痔になりやすい生活習慣とは?

度々、書き込んでいます。

家族の看護がいったい、どういうものなのか?分からなくなってきました…


71歳の父は、C型肝炎から肝硬変、肝臓癌となり、

年末から腹水がたまり、足も腫れて、仕事も辞めました。

そして、とうとう

2月1日、肝性脳症で風呂場で倒れ、緊急入院

私と母が交代で毎日、腹水で食欲のない父の食事の世話等で通い始めました。
でも、まだ元気そうに見えました…

2月16日、1回目の腹水を抜き、

2月18日、食道静脈瘤破裂で吐血… 個室に移される…

この日以後、家族、私と母と弟は一変しました。
もちろん父も、素人の誰が見ても、もう末期的にしか見えません

母は病院に泊まり込み、私は母のサポートで1日病院に、
弟は東京から週末ごとに帰省します。 

もちろん父も、素人の誰が見ても、もう末期的にしか見えません。

食道からの吐血なので、固形物は食べられず、
点滴と水だけ…

腹水でお腹がパンパンなので、
水を飲みたがりますが、飲むと腹水を圧迫して苦しみます。

3月2日、とうとう2回目の腹水を抜きました… 体力が落ちることが分かっていて。

腹水を抜いて、私と母に冗談を飛ばすように、よく喋るようになりましたが、
それも3日後ぐらいから、腹水が元の状態にもどり、
昼間でも寝ている時間がかなり長いです。

でも、3時間ほど毎に、「み、水、飲ませてくれ・・・」

と言うので、家族はとても看護師さんだけに任せる訳にはいきません。

母は病院の父の個室で寝て、24時間看護の体勢、
私は息子ですが、うつ病の為、家族の食事を作って、病院に通います。
でも、私にも家庭があるので、19時までには帰宅したいところ。

弟は今週は、大阪に出張もないので、東京に居ます。

私や弟が父に出来ることは、とても母にはかないません。
ただ、母の「サポート」をするしかないんだ、と分かりました。

肝心の父のここ最近は、「小康状態」としか言い表せません。

私が10時から18時までいる間は、
喋ることも少なく、ほとんど寝ていて、

でも突然、「み、水をくれ…」というので、吸い飲みで口に注ぎます。
それしか口に入れるものが無いので、「美味しい美味しい」と言ってくれます…

会話らしい会話も出来ず。

母は、一昨日は風邪で病院に、昨日は髪のカットに行きました。
実家の用事もありますし、祖母の介護施設の手続き等々、することがあり、
父だけに時間を使えないので。
その間、私が父を看ています。
何もしないのに、病院に居るだけで疲れます…

私は、家の車から実家で、実家の車に乗り換えて、病院に行きます。
母は、実家の車しか運転できないと言うので。

昨日の出来事の1つですが、

母がカットから実家の車で病院に帰って来て、駐車場に止めました。
もう18時を過ぎていて、私は焦っていました。母も焦っていました。
携帯に母から連絡があり、駐車場の方に向かいました。
「駐車券はどこ?」
「車の中」
「何階のどの辺りに止めたの?」
「3階の昨日とは違う方」
それで、別れて私は車の方へ、母は病院の方へ、
でも、実家の車のカギの引き渡しを受けていませんでした。
すぐ母の携帯に何度もかけても、出ません。 
何で携帯に気づかないのか!?
とにかく父の部屋に戻っていると思って急いで病院に戻るも居らず、
携帯にでた母は、買い物をしていました…
切れたらいけないと思いつつ、切れそうになりながら、
やっと母からカギを受け貰い、駐車場へ。
「3階に止めてあるからね」と言われたので3階で車を探します。
ありません。 また携帯にかけますが、母はでません!
4階を探してもなく、2階に行って、やっと車を見つけた時に、携帯に母から、
「ごめんね。えらい運動させてしまったね~。」
笑って言っていました。
私も、「2階だったよ」と笑って言うしか出来ませんでした。

夜の、「慣れない車」の運転の前なので、怒ってはいけないいけない。落ち着いてと。

そういう「一こま」でした。

私は帰宅してから、家族と夕食の後、
次の日の夕食を料理して、23時。

もう疲れて寝るだけです。

何か、何というか?
肝心の父を看護しているのか?父は殆ど寝ているだけで、
たまに体を拭いたり、寝返りをするため看護師さんの手伝いをして、
父の横ですることもなく、
でも、自分には自分の家族の生活があって、料理・買い物等で疲れて、
母にも、母の用事が何かとあって、
母の方が、病院の簡易ベッドなので、疲れているはずで…

肝心の父と会話もなく、
母も私も疲れるだけで…

看取るというか、家族の看護って、こんなものなんでしょうか?

長々と書いて、すみません・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

41歳です。


10年前、私も実父を肝硬変で亡くしました。

父が入院したときは、緊急だとか危ないとかではなく
「ちょっと数値的に悪くなったので、入院してそのへんを良くしましょう」的な
ことだったのに、入院してだんだん悪くなり、3ヶ月で亡くなってしまいました。

当時父の面倒は母が見ていました。
千葉に住んでいた兄と埼玉に住んでいた私は、週末のみ子どもを連れて
病室にいる母と交代したり、必要な買い物をしたりしていました。

たった3ヶ月でしたが、
兄も私も自宅から実家に帰るのに3時間はかかりましたし
途中二度の危篤状態があり、そのたびに小さい子どもを連れて
狂ったように大急ぎで帰って・・・
実父のことなのに、こんなに死んでほしくないと思っていたのに
疲れて・・・3回目(このとき亡くなりました)のときには
「またか・・・」とまで思うようになってしまいました。
家族の不満も、こちらが大変だというのはわかっていましたから
黙っていたけど、それでも溜まっていたのでしょう、
兄夫婦も、私たち夫婦も一時的に不安定な状態になりました。
それでも実家に帰らないわけにはいかず・・・大変疲弊しました。

亡くなったときは「ほっとした」というのが正直な気持ちです。
亡くなってからはまた葬儀等の準備で忙しくなるので
悲しんでいる暇も、疲れた体を休める暇もなく・・・
火葬場の都合で通夜が二晩あったのですが、泣くことができたのは
その通夜も終えて告別式に入ってからでした。

あなたの質問文、ずっと読んでいました。

私の父も腹水が溜まって苦しんでいましたし、
個室に移され、白い壁だけを見ているうちに
自分の死が近づいてきたのがわかるのか
暴れだして点滴を抜いたり、幽霊が迎えに来たと騒いだりしました。
母は本当に大変だったと思います。

家族の看護というのは、看取るというのは
あなたのおっしゃるとおり「そんなもの」だと思います。
病室で相手の手を取って、静かな最期を迎えられるのは
ほんの一握りなのではないでしょうか。
私の父も、最期はほとんど言いたいことも言えることなく
こん睡状態に陥り、そのまま亡くなってしまいました。
(私は最期に立ち会えませんでした。間に合わなかったのです)

あなたのお父様があとどれくらい生きられるのか
それはわかりません。
恐らく、病室に誰か1人待機しているのは
看護婦さんに迷惑を掛けられないという思いと
いつ最期の時が来るかわからない、最期のときに
1人にしてはいけないという思いがあるからだと思います。
できることなら、一晩だけでもいいですから看護婦さんにお願いして
皆さんで家で休むということはできるといいのですが・・・
もしものときはすぐに連絡をしてもらう、ということで・・・

キツい言葉になってしまいますが、
お父様が亡くなられてからも遺族の方々には
今の家族との生活が待っています。
これから亡くなっていく人のことより、これからも
生きていかなければならない人のことが、生きていかなければならない人の
生活のほうが大切なのです。
それは私の父が病床で言っていたことです。
お父様のことは勿論大切ですが、それでも、
ご自身の体を、生活を大切になさってください。
疲れたら、看護婦さんにお願いして休む。
大丈夫です、看護婦さんはそのへんはわかっていらっしゃいます。
休みたい・・・と思ったら、その心の声を優先して休んでください。

この回答への補足

私も42歳の男性です。

今から病院に行くので、また、帰ってから
お礼のお返事させて貰います。

ありがとうございます。<(_ _)>

補足日時:2013/03/07 09:39
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。
辛い体験を思い出させてしまい、申し訳ありません。

それから、お礼の方、遅れまして、すみません。
昨日は疲れて娘たちと夕食をしてすぐに寝てしまいました…


お家から、お父様の病院まで3時間もかかったのですね…

私の場合、父の病院まで、車で片道20分~30分ぐらいです。

それに、私はうつ病の関係で仕事をしていません。

妻は公務員で、妻に働いて貰っています。
ですから、下の娘は保育園で妻の帰りまで預かって貰えます。

上の娘は小学校の学童保育で5時まで預かって貰え、
また妻の実家が私の家から見える所にあるので、
私が家に居なくても、実家のお義母さんに見て貰っています。

そして、私は料理・買い物はしていますが、
完全な「専業主婦」とまではいかなくて、
洗濯とか子供のお風呂等は妻に頼っています。
極端な話、買い物と料理さえ作っておけば、私の家庭は回ります。

以上のことを少し整理しておきたいと思っていました。


泣くことが出来たのは告別式の後ということ、
回答者様のお父様とのお別れ方がそういうことであったこと、
家族が家族を看取るということは「そういうもの」ということ、

辛いことを書かせてしまいました…
でも、今の私は、解るというか予想が出来そうというか、
なんて言っていいのか分かりませんが、
ほんの3週間前の父の吐血の時は、父の姿の変貌に愕然とし、
かなり絶望的で、何も考えられなくなり、鬱が出ましたが、
父が少し回復した今では、理解しているような気がします。

絵に描いたように、穏やかな別れを期待しますが、
肝硬変からの腹水の苦しみ、肝性脳症の危険性(幻覚や暴言等)
そういう事から、医師からは、最後は「睡眠薬」を点滴に入れる
と言われています…

その睡眠薬が父との最後の別れで、
その瞬間だけは何が何でも教えて欲しく、
その時に「ありがとう」と「ごめんなさい」の全てを言いたいと
思っています。

ただ、私は上に書きましたように、暇で時間があります。
ですから、毎日、父の個室に通っています。

父の吐血までは、6人部屋でしたが、
吐血以後、なぜかは分かりませんが、個室になりました。
トイレやお風呂までついています。
料金は高いですが、かなり、くつろいで父を看て居られます。
特別な折りたたみ椅子を2つ組むと、簡易ベッドにもなります。

母はその簡易ベッドで泊まっています。
私も疲れた時は、そのベッドで横になります。

父は、ほとんど寝ています。昏睡ではありません。

お水を飲ませてあげられること、
看護師さんが体の向きを変える時に手伝うこと、
髪の毛をクシでといてあげられること、
伸びたヒゲを剃ってあげられること、等々
そんなことで父の身体に触れて、満足しています。
こんな時間が有る事は、東京にいる弟を思うと、
とても、とても、「有り難い」ことなのです。

昨日は、父のヒゲを剃らせてくれました。クシで髪も。
若い頃から、お洒落者の父だったから。
父はチカラの無い声で、「ありがとうな」って言ってくれました。
「ありがとう」は私が言いたい言葉なのに・・・
今まで、どれだけ苦労して私たち息子をここまで育ててくれたのか
孫を抱っこするまで生きてくれて「ありがとう」なのに・・・
その時だけは、たまらなくなって泣きそうになりました。

ついつい長々と書いてしまい申し訳ありません。
私は私の家庭と生活を私なりに守って父を看ているつもりです。
多少の疲れは出ますが、仕事をしていない私はこれぐらいは・・・
大好きな父を看取るのだから、と思っています。

本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/08 11:49

私も肝硬変の病で父を亡くしました。


同じくほとんど寝たきりでした。

でも闘病中のことは、よく記憶に残ります
交わす言葉は少なかったけれど

子供に体を拭いてあげた話を十年経った今でもすること
ありますね。

看病で忙しい日々に
突然死はやってきますよ。

お父様は、肝臓機能が低下して話すのもおっくうで目を閉じて
いらしゃっるだけだと思います
聴覚は最期まで機能しているらしいので
話をしても聞いてくれてるはずです

私の父も水を欲しがりました
あなたの看病をお父様はとても感謝されてるでしょうね
    • good
    • 7

 現在 休業ですが、元 癌専門病院勤務の看護師です


 
 読んでいて疑問に思ったのは自分からの職業観点なのですが

 患者さんを1人見た時、その方を取り巻くご家族のことも

 私たちは視野に入れて動いています

 私の職場の場合ですが、24時間体制で家族が滞在という形は

 取っておりません

 どんなに長く面会されていたとしても

 朝の9時ごろから 21時ごろまでで

 それ以降はご帰宅されています

 たとえば24時間体制が、ご家族のご希望であれば

 個室に限り可能だとは思います

 しかし ご家族の生活を考えると 私たちも ご家族の健康のために

色々とアドバイスやご指導を入れることもあります ご家族へのケアです。

水が飲みたい主旨など どんなことでもスタッフは対応しますし

遠慮しないで言って頂ければと思います

個室を担当するスタッフは頻繁に訪室しますし

こまめに状態をチェックしております、。お声掛けもきちんと。

きっとお母さんは、誠心誠意 夫に尽くしているのでしょう
その気持ちも汲みとりながら
時々 私たちは 付き添う (主に患者さんの配偶者の方)と
お話をします。精神的に身体的に少しでも楽になってほしくて。


貴方は貴方の出来る範囲で良いのですよ

お食事はお休みした方がいいです

週に一度でも 貴方のご家族皆さんで
病室に訪れて、団欒があれば良いと思います


 病室に座っているだけ、水を飲ませるだけ ただ室内にいるだけ

 言葉で表せば そんなシンプルなことかもしれません

 けれど、同じ時間を共有している
 目覚めて 冗談を言ったり 会話のやり取りがある
 苦痛な時を共に過ごし、見守っている

 それらのことは 患者さん自身にとって
 とても励みになっています
 私たちがどんなに迅速で的確な医療行為をしても
 家族の力には敵わないものがあるんですよ

 無理の無い範囲で 貴方はお父さんの最期を
 共に過ごしてあげることが親孝行だと思います
    • good
    • 8
この回答へのお礼

happyclothさん、お返事、ありがとうございました。

父の死期は突然やってきました。

昨日、メールで母から、
「余命1週間」と聞きました。

一昨日、主治医から母に余命宣告があったそうです。


昨日、夕方まで会っていた母なのに、

私の顔を見て言えなかったんでしょう・・・・・・・

このメールには、さすがに私も覚悟していたつもりが、

身体中の力が抜けてしまい、

夕食も、食べなきゃいけないと思いつつ、

やはり、のどを通りませんでした……


私は、匿名ですが「nao913」です。

質問履歴を公開にしています。

最近は、父の「転院」について質問していました。

でも、もう母は断固として転院を断ることにし、

私も、母の決意を守っていこうと思っています。


父の方ですが、

点滴もしているし、水も飲みますが、

尿の量が減っているので、

肝硬変の上に腎不全が来たようです。

肝硬変末期からは、このように、「肝腎不全」になると、

ネットで調べて分かっていました…

腎不全、つまり、尿が出ないと、すぐ逝ってしまいます。

こういう状態になって、父はどんな最期を迎えるのでしょうか?

苦しむのでしょうか?

昏睡になって、分からずに逝くのでしょうか?

その点について、宜しければ、教えて貰えませんか?

どうか、よろしくお願いします。m(_ _"m)

お礼日時:2013/03/13 03:45

鬱病を抱え、父の看護に、家族の食事の準備まで…。


さぞかしお疲れのことと思います。

投稿者さんのご家族は、お父様の容態や看護をご存知なんですよね?
ご家族の方と話し合って、食事の準備は、お休みしてはどうでしょうか?
今は緊急時なんですよ。
肉親である父の人生の終焉に何が出来ずとも側にいて、見守りたいのは当然ですし、お母様を助ける事も必要です。
「息子として悔いなく寄り添いたい」とご家族に頼られてはどうですか?

一人で抱えられる事ではない、と思います。
ご家族にとっても「義父、祖父」です。
投稿者さんだけの事ではなく、家族の協力が必要だと思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。

昨日は、さすがに疲れてしまったので、今日はゆっくりしています。
いい加減で、気ままな者です。

疲れているといっても、会社勤めで、残業が続いている方はたくさん居られて、
私も塾に講師として勤めた時期がありましたが、ドリンク剤を何本も空けて、
23時まで残業をしている社員さんを見てきました。

それに私は、鬱病とはいえ、障害者年金まで受給しています。
まあ、とても生活なんかできるような額ではありませんが。
それでも、就職難でアルバイトをしている人には頭が上がりません。

ところで、家族の協力ですが、私の家族は、妻と2人の娘です。

娘は8歳と2歳です。
8歳の娘には、学校に行って、誰も居ない家に帰らせています…

妻は前のところでも書きましたが、公務員です。
定時に仕事が終わります。ほぼ残業はありません。
ですから、「買い物や料理をしようか?」と言ってくれています。

でも、子供の面倒を見れるのは母親の妻が9割です。
私は、基本、買い物+料理で、洗濯、掃除等は分担しています。

土日に電車で娘2人を連れて父に会わせてくれます。
帰りは、一緒に私の運転の車で家に帰ります。

それだけで十分ですし、仕事で疲れた妻に帰って来てから、
晩ごはんが終わって、子供を寝かしつけて、
それから慣れない料理をさせるのは「酷」だと思っています。

確かに、私がムキになって、疲れていても、
晩ごはんの後に、明日の晩ごはんを作ったりしていますが…

でも、1時間程度の残業と思ったら何でもないです。

お気遣い、本当に、ありがとうございます。

お礼日時:2013/03/08 12:43

他人だから書ける話ですが、貴女にも、母親にも生活があります。



毎日、毎日介護て、疲弊してるでしょう。

父親は残念ながら、永くはありません。

しかもそこは病院なので、多少の事は看護婦さんがしてくれます。

任せきりは行けませんが、多少の逃避は問題ないのでは?

貴女も根を詰めすぎないように、しっかりとみとりましょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。m(_ _"m)

私も家族が有り、2人の娘がいます。
下の娘はまだ2歳で保育園ですが、
上の娘は、8歳で、いつもは私が居ましたが、
今は家に帰って来ても私が居らず、
「鍵っ子」にさせてしまっています…

私は交通事故さえ起こさなければ良いのですが、
娘が、少し、気がかりになっています…

少し余裕をもつことも考えます。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/07 09:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝硬変末期の父が余命1週間と宣告されました…

よろしくお願いします。

もし出来れば、医療関係の方のアドバイスを求めています


まず、私は匿名ですが、「nao913」です。

質問履歴を公開にしています。

このカテゴリ:「家族」の欄で、何度も投稿しています。


父の病状については、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7973280.html

を参考にしてください。


さて、一昨日、母が主治医から余命1週間と宣告されました。

尿の量が減っているな、と思っていましたが、

肝硬変末期の上に「腎不全」が来たみたいです……

人工透析が1週間できなければ、どうなるか素人でも解りますね……

今の父に人工透析をしても意味が無いことも素人でも解ります。


そこで、質問なのですが、

父は、肝硬変末期で、3回、腹水を抜いて、

それでも、またお腹も両脚も腫れています。

こんな父が、穏やかに最期を迎えることが出来るでしょうか???

腎不全の最期というのは、どういうものなのでしょうか???


遅れましたが、私は父の長男(42歳)です。

私は父の病院へは、車で25分で行けます。

しかし、弟は東京に居り、関西のK市の、この病院には、

どんなに早くても3~4時間かかります。

父の最期に弟も居させたいと思ってもいます……


どうか、アドバイス、よろしくお願いします。 m(_ _"m)

よろしくお願いします。

もし出来れば、医療関係の方のアドバイスを求めています


まず、私は匿名ですが、「nao913」です。

質問履歴を公開にしています。

このカテゴリ:「家族」の欄で、何度も投稿しています。


父の病状については、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7973280.html

を参考にしてください。


さて、一昨日、母が主治医から余命1週間と宣告されました。

尿の量が減っているな、と思っていましたが、

肝硬変末期の上に「腎不全」が来たみたいです……

人工透析が1週間できなければ、どうな...続きを読む

Aベストアンサー

お返事読ませて頂きました。NO.6です。

お父様と、まだ会話が出来るのですね!ご家族への感謝、何気ない会話…。へんな言い方かもしれませんが、お父様・ご家族ともに、今の現状を充分分かった上での会話という感じがして、切なく、でも温かい気持ちになりました。
ある意味、それは幸せなことかもしれませんね。最後の時、これほど濃厚な時間を過ごせるご家族はそう多くないかもしれません。
きちんとお別れができて旅立てる方は、そうはいらっしゃらないように思います。
でも、心の準備がお互い出来ているからこそ、お辛い部分もあるでしょうね。

血圧もまだまだ大丈夫、尿もちゃんと出ているようですね。意識もまだ保たれておられるようですし、あとは苦痛の少ないことを心から祈ります。

質問者様も、休める時はしっかり休まれて下さい。お返事は無理なさらないで下さい。

Q肝硬変と腹水で苦しむ父を見ていられません…

71歳の父です。

もう長くはありません・・・

C型肝炎から肝硬変になり、もう肝不全になって、

今は、入院して、肝臓で処理できないアンモニア等を点滴の薬で処理しており、
アンモニアが身体に回って、肝性脳症(昏睡)になるのを防いでいます。

腹水で、お腹が妊婦さんのようにパンパンに腫れ、両足も腹水で腫れてしまっています。

私は長男で、父の家から車で5分のところに住んでいます。
弟家族は、東京に住んでいて、ここは神戸ですので、新幹線で3時間かかりますが、
父が倒れて入院してから、毎週のように帰って来ています。

父の孫は、私の家族に2人、弟の家族に2人います。


今は、その肝性脳炎・昏睡で倒れた父を、
何とか薬で肝性脳炎になって、意識がなくなってしまうのを止めているだけで、
腹水は、利尿剤等を使ってもなかなか抜けません。
残るのは、お腹に針を刺して腹水を抜くだけですが、
それも、すぐに腹水がたまってしまうそうです。

病院のベッドで起きている時は、腹水のせいで、
「しんどい~、苦しい~、苦しい~」
とばかり言っています。

本当に、苦しいんだと思います・・・

私と母が交代で、毎日、父の看病をしています。

肝性脳炎・昏睡には、5段階のレベルがあるそうで、
私が見る限り、昼間にウトウトと寝る程度で、
5段階の1番目ほどしか当てはまらないと思います。


父は、テレビも見ていますし。

でも、食欲も無く、歩くことも出来なくなりました。

父にとって楽しいことなんて何もありません。

今のところは、私と母で、毎日、父の状態を見て、
肝性脳炎・昏睡が進んでいないか?を確かめるだけです。

父は、2月1日に倒れました。

さすがに、その時は、もう昏睡になって、意識が戻らないかと思って、
私も母や弟と同じように、かなり動揺しました。

でも、3年前から肝臓癌が発症していて、
もともとが肝硬変ですので、1年前から腹水がたまっていたのか、
かなり苦しそうで、「癌」というのが頭にありましたから、
その時から、父の最期を考えてきました。

だから、私の中では、もう、父を看取るように心の準備をしてきました。

母も弟も、そういう覚悟はしています。



しかし、ここからが私の質問になるのですが、

もう後のない父に、今の肝性脳症・昏睡だけを防ぐ治療って、

父が昏睡になるまで?心不全にとかになるまで続けるのでしょうか???

今の総合病院には2月いっぱいまでしか居られず、
3月からは、実家の近くの病院か介護施設に入るしかありません。

母がとても父の介護を出来ないので… 私もそうです…
私たちは、そこで父を看取るつもりです。

でも、「私は」、母や弟と違って、
もう、父は充分に生きてくれたと思いますので、
今の苦しいだけの、治る見込みのない「闘病」生活なんか
父には、意味が無いと思うんです。

まだ主治医の先生に会って詳しく話をしてはいませんが。

そんなに腹水が苦しいなら、まだ昏睡状態の方が良いのではないか?
と思っています。

要するに、今の治療は、ただの「延命治療」に過ぎないと思うのです。

かなり極端な話ですが。


私、個人の話になりますが、
思春期に、父という高い壁があって、かなり父に反抗しました。
大学受験に失敗し、うつ病になって、就職が出来ませんでした。
今は、妻の収入で、「主夫」として生きています。

そういう私に、父は失望したと思います。 親不孝者です。

ですから、毎日、父の病室に足が向かいます。
映画じゃないですが、毎日、短い手紙を父に書いて渡しています。

父に謝って、許して欲しいんです。

私は父の家から車まで5分の所に住んでいるので、
毎週のように、2人の娘を連れて、遊びに行っていました。

ですから、もう過去のことは、父と私の間では「和解」しているかと思います…

それでも、肝性脳症になっている父から、
一言でも、許してくれるような言葉が欲しい・・・

でも、もう父には、闘病生活なんかしなくていい、

今まで本当に私たちのために、頑張って生きてくれたね、
本当にありがとうね。
もう、好きなだけ、好きなお酒を飲んできたんだし、
これ以上、私のために無理をして生きてくれなくてもいいんだよ…

って思うんです。

このように、まだ私の中でも、矛盾していますが、
母と弟は少しでも長く生きて欲しいようで、
私は、今の治療さえ、父には、ただの「苦しい延命」に思えています。

それでも、私個人として、悔いなく父を看取るには、
いま、何をすれば良いのか???

それが分かりません・・・

長くなってすみません。

これを読んで頂いた方には、
ただ感じたことだけでも良いですので、
何か私に言葉をかけてください。

どうか、よろしくお願いします。。。。。

71歳の父です。

もう長くはありません・・・

C型肝炎から肝硬変になり、もう肝不全になって、

今は、入院して、肝臓で処理できないアンモニア等を点滴の薬で処理しており、
アンモニアが身体に回って、肝性脳症(昏睡)になるのを防いでいます。

腹水で、お腹が妊婦さんのようにパンパンに腫れ、両足も腹水で腫れてしまっています。

私は長男で、父の家から車で5分のところに住んでいます。
弟家族は、東京に住んでいて、ここは神戸ですので、新幹線で3時間かかりますが、
父が倒れて入院してから、毎週...続きを読む

Aベストアンサー

心中お察し致します。
私の父もそうでした。
父の場合腹水ではなく、血管から漏れ出た水分が体中にむくみをもたらすものでした。
とても高価な抗生物質を何度か投与しましたが、全く効果がありませんでした。
もはや打つ手がないという状態を前に、私もあなたと同じことを考えてしまいました。
それでも父とは意識の疎通が出来ました。
茶目っ気も残っていて、嫌いな親戚が見舞いに来たら寝たふりをするんだと笑って教えてくれました。
今の自分に出来ることは最後まで父と向き合うことだと思いました。
何も考えずただ父の側にいようと決意したのです。
手足のマッサージはとても気持ちが良いと申しておりました。
お湯に足を浸して温めてやるのも良いようです。
看護師さんに内緒でこっそり味のついた氷をガーゼでくるんで父の口に入れてやったりもしました。
そんな時の父の顔はまるで子供のようでした。
私と二人だけの秘密の思い出を沢山作ってくれた父は、眠るように息を引き取りました。
後悔はありません。

参考になれば幸いです。

Q肝硬変の行く末…どの位生きられるのでしょうか

親戚の話です。
65歳、男性、肝硬変と診断されて何年も経っています。
先生曰く末期であろうとのことです。
半年前に食道静脈瘤が発見され、入院して硬化療法をしました。
今後は定期的に胃カメラで様子をみるようです。

食道静脈瘤の破裂・出血の心配は、だいぶしなくて良くなっただろうと
思うのですが、
では、このまま行けば、普通の健康体の人と同様に
何十年も生きられるのでしょうか?
(勿論、他の病気にならなかったら…ですが)
それとも、肝硬変がますます進んだ場合に、
肝臓の機能が停止してしまう…とかそう言う心配もあるのでしょうか。

勿論、余命は人それぞれだとは思うのですが、
可能性として、健康体の人と同様に数十年生きられる場合も結構あるのか
それとも持って数年なのか…
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

肝硬変の経過ですが、
(1)肝機能が徐々に低下して肝不全になる。
(2)食道静脈瘤などができて、そこからの出血が起こる。
(3)肝臓がんを併発する。
こういう理由でなくなる方が大部分です。(1)は比較的少ない印象で、(3)、(2)、(1)の順である印象があります。
食道静脈瘤が出来ているとのことですので、完成された肝硬変と考えられます。
10年より長いということは低いと思います。

Q肝硬変   腹水と肝性昏睡について

昨年の夏、食道静脈瘤の破裂で父(70才)が入院しました。
以前より肝機能はあまりよくないかもと言われていましたが、肝硬変(アルコール性)になっているという事をその時初めて知りました。
気付かずに禁忌の薬を服用していたのが、引き金となったようです。
1ケ月ほどで退院し、今は1ケ月半毎に大きな病院で血液検査や造影剤CTを受けています。
詳しい検査をしたところガンらしきものが肝臓に2ケ(1cm大のもの)あると言われ、またそちらの処置もしなければなりません。

私が普段気にしているのは、腹水の有無と肝性昏睡です。
父は少し肥満気味の為、腹水が溜まってきてもよく分からないのです。
3ケ月毎に造影CTをしているのですが、特に何も言われませんでした。
CTで腹水の有無は判るのでしょうか?
また父は最近よく眠ります。
椅子に座りながらでも寝ます。(30分ほど)
意識はしっかりしています。
夜間も短いですがちゃんと寝ているようです。
肝性昏睡の初期には睡眠障害があると聞きましたが、父のような容態でも肝性昏睡は起こるのでしょうか?
ちなみに精神異常はありません。
疲れているだけなのでしょうか?
素人が浅はかな知識を色々得て、混乱しております。
次の診察は4月末なので、気にかけています。
是非、ご意見をお聞かせ下さい。
宜しくお願いします。
ちなみに父の現在の血液検査の数値は
GOT 45、GPT 60、、LDH 207、AL-P 325、γ-GTP 69
です。

昨年の夏、食道静脈瘤の破裂で父(70才)が入院しました。
以前より肝機能はあまりよくないかもと言われていましたが、肝硬変(アルコール性)になっているという事をその時初めて知りました。
気付かずに禁忌の薬を服用していたのが、引き金となったようです。
1ケ月ほどで退院し、今は1ケ月半毎に大きな病院で血液検査や造影剤CTを受けています。
詳しい検査をしたところガンらしきものが肝臓に2ケ(1cm大のもの)あると言われ、またそちらの処置もしなければなりません。

私が普段気にしているのは...続きを読む

Aベストアンサー

肝硬変後の3大死因は、以下のようなものです。
・食道静脈瘤破裂で大量吐血による失血死
・肝性脳症による昏睡
・肝臓癌

ご懸念の件は「肝性脳症」でしょう。
昏睡状態は、肝性脳症の末期的症状なので、お父様の状態はそこまでには至っていません。昏睡状態は覚醒しません。
ご懸念の通り初期の段階では、よく寝ます。更に肝性脳症の症状が進むと軽い認知症のようになります。会話をしていても辻褄が合わない。日付が滅茶苦茶など。

ご存知かもしれませんが、肝性脳症の原因は血中のアンモニアの上昇です。
蛋白質を摂取すると体内でアンモニアが発生しますが、通常なら肝臓が解毒して影響はありませんが、肝硬変では解毒できずに体内にアンモニアが溢れていきます。

詳細については下記を参考にして下さい。
「メルクマニュアル医学百科」肝臓と胆嚢の病気
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec10.html
↑の「肝臓の病気で見られる症状」最下段に「肝性脳症」があります。

「肝性脳症」になると蛋白質制限食など食事の制限もあります。

私の身内も肝硬変から肝性脳症になったので症状は判ります。
先にも述べましたが、言動が怪しくなったら即病院に行く事を薦めます。
私の身内の場合では、即入院でした。
ところ構わずよく寝るのは注意信号ですよ。
よく観察されて、4月末の検査を待たずに判断された方が良いと思います。

GOT等の数値は、肝細胞が壊れる時に出る酵素の値なので、肝硬変で壊れるまで壊れてしまったら値は、正常値と変わらなくなります。

肝硬変後の3大死因は、以下のようなものです。
・食道静脈瘤破裂で大量吐血による失血死
・肝性脳症による昏睡
・肝臓癌

ご懸念の件は「肝性脳症」でしょう。
昏睡状態は、肝性脳症の末期的症状なので、お父様の状態はそこまでには至っていません。昏睡状態は覚醒しません。
ご懸念の通り初期の段階では、よく寝ます。更に肝性脳症の症状が進むと軽い認知症のようになります。会話をしていても辻褄が合わない。日付が滅茶苦茶など。

ご存知かもしれませんが、肝性脳症の原因は血中のアンモニアの上昇...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q肝臓癌での最後の症状

今現在、39歳の兄が肝臓癌の末期状態で余命1ヶ月と言われた所を
1ヶ月半程がんばっています。

私は近畿に在住していて兄は鹿児島に入院しています。
昨年、大腸癌が見つかってそこから肝臓へ転移して
今を迎えているのですが、兄は独り者で面倒を見てくれるのは
病気がちな母しかおらず、わたしも出来る限り時間を作り
帰っていましたが正直今の状況だといつ帰っていい物なのか
わかりません・・・

今すぐ帰りたいところなのですが
心も体もボロボロで仕事もそう長々とは休めない状態です。

どの様な症状が出たら危ないサインなのでしょうか?

母によると兄の状態は意識ははっきりしていますが腹水がたまり
3日前程から下半身が相当腫れて来て歩くのが難しくなって
尿も出ずらい状態だそうです。

こういうことを書いてる自分に嫌悪感を覚えますが
どなたかわかる方がいらっしゃいましたら教えてもらえると幸いです。

Aベストアンサー

家族が全く同じ状況だったものです。
肝臓の機能が低下すると足に水が溜まってきます。
足が膨らんでぱんぱんになります。
そうなったらもう長くはないはずです。
本人が苦しくなった場合、死の数日前に早めにモルヒネを大量に投
入して意識をなくした状態にするかもしれません。
会うのであればその前がいいと思います。
意識をなくすかどうかは本人が決めることだと思います。
死の直前は呼吸の仕方が変わります。
肩で息をするようになります。
ただそうなってからは1時間も持たないかもしれません。
最後は心臓の持久力次第なので、医者にもわからないと思います。
意識をなくす前に一度お別れの挨拶をして、後は死後でもやむを
えないと考えたほうがいいのではないでしょうか。

Q肝不全の点滴治療について(転院等も含めて)

父が肝硬変で昨11月に余命2週間との診断を受け、その後アルブミン製剤・モリヘパミン等の点滴治療を行い、入退院を繰り返し、早4ヶ月が過ぎようとしています。

1ヶ月ほど前に、右の麻痺と肝性脳症で緊急入院し、モリヘパミンの点滴で約10日後には、麻痺もなくなり肝性脳症も治まったため、点滴を中断したところ、2日後に右の麻痺が出て、再度点滴を行ない(1日500cc2本)、1泊外泊の許可が出て自宅に帰りました。

点滴再開後、2日でまだ完全には戻っていない状態に見受けられましたが、病院側の入院時よりはましですからとの説明で、外泊することになり、夕方連れ帰りましたが、翌日夕方あたりより右が効かなくなり、肝性脳症で意識がなくなってしまい、救急車で病院に搬送しました。

搬送後、CTと点滴をし、翌日には回復しました。このような状況で毎日点滴が必要との判断から、担当医より転院の説明がありました。3箇所ばかり紹介され見学しましたが、2箇所が精神病院、1箇所が老人病院と行ったところでした。

皆様にお伺いたいのは、今、お世話になっている急性病院にはいつまでいられるか。
また、転院で紹介された病院ではおおむねの患者さまが寝たきりで、父の様態とは違うように思われますが、このような病院しかないのでしょうか。
また、血管が細くなりIHVのポートを入れる手術をしました。この場合、通院での点滴や在宅で訪問看護などでの対応などは可能となるのでしょうか。
また、肝硬変は肝不全に進んでしまい、本人に一番よい環境で最後を過ごさせてあげたいと思いますが、どうしたら一番かわかりません。
本人は家に帰りたいと何度も話しており、それが一番だとは思うのですが、このような病状で自宅で可能でしょうか。
今現在、要介護1の認定を受けていますが、これを利用することは可能でしょうか。教えてください。
よろしくお願いします。

父が肝硬変で昨11月に余命2週間との診断を受け、その後アルブミン製剤・モリヘパミン等の点滴治療を行い、入退院を繰り返し、早4ヶ月が過ぎようとしています。

1ヶ月ほど前に、右の麻痺と肝性脳症で緊急入院し、モリヘパミンの点滴で約10日後には、麻痺もなくなり肝性脳症も治まったため、点滴を中断したところ、2日後に右の麻痺が出て、再度点滴を行ない(1日500cc2本)、1泊外泊の許可が出て自宅に帰りました。

点滴再開後、2日でまだ完全には戻っていない状態に見受けられましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

在宅看護を専門にしている大学の教員です。

急性期病院は通常2週間から1ヶ月程度の入院をするところですので、医師の予想よりもお父様が頑張られてきた経緯があって、制度の合間にはまってしまった感じですね。
他にあるとすれば、緩和ケア病棟でしょうか。

在宅での療養と看取りも可能と思われますが、ある程度、条件があるように思います。まずは看取り等に対応できる訪問診療が可能な医師や経験のある訪問看護の事業所が近隣に存在することです。その他に、ある程度質問者の方自身が、ある程度対応できる体制をつくる必要があるかと思います。(看取る時期には仕事の融通が利くような準備はしておいたほうがよいでしょう。)
輸液などはポートから自宅でも可能ですが、それによる効果はこれからあまり期待できなくなると思います。それをどこまで行うのか、(可能なら)ご本人とご家族の意見をまとめ医療職とも相談しながら進めてゆくことになると思います。介護保険も使われると思いますのでケアマネとも相談が必要です。(要介護1ということですが、区分変更の申請でもう少し介護度が重くなり、上限が拡大されると思いますので、これも相談してみてください。)

どうしたら1番良いのかは患者さん本人にしかわかりません。自分の人生をどうしたいのかについては患者さんが先生だと学生にも教えています。(でも本人もよくわかんない!ということもあります。)少なくともご家族がご本人の意向をご存じであれば、ご本人の意思が確認できない場合にできるだけそれに沿って医療面でサポートしていくことは可能です。

残される皆さんにはとても辛いことかもしれませんが、お父様の最期の時が有意義なものになるよう祈っております。

在宅看護を専門にしている大学の教員です。

急性期病院は通常2週間から1ヶ月程度の入院をするところですので、医師の予想よりもお父様が頑張られてきた経緯があって、制度の合間にはまってしまった感じですね。
他にあるとすれば、緩和ケア病棟でしょうか。

在宅での療養と看取りも可能と思われますが、ある程度、条件があるように思います。まずは看取り等に対応できる訪問診療が可能な医師や経験のある訪問看護の事業所が近隣に存在することです。その他に、ある程度質問者の方自身が、ある程度対応でき...続きを読む

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q肝硬変末期の父はこんな状態でも生きないと…?

何度も投稿している者です。

昨日、父の主治医から初めて説明を受けました。

危険因子は3つ。

・ 食道静脈瘤:今度、2回目の破裂をすると致命的に…
・ 肝硬変
・ 腹水

私は42歳の男性ですが、
この医師が私より若く30歳代のように見えたからではなく、
この医師の説明が全く意味不明にしか思えませんでした。
素人に理解不可能な説明が続きました。
塾の講師をする私から見れば、家族に理解・納得させる気が無いんです。

まあ、こんな医者はどうでもいいんですが。

昨日、今日と、母がいったん家に帰って、お風呂をし、
私と父で、父の個室に居る時間が長くなりました。

父は、「み、み、水をくれ・・・」と言います。

私は、水を飲んだら腹水がさらに貯まって、父が苦しくなるから、

「ゆっくりな、時間かけて飲もう、父さん…」

と言って飲ましても、100mlの吸い飲みをすぐに空にしてしまいます。

父は、「も、もっと、水くれ・・・」と言います。

仕方なく父の希望に添うように

1時間ほどかけて700~800mlの水を飲ませてしまいました…


それからが、ちょっとした地獄でした。

飲んだ水で、腹水を圧迫したのか、父が苦しみだし、

「押してくれ」
「何を?何を?」
「な、な、ナースコール」
「ええんか?押してええんか?」
「いや、待ってくれ・・・」

を3回繰り返し。
ようやく、父が寝てくれたので、とりあえず外の風に当たろうと、病院の外へ。

部屋に戻ると、父は苦しんでいました・・・

「しんどい~、しんどい~、しんどい~」と言うだけ…

私はさすがにヘトヘトになって、
父の顔を見ることも出来ず、

「しんどいなぁ~!、しんどいなぁ~!」
「でも、父さん、今まで、しんどいこといっぱいしてきたやんかぁ~!」
「会社でもしんどかったやろ~!」

って言うだけ…

辛かった・・・・

「看取るというの辛さ」というのが初めて理解できました。


胃ガンや肺ガンの末期の方が「痛い」と言うと聞きます。

父は肝臓癌もありますが、転移もなく、小さいままで、

腹水の「苦しみ」が堪らないんだと思います。

「虫の息」と言いますが、まさに今の父は「虫の息」です。


人は、ここまで苦しんで、憔悴しきってからで、死なないといけないんですか?????

確かに、犬や猫と違うから、安易に他人が死をもたらすことは出来ません。

でも、もう父は十分に私たちの為に生きてくれました。

昨日、今日、と溜まらず私は、

「父さん、しんどいな~、ありがとうな~、ここまで生きてくれて、ありがとうな~」

って、何度も何度も繰り返し言いました。


私も辛くて憔悴しきっています。

母は、泊まり込んで1人で父を看ています。
母の方が・・・・・

もう私には十分です。

ここまで生きてくれて、ありがとう。

ここまで生きてくれて、おつかれさまでした。

心の準備はしてきました。


父はもうお腹以外は、骨と皮だけです。

酸素チューブと点滴のチューブ、

ただの延命?

私には苦しみをいつまで父に与え続けるのかと思ってしまいます。

何度も投稿している者です。

昨日、父の主治医から初めて説明を受けました。

危険因子は3つ。

・ 食道静脈瘤:今度、2回目の破裂をすると致命的に…
・ 肝硬変
・ 腹水

私は42歳の男性ですが、
この医師が私より若く30歳代のように見えたからではなく、
この医師の説明が全く意味不明にしか思えませんでした。
素人に理解不可能な説明が続きました。
塾の講師をする私から見れば、家族に理解・納得させる気が無いんです。

まあ、こんな医者はどうでもいいんですが。

昨日、今日と、母がいったん家に...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。再度失礼します。

毎日なんて通わなくていいんですよ~!
今のお父様の状態を考えても、毎日通ってたらこっちがもちません。

自分のできる範囲のことをやるのが大事なんです。
できる範囲というのは「ちょっと無理をすればできる事」は含まれません。
もちろん、危篤の連絡があったとか緊急時は多少の無理は必要でしょうが…
質問者さんは、持病がおありなのですから、その範囲で通えばいいのです。
朝起きてみないと、その日に行けるか分からない状態だったりすると思います。それでいいんです。

変な例えになってしまいますが、透析が必要な人が、家族が死の淵で入院中だからといって
透析もしないで通ったりしてたら「そこまでする必要ないし、自分が危ないよ!」って思いますよね?
質問者さんにとって、休日(病院に行かない日)を作ることは、透析と同じくらい重要なことだと私は思います。
休まなきゃ!と思う必要もないです。お薬ちゃんと飲んで寝てればよしっ!
逃げたっていい(私は逃げだと思ってないけれど)だって逃げれば結果的に休めることになるんだから。

うまく言葉にならないのですが、吐き出したい時はこういう所でどんどん出しちゃって下さい。

おはようございます。再度失礼します。

毎日なんて通わなくていいんですよ~!
今のお父様の状態を考えても、毎日通ってたらこっちがもちません。

自分のできる範囲のことをやるのが大事なんです。
できる範囲というのは「ちょっと無理をすればできる事」は含まれません。
もちろん、危篤の連絡があったとか緊急時は多少の無理は必要でしょうが…
質問者さんは、持病がおありなのですから、その範囲で通えばいいのです。
朝起きてみないと、その日に行けるか分からない状態だったりすると思います。それでいいん...続きを読む

Q肝硬変の末期って直るのでしょうか。

姉の旦那が肝硬変で末期だと言われたそうです。
二週間前に入院したのですが(前日まで仕事もしてた)3日前に病室を換わるように言われ、それまで意識もしっかりしてたし自分でトイレにも行ってたようです。
それが昨日から黄疸が出て、腹水がたまり、意識レベルも下がっていると聞きました。10年前から肝臓が悪い事は知ってましたし、入院も年に1度はしてました。病院の先生は「会える人は今の内に・・・」と言われるのですが。
もう直らないのでしょうか?
肝移植とか聞いた事がありますが、私には全然知識がありません。
なにか治療とか方法は無いのでしょうか。
まだ40代で3人子供がいるのですが、知らせてないし、子供達も“また検査入院した”ぐらいにしか思ってないのです。これから先の事も考えたいので、どんな内容でもかまいません。教えてください。

Aベストアンサー

辛いでしょうが、腹水が出てくると正直厳しいと思います。私も2年前に父が全く同じ様に肝硬変で腹水があったのですが・・・・。只私の場合ですが、医者に肝移植の話をしまして、半年ほどは長くなりましたが・・。
出来るだけ本人の希望等を聞いてあげるのがいい場合もあるような気がしますので、よくご相談された方がいいと思います。


人気Q&Aランキング