安室奈美恵、DA PUMP!!ユーロビート最強曲!!

東京女子医大病院に入院する可能性があります。(3週間程度)
規模の大きな病院は、敷地内禁煙とありますが、職員さんや、医師、患者が使う喫煙所が近くにあるところが多いですが、この病院は喫煙所はありますでしょうか?
生死に関わる手術ではないですが、ニコチン依存は簡単にはやめられません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは



パンフお持ちではないですか?
残念ながら(?)全面禁煙のようです。
入院患者の方、面会の方にも禁煙を促してます。

下記サイト項目8をご覧ください。


http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/images/info-imag …
    • good
    • 0

喫煙所はないでしょう。



職員用に内緒のものはあるかもしれませんが、患者用はないでしょう。
これを機会に禁煙しましょう。

参考URL:http://www.twmu.ac.jp/DNH/topics/kinen.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJR新宿→大江戸線新宿への乗り換え

単純な質問で申し訳ありません。
JR山手線新宿駅(ホーム)から都営大江戸線新宿駅(ホーム)までの徒歩での所要時間はどれくらいでしょうか。併せて、都営新宿線(京王新線)新宿駅、メトロ丸ノ内線新宿駅までの所要時間についても知っていればお願いします。

Aベストアンサー

・JR新宿駅から大江戸線へ.... JR新宿駅南口の改札を出たら、右方向の小田急線・南口方向に向かいます。エスカレータを3本くらい使って下っていくと新宿駅西口前の通りに出ます。(地上レベル)
そこに左下方向の地下に下りるエスカレータを一本下りると、ほぼ正面に京王新線(都営新宿線)があり、右手に大江戸線の改札が見えます。
慣れれば5分程度、不案内なら10分くらいでしょう。

・丸の内線へ.... JR新宿駅の西口改札を出て右手方向に進んでいけば5分弱ほどで右手にみつかるはずです。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q東京女子医大出身の男性医師って?

東京女子医大出身の男性医師って?

ホメオパシーで知られる医師の川島朗氏はどう見ても男性ですが、東京女子医科大学大学院医学研究科で学んだようです。

http://www.twmu.ac.jp/AWNML/N/annai/staff.html

東京女子医大、あるいは同大学院では男子学生も珍しくないのでしょうか? また、東京女子医大病院は女医が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

東京女子医大の医学部は女性のみですが、大学院は男性でも入学可能のようです。

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q人工透析せずに何日間生きられますか

現在透析してます。合併症なども酷く、改善の見込みもありません。無能な医者にお世辞を言うのも疲れました。実際透析せずに何日ほど生きられますか?また尿毒症で意識障害になる前はかなり苦しみますか?個人差はあると思いますが、一般論でいいので教えてください。これは自殺ではありません。病死または自然死です。主治医も無駄な医療費かけずに死んだほうが良いといっています。その通りだと思います。

Aベストアンサー

はやければ、数時間から、2-3日でしょう。

通常健康体の人でも、自信などで、者に挟まって、出られない場合、24じかん、48時間、72時間、96時間が、目安です。貴方の場合、腎臓が機能せず、尿が作れない、意識混濁は、早いと思います。

Q2度目の米国渡航時のESTA申請

2回目のアメリカ行きのときのESTA申請はどうすればよいのか
教えてください。

1回目は、2009年12月に渡航し、
その際は、2009年11月にESTA申請しましたので
有効期限は2011年11月になっています。

有効期限内に2回目の渡航をする場合、
申請不要?
変更申請?
再申請?
のいずれでしょうか?

なお、パスポートには変更ありません。

Aベストアンサー

私も今年、春と夏の2回アメリカに行きました。

1、2回目それぞれ航空会社も宿泊先も違いましたが特にESTAの更新はしませんでした、でも普通に入国できましたし2回目のほうが指のスキャンが簡単になるので楽でした。

ESTA申請は有料($14)ですが、項目の更新は無料ですし義務ではありませんので2年間の有効期間内であればご自由にどうぞ。ただし必須項目(名前、生年月日、性別など)は更新できません。

>ESTAの有効期限内なら何度でも渡航可能です。

何度でも渡航が可能とは限りません、アメリカに入国出来るかどうかは入国審査官の審査によります。たとえESTAがあっても入国が保障されるものではありません。

たとえば最大90日間の滞在を繰り返せば入国目的を疑われますので、正当な理由が無いかぎり入国拒否になる可能性があります。

ちなみに次回入国時は、入国審査で出入国カードI-94wの提出は必要ありません。

QJR有楽町駅に喫煙所はありますか?

JR新橋駅ならSL広場にありますが
JR有楽町駅では見つけられませんでした。

新橋駅は港区、
有楽町駅は中央区だから喫煙所がないのでしょか?

中央区は路上喫煙が禁止だった気がします。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駅からはちょっと離れますが、
地上なら、数寄屋橋の交差点にあります。
たくさんの喫煙者が集まっているので、行けばきっとすぐにわかります。

駅に近い喫煙所だと、地下です。
東京交通会館、有楽町ビル(スバル座)、新有楽町ビル(1Fがみずほ銀行)、
新国際ビル(1Fが三井住友銀行)、電気ビル(1FがJALプラザ)の
それぞれ地下1階に喫煙スペースがあります。
あ、ここ半年のうちに廃止されていなければ、です。

たしか、23区は、内22区が路上喫煙禁止だったはずなので
中央区だから駅前にないってことでもないんだと思いますよ。
よく使う駅なら、周辺のビルもおさえておくと便利です(雨風にも関係なく吸えるし)。
エントランスの警備員さんに尋ねれば、だいたい親切に教えてもらえます。

Q新宿駅でJRから大江戸線新宿西口駅に乗り換え

タイトルの通り、中央線新宿駅ホームから、都営大江戸線の西新宿駅へ行く方法を教えて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=upTcptbLhJQ

の動画を観ても、よくわかりませんでした。
公式の画像を見ると、
新宿駅西口改札を出てから、北の方へ歩いていけば良いように思えますが、それで良いのでしょうか?
大江戸線への看板があると思うので、それを見ながら進めば良いでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 新宿駅西口改札を出てから、北の方へ歩いていけば良いように思えますが、それで良いのでしょうか?
> 大江戸線への看板があると思うので、それを見ながら進めば良いでしょうか?

タイトルどおり「新宿西口駅」でしたら、それで合ってます。JR新宿駅西口改札から、大江戸線・新宿西口駅へはとっても簡単です。

まず、JR新宿駅には「西口」と「中央西口」があります。
中央線ホームから西口へ行くには、上りでも下りでも、あるいは特急でも、いちばん三鷹・立川方面の、ホームの端のほうの階段を下りてください。
→降りたら左方向に進み、JR「西口」改札から出ます。
→改札を出たらすぐ右手方向に進みます。
→丸の内線と大江戸線への看板がやたらと見えてきます。
→10段くらいの階段を降りたら、すぐに丸の内線・新宿駅の改札が見えてきます。
→その改札を右手に見ながら、やや左手前方に進めば、大江戸線・新宿西口に行けます。
→あとは階段やエスカレーターでどんどん地下深く降りていきます。

万一、JR「中央西口」から出てしまったら、やはり右手方向に進めば、「西口」に行き当たりますのであとは同じです。

とにかく、西口を出たら右手方向へ、階段は降りる一方で上ることはない、と覚えておけば大丈夫です。

※リンクされている動画は、大江戸線の新宿西口駅ではなく、新宿駅に向かっているようです。参考にしないほうがいいです。

> 新宿駅西口改札を出てから、北の方へ歩いていけば良いように思えますが、それで良いのでしょうか?
> 大江戸線への看板があると思うので、それを見ながら進めば良いでしょうか?

タイトルどおり「新宿西口駅」でしたら、それで合ってます。JR新宿駅西口改札から、大江戸線・新宿西口駅へはとっても簡単です。

まず、JR新宿駅には「西口」と「中央西口」があります。
中央線ホームから西口へ行くには、上りでも下りでも、あるいは特急でも、いちばん三鷹・立川方面の、ホームの端のほうの階段を下りてください...続きを読む


人気Q&Aランキング