個人事業主の会計を担当しています。
23年度は景気が最悪で所得税がかからないどころか、事業主から借りて何とか経営していました。
しかし、損失計上していませんでした。
24年は昨年より少しだけ回復し、事業主からの借りも少額で済みました。
すると所得税がかかることになってしましました。

青色申告をしていますが「損失を2年繰り越せる」というような利点があると記憶しています。
昨年損失計上していれば今年少し儲かっていても控除することができるという意味でしょうか?
昨年損失計上していなかったので今年経費計上することは不可能でしょうか?

損失を計上する方法と、修正申告をする方法を簡単に教えていただけると大変助かります。

やっと仕上がった確定申告書を提出しに行こうと思い、損失のことを思い出し、躊躇しています。
このまま提出すれば、24年度分まで修正申告する羽目になりそうで・・・

どうか詳しい方お助け願います。

A 回答 (2件)

>23年度は…



個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

>しかし、損失計上していませんでした…

どういう意味ですか。
青色申告決算書の中の「損益計算書」○45 欄
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
はどんな数字で提出したのですか。

経費をすべては計上せず、所得税が発生しない程度のプラスの数字にしたのですか。
それとも正直にマイナスの数字を記入したけど、第 4表までは作成しなかったのですか。

>青色申告をしていますが「損失を2年繰り越せる」というような利点があると…

3年間です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

>昨年損失計上していれば今年少し儲かっていても控除することができるという…

はい。

>昨年損失計上していなかったので今年経費計上することは…

だめです。

>損失を計上する方法と…

23年分についての修正申告から必要です。
「申告書第 4表」を作成します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

修正申告は簡単ですか?
多分ほんの一部を直すだけなんでしょうけど、
素人にはわかりずらい。
申告書作成指導の特設会場に行けば丁寧に教えてくれるでしょうか?
頑張って修正申告しようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/09 01:18

>青色申告をしていますが「損失を2年繰り越せる」というような利点があると記憶しています。


>昨年損失計上していれば今年少し儲かっていても控除することができるという意味でしょうか?

青色申告における純損失の繰越しと繰戻しについて:
「 事業所得などに損失(赤字)の金額がある場合で、損益通算の規定を適用してもなお控除しきれない部分の金額(純損失の金額)が生じたときには、その損失額を翌年以後3年間にわたって繰り越して、各年分の所得金額から控除します。また、前年も青色申告をしている場合は、純損失の繰越しに代えて、その損失額を生じた年の前年に繰り戻して、前年分の所得税の還付を受けることもできます。」

>昨年損失計上していなかったので今年経費計上することは不可能でしょうか?

23年分の純損失(赤字)を申告しなかった場合でも、24年分の所得(黒字)を申告する日までに23年分の純損失(赤字)を遡って申告すれば、その純損失(赤字)を24年以後3年間にわたって繰り越すことができます。

>損失を計上する方法と、修正申告をする方法を簡単に教えていただけると大変助かります。

23年分の純損失(赤字)を遡って申告するには、今からでも良いから、23年分の確定申告書(損失申告用)を提出して下さい。それだけです。↓

国税庁
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

提出前でよかったです。
何とか遡って23年分を提出してから24年分を提出したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/09 01:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青色申告の事業主借、事業主貸について

小規模な個人事業主です。青色申告の記帳について教えて下さい。
毎月、月末に売上収入が現金で入り、翌月にそこから必要経費を現金で払い、残金を全て家計に入れています。その場合の仕訳は、
現金/売上
消耗品費など/現金
事業主貸/現金
でいいのでしょうか。
また、特に事業用の現金も手元には残っていません。さらに、預金も事業用はなく、個人の預金から必要経費が引き落としされていますがこの場合は、
通信費など/事業主貸
になるのでしょうか。

教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>毎月、月末に売上収入が現金で入り…

商品を売るのは月末だけですか。
そんなことはないと思いますので、売れた日に
【売掛金 △△円/売上 △△円】
月末に
【現金 △△円/売掛金 △△円】
です。

>翌月にそこから必要経費を現金で払い…

これも収入側と同じで、経費が発生した日と支払った日との 2段階仕訳が必用です。
【消耗品費 (等) △△円/未払金 △△円】
【未払金 △△円/現金 △△円】

>残金を全て家計に入れています…

それはお書きのとおり
【事業主貸 △△円/現金 △△円】
で良いです。

>特に事業用の現金も手元には残っていません…

ふだんは現金取引を一切しないというならそれでも良いですが、例えばボールペン 1本がなくなっても、掛けでしか買わないのですか。

>預金も事業用はなく、個人の預金から必要経費が引き落としされて…

「個人の」って、個人事業である限り、事業用金が別立てであったとしても、それはあくまでも「個人」のものであり、団体のものでも公共のものでもありません。

つまり、経費が落ちている預金が事業用預金と考え、青色申告特別控除 65万円を取りたいなら、貸借対照表に記載すべきです。

>こ場合は、通信費など/事業主貸…

だからその預金を事業用途考え、
【通信費 △△円/普通預金 △△円】
とするのが良いです。
その預金から家事費を引き出したとき、家事費が振替出金されたときは
【事業主貸 △△円/普通預金 △△円】
です。

あくまでも家事用預金だと主張したいなら
【通信費 △△円/事業主借 △△円】
です。
事業主貸が右側に、事業主借が左側に来ることは、越年処理のとき以外にはあり得ません。

>毎月、月末に売上収入が現金で入り…

商品を売るのは月末だけですか。
そんなことはないと思いますので、売れた日に
【売掛金 △△円/売上 △△円】
月末に
【現金 △△円/売掛金 △△円】
です。

>翌月にそこから必要経費を現金で払い…

これも収入側と同じで、経費が発生した日と支払った日との 2段階仕訳が必用です。
【消耗品費 (等) △△円/未払金 △△円】
【未払金 △△円/現金 △△円】

>残金を全て家計に入れています…

それはお書きのとおり
【事業主貸 △△円/現金 △△円】
で良いです。

>特に事業...続きを読む

Q弥生の青色申告11で事業主借と事業主貸、元入金

自分の勉強も兼ねて知人に昨年度の帳簿をつける手伝いをさせてもらうことになりました。
2012年度分から「弥生の青色申告11」を利用し、始めたところです。
超初心者なので教えてください。

個人事業主。
前期からの事業主借が34,779円。事業主貸が1,846,352円あります。元入金も当初から885,429円上がっている状態です。
そこで、現在、基本情報の設定から始め、前期繰越残高の入力をしようとしたところ、この3つの科目については入力できない状態となっています。
この3項目を入力できる状態にする方法はあるのでしょうか。
説明を見ると
『「事業主借」「事業主貸」「期末控除前の所得金額」の前年度期末残高は「元入金」に振り替えられるため、期首残高は0となります。このため、これらの前期繰越残高は入力できません。』
とされていますが、前期の帳簿を参考にしていると、その3つの科目については前年度からずっと繰越されているようなのです。(今までは税理士さんが全てしていたので会計ソフトは違うものを使っていると思います。)

どなたかよい方法を教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

自分の勉強も兼ねて知人に昨年度の帳簿をつける手伝いをさせてもらうことになりました。
2012年度分から「弥生の青色申告11」を利用し、始めたところです。
超初心者なので教えてください。

個人事業主。
前期からの事業主借が34,779円。事業主貸が1,846,352円あります。元入金も当初から885,429円上がっている状態です。
そこで、現在、基本情報の設定から始め、前期繰越残高の入力をしようとしたところ、この3つの科目については入力できない状態となっています。
この3項目を入力できる状態にする方法はあ...続きを読む

Aベストアンサー

>個人事業主…
>2012年度分から…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。
しかも、税金は和暦です。

>前期からの事業主借が34,779円。事業主貸が1,846,352円あります…

前期からのって、事業主貸と事業主借は、越年処理の際に元入金に組み入れるものであり、翌年に繰り越すものではありません。

>前期繰越残高の入力をしようとしたところ、この3つの科目については入力できない状態…

それはそうです。

>今までは税理士さんが全てしていたので…

毎年の年初に事業主貸や事業主借欄に数字が入っていたのですか。
もし本当にそうなら、その税理士が間違っていますよ。

>この3項目を入力できる状態にする方法は…

事業主貸と事業主借は、ともに 0。

元入金は、
[年初の資産の総額] - [年初の負債の総額]
であり、これはまた前年の
[元入金] + [青色申告特別控除前の所得金額] + [事業主借] - [事業主貸]
と一致するはずです。
もし一致しなかったら、前年の貸借対照表が間違っていることになります。

>個人事業主…
>2012年度分から…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。
しかも、税金は和暦です。

>前期からの事業主借が34,779円。事業主貸が1,846,352円あります…

前期からのって、事業主貸と事業主借は、越年処理の際に元入金に組み入れるものであり、翌年に繰り越すものではありません。

>前期繰越残高の入力をしようとしたところ、この3つの科目については入力できない状態…

それはそうです。

>今までは税理士さんが全てしていたので…

毎年の...続きを読む

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Q青色申告(個人事業主)の純損失の繰戻しについて

こんにちは。確定申告の期限が近づき、焦ってます!!

早速ですが、質問です。

16年度 利益 300万
17年度 損失 150万

純損失の繰越ではなく、繰り戻しをしたいのですが・・・

国税庁のHPを見ても、繰戻しに関することは
見当たりません。
(用紙がDL出来るのみで、詳しい申告方法が書いてありませんでした)

今の調子で行くと、18年度も赤字見込みですので
繰越をしても意味がないと思うので
繰り戻しをしたいのですが・・・

確定申告の「損失用」を使用すればいいのでしょうか?
他に添付する用紙はあるのでしょうか?
純損失の繰戻による所得税の還付請求書を
添付するだけでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。損失は生じているので申告の一部として申告書第四表(損失申告用)を作成する必要があります。記載要領については、てっきり
http://www.nta.go.jp/category/shinkoku/data/h17/4381/03.pdf
に書いてあると思っていたんですが、この9ページ(PDFファイルとしては11ページ)の3の(1)に「詳しくは税務署にお尋ねください」となっていて、それ以上の説明がありませんね。
たぶん「65」から「66」に転記する際に前年に繰戻した金額を差し引くんだと思いますが、なにぶん私自身書いたことがないので自信がありません。この手引きにあるとおり、税務署に確認したほうが確かだと思います。

Q個人事業主の青色申告承認申請の提出が早過ぎることはあるか

2017年1月から個人事業の開業をしようと思っています。

仕事が始まってからの提出は時間が取れないと思うのですが、
2016年12月中に開業届や青色申告承認申請を出してしまうと、
2016年度の分も確定申告をしなければならなくなるんでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。


>法律の記述と実務が違うことは多いと思うんですが、実際に前日以前だと突っぱねられたりするもんなんですかね?

受け付けてもらえないのではないでしょうか。


で、私なら次のような工夫をします。

1.2016年12月20日頃に、税務署へ開業届と青色申告承認申請書を提出する。
2.開業日は12月15日とする。
3.2016年の事業所得は、小幅な赤字となる。理由:売上はゼロ。経費は、光熱費や家賃(又は減価償却費)通信費などの間接費用のみ。従って、確定申告をしないで放っておいても良い(←違法ではない)。
4.2017年の事業所得は、2018年3月に確定申告する(青色申告)。

いかがですか。

ウソといえばウソですが、脱税するわけではないので、この程度のウソは勘弁してもらいましょう。
ご検討ください。(^^;


人気Q&Aランキング

おすすめ情報