ちょっと変わったマニアな作品が集結

 50歳の男性です。テレビを見ていると、AKBのメンバー同士の名前の呼び方が呼び捨てが多いのが気になります。例えば高橋みなみや、卒業した前田敦子らが年長者の篠田麻里子を「マリコ~」と呼び捨てにしてます。普通5歳も年齢が違うと「麻里子さん」とか、せめて「麻里子ちゃん」だと思います。 他のメンバーでもそうです。「優子」とか「陽菜」とか・・・普通の会社だったら後輩でも年上には「さん」付けです。あれはわざとそう呼んでるのですかね?マジで呼び合ってるなら、一般常識を知らない人たちだな~とおもいます。 別にAKB批判をしてるのではありません。ちょいと気になったものですから・・・ ちなみに私の推しメンは高城亜樹です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

篠田さんとかこじはるは1期生(篠田さんは1.5期)なので先輩後輩という概念は無いと思います


同期なので呼び捨てでしょう


篠田さんは自分で さん付けは止めて 麻里子で良いから とあっちゃんや優子に言ってます
なので1期や2期ぐらいのメンバーは呼び捨てが多いですよ
他の後輩は殆ど麻里子さんや篠田さんと呼んでます(呼び捨てはギリ5期まで あとは個人的に付き合い深い後輩とかね)

総監督の高橋みなみでさえ たかみな!と年下から呼ばれます
もちろん後輩はさん付けですが
AKBはフレンドリーなのであだ名でも呼び捨てでも本人同士は気にしないみたいです
もちろん先輩後輩の自覚はあるので 先輩が呼び捨てで良いよ と言えばそうなるでしょう

高城はあきちゃと呼ばれてますが 後輩はみんなあきちゃさん とさん付けですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早いご回答ありがとうございます。そうですかマリコ様公認ですか。人間出来てますね。さすがに9.10期が呼び捨てにはできないですよね。AKBINGOで1期の峯岸みなみと9期の大場美奈は同じ年だけど「ミナ」「峯岸さん」と呼び合ってましたね。

お礼日時:2013/03/08 08:28

これ、社風というか


年齢基準で上下関係を結んでいるところと
入社期で上下関係を結んでいるところ
2パターンが一般的な会社や組織でもあります

たとえば浪人とかで同年齢でも入社期が違うとかなら敬語を使うとか
年齢差があっても、同期入社ならため扱いとか
そういうことを知っているので、必ずしも常識を知らないといえないです
なので1期の前田敦子が(若干)後輩の篠田麻里子をあだ名でもOKでしょう

また、ある意味団体芸としての
ボケ突っ込みが幕間のトークで必要なので
上下関係を過度に持ち込むと間がおかしくなるので
必要以上に先輩側が先輩風を吹かせない配慮をしているみたいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/10 17:26

ありがとうございます




あとは人柄でしょうかね
9期の横山さんは必ず先輩はさん付けですし


大場さんとみぃちゃんは仲良しですね
新旧バラエティークイーンですから 笑


あとは こじはるですね
陽菜さん と呼ぶ後輩はいません
こじはるさん と呼ばれます
AKBには小嶋が3名程いるので苗字だとわかりにくい

あと こじはるは名前にさん付けは嫌みたいです
なので みぃちゃんとかたかみなは陽菜と呼び捨て
後輩は小嶋さん
あっちゃんは にゃんにゃんと呼んでますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。横山さんは真面目そうですね。あっちゃんの「にゃんにゃん」は聞いた事があります。最近気になるのがNMBの上西さんです。NMBの「げいにん」ではすごい毒舌で少しひきますがおもろいですね。

お礼日時:2013/03/08 16:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAKB大島優子さんだけ後輩にちゃん付けされる

いつもお世話になります

何気ない質問なんですが
AKBの大島優子さんだけ、なぜ後輩にいつも「優子ちゃん」
とちゃん付けされているのでしょうか

優子さんより後輩のメンバーは他の先輩メンバーには
ちゃんと、さん付で読んでいます(たとえば、前田敦子さんなら前田さん
小嶋陽菜さんなら小嶋さんというように)

なのに、優子さんだけ優子ちゃんなんです

親しみをこめてなのかなと思うのですが
内心バカにされているのかなとも思います

どうなのでしょうか

Aベストアンサー

こんにちは。パソコンの壁紙に”チキンタツターズ”を設定している isuzu310 と申します。
お礼率 100% となっていらっしゃるので、張り切って出てまいりました。(^^
こういう人間関係といいますか、メンバー間の相互関係を分析(想像)できるというのは、大人数グループのおもしろさだと思います。

ご案内のように前田敦子さんはオリジナルメンバー、つまり1期で、大島優子さんは2期メンバーですね。
しかし、結成6年目の現在となっては、1期から3期までの上下関係はほとんどないものと思います。幾多の山谷乗り越えまして、研究生を経ないで正規メンバーとなった3期までの面々はもう一体のものと考えてよいと思っております。
そこで、"後輩"とは主に4期以降を指すという前提でお話させていただきますね。

 大島優子さんの後輩からの呼ばれ方は、「大島さん」、「優子さん」、「優子ちゃん」の3つにほぼ集約されるようです。
ご案内のように、大島優子さんはとにかく明るいですよね。見た目もそうですが、人柄からしてかわいらしいです。自分の周りに壁を作らない人ですね。彼女と同学年なのは、小嶋陽菜、秋元才加、梅田彩佳ですが、この中でダントツに明るく親しみやすい人だと思います。
ですから、後輩からもそんな風に親しみをこめて呼んでもらえたら、これは本人としても望むところなんじゃないでしょうか。僕はそう思うわけです。
これを「軽く見られている」とマイナスに捉えるのは、優ちゃんがかわいそうです。
これが一つ。

 それから、3年前にスタートしたおそらくAKB初のレギュラーテレビ番組「AKB0じ59ふん」での呼ばれ方もある程度影響しているかもしれません。これは現在放送中の「AKBINGO!」の前身にあたるものです。
司会者は番組中、基本的にはメンバーを苗字の呼び捨てで指し示します。ですが、グループの中に優ちゃんの他にもう一人「大島」がいたものですから、当人達が「どちらが指名されているのか分かりにくい」と感じ始めたんですね。
そこで、苗字呼び捨ての特例として大島優子さんのことを下の名前で「ゆうこ」と呼び始めたんです。(この処遇は現在も続いています)
僕は、このことも、彼女が後輩から下の名前で呼ばれやすい雰囲気作りに一役買ったのではないかと考えています。


 一方、絶対的エースの前田敦子さんです。
なんたって、あのカリスマ性、静かな存在感の前では「あっちゃん」とは呼びにくいでしょうねえ。(^^; そういった心理面に加えて、物理的な面もありますよ。
あっちゃんはソロでの仕事が増えてきまして、おいて4期以降のメンバーとの触れあいの時間は徐々に減少しています。前出の「AKBINGO!」においては、5月の最終週でしたか、本年初出演を果たしたほどでして・・・。(9ヶ月振りの出演)
つまり、立ち居地的に、キャラ的に、物理的に、後輩が「あっちゃん」と呼ぶのにはかなり勇気が要る存在なんでしょうね。
ま、テレビで観られる場面が全てではありませんので確定的なことは申せませんが、これまで観察した限りでは後輩で「あっちゃん」と呼ぶ人は、同学年の きたりえ と しーちゃん だけです。年上のもっちぃなんかは、あっちゃんのことをどう呼んでいるのでしょうね。(また、どなたか情報をお持ちでしたらご指摘願います)


 ところで、小嶋陽菜さんですが、この方はこの方でまた後輩と絡む場面があまり見当たらないんです。フレンドリーな感じでもなさそうですし・・・。
たしかに下の名前で「はるなちゃん」、「はるちゃん」と呼ぶ後輩はいなさそうです。
でも、これはある意味当然かもしれません。1~3期の中でも「にゃんにゃん」、「こじはる」、「こじぱ」、「にゃろ」などニックネームで呼ばれることが多くて、おいて後輩が下の名前+敬称で呼びやすい土壌にはなっていなさそうなんです。

 最年長の篠田麻里子さんは、「まりこさま」が良く知られていますね。あれは同期~加入期が近いメンバーの間でそう呼ばれておりまして、逆にある程度離れますと「まりちゃん」と呼ばれるケースもあります。
チームAキャプテンの高橋みなみさんを「たかみなさん」、ゲンキングの宮澤左江ちゃんを「さえちゃん」、柏木由紀さんを「ゆきりん」と呼ぶ後輩もいてますから、まあ、優ちゃんよりもむしろあっちゃんの立ち位置の方が特異なのかもしれません。

こんにちは。パソコンの壁紙に”チキンタツターズ”を設定している isuzu310 と申します。
お礼率 100% となっていらっしゃるので、張り切って出てまいりました。(^^
こういう人間関係といいますか、メンバー間の相互関係を分析(想像)できるというのは、大人数グループのおもしろさだと思います。

ご案内のように前田敦子さんはオリジナルメンバー、つまり1期で、大島優子さんは2期メンバーですね。
しかし、結成6年目の現在となっては、1期から3期までの上下関係はほとんどないものと思います。幾多...続きを読む


人気Q&Aランキング