[l]と日本語のら行の区別が難しいです。

[l]は歯茎側面接近音。舌端と歯茎で舌の中央に閉鎖を作り、、舌の両脇から空気を通すことによって生じる音。

[ɾ]歯茎はじき音。舌端で歯茎を軽く弾くことによって生じる音。

[l]も弾かれてしまい、どのように発音するかよくわからなくなります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

定義というか、音の出し方は質問文にあるとおりですので問題ないと思います


英語での側音は/l/だけです ただほかの言語では摩擦音があったりして、非常に特徴的な音を出します(イギリスのWelshなんかはそうですね "ll"とlを二つ重ねてspellingする単語はそういう発音をするしるしです)

[ɾ]はcentral音です 
本来、音の表し方については、このcentralとlateralを含めなければいけないんですが、central音は一般的な発音なので、あえて表現には含めないことが常です
他の部分も省略することが多いです

英語の場合、[l]は"latearl"だけで十分です 
(正しくは、voiced alveolar lateral oral approximantです)
[ɾ]は、voiced alveolar central oral tapです
(oralというのはnasal(鼻音)と区別する時に使います)

これだけでも[l]は特殊な音だとわかります(でも[ɾ]も特殊なんです IPA chartを見ればtap音というのは3つしかない だからtap音というだけで[ɾ]との理解に至るケースが多いと思います)

さて発音のコツですが
定義にあるように「舌の両脇から空気を通す」ことが大事です
私たちの「ラリルレロ」は子音と母音を一緒に発音するイメージがありますが
[l]はこの「舌の両脇から空気を通す」部分でほんのちょっと時間をとってやります
そして、通ったなと思ったら母音を出してやる、というやや意識的なタイミングをとってやるとうまくいきます そして母音を出したと同時に自然に舌を離す
出てくる音は日本語の「ラリルレロ」よりもベタッしただるーい音になります

口もだるーく半開きですし、舌にも力が入りません
/la/をカタカナで表現すると「(ウー)ア」という感じでしょうか((ウー)の部分が[l]で舌の両脇から空気を通している部分です)

Britishの発音をする人に多いですが、gentlyやclearなどの[l]はfricativeっぽい音になっている人が多いですね これはBritishの発音の多くはきちんと[t]や[k]を発音する人が多く、この直前の[t]や[k]のstop音(=plosive)に影響された結果だと思います
    • good
    • 0

  #2です。

補足です。

    発音記号 l と r の区別は舌の動きの有る無しで決まります。 と書きましたが、もう一つ違いがあります。

    それは l は動きがないので、いくらでも続く「持続音」ですが、「弾き音」の r は、短時間の一回きりで終わりになります。「ラ行子音」の範囲には、「持続音」の l も、「弾き音」の r も入ります。 

    僕は、生まれた時からラ行音に「弾き音」を使っていますが、日本語ネイティブで l を使う人も可成りおいでです。

    日本の歌手に l で歌う人が多いのは、持続音だと声が長く続くことと、ある種の「甘さ」が出せるため、l を使うように指導されているのではないかと思う節があります。

    カラオケなどで広がり、慌て者の外人には「何だ日本語のラリルレロは l だよ」と言うのまで出てきているようです。

>>[l]も弾かれてしまい、どのように発音するかよくわからなくなります。

  とおっしゃっていますが、弾きますと r の領域に入ります。
    • good
    • 0

1。

  L の一番大切なことは、舌の動きが無いことです。
    服部四郎『音声学』(岩波1984)のp。81には「舌尖が口むろ天井部の正中線上のいずれかの部分に密着し、その両側から呼気子流れ出て生ずる音を舌尖側面音と言う」とあります。

2。  「ラ行音」は、おっしゃる通り、「弾く」という舌の動きが発音の鍵です。
    舌を動かすといろいろ種類のある R の一種になります。


    ですから区別は舌の動きの有る無しで決まります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qyttrium ionの不定冠詞はaですか?それともanですか? 単語の最初の発音記号がこれの時はa

yttrium ionの不定冠詞はaですか?それともanですか?
単語の最初の発音記号がこれの時はa、これの時はanと説明されているサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

まず原則は「母音で始まれば an, 子音で始まれば a」で, 日本語化した発音でもだいたいわかる. ただ [ji] や [wu] という発音は日本語化すると「イ」や「ウ」になるんだけど, これらはどちらも「子音で始まる」ので a とするのが正しい. というわけで
an ear
a year
となるのだが, 正直言って自分で ear と year を区別できるとは思えない. yttrium は日本語で「イットリウム」というのでこれでは区別できないんだけど, 英語ではすでにあるように母音で始まるので an.

書くときには気にしなくてもいいけど実は「本当は a なんだけど an でも許される」場合もあったりする... が省略.

Q[tl]と[dl]の発音方法

[tl]と[dl]の発音方法

littleやmiddleの発音で困っています。

(1) [təl]で発音

一番簡単でありながらイギリス英語、アメリカ英語両方で使われない。
表記通り中段中舌母音を母音とする[tə]を発音し(舌端を離して)[l]を発音する(舌端をつけ)。

(2)[tl]で発音

(a)
表記通り[t]を発音し(舌端を離して)[l]を発音する(舌端をつけ)。
イギリス英語に多い。

(b)
一方アメリカ英語では[t]を破裂させない。しかし、ただ破裂を伴わない[t]で発音すると、
littleは「リッゥ」のようになる。違う。破裂音[t]が歯茎はじき音[ɾ]になる。
つまりlittleは[lɪɾl]と発音する。[ɾ]で歯茎をはじくので舌端は離れる。
ちなみ[tl]と[dl]の区別はつかなくなる。littleは「リルゥ」、middleは「ミルゥ」である。

(c)
この質問サイトやほかのサイトで書かれている方法。
[t]で舌端とその両側を歯茎につける。(ここでまずおかしい。[t]は舌端しかつけない)
そして舌端を歯茎につけたままその両側だけを離し破裂音を出す。そして[l]の発音をする。
やってみたが「チュゥ」のような音になる。littleなら「リチュゥ」、
middleなら「ミヂュゥ」のようになる。一部地域ではこのような発音が使われているのか?
参考書などでも見たことがないし、発音を確認できるサイトでもこのようにはなっていない。

ここで質問です。

1.アメリカ英語で[t]と[d]が歯茎はじき音[ɾ]になるのは正しいですか?
2.歯茎はじき音[ɾ]になるのはどのような場合ですか?[l]の前だけではなく、他でもなるようです。
writer[ɹaItɚ]は[ɹaIɾɚ]になる。riderとの区別がつかなくなる。
3.ネットで見られる(c)は正しいのか?

よろしくお願いします。

[tl]と[dl]の発音方法

littleやmiddleの発音で困っています。

(1) [təl]で発音

一番簡単でありながらイギリス英語、アメリカ英語両方で使われない。
表記通り中段中舌母音を母音とする[tə]を発音し(舌端を離して)[l]を発音する(舌端をつけ)。

(2)[tl]で発音

(a)
表記通り[t]を発音し(舌端を離して)[l]を発音する(舌端をつけ)。
イギリス英語に多い。

(b)
一方アメリカ英語では[t]を破裂させない。しかし、ただ破裂を伴わない[t]で発音すると、
littleは「リッゥ」のようになる。違う。破裂音[t]が歯...続きを読む

Aベストアンサー

ビデオ見た方がいいです
ただ、[t]と[l]だけです(ビデオの中には望んでいる発音がいくつかは出てくると思います)
あとはご自分で

レイチェルさんのビデオを私は気に入っていますが、ただしこの人の発音も全てとは思いません
thanksを[θeInks]と発音したりしている これは標準とは思えない
その他にluckilyも[lʌk(ə)li]と発音してます
"標準"的には[lʌkIli]でしょう だからこの人もある地域というか、あるグループの人らの発音をしているのであって、"全ての"アメリカ人の発音を代表しているわけではないです

あと、ntのケースで[t]が[n]の音にassimilationすることについては、"lazy pronunciation"と言ってます だから日本人が習得すべき発音ではないです
ただリスニングのことを考えれば知っておく必要があるでしょう

T pronunciation
http://www.youtube.com/watch?v=iZ8p85NRAsI

これは同じ人が2種類、littleを発音しているものです
http://www.youtube.com/watch?v=A2mAFnCKhnY

この人もいい説明してます
http://www.youtube.com/watch?v=UokEzsoOAyg

レイチェルはtの音を[d]を使って説明してますが、この人はflapは「[t]ではないが[d]でもない、soft [d]かfast [d]」だと言っています つまり[ɾ]のことなんですが、IPAで表記すれば済むものを、違う方法で説明するとこんな風になってしまう(つまり、色々説明しなきゃいけない)いい例です
ただし、この人はflapというよりは、まさに[d]に近い発音をしてます(こういうのも、個人差や地域差です 全てと思わないことです 逆にいうと、[ɾ]も全てと思わないことです)
だから、カタカナを使うのではなくて、IPAを見ただけで"こういう音だ"という認識を持てないとIPAの意味が全くないんです

あとは[l]のおまけです
http://www.youtube.com/watch?v=pejo6YC_BnM

Light LとDark Lの2つ説明してますが、あまりDark Lに深入りする必要はないです
全ての人がDark Lを使っているわけではなく、"多くの人が"という表現になるからです
ですから、繰り返しですが、レイチェルさんを全てと思わない方がいいです

そしてこのレイチェルさん、IPAにはLの表記がひとつしかないと言ってますが、ちゃんとありますよ
Dark L は [ ɫ ] です

舌の位置とかは、ビデオからご自分で確認してください

ビデオ見た方がいいです
ただ、[t]と[l]だけです(ビデオの中には望んでいる発音がいくつかは出てくると思います)
あとはご自分で

レイチェルさんのビデオを私は気に入っていますが、ただしこの人の発音も全てとは思いません
thanksを[θeInks]と発音したりしている これは標準とは思えない
その他にluckilyも[lʌk(ə)li]と発音してます
"標準"的には[lʌkIli]でしょう だからこの人もある地域というか、あるグループの人らの発音をしているのであって、"全ての"アメリカ人の発音を代表しているわけではないです

...続きを読む

Q英語の発音記号の日本語での表記(読み方)について

目の不自由なかたのために、本を音声ファイル化をボランティアにてしています。
いろいろな小説やエッセイが主です。
その中に、英語の発音記号が出てきました。日本語にて表記またよみを付けるのには
どのようなことばが適当でしょうか。また、過去にそのような表記をされた資料などがあれば
ご教授お願いできませんでしょうか。

ちなみに、発音記号は ηという記号です。KINGなどの発音を表記する1文字です。

Aベストアンサー

地の文かセリフに ŋ が入っているということでしょうか。

「キングの綴りはKING」なら「きんぐのつづりはけいあいえぬじー」となりますが、文字としての ŋ には「エング」という読み方があるものの普通に知られているとは言えず [kiŋ] を「けいあいえんぐ」と書いたところで分からないでしょう。

小説やエッセイで ŋ が出てくる場面が想像できませんが(もっとも日本の文章は何でもありですが)、たとえばこの回答の一行目なら「じのぶんかせりふに えぬじーのおとをあらわすきごう がはいっているということでしょうか」とでもした方が、原文とは離れるものの分かりやすいと思います。æ(アッシュ)なら「catなどの母音(きゃっとなどのぼいん)」でしょうか。
そういう文脈があるとすればもともと音読してもらうことを意図しているとは考えられないので、文字をそのまま読むより何らかの工夫で文意を伝えるようにするべきです。

ちなみに#3の方の言われるのは文法書や言語の入門書などの場合です。

(もしかして、ですが ŋ ではなく η ということはありませんか。これはギリシア文字で名前は「エータ」または「イータ」です)

地の文かセリフに ŋ が入っているということでしょうか。

「キングの綴りはKING」なら「きんぐのつづりはけいあいえぬじー」となりますが、文字としての ŋ には「エング」という読み方があるものの普通に知られているとは言えず [kiŋ] を「けいあいえんぐ」と書いたところで分からないでしょう。

小説やエッセイで ŋ が出てくる場面が想像できませんが(もっとも日本の文章は何でもありですが)、たとえばこの回答の一行目なら「じのぶんかせりふに えぬじーのおとをあらわすきごう がはいっているというこ...続きを読む

Q発音記号 [ŋ](エング)

発音記号[ŋ](エング)はウィキペディアには

有声軟口蓋鼻音
後舌と軟口蓋で閉鎖を作り、口蓋帆を下げて呼気を鼻へも通すことによって生じる音。

とありますが、よく参考書などで「ング」と表記されますが、この「グ」はなんですか?
軟口蓋に後舌をつけて「ん」だけでよくないですか?

自分の推測では、

まずmを使って説明。

mは両唇を閉じて発音しますが、発音して開いても開かなくてもいいです。(DVDで確認)
開くと、なんというか、「ンマッ」みたいな「ンムッ」のような”自然な音”が伴います。
ですのでより「ム」っぽくなります。閉じたままだと「ン」に近い。

エングもそれと似たようなものだと思います。
軟口蓋に後舌をつけて「ン」だけでも良いが、舌を軽く離してやると「グ」のような音がでる。
出さなくてやめても別に良い。

でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>疑問 「グ」が鼻から抜けて行く音なのか!?「ン」じゃないの!?
ウィキペディアには口蓋帆を下げて呼気を鼻へも通すことによって生じる音。
とありますが、「ン」と発音している時に通すのではないのでしょうか・・・

はい、「ン」の時に鼻に通します

>あとウィキペディアにも疑問ですが”鼻へも”ってなんでしょうか?
呼気は口に通っていたんですか?自分は鼻音なんで鼻からしか出してないんだけど。

はい、鼻からしか出しません
wiki確認しました 「へも」は変ですね(他の箇所でも、どうかなーと思うのはありました ま、wikiですから笑)

後述の発音の仕方もその内容でOKです

ここまでご理解しているのであれば、私の心配とかは必要ありませんでしたね

QExperienceの発音記号で、アクセントがあるiの後の、eが斜め逆

Experienceの発音記号で、アクセントがあるiの後の、eが斜め逆さになった記号は、発音記号の本にも載ってないようなのですが、これは何なのでしょうか?
Seriesという単語では最初のiの後に来てます。

Aベストアンサー

基本的に発音記号で斜体(イタリック)になっているのは省略されることがあるということです。
今回は e の逆であるあいまい母音の「ア」があってもいいし,発音されないこともある。

Q英語のスペルと発音の関係ですが、sayを[sei]と発音しますが3人称

英語のスペルと発音の関係ですが、sayを[sei]と発音しますが3人称単数ではsaysを[sez]、過去形saidを[sed]と発音します。例外ですませれば簡単なのですが、aは元々すべてanで後ろに子音から始まる単語は発音しづらいからaに変化したと大学時代に習いました。何か歴史的な理由があると思います。どなたか英語史に詳しい方、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

これは例外という以外の説明はつかないと思います。歴史的にさかのぼると

古英語で saegth [saejθ], saegde [saejde](ae は綴り、発音記号ともつながった文字と考えてください。th に相当する古英語・中英語の文字は th で代用しておきます。不定詞・一人称単数・複数はそれぞれ secgan, secge, secgath で cg は bridge の dg のように発音します。この発音はすぐに二、三人称の g [j] に統一されました)

中英語で seyeth [sei(j)eθ], seyde [seide]

いずれも [ei] ないし [ej] で、短母音で発音されたことはありません。中英語期は正書法のようなものは厳密にはなく、書き手によって違いがありますが、それでも各々が発音をなるべく正確に写そうと工夫したもので、[seθ, sed] と読める綴りはありません。近代英語になり徐々に三単現は s に置き換わるようになりましたがやはり [e] と明確に読ませるような綴りはありません。これはつまり発音がいつ頃 [e] になったのかを特定するのがほぼ不可能ということです。

ここで、今では古文体専用となった thou に対する形を見ると

thou sayest / sayst

の2通りの綴りがあります。これらは [seiist / seist] であり [sest] という発音はありません。古英語・中英語でも saegst[saejst], sey(e)st[sei(je)st] で [e] ではありません。
大昔から、現代において古文として読むときまで [sest] と発音されたことはないことになります。

綴りに目に見える変化が現れれば、大体そのころ発音の変化が起きたことが想像がつきますが、変化がない場合時代を特定するのは非常に困難になります。録音が可能になってからの変化であれば辞書に古い発音として載ることもありますが、それすらないということはそれ以前にはすでに変わっていたということです。again(st) の gai が [ge, gei] ともに発音されることはご存知と思いますが、これも同様にいつ変わったのかよく分かりません。

このように、いつ変わったのかは特定不可能ですが、「なぜ」変わったのかのヒントになりそうなことはあります。ただしそれについて書かれた文圏を見たことがありませんので、あくまで推測です。
それは says, said の「弱形」の存在です。一般的な動詞はアクセントを持たないときも発音が大きく変わることはありませんが、say, said は直接話法や that 節を導入する際、ay/ai の部分がほとんど曖昧母音になることがあるそうです。これはあくまで現代語の場合ですが、昔 [seiz, seid] が通常の発音だった頃、弱い形として二重母音が短母音になったことがあるではあるまいか。そしてこれが標準的な発音にとって代わったのではないか、と想像することができます。

says/said の弱形については記載していない辞書もあるかと思いますが、参考にした岩波英和大辞典には記載があります。

なお、
>anで後ろに子音から始まる単語は発音しづらいから
冠詞はアクセントを持たないという点が重要です。n と子音が接触することよりも an にアクセントがないと *an man が ほとんど 'n man のようになり語頭に不自然な子音結合ができるので、これを避けることを選択するようになった結果です。冠詞にアクセントがあると不自然さはありませんが、an man のような言い方は結局廃れ a [ei] man となりました。

これは例外という以外の説明はつかないと思います。歴史的にさかのぼると

古英語で saegth [saejθ], saegde [saejde](ae は綴り、発音記号ともつながった文字と考えてください。th に相当する古英語・中英語の文字は th で代用しておきます。不定詞・一人称単数・複数はそれぞれ secgan, secge, secgath で cg は bridge の dg のように発音します。この発音はすぐに二、三人称の g [j] に統一されました)

中英語で seyeth [sei(j)eθ], seyde [seide]

いずれも [ei] ないし [ej] で、短母音で発音され...続きを読む

Q日本語のアクセント記号をタイプできるものをご存知の方

私は普段、ワードに発音記号をタイプする時は、これを使っています。

http://archive.phonetics.ucla.edu/Language/ipa-pop-up-2.html

しかし、これには日本語のアクセント辞典等で使われている高低アクセントの横棒をつける機能がありません。

日本語を発音記号で表記する時に、アクセントも表記できるソフト等(無料w)をご存知の方がいたら、是非教えていただけませんか?

Aベストアンサー

その発音記号はIPA(国際音声記号)ですね。日本語のアクセント表記とは別物なのでなくて当然です。

アクセントの横棒というものがどういうものが分からなかったので検索してみたのですが、
http://www.dcaj.org/bigbang/mmca/works/04/04_033.html
ここにあるような上線でよいのでしょうか。
でしたら、少々煩雑ですがフィールドコードの編集で可能なようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413444019?fr=rcmd_chie_detail

なお、IPAのアクセント記号を使う手もありますが、日本語の文字列の中にIPAを混ぜるのは不自然ですね。

Q英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。 発音博士というアプリを使用して英語の発音の

英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。
発音博士というアプリを使用して英語の発音の勉強を
しています。
別にsiriでも構わな位のですが、clerkという単語を発音しても絶対にrと認識されます。
*発音博士というアプリでは自分の発音をアプリ側が
認識した発音記号を提示してくれます。大体rrってでます。

サイトで何度もlの下の動きを確認したり、youtubeでもみました。前歯の付け根に下をつけて発音など。
また自分でも色んの位置に舌先を持ってきたりいく通りもの発音をためしましたが、だめです。。
もともとの滑舌のせい?!
こう発音したらlと認識するよ!っていうのがあれば是非ご教授願います。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クラークのクを、くぅと発音せずに、短くkと言って、kの続きにエル(L)を発音できているでしょうか
klです
その次は、ゥぁー音です ゥぁーRです

ロンドンは正しく発音できますか

everybody loves raymondは正しく発音できますか

Q発音記号 あ について

発音記号の発音の仕方について 違いをご存知の方 教えていただけないでしょうか?

about の発音記号で最初の音は「a」の位置の記号(発音記号がかけないので)は「あ」と発音しますよね?

でも 「animal」の発音で、「ni」の位置の発音記号に about の aの発音が使われてるのに、ア「ニ」マルと発音しますよね?

どうして同じ発音記号なのに、発音が違うのでしょうか?

ご存知の方、教えていただけないでしょうか?
#発音記号がかけないので うまく説明できなくてすみません。

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これはaに問題があるのではなく、iに問題がある、と書いたら怒りますか?

これは、日本での英語教育の中の発音と言うものをもっと大事にしなくてはならないのにほとんど無視している点が顕著に現れたものの例だと思います。

カタカナ、この一言で気がつく人が英語を使われている人にはぴんと来ることだと思います。

ローマ字を習い、いかにもローマ字が日本語ではないように扱われ、英語のクラスで使われている辞書ですらカタカナが発音記号の代わりに使われているわけですから。

このローマ字が曲者なのです。 あいうえおをaiueoとしてしまい、aiueoをあいうえおと発音すると教えるわけです。 ここまではまったく問題ないのです。

問題は、英語のはじめの授業で「ローマ字は忘れろ!!!」と教えないところにあるのです。

animalはアニマルとなってしまうのです。 もっと悪いことに和製英語というおかしな英語が日本に存在するのです。 外来語、としておけばまだよかったのでしょう。

その和製英語の中にコンビネーションと言うものがありますね。 combinationからきたものですね。 このbiも「ビ」ではないのです。 (もちろん、イギリス訛りではなくアメリカでの英語ではこのconが「コン」ではないですね。 つまりOがオではないわけです)

カタカナを使うな、と言いながら、ここではこれしか表現方法がないので仕方ないですのでお許しください、カンバネーションに近い発音となるのです。

よって、アメリカではほとんどの地域でaboutのAとanimalのIは同じ発音となります。 iは「ア」に近い発音を持つアルファベットだということをこの機会に覚えておいてくださいね。

これは南部の州ではIをほとんど「アイ」と発音しません。 「ア」ないし「アー」になります。 私がここに来るまえに日本で「うち」の前にコカコーラ本社から来た人が住んでいたのですが、その奥さんはさすが(本社はアトランタにあります)アトランタから来た人で「アイ」と発音すると直されたのを思い出しました。 日本での英語教育に「洗脳されていた」私の頭が混乱に混乱を続けたのかご理解できると思います。 <g>

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これはaに問題があるのではなく、iに問題がある、と書いたら怒りますか?

これは、日本での英語教育の中の発音と言うものをもっと大事にしなくてはならないのにほとんど無視している点が顕著に現れたものの例だと思います。

カタカナ、この一言で気がつく人が英語を使われている人にはぴんと来ることだと思います。

ローマ字を習い、いかにもローマ字が日本語ではないように扱われ、英語のクラスで使われている辞書ですらカタカナが...続きを読む

Q[だが] [ですが] [だけど] を英語に?

[だが] [ですが] [だけど] を英語にどのように表現ですか?

Aベストアンサー

これらの助動詞は、日本語の文章で、活用の仕方が異なるので、一概に逆説の意味を表す単語(例えばbut,nonetheless, albeit)だけで収束させるのは危険です。例えば、"これは、日本では一般的な習慣となっていますが...,”というように、逆説の意味をなしてない場合でも、日本語の語呂で自然と使われます。これを逆説を表す英語にすることはできません。論理的におかしくなるからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報