プロが教えるわが家の防犯対策術!

どの第二外国語を専攻しようか迷っています。

ルームメイトが韓国人だったので少し韓国語が話せる(writingは全く出来ません)ので、韓国語を専攻しようかなと思っているのですが韓国語は就職に有利になるのでしょうか??

それとも、中国語、スペイン語、ドイツ語などのほうが就職には有利なのでしょうか??

第二外国語の勉強には力をいれるつもりです。

お手数お賭けしますが解答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中国語⇒次世代の大国。

日本の貿易相手国1位。1番可能性が高い

スペイン語⇒南米など結構世界で使われる地域が多い。大国・ブラジルのポルトガル語も近い。

韓国語は、ご存知だと思うんですけど意外と簡単ですよねw
日本は在日朝鮮人の方が多かったりとバイリンガルのメリットが持ちづらい、また韓国の市場が狭いのも難点です。が、頑張れば有利になると思いますよ。

あと(上達すればですけど)ロシア語やアラビア語はオススメです。日本で話者が少ないけれど
石油や外交を通じて関わりは深いからです。難点は難解であること・・・
また最低でも留学ぐらいしなきゃだと思いますけどね。

端的に言えば中国語が1番望みあります。
ただ意思疎通がきちんと取れるレベルじゃないと無駄は多いから留学等考えられないなら好きな言語の方がいいですよ。
(外交官も商社も同時に英語を見ますから英語力は必須です)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません
ご回答どうもありがとうございます。

今アメリカの大学生なので、これ以上留学は出来ないと思うのでやはり簡単な韓国にしようかなと思います!!

ありがとうございます!!

お礼日時:2013/03/14 13:06

英語以外では、これから日本企業が進出しそうな、経済成長が見込める国を探すことですね。

ビルマ(Myanmar)語はどうですか?歴史的にみても日本とは古い友好国でしたし、最近の民主化もビルマが成長株になると思いますよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A3% …

何語でも、卓越すれば役に立ちます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答どうも有り難うございます!!

大学の授業なので、ビルマ語がないんです...

はい!!やるからには、完璧に勉強したいと思います!!

お礼日時:2013/03/03 16:51

有利・・・・・



私にいせればどれだって有利になりますよ。
中国語なんかできる人がゴマンといるから、ちょっとくらいできたって別に大したことはないかもしれない。
一番いい例が英語で、日本では、ネイティブ並みに読む・書く・聞くができないと、「英語ができる」とは言わないでしょ?この間、履歴書に「英検二級」と書いて失笑をかっていた人がいました。
だから、逆張りで、勉強する人が少ない言葉を選んだほうがいいかもしれない、という方法もあります。
例えば、私のまわりでウズベグ語を勉強している人はいないですが、知り合いの会社でウズベキスタンで働く人探してましたよ。こんな場合、ちょっとウズベグ語ができるだけで、ウズベグ語を生かした仕事ができますね。

私の場合、お客さんがドイツの会社が多いので、ドイツ語勉強しとけばよかったなと思っています。
学校ではロシア語を選択したんですよね。これすごく良かったと思っています。前に仕事でポーランド語勉強する必要があって、ロシア語で習ったことが大分役に立ちました。
この間、あるお客さんの工場に行ったのですが、オーナーはドイツの会社ですが、その工場の一つがスペインにあるんですね。一緒にいった同僚はスペイン語が達者で、私はセンボーするしかなかった。
そういえば、この間興味がある会社がフランス語のできる人を探してたな。

私がお勧めするとすれば、基本自分が一番気に入ったもの。
どれでもいいなら、サイコロに韓・中・西・独とかいて転がして決めたらいいですよ。
2つ足りないな。じゃカード4枚でもいいや。
どれ勉強したって役に立つから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうも有り難うございます!!

言語を使ったお仕事をなさっているようで憧れます
大学の授業なので、勉強する人が少ない言語がないのが残念です...

そうですね、1番気に入った言語を選びます。

お礼日時:2013/03/03 16:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポルトガル語を使った仕事ありますか?

私は高校を卒業してからブラジルにサッカー留学をして、プロにはなれなかったのですがポルトガル語が話せるようになりました。それで今は、ポルトガル語を使った仕事を探してるのですけどなかなかみつかりません。どのように探せばいいか教えて下さい。あとどのような仕事があるか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

率直に言ってポル語での就職は厳しいでしょう。大企業では英語の出来る社員をブラジルやポルトガルに派遣してポルトガル語を学習させたり、外国語大学のポルトガル語科卒業生を採用しています。

国内には20万人を超える日系ブラジル人が働いているので、通訳等の需要があるかもしれませんが、ほとんどボランティア的な仕事ではないかと思われます。生計を立てるためにはポルトガル語は趣味として残し、仕事を探すべきではないでしょうか。

海外青年協力隊に応募しブラジルで二年間ぐらい今度は社会人としてポルトガル語を磨くと共に、帰国後の就職活動(勉強)をする手もあります。ただし、アフリカにもポルトガル語を国語とする国があるので、そちらに派遣される可能性もあります。また隊員になるには特技や専門が要求されます。(日本語教師、農業・漁業指導、各種スポーツ指導、科学、化学の先生など)あなたの場合はサッカーが特技として認められるかも知れません。アジアでは東チモールの公用語がポルトガル語です。アフリカでポル語を公用語とする国:アンゴラ、モザンビーク、カーボ・ベルデ共和国、ギニア・ビサウ共和国、sントメ・プリンシペ民主共和国。

協力隊とは別にダメもとで市役所の国際協力部門やハローワークにポルトガル語を生かす仕事で登録をして気長に待てばチャンスがあるかもしれません。なお、ポルトガル語を職業に生かす場合、相当のレベルと実践力が要求されますので勉強は続けた方がよいでしょう。(現地で覚えたから多少出来るぐらいでは給料は貰えないと思うべきです)

率直に言ってポル語での就職は厳しいでしょう。大企業では英語の出来る社員をブラジルやポルトガルに派遣してポルトガル語を学習させたり、外国語大学のポルトガル語科卒業生を採用しています。

国内には20万人を超える日系ブラジル人が働いているので、通訳等の需要があるかもしれませんが、ほとんどボランティア的な仕事ではないかと思われます。生計を立てるためにはポルトガル語は趣味として残し、仕事を探すべきではないでしょうか。

海外青年協力隊に応募しブラジルで二年間ぐらい今度は社会人として...続きを読む

Q韓国語を勉強して、これからの就職活動に生かしたいです。

韓国語を勉強して、これからの就職活動に生かしたいです。

出身は岐阜です。就職活動を岐阜を中心にやりますが、福井、岐阜、三重、滋賀、名古屋で韓国語を生かした仕事をできる企業はないでしょうか?とはいっても、韓国語を仕事のメインにとは考えてはいないです。

時代の流れで、中国語のほうが良いですが、僕には、韓国人の彼女がいます。将来、結婚も視野に入れてます。まだ、大学生で、どんな将来になるかは分かりませんが、韓国語を覚えるには容易な状況にあります。

Aベストアンサー

仕事でのメリット、は日本に居るならあまりないと思います。
韓国ででしたら日本語が出来るということでまだ使えます。
ビジネスよりも奥様になる方の母国語がわかるというメリットは絶大かと思いますが。
もしも彼女さんが日本語X、英語で意思疎通とかだったら質問者さんの親御さんはかーなーりストレスかと思います。同じように娘婿と会話が出来ないって言うのはあちらの親御さんにしたら厳しい...

Qフランス語とドイツ語どっちがいいですか?

今年から大学で第二外国語勉強するのですが、
わけあって、後に英語とともに、フランス語かドイツ語の試験(卒業など学業には関係ない)を受ける必要があります。
試験に受かる事だけを考えて勉強しやすい(簡単)なのはどちらでしょうか?

それぞれについて長所・短所など些細な事でも構いませんので、なんでも教えてください。
失敗談や苦労する点なども教えていただけると非常にありがたいです。

Aベストアンサー

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、それはほとんどの場合文法の間違いと認識されるだけで、意味は通ることが多い。ドイツ語でやっかいなのは文法が意味の伝達で非常に重要だということ。たとえば「私に猫がおもちゃの好きです。」と言われたら、真意を探るのにかなりの推理力がいります。ドイツ語では名詞の性や格を間違えるだけでこのような間違いが頻発します。

口頭や論文試験ならどちらでもいいと思います。文法の些細な間違いがその答えをまるごとばつにされる設問が多いような試験なら、↑のようなことを緻密にこつこつ覚えれる性格の人じゃないと苦労すると思います。私はそういう性格じゃなかったので、新聞くらいなら読めますが、この間センター試験を遊びでやってみたら、読解以外は全滅でした。フランス語に接した時間も同じくらいかと思いますが、そちらの試験はまあ大体できました。

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、そ...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q新卒就職活動(外国語は何語をアピールすべき?)

こんばんは。
現在就職活動中の大学4年生です。
以下、私がいくつか英語以外の外国語を学び、他の言語を以下のようにアピールしようと思ってます。(主に外国語資格欄、自己PR(約30ヶ国の人々の中で交流して培ったチャレンジ精神と複数言語力をさらに磨いて貴社に貢献したい))
しかし、全部入れると「外国語マニア?」「帰国生でもないのに異常?」「外国語以外に興味ないの?」と思われてしまうかもしれないので、いくつかの言語に絞ろうと思っています。
●英語(英語圏大学留学、TOEIC900以上。チャレンジ精神、粘り強さをアピール)
■フランス語(3年間学習、3級レベル。土曜日も授業に参加し高める。フランス人ビジネスマンと交流。向上心アピール)
■ロシア語(1年間学習。日本ロシア交流会を企画。異文化の中での企画力アピール)
■ドイツ語(高校時代2年間学習。スイス人の指導のもとスピーチコンテストに挑戦(応募で終わり。)
ただし、エントリーシートやPRは、ゼミ活動、アルバイトや留学先のことについてで80パーセント程です。今後受ける予定の企業は、銀行(国際部志望)、大学職員(国際交流課志望)、メーカ(海外営業希望)です。
その「企業への志望」、特に「国際」に興味ありとしています。
又、これらの言語が活かせる場があればお教え頂ければと思います。。翻訳会社、語学学校など。。。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
(参考)
Q1 どうしてこの言語を選んだの??
(将来ビジネスに役に立つと思いました。具体例)
Q2 どうしてこんなに外国語を学んだの?
(好奇心が強く、又、国際交流を通してやりたいよいう思いを持ちました。)
Q3 結果どうなりました?
(異なる言語や文化に抵抗を持たなくなりました。時間を大切にするようにしました。)

こんばんは。
現在就職活動中の大学4年生です。
以下、私がいくつか英語以外の外国語を学び、他の言語を以下のようにアピールしようと思ってます。(主に外国語資格欄、自己PR(約30ヶ国の人々の中で交流して培ったチャレンジ精神と複数言語力をさらに磨いて貴社に貢献したい))
しかし、全部入れると「外国語マニア?」「帰国生でもないのに異常?」「外国語以外に興味ないの?」と思われてしまうかもしれないので、いくつかの言語に絞ろうと思っています。
●英語(英語圏大学留学、TOEIC900以...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
外国語関係の専門家ではないのですが、そして就職先の状況に応じて異なるのでしょうが、正直、英語以外の言語をこのように積極的に持ち出さなくてもいいのではと思います。
第二外国語に多いヨーロッパ語3種で、揃ってここに書かれている習得状況では、それほど魅力はありません。国際交流からビジネスに役立つ外国語というならばスペイン語・中国語・アラビア語などを出してこないのは何故かと感じます。
寧ろ絞ったりせず、まずは英語力を強く押し、さらに多言語環境でも怖じずにコミュニケーションがとれ、企画を行った経験があること(とくに仏露独語などは学習して先方の母語で会話した)、つまり新たな言語を習得し一定のレベルに仕上げる能力が(これからも)あり、そんな耳と舌の良さ、異文化に対する抵抗が少ない点をこそ主張すべきでは。

womenさんは実際には非常に努力されており、いろんな能力を高いレベルで保持していらっしゃるのでしょうが、ここに書かれた内容を初見でとると個人的にはこのような感想になります。ご参考までに。


人気Q&Aランキング