はじめて、お便りします。5月初めに母が「肺癌」と宣告されました。ほどこしようがないくらいに進行しているらしく、手術も無理ということです。骨にも転移(段階で5)しているらしく最近痛みも出てきたみたいです。担当医によると余命半年だそうです。今は、ボルタレンと放射線治療をしています。病期でいうと、(4)期だそうです。もう、ほんとうになにかあればすがる気持ちです。放射線治療で癌の進行を送らせることが出来るのでしょうか?内視鏡治療とか、あるHPで見たのですが、効果的には、どっちがいいのでしょうか?よろしくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

モルヒネについてのご質問ですが、モルヒネは強力な鎮痛作用があることは前の回答者が述べたとおりで、耐性ができてもさらにどんどん量を増やしていくことができます。

耐性ができました、もうこれ以上はだめです、ということはありません。疼痛に対しての薬物は、モルヒネが第1選択になると思います。
呼吸器に対する作用ですが、実はモルヒネ自体は呼吸を抑制するという作用を持っています。しかし、モルヒネを使う側としてはそのことは十分に承知しているので、呼吸管理も確実に行うことができます。ご安心ください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

主治医の方も、ゆくゆくはモルヒネを大量に使って、眠るようか形で少しでももがき死ぬ事がないようにと言っていました。とにかく、少しでも長生きできれば・・私達に出来る事を精一杯して上げようとおもいます。本当に、親切にご指導いただきありがとうございました。

お礼日時:2001/05/25 10:57

片側の肺が、閉塞しかかっているということは、現在の放射線療法は気管支の閉塞を予防し、無気肺への進展を防止するという目的があるのではないでしょうか。

癌の気管支内への浸潤で、気管支の狭窄が進行している場合、それを防ぐ目的で気管支の中にステントとよばれる円筒状のものを留置することがあります。また、気管支内へポリープ上に進展してきている場合は、レーザーで焼いて、狭窄を取り除くという治療法もあります。これらの内視鏡治療は、どちらかというと緊急避難的な意味合いが強いので、放射線でコントロールする余裕がある場合は、まず放射線が適応になると思います。癌の進展の状態や組織型などの関係があるので、放射線治療と内視鏡治療のどちらが効果があるとは言えません。
骨の転移に伴う痛みに対しては、放射線がかなり有効です。
今後、痛みが増強すれば当然モルヒネ等の麻薬を使用していくことになります。麻薬については、余命が限られている場合は、中毒ということを気にすることはなく、痛みが取れる量がその患者さんとっての必要な量と考えます。
最終的に、呼吸困難が生じてきて、意識がはっきりしている場合はご本人の苦痛が強いので、麻薬や鎮静剤を積極的に使用して、苦痛を取り除くようにします。
治癒が望めないのなら、残された期間の生活をいかに安楽に過ごさせるかということに目標がおかれます。現在の放射線療法もおそらく、将来起こりうるであろう呼吸困難を少しでも軽くという目的であろうと推測いたします。
治療方針については、可能性について主治医から十分な説明を受けた上で、ご家族の希望を積極的にお話になられた方がよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。余命半年と宣告されています。今は、歩いたりできますが、見る見るうちに弱っていくと言われています。また、実際にそうなった場合は、本当につらい面もあると思いますが、少しでも長生きできるように母を始め頑張っていきたいと思います。なぜ、早いうちに気づいてあげられなかったのか悔いでたまりません。主治医のかたは、1年~1年半まえから、なんらかの症状が出ていたといいます。病院を転々とし、5院目の正直です。これからが、大事ですよね。本当に、丁寧なご指導をありがとうございました。

お礼日時:2001/05/25 11:43

○○がんセンターのような「がん専門病院」にご入院されているようではないようですね。


お母様のような末期がんを積極的に知恵をしぼって治療していくのが
「がん専門病院」でしょうね。

そのために必要な治療法としては現在のご様子ですと
補助療法として「放射線療法」「化学療法」「免疫療法」
の3つがございます。

そして、なによりも大事なのは、
1)疼痛管理(治療)と、2)感染予防そして3)栄養療法の計画であろうと存じます。

いずれにいたしましても主治医の先生とご相談され、がん専門病院に転院されることをおすすめいたします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。がん専門病院に転院できればと思いますが、余命が限られていますので、本人には、告知していないので・・・それに、ここは宮崎ですので遠方だと母の体力とかの心配もあります。とにかく、すこしでも母が苦しまず長生きできればという思いでいっぱいです。また、なんらかの形で希望があれば、主治医の先生と相談したいと思います。親切にありがとうございました。

お礼日時:2001/05/25 11:44

末期肺癌における放射線療法は姑息的療法といわれていて、癌の進行を遅らせるためではなく、疼痛緩和のためにされています。

医師はこの段階でしたら、放射線照射や麻薬を含む鎮痛剤などをうまく使って痛みを極力抑えて残りの時間を苦痛の少ないものにするよう努力しているはずです。また、骨転移が激しい場合、なるべくよけいなことはしない方がいいと思います。骨が折れやすくなるので、むやみに動かして骨折したら、痛みは増えてしまいますから。少なくともきちんとした病院の癌専門医でしたら疼痛を抑える技術は絶対にあるはずです。

それから、現代医学の徒としては、民間療法というのはいかがなものかと思います。私どもにいわせれば、何とかキノコとか気とか波動とか、そういうたぐいは医学的根拠がなく、家族の不安につけ込んだ詐欺行為です。お金を払って安心するのは家族だけであって、実際患者さんにはなんのメリットもないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。今すごくパニクっくているので、なんにでもすがりたい気持ちでいっぱいです。忠告ありがとうございます。とにかく、今は母の看病や母の気持ちを優先に一緒に頑張っていきたいと思います。もうひとつ、聞いてもいいですか?肺癌は、呼吸困難になっていくと主治医が言ったのですが、モルヒネとかは、呼吸困難とか取り除いてくれるのでしょうか?すでに、ひとつの肺がふさぎかかっているのですがその部分を取り除いて人口パイプとか付けれないんでしょうか?よろしくおねがいいたします。

お礼日時:2001/05/24 07:30

そういう状態であれば、治療法の差異やメリット、デメリットは、主治医に聞けばなんでも教えてくれるでしょう。

中途半端な知識を渡すよりもお体にあった知識が得られると思うので、その点は主治医に聞くのが一番です。

ただ、痛みが出て来たとのことですから、一言私から言えるのは(多分主治医も考えてると思いますが)疼痛治療は受けるようにしましょう。
昔みたいに大量のモルヒネを・・・なんてことはなく、モルヒネで体力を消耗し・・・なんてことは今はないです。

何よりも、日々の暮らしが全然変わりますから。日々の暮らしが疼痛にさいなまれるようなものでなくなれば、それだけでも長く生きる事ができます。

もし先生が痛みの治療に消極的であったら(多分そんな事はないと思うけど)ブロンプトンカクテルという薬について聞いてみてください。

この薬はモルヒネを中心にして中毒にならず、体力の消耗もない状態で痛みだけを押さえるように調合された薬です。ただ、私の知識がちょっと古いので今は名前が変わってるかもしれないけど、お医者様ならご存じのはずです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。ブロンプトンカクテルですね、わかりました聞いてみます。

お礼日時:2001/05/24 07:33

ご家族の心中お察しします。



以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「肺がん」
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …
(肺がんの組織分類)
この項に記載があるように「組織診断」は何でしたか?
それによって治療法は異なってきます。
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …
(治療)

>放射線治療で癌の進行を送らせることが出来るのでしょうか?
これは骨転移部分への照射ではないのでしょうか?
>内視鏡治療とか、
これは表在性のものに適応が限られると思いますが・・・?

これらの不明な点は主治医に尋ねられては如何でしょうか?

さらにTOPページで「肺がん」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にして下さい。

ご参考まで。 

お大事に。

補足お願いします。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …

この回答への補足

お返事ありがとうございます。URLのほうは、拝見させていただきました。うちの、母の場合はランクが最後のほうなので・・・・今は、とても私自身パニクッているので・・・とにかく、母の看病と母の意見を優先しながら、母の生命力にかけたいとおもいます。また、よろしくおねがいいたします。

補足日時:2001/05/24 07:35
    • good
    • 0

私の父も癌です。

転移が発覚し、あとは見取ってあげることしかできません。まだあきらめる前にメル友からいただいた情報です。お役に立てればと思います。************************************************
一般的に現在の大病院は西洋いがく中心ですから、治療方法がないとなるともうね方法がありませんと言われます。
そこで、末期がんの患者さんを見てくださるお医者さんは少ないのですが、以下私の知っている病院を参考までに
お知らせ致します。
副作用のない抗ガン剤治療では有名な先生で末期がんの患者さんの治療も積極的に治療しております。
但し、相談者が多くて、相談する予約をとるのが大変のようです。毎週水曜日の午前9時から電話予約を受け
次の週の土曜日が先生との個人相談日です。毎週5人の相談を受けているそうです。相談料5万円です。
   月島サマリヤ病院   平岩正樹先生  TEL 03-3533-8981

次に免疫療法で末期がんの治療をしているクリニックが三鷹の駅近くにあります。
但し、ここは、全額自費です、最初の月は30万円くらいかかると思います。
治療方法はIL-X「インターロイキン-X」言う免疫を上げるキノコの菌糸体の健康食品とサメの軟骨を
主体にした免疫療法です。ここは電話で問い合わせれば直ぐの予約できます。
先生は近畿大学腫瘍免疫研究所の教授が行っております。八木田旭邦先生です。
   オリエント三鷹クリニック TEL 0422-52-7733

もう一つ、健康食品の中で、AHCCをメインにしている先生がおります。
岩手県の渋民中央病院の院長先生で
  医師がすすめる起死回生の抗ガン食品の著書をだしている
清水妙正院長先生です。この先生は自身が外科医にもかかわらず、自分のがんには手術を拒否して健康食品で直してしまった方です。電話で相談に載ってくれます。夜8時くらいまでなら自宅に電話をしても受け手くれます。AHCCは月に4万円が定価です。やはり2から3種類くらいは
すすめられると思いますので8万~10万円くらいにはなると思います。
70才近い先生と思いますが、なかなか親切な先生です。私も何度か、相談して健康食品を送って
頂きました。宅急便ですので、翌日には着きます。先生は自宅が多いようです。
     渋民中央病院 TEL 019--683-2336
     
3つの内、オリエントクリニックと清水妙正先生は私も実際に利用しました。また平岩正樹先生なも
電話で申し込みをしたのですが、なかなか予約がとれませんでした。水曜日の9時になると申し込みが
多くて電話がいつも、話し中の状態でした。

漢方薬の中で一番高いのですが、参考にお知らせします。
天仙液と言う液体のものですが、個人輸入で購入しますので、手続きをしてから10日くらい掛かります。1月分が12万円くらいです。癌の薬として、中国政府公認との事ですがなにしろ高いのが難点です。下記の会社に電話をすると申し込み用紙を送ってくれます。
           記
  東京都渋谷区渋谷1-7-3 水上ビル 4.5.F
ヘルスネットワーク  TEL 03-5778-2341
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。実際に試されてお父さんの具合はどうですか?とにかく、一度父と話して試してみたいと思います。なんせ、ここは九州なもので・・・また、お返事します。

お礼日時:2001/05/24 07:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺がん生検しなくても放射線治療できますか? 90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみた

肺がん生検しなくても放射線治療できますか?
90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみたいなのですが、生検と言って、針を肺にさして、細胞をとる検査をしなければ放射線治療できないということです。生検は、90歳にはリスクがあるそうです。生検をせずに放射線治療できるところ、ご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐに、ガンでない痛み、下痢、嘔吐、やけどのような皮膚のただれ、それでも、治したい希望で抗がん治療に。3年半、苦しみまくり、最後の半年は、自分で起き上がることもできずに。

最後は、医師の診断中、息子も私も立ち会っているときに、心臓停止、医師は、まだ蘇生できる可能性はあり、と心臓マッサージを始めましたが、息子も、もう逝かせてあげてください、と。

何もしなければ、1年以内余命宣言でしたが、せめて自分の足で歩ける、食事もおいしく頂ける、体に優しい旅もできる期間が長かかったのに残念です。

標本採集の生検は、手術室で全身麻酔をして標本採集で手術と同じ。体の負担もすごいです。

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐ...続きを読む

Q子宮体がんの進行による症状と放射線治療について

60歳になる母のことで質問です。
先日、大学病院で子宮体がんと診断されました。
今のところはステージ1bですが、今度の手術でステージはかわるかもしれません、とのことでした。
母と話し合った結果、放射線治療だけならするけど、手術と抗がん剤はしたくないそうなので、本人の意向を尊重して手術はしないことにしました。
(詳しいいきさつや理由は、長文になるので省きます)

そこで、疑問があるので教えてください。

1.今後、何も治療しなかった場合に考えられる、出てくる症状はどのようなものか。出来るだけ具体的なものを聞きたい。
2.今の状態で放射線治療だけすることは可能なのか?(お医者さんは先日はまず手術です、と言っていました。)また、放射線治療は実際どんなことをするのか、副作用は?
3.なんともいえないのは承知ですが、もし経験者の方がいましたらステージによってどのぐらい生きられたのか。。。
4.最終的にはホスピス入所を考えているのですが、すぐ入れるものなのか、費用はどのぐらいなのか?

以上のことを出来る限りでいいので教えていただきたいのです。
よろしくおねがいします。

60歳になる母のことで質問です。
先日、大学病院で子宮体がんと診断されました。
今のところはステージ1bですが、今度の手術でステージはかわるかもしれません、とのことでした。
母と話し合った結果、放射線治療だけならするけど、手術と抗がん剤はしたくないそうなので、本人の意向を尊重して手術はしないことにしました。
(詳しいいきさつや理由は、長文になるので省きます)

そこで、疑問があるので教えてください。

1.今後、何も治療しなかった場合に考えられる、出てくる症状はどのような...続きを読む

Aベストアンサー

Ib期であれば、手術のほうがやはりいいですね。
子宮体癌の場合は、子宮頚癌ほど放射線治療の効果はよくなく、確立され治療とは言いがたいです。I期であれば手術後の生存率もよいです。手術をすれば5年生存率は90%以上のようです。まず手術というのが標準治療になります。
1.予想されるのは出血です。不正性器出血が体癌での最初の症状になるでしょう。癌なので徐々に悪化していき、貧血になり、貧血が進行すると心臓に負荷がかかり、心不全となるでしょう。
次に腫瘍浸潤が広がっていくと、腸管を巻き込めば腸閉塞に、膀胱を巻き込めば尿閉、尿路出血に、直腸を巻き込めば下血、腸閉塞などを起こすでしょう。
2.出来ないことはないですが、標準治療ではありません。手術ほどの効果も期待できず、合併症などで手術が出来ない人に対して行うことが主になります。
行うとしたら、外照射と腔内照射の併用になります。外照射は体の表面から放射線を当てる治療を月から金で数週間行います。スケジュールは確立されたものはありません。腔内照射は内診などにより、放射線を出す装置(細い管のようなもの)を治療時に子宮内に入れる治療を数回行います。
副作用は腸管障害による下痢、下血、膀胱障害による出血、頻尿などがあります。また放射線照射後の倦怠感、血球減少なども起こりえます。
3.あくまでも手術を行った人の場合ですが、Ibでは95%近い人が5年以上生存されます。II期でも90%近い人が5年以上生存されます。癌での評価は5年生存率が主に使われるのでそういう表記が一般的で申し訳ありませんが、いずれにせよ、早期癌の分類です。
4.ホスピスは現状ではまだまだ不足している状況であり、がんに対する治療をやめたときに空きがあるかどうかだと思います。費用はよく知りません。

私見ですが。
どのような経緯でそうなったかはわかりませんが、比較的早期で見つかったものを手術しないのは非常に惜しい気がします。放射線治療も悪くない治療ですが、子宮体がんにはあまり向きません。
もしも自分の母がIb期と言われている子宮体がんであれば、手術を説得してでも勧めるかもしれません。

Ib期であれば、手術のほうがやはりいいですね。
子宮体癌の場合は、子宮頚癌ほど放射線治療の効果はよくなく、確立され治療とは言いがたいです。I期であれば手術後の生存率もよいです。手術をすれば5年生存率は90%以上のようです。まず手術というのが標準治療になります。
1.予想されるのは出血です。不正性器出血が体癌での最初の症状になるでしょう。癌なので徐々に悪化していき、貧血になり、貧血が進行すると心臓に負荷がかかり、心不全となるでしょう。
次に腫瘍浸潤が広がっていくと、腸管を巻き込めば...続きを読む

Q乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な

乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な空間に感じる場所です。
治療室に入るとベットの上に座り放射線技師の男性の前で私は自分で検査着の前を外して胸を出さなくてはいけなくて…胸を出したら放射線技師の男性が私の背中に手を回して抱きつくような体勢でベルトを巻くんです。
毎日上半身裸になってベットに寝て腕を頭の上に上げた状態で照射するのですが…3人の男性の放射線技師さんに囲まれて身体にマーキングされたり…ベルトを巻いたあとはベルトの中に手を入れて健側のおっぱいの位置を整えたりするのでかなり恥ずかしい時間なんです。
乳がんだから仕方ないし…放射線技師さんたちは仕事として見ているんだと思うのですが…放射線治療は25回も続くためほぼ毎日病院なんです。
全摘してる胸は誰にも見せたくない気持ちなので…いくら治療とはいえ恥ずかしくて仕方ありません。
治療室の中には看護師さんもいなくて男性だけというのもかなり不安になります。
あからさまにセクハラ行為がある訳ではないのですが……数人いる放射線技師さんの中のひとりの男性は明らかに親近感を持ってる様子で話しかけるときもタメ口だし…おっぱいのベルトを巻く時も必ずその人が一番に部屋に入ってきます。ベルトの中に手を入れて健側のおっぱいの位置を整えるのもその人で、たまに他の技師さんがそっちに立った時はベルトの中に手を入れてくる事はありません。
でもこういう事ってギリギリのラインなのでクレームとして言うことは難しいですよね…。
まだしばらく毎日会うので話を大きくして気まずくなるのもイヤだけど…いくら治療とはいえ同じ男性に毎日全摘した胸を見られたり、触られたりするのは恥ずかしさを超えてかなり苦痛です…。

乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な空間に感じる場所です。
治療室に入るとベットの上に座り放射線技師の男性の前で私は自分で検査着の前を外して胸を出さなくてはいけなくて…胸を出したら放射線技師の男性が私の背中に手を回して抱きつくような体勢でベルトを巻くんです。
毎日上半身裸になってベットに寝て腕を頭の上に上げた状態で照射するのですが…3人の男性の放射線技師さんに囲まれて身体にマーキングされたり…ベルトを巻いたあとはベ...続きを読む

Aベストアンサー

毎日おっぱい見たり触ったりしているので何とも思ってないと思いますよ

この治療をしないとあなたはどーなりますか?

クレームとか考えるより
直す事に集中してください

考え方にもよりますが…
触られて治るもんなら大儲けと前向きな考え方もあります

病は気から…NKキラー細胞は前向きな考え方の人の方が活発になります。

不満を希望に変え完治してくだい

Q放射線治療 治療費用について

73歳になるおばちゃんが、
外陰癌の治療の為放射線治療を受けてます。
治療費や副作用など気になります。
放射線治療は一回の費用はどのぐらいでしょうか?
保険などの関係もあると思うのですが、だいたいの費用が知りたいです。
お願いします

Aベストアンサー

 NO1の補足に対する回答です。
 入院が何ヶ月になっても、1ヶ月37,200円の負担上限は変わりません。又、部屋代は保険適用ですので追加の負担はありませんが、個室を使用した場合や、希望により少人数の部屋を使用した場合の「室料差額」は、保険適用になりませんので、追加負担となります。例えば、1ヶ月入院して、医療費が30万円の場合は1割負担で3万円となりますが、50万円かかった場合は1割だと5万円になりますので、上限が適用され37,200円となります。

 この37,200円は、市町村民税が課税になっている「世帯」に属している老人の場合の金額で、「非課税」の場合は24,600円となります。又、入院時の食事代も課税世帯は780円ですが、非課税世帯の場合は650円(1日につき)になります。

 通院の場合でが、1ヶ月の1つの病院に対する負担は1割で上限が3,000円となります。どんな治療を受けても、上限は3,000円です。例えば、1日目に10,000円の診療を受けて、1割の1,000円を負担します、2日目も同じように1割を負担し、上限の3,000円まで負担して以後は自己負担がありません。ただし、1つの病院に対する負担上限ですので、1ヶ月の間に2つの病院へ通院した場合は、それぞれの病院に対して上限が3,000円となります。

 老人保健適用の方は、1ヶ月の負担上限が安くなっているため、一般の方が適用となる「高額療養費制度」がありません。

 NO1の補足に対する回答です。
 入院が何ヶ月になっても、1ヶ月37,200円の負担上限は変わりません。又、部屋代は保険適用ですので追加の負担はありませんが、個室を使用した場合や、希望により少人数の部屋を使用した場合の「室料差額」は、保険適用になりませんので、追加負担となります。例えば、1ヶ月入院して、医療費が30万円の場合は1割負担で3万円となりますが、50万円かかった場合は1割だと5万円になりますので、上限が適用され37,200円となります。

 この37,200円...続きを読む

Q抗癌剤治療と放射線治療について

私はすい臓癌患者ですが、現在、抗癌剤治療と放射線治療を行っていますが(5週間)現在4週目に入っていますが比較的副作用が少なくて助かっていますが下記の疑問に教えてください。
(1) 副作用が少ないと治療効果がないということなのでしょう
(2) よく切除するとがん細胞が散ると聞きますが、具体的には、がん細胞が切  除したときに散らばりそこから転移すると言うことでしょうか
(2) すい臓の場合、抗癌剤治療と放射線治療を行うとがん細胞が散ると聞きま  したが転移する可能性があるのでしょうか

Aベストアンサー

(1)「副作用がない=効果がない」ではありません。副作用がなく、十分な治療効果が得られている患者さんもいれば、副作用が強くでても、効果に乏しい患者さんもいます。副作用は癌細胞以外のところに抗癌剤が作用するために起こります。癌細胞への効果とは別の問題です。
(2)(3)何処で言われたのでしょうか?資料があれば挙げて下さい。伝聞であれば、あなたにお話しした方に資料を見せてもらって下さい。通常、手術で切除する際は腫瘍と正常部の境ギリギリで切除するわけではなく、マージンを取って切除します。また、化学療法にせよ放射線療法にせよ癌細胞を壊死させたり、増殖を抑制する方向に作用します。大体、これらの治療で転移が促進されるようなら、害になるだけです。そのような治療を医師が選択すると思いますか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報