今回、弾塑性振動について卒業研究をすることになりました。
研究するに当たって、知っておいた方がよいことや、手順などを教えてもらえれば、大変うれしいです。
 よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

ここで質問するより,指導教官や先輩(いるかどうか分かりませんが)にアドバイスを


もらう方が先ではないかと思いますが...

あまり回答になっていませんかね.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFEM(弾塑性有限要素法)

弾塑性の有限要素法を理解してプログラムすることを目標に勉強しています。
「塑性力学の基礎」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4782840896/qid=1145008535/sr=1-18/ref=sr_1_0_18/503-1158100-5022339
という本が非常にわかりやすかったのですが、弾塑性、剛塑性のFEMについてしか書かれていません。

弾塑性の本も何冊か読んだのですが、非常に抽象的で理解できません。
具体的な演習を通して弾塑性FEMの原理を学べるような良書を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

確かに,弾塑性プログラムの演習となると,ほとんどないようです。探すのに苦労します。

少し古いですが,
有限要素法による構造解析プログラム,小堀為雄,吉田博,丸善(1980)

もっと古いですが,
有限要素法による構造解析プログラム考え方と解説,三木本茂夫,吉村信敏,倍風館(1970)

特殊ですが,
実践有限要素法大変形弾塑性解析,後藤学,コロナ社(1997)

などが,
持っておられるかもしれませんが,実際の構造体の解析について書かれていますので,演習に近いでしょうか・・・
ご希望と,ほど遠いかもしれませんが,私の所持しているものの中では,これくらいしかないようです。


「塑性力学の基礎」は,私も良い本だと思います。結構,参考になりました。

その他,内容を理解するのには,
ツィエンキーヴィッツ「マトリックス有限要素法」倍風館(1975)
鷲津他「有限要素法ハンドブック1基礎編2応用編」倍風館(1999),(1992)
はお奨めです。

基本的には,弾性力学や弾塑性力学関連の書籍を読み漁って,理論を理解しながら,一歩ずつ,自力で具体化するしかないようです。
因みに,私の場合は,弾性解析を完成させて完全に使える状態にして,弾塑性に変更しました。

確かに,弾塑性プログラムの演習となると,ほとんどないようです。探すのに苦労します。

少し古いですが,
有限要素法による構造解析プログラム,小堀為雄,吉田博,丸善(1980)

もっと古いですが,
有限要素法による構造解析プログラム考え方と解説,三木本茂夫,吉村信敏,倍風館(1970)

特殊ですが,
実践有限要素法大変形弾塑性解析,後藤学,コロナ社(1997)

などが,
持っておられるかもしれませんが,実際の構造体の解析について書かれていますので,演習に近いでしょうか・・・
ご希望と...続きを読む

Q入力の振動数と、固有振動数と、出力の振動数の関係

入力の振動数をf1
振動体の固有振動数をf0
出力の振動数をf2とすると

振動体が自由振動をするときの
この3つの振動数の関係を教えてもらえないでしょうか?お願いします

Aベストアンサー

自由振動する場合振動体は固有振動数で振動するので出力振動数は一定だと思います。すなわち常にf0=f2

先の回答者も述べていますが、問題が間違っているような気がします。それとも自由振動の意味を問う引っかけ問題なのかな?

入力振動数が関係するなら自由振動ではなく強制振動ということになりますので問題としておかしいです。

自由振動の問題ではなく強制振動の問題なら入力振動と固有振動の関係によって、振幅がどうなるかを問う問題になるのが普通ではないでしょうか?

例えば入力振動数をf1、振動体の固有振動数をf0、入力に対する出力の振幅比をf2とした場合の関係などと

参考までにこの場合、減衰がないとすると、関係がわかるのは(共振曲線などで検索すると出てきます)
f1=f0のとき出力振幅=∞
f1<<f0(f1が極めてf0に比べて小さいとき) f2=1
f1/f0=√2のときf2=1
f1/f0>√2のときf2<1

こんなことを共振曲線を説明させたかったのに、出題ミスをしてしまったような気がします。

Q炎に関する流体力学を、工学的にでなく理学的(基礎研究として)に研究している研究分野、研究室などをご存

炎に関する流体力学を、工学的にでなく理学的(基礎研究として)に研究している研究分野、研究室などをご存知の方がいたら、どうか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プラズマ物理ですね。主として磁気や電流と相互作用する流体を考えることになります。太陽風とかMDH発電とかトカマク炉とか雷とかで生じる現象の物理、という捉え方もできましょう。
 もっと素朴に、「ロウソクの科学」のひとつとして、浮力に駆動される流れ場を考えるとするならば、いろんな近似レベルで理論的モデルを拵えることができ、その安定性やら、燃焼との相互作用やらを理論的および実験的に研究する、という方向性だってあり得ます。アプローチの仕方によって、応用物理であったり、計算物理であったり、熱流体力学であったり、微分方程式論であったりすると思います。

Q振動について教えて下さい。 ビル管の過去問に 【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異な

振動について教えて下さい。
ビル管の過去問に
【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異なる。】という記載が有りました。
どれだけ振動する時間が継続しても振動の大きさは変わらないと思うのですが 何故、感覚は異なるのでしょうか?
時間が経過すると人が振動に慣れて振動を感じ難くなるという事でしょうか?

Aベストアンサー

まあ「感覚」と言われると、あまりまっとうな説明はできません。

地震で揺れている中では眠れませんが、電車や自動車の振動の中では心地よく眠れたりします。
「感覚」とはそんなもの。

「ビル管理」というカテゴリーで【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異なる】と書かれているのは、真意は著者に聞かないと分かりませんが、おそらく、意図としては「時間が経過すると人が振動に慣れて振動を感じ難くなる」とは逆の、一過性あるいは短い振動なら気にならないが、継続する振動は気になる(対策が必要)、というようなことかと思います。

例えば、1日1回短時間で開閉する電動扉の振動なら居住性に影響しないが、しょっちゅう動くエレベータの振動は居住性の障害になるなど。

Q塑性について

“一軸引っ張り試験からPCの引っ張り降伏応力を推定したところ65MPaであった。材料の降伏条件がトレスカとミゼスの場合についてせん断降伏応力を求めよ。また引っ張り試験において試験片の巾を十分に大きくとり、その巾方向の収縮を拘束した時の降伏応力はいくらか。”
という問題がありまして、前半部分は調べて分かったのですが、後半の、「また引っ張り試験において試験片の巾を十分に大きくとり、その巾方向の収縮を拘束した時の降伏応力はいくらか。」というのがわかんないんです。特に「巾方向の収縮を拘束した」ってどういうことか教えてください。

Aベストアンサー

PCとありますが、PC鋼線またはPC鋼棒のことでしょうか? 分野がよくわからないので見当違いかもしれませんが、

これらの材料でなくても、通常引っ張り力を加えると断面は小さくなります。
幅と高さをかけたのが断面ですから、幅も小さくなっています。

実際問題として、断面減少を拘束するというのはどのようにするのかわかりませんが、「巾方向の収縮を拘束した」とは、断面の減少は無視して、断面一定として降伏応力を計算しなさいと言うことだと思います。

ちなみに降伏荷重に達するまでは塑性ではなく弾性範囲ですので、塑性に達した場合は断面の減少は無視できないほど大きくなりますが、弾性範囲内では断面の変化は無視できる程度に小さく、断面一定で計算することはよくありますので(建築の鋼材について)、多分そういうことだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報