英語の早口ことばで, black pepper...ってやつがありますよねぇ。
それで,そのblack pepperの後って,なんでしたっけ?
すいません,教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Peter Piperでは?


それでしたら、
Peter Piper picked a peck of a peppers.
If Peter Piper picked a peck of pickled peppers,
Were's the peck of pickled peppers Peter Piper picked?
でしょう。

参考URL:http://www.kirin.co.jp/brands/RL/campaign/catchb …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございましたです。
まさに,これでした。間違えちゃいましたね。
さっそく,練習しちゃいました。

お礼日時:2001/05/24 10:06

正しくは、



-------------------
Mother Goose より

Peter Piper picked a peck of pickled peppers;
A peck of pickled peppers Peter Piper picked;
If Peter Piper picked a peck of pickled peppers,
Where's the peck of pickled peppers Peter Piper picked?



頭韻を踏んだ早口ことばになっている。


------------------
Peter Piper
ピーター・パイパー:英国の伝承童謡の早口言葉に出る人の名:

Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
If Peter Piper picked a peck of pickled peppers,
How many pickled peppers did Peter Piper pick?

Peppers は「ピーマン」. 英国では単数形の pepper(コショウ), how 以下は where is the pickled pepper Peter Piper picked? となる.

(ランダムハウス英語辞典)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ご丁寧な説明で,とっても勉強になりました。
イギリスとアメリカでは違うのですね。ピーマン・こしょう・唐辛子の区別がむずかしいです。コショウの漬け物?って感じでしたが,ピーマンならまだ何とか。

お礼日時:2001/05/24 10:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qthe more.... , the less ?それとも、 The more..., the fewer,,, ?

「外国語の学習は世界平和に通じる」と意見について、あなたはどう考えるか、70語程度の英語で述べよ」という問題の中で、次のことで質問させていただきたいことがあります。

「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」をいうのに、
The more you learn about a foreign culture , the less misunderstandings among them will be. というのでは間違いでしょうか? them は 国と国のことをthem と書きました。

解答では The more they learn know about foreign cultures , the fewer misunderstandings there will be . となっていました。
なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?
the less....will be ではいけないのでしょうか?
もしかたしたら、補足をお願いさせていただくこともあるかと思いますが、回答よろしくお願いします。英語の文章での回答でも、日本語での文章での回答どちらでもけっこうです。

「外国語の学習は世界平和に通じる」と意見について、あなたはどう考えるか、70語程度の英語で述べよ」という問題の中で、次のことで質問させていただきたいことがあります。

「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」をいうのに、
The more you learn about a foreign culture , the less misunderstandings among them will be. というのでは間違いでしょうか? them は 国と国のことをthem と書きました。

解答では The more they learn know about foreign cultures , the fewer misu...続きを読む

Aベストアンサー

>なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?the less....will be ではいけないのでしょうか?

 「fewer」と「less」の違いは「可算名詞」と「不可算名詞」という説明で理解できるでしょう。書き手が「misunderstanidng」を「可算名詞」だと考えているということ、それだけのことです。

 しかし、お尋ねの問題に関しては、単純に「the less misunderstanding」を「the fewer misunderstabding」にすれば良いというわけではありません。

 たとえ「the fewer understandings」という「可算名詞」を用いたとしても「the fewer misunderstandings among them will be」という表現を用いることはできません。それは、その英文が文法的におかしいからです。

 まず文型を考えてみましょう。「will be」が動詞であることは明白です。では、「be」の前後にあるはずの「主語」と「補語(または修飾語)」は何でしょうか。

 「the less misunderstaning」が「主語」だと考えたら「補語(または修飾語)」に相当する語句が存在しないことになります。「among them」は、置かれた位置から判断すれば「補語(または修飾語)」にはなりえません。

 また「the less misunderstanding」を「補語」だと考えたら、逆に「主語」が存在しないことになります。

 「among them」の意図を変えて「the less misunderstaniding will be among them」とすれば、まだ文型的には理解できます。一応、「the less misundestanding」が「主語」で、「among them」が「修飾語」だと理解することができそうだからです。しかし、これも厳密には不適切な英文と言わねばなりません。

 それは、「~が(・・・に)ある」という意味を英語で表す際には2通りの方法があり、その2つは明確に区別されているからです。次の2つの英文を比較してみましょう。

(1) The pen is on the desk.
(2) There is a pen on the desk.

 「特定のもの」を表す「the pen」は、普通は「There is the pen on the desk.」とはできません。逆に、「不特定のもの」を表す「a pen」を主語にして「A pen is on the desk.」とすることも普通はしません。この原則を理解しておいてください。

 では、「misunderstanding」という名詞は「特定」と「不特定」のどちらでしょうか。状況によって異なるとは思いますが、少なくともお尋ねの「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」という日本語の中の「誤解」という言葉は、「特定のもの」ではなく「不特定のもの」と考えた方が自然でしょう。

 したがって、「ある誤解が(人々の間で)生まれるだろう。」という日本語を英文にする場合にも、「A misunderstanding will be among people.」ではなく「There will be a misunderstanding among people.」とした方が自然な英文に感じられます。

 上記の考え方に倣って「誤解がほとんど生まれない」いう日本語を英語にするには、まず「a」を「few」に変えることになりますが、次に「Few misunderstandings will be among people.」という語順ではなく「There will be few misunderstandings among people.」という語順にした方が自然な英文になります。

 これを、さらに比較級の「fewer」を用いて「The 比較級, the 比較級」の構文にすると、後半は「, the fewer misunderstandings there will be among people.」となります。最後の「among people」は言わなくても想像すれば分かることですから省略しても意味は構わないでしょう。

 これで、お尋ねの日本語に対する模範解答である 「The more they learn know about foreign cultures , the fewer misunderstandings there will be.」という英文が出来上がることになります。

 最後にもう一度まとめておきましょう。お尋ねの模範解答の英語の正しさを判断する際のポイントは2つあります。

 1つ目は、書き手が「misundestanding」を「可算名詞」として考えていると理解すること。そして、2つ目は、「不特定のもの」が「ある/生じる」という意味を表す場合には、その「不特定のもの」を主語として文頭に置くのではなく「There is/are/will be ...」という表現を用いる方が自然な英文になるということです。

 以上、ご参考になれば・・・。

>なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?the less....will be ではいけないのでしょうか?

 「fewer」と「less」の違いは「可算名詞」と「不可算名詞」という説明で理解できるでしょう。書き手が「misunderstanidng」を「可算名詞」だと考えているということ、それだけのことです。

 しかし、お尋ねの問題に関しては、単純に「the less misunderstanding」を「the fewer misunderstabding」にすれば良いというわけではありません。

 たとえ「the fewer understandings」という...続きを読む

QIs this it, or..........?

NHKラジオ英会話講座より(不定詞の問題)
Is this it, or do we have more to do?
これで終わり、それとももっとやることがあるの?

(質問)
(1)Is this it...(これで終わり?これで全部?)と訳されていますが、フィーリングがつかめません。itをネイティブはどのように感じているのでしょうか?超簡単な文章に悩まされています。itに「全て」という意味がありますか?また
(2)This is it.は「これで全部です」でしょうか?
(3)Is that it?/That is it.の使い方も同じですか? 以上

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>(2)This is it.は「これで全部です」でしょうか?

通常の意味は、「これがそれだ。」であり、
その感覚をわかりやすく書けば、「それだよ、それ。」「まさに、それ。」「ばっちり、それ。」です。
Is this it ? は、それらの疑問形ですから、「ばっちり、それですか?」というような感じです。
「それ」の日本語訳というのは、文脈によって様々です。
おそらく、テキストの文脈から言えば、‘仕事が完了した状態’が「それ」に該当するのでしょう。


>>>(3)Is that it?/That is it.の使い方も同じですか?

私は見たことがありませんが、たぶん this と同様です。


>>>(1)Is this it...(これで終わり?これで全部?)と訳されていますが、フィーリングがつかめません。itをネイティブはどのように感じているのでしょうか?超簡単な文章に悩まされています。itに「全て」という意味がありますか?

上記((2)に対する解説)と同じだと思います。
「これは、ばっちり、それ?」≒「これは、ばっちり仕事が終わった状態?」=「これで終わり?」


ご参考になりましたら幸いです。

こんばんは。

>>>(2)This is it.は「これで全部です」でしょうか?

通常の意味は、「これがそれだ。」であり、
その感覚をわかりやすく書けば、「それだよ、それ。」「まさに、それ。」「ばっちり、それ。」です。
Is this it ? は、それらの疑問形ですから、「ばっちり、それですか?」というような感じです。
「それ」の日本語訳というのは、文脈によって様々です。
おそらく、テキストの文脈から言えば、‘仕事が完了した状態’が「それ」に該当するのでしょう。


>>>(3)Is that it?/That...続きを読む

Q英語 代名詞 some,any,both,either,neither,all, none, eac

英語

代名詞 some,any,both,either,neither,all, none, each,
に関して、殆どが 代名詞 of A〜の形にできると思いますが、
代名詞 the\my~
のような形に出来る代名詞を教えてくださいm(_ _)m

言い方を変えますと、代名詞の後に限定詞を続ける事が可能な代名詞を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

all, both のみと申し上げた通りです。

単独で使えば不定代名詞となるようなこれらの語がプラス名詞で用いられると、
日本では形容詞と説明することが多いです。

呼び方は大きな問題ではありません。
none というのは単独で、
あるいは none of の形でしか使えません。

逆に no プラス名詞に対して、単独なのが none と思えばいっきに none の意味・用法がわかるようになります。

every はプラス単数名詞のみで
代名詞として単独で使うことができません。

Q代名詞の使い方(it, them, one...)

前に出てきた名詞を言い換えるとき、it, them, oneなどの代名詞を使うと思うのですが、これはどう使い分けるのでしょうか?たくさんの言い換えの方法や法則、単語などがありましたら、ぜひ教えてください。

A:I have to fill two forms out. Do you have it?
B:I have both of them. They are copied already.
この会話は変ではないでしょうか?

Aベストアンサー

NO1です。
それ持ってますか?の表現ですが、相手がその書類を両方とも持っているのが当たり前な場合は、普通にDo you have them? Yes, I have.という文章にした方がいいと思います。

thisとtheseの違い、thatとthoseの違いは複数と単数の違いです。
work on this, work on thatは日本語に当てはめてみれば判りやすいと思います。
簡単に考えて、thisはすぐそばのもの、thatは離れたところにあるもの、です。
この仕事、その仕事の違いです。
これらを使う文章の、前の文章の内容にもよりますよね。
Have you already finished reading your book?と聞かれた場合、
自分が今手元に持っていれば、
I will finish this in a few days.となり、
自分の部屋の中に置いてあったり、手元にない場合は、
I will finish that(it) in a few days.
などとなります。
判りにくかったらすみません。

NO1です。
それ持ってますか?の表現ですが、相手がその書類を両方とも持っているのが当たり前な場合は、普通にDo you have them? Yes, I have.という文章にした方がいいと思います。

thisとtheseの違い、thatとthoseの違いは複数と単数の違いです。
work on this, work on thatは日本語に当てはめてみれば判りやすいと思います。
簡単に考えて、thisはすぐそばのもの、thatは離れたところにあるもの、です。
この仕事、その仕事の違いです。
これらを使う文章の、前の文章の内容にもよりますよね。
Have...続きを読む

QWe're very much accustomed to....................

NHKラジオ英会話講座より
But we're very much accustomed to our weekly walks.
でも、毎週歩いてゆくのがごく当たり前になっていて。

質問:very muchについてお尋ねします。
「ごく当たり前」と訳されています。普通は「たいへん、大いに、とても、・・・」などと訳されます。違いに戸惑っています。上の文と同じような使い方を教えて下さい。参考例も幾つかお願いいたします。 以上。

Aベストアンサー

veryって「とても」ですよね。
muchは「たくさん」
accustomedは「いつもの」とでも訳しましょうか。

とてもたくさんいつもの=とても毎日ありふれていること
=とても毎日やっているようなこと=とてもごく当たり前=ごく当たり前

私が訳した場合なら、「至極日常的な」って感じです。

最初は「とてもたくさんの有り触れた」でもいいんですよ。
でも日本語的に変でしょう。
だからきれいな日本語に訳せるように心がけたら上手く行きますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報