【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

ほとんどプログラムでしか撮ったことのない、年季の入ったど素人です。
25年前、キャノンのイオスで始まり、コンタックスT2, イオス1にLレンズ、コンタックスと道楽してきました。
ネガでしか撮ったことがありませんが、同時プリントができあがってくると、T2の写真だけ鮮やかで他と違っていました。T2は今でも離せません。
キャノンで撮った写真は、現像し直してもどうにも鮮やかになりませんでした。
フィルムは、ずっとリアラを使用していたので、これはてっきりレンズの違いだと思っていました。
この認識は間違っていますでしょうか?

ところで、デジタルの場合はどうなんでしょうか?
レンズの明るさ、ゆがみ、ボケの差は勿論あると思いますが、色の出方の違いってあるモンなんでしょうか。それともRAWで現像すれば、どうにでもなるモンなんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

リアラ、私も好きなフィルムでした。


ネガフィルムにしてはラチチュードが狭く、特にアンダー気味だと色調が崩れがちですが、ツボにハマるととても階調豊かに撮れるフィルムでした。ある意味、ポジ並みに難しいフィルムでしたが、T2の露出とレンズ特性にピッタリだったかもしれないですね。

レンズによる色の出方の違い、あると思います。光の入射条件、現場の湿度など、様々な外的要因によって、そのレンズの特性による差が出てくるのではないかと推測します。
私もNo.1さんがお持ちの京セラTプルーフを所有していましたが、ツァイスレンズによく言われる「美しく騙す」描写はこの安いコンパクトカメラでも体験出来ました。

一方、ニコンマウント用のコシナ製ツァイスのプラナー50mm f1.4も持っています。
こちらも、Tプルーフほどはツァイスっぽさは感じないものの、アンダーで撮った時の色の出方、コントラストは他のニコンレンズとは違った、独特の特性は残っていると感じます。
では明らかに他のレンズより鮮やかか?と聞かれると、そこまでではないですが。

艶っぽい描写と言われるレンズが、実は絶妙に収差を残していたりします。こういうのは、画像処理云々では得られないものです。
レンズから入ってくる光と、センサーを通しA/D変換されたものはまた別と思います。
フィルムでも、ネガならプリント時に如何様にも色調は変えられますが、だからレンズの個性なんか無駄だ、とはならないのと同じで、デジタルにも同じ事が言えます。

写真は必ずレンズを通して撮影されるもので、1番目の入り口ですから、レンズの特性、個性は重要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどと思いながら読んでいて、すっかり御礼を失念しました。
申し訳ありません。
ありがとうございました。
どうやら数値ではかれない、感覚的な物がありそうですね。
こういう部分は残っていた方が、より神秘的に感じます。
自分の好みのレンズのデジタルカメラを探してみます。
T2の様な出会いがあると、また写真が楽しくなりそうです。

お礼日時:2013/03/14 11:31

No4です。



Kumagoroさんの言う通り、まだレタッチの可能性を残している場合は、TIFFもいいですね。
でも、RAWを持っていれば、TIFF、RAWのどちらかでいいでしょう。

「TIFFがレタッチ特性に優れる」ですが、階調の幅が1/256づつのJPEGででレタッチ(Photoshopなどでの調整)したばあい、階調が櫛状に歯抜けを起こし、ところどころ階調がジャンプを起こしてしまいます。こうなると、なだらかな階調(グラデーション)があった青空の写真にトーンジャンプが起こり、グラデーションのところどころに階調の段みたいなところが目に見えて起こってきます。これが、JPEGは撮ってだしで、基本いじらないほうが良いといっている理由です。PhotoshopでJPEGファイルを開き、画像をいじる前と後のレベル補正画面の階調の頻度グラフを比べてみてください。画像をいじる前は、櫛状のジャンプが無く各階調に度数が合ったのが、ところどころ歯抜けを起こします。これがトーンジャンプ。JPEGの場合、いじればいじるほど画質を落としていくということ。だから、フィルムのポジに似て、撮ったらいじれないと思ったほうが良いということ。

では、16bitのTIFFで同じ事をすると、階調の段が格段に多いので、画像を処理してもレベル調整画面の階調の頻度グラフの形はあまり変化しません。それを8bitのJPEGにすると、ほとんどトーンジャンプの無い8bit画像を得ることが出来ます。これが、「TIFFがレタッチ特性に優れる」と言われた理由です。

さて、RAWの場合はどうでしょう。

これの場合、もともとトーンジャンプの無い滑らかな階調を毎回、TIFFやJPEGに出力しなおせるので、階調の滑らかさを維持できます。また、RAW現像ソフトを持っていれば、ホワイトバランス、色の調整も出来てしまいます。だから、RAWが色を自在に変えられるネガフィルムにたとえます。やはり、デジタルカメラの場合、RAWデータは残しておくに越したことは無いですね。

ちなみに、私は、CONTAXが好きで、レンズもT*コーティングを愛用しています。T*レンズの色抜け抜群に良いです。PFフィルターなんか使わなくても、真っ青なきれいな空の色が写せます。愛器は、RTSIII、II、AX、G2、G1等です。よーするに今でも主役はフィルムです。もともと、レンズの色の抜けの話をしていたのに、デジタルデーターの持ち方の話になってしまいました。チャンチャン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

性格もあるでしょうが、jpegで綺麗にとれるようなカメラと腕を身につけたいと思います。
T2のデジタル出ないでしょうか。SONYさんにお願いしたいですね。
RX1あたりが近いんでしょうか。と考えながら。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/03/08 23:40

はい、RAWデータは、画像生成以前の生データですから、そのままででは、幾ら何でもプリントに出力できるワケはありません。


つまり、RAW現像ソフトで展開調整を行った状態で、変換せずにロスレスのまま、プリンターにデータを送ると言う意味であります。(カラーマネージメントの話は割愛)

TIFF16bitは、無意味ではありません。例えば、JPEGに比べレタッチ耐性は格段に優れています。
ただ、ミニラボでは、16bitデーターも8bitで扱われてします。そう言う事の意味で申しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何でも多い方が良いような気がして困りました。
そこまでこだわる気はないのですが、
お店プリントより、プロ使用のプリンターの方がきれい??なんですか?
ほんと、お側にいって教えていただきたいくらいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/08 00:05

No4です。



さすが、kumagoroさん。RAWからもプリントできるんですね。
でも、色を調整した後のRAWでないと意味なさそうなので、RAWのまま出力する意味、私にはよく理解できません。

さて、TIFF、JPEGに関する質問への回答ですが・・・

TIFFは、16bitをサポートしています。
要するに、2の16乗=65536階調の3乗(RGBの3色)=281兆色使えます。←多すぎて数と言えるか・・・

それが、JPEGだと、8bitなので、2の8乗=256階調の3乗(RGBの3色)=1677万色使えると言う事。

まあ、よほどのこだわりが無い限り、1677万色で十分だと思えますが、16Bitだと色の組み合わせ数が多いということです。
ただ、普通のデジタル一眼レフから出力される、数メガバイトのJPEGに対し、TIFFだと、数十メガから、百メガ単位のデータになってしまいす。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちなみに、A3位でプリントするとその差はわかりますか?
私はせいぜいA4なのですが。
プリンターの性能や、パソコンの性能にもよるでしょうし、なんだかわからなくなりました。
いままでは、どうあがいても昔のアルバムに張ってあるプリントの方が魅力的に感じます。何でなんでしょうかね。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/08 00:00

あ、一つ書き忘れ。



キヤノンの場合、DPP(Digital Photo Professional)と言うRAW現像ソフトと、プロ仕様インクジェットプリンターとの連携で、RAWデータから、直接出力も可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼を書き込むのを忘れていました。
大変失礼致しました。

お礼日時:2013/03/14 11:25

いや、RAWからのプリントも可能ですよ。


ただし、一部のプロラボに限られ、料金もプロ料金。
街のミニラボは、フロティアと言うデジタルレーザープリンタ。1画像20MB以下なら16bitTIFF形式も扱えますが、出力は8bitですから、TIFFのメリットは薄いと言えます。

発色に拘れば、入力から出力まで、一貫して整合性をとる為のカラーマネージメントスキルが必要。
言うは易いが、結構敷居は高い。

結局、貴方の好みを聞いて焼き直しにも応じてくれるミニラボを探す。
これが現実的な落としどころではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそのように思えます。
デジカメになってから、なぜだかすっかりプリントから遠ざかりました。
仕上がってきた同時プリントをわくわくしながら待つ楽しみがなくなったからなんでしょうか。人に見せたくなるようなプリントが焼けません。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/07 23:45

No4です。



>>RAW撮影で、同時プリント???

RAWで撮影し、自分の表現したい写真に調整してJPEG又は、16bitを保持したければTIFFで出力した後、プリントです。
RAWの同時プリントなんて出来ませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。考えが甘かったようですね。

別件ですが、
TIFFの出力後のプリントと、JPEGのプリントとは、出てくるプリントに何か違いは有るのですか?
どんな理由でTIFFにするんでしょうか?
良ければお教え下さい。

お礼日時:2013/03/06 23:34

ネガの場合、色はあってないようなもので、プリント時にいくらでも調整できてしまいます。


その点で、ポジは色を変えようが無かったから、仕上げにこだわるプロが愛用していたわけです。今では、ポジも結局デジタルに変換されて色調整した後にプリントも出来るので、結局色があってないような状態になってしまっています。

よく、RAW撮影はネガ、JPEGは、ポジといわれますが、後から色をつくるRAWがフィルムで言うネガの特性に似ていて、撮ったきりのJPEGがポジにたとえられるわけです。もちろん、JPEGも撮影後に色の調整できますが、それは、画質の劣化とトレードオフなので、撮ったきりのほうが良いという意味です。

さて、レンズによる色味の差ですが、有ります。
CONTAX T2のカールツァイスレンズですが、良く記憶色を写すといわれます。人は、実際に見た色よりも、より印象的な色だったと記憶しているようです。その意味で、その場のそのままの色を再現したのでは、人の記憶よりもあっさりした色に思えてしまうようです。

実際にツァイスを使ってみると、ツァイスのレンズは、他社のレンズに比較して飛びぬけて、色の抜けが良いように感じています。それが、T2で撮った写真が鮮やかに見える要因でしょう。(でも、キャノン、ニコン等、カメラメーカー純正のレンズは、同等の性能だと思えます。ツァイスを除くレンズ専門メーカー製は、色抜け悪いです)

でも、ネガでの撮影は、先にも言ったように、色があってないようなもの。プリント時にいかようにもコントロール可能なんです。ということで、他のレンズで撮影したものでも、ちゃんと追い込んでいけば、それなりのプリント結果を得ることも出来るでしょう。(お金かかりますが・・・)

もうひとつ、レンズによる色味の差よりも、その場の光源の色味の影響のほうがはるかに大きいでしょう。プロは、デジタルで言うところのホワイトバランス調整に、CCフィルター(マゼンタ)、LBフィルター(シアン)で、光源の色味を消す調整をしていました。

まあ、質問者様がおっしゃるように、RAWで撮影されていれば、色味は後からでも結構画質の劣化無く調整できるのも確かだと思いますよ。それが、RAWは、ネガでの撮影に似ていると言われている理由ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうござましした。
そうするとRAW撮影で、同時プリントしてくれるお店を探した方が早いんでしょうか。そんなお店さえあれば、多少のお金はかかっても、ストレスがかからなく昔のようにアルバム作りができます。
今は、選択肢が多すぎて、返って混乱しています。

お礼日時:2013/03/06 02:14

私自身の経験的にはレンズによって色の違いは有ると思います、しかしネガカラーはプリント時に色フィルターで補正することがあるのでアテにはしません、色を比較するならリバーサルフィルムでライトボックスをつかって比べるほうが正確でしょう


フィルムカメラはどのメーカも初心者用でもプロ用でも同じフィルムをつかうことができますから比較しやすいですね

デジタルカメラはフィルムに相当する部分がメーカやカメラの機種によって様々に違うのでレンズの色か受光部かどこの性能か比較しにくいです、しかも撮影後の処理がフィルムより手軽で色も加工できてしまうのでよけいわかりにくいですが結果的にプリントした写真で撮影者の意図が出ればいいと思っています
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
プリントはいろいろ設定変えたりして行っていますが、はっきり言って満足なプリントは1-2枚です。それも何回もプリントし直しての末です。紙代、インク代もバカになりません。
カメラなのか、調整なのか、プリンターなのか、自分の写真技術なのか、いっそのことRAWデータをラボでプリントしてくれるなら、その方がストレスがなくて良いと思っています。

お礼日時:2013/03/06 02:04

ネガカラーの場合、レンズの違いと言うより、DPE店の技術差の方が大きいと思います。


貴方の場合、偶々ツァイスと相性が良かったのかも知れません。
一度、ポジで撮ってみて下さい。多分、Lレンズに対する印象が変わると思います。


デジタルの場合、レンズの違いと言うより、機種毎の絵作りの差の方が大きいです。
レンズ自体は、純正であれば、基準となるCCI(光透過特性)を決めているので、レンズ毎の差は僅差。
ただ、純正とサードパーティー製レンズと混用すると発色の統一が取れない事があります。

機種毎の絵作りですが、機種毎の差が一番小さいメーカーはキヤノンだと思います。
その点、ニコンは、最近でこそ、機種毎の差は小さくなりましたが、過去には、迷いが有ったのか可也の差異が有りました。

RAW現像では、そこそこ絵作りの補正は可能ではありますが、ベースとなる絵作りまで変えるのは困難。
キヤノン機の絵をニコンの絵のように、その逆も可也困難です。
そう言う意味合いでも、メーカーの絵作りが好みで無いモノを買ってしまうと後悔しますので、カメラ選びの最も大事な要素だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり相性なんでしょうかね。
旅行などには、必ずT2と一眼レフ(キャノンイオス)を持ってでかけました。
いつでも、何処でもT2のプリントの方が美しく感じていました。
ポジでは撮り比べたことは有りませんでした。
デジタルになってからは、一眼はイオス以外は無理ですが、デジカメは何種類もためしました。相性が良いものに出会えておりません。
DPシリーズは敷居が高すぎるし、RX1を考慮中です。

お礼日時:2013/03/06 01:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜレンズによって色が変わるのでしょうか?

良くレンズの評価で、暖色系とか、色乗りが良いとか
こってりした色合いなどというコメントがありますが、
物理的な意味をお教えください。

また、センサーで受光したのちに、バランス調整するの
だからレンズの影響が残るのが不思議です。
この理由もお教えください。

Aベストアンサー

物理学で説明できますが簡単に判り易く言うと、光は波長によって照射された対象物が波長の周波数によって吸収される物と吸収されずに反射される物とに分けられます。

反射された物は、人間の目を通して水晶体で網膜に映されて神経を通り脳に映像として認識されます。

カメラのレンズですが透明に見えていてもガラスを構成している物質にはメーカーにより配合が違っていますのでレンズを通した光の場合にはレンズ内で対象物から反射された光の一部分が通過できずに実際に肉眼で見た物より足りない部分が出てきてしまいます。

カメラでレンズの前にフィルターを装着して紫外線カットとか強調したい色を特定するとかと同じイメージです。

それから、パソコン用ブルーカットレンズも透明ですが青い光を減衰する事から同じようなイメージなんだなと感じる事が出来ると思います。

センサーで受光した後にバランス調整するのだからレンズの影響が残るのが不思議と思われているようですが標準レンズをベースとして色調とかフォーカスがオートモードやマニュアルモードでセットされているので標準レンズ以外のレンズに関しては、ホワイトバランスからの標準レンズベースの調整としてのデーター処理後のメディア記録と成ります。

物理学で説明できますが簡単に判り易く言うと、光は波長によって照射された対象物が波長の周波数によって吸収される物と吸収されずに反射される物とに分けられます。

反射された物は、人間の目を通して水晶体で網膜に映されて神経を通り脳に映像として認識されます。

カメラのレンズですが透明に見えていてもガラスを構成している物質にはメーカーにより配合が違っていますのでレンズを通した光の場合にはレンズ内で対象物から反射された光の一部分が通過できずに実際に肉眼で見た物より足りない部分が出てきて...続きを読む

Q各メーカー 色合いの比較

こんにちは。

カメラに詳しく、質問に答えて頂ける方、よろしくお願い致します。

オート機能を使って素人が撮影する場合、各メーカーでそれぞれ撮った写真の色合いの違いについて詳しい方、教えて下さい。
例えば、このメーカーは自然な色合いが出るとか、このメーカーは青味が強いとか。。。

ミラーレス一眼カメラを買いたいと思ってます。
私は、国内や海外旅行の時に、遺跡や自然、花、風景、夜景などを撮って、プリントしてアルバムを作って、自分だけで見て楽しむタイプです。
パソコンにデータを取り込んで加工するとか、フォトコンテストに応募するとか、そんな高度なことはしません(^_^;

富士フイルムのFinePixを使ってましたが、キレイに撮れるけど、室内や暗いときはあまりキレイに撮れないような気がしてます。
ちょっとぼやけるというか。
友達がリコーのコンパクトデジカメを使ってましたが、こちらはマットな感じというかベタッとした出来上がりでした。
風景も撮りますが、かなり被写体に近づいて撮ったりすることもあるので、キレイに鮮やかに撮れるカメラがいいなと思ってます。

人それぞれ好みがあるのは重々承知です。
独断と偏見、主観的なご意見で結構です。
各メーカーの特色など、詳しく教えて頂ける方にご回答をお願いします。

こんにちは。

カメラに詳しく、質問に答えて頂ける方、よろしくお願い致します。

オート機能を使って素人が撮影する場合、各メーカーでそれぞれ撮った写真の色合いの違いについて詳しい方、教えて下さい。
例えば、このメーカーは自然な色合いが出るとか、このメーカーは青味が強いとか。。。

ミラーレス一眼カメラを買いたいと思ってます。
私は、国内や海外旅行の時に、遺跡や自然、花、風景、夜景などを撮って、プリントしてアルバムを作って、自分だけで見て楽しむタイプです。
パソコンにデータを取り込ん...続きを読む

Aベストアンサー

独断と偏見を前提に。

とにかく、バランスが取れた「一般受けをする」発色をするのが
Canon。Canonは安物コンデジから高級一眼まで、同じ傾向の
発色をする点でも安心ですね。普通に誰にでも勧められるカメラ
で、私も初心者への回答ではCanonをイチオシすることが多い
です。

でも、私はその「一般受け」を見切った設計があまり好きじゃない。
それにマニュアルで使うと、途端に発色バランスが崩れる場合が
あって(多分露出にシビアなんじゃないかと)、「おめーら、勝手に
いじるとロクなコトは無いぜ」とカメラに言われているような気が
するんですよね。娘用には買ってますし、先輩の持ってるEOS7Dと
70-200/2.8の性能はいつも羨ましいとは思いますけどね。でも、
自分用に買うかと言われると、多分買わない。

一方、癖のある、でも惚れると「それ以外なくなる」発色をするのが
FujiFilm。特に「ハニカムCCD」機の作る発色は、リバーサルでの
撮影に慣れた人には好まれる筈です。裏面照射CMOSになった今
でも、CCD時代と余り変わらない発色をするので、悪くは無いです。

ただねぇ。Fujiのカメラは安物だと個体差があってねぇ。外れ機は
発色はともかく片ボケとかがひどかったるするんだな、これがまた。
おまけにFujiって、AFもAEもそれほど頭が良くない。自分である程度
補正してやらなきゃ良い色が出ないんだな。

ま、補正が決まった時の発色が気持ちいいんでね。それで使ってる
みたいなトコがありますよ、ウチのFinePixS5Proって・・・。

同様に「自然を撮らせると上手い」のが、OLYMPUS。特に山岳や
水中など、「青」が強い写真の自然さは他を圧倒しますね。ただ、
OLYMPUSはどうも「機種ごとに発色の携行が微妙に違う」面もあり、
最近のPenは「どうもね~」って気がします。E420とかは良かったの
にねぇ。X10とかも結構いいのにさ。

それと、OLYMPUSは昔から「基本性能が良い」って所で納得して
しまい、ユーザーインターフェイスがイマイチな所があって、コンデジ
だと動作がもっさりしてるとか、AFやAEをダイナミックに外すとか、
とにかく「カメラの癖をよく呑み込んで」使わないとダメダメ写真を
量産してしまい、一般評価は余り良くなかったりするんですね。
でも、一旦あの「青」に惚れ込むと、他社に行けなくなる点なんぞ、
Fujiと似たところがあります。

「俺たちゃ色ってよくわかんない。だから皆さん頑張ってね」とユーザー
を突き放すのがNikon。実際全てAUTOにした時のJpeg撮って出しの
発色は、どう頑張ってもCanonより変です。でも、RAWデータには深い
発色のデータは残ってますし、撮影レンズも超一流(安いレンズは手を
抜くCanonより上かも)ですから、RAW現像するとCanonに負けないん
ですよね。Nikonって。

もっとも、一眼がそうだから、原則JpegのNikonコンデジの発色は、何を
考えてるかわからない微妙な発色なことが多いんですよね。あたしゃ、
Nikonのコンデジは勧めません。

一方、コンデジの世界で「判ってる人には判る」発色をするのがRICOH。
基本地味な発色なんですが、光線を考えて撮影すると、何とも言えない
自然な発色をするんですよね。先輩が使っていて、いつも懐に入れてる
んですよ>GR Digital。いやあ、いつ見てもいいんだな、これが。昔の
Rollei35とか、LeitzMinoltaとかを思いだします。

もっともRICOHのカメラも結構個体差があることと、何も考えずに撮ると
メチャメチャな発色になるので、判ってる人にしか勧められませんね。
ま、「ブラタモリ」で「タモリ」さんが使ってる、と言えば、雰囲気が判る
と思いますよ。

反対に「普通に判ればいいや」と考えてるのがPanasonic。Panaは
とにかく「人肌」の表現が上手いですね。それにさすが家電出身だけ
あって、インターフェイスが良く考えられてる。複雑なコンデジの操作を
あれだけ判りやすくしてるのは凄いと思いますよ。それに電源スイッチ
がスライド式、というのもこだわりがあって良いと思います。また、AFや
AEの頭が良く、手ぶれ補正が強力ってのも良い。個体差が余りない
ってのも安心できるかな。

もっともその分自然の風景、特に「緑」の発色がデジっぽくてね。RAW
で撮ってもどうにもならないから、そういうもんだと割り切るしかないと。
まあ、最近は皆さん「デジ色」がお好きなので、気にしなけりゃそれで
済むんですが。

こりゃ、コンデジじゃないよ。もっと別の何かだよ、というのがCASIO。
色々言ってますが、多分ここのメーカーは初めから発色とか画質とかで
他社と勝負することを諦めてるフシがあります。ベストである必要はない
グットで十分だ・・・という見切りと言うか。

でもその分、バッテリーの持ちが良いとか、連写能力が異様に高いとか
GPSの頭が良いとか、とにかく「付加機能」が充実してるだけでなく、
それが「使える」レベルになってるのが凄いですね。ある目的を持って
デジカメを使い、その目的に合っているなら、CASIO、イチオシです。


とりあえず、よく知ってるカメラメーカーはこんなもんですかね。

独断と偏見を前提に。

とにかく、バランスが取れた「一般受けをする」発色をするのが
Canon。Canonは安物コンデジから高級一眼まで、同じ傾向の
発色をする点でも安心ですね。普通に誰にでも勧められるカメラ
で、私も初心者への回答ではCanonをイチオシすることが多い
です。

でも、私はその「一般受け」を見切った設計があまり好きじゃない。
それにマニュアルで使うと、途端に発色バランスが崩れる場合が
あって(多分露出にシビアなんじゃないかと)、「おめーら、勝手に
いじるとロクなコトは無いぜ」とカ...続きを読む


人気Q&Aランキング