たとえば避雷針の下に大きな水溜りを用意すれば
雷が落ちたときに水が水素と酸素に分解されて
燃料電池として利用できないものなのかな?
と考えてしまうのですが。
金銭的な問題は無視して雷で発電する方法で
何か面白い案があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ちょっと質問の回答とは異なりますが、以前テレビで雷の電力を活用できないかというのをやっていました。

もうあまり覚えてないのですが、どこかの国で真剣にやっているのですが、雷の力があまりに強く、現在の技術をもってしても機械が耐えることができないらしいです。今はどうかわかりませんが・・。もし、雷の電力を活用できることになれば、何十年だったか何万年だったか覚えてないのですが、とにかくずいぶん長いこと電力が保たれるんだそうです。
    • good
    • 9

「落ちたときに」では消極的すぎます(笑)。


雷雲を見つけたら、こちらから出向いていって電力を回収したほうがいいのでは。(どうやって??)
そのほうが放電数が多いし、ピーク電流も小さいでしょう。

発達中の雷雲のそばで、
「もう食べてもいい?」
「まだよ、もう少し大きくなってから」
と食べ頃をみはからうわけですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

失礼かもしれませんが、1~5の方達へのお礼をまとめて
ここに書かせてください。
落ちる落ちないの問題は確かにそうですね。
うまく誘導する方法もいろいろ考えられてるんでしょうけど
とりあえず落ちたときにエネルギーが取り出せれば
改良次第で実用レベルも夢じゃないような気がしてきました。
ただ不定期に発生する雷を主電力にするのはおそらく無理でしょうから
副電力というか、家庭のソーラーパネルみたいに
「ちょっと発電して電気代を浮かす」
みたいに使えば便利ではないでしょうか。
とにかくみなさんのおかげで勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/23 16:47

Sephyさんこんにちは


おもしろい発想ですね。雷のエネルギーは凄まじいもので、数億ボルト、数万~数十万アンペアもの電流が流れていると推定されています。私もこのエネルギーを使うことができたら発電所なんか要らないんじゃないかなんて考えています。
雷は「インパルス放電」というパルス放電の一種で、電圧は矩形波になります。つまり、ほんの一瞬の間に凝縮されたエネルギーが放出(中和)されていると考えられます。したがって、生活に使うような電気には向いていません。
しかし、パルスパワーというパルスエネルギーを必要とする分野もあって、次世代の原子力発電とも言われる核融合発電の始動などへの応用も考えられます。
雷を利用するには、まず雷を特定の位置に導く誘雷の研究が必要で、最近ではロケット花火やレーザなどを使った誘雷成功例がありあます。また、超高電圧・電流に耐える設備も必要ですね。
私個人として考えたのは、雷を超伝導コイルに閉じこめることができたら小分けして取り出せないかなぁなんてことです(笑)。
    • good
    • 2

雷ですけど、電圧は高いですが、容量が小さいです。


電力を扱う場合、単に電圧が高いだけではどうしようもないので、
雷は電力発生源としては向いてないかもしれません。

対して、落雷による被害はかなり出てます。日本では日本海側を中心にえらいことになってます。
対策として避雷針などがありますが、これもうまく落ちてくれるとは限らず
確率もそれほど高くないようです。

そこで考え出されたのが、レーザー誘雷です。これはレーザー光によって雷の通る道をあらかじめつくってやることで、雷をうまく避雷針に落そうというものです。
主に大阪大学や九州大で研究されてると思います。
そのほかにはロケット誘雷というのもあるようです。

なんにせよ、電気は作りつづけないと今の生活は保てないので、石炭、石油に変わるなんかで対策を考えんとあかんところです。
現に米、カリフォルニアでは電力不足によりえらいことになってます。
なんか考えんとあきませんなぁ、どうしょうかなぁ

では
    • good
    • 5

 雷のエネルギーとしての活用は、昔から真面目な学問テーマではあります。


 その昔フランクリンは、凧に落雷させ、蓄電瓶に充電することに成功していますから、雷を拾って電力に換えることは、全く不可能ではないとは思います。
 しかしながら、コンデンサーの変体のような蓄電瓶ならともかく、電池の類に電気を蓄えたり、電気分解を行うには、決して短くはない一定の時間、一定の電流で穏やかに電気を流し続ける必要があり、雷のような瞬間的に巨大な電力が励起して直ぐ消えてしまうものが「電源」である場合、それを緩解して、制御に適する「穏やかな流れ」にする方法が簡単であるとは思えません。
 それよりも、何らかの方法で落雷の「場所」を制御する(避雷針もその一種)ことができれば、災害防止や、あるいは兵器への応用など、そちらのほうが現実味があるかも知れません。
 
    • good
    • 3

面白いですね.ただ,避雷針に落ちるかどうかは不確定ですから,どうやって確実にその装置に落雷(本当は下から上ですが)させるかが問題で

はないでしょうか.落雷を追いかけるのには,移動式でないとダメではないでしょうか.一番雷の発生しやすい高い山に電極を据付けて,集めるほうがいいのではないでしょうか.
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q避雷針を付ければ、アレスタは不要なのでしょうか?

こんにちは、

避雷針を付ければ、アレスタは不要だと思うのですが、なぜ必要なのでしょうか?また接地抵抗はなぜ、低い方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

避雷針は落雷(外雷と言います)の直撃によりその周囲へ危険を防止
するためにつけるもの。
アレスタは電路(送電線等)に侵入した雷(内雷といいます)による
電路に接続された機器の破損を防止するためにつけるもの。
それぞれの役割がことなります。
又、上記の機能から避雷針はアレスタの代用にはなりませんし、その
逆も然りです。
接地抵抗が低いほうが良いのは、雷電流が流れたときにはオームの
法則により電流×抵抗に比例した電圧上昇が接地極付近の地面に生じ
ます。
この電圧上昇を抑制するためには接地抵抗は低いほうが良いのです。

Q液体燃料と固体燃料の発熱量測定

液体燃料と固体燃料の発熱量の測定には、それぞれどういった装置が使用されているのでしょうか?
Googleで「液体燃料 発熱量 測定」等で検索してみましたが思った答えが得られませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

食品分析用のカロリーメーター
とか
ボンブ熱量計
とか
オートクレーブ
とか.呼ばれている道具を使います。

使い方は.大体100mg計って中にいれて.酸素を充填し.ニクロム線で加熱着荷.ここで発生した熱量をベックマン温度計で測定(熱容量は標準で構成する).

Q燃料電池車の燃料タンクの重量について

前々から疑問に思っていたことです。
燃料電池車は燃料である水素を300気圧程度に圧縮して自動車のタンクに入れるとの記事を読んだ記憶がありますが、300気圧の水素に耐えられる鉄板は相当の厚さになりその重さで自動車走行困難になるのでは?と思うのですがどうでしょうか?

Aベストアンサー

各車メーカーでは非公開なので「約」やら「程度」やらあいまいですみませんが。
車では冷却できないから液化して充填できないのが困った物ですね。

300気圧は30.4MPa。これは医療用でよく使用されている酸素ボンベ(充填圧15Mpa)のほぼ倍くらいです。この酸素ボンベは厚みは6mm程度ですが、実は耐圧は25MPa確保されています(ボンベの設計耐圧は使用圧の1.7倍程度で見ます)。

同様に水素ボンベも設計耐圧53MPa程度で設計されているのでしょうが、今実験車に用いられているのは100L前後の容量で100~150kg程度の重さのボンベです。人間2人分程度なら走行困難というほどではないですね。高張鋼など使うとか、球形にすればもう少し軽くできるのかもしれません。
最近は鉄ではなくアルミや樹脂・繊維を使用することで、更なる軽量化が図られています。最新のものは100L容量でボンベ重量が80kg程度のものがあるようです。

更には70MPaの超高圧タイプも用いられるようになってきました。これは容積半分で済みますからボンベサイズが減少し、肉厚上げた重量増加分がカバーできるとの目論見ですね。

各車メーカーでは非公開なので「約」やら「程度」やらあいまいですみませんが。
車では冷却できないから液化して充填できないのが困った物ですね。

300気圧は30.4MPa。これは医療用でよく使用されている酸素ボンベ(充填圧15Mpa)のほぼ倍くらいです。この酸素ボンベは厚みは6mm程度ですが、実は耐圧は25MPa確保されています(ボンベの設計耐圧は使用圧の1.7倍程度で見ます)。

同様に水素ボンベも設計耐圧53MPa程度で設計されているのでしょうが、今実験車に用いられているのは100L前後の容量で100~150kg程度の...続きを読む

Qガス燃料バーナーのガス燃焼量の調整で、ガス流量計が他のガス燃料機器と一

ガス燃料バーナーのガス燃焼量の調整で、ガス流量計が他のガス燃料機器と一緒の為、単独でガス流量が測定出来ません。
燃焼中のガスバーナーのガス圧力及び差圧で簡単に流量を算出出来る計算式が有りましたら教えて下さい。あまり精度は問いません。概算流量でも結構です。

Aベストアンサー

空気に用いる概略式ですが
絶対圧力基準で
下流側圧力/上流側圧力=0,528以上あれば
Q=240*S*√(P2*ΔP)
Q:流量 liter/min(20℃0.1MPa(abs))
S:有効断面積mm2
P2:下流側絶対圧力MPa(abs)
ΔP:上流側との差圧MPa

です。この式自体は近似式のさらに概算値を求める様に仕立てたものですが
大本の理論式を用いれば
燃料ガスに関しても正確な計算は可能です。

空気圧機器メーカの資料を探してみるとおそらく見つかると思います。
ただ、計算するときに大気圧は実測値を使うように心がけてください。
また、この計算式は気体温度20℃の時のものなので
温度が違うときには補正する必要があります。

Q避雷針

雷が避雷針に落ちたときに、
雷の電流は地面に逃げますよね?
地面に逃げたあとの行き場はどこになるのでしょうか?

Aベストアンサー

雷は雲と地表の電位差が生じた結果起こります。
放電すると、a-kuma さんのおっしゃるように地表からは拡散し、地上にたまった反対の極性の電荷と中和して消滅します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報