昔から疑問だったのですが、卑弥呼の墓というのは結局みつかったのでしょうか?見つかってないとすれば、どこが一番有力とされているのでしょうか?卑弥呼という人が謎だらけですが、その後継者の「いよ」とかいう人も謎です。どなたかご存知な方がいらっしゃいましたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

卑弥呼」に関するQ&A: 卑弥呼は進化?神化?

A 回答 (2件)

gomuahiruさんの言われるとおり、「畿内説」論者の間では、「決まり」といってもいいような扱いをされています。

墓の大きさなどからしても有力そうです。しかし、「九州説」論者の間では、当然認められておりません。

残念ながら、「箸墓古墳」の発掘調査ができないのです。

最近、弥生時代末期考古学的発掘により、この時代の畿内の「力」が分かってきて、「畿内説」有利と言った状況のようです。専門家のみならず、アマチュア愛好家の間でもそんな感じです。

以下に、私が毎日ウォッチだけしているSiteを紹介します。非常に「濃い」です。論者のレベルも高いです。

http://www.netlaputa.ne.jp/~andreus/

で、卑弥呼の娘「壱与(または台与)」ですが、これもまだはっきりしてないようです。以下に、大和説に立ち、なかなか説得力のある論理を展開している方のSiteを紹介します。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~onizuka/Yamatai.html

参考URLに古代史関係のリンク集を挙げます。

参考URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~andreus/link001.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。やはり箸墓古墳の発掘調査はできないのですねぇ。壱与が卑弥呼の娘だとは・・
知りませんでした!もしかしたら・・卑弥呼の墓だとされている箸墓古墳の中に一緒に埋葬されているかも・・なんてことはないもんでしょうかね・・。とにかく謎が多いですね。御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 00:57

一番有力とされるのは奈良、山の辺の道の途中にある「箸墓古墳」ではないでしょうか?


一つ参考ページを紹介しますが、これ以外にも、たくさん「箸墓」でヒットします。

参考URL:http://www.ohyu.ed.jp/~shakai/news1/hasihaka/has …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!箸墓古墳なんですねぇ。でも調べれないというのは・・謎が深まるばかりですね。事実を知りたいものですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 00:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卑弥呼の墓はどこですか?

卑弥呼の墓はどこですか?

Aベストアンサー

奈良の箸墓古墳とする説があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B8%E5%A2%93%E5%8F%A4%E5%A2%B3
http://inoues.net/club/hashibaka.html

邪馬台国が九州であった説をとると
宇佐説と
http://homepage3.nifty.com/washizaki/paper/paper21.html
平原遺跡と言われています。
http://www.systemicssystem.com/ja/%E5%B9%B3%E5%8E%9F%E9%81%BA%E8%B7%A1

Q卑弥呼とその後

歴史カテかもしれませんが、卑弥呼が実在したかどうかはっきりしないというのは本当ですか?
確かめたわけではなく人から聞いたものなのですけど。
また、その後に「いお」という名前の巫女がいたと、小学生の時くらいに子供向けの本で読んだのですが、
この人はもっと実在が疑わしいとか。これも本当かどうか教えてください。

Aベストアンサー

卑弥呼はあくまでも当時の中国側からの呼び名であり、本当の名前はわかりません。実在したかどうかわからないのは証拠が三国志の記述しかないためです(魏志倭人伝)。卑弥呼の死後、男王をたてたが、倭国が混乱し、動乱がおきたそうです。そのために女王「いよ(とよ)」をたてて混乱が終息したそうです。
実在が疑われている人物は聖徳太子です。厩戸皇子がいつのまにかそうだというようになったそうです。

Q卑弥呼・・・?

 最近ニュースなどでも話題になっている卑弥呼と邪馬台国・・・ニュースを見ていて疑問に思ったことがあるので質問させていただきます。邪馬台国は、大和説や九州説があるようですが、どこに存在したのかはっきりわからないのになぜ卑弥呼という人が存在した事や、邪馬台国の存在があることははっきりしているのですか?普通は、地中から出てきた出土品から判断して、この時代にこのような人がいたと判断するのではないのですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

yoshin01さんの見解のように有史前のことがらは、発掘により時代が確認されて初めて認められます。考古学では推論は認められないわけです。従って発掘の数と発掘技術の進歩によって過去の”事実”がどんどん改められていきます。

卑弥呼の時代の発掘と遺跡の再現は相当進んでおり(ここ15-20年で)中国の魏志倭人伝に書いてあることが発掘によって確認されつつあります。卑弥呼(個人名)や邪馬台国の存在の確認は日本に文字がなかった時代のことだから今後とも難しいでしょう。(魏志倭人伝に邪馬台国の場所が詳しく書かれていますが、方位や距離が正確ではないなどの事情から、まだ解読されていません。
しかし、邪馬台国のようなクニや卑弥呼的女性の存在は発掘によって証明がすすむでしょう。同様のクニはたくさんあったと思われるので、九州説や近畿説が出るわけです。

Q邪馬台国、卑弥呼についての入門書

初めて本質問掲示板を使わせて頂きます。

関東で理系大学に通ってる私ですが
ここ最近ふと邪馬台国、卑弥呼に
興味を持ち学んでみたいと思いました。
とは言うものの
高校時代も世界史も日本史も教科選択しておらず
ほとんど無知、0の状態です・・。

そこで是非ご教授をお願いしたいのが

邪馬台国について。
当時の文化とはどういったものだったのか。
卑弥呼とはどんな人間だったのか。

この辺りについて記してあって
私のような初心者に向いていると皆様が思われる
入門書を紹介していただければ、と思っています。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

私が読んだ本を1冊、たいへん良かったと思います。

題名 : 邪馬台国 ( 朝日文庫 )
著者 : 朝日新聞学芸部
発行 : 朝日新聞社

通称「魏志倭人伝」の 二千余字からなる原文と、新しい読み下し文が載っています。

この新読み下し文は、中国語学・中国文学の専門家である 京大人文科学研究所教授 尾崎雄二郎 および 神戸大学教養学部教授 一海知義 の両氏によるものだそうです。

Q卑弥呼が死んだときには古墳時代でしたか?

数年前に奈良の古墳の年代測定で、卑弥呼の時代はすでに古墳時代に突入していたというニュースがありました。
その後ニュースを聞かないのですが、卑弥呼が亡くなったときにはすでに古墳時代であったということで決着がついたのでしょうか?
邪馬台国畿内説の優位は動きませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>卑弥呼が亡くなったときにはすでに古墳時代であったということで決着がついたのでしょうか?
現段階では卑弥呼は古墳時代初期に数えることが多くなっていると思います。しかしこれで決着がついたかという点は分かりません。またこれから何らかの発見・展開があるかもしれません。

>邪馬台国畿内説の優位は動きませんか。
畿内説を信じている人が多いという点、ほかの説を信じている人も少なからずいるという点では変わっていないと思います。
また現段階ではどの説も確証が得られていない単なる"仮説"の段階なので"信じている人が多いから必ず畿内だ"というわけではありません。これもこれからの発見待ちになるかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報