切手の振出しを依頼された場合は、依頼人からの現金の入金、あるいは依頼人の預金口座からの振替によって支払資金を確保してから、これを振出します。


〇小切手は現金の代用物ですから、受け取ったらすぐ支払ってもらえますし、手形と違って受取人の名前も記載されていません。そのため、もし落としたり、盗まれたりすると、不正な取得者に支払われてしまう恐れが十分にあります。そこで、その防止策として考えられたのが線引小切手の制度です。

一般線引小切手と特定線引小切手

 線引小切手には、一般線引小切手と特定線引小切手の2種類があります。

 一般線引小切手は、小切手の表面に2本の平行線を引いた小切手で、平行線の中には何も記載しないか、単に「銀行」「銀行渡り」「Bank」とだけ書いたものです。

 特定線引小切手は、平行線の中に特定の銀行名を記載した小切手です。

 線引の方法は、ペン書きでもゴム印でもよく、また、線引をする場所も任意ですが、小切手の表面にすることが必要です。

 一般線引小切手の場合、支払銀行は、他の銀行か、または支払銀行の取引先に対してのみ小切手の支払をすることができ、それ以外の人に対しては支払うことができません。そして銀行は、自分の取引先か他の銀行のためにしか線引小切手の取立をすることができません。

 特定線引小切手の場合は、支払銀行は、横線内に記載された銀行に対してのみ支払うことができます。被指定銀行が支払銀行自身であるときは、自分の取引先に対してのみ支払うことができます。

 従って、線引小切手であれば、必ずどこかの銀行の取引先である人に支払われることになります。当然、銀行と取引関係のない人は、線引小切手の支払を受けることはできないことになります。なお、ここで言う「取引先」とは、当座取引や預金取引など、ある程度継続的な取引関係があり、銀行がその取引を通して、預金者の住所や氏名、また法人の場合は主な事務所、営業所の所在地や代表者の氏名などをハッキリ認識できる人や会社をいいます。万一、紛失や盗まれた小切手について支払がなされた場合でも、被害者は銀行を通じて不正にお金を受け取った者を追及できるというわけです。

 このような線引の制度は、盗難や紛失のときの危険防止策ですから、振出人だけでなく、小切手の所持人も線引をすることができます。
 また、いったん線引小切手にすると、所持人はもちろん、振出人も線引を抹消することはできません。特定線引の場合では、被指定銀行名の取消もできません。
 抹消しても、抹消はなかったものとして取り扱われます。

 このように、一度線引をすると抹消はできません。しかし、取引先によっては、どうしてもすぐに現金がほしいという場合もあり、そんなとき線引小切手は不便です。そこで、支払銀行の取引先でなくても、小切手の持参人が支払を受けられるようにという配慮から生まれたのが「裏判」の慣行です。つまり、振出人が線引小切手の裏面に、銀行取引印を押すと、この線引小切手については、取引のない一見の客にも銀行は支払うことになっています。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q預金小切手の換金方法教えてください。

預金小切手という種類の小切手(「銀行渡」のスタンプがあるもの)を換金(口座へ入金)したいのですが、銀行へ行く前にいくつか知りたいことがあります。

1.小切手の換金時に、手数料はかかるのでしょうか。

2.小切手の振り出し銀行(A銀行とします)とは違う銀行(B銀行)で換金することは可能ですか?
  (小切手の振り出し銀行と、自分の口座のある銀行とが違うので…。)
  可能な場合で換金に手数料がかかる場合、A銀行で換金するのとB銀行で換金するのでは、手数料が違ったりするのでしょうか。

わかる方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「銀行渡」になっているので、自分の通帳へ預金する以外に換金する方法はありません。ただし、B銀行の口座開設直後だと拒否される可能性はあります。手数料はどこでもかかりません。預金を引き出せるまで時間がかかります。A銀行の場合は少し早いですが、自分の口座がA銀行にすでにある必要があります。
小切手は取引実績がある口座でないと預入できないということです。

Q預金小切手について(三菱東京UFJの場合)

当日に発行してもらえるものですか?
ちなみに預金小切手とは関係ありませんが、一日におろせる限度額は決まっているのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●「銀行振出小切手(預金小切手)」は、即日窓口で、発行してもらえます。

手数料は、1枚840円です。

一日あたりの、金額制限は、ありませんが、「200万円(または、相当額)以上の場合」は、法規の定めるところにより、「本人確認書類」が、必要です。

http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/toritate.html

また、くわしくは、こちらを。(関連質問です。)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2122658

Q自己宛小切手について

お世話になっています
素人質問で恐縮なのですが、自己宛小切手について、以下の説明は正しいでしょうか?

・これを使いたい人(Aとします)の当座預金に、支払いたいだけの金額が預けられていることを条件に、銀行で作ってくれる(振り出してくれる)
・支払い義務者も銀行
・銀行から現金を引き出して支払い相手に渡す代わりに、この小切手を振り出してもらって渡すのと
同様

これを踏まえて質問です…
書籍で読んだところ、「支払人となっている銀行に資金がないとはまず考えられないので不渡りの心配がほとんどない」とありますが、小切手の所持人が呈示したとき、万が一Aが自分の当座預金からうっかりお金を使ってしまっていて残高不足だったとしても、振り出した銀行は支払ってくれるのでしょうか

なにか前提を間違えていたらご指摘いただければと思います

よろしくお願いします

Aベストアンサー

少し勘違いがあるようですが、Aの当座預金どうのこうのは関係ありません。

自己宛小切手とは銀行が自身の勘定で振り出す小切手です。だから振出人は銀行です。

利用者は額面金額と手数料を銀行に支払い、銀行は小切手金額に見合う額を「別段預金」というものにプールしておいて、自己宛小切手が呈示されればその時点で別段預金から支払って決済します。

つまり、小切手に見合うお金が必ず準備されているので、いつ呈示されても確実に決済できるという仕組みです。

Q預金小切手について

手数料はいくらかかるものですか?手続きは面倒ですか?

Aベストアンサー

例えば、三菱東京UFJなら、「銀行振出小切手発行手数料 : 1枚 840円」です。

http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/toritate.html

他の金融機関も大幅には変らないでしょう。
ご自身が向かう金融機関へ、直接電話問い合わせをなさってみて下さい。

手続きは、預金口座がある金融機関へ向かい、
「自己宛て小切手(預手)を作って下さい。」と、窓口の方やロビー案内の方へ申し出て下さい。
その場で、小切手を作成してくれます。
窓口へ出金をしに行って、「現金」の代わりに「小切手」を貰って帰るイメージです。

全く取り引きがない金融機関へ、現金を持って行っても「自己宛小切手」は作れますが、
既に口座をお持ちの金融機関へ行かれた方が無難です。

Q不動産の現金決済を小切手で

売りにだしていた中古住宅に買い手が付きました。購入者は現金で決済するとのことで、仲介を頼んでいる不動産屋で会い、小切手と引き換えに権利証など書類を渡すことになるそうです。司法書士も同席し、決済するそうです。

実は我が家も一年前に不動産を現金で買いましたが、その時はうちのメインバンクで売り手と会い、司法書士が同席して、うちの通帳から相手の通帳へ預金が移ったのを確認して書類を受け渡しました。(売り手は不動産業者でした)今回の買い手は個人です。

今回は相手の方が小切手で決済というのですが、小切手が偽とか何かそんなリスクは心配しないでいいのでしょうか?手付金とかは無しで、2週間後に全額一括決済ということです。

小切手決済は100万位なら経験あるのですが、それ以上の大きなお金は経験がなく少し不安です。

大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

不動産で言う小切手というのは、自己宛小切手というもので、預金口座から現金を引き出し、それを小切手に代えて銀行の支店長名で発行される小切手なので、残高が不足して割れないということはありません。
売主に担保権の設定など無い場合は、用いられる事も珍しくありません。
利点としては、金融機関以外の場所でも安全に取引出来る事と現金の数量確認の必要が無いことです。
欠点としては、発行した支店に持ち込まなければ、即日現金化が出来ないこと。別の支店や銀行へ小切手入金すると交換、現金化まで2日要します。
詐偽に関しては、不動産売買の場合は売主に成りすますパターンがほとんどです。法務局に申請して登記完了まで時間を要しますので、偽物の小切手だと銀行にバレる方が早く、物件を搾取することが、実務上むずかしいからです。

しかしあくまで一方的ではなく協議して決める事ですから、嫌ならば金融機関で現金による受け渡しで、最低限銀行窓口で質問者さんの口座への振り込み手続きで処理する事も可能です。同一銀行へ両者が口座を持たない限り、通帳入金は出来ません。
仲介人へご相談下さい。

不動産で言う小切手というのは、自己宛小切手というもので、預金口座から現金を引き出し、それを小切手に代えて銀行の支店長名で発行される小切手なので、残高が不足して割れないということはありません。
売主に担保権の設定など無い場合は、用いられる事も珍しくありません。
利点としては、金融機関以外の場所でも安全に取引出来る事と現金の数量確認の必要が無いことです。
欠点としては、発行した支店に持ち込まなければ、即日現金化が出来ないこと。別の支店や銀行へ小切手入金すると交換、現金化まで2日...続きを読む

Q保証小切手の発行側の手続き内容と期限後換金について

今回ある会社と、小切手のやり取りをする事になりました。
過去のQ&Aを見ましたが断片的で良くわかりませんので、質問させてください。
保証(自己宛)小切手を振り出す側はどのような手続きをするのでしょうか?
順を追ってお願いします。
また、通常の小切手発行とのメリット、デメリットを教えてください。

換金についてですが、
ある約束が果されない場合の担保として、半年経過後に、必要でれば
現金化することになりますが、小切手ではそのような長期でも換金できるのでしょうか?
また、自己宛小切手を発行する銀行の支店は、私の住まいの近くにはありません。
この場合は、どうなるのかも教えてください。

では、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自己宛小切手=銀行や信用金庫、農協などの金融機関が振り出す小切手

通常の小切手=当座預金開設人が振り出す小切手


>保証(自己宛)小切手を振り出す側はどのような手続きをするのでしょうか?
自己宛小切手を発行して欲しい人が、決済代金と自己宛小切手発行手数料を銀行に払うと、発行してくれます。 そのとき、受取人を持参人にするか、特定の人にするかとか指定できます。
通例は、線引きの小切手にて発行してもらいます。
(線引きにすると、小切手を現金化して受け取るには、銀行口座を通す必要があり、誰の手に渡ったかが明確になります。)


>通常の小切手発行とのメリット、デメリットを教えてください。
通常の小切手発行には、小切手を振り出したい人が当座預金を開設する必要があります。
当座預金開設は、誰でもかれでも開設してくれる訳ではなく、(詳細は省きますが)一定の業歴がある、銀行取引停止中ではない、など、銀行が認めてくれないと開設させてくれません。
保証小切手のような、単発の小切手やりとりにて、そのためだけに当座預金を開設するのは現実的ではありません。

なお、小切手を受け取った側の、通常小切手、自己宛小切手の差異、という話ならば、自己宛小切手は、金融機関振り出しの為、不渡りは絶対にありません。 現金と同じ価値です。
通常小切手は、当座預金持ってる普通の人が振り出すので、振り出した人が残高不足で不渡り、現金化されない恐れがあります。 よって、自己宛小切手の方が遙かに信用度が高いです。


>半年経過後に、必要でれば現金化することになりますが、小切手ではそのような長期でも換金できるのでしょうか?
小切手の呈示期間は、振出日から10日以内です。
http://oshiete.quick.co.jp/qa271081.html
それを越えても、振出人が同意してくれたら換金可能ですが、拒否されたら払ってくれません。
なお、小切手は、振出日から6か月を過ぎると時効で有無を言わず無効になります。
このあたりのことは、ネットにもいろいろ書いてますので、検索してみてください。

>自己宛小切手を発行する銀行の支店は、私の住まいの近くにはありません。
よっぽどの離れ島とか辺境の地で無い限り、信用金庫、信用組合、農協とかはあると思うのですが。

自己宛小切手=銀行や信用金庫、農協などの金融機関が振り出す小切手

通常の小切手=当座預金開設人が振り出す小切手


>保証(自己宛)小切手を振り出す側はどのような手続きをするのでしょうか?
自己宛小切手を発行して欲しい人が、決済代金と自己宛小切手発行手数料を銀行に払うと、発行してくれます。 そのとき、受取人を持参人にするか、特定の人にするかとか指定できます。
通例は、線引きの小切手にて発行してもらいます。
(線引きにすると、小切手を現金化して受け取るには、銀行口座を通す必要があ...続きを読む

Q不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について

不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について質問します。

妻と共有名義にして、某不動産業者を通じ念願のマイホーム(中古住宅です。)を購入しようとしているのですが、不動産屋さんによると売主さんは現金で売買金額を欲しがっているとのことです。

妻は「それなら、そのお金を支払えば現金で支払えばいいんじゃないの。」といいますが、

親しい会社の法務部の先輩から

「それはあまりに危険だ。契約書を結んだ後、お金を支払い、司法書士を使い所有権移転登記をするのだけれど、お金を支払っただけだと、その相手がお金を持ち逃げされてしまうかもしれないじゃないか。銀行保証小切手か銀行での口座振替を利用すべきだ。不動産屋さんも色々あって、全面的に信用するのは危険だよ。」

とアドバイスされました。

妻は「不動産屋さんか銀行で支払えば問題ないんじゃない?」と言います。

確かにお金を持ち逃げされれば困るし(現金だと怖い気もする。)、かといってすごくいい物件なので気に入っています。

つまるところ、契約書を売主と結び売買金額をどうやって支払うかということだと思うのですが、世間一般ではどうやっているのでしょうか。

法律的には売買契約の金額を支払ったということを、法務局や裁判所・善意第三者にどう主張し、対抗要件を備えるかということなのかな?とも思えますが、そのような視点に立った場合、どのような支払い方法がベストなのでしょうか。(一般的な不動産実務についても教えてください。)


よろしくアドバイスお願いします。

(もし、可能なら、法務部の先輩の手前もありますので、法律的な知識や根拠条文も教えて貰えると嬉しいです。)

不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について質問します。

妻と共有名義にして、某不動産業者を通じ念願のマイホーム(中古住宅です。)を購入しようとしているのですが、不動産屋さんによると売主さんは現金で売買金額を欲しがっているとのことです。

妻は「それなら、そのお金を支払えば現金で支払えばいいんじゃないの。」といいますが、

親しい会社の法務部の先輩から

「それはあまりに危険だ。契約書を結んだ後、お金を支払い、司法書士を使い所有権移転登記をするのだけれど、お金を支払っただけ...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
不動産の決済資金は「現金」及び「銀行の自己宛小切手(横線の有無は売主指定)」のいづれかが原則です。
通常ですが、売買契約に照らし売主は所有権移転に必要な書類一式を買主へ引き渡します。これと引き換えに買主は代金を支払います。実務上は買主側が指定した司法書士に登記を依頼し、司法書士は事前に調査及び売主側の必要書類や買主側の必要書類など仲介人へ指示します。売主さんや買主さんはこの指示で必要書類を整えるわけです。

実際は当日、司法書士が代金授受の前に売主側の書類や買主側の書類、本人確認。委任状などへの署名押印など所有権移転に必要な書類関係の確認の後、「書類は整ったので代金の授受をしてください」という流れになり、その後代金の授受となりますから、お金を支払い登記されないということは、売主が悪意を持って書類偽造などの詐欺行為を行わない限り、ありえません。またこの手の犯罪は、身元を偽り行いますから、中古でそこに住んでおり仲介業者などが身元を確認している売主が犯罪を行うことは、現実にはありえません。また、仲介の場合業者は手数料を頂くだけですから、売主のお金の管理にはタッチしません。

このほかに、仲介の実務として、物件の取引完了の書類やら鍵の授受やら、確認通知書、図面一式などあれば、そのような諸々の授受を行います。

上記のように、どうしても書類に署名押印するテーブルやすべての関係者が一同に集まるスペースは必要になりますから、一番良いのは代金を引き出す口座がある銀行の一角を借りることです(応接までとはいいませんが)これが可能であれば、書類確認後、口座から現金を下ろして売主に渡して終了です。
但し、場所を提供しない銀行も多いので、この場合は不動産仲介人の伝を借りるか?または書類の確認等は司法書士の事務所や仲介業者で行い、金銭授受だけ銀行で行うのも良いでしょう。
前日の午前中には、翌日現金で幾ら出金する旨は銀行に伝えておかないと、小さな支店などでは現金がありませんので即座に用意は出来ません。
このあたりの段取りは、仲介人に相談すれば整えてくれると思いますが・・・・・現金での支払いは良いが、銀行窓口での受け渡しにして欲しいと(現金を持ち運ぶのは嫌だと)言えば、良いでしょう。

登記上の取引の責任は司法書士がすべて背負った上で、登記を受任しますので、そこは任せるしかありません。その先輩の顔を立てたいならば会社で使っている司法書士事務所を紹介してもらっては?
但し、仲介業者で依頼する不動産登記が主な事務所と法人登記を主に扱う事務所では、費用が結構違うので(後者の方が高い場合が多い)、そこは目をつぶりましょう。まあ違っても3万~5万程度です。質問者さんも安心なのでは?

法的根拠と言いますが、法的に売主は所有権移転に必要な書類一式を引き渡せば足り、あくまで移転登記を行うのは買主の費用負担で買主の責任です。
その移転登記を間違いなく行えるか(法務局に受理、登記完了となるかされるか)どうかの判断が、出来ないので司法書士に報酬を支払い依頼するわけです。
民法上は代金を支払い、領収書等があれば当然にその所有権を主張できます。しかし登記上の登記名義人でなければ第三者に対抗できません。ですから通常は借り入れ等が無くとも土地は所有権移転登記をするわけです。その法的根拠となる書類は当日司法書士が作成し、売主、買主、双方が署名押印することになりますし、売主は実印と印鑑証明を要します。買主は認印と物件に移動した住民票だけです。

不動産業者です。
不動産の決済資金は「現金」及び「銀行の自己宛小切手(横線の有無は売主指定)」のいづれかが原則です。
通常ですが、売買契約に照らし売主は所有権移転に必要な書類一式を買主へ引き渡します。これと引き換えに買主は代金を支払います。実務上は買主側が指定した司法書士に登記を依頼し、司法書士は事前に調査及び売主側の必要書類や買主側の必要書類など仲介人へ指示します。売主さんや買主さんはこの指示で必要書類を整えるわけです。

実際は当日、司法書士が代金授受の前に売主側の書類や...続きを読む

Q小切手の裏書について

小切手の裏書について二点教えてください。

線引き小切手の場合、現金化するには、裏にも
振出人の印が必要であると聞きました。

その場合、振出人の印+自分(受取人)の氏名或いは
会社名が書かれていてはいけないのでしょうか?
裏書に名前が二つ書かれていることになりますよね?

もう一つの疑問ですが、小切手の裏書は、必ず
住所、氏名が必要でしょうか?氏名だけでは受け入れて
もらえないのでしょうか?

小切手を扱うことが初めてなので、分かりにくい質問で
申し訳ありません。
詳しい方、是非教えてください。

Aベストアンサー

>名前が二つ書いてあっても良いということになるのでしょうか?

線引き小切手を誰でも引き出し出来るように振出人が署名捺印する物と違って、あくまでも引出し人の確認ですから、名前が二つになってもサインだけは求められると思います。
私が振り出した小切手で自分が引き出しに行っても、裏書きのサインだけは求められます。
厳密に言えば、引き出し人の確認と言うだけでそのサインが全くでたらめであっても、それを確認することは無いと思います。
トラブルがあった場合の、銀行側の責任逃れ的な物なのでしょうか。
銀行による取り扱いは色々かも知れませんので、ご質問者様が名前や住所を明らかにすることにこだわりがあるので有れば、とりあえずそのまま提出し、求められる範囲でサインをすれば良いと思います。


なおこの回答は、あくまでも私の経験であって、法的な根拠は解りかねますので念のため。
銀行関係者の専門的な回答があると良いのですが。

Q線引き小切手の取り立て!...ってどういうことですか。

右上に斜めに二重線がありその線の間に「銀行渡り」と書いて有る「線引き小切手」を受け取りました。

(1)振り出し銀行に自社の口座があれば『取立て』により口座入金ができるそうですが。『取立て』という言葉の意味がよくわかりません。別に遅れているわけではありませんが印象がよくないように感じられるのですが...
取立て..という言葉は一般に認識している言葉とはちがうのでしょうか。

(2)「線引き小切手」で裏書をしないのが一般的なのでしょうか。
『小切手で支払いできますか』といわれた場合、お客様は、口座からの取立てを基本に意識しているのが普通なんでしょうか。同じ銀行に口座を持っているとは限らないので、小切手での支払いはできない...と言う回答をしていったほうがいいのか..って思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<1>銀行渡り 小切手とは口座から口座の決済です
振り出し銀行 以外の銀行でも取り立てできます
受け取り人の口座に入金されます
金融では(取立て)一般的な言葉です

線引き(銀行渡り)でない小切手ならば振り出し銀行
に持参すればその場で支払ってくれます(支払い人の当座預金に支払額相当の金額があれば)
<2>安全のためたいがい線引きにします
 線引きなしの小切手ならば誰でも換金できますので
 (持参人が換金できるので)
 小切手を切るということは 振り出し人が振り出し
銀行に当座預金を持っているからこそ出来ることなので振り出人(ここでいうお客さん)は口座からの支払い
受け取り人からみれば(取立て)です

Q小切手の銀行渡りってなに??

就職をして小切手をみる機械が増えてきたのですが
小切手の右上辺りに「銀行渡り」って文字がスタンプで
教えあるのですが、これってなんでしょうか??
詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

小切手は原則として小切手の持参人に対していつでも支払をして良いという持参人払いになっていますが、ふつう受取人の氏名も記載されないことが多く、落としたり盗まれたりしたときの安全性に不安があります。
そこで、紛失・盗難に会った場合、不正の所持人が支払を受けられないようにするために線引き小切手があるります。

線引き小切手には、一般線引き小切手と特定線引き小切手があり、『銀行渡り』や『BANK』と記載したものがそれです。
支払銀行が、銀行又は自分の取引先の銀行にしか支払ってはいけないと決められているのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング