エチレンの作用を研究するときにエテフォン(エスレル)という物質を使うそうなのですが、どのような性質を持つものなのかご存じの方、教えていただけないでしょうか。また試薬のカタログをみると名前が載っていないのですが、入手する方法も併せて教えていただきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。

先程は失礼しました。MiJun さんの回答を参考に調べ直してみました。

インフォシ-ク(参考 URL)で「エテホン」または「エスレル」で検索しますといくつかヒットします。その中からいくつかご紹介しておきます。

・「タキイ種苗」の「たきい・用語検索」のペ-ジ
 http://www.takii.co.jp/yougo/e.html
 エスレル:生長調節剤の1種で,花数の増加や熟期の促進に効果がある。エスレルは植物に吸収されるとエチレンに変わる。

・「独立行政法人 農業技術研究機構 果樹研究所」→「果樹園における生育調整剤とその使用法」→「カンキツ」→「摘  果」→「エテホン」
 http://www.fruit.affrc.go.jp/kajunoheya/cyouseiz …
 エテホンについて,1.薬剤の説明,2.使用方法,3.使用上の注意,4.毒性,が載っています。

・「有機リン系殺虫剤」
 http://city.hokkai.or.jp/~satoshi/TOX/tox145.html
 エテホンが属する有機リン系殺虫剤について【作用の概要】,【症状の概要】,【治療の概要】等がのっています。

・「こうち農業ネット」→「栽培と畜産」→「果樹」→「果樹の用語集」→「その他」
 http://www.nogyo.tosa.net-kochi.gr.jp/saibai/kaj …
 「エチレン」の項目に,エチレン発生源の一つとしてエスレルがあがっています。


 なお,このものは「エスレル10」の名前で日産化学から市販されているようです。
 http://192.9.200.17:90/nscHP/products/index.htm

参考URL:http://www.infoseek.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。調べ方一つでこんなに多くの情報を得ることが出来ることを再認識しました。大変参考になりました。

お礼日時:2001/05/24 09:58

「Ethephon [16672-87-0] 」はないでしょうか?


「エテホン」

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「2-クロロエチルホスホン酸」

入手先ですが、少なくとも(他は調べてませんが)和光純薬にはあるようです。
https://www.siyaku.com/cgi-bin/gx.cgi/AppLogic+u …
(050-04961:商品コード?)

補足お願いします。

参考URL:http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/kisnet/hyouji. …

この回答への補足

回答ありがとうございます。参考URLからエテホンの構造や性質等がわかりました。
また入手先ですが、カタログを見た限りでは和光で見つけることは出来なかったのですが、紹介いただいたページで検索してみると確かにあるようですね。もう一度確認してみます。

補足日時:2001/05/24 09:54
    • good
    • 0

エチレンのどんな作用をどの様に研究するときでしょうか。

その名前をどこで目にされましたか。

お書きの「エテフォン(エスレル)という物質」はそれほど一般的な物質とも思えませんので,この点の補足をされた方が良い回答が得られると思います。

また,試薬のカタログに載っていないとの事ですが,「エテフォン(エスレル)」に間違いはないでしょうか。例えば,「エスレル ⇒ エステル」といった様な事はないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエチレンの発生量の計算

エチレンの発生量を測定したんですが、発生量が少なかったのでattenuationを変えました。attenuationを変える前と変えた後の発生量の平均値を出したいのですが、具体的な計算式を教えていただけませんか??

Aベストアンサー

まずこの質問を読んでもピンと来るまで理解できる人は、貴方と同じ領域の研究分野をしている人のみでしょう。
まず具体的な実験内容や研究内容の筋書きを入れなければ理解できません。
エチレンが何から由来するものなのか。
どのような分析器具を使っていて、どのような単位なのか等です。
質問に答えることは出来ませんが、上記のように具体性があれば、分析化学やそれに関連した方から回答がくるかもしれません。
私が知っているのは、植物のエチレンホルモンの研究をなさった方の論文や本を読んだ程度です。

Qりんごがエチレンガスを発生するのはなぜ?

『 ライフ>料理>その他 』での質問で、
 ・じゃがいもを保存する時、りんごといっしょに入れておくと、りんごが発するエチレンガスの働きで芽が出にくくなる。
ということを教えていただいたんですが、このエチレンガスというのは、りんごの中のどのような機構なり働きで発生するんでしょうか?
それと、そのようなエチレンガスは、りんご自身に対してはどのように影響するんでしょうか?
また、
 ・キーウイが硬かったらりんごと一緒に密閉容器に入れとくと早く追熟させられる。
ということも教えていただきましたが、これもエチレンガスの作用でしょうか?
そうだとした場合に、どのような機構でそのような追熟が進むんでしょうか?

Aベストアンサー

 植物特に種子植物の繁殖の根本になる質問になってきましたね。
 まず、果実中に種子を持つ植物は、その果実が動物に食べられることにより、
 1)その種子をいろいろな場所へ運んでもらえる。繁殖場所の拡大。
 2)たいていは糞と一緒に排出されるので、周りに養分が確保できる。
 などの理由により、美味しいほどよいのです。美味しいほど子孫繁栄の基となるのです。決して、人間本位ではありません。この理屈から言うと、種子が熟さない内に食べられては困る訳ですから、種子が熟した後に、果実が熟すという順になります。例えば、梅は青梅では青酸があり、毒ですが、熟すと青酸がなくなります。渋柿も青いうちはタンニンが水溶性で渋く、熟すとタンニンが不溶性となり甘みが多くなります。
 種保存の一手段として果実のある植物は「実を食べられ、種を残す」ことを行っているのです。

Qエチレン等の植物への影響

 非常にアバウトな質問ですいません。
 袋や容器に入った野菜が影響を受ける植物ホルモンの濃度は、どのくらいのオーダーなのでしょうか。
 例えばバナナを腐らせないためには何ppmで保存するべき、とか、果実を熟させるために、何ppmで処理するとか…
 実例とともに教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

キウイフル-ツの追熟処理に携わったことがありますので1例を。キウイの追熟には10ppmでも追熟するというデータもありますが、安定した結果を得るためには50ppm以上のエチレン濃度で処理します(温度との関係もあり)。また、リンゴのエチレン生成量はつがる等の早生種では50μl/kg/hr程度、フジでは10程度で、フジの貯蔵性が高いことから、鮮度を保つための濃度はそのあたりにあるのではないでしょうか(濃度は生成量と貯蔵空間で変わります)。なお、「1-MCP」というエチレンの活性を阻害する物質も、切花等では実用化されているので調べてみると面白いと思います。

Q果樹用のエチレンガスの販売先を教えてください。

渋柿やキウイフルーツを熟させるエチレンガス缶を買えるところを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.klchem.co.jp/blog/2010/12/post_1373.php
http://www.monotaro.com/g/00250913/

Q抗アレルギー作用のある食品

抗アレルギー作用のある食品成分や植物などを探しています。
もしわかる方いたら教えてください。

Aベストアンサー

カテキンには抗菌効果の他に、抗酸化、抗ガン、抗動脈硬化、血圧上昇抑制、抗虫歯、抗アレルギー、消臭など多くの機能性があることが実証されています。
  http://www.meisetudo.com/topics/cha2.html

モズクやコンブに含まれる食物繊維の一種のフコダイン
  http://www.slim-walker.com/products/products-08.html

メチル化カテキン
  http://plaza.rakuten.co.jp/mienya/3000

抗酸化作用のある食品成分
  http://hobab.fc2web.com/sub2-kousannkabutsusitsu.htm

抗アレルギ-、抗炎症剤としてもしられているプロポリス
   http://www.endo-yakuho.com/nissui4(gan-kaisei).htm

イチゴ由来の薬物代謝酵素阻害剤
   http://jstore.jst.go.jp/cgi-bin/patent/advanced/detail.cgi?pat_id=11973

調べればまだまだありますね.

カテキンには抗菌効果の他に、抗酸化、抗ガン、抗動脈硬化、血圧上昇抑制、抗虫歯、抗アレルギー、消臭など多くの機能性があることが実証されています。
  http://www.meisetudo.com/topics/cha2.html

モズクやコンブに含まれる食物繊維の一種のフコダイン
  http://www.slim-walker.com/products/products-08.html

メチル化カテキン
  http://plaza.rakuten.co.jp/mienya/3000

抗酸化作用のある食品成分
  http://hobab.fc2web.com/sub2-kousannkabutsusitsu.htm

抗アレルギ-、抗炎症...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報