太平洋戦争は、無謀な戦争だったというふうに言われることが多いのですが、この考え方に疑問があり質問しました。
 最初から無謀だと思っており、勝てないけど、アメリカのやり方(ABCD包囲陣等)に我慢ができず、やむなく戦争になったと僕は認識していたのですが、実は違うのではないか、十分勝ちに行く予定で戦争したのではないかと考えております。
そのように思ったきっかけは当時の日本の太平洋地域の海軍力は下記のようにアメリカを若干上回っており、航空兵力は完全に日本が上回っていたからです。

海軍戦力の比較(太平洋配備、1941年時点)
戦艦・戦闘巡洋艦 日11米 9英 2
航空母艦 日8米 3英 0
重巡(20cm砲以上) 日18米 13 英1
軽巡(15cm砲以下) 日23 米11英 7
駆逐艦 日129 米80英 13
潜水艦 日67 米56英 0

上記の海軍戦力だけを比較した場合、米英とは十分戦えるし、ドイツの快進撃もあり、アメリカを東西からはさみうちにし、十分に講和にもっていけると判断しても不思議ではありません。しかも、アメリカはドイツとの戦争もあるので大西洋にも戦力をさかざるおえず、太平洋にはこれ以上の戦力増強は当分ないという考えも成り立ちます。
ですので、戦争するという決断自体は間違っておらず、本当の間違いは、戦争のやり方、終わらせ方に問題があったために敗戦したという考えも成り立つと思いますがどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中1~10件)

>太平洋戦争は本当に「無謀」な戦争だったのか?



回答・・・いいえ。
戦争ですから絶対勝てるとは言いませんが、それなりに勝算はあり無謀とまでは言えないと思います。

>最初から無謀だと思っており、勝てないけど、アメリカのやり方(ABCD包囲陣等)に我慢ができず、やむなく戦争になったと僕は認識していたのですが、実は違うのではないか、十分勝ちに行く予定で戦争したのではないかと考えております。

回答・・・十分勝つとは言えませんが、少なくとも日本の上層部には優位に講和に持ち込もうという目算がありました。

>上記の海軍戦力だけを比較した場合、米英とは十分戦えるし、ドイツの快進撃もあり、アメリカを東西からはさみうちにし、十分に講和にもっていけると判断しても不思議ではありません。しかも、アメリカはドイツとの戦争もあるので大西洋にも戦力をさかざるおえず、太平洋にはこれ以上の戦力増強は当分ないという考えも成り立ちます。

回答・・・米海軍にとり大西洋での対ドイツ戦における必要な艦種と、対日本戦における必要な艦種では、かなり違います。対ドイツは対Uボート戦が重点と言ってよく、対日本は艦隊決戦が重点となると言ってよく、そのため必ずしも単純に戦力を太平洋と大西洋に二分する不利について語る事は危険ですが、米海軍が全力を太平洋に傾注できないのは事実です。

>ですので、戦争するという決断自体は間違っておらず、本当の間違いは、戦争のやり方、終わらせ方に問題があったために敗戦したという考えも成り立つと思いますがどうなのでしょうか?

回答・・・成り立ちます。


■日本の戦略としては1941年11月15日の大本営政府連絡会議で承認された「対英米蘭蒋戦争終末促進ニ関スル腹案」という構想案がありまして、全部書くと長文になるので、これを簡単に言うと・・・
速やかに極東の米英蘭の根拠地を占領し重要資源地帯を押さえ海上交通路を確保し長期自給自足の体制を整え、先ずドイツ、イタリアと協力して英国の屈服をさせ、さらに米海軍主力を撃滅し通商破壊戦を強化し米国世論の厭戦を誘致し戦意を喪失させるというものです。
つまり、最初から日本は米国を降伏させようとは考えていませんでした。戦争を諦めさせ講和させる事を狙っていました。

■そして、この戦略では米英不可分という考えから英国の屈服を図る事が重要視されていました。
開戦前の1941年11月4日の軍事参議会で海軍軍令部総長の永野大将が「英米連合軍の弱点は英国にありと考えられる・・英を餓死せしめて屈服せしむること最も捷径なり」と言い、東條首相も「通商破壊戦により英の死命を制し米の態度を変えしむ」と言っています。
そのため「対英米蘭蒋戦争終末促進ニ関スル腹案」にも「英の屈服に際し之と直ちに講和する事なく英国をして米国を誘導せしむる」とあります。
つまり、米英連合軍の弱点は英国であり、その英国をまず先に屈服させて、米国の継戦意志を喪失させようという構想です。
ただ、これは日本単独で行おうというものではなく、ドイツ、イタリアの動きにも期待するものでした。
「対英米蘭蒋戦争終末促進ニ関スル腹案」にはドイツ、イタリアに次の方策をとらせるとあります。
△対英国封鎖強化
△英国本土上陸作戦
△近東、北アフリカ、スエズ進出と対インド施策
また、ドイツを対英国戦に集中させようという思惑から「対英米蘭蒋戦争終末促進ニ関スル腹案」には外交政策として、ドイツ、ソ連の講和を仲介し、ソ連を枢軸側に引き入れるという構想も記されています。
日本としては英国に対しては通商破壊戦によりオーストラリア、インドとの連絡線を断ち、英国から離反させ、英国に打撃を与え、またビルマを攻略して独立させ、その成果を利用してインド独立運動を刺激するというものです。

■対米戦について「対英米蘭蒋戦争終末促進ニ関スル腹案」では、日本、ドイツ、イタリアが協力して米国の世論を厭戦へと誘致し戦意を喪失させるとありまして、日本としては米海軍の主力の撃破と通商破壊戦強化、対米宣伝謀略を強化するとあります。

つまり、何れにしろ日本は米国に対し、その戦意を喪失させ講和に持ち込もうという戦略があり、無計画に何の目算も無しに戦争を始めたわけではありません。
ただし、そこにはドイツが英国に対し勝利するという期待があった事、それを計算に入れていた事は外せません。

■なお、戦争終結の機会としては南方作戦の成功、または蒋介石の屈服時、またはドイツによる英国本土陥落、または独ソ戦の終末時なのが想定されていました。また、講和の斡旋をバチカンやスウェーデン、南米諸国に依頼する予定でした。
この中で南方作戦の成功は実際に成功したわけで、実際に東久邇宮大将が東条首相に緒戦の情勢が有利なので和平交渉を始めるべきだとか、天皇陛下も2月に戦争終結の機会を逃さないようにとお申しつけになりましたが、東条首相は和平交渉どころか戦争継続、拡大に動きました。
まあ、この時点で和平交渉をしても米英が乗るとは思いませんが、少なくとも日本にも早期に戦争終結の考えをしている主要人物がいた事は事実です。


○日本が敗戦したのは質問者さんの言うとおり「戦争のやり方」に問題があったからであり、大本営の作戦指導のミスです。
以前このカテで「日本が太平洋戦争で犯した最大の失策」という質問がありました。

「日本が太平洋戦争で犯した最大の失策」・・・私の回答はNo.14です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7671998.html

この中で私は日本が勝利するためのポイントを3点指摘しています。
(1)米国本土での人種対立を激化させ国力を発揮させなくする。
(2)ミッドウェー作戦では空母を集中投入する。
(3)潜水艦による通商破壊作戦を全力で行う。

特に(1)については、リンク先のページを読んでいただれば分かりますが、当時、米国は人種対立の嵐が吹き荒れていたので、それをうまく利用し、できれば内乱にまで持っていければ、いかに大きな工業力を持つ米国といえども、それを発揮できなくなったかもしれませんし、内乱を鎮める事を優先し講和という事になったかもしれません。
それに米国は巨大ですが、それでも戦時中は食肉、バター、暖房用燃料、ガソリン等、色々な物が配給制となっており、市民生活を圧迫していました。内乱により市民生活への物資の配給が滞れば、それこそ政府への圧力となって対外戦争を中止するしかなくなったかもしれません。
敵対国の内部を撹乱するのは兵法の常道でもあるにも関わらず、それを怠ったのは日本軍部の大きなミスとしか言いようがありません。
また(3)は「対英米蘭蒋戦争終末促進ニ関スル腹案」の戦略として、英国を屈服させるためにインド洋で通商破壊戦を徹底的に行うべきだったのにそれが行われませんでした。
そもそもインド洋は連合軍にとって北アフリカ戦線、ソ連へのレンドリース(ソ連へのレンドリースの約3割がインド洋ルートを使用)、ビルマ戦線、中国戦線への補給路でもあり、英国への戦略物資の供給ルートでもあります。
史実では1942年の時点で英国はかなり危機的状況にありました。Uボートの活躍により穀物等の輸入量が低下し、消費量が輸入量を上回り、備蓄で何とか凌ぎました。貯蔵していた商船用燃料も3ヶ月分を切りました。
もし、これでインド洋で通商破壊戦が徹底されていたら、英国は持ち堪えられず、前述した各戦線も崩壊していたかもしれません。正しく「英を餓死せしめて屈服せしむる」になったかもしれません。
しかし、通商破壊戦が大々的に行われる事はありませんでした。
これは連合艦隊司令部の判断が問題でした。大本営は通商破壊戦の遂行を連合艦隊に命じますが、連合艦隊はこれに消極的でした。第二次ソロモン海戦で潜水艦が活躍しなかった事について宇垣参謀長が記した言葉は次のようなものです。
「潜水艦は通商破壊戦と諜報機関以外に価値なきものと識者の言も宣なりと感ぜられる。その鼻をあかす為にも一撃をこそ望ましけれ」
潜水艦部隊からは通商破壊戦の要望が何度となく出ていたし、大本営も通商破壊戦を命じていますが、艦隊を実際に動かす連合艦隊司令部は通商破壊戦に無理解でした。

そういうわけで、私は日本が敗北したのは日本軍部のミスによるものと判断しています。


○ところで1941年4月に日本政府が作った組織に「総力戦研究所」があり、ここでは米国との戦争を戦略的(政治、軍事、経済)シミュレーションしました。その結果は敗北です。
ただし、これは当然の事です。何故ならそれまで幾度となく海軍で行われた米国海軍を敵に想定した図上演習において勝てた事がないからです。「総力戦研究所」の軍事作戦もそれまでの枠から出ていないものであり、敗北して当然です。
そして、それまでの軍事作戦の枠を破り勝利するために新たに、実際に実施されたのが、真珠湾攻撃です。
「総力戦研究所」のシミュレーションと、実際の戦争で行われた作戦は水と油ほども違います。結果的には同じく敗戦になりましたが、結果をもって同一視するべきものではありません。

○なお、日本が保有していた輸送船ですが、これは文献によって違いもありますが、「戦史叢書 海軍軍戦備2」によると638万トン、船舶運営会によると634万トンです。このうち日本国内で必要とされる物資を運ぶのに必要とされるのは300万トンでした。

○石油についても文献によってばらつきがありますが、海軍の燃料で言えば重油は650万klあり、1942年までで消費した量が483万klでした。
    • good
    • 2

アメリカの海軍拡張、中でも1940年に両洋艦隊法が成立しています。


開戦前の段階で、1943年に日本海軍は対米5割の戦力になることが分かっていました。
いくつかの戦術的勝利を得ることはあっても、当時の人が最終的に勝てると考えたとは
思えません。

昭和14年8月の五相会議における米内光政海軍大臣の「勝てる見込みはありません。
だいたい日本の海軍は、米英を向こうに回して戦争するように建造されておりません。
独伊の海軍にいたっては問題になりません。」という発言や、山本五十六GF長官の、
三国同盟締結された際の「結局自分は、もうこうなった以上、最善を尽くして奮闘する。
そうして長門艦上で討死するだろう。その間に東京あたり三度ぐらい丸焼けにされて、
非常なみじめな目に会うだろう。」という言葉が偽らざるところではないでしょうか。
    • good
    • 2

 >アメリカのやり方(ABCD包囲陣等)に我慢ができず、やむなく戦争になったと僕は認識していたのですが、実は違うのではないか、十分勝ちに行く予定で戦争したのではないか



 では「なぜABCD包囲網」が形成されたのでしょうか。日本側が「やむなく戦争になった」「十分勝ちに行く予定」とはどの様な根拠に基づき合理的な説明がなされるでしょうか。疑問符が付きます。
 第一次大戦以後の近代戦争が制海権の比較ではなく制空権によるものであること。そして軍人だけによる戦闘行為ではなく市民戦争の側面を有していることを考えてみても、質問者様の説明では十分な理解を得ることも困難と存じます。
 兵力や装備だけで戦争を完遂することができないのは明らかで、そのための資源の補給とルートの確保が大前提であることもご存知でしょう。
 資源を持たない国が、工業力も資源もそして経済力も圧倒的に優位な相手と対等に戦うことなど夢物語にも等しい。
 ドイツの進撃といっても、ポーランドまでは電撃的に行ったものの、そこから先がどうだったかは史実としても明らかです。ヒトラーはナポレオンと同じ轍を踏みました。
 >アメリカを東西からはさみうち
ドイツがどの様にしてアメリカを挟み撃ちにすることが可能だったのでしょうか。ドイツが空爆を行い得たのはパリやロンドン、アムステルダムなどの地理的に近郊な地域だけであり、大西洋の先にあるアメリカに空爆を加えることが可能だったかどうかも証明されていません。むしろ挟み撃ちにあったのはドイツです。「エルベ川」を思い出してみてください。
 
 
 
    • good
    • 0

終わらせ方って自分ひとりでやってんじゃないんだから


相手が辞めないでしょ 実際日本が辞めた言っていても
アメリカが受け入れないからああなったわけで

まあ無謀ではあるが無意味ではないと思います
    • good
    • 0

 貴兄の彼我の海軍力比べが事実としても



(1) 情報戦において日本の真珠湾攻撃などは
 既に察知されていて米国はわざと攻撃させ
日本攻撃の口実作りにした。これは真偽半々
ですが以前からまことしやかに報道されてい
ます。その件を除いても太平洋戦争の全期間
を通して米側が情報戦にすぐれていたのは、
圧倒的な真実です。

(2) 太平洋船の全期間を通して米側が軍事力
 に郵政であったのも真実です。連合艦隊司
令長官に就任する山本五十六が「初戦は勝っ
てみせるけれど後は無理だ」と言ったと聞い
たのは記憶違いではないと思う。ともかく、
軍事力で劣勢であるからこそ日本の戦争は
奇襲戦が多い。

(3) 古く日露戦争を当時欧米列強の武官が
 注目したように近代戦はいかに物資を、
前線に供給できるか、ひいては両国の経済力
の差が勝敗を決める時代に突入。この戦争で
ついにロシアは日本の勝利を認めないまま、
講和条約が結ばれた。米側が日ロどちらかに
一方的な勝利をさせたくなかったのも事実だ
けど日本がアメリカにこの戦争の講和依頼を
したのも事実。

※ 決断自体がまちがっていたと思います。

A)昔、伊藤博文を射殺した安重根が東洋
 平和論で中韓日が手をとり欧米の侵略から
アジアを守ろうとよびかけたあの内容は、
確かに日本の選択肢になったはず。ところが
日本は「大東亜共栄圏」と前者と似た構想を
示しながら日本がその盟主として支配地域で
稚拙な武力支配を繰り返し未だに反発と恐れ
を抱かれている。

B)次善の策として植民地を支配する「帝国
 主義」の小国として英米に逆らわず恭順す
る方法もあった。これは当時の政府・天皇の
考えるところだった。

C)1931年の満州事変から45年の敗戦
 まで日本国の政治は軍部優先で文民が介入
できなくなった。その中で陸海2軍の妥協の
産物として太平洋戦争開戦の決意が少数の
軍上層部の間で勝手にされたわけで決断内容
も大ミスなら決断方法も大間違い。
 ろくな戦略も研究せず、相手を威嚇し大声を
出す方の意見が通る、子どもの世界。この
無責任な指導部体制で日本軍は直接の戦闘に
よる死者よりも玉砕や食料無しの行軍で多数の
死者がでた。終わらせ方も比較的早くから、
日本は中立国であるスイスを通じてアメリカと
降伏条件を交渉するも軍の強硬派に気兼ねして
難渋、時期をのがして原爆の被害。
(もちろん、米側も日本が近々降伏することが
わかっていたのに原爆を投下したのは犯罪的。
事情は完成早々の原爆実験の好機であったこと
とソ連進出を食い止めるため)日本は敗北が
確実になった時点で即刻降伏すべきだった。




(3) 
 
    • good
    • 0

真珠湾攻撃、フィリピン攻撃、マレー上陸、ミッドウェー、随分と無茶な作戦を連続して続けています。


初戦からこれだけ投機的な(一言で言うと博打)作戦を連発してるんだから、無謀な戦争であることは海軍も十分承知していたのでしょう。
それでもアメリカとの戦争が避けられない以上、これがベストだったから戦争をしたのです。

戦争のやり方も当時の日本としてはベストで、はっきり言ってミッドウェーまで実力以上の勝ちっぷりです。
アメリカが一方的に強いのに終わらせ方などありません。
アメリカが終わらせようと思ったタイミングが終わりです。
巨費を投じて開発した以上原爆を使うのもアメリカとしては当然の話、その前に終戦はありえません。
し烈な抵抗を繰り返し、本土殲滅・日本の解体・植民地化をアメリカに諦めさせたことさえはっきり言って最上の結果です。
イラク戦争と同じです。アメリカに睨まれた以上大日本帝国など俎板の鯉、いかにも太平洋戦争が失敗のように語られていますが日本の国力と当時の情勢からしたらうまくいってあれだという現実から目をそむけているだけです。
    • good
    • 1

>日本の太平洋地域の海軍力は下記のようにアメリカを若干上回っており、航空兵力は完全に日本が上回っていたからです。



その通りです。
それを信じ込んだ海軍が暴走したので、太平洋戦争に突入してしまいました。
当時の海軍は「艦隊決戦主義」で凝り固まっていました。
そして、仮想敵国も中国や他のアジア各国ではなくアメリカ合衆国でした。
つまり、日露戦争でバルチック艦隊をやっつけたように、アメリカ艦隊をやっつければそれで良いと思っていたわけです。
しかし、時代はもはや局地戦で決着のつく時代ではなくなり、航空機という新たな兵器まで開発されました。
その時の兵器の数量だけでなく、後から後から補給出来る体制を築く必要がある総力戦時代に突入していたわけです。
そのことに、海軍首脳達は気づいていなかったわけです。
さらに悪いことに、仮想敵国をアメリカにしたのも、単に予算獲得の為であり、実際の戦争時の戦略・戦術は考えられていなかったようです。
そうした海軍内の矛盾を察した連合艦隊司令長官・山本五十六は時の首相近衛文麿に「1年か1年半は見事に戦って見せる。だがそれ以後のことはわかりかねる」と語ったとされます。
補給体制に疑問が残ると指摘したのでは、と言うのは深読みしすぎかもしれませんが。
まぁ、時代の変化に海軍首脳が付いて来れなかったわけですね。


>ドイツの快進撃もあり、アメリカを東西からはさみうちにし、十分に講和にもっていけると判断しても不思議ではありません。

これは難しでしょうね。
ドイツは典型的な陸上国家です。
つまり、陸軍及び陸上戦に重きを置いていました。
海軍の目的も大西洋制覇ではなく、大英戦のためでした。
なので、アメリカを東西から挟み撃ちという考えは無いです。
むしろ、ソ連を挟み撃ちにしたかったというのが本音でしょう。
しかし、日本側が陸軍と海軍で引っ張り合いをしてる間に状況が変わってしまい、単独で対ソ戦に踏み切らずお得なくなりました。


>ですので、戦争するという決断自体は間違っておらず、本当の間違いは、戦争のやり方、終わらせ方に問題があったために敗戦したという考えも成り立つと思いますがどうなのでしょうか?

戦争において攻めこむ側は、勝ってから始めるというのが鉄則です。
つまり、戦略を綿密に練って、開戦から講和までのシナリオを描いてから始めなければなりません。
日本の大東亜戦争は、決定的にこのシナリオが欠落していました。
航空機にしたって、航空戦力を事前に想定していた形で活用していませんしね。
負けるべくして負けたわけで、そんな戦争を始めた或いは始めざるを得ない状況に追いやられたというのは、当時の日本首脳陣の無能さを示していると思います。
あとは、時代の空気でしょうか。
「本当は勝てないと分かっていけど、自分から言うのは憚れる」という状況になってたみたいですし。


ではでは、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

航空兵力は完全に日本が上回っていた



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0% …

日本海軍 艦載航空機399機
アメリカ海軍 基地航空機399機

その他に(データはWIKIPEDIA)
エンタープライズ 最大90機(F4F・F6F・F4U戦闘機、SBD爆撃機・SB2C爆撃機、TBD・TBF雷撃機など)
レキシントン 搭載機91機
サラトガ 搭載機91機 サンディエゴで整備中
以上が太平洋に配置
「ホーネット」「ヨークタウン」「ワスプ」「レンジャー」の四隻が大西洋に配置

単純にハワイを戦闘域と考えれば、
日本 399
アメリカ 581

航空兵力で戦えば、数量的にはアメリカ軍のほうが上回っています。

島嶼攻撃を行えば島嶼航空基地の航空機が参戦するのは当たり前で、その数をカウントしないのは如何なものかと。
    • good
    • 0

フルボッコににされてお気の毒ですが、私もフルボッコの方に加勢いたします。



現東京都知事の猪瀬直樹氏の書いた『昭和16年夏の敗戦』という本を読むことをお勧めします。
開戦前の昭和16年夏に各省庁から課長補佐クラスのエリート若手官僚(陸海軍からは少佐参謀クラス)が密かに一か所に集められて、もし日本が米国と全面戦争したらという想定のシミュレーションを展開したのです。
そしたらなんと、そのシミュレーション通りに現実に出来事が推移し、日本は負けました。
開戦前にアメリカと戦争したら日本は負けるという結果が日本政府のシミュレーションで出ていたのですよ。
(このシミュレーションの脅威的なところは、預言者が書いたかのように、どういう状況になって日本はだんだん負けていくかまで、ほぼ正確に当てていたところ)

しかし、この結果を東条英機は無視しました。理由は「戦争は実際にやってみなければ分からない」だったそうですが。
ただ、東条英機にしても薄々勝ち目が無いのは分かっていながら、「もしかしたら勝てるかも?」という淡い期待で開戦を決断したようですが。
当時の新聞記事を見れば、「東条英機は開戦しろ!!」「開戦できない腰抜け東条は首相を辞めろ!」等、東条英機首相に開戦を迫る記事一色でしたから、彼も開戦以外に道が無いように追い込まれていたのでしょう。

このシミュレーションをする前の参加メンバー達は、質問者さんのように軍事的には同等かそれ以上だから日本は勝てるだろう、と軽く考えていたようです。
ところが、実際に戦争したら、こんな事が起きるだろう、あんな事も起きるだろう、と真剣に本気で考えてシミュレーションを進めて行ったら、日本は負ける、という結論に達してしまいました。
当時の日本は既に輸入大国でした。
燃料や資源等は外国からの輸入に依存していましたが、戦争が始めればそれらが全部ストップします。
いくら軍艦や飛行機の数が多くても、それを動かす燃料が無くなるのです。
日本は独自でそれらを確保せねばならず、陸海の戦力をそれに割り裂かなければなりません。
そして、うまく確保できたとしても、戦争ですから敵が黙って見ている訳が有りません。
必ず攻撃してきます。日本は当然戦うでしょうが、無傷で済む訳が無く、それなりに損害が出るでしょう。
それが何回も続けば、当時の日本の工業力、造船能力では損害の修復は追い付かなくなります。
アメリカの工業力、造船能力は日本の何十倍ですから、同じ損害を受けてもあっちは短期間で回復しますが、日本はなかなか回復できません。
そうやって、徐々に日本側は損害が増大していき、それに比例して燃料や資源、食糧の輸入も低下、最後はお手上げ状態になります。

結局、この通りになりましたよね。
    • good
    • 0

無謀どうこう言う前に


ハワイの占領は無理です


当時の日本の民需用船舶は350万t
最低限の所要でも300万tは必要と言われるところを短期間ということで
それを210万tまで削り南方作戦に転用しました
作戦終了とともにすぐに元の民需用に戻しましたが

ハワイ上陸となると150万tの民需用船舶の転用が必要で今度は5ヶ月以上の占有期間
稼行率は0.2程度
しかも今度は米側の潜水艦による攻撃も予想される
ハワイのような小島群島では現地徴発など到底無理だから補給は続けなければならない

経済生産活動を著しく低下させてまで作戦をじっこうするのかという疑問があります


また南方占領後の日本の石油備蓄は925万tだった
それが半年もしない内に825万tも消費してしまった
残量は100万t

ハワイ上陸作戦には100万tが必要と予想されていた(史実のミッドウェー作戦で60万t消費している)
南方での生産を見越しても到底無理

無理に実施したら連合艦隊自身の燃料供給ができなくなってしまうだろう

この回答への補足

日本の目的はハワイを占領することではありません。東南アジアの権益を確保することです。
日本の勝利とは連合国に「日本における東南アジア、特にインドシナ地域の権益を認めさせる」ことです。そのためにはハワイ攻略は必要ありません。逆に言えば緒戦で占領した地域の死守とイギリス艦隊の撃滅を行い、アメリカに対しては、艦隊を日本の制海権内に誘い込んで撃滅させるだけでよかったのではないかと思います。日本の敗因は戦線を拡大しすぎたことです。そうなれば補給がおぼつかなくなるのも目に見えています。緒戦の勝利で欲が出たのでしょうね。ミッドウエーも、ソロモン諸島も必要ない戦いだったはずです。

補足日時:2013/03/05 11:24
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太平洋戦争における都道府県別戦死者数

太平洋戦争における都道府県別戦死者数を知りたいのですが、
どこかの本かサイトに載っていますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E7%A9%BA%E8%A5%B2

 ただしこれは空襲などにおけるいわば「銃後」の戦死者数です。
どこの都道府県出身の兵隊さんがどれくらい亡くなったかは、また違うサイトを調べなければいけませんね。

Q太平洋戦争での本当の戦力はどういうものだったのでしょうか?

空母を調べていたら日本は戦争中に数多くの空母を完成させていましたが、すぐに撃沈され、戦力としては機能していなかったようですが、実際、戦艦の数や空母の数などを考えると、日本とアメリカの海軍力の差というのはどんなものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

太平洋戦争開戦までは、ワシントン海軍軍縮会議によって
日米の主力艦(戦艦)は対米6割に抑えられました。
(実際は日本が陸奥の完成を主張して、対米比は6割弱です)
その後、条約が失効して建艦競争が再開され、
開戦時の戦力は戦艦では日本10隻アメリカ17隻でした。
開戦後の完成を含むと、日本12隻、アメリカ25隻でした。
(戦艦級の船体に重巡級の砲を搭載したアラスカ級2隻は含みません)

よく、日本は大鑑巨砲主義に固執したと言われますが、
建艦実績では、ミッドウェー戦時にほぼ完成していた「武蔵」以後、
大型艦の建造は空母と軽巡洋艦だけです。



空母については、ワシントンやロンドンの軍縮会議で
制限されましたが、隻数より合計排水量が重視されました。
開戦時で比較すると、日本が「鳳翔」「龍驤」「赤城」
「加賀」「蒼龍」「飛龍」「瑞鶴」「翔鶴」「瑞鳳」
「春日丸(大鷹)」の10隻で、アメリカは「レンジャー」
「レキシントン」「サラトガ」「ヨークタウン」「ホーネット」
「エンタープライズ」「ワスプ」の7隻でした。

これが、大戦中の建造だと「エセックス」級だけで17隻、
「インディペンデンス」級軽空母9隻、護衛空母に到っては
100隻以上も作られ、月刊正規空母とか、週刊護衛空母と
揶揄されています。
日本は、正規空母と言えるのが他艦種からの変更を含めて
「大鳳」「信濃」「雲龍」「天城」「葛城」の5隻、
商船や他艦種改造の軽空母・護衛空母と言えるもので
「飛鷹」「隼鷹」「千歳」「千代田」「龍鳳」「祥鳳」
「雲鷹」「冲鷹」「海鷹」「神鷹」の10隻しかありませんでした。

戦艦等に航空機が積めるよう改造したのが「伊勢」「日向」「最上」
(これらは飛行甲板はあるけど事実上は水上機母艦)
艦種がタンカーで飛行甲板を持つ「しまね丸」「山汐丸」
現在の自衛隊にある「いずも」級のような強襲揚陸艦の走りで
陸軍が運用していたのが「あきつ丸」「熊野丸」
などもありましたが、日米の空母はこれだけの開きがあり、
工業力の差は圧倒的でした。



殆どの場合、日本はミッドウェー戦後は没落の一途を辿ったことに
なっていますが、1942年10月26日の南太平洋海戦の結果、
アメリカは事実上太平洋での稼働空母が1隻もいませんでした。
(新規空母は未就役、7隻中「レキシントン」「ヨークタウン」
「ワスプ」「ホーネット」の4隻が戦没、「エンタープライズ」
「サラトガ」が修理中、「レンジャー」は大西洋配備)
しかし、日本側は空母はいても搭載機が不足していて
その時の攻勢は困難でした。

空母の戦力は、搭載機に依存します。(中には「赤城」や
「レキシントン」のように重巡級の砲を搭載した艦もいます)
空母があっても、搭載機が無ければ大きな的です。
航空機の運用でも、戦前は日本が圧倒していましたが、
補充が追いつきませんでした。
アメリカは一定期間の兵役に就くと前線から退きます。
エースと言われる方々の数を見ると、人材の枯渇によって
前線で酷使された日独が人数も撃墜数も多いのですが、
アメリカはエースパイロットでも前線に縛りつけない
余裕がありました。

日米の海軍力の差では、戦艦や空母の数だけではなく、
航空機の性能、VT信管やレーダーの開発、輪形陣の戦術運用など
多くの点でどんどん差ができていました。
最後の機動部隊による決戦であるマリアナ沖海戦を見ても、
搭載機数で2倍、戦闘機数だけでも米軍が400機以上も
上回るのですから、どんなに頑張っても勝てなかったでしょう。

太平洋戦争開戦までは、ワシントン海軍軍縮会議によって
日米の主力艦(戦艦)は対米6割に抑えられました。
(実際は日本が陸奥の完成を主張して、対米比は6割弱です)
その後、条約が失効して建艦競争が再開され、
開戦時の戦力は戦艦では日本10隻アメリカ17隻でした。
開戦後の完成を含むと、日本12隻、アメリカ25隻でした。
(戦艦級の船体に重巡級の砲を搭載したアラスカ級2隻は含みません)

よく、日本は大鑑巨砲主義に固執したと言われますが、
建艦実績では、ミッドウェー戦時にほぼ完成していた「武蔵...続きを読む

Q太平洋戦争でのフィリピンにおける戦死者

最近太平洋戦争での日本兵・軍属の戦死者がほぼ50万人と、中国本土での戦死者45万人と較べても突出して多いことを知りました。 なぜ、フィリピンでこれほど多くの日本兵が亡くなったのでしょうか? 南方での戦死者は、戦闘による死者よりも、病死・餓死が圧倒的に多かったと言う話は聞いたことがありますが、実際50万人も戦死した原因は何か教えてください。

Aベストアンサー

アメリカ軍の進攻の軍事上の価値が高い地域だからです。しらみつぶしに攻撃したわけではありません。
 グアム、サイパンでは、アメリカはグアムは必要とせずグアムの死者が少ないのに、サイパンを必要としたのでサイパンでは多数の日本兵の死者がでています。
「バンザイクリフ」にいってきましたが、崖から飛び降りたのはどんな思いだったのかと暗然たる気持ちになりました。
 南硫黄島では、爆撃と艦砲射撃で守備隊は全滅しています。

Q太平洋戦争はやはり自衛戦争だった

太平洋戦争はやはり自衛戦争だったと最近確信するようになりました。


あらかじめお断りしておきますが、僕は歴史に関してはド素人です。初めは学校で習った通り日本は悪の帝国で侵略戦争を仕でかしたと普通に思ってました。


しかし、元はと言えば、アメリカが国際連盟設立時に人種差別を目論んだり、その後排日移民法を制定して日本に敵意を剥き出しにしたり、更に経済封鎖をしたりして日本を追い詰めていった事を考えると、完全にアメリカが仕掛けた戦争だったとしか思えなくなりました。


マッカーサーも戦後、米議会で「あれは日本の自衛戦争だった」と証言したくらいですから、議論の余地はないと思います。僕のこの結論に間違いはありませんか?

Aベストアンサー

まず、個別の事例(人種差別や排日政策や敗戦やどちらから始めたか、避けられなかったのか)を否定しても、大東亜戦争が自衛戦争であったことの否定にはなりません。
(それらと全く関係がない自衛戦争であったという可能性もありえます。)

この問題では、↓のような意見がよくでますが、それらは今回の質問とは関係のない事だと思います。

避けられなかったか?という意見については、何故か同様にアメリカにも言っている意見を聞いたことがありません。(そういう意見の方は、相手がどのような横暴であっても、日本だけは可能な限り誠実に対応するのが当たり前だと思っているようです)

「勝てば官軍」とか嘯いている人は、国際法に無知であり戦争に言及する資格がないと思います。

自分と違うアメリカの行為への評価を「陰謀論」として、それを否定してみせることで対日政策自体を正当化する意見もよく見られますが、陰謀以前に中立国としての義務を逸脱している事を語った意見はないようです。
(事実にあからさまな嘘を混ぜることで、全てを嘘だと誤認させるのは詐欺師の常套手段です)


>僕のこの結論に間違いはありませんか?

質問者の「結論」と質問の焦点が「大東亜戦争は自衛の為の戦争だった」ということだとしたら、総論としてはそうだと思います。

しかし、「大東亜戦争は自衛の為の戦争だった」というのは、「日本は無罪である」と言うのと同じであるので、証明は不可能に近いと思います。(ヒント:悪魔の証明)
そもそも、「大東亜戦争は自衛の為の戦争だった」という主張自体が、連合国の「侵略戦争だった」という主張への反論です。

なので、自衛戦争であることの証明ではなく、(不可能ですし)侵略戦争であることを否定すればOKです。
そして、本来は「侵略戦争である」と主張する側がその証拠を出す義務があるのですが、この質問は立場が逆になっているので、よくある主張(他国の領内に行って戦闘をした=侵略である)について説明します。

私の考えは、
【当時は、日本軍の行為を侵略と断定できる国際法の条文はありません】
ということです。

この場合、侵略の定義(=どのような行為か)が問題になります。
私は、時代と人の数だけある正義感とやらでそれを考えたり、全てを知っている(と思っている)現代人の立場から、過去の暗中模索で苦悩していた当事者の行為を評価して愚かと嗤って、ごりっぱな人間 を気取る趣味はありません。

当時の国際法では侵略の定義は明確ではありませんでした。

侵略戦争が国際法で違法とされたのは、WW1後のパリ条約によるものですが、
その条約では加盟国の様々な事情で、侵略か否かの決定が

【当事国の裁量権に任せる】

となっており、これでは当事国が 「私は侵略をしました」 と言わない限り侵略にはなりません。

しかし、それでも侵略が違法となった以上、正当な戦争の条件である「自衛権」も問題になりましたが、
当時のアメリカは、↓のように言っています。

【この条約は自衛権を制限するものではなく、その内容と範囲は各国が判定できる】
【当事国が決定するものであり、その自衛の範囲は海外への軍隊の配備まで含む】

↑は、他国に軍隊を出して戦闘を行っても、侵略の十分条件にはならないということで、
侵略の定義など存在しないのと同じであり、事実上ザル法です。



当時の北東アジアの情勢ですが、
よく勘違いしている方がいますが、↓のような状態で当時の満州の領有権は確立していません。

日清戦争で日本は遼東半島を獲得しましたが、その後三国干渉によって返還させられています。
その後、ロシアは義和団事件に乗じて満州を占領したため、日露戦争がおこります。

日本は日露戦争の勝利により、ロシアから満州鉄道を譲り受け、旅順、大連の租借権を得ました。
同時に、これらの防衛や現地邦人保護のため、満州へ軍隊を置く権利も得ています。
(当時の満州は、清国の政策に拠って住人のいない空白地帯で、更にモンゴルの領有権は中国ソ連も主張しており、日本は国防上の理由から満州を放置できませんでした。)

↑のように日本は、南満州の特殊権益は国際的に認められていました。
アメリカも1917年の「石井・ランシング協定」により、これを認めています。

満州鉄道に関しては、行き違いからアメリカが経営に参加できず、それが反日の一因となっていることは事実ですが、その後の反日政策(中国への支援や資源の禁輸)自体は、後述するように戦争行為であり、それに対抗した日本の行為は自衛であると思います。

一方で、当時の中国は清が滅亡し複数の政権(馬賊や地方軍閥など)が争っている内乱状態で、彼等にはまともな行政・司法・警察等の能力は無く、国際条約の知識や理解も薄く、それらの遵守は期待できませんでした。(実際何度も一方的に破棄されています。)
当時の中国領には多くの国が投資しており、在中外国人(日本人も含む)も多かった為に、日本政府は彼等の保護を中国に要請してもいました。

中国の軍閥政権は大陸の日本領内にも侵入して、破壊活動やテロなどの挑発を行っており、現場の緊張は極限状態に達していました。
当然治安も悪く、テロも多発しており、日本人の大尉が中国兵に惨殺される事件も起きています。
これらの結果、現地の部隊が暴発し、独断行動による戦闘が発生してしまい、それが満州事変に発展します。

これを侵略とするなら、その原因となった中国軍の行為も侵略であるはずです。

満州の領土化は、以上のように国防上の為のものでありましたが、
同時に南満州鉄道を守る為でもありました。
満州事変以前の国境線のまま中国と接した場合、テロや破壊活動を阻止できませんでした。

その後、満州国は日本が治安を維持した為に各地から人口が流入し繁栄した為に、再びそれを狙った中国によるテロ活動が起りました。
日本軍は前回と同様、領土内で対応していましたが、そうすると彼らは中国内に逃げて、その後また侵入して同じ事を繰り返しました。
日本は中国奥地にある彼等の本拠地(南京、重慶)を叩かなければ、根本的な解決にならないと判断し、中国領内に攻めていきました。
これが日中戦争に発展します。

アメリカは、中国の市場を日本から奪う為に、日中戦争では国民党(蒋介石)を支援しました。
【義勇軍】という名目で兵士も派遣し、大陸で日本と戦闘もしています。

国際法では、この時点でアメリカは中立ではなく、日本と戦争状態にあると見做されます。
ということは、真珠湾以前から日米は戦争状態であり、(宣戦布告もなく)先に仕掛けたのはアメリカということになります。

「日中戦争」について日本が「戦争」としなかったという意見もあるようですが、どちらかが宣戦布告さえすれば「戦争」にはなります。
中国が宣戦布告しなかった理由ですが、
アメリカには「中立法」というものがあり、「戦争」になった場合アメリカの中国支援はこれに違反している事になるからです。
(「戦争」になったのは真珠湾攻撃の後(1941年12月9日)に中国から宣戦布告をしたからです)

中立法:戦争状態や重大な内乱状態にある外国に対して武器・弾薬類を輸出することを禁止するアメリカの法律。


その後のABCD包囲網とハルノートが日本に開戦を決意させました。

この経済制裁についても、東京裁判で日本の弁護についたローガン弁護人が↓のように言っています。

【自衛権は経済封鎖にまで及ぶ。一国の生存に必要な物資を奪う行為は、国民の士気・福祉の破壊を目的としている分、武力による殺人以上に激烈な 戦争行為 といえる。】


以上から、人種差別や排日政策などとは関係なく、
日中戦争の原因が中国のテロ(侵略)であり、
大東亜戦争の原因が日中戦争への、アメリカやその他の連合国の介入に対するものである以上、日本の戦争は侵略目的のものではないと思います。


日本がアジア諸国を植民地にしようとしたという意見もありますが、そう言っている人が根拠を出したのを見たことがありません。
そのアジア諸国ですが、「アレは侵略ではない」という認識から連合国が認めた賠償請求権を放棄してくれています。(しかし、日本はそれに対しても「準賠償」という名目で経済援助をしています)

【日本が支払った戦争賠償金】(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=euNuLLDSWTI

戦中に開かれた「大東亜会議」では、アジア諸国の独立を認めています。(動画も参照)
(日本は占領後のフィリピンを「フィリピン共和国」として独立させています)

http://www.youtube.com/watch?v=LgmCsWEq_bk

まず、個別の事例(人種差別や排日政策や敗戦やどちらから始めたか、避けられなかったのか)を否定しても、大東亜戦争が自衛戦争であったことの否定にはなりません。
(それらと全く関係がない自衛戦争であったという可能性もありえます。)

この問題では、↓のような意見がよくでますが、それらは今回の質問とは関係のない事だと思います。

避けられなかったか?という意見については、何故か同様にアメリカにも言っている意見を聞いたことがありません。(そういう意見の方は、相手がどのような横暴であっても...続きを読む

Q第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由は?

先日、池上彰さんのテレビ番組で「第2次世界大戦のソ連の戦死者は2000万人を超えている」「その恐怖からスターリンは、隣国を共産国にした」ということを知りました。

日本の太平洋戦争での戦死者は300万人くらいと聞いてますが、日本の戦死者と単純に比較できるのかどうかわからないのですが、日本の7倍の戦死者の数には、とても驚きました。

第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由をお教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まあ、漫談です。

ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。
また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。
T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。
最新装備と新兵がまぜこぜになった軍隊が、モスクワ正面の戦いを乗り切った、1942年当初のソ連軍でありました。

もちろん精鋭であり戦略予備といえるシベリアの部隊はありましたが、ノモンハンのときに日本の帝国陸軍と正面衝突を初めてして大損害をうけた経験から、軽々しく欧州戦線に移動させるつもりに、ソ連軍指導部はなれなかったのです。
そのノモンハンのソ連軍総司令官が、スターリン直々に任じられたジューコフでした。

ジューコフは、

1 ソ連軍は弱い

2 だから勝つためには、敵より多くの兵器と兵士を前線に惜しみなく投入し、その重みで押しつぶすしかない

3 だから、兵士も戦車も大砲も、とにかく数をあつめる

ということを、理解していたので、必要なだけの兵力を敵がつぶれるまで投入しました。当然ながら自分より強い相手を数でつぶすのですから、犠牲はふえます。
さらに、この考えをスターリンも支持したので、党、治安組織、軍事思考、動員体制、といったソ連という国家の戦争体制そのものが、勝てるまで人命も装備も前線に突っ込むように構築され、上から下まで人命軽視というより、人命より目的達成、のドクトリンが徹底しました。目的達成が勝利なら、なおよし、です。

そのような体制のもとで運用されたソ連軍の基本的ドクトリンは、

最低でも幅50kmの線に分厚く、最低でも敵の3倍、普通なら5倍、理想は7倍の二陣の部隊を結集させ、

まず砲撃と航空攻撃だけで相手の6割に損害をあたえ、

そして第一陣が弱った敵に突っ込みその第一陣が自分の損害を省みず敵をなぐるだけなぐったら、

味方第一陣の残骸を乗り越えて無傷の第二陣が第一陣と戦ってボロボロになった敵を蹂躙する、というものでした。

装備は更新されたし、戦車・武器も疎開した工場と米英のレンドリースでそろえてはいるが、兵士の教育が低い軍隊にむずかしいことはあまりできません。字の読めない兵士が珍しくないどころか、ロシア語がわからない兵士も珍しくありません。
なので、時には下級将校は選挙で選び出され、そのような将校には反抗するものを軍法会議抜きで「処分」する権利はあたえられました。戦争をしている国家と党に異を唱える者はいらない世界です。
また、女性が前線で銃をとったり、戦車兵をやったり、戦闘機・爆撃機パイロットをしたりしたのも、ソ連軍だけでした。

この残酷な単純化となりふりかまわなさが、精鋭のドイツ軍相手に血を流しつつも、ソ連軍を勝たせたのです。

まあ、漫談です。

ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。
また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。
T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。
最新装備と新兵がまぜこぜになった軍隊が、モスクワ正面の戦いを乗り切った、1942年当初のソ連軍でありました。

もちろん精鋭...続きを読む

Q太平洋戦争中、戦争後、日本中飢餓状態だったそうです。

太平洋戦争中、戦争後、日本中飢餓状態だったそうです。
ふと、当時奈良の鹿は大丈夫だったんでしょうか?飢えた人々によって食べられた事はなかったんでしょうか?犬でさえ食べられたらしいのに?

Aベストアンサー

当然食料になっていましたよ。敗戦濃厚となって日本の神々の権威も地に落ちていましたから、春日大社より胃袋ですよ。現在は1200頭近くいますが、敗戦当時は79頭まで減っていたそうです。もっとも春日山とか奈良公園周辺の山へ逃げたものも多数いたと思いますが。鹿を殺すと重罪になったのは江戸時代の話です。
http://www.kasuga-hotel.co.jp/event/shika/shika.htm

参考URL:http://www.kasuga-hotel.co.jp/event/shika/shika.htm

Q太平洋戦争を映像で学びたい

太平洋戦争のことを家族で映像で学びたいと考えています。そこで次のDVDのどちらかを購入しようとしています。「NHKスペシャル 太平洋戦争 BOXセット」、「秘蔵・太平洋戦争全史 前編、後編」。はなはだ稚拙な質問ですがどちらがおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

私は両方持っています。他に「太平洋戦争史(上)、(下)」や「ドキュメント第二次世界大戦の記録(全巻)」も買いましたが、「NHKスペシャル太平洋戦争」が映像の質の良さ、量の多さ、解説の分かりやすさ等で圧倒的に良いと思いました。特に日米双方からの映像が取り入れられ、画像も補正されているようで画質も良いです。

「太平洋史」「ドキュメント・・・」は米国防総省の撮影フイルムを監修しただけの映像が多く、事態を短く淡々と述べるだけのものでした。画質も相当悪いです。でもNHK(日本)では放送しないような戦場の悲惨な状況の映像が入っていたりします。

どれが良いかは個人の見方、受け止め方によると思いますが、家族で学ばれるのでしたら先ずは「NHK・・」をお勧めします。更に個人的に勉強されるのでしたら、他のものも有用と思います。

Q太平洋戦争(開戦まで)の主導者は、―強いて言えば―誰だったのでしょうか?

司馬遼太郎著の“街道をゆく”の“中国・蜀と雲南のみち”を読み、興味ある箇所に出会いました。
 司馬は、中国で、日本語専門家4名と旅行し、夜汽車のなかで日本史のはなしを依頼され、彼は明治維新という近代の成立のもとになった革命について語った。

 彼らに、「その主導者はたれであるか」と問われた。
 司馬は、「厳密には主導者はいません」と答えざるをえなかった。これに答えるには、明治以前の日本社会の特性を知ってもらわねばならず、主導者の名をあげられるものではない。「おおぜいでやった、というほかない」と答えたそうです。

 しかし、彼らに、強いてあげれば、と請われ、司馬は思いつくまま、西郷隆盛と大久保利通の名をあげてみた、そうです。

 同じように、不肖私も問います。太平洋戦争(開戦まで)の主導者は、―強いて言えば―誰だったのでしょうか?

Aベストアンサー

開戦までということなら、しいて言えば近衛文麿と東条英機でしょうね。

ただ、当時の内閣総理大臣も現在のように強い権限はないですし。
セクショナリズムに陥っていたので、軍など国の中の各組織のトップも含まれると思いますが、その各組織もトップが主導していたとも言い難く。

「おおぜいでやった、というほかない」になってしまいますね。
それも明治維新は元老にあたる複数ながらキーマンがいますが、太平洋戦争のときはそれもいないですからね。

Q「アジア太平洋戦争」という名称について

先日、歴史の資料集を眺めていると、太平洋戦争について「太平洋戦争という名称が一般的だが、戦域が曖昧であることから、アジア太平洋戦争という名称が普及しつつある」という記述があったのですが、はっきり言って、聞いた事がありません。
この名前は本当に普及しているのですか?

Aベストアンサー

先の戦争の呼称についてはそれぞれの歴史観、イデオロギーと結びついている面があるので一概には言えないのですが、一般的に最も普及しているのは「太平洋戦争」だと思います。戦後、GHQの指示によってこの呼称を使うようになったためだと思うのですが、戦時中に日本は太平洋だけでなく、中国などとも戦っていた事実から保守派は戦時中に日本政府が使っていた「大東亜戦争」という呼称を用いる傾向があります。

そうした中で、ご指摘の「アジア太平洋戦争」という呼称がもっともふさわしいのではないかという意見が出てきているのですが、一般的な認知度は低いと言わざるをえず、また、日本がソ連と戦った事実を想起しにくいなど、必ずしも適切とは言えないため、今後普及していくかは疑問です。

Q太平洋戦争はやっぱり無謀?

太平洋戦争は無謀な戦争と評されがちですが、やる前から本当に勝ち目がなかったのでしょうか?
自分で調べたところ、開戦当時の海軍の戦力比では、日本の連合艦隊は空母9隻を含む合計205隻、対する米国のアジア・太平洋地域の艦隊は空母わずかに3隻の合計157隻。ドイツの脅威を考えれば、大西洋艦隊を太平洋にた易く展開できることはできないはずですし。
勢力だって台湾・朝鮮・満州等を含めれば決して米国にひけをとっていたようには思えないのです。
戦局や戦争運営に問題があっただけで、決して無謀な戦争だったとは言えない様な気がするのですが、いかがでしょう?

Aベストアンサー

それは単に開戦時の船の数に過ぎませんよね。
アメリカは当時は平時体制で、戦争の準備を
していなかったからの結果であって、
アメリカが真珠湾以後に本気で戦時体制に入ると
フォードの効率化を採用して、
空母などを月ペースで大量生産をはじめます。
逆に日本は、太平洋戦争(と一般に呼ばれる戦争)が
始まった段階で、すで戦争十年目で、
国力は供給能力の限界に達しており、以後は
弱まる一方。特に船舶はどんどん減る一方でした。

現実の世界の話をすると、総力戦というの常識からして、
アメリカは十分に太平洋と大西洋の両方に
軍隊を展開するだけの国力があったのです。
艦隊を新しくつくっちゃったんですよ。それも最初の何倍もの数の艦船をです。
もう事実が証明してますから議論不要でしょう。
実際にできたわけですから、「容易にできないはず」と
あなたがいっても事実に反します。
アメリカの問題としては、生産のための時間が必要だっただけなので
1942年が重要なターニングポイントでしたが、
この年の珊瑚海海戦やミッドウェイ海戦で不利な状況下でも
米軍は健闘して、結果的には日本の空母機動艦隊は壊滅です。
この時点で、もう総力戦の観点からは日本側の挽回は有り得なくなりました。
翌年からは続々と新造艦や新鋭機が戦線に投入されてきますから。

”勢力”ついていっておられますが、
土地の面積は何の意味もありませんよ。
面積が広かったら強国だというのは、基本的に間違った考えです。
満州なんて当時はなーーんにもないところで、
台湾も山しかないただの貧しい島。台湾が経済発展するのは
80年代以降のことで、当時は前近代的な少数民族が多数住んでいただけです。
朝鮮半島もまた近代化の遅れた農業国にすぎず、
工業という点においてこれらの地域は戦争に貢献できるような状況なありませんでしたし
そもそも生産には原材料だけでなく工場やインフラ、高度な労働力など
さまざまな条件がそろわねばならず、現実問題として
当時の日本軍の軍需物資の生産、特に兵器の生産は90%以上が内地で
行われていました。
海外植民地は鉱石や食料などの低レベルの生産能力しありませんし、
これを内地に運ぶのがまた一苦労。
シーレーンという言葉ぐらいは聞いた事があると思いますが、
当時も今も日本の生命線となるものですが、この長大な地帯を防衛するだけの
艦船が日本には不足しており、事実上は敵潜水艦の天国となって
輸送網は寸断されて、内地は干上がるという状態になったわけで
現実問題として、日本は総力戦を戦えるような状態じゃなかったわけです。

戦争運営に問題があった、というよりもそもそもまともに
計画された戦争じゃなかったというのが大問題で、
無謀というよりも無計画な戦争だったと断言できます。
戦争計画は真珠湾攻撃を含む初期の奇襲計画以後は
第二段階の東南アジアの資源確保ぐらまでしかなくて、
第三、第四段階は未定みたいな感じで、山本五十六も頭をかかえわけですが
勝利の目算どころか先がどうなるか誰にもわからず
進んでいったというのが実情でした。

もう、だいたいが、(継続中の)戦争を完遂するための戦争という
つまりは戦争(=日中戦争)を維持するために新しく戦争を
おっぱじめようというのですから、ばかばかしい話で、
うまくいくわけがない。
あらゆる要素が欠落していて、批判も検証もなく
ただ時流にながされて深みに深みにはまっていったような感じです。

これを無謀/無計画といわずして何を無謀というのでしょうかね。

ちなみに戦史に疎い人は、よく戦争を(公平な)ゲームかなんかと
混同して、うまくやれば勝てる、あるいは運がよければ勝てる
みたいなことを思い勝ちですが、
戦争はむしろ数学に近くて、どんなに考えても、
どんなにひねくりまわしても、特定の与えられた状況では
特定の答えしかでません。この場合は日本の敗北ということです。
設定となる状況を変えれば、もちろん結果も変わるのですが
それは単なる妄想でしかないわけで、意味ないんです。

それは単に開戦時の船の数に過ぎませんよね。
アメリカは当時は平時体制で、戦争の準備を
していなかったからの結果であって、
アメリカが真珠湾以後に本気で戦時体制に入ると
フォードの効率化を採用して、
空母などを月ペースで大量生産をはじめます。
逆に日本は、太平洋戦争(と一般に呼ばれる戦争)が
始まった段階で、すで戦争十年目で、
国力は供給能力の限界に達しており、以後は
弱まる一方。特に船舶はどんどん減る一方でした。

現実の世界の話をすると、総力戦というの常識からして、
ア...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング